【2024年】「フィクション」のおすすめ 本 138選!人気ランキング

この記事では、「フィクション」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 君の膵臓をたべたい (双葉文庫)
  2. コンビニ人間 (文春文庫 む 16-1)
  3. 桶川ストーカー殺人事件―遺言 (新潮文庫)
  4. 街とその不確かな壁
  5. 星の王子さま (新潮文庫)
  6. 告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)
  7. 阪急電車 (幻冬舎文庫)
  8. よもつひらさか (集英社文庫)
  9. 屍鬼(一) (新潮文庫)
  10. 月の影 影の海 (上) 十二国記 1 (新潮文庫)
他128件
No.4
85
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
84
みんなのレビュー
子供向けの物語かと思いきや、大人が読んでも深く人生について考えさせられる本。大切なものは目に見えないんだというセリフが好き。
No.6
84
みんなのレビュー
映画化もされた「湊 かなえ」の代表作。あまり小説を読む方ではないが、この小説には惹き込まれた。
KokUHAKU
No.8
83

見知らぬあなた ささやく鏡 茉莉花 時を重ねて ハーフ・アンド・ハーフ 双頭の影 家に着くまで 夢の中へ… 穴二つ 遠い窓 生まれ変わり よもつひらさか

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
83
みんなのレビュー
「池井戸潤」の半沢直樹シリーズ。大ヒットしたドラマの原作であり本も非常に面白い。物語としても面白いながら、普通に銀行ビジネスや大組織での立ち回りなど勉強になる部分も多い。
No.14
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
76
みんなのレビュー
なんらかの理由で不登校になってしまった子達が集まり助け合うストーリーです。最後の真実がわかった時はひゃぁぁぁっとなりました。
No.24
75
みんなのレビュー
本当に、記憶を消して読み直したいくらい面白い本です。トリックがもう、天才!!(語彙力)ミステリーの基礎の基礎です。絶対読んでください。
No.25
75
みんなのレビュー
東野圭吾の書籍はそれほど読まないのだが、これはふと読んでみて感動した一冊。東野圭吾はサスペンス系のイメージがあったがこの書籍でイメージが変わった!
No.26
75
みんなのレビュー
懐かしいー!小学生の時に、何回も読んでいました。本に関する規制が厳しくなった日本で、本を守るために戦う人たちの話です。臨場感あふれる描写のバトルファンタジーですが、恋愛風味もあり、2人の絶妙な距離感を味わいながら、楽しく読めます!
No.30
75

夜市 風の古道

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
75

ひこうき雲 朝日のあたる家 潮騒 ヒア・カムズ・ザ・サン その日のまえに その日 その日のあとで

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
70

運転者

喜多川 泰
ディスカヴァー・トゥエンティワン
みんなのレビュー
No.45
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
68
みんなのレビュー
🎉祝🎉映画化🎊マジで、面白い。あの動画が、本になるとは思いもしなかった。頭いい人しかわからない、秀才による、秀才のためのミステリー開幕!!
No.51
67

殺人現場では靴をお脱ぎください 殺しのワインはいかがでしょう 綺麗な薔薇には殺意がございます 花嫁は密室の中でございます 二股にはお気をつけください 死者からの伝言をどうぞ 宝生家の異常な愛情

みんなのレビュー
「ミステリー=堅苦しい」っていうイメージをひっくり返した作品。お嬢様があの職業なのも、面白いし、(てか、普通働くのか?)執事に見下されてる感じも、最高!!(※Sではありません)読んだらわかるので、ぜひ読んでください。
No.53
67
みんなのレビュー
この本は博士の人生についてすごく考えさせられます。おすすめします;
No.54
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
67
みんなのレビュー
怒涛の展開が…という小説ではないですが、生きる意味について考えさせられます。すこし思想が強い気もしますが、私にはそのくらいがちょうどいいです。初見で読みましたがとても印象に残りました。
No.60
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
72
みんなのレビュー
初めて読んだ小説です。主人公と同じ小学生の時に読んだので、自分の将来はどうなっているのか想像したながら読みました。人と関わることの大切さ、勇気、自分と向き合うことを学んだ気がすします。高校生になった今、もう一度読んでみるとまた違った読み方がうまれます。
No.64
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
72

“呪われた”小説『夜果つるところ』の謎を追う小説家の蕗谷梢。豪華客船ツアーに参加して関係者に取材、辿りついた「真実」とは。 謎と秘密を乗せて、今、長い航海が始まる。 撮影中の事故により三たび映像化が頓挫した“呪われた”小説『夜果つるところ』と、その著者・飯合梓の謎を追う小説家の蕗谷梢は、関係者が一堂に会するクルーズ旅行に夫・雅春とともに参加した。船上では、映画監督の角替、映画プロデューサーの進藤、編集者の島崎、漫画家ユニット・真鍋姉妹など、『夜~』にひとかたならぬ思いを持つ面々が、梢の取材に応えて語り出す。次々と現れる新事実と新解釈。旅の半ば、『夜~』を読み返した梢は、ある違和感を覚えて―― 【著者略歴】 恩田陸(おんだ・りく) 一九六四年生まれ、宮城県出身。九二年、日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作に選出された『六番目の小夜子』でデビュー。二〇〇五年『夜のピクニック』で吉川英治文学新人賞と本屋大賞、〇六年『ユージニア』で日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門、〇七年『中庭の出来事』で山本周五郎賞、一七年『蜜蜂と遠雷』で直木三十五賞と本屋大賞を受賞。ミステリ、ホラー、SFなど、ジャンルを越えて多彩な執筆活動を展開する。他の著書に、『スキマワラシ』『灰の劇場』『薔薇のなかの蛇』『愚かな薔薇』『なんとかしなくちゃ。青雲編』など多数。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
65

武器はチェロ。潜入先は音楽教室。過去のある事件から心を閉ざし生きてきた“スパイ”が、奏でる喜びと苦悩の果てに選ぶのは──。 武器はチェロ。 潜入先は音楽教室。 傷を抱えた美しき潜入調査員の孤独な闘いが今、始まる。 『金木犀とメテオラ』で注目の新鋭が、想像を超えた感動へ読者を誘う、心震える“スパイ×音楽小説"! 少年時代、チェロ教室の帰りにある事件に遭遇し、以来、深海の悪夢に苛まれながら生きてきた橘。 ある日、上司の塩坪から呼び出され、音楽教室への潜入調査を命じられる。 目的は著作権法の演奏権を侵害している証拠をつかむこと。 橘は身分を偽り、チェロ講師・浅葉のもとに通い始める。 師と仲間との出会いが、奏でる歓びが、橘の凍っていた心を溶かしだすが、法廷に立つ時間が迫り…… 【著者略歴】 安壇 美緒 (あだん・みお) 1986年北海道生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。2017年、『天龍院亜希子の日記』で第30回小説すばる新人賞を受賞し、デビュー。2020年、北海道の中高一貫の女子校を舞台にした青春長編『金木犀とメテオラ』を刊行、書店員からの熱い支持を受けロングセラーとなる。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
65

執筆期間15年のミステリ・ロマン大作『鈍色幻視行』の核となる小説、完全単行本化。 「本格的にメタフィクションをやってみたい」という著者渾身の挑戦がここに結実…! 遊廓「墜月荘」で暮らす「私」には、三人の母がいる。孔雀の声を真似し、日がな鳥籠を眺める産みの母・和江。身の回りのことを教えてくれる育ての母・莢子。表情に乏しく、置き物のように帳場に立つ名義上の母・文子。ある時、「私」は館に出入りする男たちの宴会に迷い込む。着流しの笹野、背広を着た子爵、軍服の久我原。なぜか彼らに近しさを感じる「私」。だがそれは、夥しい血が流れる惨劇の始まりで……。 謎多き作家「飯合梓」によって執筆された、幻の一冊。 『鈍色幻視行』の登場人物たちの心を捉えて離さない、美しくも惨烈な幻想譚。 【リバーシブル・カバー仕様】 恩田陸によるミステリ・ロマン大作『鈍色幻視行』作中で、幻の作家・飯合梓の唯一の著作として登場する『夜果つるところ』。 『鈍色~』の核となる小説を完全単行本化した本書のカバー、恩田陸版/飯合梓版を自由にかけかえ可能なリバーシブル仕様でお届けします! 【著者略歴】 恩田陸(おんだ・りく) 一九六四年生まれ、宮城県出身。九二年、日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作に選出された『六番目の小夜子』でデビュー。二〇〇五年『夜のピクニック』で吉川英治文学新人賞と本屋大賞、〇六年『ユージニア』で日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門、〇七年『中庭の出来事』で山本周五郎賞、一七年『蜜蜂と遠雷』で直木三十五賞と本屋大賞を受賞。ミステリ、ホラー、SFなど、ジャンルを越えて多彩な執筆活動を展開する。他の著書に、『スキマワラシ』『灰の劇場』『薔薇のなかの蛇』『愚かな薔薇』『なんとかしなくちゃ。青雲編』など多数。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.79
65

美女と野獣 Beauty and the Beast (ラダーシリーズ Level 1)

ザンディ・スミス-セラフィン
IBCパブリッシング

吹雪の晩に見知らぬ城にたどり着いた商人は、心優しい末娘への土産にと、窓辺に咲く一輪のバラに手をのばした。大切なバラを盗られて怒った城主は、その恐ろしい姿を現し、商人に娘をひとり差し出すように要求するのだが…。うわべの美しさにとらわれていた者がやがて真実の愛を見出すまでを描いた、フランスの代表的民話。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.80
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.81
67
みんなのレビュー
植物を通して、だんだん近づいていく2人を描いた本です。植物についての豆知識もあちこちに散りばめられていて、面白いです。
No.82
67

プロローグ 泣き女の殺人 インタールード. 1 水鏡荘の殺人 インタールード. 2 女子高生連続絞殺事件 インタールード. 3 VSエリミネーター エピローグ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.83
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.85
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.86
64

解剖されない9割の遺体に、「隠れた犯罪」が潜む!?真相とともに浮かび上がる、光崎教授の〝悔恨〟とは?法医学ミステリー第4弾 「これから一人だけ殺す。自然死にしか見えないかたちで」 解剖されない9割の遺体に、隠れた犯罪が潜む!? 真相とともに浮かび上がる、光崎教授の〝悔恨〟とは? 死体は雄弁に語る――法医学ミステリー第4弾 「一人だけ殺す。絶対に自然死にしか見えないかたちで」浦和医大法医学教室の光崎藤次郎教授への脅迫文がネットに書き込まれた。日本の解剖率の低さを訴えるテレビ番組での、問題の九割はカネで解決できるという彼の発言が発端だった。 挑発などなかったかのように、いつもの冷静さで解剖する光崎。一方、助教の真琴は光崎の過去に手がかりを求めると、ある因縁が浮上し……。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.88
67
みんなのレビュー
池井戸潤の小説はどれも生々しく面白い。本当に存在しそうな会社の闇を映し出している名作。
No.89
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.90
67
みんなのレビュー
ドラマにもなった下町ロケット。ドラマでも書籍でもいいから下町ロケットはぜひ見て欲しい。町工場の戦いがリアルに描かれていて震える。
No.91
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.96
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.101
67

カザリとヨーコ Seven rooms So-far そ・ふぁー 陽だまりの詩 Zoo 対談 天才は深夜ラジオでつくられる。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.102
63

今日から、新学期。でも、ジュディは、朝から「ふきげんモード」。なぜって、休みのあいだにトクベツなことをなんにもしていないから。おしゃまなジュディと弟のスティンク、親友のロッキーがくりひろげる楽しい物語。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.105
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.107
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.110
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.111
67
みんなのレビュー
実際にはこんな高校生はいないだろうとは思いつつ、殺人・密室のイメージのある「ミステリ」を青春の日常に落とし込めるのはすごいし、面白い
No.112
63

激動の大正時代を泥棒たちが大暴れ! 『絞首商會』『サーカスから来た執達吏』にも繋がる連作短編集。 実業家・加右衛門氏へ贋物の置時計を売ってしまった事実を知った井口。 泥棒に転職をした蓮野とともに、その置時計は加右衛門氏が所有する美術館にあるという情報を得、盗むことを計画するがーー? (第1章 加右衛門氏の美術館) 激動の大正時代を泥棒たちが大暴れ! 『絞首商會』『サーカスから来た執達吏』にも繋がる連作短編集。 『方舟』で「週刊文春ミステリーベスト10」「MRC2022」をダブル受賞し話題沸騰の夕木春央、待望の新作!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.114
67

昨夜のカレー、明日のパン ひっつき虫

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.115
63

マネー・ボール 奇跡のチームをつくった男

マイケル・ルイス
ランダムハウス講談社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.119
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.123
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.125
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.126
66
みんなのレビュー
学生の頃読んで衝撃を受けた書籍。退屈な日々で何か自分を変えたいと思っている若者には是非読んで本書の課題をぜひ実行して欲しい。読むだけでモチベーションを上げて終わってしまってはだめ。
No.127
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.128
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.129
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.130
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.132
66
みんなのレビュー
新選組の土方歳三の視点で、幕末を描いた小説。新選組の存在や土方歳三の存在はもちろん知っていたが、具体的にどんな人だったのか?は知らなかった。燃えよ剣を読んで強い組織の作り方や時流に乗る大切さや信念を貫き通すかっこよさなどを学べた。歴史が好きならぜひ読むべき1冊。
No.133
62

プロローグ 金魚とカワセミ 東京タワーとアーツ・センター トマトジュースとバタフライピー 赤鬼と青鬼 エピローグ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.134
62

春を背負って 花泥棒 野晒し 小屋仕舞い 擬似好天 荷揚げ日和

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.136
66

曼珠沙華 凶宅 邪恋 魔鏡 家鳴り

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search