【2024年】「企業小説」のおすすめ 本 134選!人気ランキング

この記事では、「企業小説」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 下町ロケット (小学館文庫)
  2. オレたちバブル入行組 (文春文庫)
  3. トヨトミの野望 (小学館文庫)
  4. よこどり 小説メガバンク人事抗争
  5. 半沢直樹 アルルカンと道化師
  6. 空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)
  7. 僕は明日もお客さまに会いに行く。
  8. 落日の轍 小説日産自動車 (文春文庫 た 72-8)
  9. おカネの教室 僕らがおかしなクラブで学んだ秘密 (しごとのわ)
  10. 百年先が見えた男 (PHP文芸文庫)
他124件
No.1
100
みんなのレビュー
ドラマにもなった下町ロケット。ドラマでも書籍でもいいから下町ロケットはぜひ見て欲しい。町工場の戦いがリアルに描かれていて震える。
No.2
92
みんなのレビュー
「池井戸潤」の半沢直樹シリーズ。大ヒットしたドラマの原作であり本も非常に面白い。物語としても面白いながら、普通に銀行ビジネスや大組織での立ち回りなど勉強になる部分も多い。
No.3
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
80
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
74

十年目のクリスマス セールストーク 手形の行方 芥のごとく 妻の元カレ かばん屋の相続 解説

みんなのレビュー
池井戸潤の短編集。他の小説に比べると見劣りする内容
No.13
82
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
69

鹿子小穂の冒険 引き抜き屋の代理 引き抜き屋の微笑 引き抜き屋の冒険

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
69

社内の権力闘争に翻弄されながらも、義を貫き再生を果たした一人の男の物語。定年後の人生をどう生きるかを考えさせる小説。 「部長職を解き調査役を命ずる」という辞令を受けた主人公。社内の権力闘争に巻き込まれ翻弄されながらも、「人間としてやるべきことは何か」を貫いた一人の男の再生の物語。定年後の人生をどう生きるかを考えさせる小説。 「部長職を解き調査役を命ずる」という四月一日付の辞令を受けた主人公は、その日から机の配置も変わり部下のいない社員、いわゆる窓際族になった。しかし社内の権力闘争から再び表舞台へ上がるが……。権力闘争に巻き込まれるも同僚への思い遣りの心を大切にし、「義を見て為ざるは勇無きなり」と義を貫く主人公の生き方は、聖書の言葉「日は昇り、日は沈みあえぎ戻り、また昇る」のごとく転変を繰り返す。本作品は、組織の掟と、義や情の間に揺れ動き翻弄されながらも、「人間としてやるべきことは何か」を貫いた一人の男の再生の物語だが、定年後の人生をどう生きるか──という、誰もが抱える後半生の大きなテーマに光を当てた物語でもある。 第一章 止まって見えた大時計の針 第二章 抜け切れない会社人間 第三章 君は何を報告したのだ 第四章 あなたは運のいい人だ 第五章 言われたとおりにやれ 第六章 社長が行方不明です 第七章 今度は君が社長だ 第八章 賽は投げられた 第九章 最初に見せたのは誰だ 第十章 常務が自殺 終 章 夢、遙か あとがき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
66
みんなのレビュー
大ヒットしたドラマ半沢直樹シリーズの原作となった小説。安定の面白さ。
No.27
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
66

オレたちバブル入行組

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
65

梅の蕾 青い星 ジングルベル アルバム 光る藻 父親の旅 尾行 夾竹桃 桜まつり クルージング 眼 遠い幻影

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
65
みんなのレビュー
池井戸潤の小説はどれも生々しく面白い。本当に存在しそうな会社の闇を映し出している名作。
No.33
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
65
みんなのレビュー
大ヒットしたドラマ半沢直樹シリーズの原作となった小説。池井戸潤最高
No.35
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
64
みんなのレビュー
偉大な企業をどうやって作るかについて実在する企業へのヒアリングを経てまとめた書籍。サイバーエージェント藤田氏のバイブルであり、起業家を目指す人は一読しておくとよいかもしれない。起業家の自伝みたいな感じではないので少々読みにくい部分もあり。
No.49
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
62
みんなのレビュー
かなり分厚い本だが、全てのビジネスパーソン必読の本。一連のストーリーが戦略の根幹にあるという話を具体的な事例とともに学べる。特にガリバーのストーリーは惹き込まれた。パーツパーツで見ると一見非合理だけどストーリーとして繋げてみると合理的な戦略を形作ることで競争優位性を得ることができる。
No.51
66

2013年本屋大賞受賞!第1位に輝いたノンフィクション・ノベル。世界を驚倒させた「日章丸事件」を百田氏が発掘、命を吹き込んだ 2013年本屋大賞受賞!第1位に輝いた、ノンフィクションノベルの最高傑作!「私が、『この小説のモデルとなった出光佐三という偉大な男の生き様を、一人でも多くの日本人に知ってもらいたい!』と強く思ったように、『海賊とよばれた男』を読んでくれた書店員の皆さんもまた同じ気持ちを抱いてくれたのかもしれません。全国の書店員の皆さま、本当にありがとうございました」(著者・百田尚樹さん) 「歴史経済小説の最高傑作!」(西川善文・元三井住友銀行頭取」、「『宮本武蔵』、『竜馬がゆく』・・・・・・青春歴史小説の新たな”古典”」(末國善己・文芸評論家)--発売以来、激賞の声が止まない、百田尚樹氏の書き下ろし長編。物語は、敗戦の日から始まる。 「ならん、ひとりの馘首もならん!」--異端の石油会社「国岡商店」を率いる国岡鐵造は、戦争でなにもかもを失い残ったのは借金のみ。そのうえ大手石油会社から排斥され売る油もない。しかし国岡商店は社員ひとりたりとも解雇せず、旧海軍の残油浚いなどで糊口をしのぎながら、逞しく再生していく。20世紀の産業を興し、人を狂わせ、戦争の火種となった巨大エネルギー・石油。その石油を武器に変えて世界と闘った男とは--出光興産の創業者・出光佐三をモデルにしたノンフィクション・ノベル、『永遠の0』の作者・百田尚樹氏畢生の大作その前編。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
66

鉄の楽園

周平, 楡
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
60
みんなのレビュー
大ヒットしたドラマ半沢直樹シリーズの原作となった小説。やはり半沢直樹シリーズが池井戸潤の中でも圧倒的に面白い。
No.61
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
60
みんなのレビュー
ビジネスフレームワークが図解で学べる。誰もが知っているビジネスでも実際にビジネスモデルは分からないことが多い。この書籍のビジネスフレームワークを一通り頭に叩き込んでおくことで色んなケースに応用が効く。
No.67
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
60
みんなのレビュー
大好きな漫画。ビジネス書としても多くの経営者に読まれている。合戦の戦略や考え方、そしていかに周りを巻き込み成り上がっていくか、部下を束ねて強い組織を作っていくかなどが学べる。
No.70
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
65

東南アジアでもっとも成功した金融マネージャー北川が、シンガポールのホテルで転落死した。自殺か他殺か。同時に名門スイス銀行の山之辺が失踪、1000億円が消えた。金融洗浄、ODA、原発輸出、仕手株集団、暗躍する政治家とヤクザ…。名門銀行が絶対に知られたくない秘密、そしてすべてを操る男の存在とは?国際金融情報小説の傑作!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.77
65

惨者面談 ヤリモク パンドラ 三角奸計 #拡散希望

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.80
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.81
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.83
60

激戦区 三番窓口 腐魚 主任検査官 荒磯の子 過払い 彼岸花 不祥事

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.85
60

歯車じゃない 傷心家族 みにくいアヒルの子 シーソーゲーム 人体模型 キンセラの季節 銀行レース 下町蜃気楼 ヒーローの食卓 晴子の夏

みんなのレビュー
池井戸潤ファンだが、池井戸潤の小説の中では微妙な方かなーと思う。
No.86
65

問題山積の飲食店チェーン再建に挑む元エリート銀行マン。のしかかる試練、どうなる第二の人生!?<『人生に七味あり』を改題> 順調にメガバンクの出世コースを歩んできた樫村徹夫は、送別会の帰り道「あんたの人生、七味とうがらし」と、辻占師に不吉で不可解な言葉をかけられる。深みある人生にするか、辛すぎて酷い味になるかは自分次第。吸収合併を機に、飲食店チェーンのCFOに抜擢された樫村は、綻びだらけの企業を再建できるのか? <『人生に七味あり』を改題> 再建は投資家のためじゃない。 従業員のためなんだ! 問題山積の飲食店チェーンに飛び込んだ 元エリート銀行マン。 のしかかる七つの試練に、どうなる第二の人生!? 順調にメガバンクの出世コースを歩ん できた樫村徹夫は、送別会の帰り道 「あんたの人生、七味とうがらし」と、辻 占師に不吉で不可解な言葉をかけられる。 深みある人生にするか、辛すぎて酷い味に なるかは自分次第。吸収合併を機に、飲 食店チェーンのCFOに抜擢された樫村 は、綻びだらけの企業を再建できるのか? <『人生に七味あり』を改題>

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.87
60
みんなのレビュー
アドラー心理学を実際にビジネスにどのように活かしていくのかが具体的に学べる。ストーリー形式で話が進んでいくので読みやすくスイスイ読める。
No.88
61

特捜投資家

永瀬 隼介
ダイヤモンド社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.89
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.90
60
みんなのレビュー
三枝さんの書籍は戦略的思考がストーリ形式で学べるので読みやすくそれでいて学びが多い。ある男が会社をV字回復に導くまでの苦悩と戦略のストーリー。
No.91
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.92
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.93
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.95
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.97
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
60

夜警 死人宿 柘榴 万灯 関守 満願

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.99
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.100
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.102
60

庶務行員 貸さぬ親切 仇敵 漏洩 密計 逆転 裏金 キャッシュ・スパイラル

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.103
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.104
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.106
60

いくつもの事業を起こした著者が自身の経験をふまえ、金持ち父さんに学んだ起業家の心構えを説く。よく学び、充分に準備してから始…

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.107
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.108
60
みんなのレビュー
本当に、記憶を消して読み直したいくらい面白い本です。トリックがもう、天才!!(語彙力)ミステリーの基礎の基礎です。絶対読んでください。
No.109
60

権謀術数渦巻く地方銀行を舞台に繰り広げられる熾烈な権力抗争劇。実録ならでは、これぞまさにバンカー最前線! フィクションかノンフィクションか? ある地方銀行で、絶大な権力を掌中に君臨していた相談役に反旗を翻した一派がいた。出世とカネをアメに、長年にわたって銀行を私物化してきた相談役は、このクーデタを押さえ込むことができるのか? 取締役会の多数派工作は熾烈を極め、誰がどちらにつき、誰が裏切るのか? 実録ならではの、手に汗握る醍醐味。 フィクションかノンフィクションか? ある地方銀行で、絶大な権力を掌中に君臨していた相談役に反旗を翻した一派がいた。 出世とカネをアメに、長年にわたって銀行を私物化してきた相談役は、このクーデタを押さえ込むことができるのか? 取締役会の多数派工作は熾烈を極め、誰がどちらにつき、誰が裏切るのか? 実録ならではの、手に汗握る醍醐味。 第一章 相談役室 第二章 蹉跌と好運 第三章 突然の左遷 第四章 第一次頭取交替 第五章 裏切り 第六章 甲羅天皇誕生 第七章 甲羅派 vs. 谷野派 第八章 謀議 第九章 財務局の内偵 第十章 先制攻撃 第十一章 銀行の正義 第十二章 誓約書という名の最終兵器 終章 そして、誰もいなくなった

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.111
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.112
59

プロローグ 泣き女の殺人 インタールード. 1 水鏡荘の殺人 インタールード. 2 女子高生連続絞殺事件 インタールード. 3 VSエリミネーター エピローグ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.113
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.116
59

リストラ目前の総務部次長が株主総会で突如社長を解任し、年商二千億の会社を乗っ取った。いったい何が起こったのか?総会屋問題で揺れる日本中の大企業の経営者たちを恐怖のどん底に叩き込んだ衝撃のベストセラー早くも文庫化!現役の超一流弁護士が商法上可能な限り熾烈な攻防を描き、企業に生きる男たちの存在理由を問う企業法律小説。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.117
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.118
59
みんなのレビュー
人に何かを伝える方法の勉強にはなるが伝え方が本当に9割なのかは疑問。〇〇が9割シリーズが流行っているので結局シーンによってどこに重点を置くかは変わる。読んで損はない。
No.122
59
みんなのレビュー
学生の時に読んでよく分からなかったが社会人になって読んでめちゃくちゃ腹落ちした書籍。何度も何度も読み返すことで多くを学べる。社会人で日々の仕事に忙殺されて大変な人には是非読んで欲しい書籍。
No.123
59
みんなのレビュー
学生の頃に読んで衝撃を受けた森岡さんの書籍。マーケティング職について間もない人に是非読んで欲しい。徹底した消費者視点というマーケティングの本質が詰まっている。これを読んで消費者視点のマーケティングについて学んだ後は数学的マーケティングとして確率思考の戦略論も合わせて読んで欲しい。人生で読んだ中でトップ10に入る名著。
No.124
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.125
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.126
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.128
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.129
59

激戦区 三番窓口 腐魚 主任検査官 荒磯の子 過払い 彼岸花 不祥事

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.130
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.131
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.133
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.134
59

大震災、大津波、原発事故。国家存亡の危機のなか、ハゲタカ・鷲津は、首都電力の株を買い占める。最大最強の標的は落とせるか。 2009年、ハゲタカと呼ばれた世界的な企業買収者・鷲津政彦は、原子力発電所を建設する民営会社の株を買収に失敗。財・政・官がもつれあう、権力構造の複雑怪奇さを思い知る。その2年後。リベンジを賭け、総本山「首都電力」に買収を仕掛けようとした矢先の2011年3月。東北を未曾有の地震、津波、最悪の原発事故が襲う。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search