【2024年】「部長」のおすすめ 本 140選!人気ランキング

この記事では、「部長」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
  2. プロフェッショナルマネジャー
  3. コーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくる (コーチ・エィ監修コーチングシリーズ)
  4. ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則
  5. HIGH OUTPUT MANAGEMENT(ハイアウトプット マネジメント) 人を育て、成果を最大にするマネジメント
  6. 図解コーチングマネジメント
  7. 孫子 (岩波文庫 青 207-1)
  8. プロフェッショナルの条件――いかに成果をあげ、成長するか
  9. シリコンバレー式 最強の育て方 ― 人材マネジメントの新しい常識 1 on1ミーティング―
  10. 完訳 7つの習慣 人格主義の回復
他130件
No.4
88

飛躍の法則

みんなのレビュー
サイバーエージェント藤田さんの愛読書として名高いビジョナリー・カンパニー。偉大な会社を作る気概のある学生や経営者が読むべき書籍。1を読まずに2を読んでも問題ないが、2は偉大な企業を存続させることにフォーカスしていて1は偉大な企業を作ることにフォーカスしているのでまずは1から読むのがよいと思う。割と難解ではまらない人には全くはまらない書籍。
No.10
75
みんなのレビュー
誰もが知る名著なので一度は目を通しておくべきだが、内容は冗長で個人的にはあまりはまらなかった。重要度×緊急度のマトリクスの話が一番重要で、そこだけ理解しておけばいい気がする。緊急度は低いが重要度が高いタスクになるべく長期的な視点で取り組めるようになるべき。
No.12
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
78
みんなのレビュー
組織のトップとしてのあるべき姿を説く書籍。この本に書いてある内容は自分の想像するリーダー像と違いすぎて驚いた。確かに組織を大きくして社会にインパクトを与えるためにはこの本の中で書かれているリーダーの仮面が必要なのかもしれないが、私はそんなことまでしてリーダーで居続けて何が楽しいのかなと思ってしまう。旧式の企業にはハマるがこれからの時代にはハマらない考え方な気がする。自分自身も会社を経営する身として参考にしつつもこの本の中で語られているリーダーとは違う姿を模索したい
No.17
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
72

離職率ゼロを維持しながら業績全国1位のチームをつくりあげた、敏腕マネジャーの人材育成術を大公開! 離職率ゼロを維持しながら業績全国1位のチームをつくりあげたマネジャーが、自身の経験と産業カウンセラーとしての知見から編み出した、至高の人材育成術を大公開!ひとりも辞めない最強チームのつくり方を、余すところなくお伝えします!本書は、8年もの間1人も離職者を出さなかったマネジャーの人材育成術を、体系的にまとめたものです。具体的には、まず、人材育成の前提となるマネジメントの基礎を説明。次に、部下と上手くコミュニケーションをとるための基本的なスキル・マインドを紹介。そして、これらを踏まえて、「部下が辞めない1on1ミーティング」のやり方を、マネジャーと部下の対話例をまじえて、丁寧に解説しています。本書は、そこで終わらず、怒りをコントロールする方法や、部下が納得する人事評価の手法、マネジャーが備えるべきマインドセットなど、部下をもつ人であれば必ず知っておきたいことを、全て網羅しています。部下とのコミュニケーションに悩むマネジャー、待望の1冊です。 【目次】 第1章 1on1ミーティング成功の条件、「マネジメント」を固める 第2章 部下とのコミュニケーション技術は1on1ミーティングで磨かれる 第3章 1on1ミーティングを成功に導くために 第4章 1on1ミーティングで「怒りのコントロール」を学ぶ 第5章 1on1ミーテイングに人事評価を導入し、部下の最高のパフォーマンスを引き出す 第6章 1on1ミーテイングがあなたの「マネジャー哲学」を育む 第7章 部下タイプ別コミュニケーション術

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
72

管理問題の発生と展開 管理の構造と発展 ヒトの管理をめぐる変遷 人的資源管理としての日本型雇用とその変容 企業内教育訓練・能力開発の課題 労働時間管理の変化と働く者のニーズ 賃金管理と処遇問題 多様な紛争解決システムと労働組合 日本型人的資源管理の行方

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
72

失敗の科学

マシュー・サイド
ディスカヴァー・トゥエンティワン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
72

2050年の世界 見えない未来の考え方

ヘイミシュ・マクレイ
日経BP 日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
72
みんなのレビュー
本多静六は、教授をやりながら節約に励み投資をして多額の財産を手にした人物。彼の人生は決して派手なものではなくて収入の一部を必ず貯金して触らないようにするというもの。その徹底した姿勢で巨額の富を築いた。そして「経済の自立なくして自己の確立はない」「職業の道楽化」などの名言を残し、今でも通用する仕事・お金に対する価値観を作り上げている。誰でもできる愚直な行動が述べられているので、お金に困っている人・不安な人はぜひこれを読んで本多静六氏の行動をマネして実践してほしい。
No.31
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
67

AI分析でわかった トップ5%社員の習慣

越川 慎司
ディスカヴァー・トゥエンティワン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
67

日経の専門誌編集長、ラボ所長が有望技術100件を厳選 激変の時代に知っておきたいテクノロジー日経の専門誌編集長、ラボ所長が有望技術100件を厳選ビジネスパーソン800人が選ぶ2030年のテクノロジー期待度ランキングも掲載!ChatGPTなどの生成AI、核融合などカーボンニュートラルを目指すエネルギー関連技術、老化を抑える健康・医療技術、エアタクシーやドローン配送といったモビリティー技術など、今知っておくべき最先端技術を取り上げます。■最先端のテクノロジーの例介護ロボット、RNA農薬、エアタクシー、ドローン配送、宇宙建設、グリーン鋼材、IOWN、量子暗号通信、五感暗号転送、次世代パワー半導体、核融合、人工光合成、プロンプトエンジニアリング、日本語LLM、エッジAI、次世代パワー半導体、ビーガンレザー 第1章 2030年のテクノロジー期待度ランキング 1位は「完全自動運転」 第2章 AI(人工知能) AIの危険から身を守るためのAIが登場 第3章 建築&土木 二酸化炭素の吸着や太陽光の利用など環境に配慮 第4章 電機&エネルギー 電力を有効利用できる半導体や電池に期待 第5章 モビリティー(移動) 再生可能エネルギーの利用に挑戦 第6章 医療・健康・食農 QoL(クオリティ・オブ・ライフ)を高める 第7章 ライフスタイル/ワークスタイル 心身を穏やかに、豊かにする 第8章 IT・通信 五感の伝送や脳との直結など人間との融合が進む

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
65

TSMCはどうやってインテル、サムスン電子を追い抜き世界一になれたのか? TSMCはどうやってインテル、サムスン電子を追い抜き世界一になれたのか?「護国(国を守る)」のためには、現代の先進国が日常生活や産業、国防などで不可欠な技術を保有していることが欠かせない。(中略)もしそのサプライチェーンが途絶えたら、日常生活や産業に大きな影響が及ぶだけでなく、大国の国防や軍事のための高度な武器が機能しなくなるかもしれない。大国は重要なリソースが途切れないようにするため、当然、その保護に力を入れる。この観点から見ると、TSMCの状況は「護国」の条件に合致している。(中略)30年以上にわたり磨き上げた高い生産技術を有する製造チームが、あらゆる分野で必要とされる半導体を全世界に供給する。そう考えると、TSMCは世界で唯一無二の存在であり、「神山」といえるのではないだろうか。(本書『序文』より)ここ数年で、TSMC(台湾積体電路製造)は、世界各国の政府や企業、メディアの注目を集めるようになった。その一挙一動は、世界の主要産業のサプライチェーンを安定的に運営できるかどうかにも影響を及ぼす。本書では、TSMCの強みはどこか、なぜそれほど強いのか、競合他社がなぜこの先10年間でTSMCに勝つことが難しいのか、その理由を明らかにする。 序文 日本の読者の皆さんへ 第1章 護国神山、TSMC 第2章 TSMC誕生の歴史 第3章 モリス・チャンとは何者か 第4章 TSMCの七つの競争優位性 第5章 TSMCの技術開発秘話 第6章 今後10年を展望する 解説 経済安全保障時代にTSMCは台湾の「護国神山」になれるか? 鈴木一人(東京大学公共政策大学院教授)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
66

災害・危機発生時の職員の役割と行動 組織と法制度上の課題 被災自治体職員が抱える課題 災害時の応援自治体職員の課題と展望 危機管理における官民の連携 試案 大規模災害時における被災市町村への人的支援 「組織と人」に関する防災・復興法制の現状と課題 自治体職員の惨事ストレス 災害時のパニックと心理的ショック

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
64
みんなのレビュー
森岡さんの大ファンなので手に取ったが、他の書籍ほどの衝撃はなかった。個人のキャリアにフォーカスした書籍でまさに森岡さん自身が娘向けに届けるメッセージという建付けになっている。森岡さんの苦悩時代の話を知れたのは良かった。
No.50
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
64

新版 部長の心得

石川 和男
総合法令出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
63
みんなのレビュー
学生の時に読んでよく分からなかったが社会人になって読んでめちゃくちゃ腹落ちした書籍。何度も何度も読み返すことで多くを学べる。社会人で日々の仕事に忙殺されて大変な人には是非読んで欲しい書籍。
No.60
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
63

ウィニング勝利の経営

ジャック ウェルチ
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.77
65
みんなのレビュー
ある空港で出会った男と老人の会話からなす、仕事への向き合い方を勉強できる話。細かいTips というより、新しいアイディアや挑戦を仕事の中で生み出す姿勢を学べる。発明者の実例が話に盛り込まれていてワクワクするし、会話ベースで簡単に読める。何事も試したくなる本。試しに読んでみては!
仕事に対する価値観をガラッと変えてくれる書籍。1つの目標を設定したらブレずに突き進むのが吉だと思われていることが多いが、この本では目標は常に変化して良いとしてる。もちろんブレブレなのはよくないが、環境の変化によって臨機応変に目標を変えるのは問題ないしむしろ変えるべき。とにかく色んなことを試して行動してそこから自分の好きなことや目標を見つけていこうと思える書籍。モチベーションが上がる。
No.79
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.85
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.87
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.94
63
みんなのレビュー
アドラー心理学を実際にビジネスにどのように活かしていくのかが具体的に学べる。ストーリー形式で話が進んでいくので読みやすくスイスイ読める。
No.96
65
みんなのレビュー
目先の利益に飛びついて長期的な視点を持たないことのリスクを分かりやすい物語とともに知れる名著。人生に対する考え方が変わる。若い人に読んで欲しい。
No.97
63

子どもとの関係が変わる 自分の親に読んでほしかった本

フィリッパ・ペリー
日経BP 日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.105
65

How Google Works: 私たちの働き方とマネジメント

エリック シュミット
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.107
65
みんなのレビュー
伝説の経営者稲盛和夫氏の考え方にふれることができる。経営やビジネスの考え方というよりも哲学・道徳観点の話が多い書籍。なにかテクニック的なことを学ぶことはできないが人生を生き抜く上での指針になる。ぜひ読んで欲しい名著
No.108
62

Chat-GPTが登場し、リスキリングが叫ばれ、雇用流動化が促される―そんな時代こそ「普通の会社員」は強い。逆説のキャリア論 「――まず、本書の結論から述べておく。 日本企業の会社員は最強だ。 それは、VUCAの時代、AIが人類から仕事を奪うと言われるこの時代においても変わらない。 むしろ、今後ますます日本人、日本企業の会社員はよき働き手として重宝されるだろう。 本書ではこのことを徹底的に検証していく。」 (本書の内容より) これから、日本企業の会社員が磨くべき、2割の「+α」とは?     ミドル会社員の悩みにこたえる本で好評を博してきた人事コンサルタントが贈る、 逆説のキャリア論。  プロローグ  会社員という働き方の危機 1章  僕たちは、一体いつまで働くのか?――会社員を待ち受ける現実と未来 2章 「普通の会社員」がこれから最強だと言い切れる理由 3章  会社員にこれから必要な2割の「+α」って何だろうか? 4章  今の仕事を続けながらできる、たとえばこんなキャリアの広げ方 5章 「会社を辞めて輝く人」と「辞めて行き詰まる人」 エピローグ  目指すのは「ふにゃふにゃしたキャリア」

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.109
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.110
62

「権力」を握る人の法則

ジェフリー フェファー
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.112
65
みんなのレビュー
古くから読みつがれる名著です。 ただ正直冗長な部分も多いので、全部読みきる意味はあまりないかと思います。 この本はナポレオンヒルという人が多くの成功者にインタビューする中で見えてきた成功者に共通する行動様式をまとめたものです。 古い本ですが、今でも使える普遍的な内容になっています。 正直書籍のタイトルにこの本が言いたいことのエッセンスは詰まっているのですが、目標を決めてそれを強烈に意識することが大事です。 そして目標を決めるだけではなくそれを実際にどう実現するかのプロセスを考えて日々のアクションに落とし込んで愚直に実行し続けることが大事なのです。 この本では取り上げられていませんが、目標の粒度としては自分がどうなっていたいか?どういう状態でいたいか?という観点で決めるのが望ましいです。 例えば、お金をいくら稼げるようになりたい、資産をいくら持っていたいというのも目標になりえますが、お金はあくまで手段です。それよりもそれを達成した先に自分がどういう生活をしていたいか?どうなっていたいか?と考えることが大事。 お金を目標にするのもいいですがあまり幸せな未来は待っていないでしょう。 それよりも、自分になりたい姿を強烈に想像し、そこにめがけて日々行動することで必ずそれを実現することができるはず。 イーロン・マスクのように多くの資産そして世界を救う大きなビジョンを持ちながら、毎日周りからの批判を浴びながら死ぬほど働く人生がいいのか? ある程度の資産を持ち、ある程度稼ぎ、時間と場所にとらわれず自由に働く人生がいいのか? なりたい姿をイメージしましょう! そしてこの本では、浪費と投資と消費の話も取り上げられています。浪費とは無駄なことにお金や時間を使うこと、投資は未来に消費は現在にお金や時間を使うこと。お金だけじゃなくて時間の概念も念頭においておくことが大事です。 浪費は極力避け、目標達成するための投資もしくは今を楽しむための消費にお金や時間を使うことが大事。 浪費と消費の違いは難しいですが、目的達成のモチベーションを上げるために週末に友達と遊ぶのは消費と考えてよいと思います。暇だからとりあえずパチンコに行ったり、1人でダラダラYoutubeを見るのは浪費です。 浪費をしている限り、あなたはいつまで経っても目標を達成することはできません。 また、この本ではとりあえず行動に移すことも大事と言っています。なりたい姿が決まったら、それを実際に体現している人に話を聞きに行くなどすぐに行動に移せることはどんどん行動に移しましょう!
No.113
62

お金の力を正しく知って、思い通りの人生を手に入れよう。変化の時代のサバイバルツールとして世界中で読まれるベスト&ロングセラー オリエンタルラジオ 中田敦彦さん「YouTube大学」で紹介、大絶賛! □最初に読むべき「お金」の基本図書 毎年多くの「お金」に関する本が出版され,書店に並び、そして消えていきます。 そんな状況の中で、「金持ち父さんシリーズ」は刊行から20年経った今でも変わらず多くの支持を得ています。 その第1作目である『金持ち父さん 貧乏父さん』は、時代が変わっても古びない原理原則を示す「お金」の基本図書。 「目からウロコの連続でした! 」という声が絶えず寄せられ、これまで数多の人々の「お金観」を変えてきました。 日本やアメリカのみならず、本書が刊行された2013年時点で51ヶ国語に翻訳され、109ヶ国で読まれています。 教えの書―金持ち父さんの六つの教え 金持ちはお金のためには働かない お金の流れの読み方を学ぶ 自分のビジネスを持つ 会社を作って節税する 金持ちはお金を作り出す お金のためでなく学ぶために働く 実践の書 まず五つの障害を乗り越えよう スタートを切るための十のステップ 具体的な行動を始めるためのヒント

みんなのレビュー
ネットワークビジネスとかのイメージが強くて怪しいイメージを持たれがちだが、書籍自体はめちゃくちゃ参考になる名著。お金に対する価値観が変わるので、若いうちに絶対読んでおくべき書籍の中の1冊。資本主義の世界で疲弊しているなら絶対読むべき。目から鱗
MLMで変なふうに使われているのが謎。普通に良い本なのに
No.114
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.115
65
みんなのレビュー
有名マーケター神田昌典の成功法則についてまとめられた書籍。ありきたりの成功法則が書かれている書籍とは一線を画す内容で本当に成功するためにはどうすればよいか分かりやすく学べる。
No.117
65
みんなのレビュー
生産管理の分野で働いているビジネスパーソンや経営者は全員目を通すべき名著。
No.118
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.119
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.120
62

嫌な仕事は断っていい。演じなくていい。テクニックからキャリアまで、自分を変えて生き残る方法を伝えます。 そもそも、嫌な仕事は断っていいんです。でも、断ったら…「別の仕事を振られるに決まってる」「断ったら上司が困るかもしれない」「能力不足だと思われたくない」……職場向けの自分、演じていませんか?辛い職場を脱出するテクニックから自分主体の人生を生きるためのキャリア構築までトヨタ、TBS、アクセンチュアを経て独立した[壁を突破し続けた]戦略コンサルタントが語る! 第1章 嫌な仕事のうまい断り方 [素] ・嫌な仕事を依頼されたら ・相手を納得させるために「立ち位置」を変える ・上司はあなたのことを知らない ・ツッコまずにボケる ほか 第2章 嫌な仕事はしなくていい [認識] ・なぜその仕事が嫌なのか ・仕事の意義を教えてくれなければ、ガチャを回せ ・本来、上司は敵ではない ・「変える」選択肢は3つある ほか 第3章 嫌な仕事が身を助ける [武器] ・「食わず嫌い」は損をする ・どこまでいけば「できる」と言えるか ・メラゾーマより、メラミとヒャダルコ ・「好き」は動詞で判断する ほか 第4章 「転社」でしか見えないもの [異文化] ・転社は「しなければならない」 ・来年の年収アップより、長く働く力 ・20人に会えばカルチャーがわかる ・入るとき以上にきれいに辞める ほか 第5章 独立の前に海外へ [柔軟性] ・なぜ「できる人」は海外に行くのか ・仕事の幅より多くのカルチャー ・人生100年時代の「次の仕事」 ・独立しても最後まで手元に残る仕事 ほか 第6章 嫌な仕事のつき合い方 [味方] ・嫌な上司が「敵」とは限らない ・まずは目の前の「敵でも味方でもない人」を味方にする ・狙わずにつくる自分ブランドとは ・それでも目の前の仕事が嫌ならば ほか

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.121
62
みんなのレビュー
人に何かを伝える方法の勉強にはなるが伝え方が本当に9割なのかは疑問。〇〇が9割シリーズが流行っているので結局シーンによってどこに重点を置くかは変わる。読んで損はない。
No.127
65

オトナ相手の教え方

関根 雅泰
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.128
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.130
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.131
65
みんなのレビュー
クロネコヤマトの社長が宅急便にカジを切って大成功した時のことが書いてある。周りからは反対されて黒字になるわけないと言われていた個人宅配を見事に軌道にのせた先見の明には脱帽。ネットワーク効果を見越して必ず黒字転換点があるはずと見込んでの一手。経営者がぜひ読むべきオススメの1冊。
No.132
62
みんなのレビュー
心理学的観点から人間のモチベーションややる気を上げるためのアドバイスが得られる。面白い事例を元に学べる。
No.133
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.134
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.135
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.139
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search