【2024年】「メンター」のおすすめ 本 134選!人気ランキング

この記事では、「メンター」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. メンタリング入門
  2. イシューからはじめよ――知的生産の「シンプルな本質」
  3. 完訳 7つの習慣 人格主義の回復
  4. 嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え
  5. メンタリング・マネジメント: 共感と信頼の人材育成術
  6. マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
  7. コーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくる (コーチ・エィ監修コーチングシリーズ)
  8. シリコンバレー式 最強の育て方 ― 人材マネジメントの新しい常識 1 on1ミーティング―
  9. 伝え方が9割
  10. プロフェッショナルマネジャー
他124件
No.1
100

メンタリング入門

渡辺 三枝子
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
89
みんなのレビュー
学生の時に読んでよく分からなかったが社会人になって読んでめちゃくちゃ腹落ちした書籍。何度も何度も読み返すことで多くを学べる。社会人で日々の仕事に忙殺されて大変な人には是非読んで欲しい書籍。
No.3
88
みんなのレビュー
誰もが知る名著なので一度は目を通しておくべきだが、内容は冗長で個人的にはあまりはまらなかった。重要度×緊急度のマトリクスの話が一番重要で、そこだけ理解しておけばいい気がする。緊急度は低いが重要度が高いタスクになるべく長期的な視点で取り組めるようになるべき。
No.4
82
みんなのレビュー
アドラー心理学を分かりやすく教えてくれる名著。この本を読むことで普段の悩みが嘘のようになくなった。他人と自分の課題を分離して考えて嫌われる勇気を持って生きることで社会のしがらむや無駄な人間関係に悩むことがなくなる。ぜひ悩める多くの人に手にとって欲しい書籍。
アドラー心理学をもとに、哲人が青年の悩みをヒアリングしながら教えを解く話。2人の会話がベースだから難しい心理学の内容も理解しやすい。極端な教えが多いけれど、自分の日常の悩みを軽くしてくれるし、この考えを持って生活すればより生きやすい自分に近づきそう。承認欲求で溢れる現代に疲れている人におすすめ!
No.9
79
みんなのレビュー
人に何かを伝える方法の勉強にはなるが伝え方が本当に9割なのかは疑問。〇〇が9割シリーズが流行っているので結局シーンによってどこに重点を置くかは変わる。読んで損はない。
No.11
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
75

管理問題の発生と展開 管理の構造と発展 ヒトの管理をめぐる変遷 人的資源管理としての日本型雇用とその変容 企業内教育訓練・能力開発の課題 労働時間管理の変化と働く者のニーズ 賃金管理と処遇問題 多様な紛争解決システムと労働組合 日本型人的資源管理の行方

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
69

失敗の科学

マシュー・サイド
ディスカヴァー・トゥエンティワン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
69
みんなのレビュー
前田裕二氏の前作に感銘を受けたのでこちらも読んでみたが、個人的には期待外れ(期待値が高すぎたのかも)。前田氏と同じようにメモを取ることがハマる人もいればハマらない人もいると思う。個人的には紙でメモを取るよりも日常ではスマホのメモ機能やNotionにメモしておいて、ざっとアイデアをまとめたり整理したい時に時間をかけて紙に書く方が好きなタイプ。ただ人前でスマホを触ると相手に不快感を与えてしまう可能性があるので紙でメモを取るという姿勢は相手に好印象を与えるという意味で効果ありかもしれない。また、具体的な事象を抽象化して自分の環境に転化していくという思考プロセスは非常に勉強になった。
No.24
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
66
みんなのレビュー
SaaS系のプロダクトをどうやってスケールさせていくかの緻密な営業戦略が学べる。このスキームに沿ってほとんどのSaaS企業が営業組織を作っている。SaaS系を目指す経営者やSaaS系で働く会社員は全員読んでおいて損しない1冊。
No.36
66

この一冊で、うまくいく!10万人を指導してわかった「自立型部下」と「支援型上司」が育つ方法。上司にも部下にも役に立つ決定版! この一冊で、うまくいく!10万人を指導してわかった「自立型部下」と「支援型上司」が育つ方法。『シリコンバレー式最強の育て方』の著者が書いた、                                     今までになかった上司にも部下にも役に立つ決定版。 はじめに 登場人物紹介 プロローグ ▼マンガミニ解説:1on1ミーティングのスタート 1on1が必要な背景と現在地 部下の自律を阻む指示・問題解決型コミュニケーション 1on1の浸透が進まない最大の原因は「部下の役割認識不足」 Chapter1 1on1【啓蒙期】目的と役割を理解する 竹田さん1回目 1on1で必要な対話のポイント ▼マンガミニ解説 情報交換と人間の対話の違い 「業務そのもの」ではなく「業務を通じて感じていること」に焦点を当てる 1回の1on1の成果とは何か? 本田さん1回目 1on1の目的とテーマ ▼マンガミニ解説 1on1の第一歩は目的の共有から 対話を構成する9つのテーマ 松田さん1回目 1on1における部下の役割 ▼マンガミニ解説 1on1が組織に浸透するためのWhy ─ What ─ How 上司を活用するための3つのスタンス 3つのスタンスが1on1の5つの成果を生む Chapter2 1on1【探求期】質の高い対話を意識していく 竹田さん2回目 内省するためのヒント ▼マンガミニ解説 部下の内省力を妨げるのは、ピラミッド組織のコミュニケーション構造 コミュニケーションの前提を「成果軸」から「成長軸」に変える 支援型上司は部下の「失敗」を「成長軸」で対話する 実践的なメモの取り方6選 支援型上司は整理を行う 本田さん2回目 ▼マンガミニ解説 1on1ならではのテーマは1回では終わらないもの 傾聴とは、相手の話を我慢して聞くこと? 点数化することで、考えを整理することができる 効果的なフィードバックの手法 松田さん2回目 ▼マンガミニ解説 承認のフィードバックは「行動強化」の支援 伝え方の3つのレベル 指摘のフィードバックに必要なのは「伝え方」よりも「あり方」 フィードバックを求めることが部下の役割 Chapter3 1on1【日常期】部下のための時間へ 竹田さん3回目 上司と部下のコミュニケーションスキル ▼マンガミニ解説 自律型部下は上司に「何を」「どうしてほしいのか?」を明確に伝える 1on1はコミュニケーションの総合格闘技 1on1で使う上司の7つのコミュニケーション 本田さん3回目 振り返りの実際 ▼マンガミニ解説 経験学習モデルを活用した部下の役割 「いかにエピソードを語ってもらうか」が上司のポイント 部下の内省を助ける支援型上司の3つの関わり 松田さん3回目 1on1は未来を拓く場 ▼マンガミニ解説 部下は1on1を自分の未来を拓く場として活用する だんだん本音を言うようになった部下に上司はどう向き合うか? 1 on1というコミュニケーションインフラを持った組織 おわりに 巻末資料 ①「指示・問題解決型マネジメント」と「対話・支援型マネジメント」 ② 組織で1on1を浸透させるために必要なこと ②《 Why 》1on1ミーティングの目的(for部下) ③《 What 》何を対話するか── すり合わせ9ボックスⓇ ③《 How 》上司の7つのコミュニケーション ④ すり合わせ9ボックスⓇ── 実践対話テーマ例 ⑤ 1on1ミーティングの流れ ⑤ 1回の1on1での5つの成果(終わり方) ⑥ 「自律型部下の1on1での役割」「3つのスタンス」「5つの成果」の関係

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
65

人生が変わる 神レシピ

メンタリストDaiGo
repicbook (リピックブック)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
64
みんなのレビュー
超有名マーケターの森岡さんのリーダーシップ論。周りを巻き込んでリーダーシップを発揮して物事を進めるためにはどうすればよいかが学べる。
No.59
64
みんなのレビュー
日本軍がなぜ戦争に負けてしまったのかを分析し、それを元に日本の組織における問題点を浮き彫りにしている書籍。責任の所在の曖昧さと、臨機応変に対応できない官僚主義が蔓延した日本組織は危機的状況において力を発揮できない。少々歴史の話は冗長だが一読する価値のある書籍。
No.60
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
64
みんなのレビュー
アドラー心理学を実際にビジネスにどのように活かしていくのかが具体的に学べる。ストーリー形式で話が進んでいくので読みやすくスイスイ読める。
No.63
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
64

飛躍の法則

みんなのレビュー
サイバーエージェント藤田さんの愛読書として名高いビジョナリー・カンパニー。偉大な会社を作る気概のある学生や経営者が読むべき書籍。1を読まずに2を読んでも問題ないが、2は偉大な企業を存続させることにフォーカスしていて1は偉大な企業を作ることにフォーカスしているのでまずは1から読むのがよいと思う。割と難解ではまらない人には全くはまらない書籍。
No.66
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
64

とてつもない噓の世界史

トム・フィリップス
河出書房新社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
67
みんなのレビュー
伝説の経営者稲盛和夫氏の考え方にふれることができる。経営やビジネスの考え方というよりも哲学・道徳観点の話が多い書籍。なにかテクニック的なことを学ぶことはできないが人生を生き抜く上での指針になる。ぜひ読んで欲しい名著
No.76
67
みんなのレビュー
ホリエモンの行動力に驚く。結局本書で言っているのはグダグダ考えてないでとりあえず行動しろ!動けってこと。読むだけでモチベーションが上がるが、これを読んで満足してしまって何も行動しないのであれば元とも子もない。これを読んでしっかり行動に移すべき。
No.77
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
67

マインドフルネスとACTで思考と感情をコントロールすれば、恐れや不安から解放される。自信のなさと戦うのをやめて、行動しよう。 自信のなさと戦うのをやめ、マインドフルネスとACTでネガティブな思考や感情をコントロールしよう。恐れや不安と新たな関係を築けば、次の一歩を踏み出せる。 自信のなさと戦うのをやめ、マインドフルネスとACTでネガティブな思考や感情をコントロールしよう。恐れや不安と新たな関係を築けば、次の一歩を踏み出せる。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
63
みんなのレビュー
いわゆる成功哲学的なよくある書籍ではなくて、宵越しの銭は持たず人生を最高に生き抜く価値観を植え付けてくれる書籍。人を選ぶ書籍ではあると思うが、自分自身の理想の生き方に思いっきりあてはまる内容で何度も読み返したい書籍。現代人にはこの生き方が合うと思っているので何かに縛られて辛そうにしていたり、思考停止でお金を稼いで日々四苦八苦したりしている人達に読んで欲しい。
No.85
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.87
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.90
63
みんなのレビュー
パナソニック創業者の松下幸之助の人生における教訓が詰まっている1冊。経営ノウハウ的な話はなく一般的な内容が語られている
No.92
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.93
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.94
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.95
67
みんなのレビュー
実務レベルでマーケティングについて深く学べる書籍。当たり障りのない抽象論でもなく、小手先のテクニックでもなく、マーケティングの本質がしっかり学べる。デジタルマーケティング職に配属された新卒はとりあえずこれを読んでおけば大丈夫といっても過言ではないくらい良い書籍。何度も読み直したい。
No.96
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.102
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.106
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.107
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.108
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.109
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.110
67
みんなのレビュー
稼ぐために働きたくない若手世代のための書籍。今の時代は基本的になんでも揃っていてそんなにお金がなくても十分幸せに生きていける。そんな時代に我々はどうやってモチベーションを高めていけばよいのか?そのヒントがこの書籍には書いてあります。
No.111
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.113
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.117
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.121
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.122
63
みんなのレビュー
ある程度お金について教養のある人にとっては当たり前の内容なので読まなくてもいいが、お金について知らないことが多くて将来心配な人にとってはまず最初に読むといいかもしれない書籍。
No.123
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.124
63

〈入門編/実践篇〉クリティカルシンキングの理解・体得への王道。思い込みや常識を超える思考の技術を身につける。 現代をよりよく生きるために「よい思考」が必要。大切なのは、よく考えようとする「態度」である。頭の良し悪しでは決まらない。「ものの考え方」自体を系統的に解き明かし、実用的な思考力を身につけるための方法を解説。 「ものの考え方」自体を学ぶ機会がこれまでにあっただろうか。本書は,現代をよりよく生きるために必要な「ものの考え方」,すなわち「クリティカルシンキング」を系統的に学習するためのテキスト。提示された「原則」や,豊富な練習問題を通じ,自ら考えようとする態度や習慣を身につけるためのガイドとして最適である。 1章 クリティカルな思考とは何か、いかに学べばよいのか  1 はじめに  2 クリティカルな思考とは何か?  3 クリティカルな思考を伸ばすための実用的アプローチ  4 本書の構成  5 本書の使い方 2章 ものごとの原因について考える  1 はじめに  2 原因推測ということばを整理しておこう  3 原因の選択  4 因果関係を決定する規準  5 原因─結果について結論をくだす際の落とし穴  6 真の因果関係を決定するための方略 3章 他人の行動を説明する  1 はじめに  2 内的原因か外的原因かの判断──立方体モデル  3 原因の重要性の推論  4 原因を決める際の落とし穴  5 原因帰属を改善する 4章 自分自身を省察する  1 はじめに  2 自己奉仕バイアス  3 自己欺瞞の有用性  4 帰属の正確さを高める  5 認知的不協和  6 他者への印象づけ  7 自分自身について合理的に考える 5章 信念を分析する  1 はじめに  2 信じる? それとも疑う? オカルト信念の強固さ  3 自分自身で体験することの強烈さ  4 確率判断を支える二つのヒューリスティクス  5 偶然と確率を正しく理解する  6 間違った信念は強められてしまう クリティカルシンキングのための原則 【考えてみよう】の解説 推薦図書 事項索引 引用文献

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.126
63
みんなのレビュー
ある程度教養のある人にとっては目新しい内容は少ないが、お金に対して不安を持っている人は目を通しておくとよいと思う。資産形成の観点だけでなく生活における必要経費の出費をどれだけ抑えられるかについても学べる。
No.127
63

〈入門編/実践篇〉とをキーワードに、適切な根拠に基いた論理的で、偏りのない思考へ導く。 信じるにたるとするものを見極め,自分の進むべき方向を決断し,問題を解決する生産的思考がクリティカル思考だ。メタ認知とマインドフルな態度を軸に学習,問題解決,議論の際の<クリシン>思考を身につける本。 好評の<入門篇>に続く<実践編>。たんに懐疑や批判のための思考ではなく,信じるにたるとするものを見極め,自分の進むべき方向を決断し,問題を解決する生産的な思考がクリティカル思考である。メタ認知とマインドフルな態度を支柱に,学習,問題解決,意志決定,議論の際の<クリシン>思考を身につける本。 6章 自分は何を知っているかを知る  1 はじめに  2 メタ認知  3 何を学ぶべきかについて考える  4 なぜ「わかったつもり」になってしまうのか  5 十分勉強したかどうかを知る 7章 問題を解決する  1 はじめに  2 「問題」とは何か  3 効果的な問題解決へのアプローチ 8章 意思決定をする  1 はじめに  2 システマティックな意思決定モデル  3 意思決定が間違っていたことがわかったとき 9章 良い議論と悪い議論  1 はじめに  2 「議論」の定義  3 二つの議論の形式を概観する  4 演繹的議論を評価する規準  5 帰納的議論を評価する規準  6 誤った論法 10章 エピローグ  1 省察的思考としてのクリティカル思考  2 アクティブな思考としてのクリティカル思考  3 問題解決の中でのクリティカル思考 クリティカルシンキングのための原則 【考えてみよう】の解説 推薦図書 事項索引 引用文献

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.128
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.130
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.133
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search