についてお探し中...

【2024年】「コンテンツビジネス」のおすすめ 本 124選!人気ランキング

この記事では、「コンテンツビジネス」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 10年つかえるSEOの基本
  2. いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本 人気講師が教える宣伝せずに売れる仕組み作り (「いちばんやさしい教本」シリーズ)
  3. Webコンテンツマーケティング サイトを成功に導く現場の教科書
  4. できるところからスタートする コンテンツマーケティングの手法88 (できスタ Vol. 2)
  5. エピック・コンテンツマーケティング: 顧客を呼び込む最強コンテンツの教科書
  6. 現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル(特典PDF付き)
  7. オウンドメディアのやさしい教科書。 ブランド力・業績を向上させるための戦略・制作・改善メソッド
  8. 商品を売るな コンテンツマーケティングで「見つけてもらう」仕組みをつくる
  9. オウンドメディアで成功するための戦略的コンテンツマーケティン
  10. コンテンツマーケティングの教科書
他114件
No.3
90
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
75

コンテンツマーケティングの教科書

コンテンツコミュニケーション・ラボ(日経BPコンサルティング)
日経BPコンサルティング
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
74
みんなのレビュー
Webマーケティングを初めて学ぶ人にはおすすめの書籍。完全初心者が読むと全体感を理解できてよい。
No.13
72
みんなのレビュー
Webマーケティングといえばこの書籍。ストーリ形式でWebマーケティングについて学べるのでサクサク読めてそれでいてWebマーケティングのエッセンスがギュッと詰まっている。それもそのはず超有名マーケターのWebライダー松尾氏が著者。Webマーケティングを学びはじめた初学者はまず手にとって欲しい書籍。ちなみにWebマーケティングの中でもかなりSEO・オウンドメディア運営にフォーカスしているので広告などについて学びたい人には向かない。
No.14
71
みんなのレビュー
学生の頃に読んで衝撃を受けた森岡さんの書籍。マーケティング職について間もない人に是非読んで欲しい。徹底した消費者視点というマーケティングの本質が詰まっている。これを読んで消費者視点のマーケティングについて学んだ後は数学的マーケティングとして確率思考の戦略論も合わせて読んで欲しい。人生で読んだ中でトップ10に入る名著。
No.15
70

「このキーワードで1位にしたいのにうまくいかない」「予算がほとんどないのに、成果を求められる」「依頼した施策をやってもらえない」「コンテンツづくりがうまくいかない」「ホームページをリニューアルしたら順位が下がってしまった」「成果が出ないからやめようと思う」SEOにはつきものの悩み、どうしたらいい?10年以上、金融業界、官公庁サイト、大規模なECサイトのSEOから、オウンドメディア設計やコンテンツマーケティングまで、2,000社を超える案件に取り組んできたナイル株式会社の知見をもとに教えます。タイトルどおりの内容でロングセラーとなっている『10年つかえるSEOの基本』の姉妹本です。 ■■■1章 SEOって、1位をとるのが大事なんでしょ? ■■SEOのホントのところ ■SEOはマーケティングの手段の1つにすぎない ■「1位をとったけどうまくいっていない」場合とは ■■「どうすれば1位にできますか?」に対する答え ■1位にする方程式はないが、指針はある ■「良いコンテンツを作れば順位はついてくる」わけではない ■■■2章 SEOに取り組むには何が必要? ■■SEOに必要なスキルは仮説思考 ■明確な答えがない、だから仮説が必要 ■仮説を立てることは効果検証にも有益 ■■成果が出るまでの期間はバラつくことを理解する ■検索エンジンはすぐに結果に反映してくれない ■コンテンツやデザインを作るのに時間がかかる ■SEOの成果が出るまでの期間はどれぐらいか ■■どういう流れで対策していけばいいかを把握する ■(1)必要なページを考える ■(2)ページ作成の優先度を検討する ■(3)ページを作成する ■(4)定期的に見直しながら、改善する ■■なぜSEOでキーワードが大事なのかを理解する ■SEOでキーワードが重要になる3つの理由 ■SEOでまず取り組むべき「指名検索最適化」 ■■SEOをチームで理解する ■SEOに過度な期待をもってしまう状態を避ける ■施策のスピードが下がるのを避ける ■■■3章 人やリソースをどうやって確保すればいいの? ■■そもそも、SEOに必要な人・リソースって? ■オウンドメディア運用のタスクと必要な人数は? ■BtoB-SaaS系サービスオウンドメディアの運営 ■BtoC-アパレル系サービスオウンドメディアの運営 ■データベース型サイト ■サービスページ ■「SEOは最低限」という場合 ■■内製と外注、どちらがいいか? ■内製化のメリットはスピードアップ ■内製化のデメリットは採用コストと学習コスト ■初期は外注で、慣れてきたら内製化するのがおすすめ ■■内製化を目指すべき役割とは ■司令塔 ■コンテンツ編集者 ■サイト制作 ■■■4章 予算がほとんどないのに成果を求められるんだけど ■■本当にSEOが必要なのでしょうか? ■SEOの強みが発揮されるケースとは ■自社の製品・サービスの認知状況と解決できる課題を調べる ■目的を明確にする ■目的を達成するほかの施策はないか考える ■■SEO用の予算の引き出し方 ■期待を正しく把握する ■期待を正しく調整する ■裁量権をなるべく広くもらう ■限界利益から考える ■社内でSEOの成果を説明する際のコツ ■■■5章 依頼したことを反映してもらえない ■■なぜ、依頼どおり実装されないのか? ■要件定義が曖昧なまま依頼してしまっている ■他部署との調整が入る ■■「依頼どおりに実装されない」事態を避けるには ■依頼の要件をしっかりと固めて共有する ■施策実装担当と密にコミュニケーションをとる ■社内全体のSEOの理解度を上げる ■「貸し借りの関係」に敏感になる ■■■6章 コンテンツづくりがうまくいかない ■■そもそもコンテンツづくりが難しい理由 ■伝えたいことだけ書くのはNG ■コンテンツづくりそのものが目的になってしまいやすい ■■どのようにコンテンツを作ればいいか ■コンテンツの作成にあたって明確にしたい3つのポイント ■必要なコンテンツの本数を考える ■第三者の目でのチェック+専門知識の担保ができる体制をつくる ■効率よくコンテンツを作成する10のステップ ■■とても難しい効果検証 ■いつ、何を検証するのか ■効果検証をふまえて、どのようなアクションをするべきか ■■良いコンテンツだからといって1位を獲得できるわけではない ■1位に表示されるのは「最もわかりやすいコンテンツ」とはかぎらない ■良いコンテンツを作ったうえで取り組むべき4つのこと ■1位をとっても終わりではない ■■AIをうまくSEOに利用するには ■GoogleはAIコンテンツをどう考えているのか ■うまく生成AIを活用するには ■■■7章 社内から質問がたくさん来て困る ■■検索エンジンの仕組みを理解して、最低限マイナスを与えない判断ができるようにする ■検出、クロール、インデックス、ランキングの4つのフェーズを押さえる ■検出「URLを見つける」 ■クロール「ページの情報を取得する」 ■インデックス「クロールした内容を格納する」 ■ランキング「順位を決定する」 ■■質問にはどう対応すればいいか ■テキストでやりとりする ■わからないことは「なんとなく」にしない ■■SEOを勉強するには ■レベル1:用語と概念を理解する ■レベル2:ニュースを追う ■レベル3:質問を積極的に受ける ■レベル4:自分でサイトを運用してみる ■■SEOが正直しんどい時は ■忙しすぎてしんどい ■わからなくてしんどい ■目標が厳しくてしんどい ■■■8章 ホームページをリニューアルしたら、急に順位が下がってしまった ■■サイトリニューアルは本当に必要なのか ■サイトリニューアルは残念な結果を招きやすい ■サイトリニューアルをしないといけない時 ■■なぜ、サイトリニューアルで順位が下がったままになってしまうのk ■それまでに獲得していた評価を正しく引き継げていない ■ページ内容を変更した結果、改悪になっていた ■■失敗しにくいサイトリニューアルの進め方 ■(1)サイトリニューアルで得られるリターンとリスクの回避方法を押さえる ■(2)現状のサイトの数値状況を把握して、具体的な変更・対応箇所をまとめる ■(3)依頼を読めばだれでも実装できるレベルまで落とし込む ■(4)リニューアルに関わるメンバーと費用感、スケジュールをまとめる ■(5)リニューアルが目的にすり替わらないように実装する ■(6)ステージング環境で確認する ■(7)リニューアルの影響をチェックする ■■■9章 がんばってSEOに取り組んできたけど成果が出ないから、やめようと思う ■■あらためて「SEOにおける成果」とは ■売上に直接つながるアクション、つながらないアクション ■認知向上に貢献するか ■「たくさん取れているか」「コスパよく取れているか」で判断する ■■もしもSEOをやめるとしたら ■SEOをやめるとはどういうことか ■SEOのやめ時をどう考えるか ■■SEOをやめたあとに再開する場合は ■(1)かつてはどのように取り組んでいて、なぜSEOをやめたのか(失敗したのか) ■(2)今回はどのような成果が求められているのか ■(3)今回は競合を含め「勝てそう」か ■(4)社内のリソースは十分にあるか ■(5)SEO以外の取り組み状況はどうなっているか ■■■10章 ナイルはどのようにSEOに取り組んでいるのか ■■事例(1) Appliv ■「アプリを探すユーザーとの接点」としてSEOは非常に重要 ■3つのメインチーム+2つのサポートチームのマトリクス型組織 ■「量から質へ」の転換とともにコンテンツへの取り組みも進化 ■「最終的な勝者」になるために必要なことを逆算し、目標として設定する ■どのように施策に取り組んでいるか ■SEOに取り組む方へのアドバイス ■■事例(2) カルモマガジン ■通常のオウンドメディアの役割を超えた役割を担う ■メンバーの多くが業務委託/外部のパートナー会社 ■「言われたことをやる」から「目標を追える」体制へ ■目標設定は無理なく、しかし成長への取り組みは必死に ■メディアの成長とともに、指標も施策も変わる ■SEOに取り組む方へのアドバイス

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
67
みんなのレビュー
初学者向けのマーケティングの書籍として非常にオススメ。顧客が欲しいのはドリルではなくて穴。マーケティングにおいて重要な顧客の課題にフォーカスした考え方を学べる。マーケティングを学び始めたばかりの人はこの書籍をぜひ手にとって欲しい。
No.21
66
みんなのレビュー
沈黙のWebマーケティングに続いて2作目となる本書。1作目を読んでハマった方はぜひこちらの2作目も読んでみて欲しい。ストーリ形式で分かりやすくSEOライティングについて学べる
No.23
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
63
みんなのレビュー
SNSを学べるちゃんとした書籍はあまりない印象だが、この書籍は付け焼き刃ではなくて非常に重要なエッセンスが詰まっていて学びになった。
No.29
62
みんなのレビュー
沈黙のWebマーケティングに続いて2作目となる本書。1作目を読んでハマった方はぜひこちらの2作目も読んでみて欲しい。ストーリ形式で分かりやすくSEOライティングについて学べる
No.30
61
みんなのレビュー
実務レベルでマーケティングについて深く学べる書籍。当たり障りのない抽象論でもなく、小手先のテクニックでもなく、マーケティングの本質がしっかり学べる。デジタルマーケティング職に配属された新卒はとりあえずこれを読んでおけば大丈夫といっても過言ではないくらい良い書籍。何度も読み直したい。
No.33
61
みんなのレビュー
Webマーケティング、特にSEOやコンテンツマーケティングを学びたいのであれば、真っ先に読んで欲しい本。ストーリー形式で読みやすくエッセンスが詰まっている。
No.34
63
みんなのレビュー
マーケターなら絶対に外してはいけないのがこのジョブ理論。ニーズやインサイトという言葉を聞いたことをある人が多いと思うが、まずフォーカスすべきなのは顧客が本当に解決したいジョブ。マクドナルドに通う人が解決したいジョブは小腹を満たすことなのか?それともジャンキーなハイカロリー食事で日々の仕事の鬱憤を晴らしたいのか?同じ商品を消費していたとしても人やシーンによってジョブは違う。本当に顧客が解決したいジョブを顧客観察から見出し、そこにぶっ刺さる商品やサービスを提供するのがマーケターの仕事。それを学べるジョブ理論はマーケターのバイブルです。
No.36
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
61
みんなのレビュー
期待度が高かっただけあって、それほど学びがなく残念だった。顧客一人にフォーカスしたN1分析は確かにデータ分析の初期シーンでよく使うので考え方としては分かるが、そこからマーケティングに転化していくイメージがあまり湧かなかった。
No.40
61
みんなのレビュー
数学的にマーケティングを学ぶのであれば絶対にこれ。というかこれくらいしか数学的観点でここまで詳しくマーケティングについて学べる書籍はない。森岡さんがどうやってUSJを立て直したのかが数学的な観点から学べる。「USJを変えたたった1つのこと」と合わせて読むことでマーケティングのいろはが身につくはず。
No.43
60

ターゲットの購買動機を引き出すための手法。購買行動から考えた6つのステップにおけるやるべき施策を紹介! 第1章 BtoBマーケティングの現状 第2章 「BtoBマーケティング&セールス」という視点 第3章 BtoBマーケティング&セールス購買プロセスにおける10のフェーズ 第4章 BtoBマーケティング&セールスの6つのステップ 第5章 BtoBマーケティング&セールス媒体別の特長とステップごとの施策 第6章 BtoBマーケティング&セールスの具体例

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
58

SNSで話題の「#マーケティングトレース」待望の書籍化! SNSで話題の「#マーケティングトレース」待望の書籍化! 5つの基本フレームワークで成功事例の裏側を分析してマーケティング思考力を鍛える実践ワークブック。 BAKE、Bリーグ、ヨネダ珈琲店、ワークマン、グリコ、本麒麟、WeWork etc. ヒットの仕組みが手に取るようにわかる!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
57

アフターコロナにおいて企業のマーケティングはどのように変化しなければならないのかについて、事例をもとに解説。 コロナショックでマーケティングの根本が変わった! 新型コロナウイルス感染症がマーケティングに与える影響は 今後ますます大きくなる。 コロナショックが起きた2020年3月から1年も経たないうちに、 それまでの10年間をも超えるスピードで 企業のマーケティングを取り巻く環境が大きく変化しているからである。 そのため、商品開発、PR・広告など、 これまでのマーケティング方法では解決が難しくなっている。 また、デジタル化が進展していく中で、 デジタル一辺倒のマーケティングには課題が見られる。 したがって、デジタルとリアルを含めた マーケティングのあり方(アプリと店舗広告(例えばPOP)など)を考える必要がある。 本書では、「巣ごもり消費」や「EC市場再拡大」「政府の電子化」など アフターコロナにおける重要な変化がある中で、 (1)アフターコロナにおいてマーケティング戦略が どのような経営環境によって変化していくのか (2)その中でどのようなマーケティングの潮流があるのか (3)具体的にどのようなポイントを押さえてマーケティング戦略を立案し、 それを実行していくのか について、さまざまなデータや企業のマーケティング事例をもとに解説をしていく。 【目次】 第1部 アフターコロナのマーケティング戦略策定 第1章 ウィズコロナから取り組む! 脱“縦割り”のマーケティング戦略 第2章 ウィズコロナで現れたマーケティングの新たな潮流 第3章 グローバル企業から見るアフターコロナの「メッセージ」 第4章 “先が見えない”中での仮設検証 第2部 アフターコロナのマーケティング戦略実行 第5章 アフターコロナのブランドマネジメント 第6章 アフターコロナの商品企画 第7章 アフターコロナのPR・広告 第8章 マーケティング・マインドの全社展開 第1部 アフターコロナのマーケティング戦略策定 第1章 ウィズコロナから取り組む! 脱“縦割り”のマーケティング戦略 1-1 理念/パーパスとマーケティングの関係性 1-2 アフターコロナのマーケティング戦略は「統合型」か「分散型」か? 1-3 “オンライン”か“オフライン”かの罠:巣ごもり消費時代のマーケティング 1-4 “マーケティング・マイオピア”の再来 1-5 CMOだけがマーケティング責任者ではない 第2章 ウィズコロナで現れたマーケティングの新たな潮流 2-1 オンラインとオフラインが統合された広告運用とは? 2-2 リアルもオンラインもすべての媒体が測れる時代 2-3 マーケティングの新たなプレイヤー:補完的生産者 2-4 toG(政府)のマーケティング 第3章 グローバル企業から見るアフターコロナの「メッセージ」 3-1 企業ブランドか製品ブランドか製品価値か? 3-2 脱・大量生産時代のコンセプト 3-3 “安全性”はアフターコロナのキーワード 3-4 SDGsとマーケティング戦略 第4章 “先が見えない”中での仮設検証 4-1 不確実な世界での顧客セグメンテーション 4-2 次世代の仮説検証「10:100:1000」 4-3 中小企業のマーケティング予算捻出法 4-4 広告代理店の新たなビジネスモデル 第2部 アフターコロナのマーケティング戦略実行 第5章 アフターコロナのブランドマネジメント 5-1 新しいブランドマネジメント 5-2 ブランドマネージャーの新たな役割 5-3 弱いブランドを見直す方法 5-4 垣根のないブランドを築くには? 第6章 アフターコロナの商品企画 6-1 潜在顧客ターゲットか顕在顧客ターゲットか? 6-2 商品企画とパートナーシップ 6-3 データ・ドリブン・マーケティングと商品企画 6-4 アフターコロナに商品企画担当者が担うべき役割 第7章 アフターコロナのPR・広告 7-1 広告は今後も“企業の血液”となる 7-2 企業PRとしての公式アカウント活用 7-3 アフターコロナでの動画コンテンツ活用法 7-4 アフターコロナの重要キーワード「ウェブアクセシビリティ」 第8章 マーケティング・マインドの全社展開 8-1 営業とマーケティングとの新しい関係性 8-2 人事部とマーケティング部の蜜月 8-3 システム部とマーケティング部の出会い 8-4 マーケティング・マインドの全社展開が最大の課題

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
56

人がうごく コンテンツのつくり方

高瀬 敦也
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
56

「日本のBtoB企業はなぜマーケティングで効果を出せないでいるのか」という課題に向き合い、効果を出す方法を提示 BtoBマーケター必読! 売上UPの王道示す  BtoB(製造業など)企業のマーケティング意欲は高く、「MA」などのマーケティングツールが導入され、最近では「インサイドセールス」という専門組織もつくられています。  しかし、本書の著者は「マーケティング活動が売上に結びついていない」と主張しています。いろいろなツールが導入されていますが、「それらが部分最適でうまくつながっておらず、効果を発揮できないでいる」というわけです。  思い当たるふしがある方は、本書が助けになることでしょう。  著者は、「日本のBtoB企業はなぜマーケティングで効果を出せないでいるのか」という課題に向き合い、その本質を解き明かすとともに、効果を出すために必要な方法を提示しています。  新たな方法といっても、「ツール導入など」の話ではありません。すでに各社には「使えるツールがある」という前提で、それらをうまく使うための、基本的なマーケティングフレームワークを学び直そうという話です。  学ぶべき知識は、この本にすべて載っています。例えば、「STP」「イノベーションのベルカーブ」「ホールプロダクト」「キャズム」などです。どこかで聞いたことがあるキーワードがたくさん出てきます。ポイントは、「企業として」マーケティングの知識を学び直すことです。「マーケターだけ」が学んでもダメなのです。BtoB企業の役員・社員が本書を手に取り、自社の「マーケティング偏差値」を上げることができれば、おのずと売上UPがついてきます。 「日本のBtoB企業はなぜマーケティングで効果を出せないでいるのか」という課題に向き合い、効果を出すために必要な方法を提示 第1章 BtoBマーケティング、日本の通信簿 第2章 日本企業の実情 第3章 日本が遅れた理由、追い付けない要因 第4章 世界に追い付く戦略的思考 第5章 マーケティング偏差値を上げる 第6章 コト売りとデマンドセンター 第7章 その先のアラインメントへ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
56
みんなのレビュー
ワークマンの快進撃について様々な観点で学べる書籍。データドリブンな意思決定がいかに設計されているかが分かる。高度なAIなどではなくて愚直な分析文化が根付いており、それこそが企業を根本から改革する上で大事なのだなと感じた。
No.76
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.77
56

2020年の変化を先取り!キーワードと豊富な事例で徹底解説

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.80
56

視覚マーケティングのススメ

ウジ トモコ
クロスメディア・パブリッシング
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.81
56

マンガでやさしくわかるコトラー

安部 徹也
日本能率協会マネジメントセンター
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
57

ふるさと納税は地方の味方か。どうすれば地域産品を開発、ブランド化できるのか。マーケティングの視点から立ち上がる秘策とは。 地方の味方は誰か。どうすれば地域産品を開発、ブランド化できるのか。ふるさと納税にふるさとへの思いはあるか。マーケティングの視点から立ち上がる秘策とは。 地方の味方は誰か。どうすれば地域産品を開発、ブランド化できるのか。ふるさと納税にふるさとへの思いはあるか。マーケティングの視点から立ち上がる秘策とは。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.83
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.86
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.92
57

「現代マーケティングの第一人者」として知られる経営学者フィリップ・コトラーのマーケティング理論が“見るだけ”で頭に入る入門書。マーケティングの基本からプロダクト戦略、顧客戦略、SNS時代のマーケティング4.0、そして必読著書まで、コトラーのマーケティングを多角的にひもときます。今なお進化するコトラーのマーケティング理論をイラストでサクッと学べて、すぐに仕事にも活かせる内容が満載の一冊です。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.94
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.96
55

知識ゼロでも伝わるWebメディアの作成・運用ポイントがわかる!成功事例から学べる!これから携わる人に一番やさしい解説書。 イントロ コンテンツ イズ キング 1 コンテンツマーケティングの基本 2 人を呼びこむ情報発信術 3 伝わるコンテンツ作成術 4 注文したくなるランディングページ作成術 5 継続のための運用術&効果測定術

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
57
みんなのレビュー
Amazonの例などをもとにデジタルとリアルを融合した新進気鋭のマーケティングについて語られた書籍。コロナの影響で一時リアル空間は壊滅的になったがそれでもデジタル×リアルの流れは進んでいく。
No.101
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.104
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.108
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.110
57

the four GAFA 四騎士が創り変えた世界

スコット・ギャロウェイ
東洋経済新報社
みんなのレビュー
世界のビックテック企業の強さが学べる書籍。
No.111
57
みんなのレビュー
敏腕マーケターの森岡さんの組織論に関する書籍。経営資源を消費者のプレファレンスに集中できるような組織体制を組むことが大事だと森岡さんは言います。個々人のマーケティングスキルよりも組織としてどうやってマーケティングの力で世の中にインパクトを与えていくかが語られている良書です。
No.114
57
みんなのレビュー
有名マーケター音部さんの書籍ということで期待して手に取ったが、抽象度が高く具体的に実践レベルで活用できるイメージが湧かなかった。出来れば具体的な内容がほしかった。
No.118
57
みんなのレビュー
SaaS系のプロダクトをどうやってスケールさせていくかの緻密な営業戦略が学べる。このスキームに沿ってほとんどのSaaS企業が営業組織を作っている。SaaS系を目指す経営者やSaaS系で働く会社員は全員読んでおいて損しない1冊。
No.121
57

未顧客を理解して事業成長するためのマーケティング原則を、マンガや図表を用いて丁寧に解説します。 ★日本初「買わない人=未顧客」を理解するための教科書 ★ノンユーザーやライトユーザーの獲得に特化した理論やフレームワークを紹介 ★100ブランド以上で活用された、市場拡大のエッセンスを1冊にまとめて解説! 「買わない人」から目を背けるのは、もう止めませんか?ビジネスでは買う人=顧客が大事にされますが、事業を成長させるには買わない人=未顧客にも目を向ける必要があります。 どの企業のどんな商品でも、「知らない・買わない・興味のない未顧客」が市場の大半を占めています。売上を増やして事業を成長させるには、そうした「買ってくれない未顧客」を理解して、新しく1回買ってもらわなければいけません。 本書は、「未顧客を理解して市場を拡大するための教科書」です。 日本ではあまり知られていませんが、未顧客へのマーケティングは、ファンやロイヤル顧客へのマーケティングとは大きく異なります。本書は、海外の豊富な先行研究に基づくエビデンスを示しながら、未顧客を理解して事業成長するためのマーケティング原則を、マンガや図表を用いて丁寧に解説します。 また、本書は実践を重視した内容になっています。実務で大切なのは「だから、どうすればよいのか?」という手の動かし方です。本書を読み終わったとき、「買ってくれない人とどう向き合えばよいのか」に答えが見つかることでしょう。マーケティング担当者はもちろん、販売、企画、開発などに携わるビジネスパーソン必携の1冊です。 未顧客を理解して事業成長するためのマーケティング原則を、マンガや図表を用いて丁寧に解説します。 第1章 なぜ “ 未顧客 ” 理解なのか 第2章 無関心を動かす「再解釈」の技術 第3章 未顧客へのマーケティング戦略 第4章 新しい利用機会を生み出す「未顧客理解の5原則」 第5章 ブランドの再解釈:ケーススタディ 巻末付録 未顧客理解の数学的側面

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search