【2024年】「泣ける」のおすすめ 本 123選!人気ランキング

この記事では、「泣ける」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 旅猫リポート (講談社文庫)
  2. 手紙 (文春文庫 ひ 13-6)
  3. 永遠の0 (講談社文庫)
  4. 1リットルの涙難病と闘い続ける少女亜也の日記 (幻冬舎文庫)
  5. 世界から猫が消えたなら (小学館文庫 か 13-1)
  6. 博士の愛した数式 (新潮文庫)
  7. ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)
  8. 西の魔女が死んだ (新潮文庫)
  9. とんび (角川文庫 し 29-7)
  10. 東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン (新潮文庫)
他113件
No.1
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
90
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
86
みんなのレビュー
この本は、主人公の祖母が亡くなった時に祖父からある事実を知らせれます。自分は主人公たちの本当の祖父ではないということを・・・。彼は終戦間近の神風特攻隊で戦死したということを・・・。彼は、とても優秀な戦闘機乗りであったが、とても臆病だったという事実が出てくる。だが、なぜそのように臆病な人が神風特攻隊として、戦死したのか。「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために。」そう言い続けた男は、なぜ、自ら零戦に乗り込み、命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。天才だが、臆病者。想像と違う人物に戸惑いつつも、一つの謎が浮かんでくるーーー。記憶の片方が揃うとき、明らかになる事実とは。涙なしには読めない、永遠の名作。
No.6
78
みんなのレビュー
この本は博士の人生についてすごく考えさせられます。おすすめします;
No.8
75
みんなのレビュー
えぐすぎ
とてもいいと思います!
No.9
74

とんび (角川文庫 し 29-7)

重松 清
角川書店(角川グループパブリッシング)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
72
みんなのレビュー
二人の恋にとても感動しました!
No.13
69

塩の街 (角川文庫 あ 48-3)

有川 浩
角川書店(角川グループパブリッシング)

塩の街 塩の街、その後

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
69

ひこうき雲 朝日のあたる家 潮騒 ヒア・カムズ・ザ・サン その日のまえに その日 その日のあとで

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
69

弟を殺した男、死にゆく妻と向き合う夫、疲弊していく家族…10人の文豪達が綴った哀しくも切ない短編ばかり集めました。 弟を殺した男、死にゆく妻と向き合う夫、疲弊していく家族…10人の文豪達が綴った哀しくも切ない短編ばかり集めました。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
68

恋人 夫婦 姉妹 親子

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
66

アイドルの心得 長男の心得 親友の心得 待ち人の心得 使者の心得

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
65
みんなのレビュー
野球の青春を思い出してくれる小説。学生の頃にこの小説を読んで野球部を志した記憶がある。激しいスポ根野球ストーリーではないが、非常に読みやすく心温まるほっこりする物語
No.24
65

小説 君の名は。 (角川文庫)

新海 誠
KADOKAWA/メディアファクトリー
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
64

トカビの夜 妖精生物 摩訶不思議 花まんま 送りん婆 凍蝶

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
63
みんなのレビュー
とてもおもしろい。
読んでみたら泣けた!1人だけが主人公ではなく、登場人物みんなが主人公でいいお話!オオカミ様が実際に誰なのかははっきりにないけど、とても優しくていい人!読むと勇気をもらえるし、不登校の気持ちがはっきりわかってくる!
No.29
62

帰郷

浅田 次郎
集英社

歸鄕 鉄の沈黙 夜の遊園地 不寝番 金鵄のもとに 無言歌

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
61
みんなのレビュー
あまり、おすすめはしません。正直面白くないです。
面白いかも
No.34
60
みんなのレビュー
罪とはなにか、人の思いとはなにかを第三者の目から読める本だった。
小6の時、友達の好きな本だったので読んで見た思い出の一冊です‼︎ちょっとだけ読むはずが一気に読んでしまいた。映自分の生き方にすごく悩まされました
No.35
60
みんなのレビュー
東野圭吾の書籍はそれほど読まないのだが、これはふと読んでみて感動した一冊。東野圭吾はサスペンス系のイメージがあったがこの書籍でイメージが変わった!
No.36
60

小説 言の葉の庭 (角川文庫)

新海 誠
KADOKAWA/メディアファクトリー
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
60
みんなのレビュー
深みがあってハマる!感動と鍵をみつけるミステリーが面白い!!
なんらかの理由で不登校になってしまった子達が集まり助け合うストーリーです。最後の真実がわかった時はひゃぁぁぁっとなりました。
No.38
60
みんなのレビュー
初めて読んだ小説です。主人公と同じ小学生の時に読んだので、自分の将来はどうなっているのか想像したながら読みました。人と関わることの大切さ、勇気、自分と向き合うことを学んだ気がすします。高校生になった今、もう一度読んでみるとまた違った読み方がうまれます。
No.39
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
59
みんなのレビュー
子供向けの物語かと思いきや、大人が読んでも深く人生について考えさせられる本。大切なものは目に見えないんだというセリフが好き。
No.52
59

桜の季節と、リノリウムの温度 最初で最後の夏休み 君とロミオとジュリエット そしてもうすぐ、春が来る

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
59

ムーンライト・シャドウ

よしもと ばなな
朝日出版社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
57

旅猫リポート

有川 浩
文藝春秋
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
57

自分で殺した女の子に恋をするなんて、どうかしている。 「私、死んじゃいました。どうしてくれるんですか?」  何もかもに見捨てられて一人きりになった二十二歳の秋、僕は殺人犯になってしまった――はずだった。  僕に殺された少女は、死の瞬間を“先送り”することによって十日間の猶予を得た。彼女はその貴重な十日間を、自分の人生を台無しにした連中への復讐に捧げる決意をする。 「当然あなたにも手伝ってもらいますよ、人殺しさん」  復讐を重ねていく中で、僕たちは知らず知らずのうちに、二人の出会いの裏に隠された真実に近付いていく。それは哀しくも温かい日々の記憶。そしてあの日の「さよなら」。 僕に殺された少女は、死の瞬間を“先送り”することで生き延びた。彼女は残された貴重な十日間を、自分の人生を台無しにした連中への復讐に捧げる決意をする。「当然あなたにも手伝ってもらいますよ、人殺しさん」

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
57

ハッピー・バースデー 窓辺の小鳥たち 檸檬 豊饒 聖夜 さざなみ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
56

限りのない喪失と再生を描く話題の長篇小説。60年代終りから70年始めにかけての激しくて、物静かで、哀しい、永遠の恋愛小説。青春のきらめき、生と死のあやうい交錯、透明な余韻に揺れるロングセラー。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
55

永遠に完成しない二通の手紙 裏切らないこと 私たちがしたこと 夜にあふれるもの 骨片 ペーパークラフト 森を歩く 優雅な生活 春太の毎日 冬の一等星 永遠につづく手紙の最初の一文 解説

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
55

青い鳥

重松 清
新潮社

ハンカチ ひむりーる独唱 おまもり 青い鳥 静かな楽隊 拝啓ねずみ大王さま 進路は北へ カッコウの卵

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.77
55

クジラの彼 (角川文庫 あ 48-4)

有川 浩
角川書店(角川グループパブリッシング)

クジラの彼 ロールアウト 国防レンアイ 有能な彼女 脱柵エレジー ファイターパイロットの君 解説

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.80
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.81
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.83
55

ジェノサイド

高野 和明
角川書店(角川グループパブリッシング)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
58

青空のむこう

アレックス・シアラー
求龍堂
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.86
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.88
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.89
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.90
58

さまよう刃 (角川文庫 ひ 16-6)

東野 圭吾
角川グループパブリッシング
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.91
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.92
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.93
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.94
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.95
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.96
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.97
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
55

交際3年。求婚済み。年の差なし。ここが世界の頂点だと思っていた。こんな生活がずっと続くんだと思っていた-。精緻にしてキュート。清冽で伸びやか。いま最注目、野間文芸新人賞作家が放つ恋愛長編。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.100
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.102
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.104
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.105
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.107
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.108
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.109
55
みんなのレビュー
植物を通して、だんだん近づいていく2人を描いた本です。植物についての豆知識もあちこちに散りばめられていて、面白いです。
No.110
55

「ああ、あすかなんて、本当に生まなきゃよかったなあ。」自分の思い通りに成長した長男に比べ、できの悪い娘あすかに容赦ない言葉を浴びせる母静代。しかし静代の見せかけの鎧は、職場の年若い上司なつきによって徐々に剥がされていく。愛に餓え、愛を求めて彷徨う母娘の再生の物語。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.111
58

夜と霧 新版

ヴィクトール・E・フランクル
みすず書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.113
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.114
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.116
58

Calling you 失はれる物語 傷 手を握る泥棒の物語 しあわせは子猫のかたち ボクの賢いパンツくん マリアの指 ウソカノ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.117
55

八日目の蝉

角田 光代
中央公論新社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.118
55

カンガルー日和.4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて.眠い.タクシーに乗った吸血鬼.彼女の町と、彼女の緬羊.あしか祭り.鏡.1963/1982年のイパネマ娘.バート・バカラックはお好き? 5月の海岸線.駄目になった王国.32歳のデイトリッパー.とんがり焼の盛衰.チーズ・ケーキのような形をした僕の貧乏.スパゲティーの年に.かいつぶり.サウスベイ・ストラットードゥービー・ブラザーズ「サウスベイ・ストラット」のためのBGM.図書館奇譚

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.119
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.120
55

「沁みる夜汽車」の物語2

NHK沁みる夜汽車制作チーム
ビジネス社

鉄道と人が紡ぐ奇跡と感動の実話

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.121
58

生命式

村田沙耶香
河出書房新社

生命式 素敵な素材 素晴らしい食卓 夏の夜の口付け 二人家族 大きな星の時間 ポチ 魔法のからだ かぜのこいびと パズル 街を食べる 孵化

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.122
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.123
58

人間らしい、おだやかな時間と環境の中で、生き、そして最期を迎えるために——人間の魂に聴診器をあてた若き医師の厳粛な記録。これがホスピスを考える問題提起となった。(柳田邦男) 人間らしい、おだやかな時間と環境の中で、生き、そして最期を迎えるために——人間の魂に聴診器をあてた若き医師の厳粛な記録。これがホスピスを考える問題提起となった。(柳田邦男)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search