【2024年】「江戸時代」のおすすめ 本 151選!人気ランキング

この記事では、「江戸時代」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 関ケ原(上) (新潮文庫)
  2. 燃えよ剣(上) (新潮文庫)
  3. 宮本武蔵(一) (新潮文庫)
  4. 風林火山 (新潮文庫)
  5. 剣客商売 一 剣客商売 (新潮文庫)
  6. 孤宿の人(上) (新潮文庫)
  7. 覇王の家(上) (新潮文庫)
  8. 村上海賊の娘(一) (新潮文庫)
  9. 八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)
  10. 漂流 (新潮文庫)
他141件
No.2
100
みんなのレビュー
新選組の土方歳三の視点で、幕末を描いた小説。新選組の存在や土方歳三の存在はもちろん知っていたが、具体的にどんな人だったのか?は知らなかった。燃えよ剣を読んで強い組織の作り方や時流に乗る大切さや信念を貫き通すかっこよさなどを学べた。歴史が好きならぜひ読むべき1冊。
No.11
76

曼珠沙華 凶宅 邪恋 魔鏡 家鳴り

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
72
みんなのレビュー
坂本龍馬の半生を綴った物語。坂本龍馬に対して歴史の教科書で学ぶくらいの知識しかなかったが、これを読むことで幕末の時代を駆け抜けた坂本龍馬という男に対する理解が深まる。激動の時代を生き抜く今の日本を形作った男の生き様を知ることで勇気をもらえる。
No.17
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
70

信長との同盟

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
68

うんぷてんぷ 仇討ち七之助 顔 仇討ち狂い 金ちゃん弱虫 熊田十兵衛の仇討ち あばた又十郎 出刃打お玉

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
68

椿寺まで 箱館証文 西を向く侍 遠い砲音 柘榴坂の仇討 五郎治殿御始末 解説

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
68

狂女の話 駈込み訴え むじな長屋 三度目の正直 徒労に賭ける 鶯ばか おくめ殺し 氷の下の芽

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
68

応仁の乱 刺客 黒雲峠 秘図 賊将 将軍

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
68

この二・二六事件が、日本の平和に関わった彼らの「その後」につながった… 作家である「私」は、国立新美術館を訪れた。そこで不思議な軍服姿の男を見かけたのだが、その姿はかき消えてしまう。「私」は、美術館の建物が、一九三六年に起こった、大きな歴史上のクーデター事件である「二・二六事件」ゆかりであることに思いを馳せる。  帝都叛乱の二月二十六日、彼らはそれぞれの夜を過ごしていた……。当時の首相だった岡田啓介、侍従長だった鈴木貫太郎と妻のタカ、昭和天皇の実弟・秩父宮、陸軍の歩兵として反乱軍と同じ部隊にいた本多猪四郎、吉田茂の娘であり湯河原で襲撃を受けた麻生和子。五人それぞれの二・二六事件。 日本の平和に関わった彼らの「その後」は、この「二・二六事件」につながっている。史実を題材にした連作短編集。 「身代わり」  義弟が身代わりになり命を落とした首相・岡田啓介は、やがて第二次大戦の終戦に尽力した。 「とどめ」  襲撃された鈴木貫太郎へのとどめを制止したのは、妻のタカだった。彼は終戦内閣の総理となる。 「夜汽車」  叛乱を起こした青年将校らが要と仰いだ秩父宮は、事件直後に弘前から夜汽車で上京した。 「富士山」  襲撃を受けながらも祖父を守った麻生和子は、父・吉田茂の講和条約を助ける存在に。 「逆襲」  何もわからず反乱軍と同じ部隊にいた本多猪四郎は、長い出兵を経て、「ゴジラ」の監督になった。  やがて戦争に突き進む一九三六年に起こった事件は、現代日本の舵取りについても大きな示唆に富む内容を訴えかけてくる。今の時代だからこその小説がここにある。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
67

咸臨丸、サンフランシスコにて 咸臨丸のかたりべ 解説

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
67

1789年。フランス王国は破産の危機に瀕していた。大凶作による飢えと物価高騰で、苦しむ民衆の怒りは爆発寸前。財政立て直しのため、国王ルイ16世は170余年ぶりに全国三部会を召集する。貴族でありながら民衆から絶大な支持を得たミラボーは、平民代表として議会に乗り込むが、想像もしない難題が待ち受けていた-。男たちの理想が、野望が、歴史を変える!一大巨編、ここに開幕。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
61

まんが・イラストでみる 江戸の暮らし 衣・食・住

「ポケット倶楽部」編集室
ノラ・コミュニケーションズ
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
66

さぶ (新潮文庫)

周五郎, 山本
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
66

機巧のイヴ 箱の中のヘラクレス 神代のテセウス 制外のジェペット 終天のプシュケー

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
62

扇野 (新潮文庫)

周五郎, 山本
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
62

江戸時代、鎖国中の日本には「和算」という独自の数学があった。殿さまから子供まで、遊びのような感覚で数学を楽しみ、寺子屋の教科書として普及した驚異の数学書『塵劫記』は「一家に一冊」という大ベストセラーに。一方で、関孝和、建部賢弘といった和算家たちの残した業績は、世界にひけをとらないレベルにあった。知られざる江戸の数学ワールドを案内しながら、驚くべき和算の魅力を探る。 第1章 大名から子供まで、江戸時代は数学フィーバー(受験もないのに数学が流行した江戸時代 「算額」という独自の数学文化 ほか) 第2章 円周率を求めよ!和算家たちの挑戦(東大の入試問題「円周率が3・05より大きいことを証明せよ」 「内接する正八角形の周」に着目すれば勝ったも同然 ほか) 第3章 現代に生きる和算(数学の「競技人口」が多かった江戸時代 受験勉強が狭める数学の裾野 ほか) 和算の練習問題(鶴亀算 からす算 ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.77
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
59

江戸怪盗記 白浪看板 四度目の女房 市松小僧始末 喧嘩あんま ねずみの糞 熊五郎の顔 鬼坊主の女 金太郎蕎麦 正月四日の客 おしろい猫 さざ浪伝兵衛

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.80
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.81
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.83
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.85
59

近世初頭の書物と読書瞥見 近世における出版と読書 近世庶民の学問とは何か 江戸初心者の勉学 日常生活の中の文事 江戸美人の読書 再説・浄瑠璃本の需要と供給 食事作法 貸本屋略史 名古屋の貸本屋大惣

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.86
60

たそがれ清兵衛.うらなり与右衛門.ごますり甚内.ど忘れ万六.だんまり弥助.かが泣き半平.日和見与次郎.祝い人助八

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.87
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.88
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.90
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.91
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.92
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.93
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.96
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.97
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
59

女性作家8名による、色とりどりの「捕物帳」アンソロジー! 宇江佐真理、澤田瞳子、藤原緋沙子、北原亞以子、藤水名子、杉本章子、澤田ふじ子、宮部みゆき――当代を代表する女性作家8名による、色とりどりの捕物帳アンソロジー。宮部みゆき選、日本ペンクラブ編。 宇江佐真理、澤田瞳子、藤原緋沙子、北原亞以子、藤水名子、杉本章子、澤田ふじ子、宮部みゆき――当代を代表する女性作家8名による、色とりどりの捕物帳アンソロジー。宮部みゆき選、日本ペンクラブ編。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.99
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.100
59

小説 平清盛

高橋 直樹
潮出版社

天下は、一本の矢だけでは動かない。時代の潮流は、清盛と頼朝をどこへ押し流すのか-。五二〇枚・渾身の書き下ろし。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.101
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.103
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.104
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.105
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.107
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.108
59

切開 表御番医師診療禄1 (角川文庫)

上田 秀人
角川書店(角川グループパブリッシング)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.109
59

学問を積み、いちはやく世界一周する機会をつかんだ仙台藩下級藩士・玉虫左太夫は、奥州の”坂本龍馬”となれるか? 仙台藩下級藩士の婿養子だった玉虫左太夫は、学問を究めるため江戸に出奔した。昌平坂学問所の林復斎に認められ、仙台藩江戸藩邸の儒学者・大槻磐渓に邂逅する。世は、黒船騒動から安政の大獄の時代。蘭学を学ぼうとした左太夫は、日米修好通商条約のために渡米する外国奉行・新見豊前守の従者となる機会をつかむ。安政七年、咸臨丸の勝海舟を追うように、左太夫の乗った船は品川沖を旅立った。左太夫にアメリカはどう映ったのか?

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.111
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.112
59

戦国、まずい飯! (インターナショナル新書)

黒澤 はゆま
集英社インターナショナル

戦国時代の武将や足軽たちは何を食べていたのか? 干し飯、糠味噌汁、スギナ……。まずい飯の数々を再現し、歴史へと思いを馳せる。 あの時、あの武将はいったい何を食べていた? 薄味を供した料理人を殺せと命じた信長、糠(ぬか)味噌汁を残して叱られた井伊直政、逃避行中に雑草を食べた真田信之、生米は水に浸してから食べよと心づかいする家康……。 歴史小説家である著者が、さまざまな文献から戦国の食にまつわる面白いエピソードを紹介。さらに文献に登場する料理を再現し、実食する。果たしてその味は……。どれだけまずいのか!? 食を通して、当時の暮らしぶりを知り、戦国の世と先人たちに思いを馳せる。 ――第2章より ある夜、井伊万千代は、大久保忠世から、若い衆がうち集まって旨い料理を食べているからいらっしゃいと招待を受けた。 (中略) 若者たちは焚火に顔をあぶられつつ、生煮えの芋汁を食べている。皆、余計な口はきかない。ただ、汁のすする音、舌を打つ音だけが、騒がしい。三河ものらしい野卑な食べ方である。万千代にも碗にうずたかく芋を盛られたものが与えられた。こちらは碗を持つ手も典雅に、さらさらと口に流し入れる。 が、 「!」 まずい。とても食べられたものではない。万千代は黙って碗を下に置いた。 (原典は『故老諸談』。著者の意訳による) ――目次 第1章 赤米 稲米として最悪のもの? 第2章 糠味噌汁 醤油は贅沢? 叱られた井伊直政 第3章 芋がら縄 戦国時代のインスタントスープ 第4章 干し飯 最重要の保存食を腐らせた武将とは? 第5章 スギナ はなはだ食べづらきもの 真田信之の述懐 第6章 粕取焼酎 ツボいっぱいに詰めてくれ! 真田信繁の好物 第7章 牛肉 宣教師の陰謀か? みんな虜の牛肉料理 第8章 ほうとう 戦国時代の麺食の実態とは? 第9章 味噌 行軍中にできる謎の味噌の正体を追う ■著者略歴 黒澤はゆま(くろさわはゆま) 歴史小説家。1979年、宮崎県生まれ。著者に『劉邦の宦官』(双葉社)、『九度山秘録』(河出書房新社) 、『なぜ闘う男は少年が好きなのか』(KKベストセラーズ)がある。好きなものは酒と猫。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.113
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.114
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.115
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.116
59

源氏と平氏と朝廷の確執に煽られて、一ノ谷から屋島、壇ノ浦、平泉へ。自らがやがて伝説と化すことも知らぬままに戦を重ねて、短い人生を駆け抜けた義経。生涯の全ての勝利が、非業の死を彩る虚しい供物にしかならなかった逆説ゆえに愛され、時を超えて絢爛たる光芒を放つ稀代のヒーローと、彼を慕った女たちの人生の流転を、哀感を滲ませた華麗な筆致で描き尽くす宮尾歴史文学の白眉。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.118
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.119
59

城は踊る (角川文庫)

岩井 三四二
角川書店(角川グループパブリッシング)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.121
59

沢庵和尚の蛙 宮本武蔵の猿 幡随院長兵衛の蚤 由井正雪の虎 武田信玄の牛

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.122
59

啞の十蔵 本所・桜屋敷 血頭の丹兵衛 浅草・御厩河岸 老盗の夢 暗剣白梅香 座頭と猿 むかしの女

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.123
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.124
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.125
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.126
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.127
59

おたふく あだこ 晩秋 おたふく 菊千代抄 その木戸を通って ちゃん 松の花 おさん 雨あがる

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.128
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.130
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.132
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.133
59

〈完全保存版〉江戸三百藩の暮らしと仕事

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.134
59

台頭篇

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.135
59

陽眠る

上田秀人
角川春樹事務所
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.136
59

天地明察

冲方 丁
角川書店(角川グループパブリッシング)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.137
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.138
59

大好きだった兄の長太郎を亡くし たお瑛も、今は成次郎と夫婦にな り幸せに暮らしていた。そんな時、 圭太という男が現れる。料理茶屋 『柚木』の新しい奉公人だ。何く れとなくお瑛を助けてくれた女将 のお加津は、優しくて手際のよい 圭太を褒めちぎる。でも、何かお かしい……お瑛の胸はざわついた。 お加津さんは何を考えているの? お瑛は猪牙舟を大川に漕ぎだして いく。好評「みとや」シリーズ!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.139
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.140
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.141
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.142
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.143
59

飛燕の簪 二つの背守り 小太郎の恋

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.144
59

奇縁無双 貧窮問答 女は同じ物語 わたくしです物語 噴上げる花 修業綺譚

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.145
59

針の光 虚ろな家 春の闇 酔いどれ死体 青い卵 日照雨 出合茶屋 霧の果て 解説

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.146
59

天下の覇者・豊臣秀吉が死去したことにより起きた豊臣家の内紛。秀吉の恩に報いようと西軍をまとめる石田三成と、天下への野望を持つ東軍の徳川家康が激突。世に名高い関ヶ原の合戦を、秀吉の正室・寧々の視点を交えて描く。不仲だといわれてきた寧々と三成の関係に新解釈を加える意欲作。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.147
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.148
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.149
59

歌占 長命餅 子育て飴 あんじょう飴

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.150
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.151
59

青竹 夕靄の中 みずぐるま 葦は見ていた 夜の辛夷 並木河岸 その木戸を通って おさん 偸盗 饒舌りすぎる

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search