【2023年】「運動学」のおすすめ 本 72選!人気ランキング

この記事では、「運動学」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 筋緊張に挑む―筋緊張を深く理解し、治療技術をアップする! (臨床思考を踏まえる理学療法プラクティス)
  2. 運動療法のための 機能解剖学的触診技術 上肢
  3. 動作分析 臨床活用講座―バイオメカニクスに基づく臨床推論の実践
  4. 運動療法学: 障害別アプローチの理論と実際
  5. 運動療法のための 機能解剖学的触診技術 下肢・体幹
  6. アナトミー・トレイン [Web動画付] 第3版: 徒手運動療法のための筋筋膜経線
  7. YOGAポ-ズ大全: SO BEAUTIFUL AND FLEXIBLE YOGA POSES
  8. 第4版 リハビリテーション リスク管理ハンドブック
  9. リハビリの先生が教える「健康寿命が10年延びるからだのつくり方」
  10. 4スタンス理論 チェック法DVD付き―正しい身体の動かし方は4つある。
他62件
No.1
100

1 理学療法から見る筋緊張(理学療法における筋緊張の再考 運動・生理学からみた筋緊張) 2 筋緊張の測定・評価(一般的評価や検査手技について 動作レベルでの筋緊張評価の診かた 歩行分析における筋緊張の診かた セルフケアにおける筋緊張の診かた 頚部・体幹および顎・口腔の筋緊張の診かた 筋緊張に影響する要因) 3 疾患別の筋緊張の特性と治療(脳卒中における筋緊張の特性と治療 脊髄損傷における筋緊張の特性と治療 痙直型脳性麻痺における筋緊張の特性と治療 二分脊椎における筋緊張の特性と治療 低酸素脳症における筋緊張の特性と治療(脳損傷・意識障害含む) パーキンソン病における筋緊張の特性と治療 筋強直性ジストロフィーにおける筋緊張の特性と治療 呼吸器疾患における筋緊張の特性と治療 運動器疾患における筋緊張の特性と疾患 慢性疼痛症における筋緊張の特性と治療)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
98
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
98

1 序論 2 姿勢制御のバイオメカニクス 3 寝返り動作の分析 4 起き上がり動作の分析 5 起立・着座動作の分析 6 歩行の分析

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
98

障害別運動療法の理論と実際を記述した教科書の最新改訂版.最新の知見を盛り込み,執筆者の大幅な交代と,項目の追加によって内容を刷新した.本文は,文章のブロックごとに,色文字でキーセンテンスを示し,内容を整理しやすく工夫.また,基礎的な説明,用語の解説や,少し突っ込んだ内容も,メモとして本文の流れを妨げないよう記載している. ☆図版163点,表組172点 【今回の改訂のポイント】 ・31項目中,12項目については執筆者を一新し,さらに新規に2項目を追加. ・執筆者を新たにしたことで,第1版とは別の観点から,より多角的にとらえられている. ・最新のエビデンスを盛り込んで内容を刷新・追加. ・情報は新しくても,執筆スタイルは好評を博した第1版から継承.

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
97
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
93

第4版 リハビリテーション リスク管理ハンドブック

亀田メディカルセンター
メジカルビュー社

リハ・スタッフを対象に「患者の急変」という視点からリスク管理について解説。最新のエビデンスやガイドラインを基にアップデート。 リハビリテーションの対象は高齢者であったり合併症をもっていたりすることが多く,リハビリテーション中に状態が急変するリスクが高い。しかし,老健施設や訪問リハビリテーションなど,急変時にすぐ医師の応援を依頼できない状況もあり,緊急性の判断から初期対応までをセラピストが行わなければならない場合がある。本書はこういった現状を踏まえ,リハビリテーション現場で働くスタッフを対象に,主に「患者の急変」という視点からリスク管理について解説した書籍である。 第4版では,最新のエビデンスや『リハビリテーション医療における安全管理・推進のためのガイドライン』をはじめとする各種ガイドラインを基に内容をアップデート。また「筋骨格系の疼痛」や「リスク管理に必要な検査所見のみかた」「医師不在の環境での対応」など,内容を充実させた。リハビリテーションに携わる医療職の方には必携の1冊。 I リハビリテーションにおけるリスク管理 -総論-  1 リハビリテーションにおけるリスク管理の必要性と対策  宮越浩一   有害事象の発生によって生じる影響   リハビリテーションに関連する有害事象とその対策   リスク管理に必要なシステム   教育   リハビリテーションにおけるリスク管理とリハビリテーション科専門医  2 合併症予防のための情報収集  宮越浩一   合併症予防のポイント   カルテからの情報収集  3 リスク管理に必要な検査の知識  宮越浩一   検査所見の見方  4 リスク管理に必要な薬剤の知識  今井由里恵   はじめに   抗てんかん薬   抗不安薬・睡眠薬   抗精神病薬・抗うつ薬   抗パーキンソン病薬   抗認知症薬   筋弛緩薬   降圧薬   利尿薬   糖尿病治療薬   抗血栓薬   排尿障害治療薬   抗菌薬・抗ウイルス薬・抗真菌薬   抗がん剤   副腎皮質ステロイド   鎮痛薬  5 状態変化時の対応  宮越浩一   緊急性に応じた対応   医師への情報伝達   現場での応急処置  6 安全管理・推進のためのガイドライン  宮越浩一   リハビリテーション医療における安全管理・推進のためのガイドライン   運動負荷を伴う訓練を実施するための基準   従来の中止基準   その他の中止基準   その他のクリニカルクエスチョン  7 リハビリテーション中に起きた医療事故と法的責任  山田祥恵   はじめに   法的責任の種類   民事上の責任について   リハビリテーションに関連する医療事故に関する裁判例  8 診療ガイドラインと法的責任  水沼直樹   はじめに   診療ガイドラインの意義と作成工程   診療ガイドラインの法的位置づけ   医療訴訟における診療ガイドラインの傾向と対策   リハビリテーションにおける診療ガイドライン   診療ガイドラインの今後の展望   まとめに代えて:紛争防止のために  9 医師不在の環境での対応  宮越浩一   はじめに   ハイリスク患者のスクリーニング   安全管理ガイドラインの適応   緊急性の判断   現場での応急処置    II 疾患ごとの急変予測 -どのような症例に急変が生じやすいか-  1 脳卒中  西田大輔   はじめに   脳卒中の病型分類   病型別のリスク管理   頻度の高い合併症  2 運動器疾患  宮越浩一   はじめに   大腿骨近位部骨折   脊椎圧迫骨折   四肢長管骨骨折   脊髄損傷   脊椎術後合併症   膠原病  3 循環器疾患  宮越浩一   はじめに   虚血性心疾患   弁膜症   心房細動   心不全   大動脈瘤,大動脈解離   末梢閉塞性動脈疾患  4 呼吸器疾患  宮越浩一   はじめに   肺炎   慢性閉塞性肺疾患(COPD)   間質性肺炎   喘息  5 悪性腫瘍(がん)  宮越浩一   はじめに   腫瘍緊急症(oncologic  emergencies)   抗がん剤の副作用   血栓症   骨転移  6 糖尿病  宮越浩一   はじめに   血糖コントロール   低血糖   糖尿病ケトアシドーシス(DKA)・高浸透圧高血糖症候群   糖尿病網膜症   糖尿病神経障害   虚血性心疾患・脳卒中   糖尿病足病変   シックデイ   糖尿病と運動療法  7 深部静脈血栓症・肺血栓塞栓症  宮越浩一   はじめに   深部静脈血栓症   深部静脈血栓症の危険因子   深部静脈血栓症の診断   深部静脈血栓症の治療   深部静脈血栓症と診断された患者に練習を継続するか?   肺血栓塞栓症(PTE)   肺血栓塞栓症の診断   肺血栓塞栓症を生じた場合の対応    III どのような急変を生じるか -遭遇しやすい症状とその対処法-  1 高血圧・血圧上昇  宮越浩一   はじめに   本態性高血圧   高血圧緊急症・切迫症   高齢者の高血圧  2 低血圧・血圧低下  宮越浩一   はじめに   ショック   本態性低血圧   起立性低血圧   食事性低血圧   血管迷走神経反射   循環血液量減少   慢性心不全  3 動悸・不整脈  宮越浩一   はじめに   動悸   頻脈(tachycardia)   徐脈(bradycardia)   期外収縮  4 意識障害  宮越浩一   はじめに   失神   せん妄   低血糖・高血糖   てんかん発作・症候性発作   非痙攣性てんかん重積   脳卒中   COPD急性増悪   薬剤性(睡眠薬,抗精神病薬などの向精神薬)  5 呼吸困難  宮越浩一   はじめに   肺血栓塞栓症   気胸   アナフィラキシー   急性喉頭蓋炎   過換気症候群  6 胸痛  宮越浩一   はじめに   虚血性心疾患(急性冠症候群)   大動脈解離   その他の緊急性が高い疾患  7 筋骨格系の疼痛  宮越浩一   はじめに   骨転移   化膿性脊椎炎   化膿性関節炎   椎体圧迫骨折   大腿骨頸部・転子部骨折   異所性骨化   複合性局所疼痛症候群(CRPS)   偽痛風   絞扼性末梢神経障害  8 頭痛  桂井隆明   頭痛の分類   頭痛で確認すべき病歴・所見   見逃してはいけない主な原因疾患   現場での対応   その他の二次性頭痛   参考:主な一次性頭痛について  9 腹痛  宮越浩一   はじめに   急性腹症   虚血性心疾患   腹部大動脈瘤・大動脈解離   腸間膜動脈血栓症   急性胆嚢炎・急性胆管炎   胃潰瘍・十二指腸潰瘍   消化管穿孔   腸閉塞(イレウス)  10 嘔気・嘔吐  宮越浩一   はじめに   脳卒中   虚血性心疾患   内耳前庭疾患   高血圧性脳症   肺血栓塞栓症   慢性的な嘔気・嘔吐   現場での対応  11 めまい  宮越浩一   はじめに   良性発作性頭位めまい症(BPPV)   メニエール病   突発性難聴   前庭神経炎   脳卒中   不整脈   起立性低血圧  12 痙攣・てんかん発作  宮越浩一   はじめに   急性症候性発作・症候性てんかん   脳卒中後の急性症候性発作・症候性てんかん   脳性麻痺に伴うてんかん   痙攣重積状態(重積発作)   突然死   非痙攣性てんかん重積(NCSE)   発作時の対応と評価   てんかん発作と鑑別するべき不随意運動   治療の流れ:医師到着後から再発予防まで   翌日以降の対応  13 発熱  宮越浩一   はじめに   敗血症   肺炎   髄膜炎   感染性心内膜炎   熱中症   尿路感染   手術部位の感染(SSI)   カテーテル関連血流感染(CRBSI)   薬剤性の発熱  14 浮腫  宮越浩一   はじめに   深部静脈血栓症   慢性静脈不全   リンパ浮腫    IV 急変を生じた場合に  1 一次救命処置,心肺蘇生  室井大佑   一次救命処置   救命の連鎖   救命処置に関するガイドライン   『AHAガイドライン2015』について   一次救命処置の実際   一次救命処置の流れ   一次救命処置で使用する道具について   死戦期呼吸について   一次救命処置に伴う合併症について   チームアプローチの重要性について   急変時への備え  2 一次救命処置後の対応  鵜澤吉宏   はじめに   アルゴリズムを知っておく   各アルゴリズム   基本手技   再評価の時期  3 救急カート  鵜澤吉宏   救急カートとは   救急カート備え付けの物品   救急カートの外側    V リハビリテーションに関連するその他のリスク  1 転倒の予測方法  宮越浩一   転倒により生じる問題   転倒を予測する因子   各種転倒評価法とその予測精度   既存の予測方法を転用する際の注意   亀田メディカルセンターでの転倒予測モデル開発   スクリーニングにおけるカットオフ点の設定   スクリーニングはいつ実施するべきか  2 転倒予防方法と転倒後の対応  髙橋静子   はじめに   転倒の原因と発生しやすい場面の患者指導用パンフレットへの活用   リスク評価と高リスク患者の識別方法   リスク対応   転倒・転落発生時の院内対応   転倒予防チームによる病棟回診   リハビリテーション医療における安全管理  3 転倒・転落による外傷への対応  宮越浩一   はじめに   骨折   脱臼   靱帯損傷   頭蓋内出血   脊髄損傷   皮膚損傷  4 窒息事故の予測と対応  根本達也,室井大佑   はじめに   窒息に対するリスク管理   摂食・嚥下障害の評価   安全に食べるための対策   窒息時の対応  5 吸引の基本と手技,それに伴うリスク  鵜澤吉宏   はじめに   気道吸引の目的   気道吸引の流れ   気道吸引の方法の選択   気道吸引の実際   可能性のある合併症状とその予防   感染予防  6 気管カニューレの取り扱いに関連するリスク  根本達也,宮越浩一   はじめに   気管切開と気管カニューレの目的   気管カニューレの構造   気管切開が患者に及ぼす影響   気管切開患者の嚥下に関する問題   気管カニューレ使用時のリスクとその管理  7 感染管理の知識  古谷直子   はじめに   感染管理の考え方   標準予防策   感染経路別予防策

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
82
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
82

“長時間労働×ワンオペ育児"の中で編み出した誰でも再現可能なタイムスキルの全てがここに! やめる時間術は3つの力がポイント 1 見える化力 2 引き算力 3 足し算力 やりたくないこと/やったらいいこと 100%やらないを心がけましょう。 ――――「はじめに」より抜粋―――― 周りの人には、多くのことを実現するために膨大な時間を使っているように見える、と言われますが、そんなことはありません。ただ、「使うべき時間と使わない時間」を分けて「やりたくないこととやったらいいこと」を100%やらないようにしている、それだけです。 本書では、普通の会社員である私が仕事と育児を両立しつつ、何度も何度も「時間がない」ことに悩んで試行錯誤した末に編み出した「時間術」を紹介していきます。 この本は「ただ時間がうまく使えない」という人のための本ではありません。家事や育児、介護、そして仕事といった色んな条件があるために、自分の好きなように時間を使うことができない人、何かを「やめる」ということに躊躇している人のための本です。そんなあなたのための「時間の使い方」です。 7 年前、時間がなくて毎日を焦って過ごしていた私が知りたかったことを書きました。 この本があなたの時間を取り戻すきっかけになればうれしいです。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
78

健康的な食への興味が高まる昨今、家庭で必要な栄養学の知識はもちろん、最新医学・科学の裏づけがある正しい食べ方情報も掲載。 健康的な食への興味が高まる昨今、家庭で必要な栄養学の知識はもちろん、今強く求められている最新医学・科学の裏づけがある正しい食べ方情報も掲載。毎日の健康のために「家庭で必要なこと」「新しく正しい情報」だけを、徹底的にわかりやすく紹介。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
78

目標達成する技術

マイケル・ボルダック
フォレスト出版

複数のアメリカ大統領、元南アフリカ大統領ネルソン・マンデラ、ダイアナ妃、ジョージ・ソロス、マザー・テレサ、アンドレ・アガシといった数多くの世界的なリーダーたちをコーチしたアンソニー・ロビンズの元で仕事し、世界のトップコーチになった著者が日本人のために書いた画期的な方法。 第1章 人生の成功の80パーセントは心理面にかかっている!(なぜ、うまくいかないのか? 頑張ってもうまくいかない理由 ほか) 第2章 あなたの感情をマスターしよう!(学習するということは? 感情をマスターする! ほか) 第3章 一瞬で人生を変える!「質問」と「フォーカス」の力(フォーカスの法則 フォーカスをコントロールする! ほか) 第4章 あなたの可能性を最大限に引き出す!(人が成功するために必要な2つのこと リミティング・ビリーフ ほか) 第5章 状態をコントロールする!(最後に伝えたいスキル パワーアップクエスチョン ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
77

病気がみえるvol.2循環器

医療情報科学研究所
メディックメディア

循環器

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
77

除脂肪メソッド ハンディ版

岡田 隆
ベースボール・マガジン社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
76

病気がみえる vol.4 呼吸器

医療情報科学研究所
メディックメディア

呼吸器

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
76

脳卒中の機能予後予測は,リハビリのゴール設定や入院治療期間の設定に極めて重要である.そこで本書は,リハビリに携わる医師ならびに療法士に向けて,まず予後予測のために必要となる機能評価法について解説し,それを踏まえてより実践的な予後予測ができるように,従来~最新の予後予測法を幅広く取り上げる.また代表的な症例を通して,具体的な臨床応用の実例を紹介する.常に予後予測が求められるリハビリスタッフ必見の書.

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
75

世界的名著の原著第3版を完訳! 『全ての章を新たに翻訳!』 『股関節の記述がより充実!』 『新章:走行の身体運動学が追加』

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
75

病気がみえるvol.11 運動器・整形外科

医療情報科学研究所
メディックメディア

待望のシリーズ最新巻が登場。丁寧なビジュアライズにより、運動器の構造も、骨折、変形性関節症など様々な整形外科疾患も、1冊でしっかり「みえる」。整形外科テキストの新定番! 運動器の概観と生理 ・運動器の概観 ・運動器の生理 運動器の構造・整形外科 ・診察 ・症候 ・検査 ・治療 ・上肢の疾患 ・下肢の疾患 ・体幹の疾患 ・末梢神経損傷 ・外傷 ・骨・軟部腫瘍/脊髄腫瘍 ・リウマチ性疾患/慢性関節疾患 ・骨系統疾患 ・代謝性骨疾患 ・感染性疾患 ・リハビリテーション ・関節可動域測定

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
74

看護がみえる vol.3 フィジカルアセスメント

医療情報科学研究所
メディックメディア

フィジカルアセスメント

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
74

動作練習 臨床活用講座

石井 慎一郎
メジカルビュー社

ロングセラー『動作分析 臨床活用講座』の続編。動作メカニズムの再獲得に向けた練習法を豊富な連続写真を用いて具体的に解説する。 『動作分析』での評価を踏まえて,基本動作である「寝返り」「起き上がり」「起立・着座」「歩行」をどのように治療するかを解説。基本動作を遂行するために必要なメカニズムを解説した後に,動作メカニズムの再獲得に向けた練習法を豊富なイラストと写真を用いて具体的に紹介する。 Ⅰ 動作練習の基本的概念  1 動作練習の基本的概念   動作練習の本質的課題   動作のメカニズム   動作練習の進め方   代償動作  2 機能改善のための介入技術の理論的背景   筋活動の促通   筋緊張の適正化 Ⅱ 寝返り動作の練習  1 寝返り動作の概要  2 寝返り動作を可能にするメカニズム   頭頸部のコントロール   肩甲骨の前方突出と上肢のリーチ   体軸内回旋   体重移動  3 寝返り動作練習のポイント   上肢のリーチを誘導して,頭尾方向の回旋運動の連動を再獲得する   リーチ動作に必要な上肢の協調制御  4 動作練習の実際   頭頸部のコントロールに対する介入   上肢のリーチのための準備   リーチングの練習   リーチング動作を使った動作練習   体軸内回旋に対する練習   股関節の両側性活動による体重移動の練習   代償的な寝返り動作の指導 Ⅲ 起き上がり動作の練習  1 起き上がり動作の概要  2 起き上がり動作を可能にするメカニズム   on elbow を可能にするメカニズム   肩甲帯の安定化  3 起き上がり動作練習のポイント  4 動作練習の実際   on elbow を可能にするメカニズムの誘導   肩甲帯の安定化   体軸内回旋の可動性の改善   上肢の伸展を使ったon elbow から長座位への練習   ハムストリングスの伸張性の改善   代償的な起き上がり動作の指導 Ⅳ 起立・着座動作の練習 ①起立動作  1 起立動作の概要  2 起立動作を可能にするメカニズム   身体重心の前方への加速のメカニズム   殿部離床のメカニズム   身体重心の上昇のメカニズム  3 起立動作の練習のポイント   動作の開始姿勢である機能的な座位姿勢を再獲得する   相反方向の腰椎−骨盤運動リズムによる重心の前方移動を可能にする   下肢の抗重力伸展活動を高められるようにトレーニングを行い,殿部離床を可能にする   足部で作られた支持基底面内における身体重心の上方移動  4 動作練習の実際   機能的な座位姿勢の再獲得    相反方向の腰椎−骨盤運動リズムによる重心の前方移動   下肢の抗重力伸展活動を高め,殿部離床を可能にするトレーニング   足部で作られた支持基底面内における身体重心の上方移動 ②着座動作  1 着座動作の概要  2 着座動作のメカニズム   足関節底屈筋の制御と膝関節の屈曲   足関節背屈と骨盤前傾の連動   相反方向性腰椎−骨盤運動リズム  3 着座動作練習のポイント   立位姿勢から脊柱と下肢のvertical extensionを可能にする   足関節底屈筋を緩めて脛骨を前傾させ,膝関節の前方移動を可能にする  4 動作練習の実際   立位で股関節の動的安定化と脊柱のvertical extensionとを結合させるトレーニング   上肢のリーチを使った着座動作練習   より実践的な日常生活動作練習 Ⅴ 歩行の練習  1 歩行の概要  2 歩行を可能にするメカニズム   初期接地時の関節の配列と剛性制御   荷重応答期の衝撃吸収   荷重応答期の関節の動的安定化   重心の上前方への推進   立脚後期の股関節の伸展   遊脚  3 歩行練習のポイント   姿勢の直立化に対する体幹の抗重力伸展活動のトレーニング   姿勢の直立化に対する下肢の抗重力伸展活動のトレーニング   歩行動作のメカニズムに対するトレーニング  4 動作練習の実際   初期接地時の関節の配列と剛性制御   荷重応答期の衝撃吸収   荷重応答期の関節の動的安定化   全足底接地から立脚中期の重心の上前方への推進   立脚後期の股関節の伸展   足部の機能的ユニット   股関節両側性活動による重心の側方移動の制御   動作の統合的学習

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
74

基礎運動学 第6版

中村 隆一
医歯薬出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
74

ベーシックな知識をわかりやすくまとめつつも,臨床で重要となる運動器と神経系は詳細かつハイクオリティな内容を維持し,他書の追随を許さない。今版では「第8章 局所解剖学と体表解剖学」を新設。2~7章で別々に学んできた骨格・筋・脈管などの知識を統合する復習の場となると同時に,臨床で必須となる体表解剖と触察法を解説し,エコー画像も豊富に収載する。各章末には国試頻出の復習問題「国試へのステップ」を掲載。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
74

最新の知見に基づいた内容にバージョンアップ! 第5版からQRコード読み取り対応に!場所を選ばずに手技を学べる! 呼吸リハビリテーションに必要な知識と手技が習得できる入門書。患者指導や手技のコツ、急性期から安定期における病態・疾患別の呼吸リハビリテーションの進め方など、リハビリテーションの実際がよくわかるよう臨床の視点を重視してまとめた.新型コロナウイルス感染症などの最新のトピックスや知識の整理に役立つコラムも充実。動画(約60分)は場所を選ばずにいつでも手技を確認できるようDVDからQRコード対応に! 第1章 呼吸リハビリテーションとは 第2章 呼吸リハビリテーションに必要な呼吸器の知識 第3章 呼吸リハビリテーションの進め方 第4章 呼吸リハビリテーションに必要な評価 第5章 呼吸リハビリテーションのプログラム 第6章 呼吸リハビリテーションの実際 

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
73

カンデル神経科学

金澤一郎
メディカルサイエンスインターナショナル
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
73

観察による歩行分析

キルステン ゲッツ・ノイマン
医学書院

1 冒険的進化-直立歩行の歴史 2 歩き方-ヒトの歩容の生理学 3 観察による歩行分析 4 計測装置を用いた歩行分析 5 病的歩行-逸脱運動の原因と影響 6 心と考え方-治療における考え方 7 歩行に対する心理的影響 8 さいごに

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
73

第1部 基本 第2部 正常歩行 第3部 異常歩行 第4部 臨床的な視点 第5部 高度な移動機能 第6部 定量的な歩行分析

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
73

プローブの動きで適切な画像が描出できる。Step順で画像が読める。Q&Aでわかりにくい画像も明らかに。エコーanatomyで解剖との連携もバッチリ。 超音波早わかり(運動器の構成体のみえかた) 超音波で診る上肢(手指 手関節 肘関節 肩関節) 超音波で診る下肢(下腿・足関節 膝関節 股関節・大腿)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
73

近代ボバース概念 理論と実践 (GAIA BOOKS)

ベンテ・バッソ・ジェルスビック
ガイアブックス

ボバース概念の理論と実践を理解する手引書。240もの図版を収録し、わかりやすさを追求。理学療法士へ臨床における指針を示す。 ボバース概念の理論と実践を理解する手引書。治療場面の写真など、240にもおよぶ図版を用い、わかりやすさを追求。理学療法士、作業療法士、学生、ボバースインストラクターなどへ臨床における具体的な指針を示す。 国際ボバース講習会講師会議認定アドバンス・インストラクターの著者による、中枢神経系に障害を呈した患者に対する評価と治療を、根拠に基づく治療を基に方向付けした手引書。ボバース理論のみならず、理論的情報と臨床関連とのバランスをうまく保つために臨床例を数多く挙げることを本質として編纂。実際の臨床現場における治療場面の写真など、240にも及ぶ図版を用い、わかりやすさとあらゆる現場で活用できることを目指した。理学療法士、作業療法士、成人の神経疾患に携わる熟練者、学生、ボバースインストラクター、身体領域で働くトレーナーなどへ、臨床における具体的な指針の手助けをしてくれる貴重な一冊。 ●中枢神経系に障害を呈した患者に対する根拠に基づく治療法を紹介。 ●多数の臨床例により理論的情報と臨床現場とのバランスをとった解説。 ●神経筋骨格系、運動制御、神経と筋の可塑性をとらえる。 ●人間の相対的な生命体の機能と構造までを展開。 はじめに  ボバース夫妻:歴史的概要/国際ボバースインストラクタートレーニング会議(IBITA)/IBITAの理論的仮説と臨床実践 1 神経生理学の適応  1.1 システムコントロール(システムと構造における感覚運動統合の関連について)   神経筋システム/体性感覚システム、視覚、バランス/脳と脊髄  1.2 可塑性   神経可塑性  1.3 中枢神経系障害後の再編成と結果   上位運動ニューロン障害/上位運動ニューロン症候群の複雑な問題 2 理学療法  2.1 バランスと運動/ヒトの運動コントロール/バランス/正常運動と正常バランスコントロールからの逸脱  2.2 介入-考察と選択   姿勢セット/基本姿勢と姿勢セットの分析/キーエリア/選択運動と機能的活動/自律運動と随意運動との間の関連性/ハンドリング/能動運動、不使用学習、無視、他動運動/連合反応のコントロール/フィードバック/効果の継続  2.3 他の介入:いくらかの要点   筋力トレーニング/トレッドミルトレーニング/多職種とのチーム医療/補装具/痙性に対する内科的治療 3 評価  3.1 国際生活機能分類(ICF)  3.2 理学療法評価   現病歴/機能的活動/身体機能と構造/感覚、知覚、不使用学習/疼痛/臨床推論/評価の意義  3.3 効果測定   身体構造と機能測定/活動測定/自己報告測定/客観的な目標設定/評価図表/評価と記述/まとめ 4 症例報告  4.1 症例報告   既往歴、社会歴、活動と参加/現病歴/評価/臨床推論と仮説/理学療法と臨床推論/理学療法評価と治療の連続的過程/退院時評  4.2症例報告   社会歴、活動、参加/病歴/以前の訓練歴と治療歴/現在の問題点/リサの目標/評価/臨床推論と仮説/理学療法/評価/その後 参考文献/索引 ボバースコンセプトがよくわかる

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
73

東ハトがつくった、「世界でいちばん小さな、でも世界でいちばん大切なことが書いてあるビジネス書」。本業の「お菓子作り」が好調だったのに、旧経営陣の乱脈経営がたたり2003年春破綻した東ハト。5月15日に再スタートを切ったものの、社員の傷ついた士気はあがらない。「自分たちの仕事とはそもそもなにか」「この仕事の意義とはなにか」という「仕事の根源」についての思想を社員全員で共有できるよう「ブランドブック絵本」として、2003年12月、数百人たちに豪華飛び出す絵本を配った。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
73

道は開ける 新装版

カーネギー, デール
創元社

悩みの正体を明らかにし、悩みを解決する原則を具体的に明示して、こころの闇に光を与える不朽の名著。 1 悩みに関する基本事項 2 悩みを分析する基礎技術 3 悩みの習慣を早期に断とう 4 平和と幸福をもたらす精神状態を養う方法 5 悩みを完全に克服する方法 6 批判を気にしない方法 7 疲労と悩みを予防し心身を充実させる方法 8 私はいかにして悩みを克服したか-実話三十一編

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
73

脳卒中後の片麻痺に対する運動療法として広く認知されている「川平法」こと、促通反復療法について基礎編/実践編の2部構成、フルカラーで解説。基礎編では臨床研究とエビデンス、実践編では治療者がどのように患者に手技を行うかについて1コマ1コマの写真を用いて丁寧に解説。前版から好評のDVDも内容をすべて見直し、上肢・下肢を中心に70手技の動画が収録され、読者のさらなる理解が得られるよう工夫されている。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
73

これまであきらめていた原因不明の痛みもトリガーポイントをマッサージすることで簡単に治すことができます。医師、理学療法士、マッサージセラピスト-すべての医療従事者必携のトリガーポイント療法の実践マニュアル。慢性的な痛みに悩む患者自身ができる自己治療法も満載。 新しい人生 トリガーポイントの全容 マッサージのガイドライン 頭部と首の痛み 肩、上背部、上腕の痛み 肘、前腕、手の痛み 胸部、腹部、性器の痛み 中背部、腰部、殿部の痛み 股関節、大腿、膝の痛み 下腿、足首、足の痛み トリガー・ポイントの臨床的マッサージ-Clair and Amber Davies 筋の緊張と慢性痛

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
73

解剖学、生理学、臨床症状および関連する療法から最近開発された研究技術まで、広範囲の領域を提示。基礎科学研究にかかわる科学者はもちろん、身体の結合組織マトリックス(膜)の治療的な処置にかかわる専門家のためにも、関連した情報を系統化することを目的としている。身体中に広がるコミュニケーションシステムとしての膜の役割を探究。筋膜の力伝達に関する最新の情報を提供し、感覚器官の構成における筋膜の重要性を探究している。たとえば、腰痛と機能障害の発生に関連をもつ、その重要な固有受容および侵害受容の機能。器官と組織の連結性を確認する新しい画像診断の方法を記述している。 第1部 科学的基盤(筋膜体の解剖 コミュニケーション器官としての筋膜 筋膜の力伝達 筋膜組織の生理学) 第2部 臨床応用(筋膜関連の障害 筋膜の弾性に関する診断方法 筋膜指向性療法) 第3部 研究の方向性(筋膜研究:方法論的な挑戦と新しい方向性)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
73

微差力

斎藤 一人
サンマーク出版

こんな少しの努力で幸せも富も手に入る!この世は、すべて「微差」が大差を生むのです。当代きっての実業家、渾身の書き下ろし決定版。 私は、自分のことを「一人さん」と呼びます(「地球は今日も回ってる」 立派はつらいよ ほか) そのままで、いいんだよ(不思議と感謝と、人の努力と 科学を分析すると、普通に成功。神のひらめきを分析すると、奇跡的成功 ほか) 微差って、スゴイ!(この世は、すべて「微差が大差」 大差ねらっても、大差つかない ほか) 一人さんが教えた精神論(成功は「人生は芝居だ」から始まる 会社の生命線、ココが分かれ目 ほか) 人生って、楽しいね(人生は、趣味でも、仕事でも、家族でも、大切なものを見つける旅 原石を磨いて宝石にする ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
73
みんなのレビュー
伝説の経営者稲盛和夫氏の考え方にふれることができる。経営やビジネスの考え方というよりも哲学・道徳観点の話が多い書籍。なにかテクニック的なことを学ぶことはできないが人生を生き抜く上での指針になる。ぜひ読んで欲しい名著
No.58
72

Return to Life Through Contrology

Pilates, Joseph H.
Lightning Source Inc
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
72

最新の研究知見を踏まえた「殿筋」をめぐる冒険 治療家、アスレティックトレーナー必携の一冊 著者のJohn Gibbonsは、英国などで高い評価を得ているリハビリテーション、ボディワークの専門家。本書は「身体のなかで最も無視されている」部位の一つである殿筋に注目。臨床経験のなかで「局所ではなく実は殿筋が引き起こしている痛みと機能不全がある」と気づいた著者が、最新の研究知見をもとに、豊富な図版を用いてそのメカニズムや障害のパターンを解説する。さらに、障害を修正するテクニック、回復を促すエクササイズも施術写真を使って分かりやすく紹介する。 監訳は「KOBA式体幹バランストレーニング」を考案し、サッカー日本代表・長友佑都選手らトップアスリートを支える木場克己氏が務めた。治療家必携の一冊! 第1章 身体各部とつながる大殿筋 第2章 筋不均衡と筋膜スリング 第3章 殿筋と歩行周期 第4章 脚長差と過外反―殿筋による影響 第5章 大殿筋の機能解剖学 第6章 中殿筋の機能解剖学 第7章 マッスルエナジーテクニック 第8章 原因としての拮抗筋 ―腸腰筋、大腿直筋、内転筋群の重要性 第9章 膝や足首の痛みを引き起こす大転筋や中殿筋の問題 第10章 腰痛を引き起こす大殿筋や中殿筋の問題 第11章 殿筋群の抑制効果による筋力低下の鑑別 第12章 大殿筋と中殿筋のい安定性向上エクササイズ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
72

まえがき  序 章 女に惚れろ  人生の目的を感じるための「魔法の杖」 第1章 頭を使うな  幸せな成功者が持っている「魔法の杖」 第2章 死をイメージしろ  自分の人生が見えてくる「魔法の杖」 第3章 師を見つけろ  前に進む意欲がわいてくる「魔法の杖」 第4章 どん底まで落ちろ  凄いエネルギーが得られる「魔法の杖」 第5章 徹底してあきらめろ  どうしてもダメなときの「魔法の杖」 第6章 外へ出よ  人生を最高に輝かせる「魔法の杖」 あとがき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
72

目醒める! 大腰筋 コアを鍛えて内面から身心を改善

ジョアン・スタウガード ジョーンズ
医道の日本社

エネルギーあふれる「大腰筋」を探求する旅へナビゲート 脊椎と下肢をつなぐ人体で唯一の筋肉である「大腰筋」(腰筋)。その重要性について書き尽くしたのが、本書である。 身体の重心近くに位置する大腰筋は、生体力学の観点からも、解剖学的に重要な場所に位置している。また、中枢・末梢神経系に影響を与えているため、大腰筋リリースを行えば、恐怖や不安からの開放へと導けるという。さらに、筆者はヨガにおける7つのチャクラのうち3つが大腰筋にあることに着目。スピリチュアルエネルギーを引き出すためにも、大腰筋の活性化は必要不可欠だと、本書では述べられている。 そんな重要な大腰筋を活性化させるためにはどうすればよいのか。「コアを強化するエクササイズ」や「ストレッチエクササイズ」、さらにピラティスやヨガなど、多彩な方法についてイラストで解説。身体にかかわるすべての施術者にとって、新たな気づきにつながる一冊となるだろう。 ●第1部 解剖学的プレリュード 第1章 腰筋周囲の解剖学とバイオメカニクス 第2章 健常な腰筋を維持する 第3章 腰痛の負荷 第4章 腰痛とピラティス ●第2部 腰筋と感情 第5章 つながり ―身体記憶:脳腸相関― 第6章 腰筋の逆襲 ●第3部 腰筋とスピリチュアリティ ―エネルギーの解剖― 第7章 私達は何を知っているか? 第8章 腰筋と第1のチャクラ ―筋感覚のバランス― 第9章 腰筋と第2のチャクラ ―水のように流れる― 第10章 腰筋と第3のチャクラ ―機能を呼吸に合わせる―

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
72

ピラーティスアナトミィ

ラエル・イサコウィッツ
ガイアブックス

ピラーティスのエクササイズごとに、解剖学的なアドバイスを詳しく解説した実践本。鍛えたいところ別にエクササイズを逆引きできる。 ピラーティスのエクササイズごとに、ターゲットの筋肉、解剖学的なアドバイスを詳しく解説した実践本。難易度別、鍛えたいところ別にエクササイズを逆引きできるので、目的に合わせて実践できる。 ピラーティスの創始者、ジョーゼフ・ピラーティス氏の著書『Return to Life Through Contrology』に忠実に即したピラーティスの解剖学書。 特定の流派を超越し、エクササイズの基本的な解剖学の解説と実践のアドバイスで、人間の潜在力を発揮するためのアプローチを提示する。 30以上のエクササイズを紹介し、それぞれターゲットの筋肉図および解剖学的なアドバイスを細かく解説。 難易度別、トレーニングの種類別にエクササイズを逆引きでき、目的別にトレーニングを実践できる。 監訳者序文 中村 尚人 はじめに 第1章 ピラーティスの6つの原則 ピラーティスの基本原則 呼吸/集中/センター/コントロール/正確性/フロー 呼吸の科学を詳しく知る 呼吸器系の解剖学/呼吸のしくみ(吸気/呼気) ピラーティスを練習するときの呼吸 胸式呼吸/指定の呼吸パターン/能動呼吸 基本原則をマットワークに当てはめる 第2章 脊柱、コア、ボディ・アライメント 骨格 きわめて重要な脊柱 脊柱の要素である椎骨/椎骨間の関節/脊柱の運動/脊柱の主要な筋肉(腹筋/脊柱の伸筋/腰方形筋と腸腰筋)/ピラーティスにおける脊柱の筋肉(脊柱の筋肉に対する重力の影響/脊柱の筋肉の共同収縮) 自分のパワーハウスを知る 骨盤と股関節の骨標識点/骨盤の運動とアライメント/パワーハウスを構成する骨盤の筋肉 全身のアライメントの基本 直立時のアライメント/よくある脊柱のアライメントのずれ/肩甲骨の運動とアライメントのずれ ピラーティスのマットワークでアライメントを正しくするためのヒント 第3章 筋肉、動きの分析、マットワークを始める前に 関節とその運動 関節の種類/解剖学的肢位と関節運動の用語(屈曲と伸展/外転と内転/外旋と内旋) 筋肉とその運動 脊柱の筋肉/下肢の筋肉/上肢の筋肉 全身運動で作用する筋肉 筋収縮の種類(動的筋収縮/静的筋収縮)/筋肉の役割/フォースカップルとして作用する筋肉 マットワークの動きの分析 マット・エクササイズの解説を理解するために 自分の体を知ること、安全のために知っておきたいこと 第4章 マット・セッションの基本 ペルビック・カール チェスト・リフト レッグ・リフト・スーパイン レッグ・リフト・サイド レッグ・プル・サイド スパイン・ツイスト・スーパイン チェスト・リフト・ウィズ・ローテーション バック・エクステンション・プローン 第5章 動きと安定のための腹筋ワーク ワンレッグ・サークル(レッグ・サークル) ロールアップ ネック・プル ハンドレッド ワンレッグ・ストレッチ(シングルレッグ・ストレッチ) シングル・ストレートレッグ・ストレッチ(ハムストリング・プル) ダブルレッグ・ストレッチ クリスクロス ティーザー 第6章 柔軟な脊柱のための精密なアーティキュレーション スパイン・ストレッチ(スパイン・ストレッチ・フォワード) ローリング・バック(ローリング・ライク・ア・ボール) シール(シール・パピー) クラブ ロッカー・ウィズ・オープン・レッグズ(オープンレッグ・ロッカー) ロールオーバー・ウィズ・レッグズ・スプレッド(ロールオーバー) ブーメラン コントロール・バランス ジャックナイフ 第7章 機能的な脊柱のためのブリッジング ショルダー・ブリッジ シザーズ バイシクル レッグ・プル レッグ・プル・フロント プッシュアップ 第8章 効果的なコアのための体側のエクササイズ サイド・キック サイド・キック・ニーリング サイド・ベンド スパイン・ツイスト ソー ツイスト コークスクリュー(コークスクリュー・アドバンスト) ヒップ・ツイスト・ウィズ・ストレッチド・アームズ(ヒップ・サークルズ・プレップ) 第9章 強い背中のための伸展エクササイズ キャット・ストレッチ ワンレッグ・キック(シングルレッグ・キック) ダブル・キック(ダブルレッグ・キック) スイミング ロッキング スワン・ダイブ 第10章 ピラーティス・プログラムのカスタマイズ ピラーティス・プログラム基本 ピラーティス・プログラム中級 ピラーティス・プログラム上級 エクササイズ一覧 著者・監訳者略歴 … …

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
72
みんなのレビュー
パナソニック創業者の松下幸之助の人生における教訓が詰まっている1冊。経営ノウハウ的な話はなく一般的な内容が語られている
No.65
72

総論(骨折後の運動療法 骨に関する基礎知識 骨折に関する基礎知識) 各論 上肢の骨折(鎖骨骨折 肩甲骨骨折 上腕骨近位部骨折 上腕骨骨幹部骨折 上腕骨遠位部骨折 肘頭骨折 橈骨頭骨折、橈骨頚部骨折 前腕骨骨幹部骨折 前腕骨遠位部骨折 舟状骨骨折)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
72

史上最強の人生戦略マニュアル

フィリップ・マグロー
きこ書房

理想と現実のズレを正確に認識すれば、どんな問題も解決法が明らかになる!劇的に、確実に、人生が変わる!全米370万部突破の大ベストセラー。 問題がひとりでに解決することは、絶対にない 本当に生きるということ 自分の選択と態度に焦点をあてる 「見返り」が行動を支配している 問題は、あなたが認めるまで悪化していく 違うことを「する」 過去の出来事を言い訳にしない 今すぐに人生計画を立てる 見返りを断つ 憎しみはあなたの心を変えてしまう あなたのゴールラインはどこか? ガイドつき人生の旅 目標設定の七つのステップ 自分の公式を見つけよう

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
72

各論 体幹の骨折(胸腰椎の脊椎損傷(骨粗鬆症性椎体骨折の保存療法を中心に) 骨盤骨折 股関節の脱臼骨折、寛骨臼骨折) 各論 下肢の骨折(大腿骨近位部骨折 大腿骨骨幹部骨折 大腿骨遠位部骨折、大腿骨顆上骨折、大腿骨顆部骨折 膝蓋骨骨折 下腿近位端骨折、脛骨近位端骨折 下腿骨骨折幹部骨折 下腿骨遠位部骨折(果部骨折と脛骨天蓋骨折を中心に) 距骨骨折 踵骨骨折)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
72

理学療法士が拘縮治療を行う際,有用と思われる運動器超音波機能解剖を解説しつつ,それらの所見を踏まえた技術的なクリニカルヒントについて,豊富な超音波画像,解りやすい解剖イラスト,そして動きをリアルタイムでとらえることの出来る実際の動画(WEB動画)を観ながら理解することが出来る.運動器を扱う全てのセラピストにとって必読の内容がぎっしり詰まった一冊. ☆図版16点,カラー写真92点,モノクロ写真144点

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
72

記憶と運動との関わりを活用した臨床評価技術を提案! 「転んじゃったら困るし…」「でも、何もしないといいわけないし…」。 患者さんにいつ、どんな根拠で自立歩行練習を勧めればよいのか、これは長年の現場の悩みでした。 本書は、実用的な歩行能力は運動機能と認知機能の絶妙なコラボレーションの結果であることに着目し、バランス評価スケールと二重課題を併用した実用的な臨床判断の方法を提案します。 ■はじめに:「モヤモヤ感」解決できるか「ながら力」 ■[BOOK 1]片麻痺の患者さんの歩行能力をどのように評価していますか ■[BOOK 2]F&Sを使ってみませんか ■[BOOK 3]F&Sはこうして生まれました ■「ながら力」「モヤモヤ感」を吹き飛ばせ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search