【2023年】「幕末」のおすすめ 本 69選!人気ランキング

この記事では、「幕末」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 新選組血風録 新装版 (角川文庫)
  2. 燃えよ剣(上) (新潮文庫)
  3. 新装版 坂の上の雲 (1) (文春文庫)
  4. 忍びの国 (新潮文庫)
  5. 関ケ原(上) (新潮文庫)
  6. 世界一よくわかる幕末維新 (祥伝社黄金文庫)
  7. 麒麟児 (角川文庫)
  8. 明治維新とは何だったのか 世界史から考える
  9. 夜汐 (角川文庫)
  10. 日本史を暴く-戦国の怪物から幕末の闇まで (中公新書 2729)
他59件
No.2
100
みんなのレビュー
新選組の土方歳三の視点で、幕末を描いた小説。新選組の存在や土方歳三の存在はもちろん知っていたが、具体的にどんな人だったのか?は知らなかった。 燃えよ剣を読んで強い組織の作り方や時流に乗る大切さや信念を貫き通すかっこよさなどを学べた。歴史が好きならぜひ読むべき1冊。
No.4
89
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
89

江戸百万の命を背負い、勝海舟と西郷隆盛、二人の麒麟児が駆ける! 慶応四年三月。鳥羽・伏見の戦いに勝利した官軍は、徳川慶喜追討令を受け、江戸に迫りつつあった。 軍事取扱の勝海舟は、五万の大軍を率いる西郷隆盛との和議交渉に挑むための決死の策を練っていた。 江戸の町を業火で包み、焼き尽くす「焦土戦術」を切り札として。 和議交渉を実現するため、勝は西郷への手紙を山岡鉄太郎と益満休之助に託す。 二人は敵中を突破し西郷に面会し、非戦の条件を持ち帰る。だが徳川方の結論は、降伏条件を「何一つ受け入れない」というものだった。 三月十四日、運命の日、死を覚悟して西郷と対峙する勝。命がけの「秘策」は発動するのか――。 幕末最大の転換点、「江戸無血開城」。命を賭して成し遂げた二人の“麒麟児”の覚悟と決断を描く、著者渾身の歴史長編。 慶応四年、鳥羽・伏見の戦いに勝利した官軍が江戸に迫る。官軍を指揮する西郷隆盛との和議を担う、幕府方・勝海舟の切り札は「焦土戦術」。江戸そのものを人質に、二人の麒麟児の大博打が始まった!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
79

直木賞作家・東山彰良 描くは幕末を駆け抜けた梟雄集団、新選組! やくざ者の蓮八は遊女に身を落とした幼なじみを助けるため、無宿人たちの賭場を急襲した。報復のために差し向けられたのは、謎に包まれた無敵の殺し屋・夜汐。蓮八は身を隠すため、新選組隊士となるが……。 やくざ者の蓮八は遊女に身を落とした幼なじみを助けるため、無宿人たちの賭場を急襲した。報復のために差し向けられたのは、謎に包まれた無敵の殺し屋・夜汐。蓮八は身を隠すため、新選組隊士となるが……。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
76

幕末の世の人々の絆と生き様を鮮やかに描き出した、青春時代小説の傑作! 学問と剣術、いずれにも長けた川越藩国家老の息子、小河原左京。彼はある日、城下の村にある道場で自分と瓜二つな農民の少年、時蔵に出会う。一度は互いの出自を疑うが、次第に身分の差を超えた友情を育み、平穏な青春を過ごす2人。しかし世間は世直し一揆や農兵の導入に揺れ、激動の時代を迎えつつあった。そんな中ある武士が2人の眼前に現れ、彼らの出自を疑い、その姿を執拗に追うようになる。彼の狙いはいったい何なのか――。美しい川越を舞台に、幕末の人々の生き様を鮮やかに描き出した傑作時代長編。 川越藩国家老の息子小河原左京は、学問と剣術いずれにも長けた13歳の少年。彼はある日城下の村の道場で自分と瓜二つな農民の少年、時蔵に出会う。この出会いが、左京の運命を大きく動かし始める――。 序章 一章 縁 二章 甘酒 三章 さらぬ別れ 四章 武州世直し一揆 五章 青山の賦 六章 お通の客 七章 子の日の松 八章 富津陣屋 九章 烈日 十章 道

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
76
みんなのレビュー
坂本龍馬の半生を綴った物語。坂本龍馬に対して歴史の教科書で学ぶくらいの知識しかなかったが、これを読むことで幕末の時代を駆け抜けた坂本龍馬という男に対する理解が深まる。激動の時代を生き抜く今の日本を形作った男の生き様を知ることで勇気をもらえる。
No.13
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
72

2013年本屋大賞受賞!第1位に輝いたノンフィクション・ノベル。世界を驚倒させた「日章丸事件」を百田氏が発掘、命を吹き込んだ 2013年本屋大賞受賞!第1位に輝いた、ノンフィクションノベルの最高傑作!「私が、『この小説のモデルとなった出光佐三という偉大な男の生き様を、一人でも多くの日本人に知ってもらいたい!』と強く思ったように、『海賊とよばれた男』を読んでくれた書店員の皆さんもまた同じ気持ちを抱いてくれたのかもしれません。全国の書店員の皆さま、本当にありがとうございました」(著者・百田尚樹さん) 「歴史経済小説の最高傑作!」(西川善文・元三井住友銀行頭取」、「『宮本武蔵』、『竜馬がゆく』・・・・・・青春歴史小説の新たな”古典”」(末國善己・文芸評論家)--発売以来、激賞の声が止まない、百田尚樹氏の書き下ろし長編。物語は、敗戦の日から始まる。 「ならん、ひとりの馘首もならん!」--異端の石油会社「国岡商店」を率いる国岡鐵造は、戦争でなにもかもを失い残ったのは借金のみ。そのうえ大手石油会社から排斥され売る油もない。しかし国岡商店は社員ひとりたりとも解雇せず、旧海軍の残油浚いなどで糊口をしのぎながら、逞しく再生していく。20世紀の産業を興し、人を狂わせ、戦争の火種となった巨大エネルギー・石油。その石油を武器に変えて世界と闘った男とは--出光興産の創業者・出光佐三をモデルにしたノンフィクション・ノベル、『永遠の0』の作者・百田尚樹氏畢生の大作その前編。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
70

啞の十蔵 本所・桜屋敷 血頭の丹兵衛 浅草・御厩河岸 老盗の夢 暗剣白梅香 座頭と猿 むかしの女

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
70

曼珠沙華 凶宅 邪恋 魔鏡 家鳴り

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
70

ふぐと福笑い 双六神隠し だんまり用心棒 冥土の花嫁

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
70

カスドース 若みどり まるまるの毬 大鶉 梅枝 松の風 南天月

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
70

西郷札 くるま宿 梟示抄 啾々吟 戦国権謀 権妻 酒井の刃傷 二代の殉死 面貌 恋情 噂始末 白梅の香

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
70

信長との同盟

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
70

流れを変える 金貨を延べる 飲み水を引く 石垣を積む 天守を起こす

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
70

咸臨丸、サンフランシスコにて 咸臨丸のかたりべ 解説

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search