についてお探し中...

【2024年】「病理学」のおすすめ 本 20選!人気ランキング

この記事では、「病理学」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. がんがみえる
  2. 組織細胞生物学[電子書籍付](原書第5版)
  3. Robbins and Cotran Pathologic Basis of Disease Professional Edition, 9e (Robbins Pathology)
  4. 臨床に役立つ! 病理診断のキホン教えます
  5. Robbins Basic Pathology (Robbins Pathology)
  6. ジュンケイラ組織学 第5版(原書14版) (Lange Textbook シリーズ)
  7. 図解入門よくわかる病理診断学の基本としくみ (図解入門メディカルサイエンスシリーズ)
  8. ロビンス基礎病理学 原書10版-電子書籍(日本語・英語版)付
  9. 新組織学 (Qシリーズ)
  10. カラー ルービン病理学―臨床医学への基盤
他10件
No.1
100

がんがみえる

医療情報科学研究所
メディックメディア
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
88
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
88
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
83

新組織学 (Qシリーズ)

野上 晴雄
日本医事新報社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
81
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
81
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
80
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
80
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
79

ウィーター 図説で学ぶ機能組織学 原著第6版

Geraldine O'Dowd
エルゼビア・ジャパン株式会社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
79

ルービンカラー基本病理学 第5版

エマニュエル ルービン
西村書店
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
79

医学界騒然!本邦初の笑って読める医学書。大阪大学医学部名物教授による、ボケとツッコミで学ぶ病気のしくみとその成り立ち。 ひとは一生の間、一度も病気にならないことはありえません。ひとは必ず病気になって、死ぬんです。だとすれば、病気の成り立ちをよく知って、病気とぼちぼちつきあって生きるほうがいい。書評サイト「HONZ」でもおなじみ、大阪大学医学部で教鞭をとる著者が、学生相手に行っている「病理学総論」の内容を、「近所のおっちゃんやおばちゃん」に読ませるつもりで書き下ろした、おもしろ病理学講義。脱線に次ぐ脱線。しょもない雑談をかましながら病気のしくみを笑いとともに解説する、知的エンターテインメント。 序 章 病理学ってなに? 第1章 負けるな!細胞たち──細胞の損傷、適応、死 第2章 さらさらと流れよ血液──血行動態の異常、貧血、血栓症、ショック インターミッション 分子生物学の基礎知識+α 第3章 「病の皇帝」がん 総論編──その成り立ち 第4章 「病の皇帝」がん 各論編──さまざまな進化の形

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
78

カラ-で学べる病理学

渡辺照男
ヌーヴェルヒロカワ
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search