【2023年】「パワーポイント」のおすすめ 本 78選!人気ランキング

この記事では、「パワーポイント」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. PowerPoint資料作成 プロフェッショナルの大原則
  2. パワーポイント最速仕事術
  3. 社内プレゼンの資料作成術
  4. 1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術
  5. PowerPoint 「最強」資料のデザイン教科書
  6. 一生使える 見やすい資料のデザイン入門
  7. プレゼン資料のデザイン図鑑
  8. 科学的に正しいずるい資料作成術
  9. 社外プレゼンの資料作成術
  10. PowerPoint 2019 やさしい教科書[Office 2019/Microsoft 365 対応]
他68件
No.3
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
74

確実に伝わり、 確実に美しい。 すべてのビジネスパーソンに読んでもらいたいNo.1の教本 ◆仕事で必要になる資料作成において、多くの人がPowerPointを使っています。自分が作る資料に情報を正確に、魅力的に伝えるためのデザインが重要であると頭ではわかっているにもかかわらず、センスがないからとか、はたまたPowerPointでは美しい資料は作れないからなどと、諦めてしまっていませんか? ◆本書はこうした思い込みを解消しつつ、資料作成における2つの難関である「デザイン」と「PowerPointスキル」を同時に学習し、その本質的な知識を身につけることができる決定版です。 ◆外資系IT企業で資料作成に携わり、専門部署を立ち上げるまでに至った著者の資料作成ノウハウを1冊に凝縮。単なるPowerPointの機能説明ではなく、伝えたい情報を相手に確実に理解してもらうための資料デザインテクニックを全公開します。 【こんな人におすすめ】 ・PowerPointを使って、日々大量の資料を作成しなければならない方 ・せっかく作成した資料が、伝わらない、美しくない、と悩んでいる方 ・自分には資料をデザインするセンスがないと、あきらめている方 ・作りたい資料を実現するための、PowerPointの使い方がわからない方 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 本書紹介のテクニックを詰め込んだ特典テンプレートつき 1.スライドマスターの設定がぜんぶ入ってます 2.通常スライドのデザインがぜんぶ入ってます 3.表による段組みデザインがぜんぶ入ってます 4.リボンチャート、円チャート、コンバインがぜんぶ入ってます ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ ◎INTRODUCTION 情報はそのままでこれだけ変わる! デザイン改善例① 文字量の多いテキストのみのスライドも段組みでスッキリ読みやすいデザインに 情報はそのままでこれだけ変わる! デザイン改善例② 箇条書きも一目で読む人の興味を引くデザインに 情報はそのままでこれだけ変わる! デザイン改善例③ 将来構想などの時系列を表現する資料もクールなデザインで読みやすく 情報はそのままでこれだけ変わる! デザイン改善例④ 複雑な構造の情報も、思わず読みたくなってしまうデザインに 情報はそのままでこれだけ変わる! デザイン改善例⑤ グラデーションを用いて、洗練された印象のデザインに 情報はそのままでこれだけ変わる! デザイン改善例⑥ グラフもひと手間加えることでデザイン性のある魅力的なものに変身 筆者の自己紹介 ●Chapter01 読まれる資料の基本ルール 01 読み手が思わず読みたくなる資料を作る 02 良質なPowerPoint資料を作るための3つの条件 COLUMN アニメーションはあえて扱わない 03 この本の前提 ●Chapter02 テキストのルール&テクニック 01 「テキスト」と「オブジェクト」は一体と考える 02 「グループ化」は使用しない 03 テキストの位置は「文字のオプション」で調整する POINT テキストのサイズや色は小ウィンドウで設定する POINT テキストボックスと図形のどちらを使う? 04 フォントサイズは「選択できる数値」を使う POINT フォントサイズが小数点以下を含む値に自動変換されてしまう場合がある 05 フォントはむやみに飾らない POINT 太字に対応しているフォント/していないフォント POINT フォントの一覧に太字がないものもある 06 「テーマのフォント」を設定する HINT Mac では「テーマのフォント」に任意のフォントを設定できない POINT 「フォントの置換」で特定のフォントを置き換える POINT 「フォント」ダイアログボックスにある「文字飾り」の仕様 07 相性のよいフォントを組み合わせる 08 カーニングは諦める 09 日本語は「Meiryo UI」英数字は「Segoe UI」を使う POINT 「Meiryo UI」で注意するべきこと POINT 「メイリオ」の特徴と弱点 POINT  括弧は全角と半角のどちらを使うのか? HINT ドロップダウンリストになぜ10.5ptという半端な数値があるのか? POINT 設定の取捨選択の基準を持っておくことが重要 HINT プロポーショナルフォントについて 10 テキストの貼り付けは「テキストのみ保持」を選ぶ 11 文字の配置は「左揃え」で統一する POINT 垂直方向の文字の配置 POINT 「垂直方向の配置」に注意 POINT 「上中央」「中心」「下中央」のよくあるトラブル POINT 余白を応用してテキストを左揃えにする POINT 下揃えだけど上揃え? POINT テキストが動き出すまで余白の数値を上げ続ける 12 箇条書きは「箇条書き」「段落番号」で作成する 13 「インデント」で文字の開始位置を調整する 14 「タブ」で文字を整列する POINT タブは「表」で代用できる COLUMN インストールされていないフォントなのにドロップダウンリストに名前が表示される!? 15 「行間」「段落前後間隔」で読みやすい行間を作る 16 「禁則処理」で句読点や記号を正しく配置する 17 段組みは「表」を使って作成する POINT PowerPointの段組みの機能は使いにくい ●Chapter03 オブジェクト(図形)のルール&テクニック 01 図形は四角と正円だけで十分 02 角丸四角は使わない方が無難 03 影はノイズになるのでつけない POINT 各種効果の仕様 POINT フォントにも「塗りつぶし」と「線」がある POINT 3-D効果と回転を使って球体を作る POINT 3-D効果と回転を使って立方体を作る 04 オブジェクトの枠線は「なし」にする 05 オブジェクトを触ったらタブを確認する 06 オブジェクトの「貼り付け」の種類を理解する POINT 「クリップボード」を使えばコピーの履歴を再利用できる POINT 「書式のコピー/貼り付け」で同じ書式をくり返し設定する POINT 同じ操作をくり返すショートカットキー 07 オブジェクトの重なりを把握/操作する POINT 作業ウィンドウの「タブ」を活用する 08 複数のオブジェクトは「配置」で揃える POINT オブジェクトはグリッドにスナップする POINT グリッドとスナップの設定を理解しておく 09 オブジェクトのサイズと位置は「数値で設定」する HINT 設定上は0.01cm単位までだが… HINT 自動保存を設定しておく POINT オブジェクトの回転ハンドルのしくみ POINT 回転は15度単位で設定する 10 縦横比を変えずに拡大/縮小する 11 複雑な図形は「図形の結合」で作る 12 吹き出しは「接合」でシャープに作る HINT 「Alt」+「F10」キーのショートカット POINT 「図形の変更」で図形を一度に変換する POINT 「既定の図形に設定」で図形の設定を維持する POINT 「既定のテキストボックスに設定」は厄介 POINT 「すべての書式をクリア」でテキストの設定を初期化する 13 SmartArtは補助的に使う HINT 円柱は「円柱」を使う ●Chapter04 線のルール&テクニック 01 2種類の線「コネクタ」「図形の枠線」を理解する 02 線の書式設定を理解する HINT 「スケッチスタイル」で手描き風の線にする 03 線のサイズと位置は「数値で設定」する POINT 「曲線」「フリーフォーム」で複雑な線を描く POINT 「頂点の編集」 で完全任意の線/図形を描く POINT 「頂点の編集」 の個別の仕様 ●Chapter05 矢印のルール&テクニック 01 矢印はむやみに使わない HINT 目の錯覚・錯視について 02 矢印は「線」で作る POINT 「矢印スタイル」で矢印の始点と終点の種類を簡単に選ぶ 03 曲線を描く矢印は「円弧」で作る 04 ホームベース矢印は「ブロック矢印」で作る HINT 「Ctrl」キーと「Shift」キーを押しながらオブジェクトをドラッグしてコピーする 05 「三角矢印」は必要以上に目立たせない 06 「線の矢印」にテキストを挿入する HINT 「フリーフォーム」の矢印には塗りつぶしもできる ●Chapter06 画像のルール&テクニック 01 画像の種類を理解する 02 画像を安易に使うとノイズになる 03 画像は「図の形式」タブと「図の書式設定」で操作する 04 「画像のトリミング」で必要な部分のみ取り出す 05 「図形の結合」で画像を思い通りの形に切り抜く HINT 位置や大きさを保持したまま別の画像に置き換える 06 「背景の削除」で画像をパーツ化する HINT スライド上のオブジェクトを画像として保存する 07 「図の修整」「色」「アート効果」で画像を編集する HINT 画像を透明にする POINT 「図の圧縮」でファイル容量を圧縮する ●Chapter07 色のルール&テクニック 01 色は難しい、でもルールを守れば怖くない 02 色が持っている「本来の意味」を考慮する 03 グレーを効果的に使う HINT 進出色と後退色 04 画面の色と印刷した色は違う 05 「色相」「彩度」「明度」で色を把握する HINT 多様な人に配慮したユニバーサルデザイン HINT Webやスマートフォンのアプリで色の違いを確認する HINT 多様な色覚の人に配慮した色使い 06 「テーマの色」を設定する HINT 「色の六角形」の使い方 07 グラデーションで表現の幅を拡げる POINT 洗練グラデーションを使いこなす POINT テクスチャとパターンの仕様 COLUMN 図(画像)の「色の変更」は「テーマの色」と連動している ●Chapter08 表のルール&テクニック 01 表は「テキスト+図形+線」の合わせ技 02 表のタブを理解する HINT マウスカーソルの表示で表内の選択対象を見極める 03 情報の構造に沿って表を組み立てる POINT 「表もどき」を見かけたら必ず「表」に直す 04 行の高さと列の幅は「数値で設定」する POINT 表に入力するテキストの設定 POINT 表の「位置」「揃え」「整列」「重なり」は他のオブジェクトと同じ POINT 表の弱点1 表はグループ化ができない POINT 表の弱点2 複数の表を一括で設定できない 05 「表の罫線」「セルの色」を設定する POINT 罫線のペンの機能は使わない 06 行や列を挿入/削除する 07 セルを結合/分割する HINT 表以外にもグループ化できないものがある 08 表を「箇条書きのテンプレート」として使う 09 表を応用して立体的な箇条書きを作る~リボンチャート 10 表をStep図に応用する ●Chapter09 グラフのルール&テクニック 01 「グラフ機能」には頼らない 02 グラフの要素を作り直す 03 円グラフは「円弧」で作り直す HINT グラフを選択した際に表示される残り2つのボタン 04 円グラフで箇条書きを魅力的に装飾する~円チャート 05 円チャートを結合の図に応用する~コンバイン POINT 「涙形」で「コンバイン」の派生形を作る ●Chapter10 スライドマスターのルール&テクニック 01 スライドマスターの基本を理解する 02 スライドマスターと「テーマ」の関係を理解する 03 「マスター」と「レイアウト」のしくみを理解する 04 「プレースホルダー」の特性を理解する 05 「背景」の特性を理解する 06 「スライドサイズ」を設定する 07 「テーマのフォント」「テーマの色」「ガイド」を設定する HINT 通常スライド上でもガイドは設定できる 08 「マスター」を設定する POINT「日付」「フッター」「スライド番号」をプレースホルダーで設定する POINT スライド番号を「0」からスタートさせる方法 COLUMN 「テーマのフォント」「テーマの色」に加えて「テーマの効果」がある 09「レイアウト」を設定する HINT 「背景」の日付、フッター、スライド番号は「レイアウト」でも設定できる POINT サブタイトルは「テキスト」のプレースホルダーで設定する 10 スライドマスターを保存する 11 新しいスライドにスライドマスターを適用する 12 既存のスライドにスライドマスターを適用する HINT 「リセット」を押してもリセットできないテキストは「メモ帳」を使う POINT リード文の行数に合わせてプレースホルダーを個別に設定する POINT 「背景の書式設定」でスライドの地色を設定する POINT スライドマスターでの「背景の書式設定」 POINT 通常スライドでの「背景の書式設定」 POINT 通常スライドでの「すべてに適用」は要注意 POINT 「コンテンツ」と「図」のプレースホルダーでは画像の挙動が違う POINT「コンテンツ」と「図」では画像の「リセット」の挙動も異なる 13 スライドマスターによって得られる3つのメリット HINT オブジェクトを起点に表示倍率を拡大/縮小する ◎APPENDIX 01 アイコン(ピクトグラム)を使いこなす 02 「セクション」でスライドを整理する 03 オブジェクトをロックする新機能 04 PowerPointのショートカットキーの一覧をダウンロードできるWebページ 05 画像編集や特殊効果のノウハウを徹底的に学べるWebページ 06 ワードアート 07 文字の変形

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
70

最速一発OK!元PowerPoint事業責任者と4種のAIが導き出した資料作成のゴールデンルール 4513名が2カ月に及ぶ実証実験を行い、94%が成果を出した! 元PowerPoint事業責任者と4種のAIが 導き出した資料作成のゴールデンルール! 本書では、 ・826名の意思決定者に700時間かけてヒアリングし、 ・5万1544枚のパワポ資料をAI分析して 導き出した「相手を動かす勝ちパターン」をすべて公開します。 □1スライド「105文字以内」 ■フォントは「メイリオ」と「Meiryo UI」 □フォントサイズは「24ポイント以上」 ■使用するカラーの種類は「3色以内」 □「余白」を多くし、「白抜き文字」を多用する ■「対角線」を意識して配置する □「矢印」は5つ未満、「アイコン」は3つ以内 ■「下線」と「赤字」は極力使わない □「変化」を強調する ■「数字」を多く用いる(できれば奇数) □「タイトル」は35文字以内、カタカナと数字を入れる ■「ページ番号」は右斜め上、もしくは左斜め上に □「失敗事例」を盛り込む ……etc. 巻頭カラー 1万人が動いた! これが最速で一発OKを引き出すパワポ資料だ! 第1章 「一発OK」を引き出す資料作成のずる技14 第2章 画像・動画・グラフをうまく活用するポイント11 第3章 準備で9割決まる! 成功するための心がけ11 第4章 「一発OKプレゼン」を実現するテクニック8 第5章 元パワポ責任者が教える年80時間の時短術9

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
65

営業、説明会…。聞き手の「心」を動かす社外プレゼン術は職業人必須のスキル。そのノウハウを、孫正義氏のプレゼン資料をつくった著者が完全公開。「心」を動かすプレゼン・ストーリーの作り方。2.5秒で理解でき、「感情」を呼び起こすスライドの作り方…。超実践的ノウハウを約80点の図版とともにわかりやすく解説。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
65

いちばん売れているOfficeの手順解説書! 令和の新定番「やさしい教科書」シリーズの第5弾、PowerPoint 2019の解説書が遂に発売! 知識ゼロからはじめられる、とことん丁寧な入門書です。初心者の方でも安心の手順解説! シンプルなスライドの作り方から、魅力的なグラフの作り方、プレゼン資料の作り方など、PowerPointの基本的な使い方を完全網羅しています! これからPowerPointをはじめる方に、いまもっともおすすめできる一冊です!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
64

実例を修正しながらスライド作成の極意を伝授。必要なのは「1つの原理と3つの技術」だけ! 第1部 プレゼンとは? 1.言うまでもないプレゼンの重要性  2.よいプレゼンで研究か好循環に! 3.研究発表とは?           4.よいプレゼンのためには? 5.どうやって習得すればいいの?  6.本講座のねらい 第2部 1つの原理と3つの技術 1.たった1つの原理原則-すべてに「意図」があり,それを「操る」ことで「伝える」 2.3つの技術   技術その1 コントラスト/技術その2 グルーピング/技術その3 イラストレーション 3.3つの技術の行き着くところ-論理とデザインを一致させる 第3部 ライブ修正 1.背景・目的のスライド   主張したいところが一番めだつように!/「見えない線」をできるだけ減らす! など 2.方法説明のスライド   目線の流れを意識してスライドを作り込む!/論理の流れとデザインを一致させる! など 3.結果のスライド   データの羅列は人を眠くする!/伝えるためのひと手間を惜しまない! など 4.まとめのスライド   文字で書きたいところをがんばって図解に!/大事なところだけ強調すればいい! など 5.その他のスライド   読み手の関心を引くさまざまなワザを使う!/論理もデザインも理路整然と! など 第4部 プレゼンに関するQ&A 1.スライドのデザインに関しての質問   Q1. 強調の仕方がわかりません/Q2. どのフォントを使えばいいの? など 2.プレゼンテーションに関しての質問   Q7. デザインよりも内容が大事でしょ?/Q8. プレゼンの準備にすごく時間がかかる など 3.しゃべり方(トーク)に関しての質問   Q14.  論理的に話せと言われます/Q15. 発表(トーク)のコツを教えて など

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
62

ビジネスシーンで加速的に重要性を増すPowerPointプレゼン。大事な最初の一歩が「脱自己流」。セオリーに沿って「伝わる」スライドを作成しましょう。企画・プレゼンのアドバイザーとして幅広く活躍する著者が、スライド改善のテクニックを伝授します。PowerPoint 2013/2010に対応。 1 進行に沿って学習する!"伝わり動かすプレゼン"の基礎(プレゼンをシンプルに考えてみる "相手に伝え、相手を動かす"ための"想像力と戦略" ほか) 2 スライド作成がはかどる!PowerPoint快速操作(スライドを作成して文字を入力してみる 図形を作成したり移動させたりしてみる ほか) 3 スライド別に理解する!資料作成の実践講座(スライドの表紙を作ろう テーマを伝えよう ほか) 4 実務に即使える!プレゼンスライド実例集(社内業務改善のスライド事例 システム営業のスライド事例 ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
62

PowerPoint 2019 基礎 (よくわかる)

富士通エフ・オー・エム株式会社 (FOM出版)
FOM出版(富士通エフ・オー・エム)

初めてPowerPoint 2019をお使いになる方を対象に、基本機能をしっかり押さえ、効率よく学習できるテキストです。 本書は、初めてPowerPoint 2019をお使いになる方を対象に、PowerPointの基本機能をしっかり押さえ、短時間で効率よく学習できるテキストです。 ◆根強い支持を獲得している人気の「よくわかるシリーズ」! このシリーズを開発しているのは、ユーザーがどんな場面でつまずくか、どんなことに疑問を抱くかを知り尽くした経験豊富なインストラクター! インストラクターに身近で教えてもらっているような「わかりやすさ」が人気です。 つまずきそうな箇所を丁寧に説明しているので、疑問を解決しながら学べる初心者に安心のシリーズです。 ◆最後まで挫折しない学習スタイル! 実践的なプレゼンテーションを仕上げていく過程を通して、PowerPointの使い方を段階的に習得できます。 このようなストーリーのある学習スタイルは、「途中で挫折しない!」「最後に達成感がある!」と評判です。 ◆本物の実務スキルを習得! PowerPointを確実に習得していただくために、章ごとにチェックリストを用意しています。 教えるプロ集団が「インストラクショナル・デザイン(教育設計)」にもとづき、考案したものです。 これを使えば、学習前には学ぶべきポイントを整理でき、学習後には理解度を確認できます。 ◆PowerPointに自信が持てるようになる一冊! はじめてPowerPoint 2019をお使いになる方を対象に、スライドの新規作成からプレゼン発表まで、PowerPointによる一連の操作を解説しています。 また、グラフィック機能を使った表現力豊かなスライドの作り方も解説しています。この一冊でPowerPointの基本機能を万遍なく学習できます。 ◆PowerPoint 2019の新機能を付録で紹介! プレゼンテーションの視覚効果を高めることができる「アイコンの挿入」、立体的な画像を様々な角度から表示できる「3Dモデルの挿入」など、PowerPoint 2019の新機能をご紹介します。 ◆豊富な練習問題! 学習後の習得レベルを確認できる練習問題を全7問、総合問題を全5問用意しています。 学習内容を復習することで、PowerPoint 2019の基本操作を確実にマスターできます。 ◆「プレゼンテーションの基礎知識」 「Office 2019の基礎知識」を特典としてご用意! 本書を購入いただいた方には、「プレゼンテーションの基礎知識」「Office2019の基礎知識」をPDFファイルとしてダウンロードできます。 「プレゼンテーションの基礎知識」では、プレゼンテーションの流れやストーリーの組み立て、プレゼンテーション資料の作成など、プレゼンテーションを行ううえで知っておきたい知識について紹介します。 「Office 2019の基礎知識」では、コマンドの実行方法に加え、マウス操作からタッチ操作に切り替えた場合に抱く疑問をすっきり解消できるPowerPointでのタッチ操作を紹介します。 本書をご利用いただく前に 第1章 PowerPointの基礎知識 •Check この章で学ぶこと •Step1 PowerPointの概要 •Step2 PowerPointを起動する •Step3 プレゼンテーションを開く •Step4 PowerPointの画面構成 •Step5 プレゼンテーションを閉じる •Step6 PowerPointを終了する 第2章 基本的なプレゼンテーションの作成 •Check この章で学ぶこと •Step1 作成するプレゼンテーションを確認する •Step2 新しいプレゼンテーションを作成する •Step3 プレースホルダーを操作する •Step4 新しいスライドを挿入する •Step5 箇条書きテキストを入力する •Step6 文字や段落に書式を設定する •Step7 プレゼンテーションの構成を変更する •Step8 スライドショーを実行する •Step9 プレゼンテーションを保存する •練習問題 第3章 表の作成 •Check この章で学ぶこと •Step1 作成するスライドを確認する •Step2 表を作成する •Step3 行列を操作する •Step4 表に書式を設定する •練習問題 第4章 グラフの作成 •Check この章で学ぶこと •Step1 作成するスライドを確認する •Step2 グラフを作成する •Step3 グラフのレイアウトを変更する •Step4 グラフに書式を設定する •Step5 グラフのもとになるデータを修正する •練習問題 第5章 図形やSmartArtグラフィックの作成 •Check この章で学ぶこと •Step1 作成するスライドを確認する •Step2 図形を作成する •Step3 図形に書式を設定する •Step4 SmartArtグラフィックを作成する •Step5 SmartArtグラフィックに書式を設定する •Step6 箇条書きテキストをSmartArtグラフィックに変換する •練習問題 第6章 画像やワードアートの挿入 •Check この章で学ぶこと •Step1 作成するスライドを確認する •Step2 画像を挿入する •Step3 ワードアートを挿入する •練習問題 第7章 特殊効果の設定 •Check この章で学ぶこと •Step1 アニメーションを設定する •Step2 画面切り替え効果を設定する •練習問題 第8章 プレゼンテーションをサポートする機能 •Check この章で学ぶこと •Step1 プレゼンテーションを印刷する •Step2 スライドを効率的に切り替える •Step3 ペンや蛍光ペンを使ってスライドを部分的に強調する •Step4 発表者ツールを使用する •Step5 リハーサルを実行する •Step6 目的別スライドショーを作成する •練習問題 総合問題 •総合問題1 •総合問題2 •総合問題3 •総合問題4 •総合問題5 付録 PowerPoint 2019の新機能 •Step1 新しい画面切り替え効果を設定する •Step2 新しいグラフを挿入する •Step3 アイコンを挿入する •Step4 3Dモデルを挿入する 索引 別冊 練習問題・総合問題 解答 •練習問題解答 •総合問題解答

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
59

本書は、PowerPointを使って資料を作成したり、プレゼンテーションを行う際に役立つノウハウをわかりやすく解説しています。初歩的な操作方法から、知って得する便利な機能まで幅広く取り扱い、これらの操作手順をていねいにわかりやすく解説しています。PowerPoint 2019/2016/2013だけでなくMicrosoft 365にも対応しており、PowerPointを使う方にとって必携の1冊になっています。 ●第1章 PowerPointの基本技! 001 PowerPoint とは? 002 Office とは? 003 バージョンによって違いはあるの? 004 使用しているOffice の情報を確認するには? 005 PowerPoint 2019 の新機能は? 006 Microsoft アカウントは必要なの? 007 Office 2019 とMicrosoft 365 はどんな違いがあるの? 008 PowerPoint をすばやく起動したい! 009 PowerPoint の画面の見方と用語を知りたい! 010 スライドを作る流れを知りたい! 011 表示モードについて知りたい! 012 新しいプレゼンテーションを作りたい! 013 スライドのデザインを変えるには? 014 スライドのテーマを変更したい! 015 テーマのバリエーションを変更したい! 016 タイトルスライドを作りたい! 017 プレースホルダーとは? 018 スライドを追加したい! 019 レイアウトを選んでスライドを追加したい! 020 レイアウトの種類を知りたい! 021 スライドのレイアウトを変更したい! 022 スライドに文字を入力したい! 023 文字をすばやくコピーしたい! 024 文字をかんたんに移動させたい! 025 行頭文字を付けずに改行したい! 026 離れた文字をまとめて選択したい! 027 操作を取り消したい! 028 取り消した操作をやり直したい! 029 スライドの一覧を見たい! 030 スライドの順番を入れ替えたい! 031 スライドをコピーしたい! 032 不要なスライドを削除したい! 033 新しくファイルを保存したい! 034 ファイルを上書き保存したい! 035 PowerPoint を終了したい! 036 「変更内容を保存しますか?」と表示された! 037 ファイルを保存せずにソフトを終了してしまった! 038 以前作ったファイルを開きたい! 039 リボンが消えてしまった! 040 よく使う機能をすばやく使えるようにしたい! ●第2章 スライド作成の快適技! 041 テンプレートについて知りたい! 042 テンプレートを利用したい! 043 作成したスライドをテンプレートにしたい! 044 保存したテンプレートを利用したい! 045 テーマを利用したい! 046 スライドの配色をかんたんに変更したい! 047 背景の色を変更したい! 048 スライドの配色を自分で設定して保存したい! 049 保存した配色の設定を利用したい! 050 書式とは? 051 スライド全体のフォントをまとめて設定したい! 052 見出しと本文を別々のフォントで統一したい! 053 すべてのスライドの図形に書式を設定したい! 054 スライドの背景に好きな画像を使いたい! 055 スライドの背景の画像を半透明にしたい! 056 すべてのスライドの背景を同じ画像に統一したい! 057 背景の設定をリセットしたい! 058 自分で設定したテーマを保存したい! 059 保存したテーマを利用したい! 060 ほかのファイルのスライドを利用したい! 061 スライドに会社名や著作権表示のc を入れたい! 062 すべてのスライドにフッターを表示させたい! 063 スライドを作成した日付や時刻を表示したい! 064 日付や時刻の表示形式を変えたい! 065 指定した日付をスライドに表示したい! 066 年度の表示を「令和○○年」にしたい! 067 日付を英語表記にしたい! 068 スライド番号を表示したい! 069 スライド番号などをタイトルスライドに表示させたくない! 070 タイトルスライドの次のスライドから番号を振りたい! 071 スライドの余白を調節したい! 072 スライドを縦長にしたい! 073 スライドの縦横比を変更したい! 074 スライドの大きさを細かく指定したい! 075 セクションを使って大量のスライドを整理したい! 076 セクション名を変更したい! 077 編集しないセクションを非表示にしたい! 078 セクションの順番を変更したい! 079 スライドをほかのセクションに変更したい! 080 不要なセクションを削除したい! 081 すべてのセクションを削除したい! 082 ノートを使ってスライドにメモを残したい! 083 ノートを大きく表示したい! 084 スライドをグレースケールにしたい! ●第3章 スライドマスターの便利技! 085 スライドマスターとは? 086 スライドマスター表示に切り替えたい! 087 すべてのスライドの書式を統一したい! 088 スライドのレイアウトごとに書式を編集したい! 089 スライドマスターにテーマを設定したい! 090 スライドマスターの配色を一括で変更したい! 091 複数のテーマがあるスライドマスターを編集したい! 092 スライドマスターを追加したい! 093 スライドに「社外秘」などの透かし文字を入れたい! 094 すべてのスライドに社章やロゴを入れたい! 095 見出しと本文で異なる書式を設定したい! 096 スライドマスター表示で背景の設定をしたい! 097 スライドの背景に透かし図を入れたい! 098 レイアウトにプレースホルダーを追加したい! 099 追加できるプレースホルダーについて知りたい! 100 プレースホルダーの大きさや位置を変更したい! 101 フッターの位置をすべてのスライドで変更したい! 102 レイアウトから見出しを削除したい! 103 白紙のレイアウトに自由にプレースホルダーを配置したい! 104 プレースホルダーを削除したい! 105 スライドのサイズをまとめて変更したい! 106 マスターに表示される要素を変更したい! 107 スライドマスターに新しいレイアウトを追加したい! 108 追加したレイアウトの名前を変更したい! 109 不要なスライドレイアウトを削除したい! 110 レイアウトを複製したい! 111 レイアウトの要素を変更したい! ●第4章 文字入力の快速技! 112 文字のフォントを変更したい! 113 文字を大きくしたい! 114 文字に色を付けたい! 115 文字を太くしたり飾りを付けたい! 116 下線を点線で引きたい! 117 英単語の大文字/小文字をすばやく修正したい! 118 文字を蛍光ペンで強調表示したい! 119 文字を特殊効果で目立たせたい! 120 指定した文字だけ書式をリセットしたい! 121 スライド内の文字の書式をすべてリセットしたい! 122 文字の書式をコピーしてほかの文字に設定したい! 123 「貼り付けのオプション」とは? 124 書式を反映させず文字だけをコピーしたい! 125 少し前にコピーしたデータをまた使いたい! 126 バラバラにコピーした文字をまとめて貼り付けたい! 127 文字を貼り付けると書式が変わってしまう! 128 箇条書きの行頭記号を変更したい! 129 箇条書きに段落番号を付けたい! 130 箇条書きに段階を付けたい! 131 イラストを箇条書きの行頭記号に利用したい! 132 段落番号を1 以外から始めたい! 133 文字どうしの間隔を広くしたい! 134 行間を広げたい! 135 文章の行頭をきれいに揃えたい! 136 文中の文字の位置を揃えたい! 137 文章をスライドの左右で揃えたい! 138 文章をスライドの上下で揃えたい! 139 文章をスライドの中央に揃えたい! 140 文章の両端を揃えたい! 141 文章の後ろだけ間隔を空けたい! 142 段組みを2 段以上にしたい! 143 段組みの間隔を変更したい! 144 スライドの文章を縦書きにしたい! 145 アルファベットも縦書きにしたい! 146 文字を回転させたい! 147 スライド内の好きな場所に文字を入力したい! 148 縦書きのテキストボックスを利用したい! 149 テキストボックスを線で囲みたい! 150 特定の文字をすばやく見つけ出したい! 151 特定の文字をほかの文字に置き換えたい! 152 特定の文字をすべてほかの文字に置き換えたい! 153 特定のフォントをまとめてほかのフォントにしたい! 154 入力した文字のサイズが小さくなってしまう! 155 勝手に不必要な変換をさせないようにしたい! 156 メールアドレスやURL の下線を削除したい! 157 英語の頭文字が勝手に大文字になってしまう! 158 インパクトのあるデザイン文字を利用したい! 159 ワードアートを追加したい! 160 すでに入力した文字をワードアートにしたい! 161 ワードアートの色を変更したい! 162 ワードアートのデザインを変更したい! 163 白抜き文字を作りたい! 164 ワードアートを曲げたり歪ませたりしたい! 165 文字は残したままワードアートだけを解除したい! 166 特殊な記号をかんたんに入力したい! 167 複雑な数式をかんたんに入力したい! ●第5章 アウトラインの便利技! 168 アウトラインとは? 169 アウトライン表示にしたい! 170 アウトライン表示でタイトルを入力したい! 171 アウトライン表示でサブタイトルを入力したい! 172 アウトライン表示でスライドを追加したい! 173 アウトライン表示でスライドの内容を入力したい! 174 アウトライン表示で図やグラフを挿入するには? 175 アウトライン表示で同じ段落レベルの内容を入力したい! 176 アウトライン表示で段落を変えずに改行したい! 177 複数のプレースホルダーに入力するには? 178 アウトライン表示で段落レベルを下げたい! 179 アウトライン表示で段落レベルを上げたい! 180 アウトライン表示で文中にタブを挿入したい! 181 アウトライン表示で書式を設定したい! 182 テキストファイルからスライドを作成したい! 183 アウトライン表示で不要なスライドを削除したい! 184 スライド内の文字がアウトラインに表示されない! 185 アウトライン表示でタイトルだけを確認したい! 186 タイトルだけを表示して全体の流れを確認したい! 187 アウトライン表示でスライドの順番を入れ替えたい! 188 アウトライン表示でテキストを別のスライドに移動したい! 189 アウトラインを保存したい! 190 ソフトの起動時からアウトライン表示にさせたい! 191 アウトライン表示でスライドの表示を大きくしたい! 192 Word のアウトラインからスライドを作成したい! ●第6章 図形作成の活用技! 193 スライドに図形を挿入したい! 194 PowerPoint ではどんな図形が使えるの? 195 図形の大きさや位置を変更したい! 196 図形に文字を入力したい! 197 同じ図形を連続して描きたい! 198 水平/垂直な線をきれいに引きたい! 199 正円や正方形を作成したい! 200 図形の大きさを微調整したい! 201 縦横の比率を変えずに図形の大きさを変更したい! 202 図形の大きさを数値で指定したい! 203 図形の位置を微調整したい! 204 図形を垂直/平行に移動させたい! 205 図形を少しずつ回転させたい! 206 図形を直角に回転させたい! 207 図形を反転させたい! 208 図形を変形させたい! 209 図形の輪郭を自由に変更したい! 210 図形どうしを線や矢印で結びたい! 211 図形の色を変更したい! 212 枠線の色を変更したい! 213 枠線を太くしたい! 214 見栄えのするデザインを図形に設定したい! 215 グラデーションを付けたい! 216 手持ちの画像を図形の絵柄に利用したい! 217 図形に絵柄を付けたい! 218 図形に特殊効果を付けたい! 219 図形を半透明にしたい! 220 図形の書式をほかの図形に設定したい! 221 図形の特殊効果をリセットしたい! 222 図形の既定の書式を設定したい! 223 同じ図形をかんたんに増やしたい! 224 書式を残したまま図形の種類を変更したい! 225 図形を等間隔に並べたい! 226 図形をスライドの中央に配置したい! 227 スライドに目安になるマス目を表示したい! 228 スライドにガイド線を表示したい! 229 図形の重なりの順番を変更したい! 230 ほかの図形と重なって見えない図形を選択したい! 231 オブジェクトを一時的に隠したい! 232 複数の図形を一度に選択したい! 233 複数の図形をまとめて1 つの図にしたい! 234 オブジェクトがグループ化ができない! 235 グループ化を解除したい! 236 図形を結合させたい! 237 手順や組織図をかんたんに作りたい! 238 文章をSmartArt に入力したい! 239 文章をSmartArt に変換したい! 240 SmartArt のスタイルを変更したい! 241 SmartArt 全体の色合いを変更したい! 242 SmartArt の一部の図形だけ色を変更したい! 243 画像をSmartArt に挿入したい! 244 画像をSmartArt に変換したい! 245 SmartArt の図形を増やしたい! 246 低い階層レベルの図形を増やしたい! 247 SmartArt をバラバラにして利用したい! ●第7章 写真やイラストの活用技! 248 パソコン内の画像をスライドに挿入したい! 249 クラウドを利用して画像を挿入したい! 250 画像の大きさを変更したい! 251 画像の位置を変更したい! 252 画像を左右反転させたい! 253 複数の画像をきれいに配置したい! 254 インターネットから画像を探して利用したい! 255 オンライン画像に利用条件はあるの? 256 イラストだけに絞って検索したい! 257 サイズや色を指定してイラストを検索したい! 258 画像の不要な部分をカットしたい! 259 画像の背景を削除したい! 260 ☆などの図形の形に画像をくり抜きたい! 261 好きな形に画像を切り抜きたい! 262 画像を正方形に切り抜きたい! 263 トリミング部分のデータを削除したい! 264 画像を鮮明にしたい! 265 画像の明るさを修整したい! 266 画像を鮮やかにしたい! 267 画像の色合いを修整したい! 268 画像をセピア調にしたい! 269 画像をアート効果で加工したい! 270 画像を額縁などで目立たせたい! 271 画像に枠線を付けたい! 272 画像の枠線を太くしたい! 273 画像の周囲をぼかしたい! 274 画像の書式設定をコピーしたい! 275 画像の書式設定をリセットしたい! 276 書式設定を残したままほかの画像に差し替えたい! 277 スクリーンショットをすばやく挿入したい! 278 パソコンの画面の一部をスライドに挿入したい! 279 複数の写真を上手にスライドに表示したい! 280 フォトアルバムを作成したい! 281 フォトアルバムに写真を追加したい! 282 フォトアルバムでテキストを挿入したい! 283 フォトアルバムで写真のレイアウトを変更したい! 284 フォトアルバムで写真の並び順を変更したい! 285 フォトアルバムでスライドにキャプションを表示したい! ●第8章 表作成の便利技! 286 スライドに表を挿入したい! 287 表の行/列を挿入したい! 288 行をすばやく挿入したい! 289 表の行/列を削除したい! 290 行の高さや列の幅を調節したい! 291 行の高さや列の幅を指定の数値で揃えたい! 292 行の高さや列の幅を揃えたい! 293 セルを1 つにまとめたい! 294 セルを分割したい! 295 入力するセルにすばやく移動したい! 296 セル内の文字を中央や右に揃えたい! 297 セル内の文字の上下の位置を変更したい! 298 セル内の余白の広さを変更したい! 299 セル内の文字を縦書きにしたい! 300 表の文字をかんたんに目立たせたい! 301 表に挿入したワードアートの書式を編集したい! 302 罫線を表に引きたい! 303 不要な罫線を削除したい! 304 マウスポインターをペンから通常の矢印に戻したい! 305 罫線の種類を変更したい! 306 罫線を太くしたい! 307 罫線の色を変更したい! 308 斜線を引きたい! 309 表のデザインを変更したい! 310 特定のセルに色を付けたい! 311 表の色やデザインをまとめてリセットしたい! 312 表を縞模様にして見やすくしたい! 313 タイトルの行を見やすくしたい! 314 集計行を強調したい! 315 最初/最後の列を目立たせたい! 316 表を立体的にしたい! 317 表に影を付けたい! 318 表の大きさを数値で指定して変更したい! 319 表の縦横の比率を固定したい! 320 Excel で作った表を挿入したい! 321 「貼り付けのオプション」について知りたい! ●第9章 グラフの活用技! 322 グラフをスライドに挿入したい! 323 PowerPoint ではどんなグラフが使える? 324 グラフの編集に使う用語について知りたい! 325 立体的なグラフを挿入したい! 326 グラフのデータを編集したい! 327 グラフの縦軸と横軸の項目を入れ替えたい! 328 数値が昇順になるようにデータを並べ替えたい! 329 データは保持したままグラフの種類を変更したい! 330 グラフのレイアウトをかんたんに変更したい! 331 表入りのグラフを利用したい! 332 グラフのデザインを変更したい! 333 グラフ全体の色合いを変更したい! 334 グラフの一部だけ色を変更して強調させたい! 335 作成したグラフのデザインを保存したい! 336 保存したグラフのテンプレートを利用したい! 337 グラフの軸にラベルを追加したい! 338 グラフにタイトルを追加したい! 339 凡例の表示位置を変更したい! 340 グラフの数値を万単位で表示させたい! 341 グラフのオブジェクトを正確に選択したい! 342 グラフにもとデータの数値を表示させたい! 343 データラベルで何が表示できるか知りたい! 344 データラベルを吹き出しで表示したい! 345 グラフの目盛線の間隔を調節したい! 346 グラフの目盛線の最小値を変更したい! 347 棒グラフどうしの間隔を調節したい! 348 棒グラフを1 本だけ輝かせて目立たせたい! 349 絵グラフを作成したい! 折れ線グラフのテクニック 350 折れ線グラフの線の太さを変更したい! 351 折れ線グラフにマーカーを付けたい! 352 折れ線グラフのマーカーと項目名を線で結びたい! 353 ローソク足を表示したい! 354 円グラフを一部分だけ切り離して表示させたい! 355 円グラフにパーセンテージを表示させたい! 356 棒グラフと折れ線グラフを組み合わせたい! 357 グラフに第2 軸を表示させたい! 358 Excel で作ったグラフを挿入したい! ●第10章 アニメーションの活用技! 359 アニメーションについて知りたい! 360 アニメーションを設定したい! 361 アニメーションの設定は印刷に影響する? 362 アニメーションの方向を変更したい! 363 設定したアニメーションをプレビューで確認したい! 364 アニメーション効果を削除したい! 365 アニメーションのプレビューを手動に設定したい! 366 アニメーションの速度を調節したい! 367 スライド切り替え時にアニメーションも再生したい! 368 アニメーションを繰り返し再生させたい! 369 アニメーションが終わったらもとの表示に戻したい! 370 アニメーションを連続して自動で再生したい! 371 複数のアニメーションを設定したい! 372 複数のアニメーションを同時に再生したい! 373 アニメーションの再生順序を変更したい! 374 アニメーションをコピーしたい! 375 複数のオブジェクトにすばやくコピーしたい! 376 アニメーションの再生中に次の再生を開始したい! 377 アニメーションを詳細に設定したい! 378 オブジェクトを軌跡に沿って動かしたい! 379 アニメーションの軌跡を編集したい! 380 アニメーションの軌跡を自分で自由に設定したい! 381 アニメーションの再生後に文字の色を変えたい! 382 アニメーションの再生後にオブジェクトを消したい! 383 アニメーションに効果音を付けたい! 384 アニメーションの滑らかさを調節したい! 385 激しくぶれながらアニメーションを再生させたい! 386 単語ごと/文字ごとにアニメーションを設定したい! 387 箇条書きを1 行ずつ表示させたい! 388 箇条書きを下から順番に表示させたい! 389 段落を順番に表示させたい! 390 図形内の文字だけにアニメーションを付けたい! 391 グラフの背景にまでアニメーションが付いてしまう! 392 グラフの項目ごとにアニメーションを再生したい! 393 SmartArt グラフィックの図形を順番に表示させたい! 394 SmartArt グラフィックの階層を順番に表示させたい! 395 文章を行頭から表示させたい! 396 文字が浮かんで消えるように表示させたい! 397 目立たせたい文字や図形の色が変わるようにしたい! 398 目立たせたくない個所を半透明に変化させたい! 399 エンドロールのように文字を流したい! 400 拡大したあと、もとの大きさに戻るようにしたい! 401 文章を太字に変化させて強調したい! 402 タイプライター風に文章を表示させたい! 403 図形の矢印を伸ばしたい! 404 棒グラフを1 本ずつ順に伸ばしたい! 405 円グラフを時計回りに表示させたい! ●第11章 スライド切り替えの活用技! 406 「画面切り替え」と「アニメーション」は違う? 407 スライドの切り替えに動きを付けたい! 408 切り替える動きの向きを変更したい! 409 設定した切り替え効果をプレビューで確認したい! 410 すべてのスライドに同じ切り替え効果を設定したい! 411 タイトルスライドに切り替え効果を付けると? 412 切り替え効果を削除したい! 413 一定時間で自動的に切り替わるようにしたい! 414 クリックするとスライドが切り替わるようにしたい! 415 スライドの切り替えにかかる時間を調節したい! 416 スライドの切り替えに効果音を付けたい! 417 パソコン内に保存してある音源を効果音に利用したい! 418 暗い画面からスライドが表示されるようにしたい! 419 次のスライドがせり上がるように切り替えたい! 420 扉の奥から次のスライドが浮かび上がるようにしたい! 421 中央から拡大して次のスライドに移るようにしたい! 422 モザイク状に次のスライドを表示したい! 423 スライド内のオブジェクトだけを切り替えたい! 424 カウントダウン風のスライドを作りたい! ●第12章 動画や音楽の便利技! 425 パソコン内の動画をスライドに挿入したい! 426 パソコンの画面を録画してスライドに挿入したい! 427 動画の再生画面の位置や大きさを操作したい! 428 再生個所を一部分だけ切り抜いて利用したい! 429 動画にブックマークを付けて再生したい! 430 ブックマークから動画をすばやく頭出ししたい! 431 ブックマークを削除したい! 432 動画にフェードイン/フェードアウトを設定したい! 433 動画の明るさを修整したい! 434 動画の色合いを変更したい! 435 動画の修整をリセットしたい! 436 スライド切り替え時に動画も再生させたい! 437 動画の再生終了後にもとの状態に戻るようにしたい! 438 動画が繰り返し再生されるようにしたい! 439 動画の音は流さず映像だけを使いたい! 440 数値を指定して動画のサイズを微調整したい! 441 動画の再生画面を枠線で縁取りたい! 442 動画の再生画面を特殊効果で装飾したい! 443 動画の再生画面をトリミングしたい! 444 再生画面の大きさを解像度に合わせたい! 445 パソコン内の画像を動画の表紙にしたい! 446 動画のワンシーンを表紙に設定したい! 447 表紙画像をリセットしたい! 448 動画の再生中のみ画面が表示されるようにしたい! 449 動画を全画面で再生させたい! 450 スライドに音楽を付けたい! 451 スライドショー全体にBGM を設定したい! 452 録音した音声をスライドに挿入したい! 453 音楽の一部分だけを利用したい! 454 音楽にフェードイン/フェードアウトを設定したい! 455 音楽にブックマークを付けたい! 456 ブックマークから音楽を頭出ししたい! 457 スライド切り替え時に音楽を再生させたい! 458 スライドが切り替わっても音楽を再生させ続けたい! 459 音楽が繰り返し再生され続けるようにしたい! 460 音楽の再生後に自動で巻き戻したい! 461 音楽の音量を設定したい! 462 サウンドアイコンの位置を変更したい! 463 サウンドアイコンを非表示にしたい! 464 スライドのメディアのファイルサイズを圧縮したい! 465 どこでも再生できるようメディアを最適化したい! 466 ハイパーリンクとは? 467 ソフトやファイルをかんたんに起動したい! 468 Web サイトをすぐに表示したい! 469 ほかのスライドに自在に移動したい! 470 ほかのプレゼンテーションへのリンクを張りたい! 471 ハイパーリンクが設定されたテキストを編集したい! 472 リンクに表示されるヒントを設定したい! 473 ハイパーリンクを解除したい! 474 オブジェクトに動作設定を加えたい! 475 PDF をスライドに挿入したい! ●第13章 プレゼンテーションの活用技! 476 プレゼンテーションの流れを知りたい! 477 スライドショーを実行したい! 478 スライドショーをすばやく始めたい! 479 スライドショーを中断したい! 480 スライドショーを途中から始めたい! 481 デスクトップから直接スライドショーを始めたい! 482 複数のモニターを使ってスライドショーをしたい! 483 ウィンドウ内でスライドショーを確認したい! 484 発表者ツールとは? 485 発表者ツールを使いたい! 486 スライドの表示から発表者ツールに切り替えたい! 487 最後のスライドのあとに黒い画面を表示させたくない! 488 スライドショーの終了後にタイトルスライドに戻りたい! 489 プレゼン中にパソコンの画面が暗転してしまう! 490 スライドの注目させたい部分を拡大したい! 491 スライドの一覧から特定のスライドに切り替えたい! 492 指定したページのスライドに切り替えたい! 493 画面を暗転させたい!/真っ白にしたい! 494 発表時にマウスカーソルの矢印を非表示にしたい! 495 マウスカーソルをレーザーポインターに変更したい! 496 スライドに蛍光ペンでマークを付けたい! 497 レーザーポインターやマーカーの色を変更したい! 498 スライドに書き込んだマーカーを削除したい! 499 プレゼン時の書き込みを保存しておきたい! 500 保存した書き込みを削除したい! 501 書き込みを非表示にしたい! 502 使わないスライドを削除せず非表示にしたい! 503 非表示にしたスライドを再表示したい! 504 プレゼンテーションの一部分だけ利用したい! 505 目的別スライドショーとは? 506 目的別スライドショーを作成したい! 507 目的別スライドショーを実行したい! 508 リハーサルをしたい! 509 リハーサルでのスライドの動きを残しておきたい! 510 ナレーションを録音したい! 511 録音を一時停止したりやり直したりしたい! 512 記録したタイミングを利用したい! 513 録音したナレーションを再生したい! 514 記録したタイミングやナレーションを削除したい! 515 PowerPoint を使わずにスライドを見せたい! 516 スライドショーをムービーで保存したい! 517 スライドショーをPowerPoint Online で再生したい! 518 スライドショーをCD-R やUSB に保存したい! 519 プレゼンテーションパックを再生したい! 520 オンラインプレゼンテーションとは? 521 オンラインプレゼンテーションを利用したい! 522 オンラインプレゼンテーションを終了したい! ●第14章 印刷の快適技! 523 スライドを印刷したい! 524 1 枚の用紙に複数のスライドを印刷したい! 525 メモ欄付きでスライドを印刷したい! 526 スライドに枠線を付けて印刷したい! 527 印刷用紙の大きさを変更したい! 528 印刷する資料に日付やページ番号を追加したい! 529 印刷する資料に会社名を入れたい! 530 印刷する資料のレイアウトを設定したい! 531 ヘッダーやフッターのレイアウトを変更したい! 532 配布資料のヘッダーやフッターの書式を編集したい! 533 配布資料の背景を設定したい! 534 補足説明付きでスライドを印刷したい! 535 ノート付き配布資料のレイアウトを設定したい! 536 ノートの書式を編集したい! 537 ノート付き資料のレイアウトを変えたい! 538 スライドのアウトラインを印刷したい! 539 プレゼンテーションをPDF で配布したい! 540 見やすい企画書を作成したい! 541 A4 サイズ1 枚の企画書を作成したい! ●第15章 保存や共有の便利技! 542 よく使うファイルをすぐに開けるようにしたい! 543 よく使うフォルダーを保存先として設定したい! 544 古いバージョンのソフトでも編集できるようにしたい! 545 古いバージョンで作成されたファイルを開きたい! 546 ファイルにパスワードを設定したい! 547 設定したパスワードを解除したい! 548 完成したファイルをスライドショー専用にしたい! 549 スライドショー専用にしたファイルを編集したい! 550 ファイルに個人情報がないかチェックしたい! 551 共有とは? 552 ほかの人とファイルを共有したい! 553 ほかの人から共有されたファイルを開きたい! 554 共有されたファイルを編集したい! 555 コメントを付けて共同で編集しやすくしたい! 556 変更個所と変更内容を確認したい! 557 変更内容を反映したい! 558 タブレットやスマートフォン用のアプリはないの? 559 タブレットやスマートフォンでも編集したい! 560 タッチ操作しやすいようにしたい! ショートカットキー一覧 用語集・

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
58

チャンネル登録者数115万人以上! 動画総再生数8800万回超!大人気YouTuberによる世界一わかりやすいパワポの入門書 チャンネル登録者数115万人以上! 動画総再生数8800万回超! 大人気YouTuberによる世界一わかりやすいパワポの入門書 パソコン解説系YouTuber金子晃之が、マイクロソフトの「PowerPoint(パワーポイント、パワポ)」でスライドを作成する手順をステップ・バイ・ステップで解説。親切さ、丁寧さ、ポイントのわかりやすさで圧倒的な支持を得ている動画講座を、紙の書籍に完全再現しています。 初めてPowerPointに挑戦する入門者にとっても、初心者を脱出して一歩進んだ活用を目指したい人にとっても、目からウロコの実用ノウハウが満載です。 動画で学んだことを書籍ならさっと開いて確認・復習できますし、書籍ではわかりにくいスライドの動きを動画でチェックしたりと、書籍&動画、双方の利点を生かして効果的な学習&スキルアップができます。 ------------------------------ 180度ベタッと開く特別製本(コデックス装)を採用。 ぺージを押さえていなくても勝手に閉じることがないので、 解説を読みながら両手で楽々パソコンを操作できます! ------------------------------ チャンネル登録者数115万人以上! 動画総再生数8800万回超!大人気YouTuberによる世界一わかりやすいパワポの入門書

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
58

基本操作から実務で役立つ機能を一冊に! 操作経験や知識がなくても、安心してはじめられるとことん丁寧な手順解説書です。シンプルなスライド作りからはじめ、画像の挿入・編集、表やグラフの作成、効果的なアニメーションの使い方、プレゼンテーションの実行まで、この一冊ですべて身につけることができます。これから実務でPowerPoiintを使っていく方に最適な一冊です!最新のOffice 2021に対応しています。 第1章 PowerPoint 2021の基本操作を知る 第2章 スライド作成の基本をマスターする 第3章 テーマやフォントを設定してスライドの表現力を上げる 第4章 画像や図をスライドに挿入する 第5章 表を作成する 第6章 グラフを作成する 第7章 作図機能を使いこなす 第8章 アニメーションを設定する 第9書 プレゼンテーションの実行と資料の配付 第10章 使い方が広がるその他の機能

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
58

200社超・5万人を納得させた「実証済みメソッド」が書籍化!見た瞬間すぐに伝わる、スライド。最後まで目が離せない、シナリオ。聞き手を釘付けにする、トーク。最速・最短で成果につながるプレゼンの3極意! Prologue 「目線」をつかめば、「人」は動かせる 1 プレゼンは「目線」で決まる 2 西脇式プレゼン1-スライドで目線をリードする 3 西脇式プレゼン2-シナリオで目線をリードする 4 西脇式プレゼン3-トークで目線をリードする Epilogue 「伝えるものへの愛」はありますか?

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
58

クイズを楽しみながら 資料デザインの知識を増やしましょう! 私たちが仕事を進める上で「資料」の存在は欠かせません。 簡単な打ち合わせから会場を使ったプレゼンまで、いろいろな場面で資料が登場します。 コミュニケーションツールである資料は、きちんと作ればメッセージを効率的に伝えられます。 ビジネス資料の必要条件である「早く・正しく・誤解されずに」を満たしてくれます。 しかし、資料づくりの勉強のために重い腰を上げるのは難しいもの。 できるだけ簡単に覚えたいのが人情です。 本書は、資料作成におけるデザインの基本を学んでいただく本です。 黙々と自習するだけでは疲れますので、○×クイズで楽しく学べるようにしました。 ふわっとクイズに答えるのではなく、○を選んだ理由と×を選んだ理由を述べながら解答してみてください。 正解しても間違っても、自分の頭で根拠を探し出すことが大事です。 自分の力量を確認しつつ、続く解説ページでおさらいすれば、テーマへの理解が深まってデザインの知識が増えていくことでしょう。 また、Chapter 5ではやってはいけないNG資料を紹介しています。 何気なくやっていたダメな作り方を見て、「どこを修正すれば、わかりやすい資料になるか」のポイントを確認してください。 1つひとつの確認があなたのデザインセンスを磨いてくれるはずです。 本書には、たくさんのデザイン例を掲載しています。 豊富なデザイン例を見るだけでも、資料づくりのヒントになるのではないでしょうか。 資料作成にさほど慣れていない人にとって、楽しく学べるデザインのトリセツとしてお役に立てれば嬉しく思います。そして、作った資料で良好なコミュニケーションが生まれますように。 (本書「はじめに」より) はじめに CONTENTS プロローグ Chapter 1 しっくりする構図を考えてデザインしよう! Chapter 2 表情が伝わる文字でデザインしよう! Chapter 3 要素の見せ方を考えてデザインしよう! Chapter 4 写真やグラフを入れてデザインしよう! Chapter 5 エヌジー& OKサンプルで改善ポイントをつかもう!本書の使い方 サンプルファイルについて INDEX

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
57

人を動かす資料デザインの法則40 「仕事で使うプレゼン資料にいまいち自信が持てない…」 「デザインの良い資料を作れたらいいけど、自分はセンスないんだよね…」 「フツーの資料を作る分には問題ないけど、聞き手の反応はあんまりよくない…」 この本はそんなノンデザイナーのビジネスパーソン向けに、プレゼン資料に特化したデザイン技法を紹介しています。 ・「わかりにくい」と言われる ・聴衆が寝ている ・商品の良さがうまく伝わらない ・プレゼンに自信が持てない ・「センスないね」と同僚に言われた ・発表で伝えたはずの内容に質問が出てくる こういった悩みは、実は「デザイン」で解決できます!なぜなら人間は、「話された内容」より「視覚」から情報を得て、理解するからです。 いくらあなたが論理武装したからといって、分かりやすく情報整理された「デザイン」の力に勝るものはありません! ・・・デザインは「センス」だと思っていませんか?そんなことはありません。 ノンデザイナーでも、すぐ効果が出て、一生使える「基本原則」があります。 「整列」「視線の流れ」「余白」「グルーピング」「対比」「グラフ作り」「分割」「カラーの法則」「ジャンプ率」…。 【知識もセンスも、一切不要。必要なのは、「使えるデザイン」】 イントロダクション プレゼンとデザインの関係/「機能的」なデザインでプレゼンのロジックを表す/「テンプレート」を活用し、個人とチームの生産性を向上する/プレゼンの「利用シーン」に応じたフォーマットを選択する/COLUMN Chapter.1 伝わりやすさに差がつくレイアウトのルール スライドの要素は「整列」を徹底し、情報を整理して伝える/「視線の流れ」に合わせて要素を配置し、メッセージを伝わりやすくする/「余裕」のあるスライドには「余白」がある/スライドは適宜「分割」し、要素が一番効果的に見えるよう配置する/性質の異なる要素を「対比」させ、コンテンツのインパクトを強める/「反復」でスライドの理解コストを圧縮する/COLUMN 反復を徹底すれば「ハズし」に価値が生まれる Chapter.2 ロジックを直感で伝える図解のテクニック 込み入った情報を扱うときは「図解」を併用する/作業を「フロー」で可視化する/「表」を活用し、情報の整理と編集を効率化する/「トリミング」と「吹き出し」で図版を伝わりやすく解説する/「線表」でスケジュールを直感的に伝える/COLUMN 図解では要素の干渉に注意する Chapter.3 データの説得力をアップするグラフ作りの基礎 グラフで数量を視覚化する - 棒グラフ/グラフは読み取りやすさを重視し、シンプルに描画する - 円グラフ/COLUMN 決して万能ではない円グラフ?/グラフ選びは、伝えたいメッセージとの相性を考慮する - 折れ線グラフ/外部ツールで作ったグラフを取り込む際は、デザインを整えて利用する/COLUMN グラフの色選びに困ったら…/COLUMN シンプルな図形で、グラフの要所を補足する Chapter.4 メッセージを印象づけるカラーの法則 プレゼン資料では「テーマカラー」を決め、ルールに沿った色使いをする/鮮やかなコントラストの効いた色で、重要なポイントを「強調」する/「色が持つイメージ」を使って、スライドの情報を補足する/COLUMN モノクロ印刷時に意味が失われないようにする Chapter.5 見やすく・読みやすい基本の文字組み 「フォント」と「行間」の調整でテキストを読みやすくする/スライドのとっつきやすさを「見出し」と「行長」で向上する/テキストの文字数や見せ方に応じた「文字揃え」を選択する/「箇条書き」は、原則プレゼンツールの機能を利用する/COLUMN

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
57

スライドが"見違える"素材が満載。素材のカスタマイズ方法までしっかり解説。素材の使い方がわかる便利な作例付き。 第1部 作例集(ベーシックなプレゼン 文字を活かしたプレゼン データで魅せるプレゼン ドラマチックなプレゼン コミュニケーションするプレゼン) 第2部 素材カタログ(文字素材 図形素材 グラフ素材 その他素材)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
57

最新の実践結果を踏まえて、心理読み物のロングセラーが増補改訂! 最新の実践結果を踏まえて、心理読み物のロングセラーが増補改訂!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
57

話し下手でもプレゼンがうまくいく簡単な資料作成術を徹底解説。パワポの四角と矢印を使えばだれでも簡単に伝わる資料がつくれます。 話し下手でもプレゼンがうまくいく簡単な資料作成術を 徹底解説。パワポの四角と矢印を使えばだれでも簡単に伝わる資料がつくれます。 わかりやすい資料をつくれば、それにそって説明を行うだけで だれにでも即座につたわるようになります。 そのための資料作成術をトヨタグループで講演している著者が 教えます。 あとちょっとの簡単な工夫で話し方に自身のない人でも プレゼンが「分かりやすい」「伝わりやすい」状況にかわり 「ありがとう」と言ってもらえるようになります。 (目次) 1章 伝わる資料は誰でも簡単につくれる 文章だけでは知っている言葉でもイメージされるものが違う 文章だけでは相手が知らない物事を説明する際に、上手く理解してもらえない 図解を使えば言葉は何倍にもわかりやすくなる 図解資料10選を使いこなすだけでいい 四角と丸と矢印を使うだけでいい 文字のみの資料と文字と図解を組み合わせた資料のビフォー・アフター パワポで図解資料をつくるとワードやエクセルにも簡単にはりつけられて便利 パワポでデジタル図解をはじめよう 2章 四角と矢印を使って、資料が見違えるほど分かりやすくなる 言葉を整理しよう 言葉から「要素」と「関係」を抜き出そう 「要素」と「関係」で図解しよう 図解を一段と分かりやすくする 既存の図解パターンに伝えたい情報を拡張する 3章 状況に応じて使い分け!シート1枚で表現するシンプル資料10選 1タイムライン 2相関図 3ロジックツリー 4グルーピング 5フロー型 6ブロック線図 7対比型 8アクティビティ型 9座標図 10集合 4章 さらに伝わりやすく!四角と丸だけでつくれる魔法のイラスト 説明資料でのイラストの用途 人を表現する 人のアイコンからつくってみよう ポップな人は丸と楕円形・四角で作図できる ポーズを変えて使いまわす いろいろな動作を作りたいときは、写真から作図してみよう 人と小物で講演会の様子を表現しよう 他のイラストから学ぶ イラストの輪郭を強調しよう シンプルな小物20選

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
57

PowerPointは優れた編集能力を秘めており、 だれでもデザインに挑戦できる格好のツールです。 そんなパワポの機能を存分に使いこなしながら、 自分の力でビジュアルを組み立てていくノウハウを、 本書では次の3ステップでしっかりと解説していきます。 1.デザインの視点で考える(Mind&Thinking) 2.ビジュアルを設計する(Build the Visual) 3.パワポでつくってみる(Create with PPT) レイアウト、文字組み、配色、インフォグラフィック、アニメーションなどなど、 「伝わるビジュアル」をつくるためのすべてが詰まった一冊です。 [はじめに]ようこそ、デザインの世界へ 本書の構成と目次 本書の使い方 Power Pointのバージョン ■Introduction デザインとはなにか? 「デザイン」ってなんだ? どうすれば「デザイン」できるようになる? デザインの「より良い」はどうやって見つける? デザインで「どのように」より良いものをつくりだす? デザインを「なにを使って」つくる? そもそも何のためにデザインしてる? デザインは本当に必要なのか? デザインはルールなのか? センスなのか? いまからデザインをはじめよう! ■Designing #0 デザインの下ごしらえ デザインで実現したいゴールを設定する デザインの“ターゲット”を決める “何を”デザインするか内容を整理する [つくるものを設計する]「より良い」を定義する [つくるものを設計する]仕様や条件を決める [ビジュアルの下ごしらえ]ビジュアルの方針を考える [ビジュアルの下ごしらえ]「見る順番」で整える [ビジュアルの下ごしらえ]「わかりやすい」の正体 [PPTの基本]PPTでできること [PPTの基本]PPTの基本画面 [PPTの基本機能]機能を呼び出す「リボン」 [PPTの基本機能]「リボン」を編集する [PPTの基本機能]詳細を変える「書式設定」 [PPTの基本機能]オブジェクトの重なり [PPTの基本機能]グリッドとガイド [PPTの基本機能]ファイルのオプション設定 [PPTの基礎知識]パワポの単位と解像度 ■Designing #1 レイアウト レイアウトは「伝わり方」をつかさどる ビジュアルで伝える「主役」を考える ブロックのように「伝わり方」を組み上げる [レイアウトの基本]揃える [レイアウトの基本]グループ化する [レイアウトの基本]くりかえす [レイアウトの基本]コントラスト [レイアウトの基本]余白をとる [レイアウトの基本]トーン&マナー [レイアウトの実践]1つの要素を配置する [レイアウトの実践]2、3個の要素を配置する [レイアウトの実践]複数の要素を配置する [レイアウトの実践]複数のページを組む [レイアウトの応用]グリッドシステム [PPTの基本]レイアウトにまつわる機能 [PPTの機能]サイズを調整する [PPTの機能]位置を変更する [PPTの機能]オブジェクトを整列する [PPTの機能]回転・反転させる [PPTの機能]スライドマスターを使う [PPTの機能]スライドの書式を変更する ■Designing #2 文字と文字組み 文字は、口ほどにものを言う 「見せる」文字と、「読ませる」文章の違い [文字のしくみ]書体・フォントのしくみ [文字のしくみ]文字のサイズと太さ [文字のしくみ]書体の種類 [文字を組む]文字を並べて文にする [文字を組む]書体を選ぶ [文字を組む]文字サイズを決める [文字を組む]文字の間隔を調整する [文字を組む]行長と行間と読みやすさ [文字を組む]文字を装飾する [文字を組む]欧文の文字組み [PPTの基本]文字と文字組みにまつわる機能 [PPTの仕様]標準搭載のフォント―和文 [PPTの仕様]標準搭載のフォント―欧文 [PPTの機能]文字のサイズと間隔の設定 [PPTの機能]行揃えと箇条書きの設定 [PPTの機能]行長とテキストボックス [PPTの機能]行間と段落間の設定 [PPTの機能]ファイルのやりとりとフォント [文字組みの応用機能]禁則処理の設定 [文字組みの応用機能]和欧混植とテーマのフォント ■Designing #3 色と配色 色と配色は伝わる「印象」をつかさどる 色には機能としての役割もある [色のしくみ]“色”の正体を見破る [色のしくみ]目に直接届く色-RGB [色のしくみ]印刷される色-CMYK [色のしくみ]人が感じる色-HSL [色のしくみ]色のトーンと感じ方 [色をつくる]基本の考え方と色の数 [色をつくる]主役の色をつくる [色をつくる]脇役の色をつくる [色をつくる]グラデーションをつくる [色をつかう]見やすさと機能性 [PPTの基本]色にまつわる機能 [PPTの機能]用意された色から選ぶ [PPTの機能]新しく色をつくる [PPTの機能]グラデーションをかける [PPTの機能]透明度をかえる [PPTの応用]カラーテーマをつくる ■Designing #4 イラストレーション イラストは見た目で「直感的に」伝える イラストの得意なこと、苦手なこと イラストを形づくる2つの要素 伝わるイラストは「カタチ」が重要 イラストで表現する抽象度とディテール [イラストをつくる準備]モデルの特徴をとらえる [カタチをつくる]単純な図形でつくる [カタチをつくる]複雑な図形をつくる [イラストを加工する]カタチに色を塗る [イラストを加工する]効果で質感を生む [イラストをつくる]本格的なイラストを描く [イラストをつかう]トンマナを合わせる [PPTの基本]カタチをつくるための機能 [PPTの機能]単純なカタチをつくる [PPTの機能]複雑なカタチをつくる [PPTの機能]図形を組み合わせる [PPTの機能]線を描く [PPTの機能]図形を塗りつぶす [PPTの機能]図形に効果をかける [PPTの応用機能]3Dモデルを活用する ■Designing #5 インフォグラフィック 情報を「一目でわかる」ビジュアルに変える インフォグラフィックはシンプルに 視覚化する情報の正確さとわかりやすさ インフォグラフィックの特性と種類 [インフォグラフィックを深める]サイン [インフォグラフィックを深める]アイコン [インフォグラフィックを深める]チャート [インフォグラフィックを深める]表 [インフォグラフィックを深める]グラフ [PPTの基本]インフォグラフィックにまつわる機能 [PPTの機能]サインをつくる [PPTの機能]アイコンをつかう [PPTの機能]チャートをつくる [PPTの機能]表をつくる [PPTの機能]グラフをつくる ■Designing #6 写真と動画 写真と動画は「リアル」を伝える 写真と動画は、「情報量」が多い 「主役」の設定で、伝わり方がかわる [写真を撮る・選ぶ]写真を特徴で見分ける [写真を撮る・選ぶ]目的にあった写真を選ぶ [写真を撮る・選ぶ]自分で写真を撮る [写真を加工する]トリミングする [写真を加工する]複雑な形で切り抜く [写真を加工する]写真をレタッチする [写真をつかう]魅力的にレイアウトする [写真をつかう]文字を重ねる [動画を加工する]動画の時間を調整する [PPTの基本]写真にまつわる機能 [PPTの仕様]対応しているメディア形式 [PPTの仕様]画像サイズと解像度の変更 [PPTの仕様]pptxファイルの画像の扱い [PPTの機能]画像をトリミングする [PPTの機能]背景を削除する [PPTの機能]画像の色を編集、修正する [PPTの機能]画像を効果で彩る [PPTの機能]動画の形をトリミングする [PPTの機能]動画の色を編集、修正する [PPTの機能]動画の時間と再生を編集する ■Designing #7 アニメーション アニメーションは「時間」と「動き」で語る なぜアニメーションは嫌われるのか? アニメーションの役割と実現できること [アニメーションを理解する]「時間」と「動き」を知る [アニメーションを理解する]「動き」をつくる [アニメーションを理解する]「時間」で彩る [アニメーションを使う]伝わり方と使いどころ [PPTの基本]アニメーションにまつわる機能 [PPTの機能]アニメーションを設定する [PPTの機能]動きの軌跡を設定する [PPTの機能]アニメーションを効果で彩る [PPTの機能]アニメーションの時間を変える [PPTの応用]オリジナルのアニメーションをつくる [PPTの機能]画面を切り替える あとがき 参考文献 一覧 索引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
57

経営者の意志決定を促し、実際のビジネスを動かした46のリアルスライドを公開。本物サイズのスライドからノウハウを学ぶ。 ベストセラー『外資系コンサルのスライド作成術』(東洋経済新報社、2012年)をさらに有効に使いこなすための「作例集」です。 ◆「現場」で実際に使われた実例100点 「概念構造を表現する」「プロセスの作例」「スケジュールの作例」など、コンサル「現場」で実際に使われたスライドがそのまま100点掲載。作図時のポイントやアドバイスも付されています。 ◆「見てわかる」ビジュアル スライド作成のテクニックを向上させるために、優良スライド46例を厳選し、解説します。練習問題やコラム(世界を変えた視覚表現など)も充実しています。 ◆本物のコミュニケーションの向上 「数値を効果的に表現する」「ロジックツリーで全体観を表現する」「大型プロジェクトの全体像を説明する際に使われたスライド」など、クライアント説明やコンペで役立つスライド作成の技術を解説しています。 巨額のビジネスを動かした実際に使われたスライドに加え、キラーチャートも公開しています。 PART1 スライド作成の基本ルール PART2 スライドの作例集 CHAPTER1 数値を効果的に表現する CHAPTER2 概念構造を表現する CHAPTER3 プロセスの作例集 CHAPTER4 スケジュールの作例集

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
57

今の英語力で最高のパフォーマンスをするための極意を伝授。データや統計といった情報よりも、多くの人の心に響くメッセージの大切さを説く。 第1章 なぜプレゼンテーション力が企業で重要視されるのか? 第2章 パワープレゼンテーション  イントロ  Chapter1 自己紹介とイントロダクション  Chapter2 情報を集める/解決策の展開や革新のための計画  Chapter3 ストーリーを作る/パワポの効果的な使い方  Chapter4 ジェスチャーと声の抑揚  Chapter5 実践プレゼンテーション 英語プレゼンの一日体験セミナーの様子(動画) 巻末 プレゼンテーションフレーズのテンプレート  (ドハティ講師による例文付きの画像あり)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
57

プレゼン成功の秘訣は読ませない資料にあり!引き算の資料作成で「一発OK」を引き出そう! プレゼン成功の秘訣は「読ませない資料」にあり! 「引き算」の資料作成でラクして「一発OK」を引き出そう! 【本書はこんな方におすすめしています】 ・百発百中のプレゼンをしたい方 ・資料作成の時間を短縮したい方 ・どうやって資料を作成したらいいのか悩んでいる方 ・プレゼンの技術を1から学びたい方 本書では「引き算」をキーワードに、 プレゼンを成功へと導くコツをあなたに伝授します。 シンプルな資料を作成することにより、 相手に考える隙を与えることなく、 そして自分の作業時間も大幅に減らしながら ラクして「一発OK」を得ることができるのです。 また、すぐに応用して使える プレゼン資料のテンプレートもダウンロードできます。 プレゼンをする側、される側を渡り歩いてきた 著者だからこそわかるプレゼンと資料作成のノウハウを解説し、 あなたに百発百中のプレゼンスキルを授けます。 【目次】 ●Chapter 01 プレゼンを決定に導くための基礎知識 ●Chapter 02 資料は「引き算」で作成する ●Chapter 03 引き算で資料をシンプルにする STEP1 レイアウト編 ●Chapter 04 引き算で資料をシンプルにする STEP2 図表編 ●Chapter 05 引き算で資料をシンプルにする STEP3 文字編 ●Chapter 06 プレゼンを決定に導くスライドのポイント ●Chapter 07 シンプル資料が生きるプレゼン本番のポイント ●Chapter 08 最後に足し算するプロの必勝テクニック ●Appendix 秒速で伝わる資料・伝わらない資料 ●Chapter 01 プレゼンを決定に導くための基礎知識 ●Chapter 02 資料は「引き算」で作成する ●Chapter 03 引き算で資料をシンプルにする STEP1 レイアウト編 ●Chapter 04 引き算で資料をシンプルにする STEP2 図表編 ●Chapter 05 引き算で資料をシンプルにする STEP3 文字編 ●Chapter 06 プレゼンを決定に導くスライドのポイント ●Chapter 07 シンプル資料が生きるプレゼン本番のポイント ●Chapter 08 最後に足し算するプロの必勝テクニック ●Appendix 秒速で伝わる資料・伝わらない資料

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
57

ビジネスの定番ツールの1つであるPowerPoint(パワポ)は、同じOfficeのExcelやWordに比べてレイアウトの自由度が高いのが特徴です。そのためプレゼン資料はもちろん、POPやパンフレット、グラフィックデザインもパワポでこなすという人は多いのではないでしょうか。本書は、それらのパワポ資料を彩るための、かわいくてかっこいい素敵なグラフィック素材の作り方を多数紹介しています。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
57

Google流資料作成術

コール・ヌッスバウマー・ナフリック
日本実業出版社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
57

資料作成に悩んだらまずこの1冊! 暗黙のルールをマスターして、PowerPointの資料作成をレベルアップ! ==================================================== 資料作成に悩んだらまずこの1冊! 暗黙のルールをマスターして、PowerPoint(パワーポイント)の資料作成をレベルアップ! ==================================================== 多くの人を資料作成を通じて導いてきたRubato(ルバート)の講師陣が贈る「資料作成」の新定番! 「PowerPointは使えているはずなのに、作業に時間がかかってしまう」 「作成した資料、取引先からの反応が悪い……上司や先輩からの評価も今ひとつ」 PowerPointで資料を作成している皆さん、こんな悩みを抱えてはいませんか? それもそのはず、資料作成で一番重要となるのはPowerPointを使う前の情報整理。 資料のストーリーがしっかり組み立てられていなければ、いくらPowerPointを使いこなせていたとしても、伝わる資料はできません。 「誰が」「誰に」「何をしてほしいのか」によって、スライドに載せるべき情報はまったく異なります。 自社の説明をするにしても、就活生向けの資料と投資家に融資先として検討してもらうための資料で内容が変わるのは当然ですよね。 本書はそんな、読み手に伝わる資料作成に欠かせない「暗黙のルール」の数々を、「環境設定」「資料の骨組みを考える」「箇条書き」「表やグラフの作り方」……とステップごとに紹介しています。 もちろん「グラフ」や「表」の作り方、作業を効率化するショートカット、伝えたい情報によるスライドの型の使い分けなど、PowerPointを扱う上で知っておきたいワザもしっかり網羅しているので、この1冊であなたの資料作りがレベルアップすることは間違いありません! リモートワークが増えた最近では、職場の人に尋ねたり、教わったりする機会はますます減っています。 ご自身の資料作り、一度見直してみませんか? ==こんな人におすすめ== ●PowerPointを使用して資料作成をしている人 ●就職や転職、異動先でPowerPointを使うことになりそうな人 ●若手の教育に最適な1冊を探している人 ●リモートワークや職場環境など、PowerPoint操作や資料作りのルールをまわりに聞けない人 ※特典として、本書の内容に則したPowerPoint資料のサンプルと、使いやすいクイックアクセスツールバーのインポートファイルがダウンロード可能です。 ----------------------------------------------------- 第1章 環境設定と情報整理のルール 009 ----------------------------------------------------- 1.1 なぜ資料作成が必要? 解説 資料作成は今の時代に必要なスキル 010 解説 目指す姿は一人歩きする資料を早く作ること 011 解説 社内のフォーマットを確認する 013 1.2 作業環境を整えよう ワザ01 スライドサイズはA4にする 015 ワザ02 スライドの使用範囲はガイドで明示する 016 ワザ03 スライド番号は忘れずに入れる 020 ワザ04 使用する色はベースとアクセントの2色 022 ワザ05 フォントは資料の印象を左右する 027 解説 書式を統一してくれる強い味方 スライドマスター 030 ワザ06 自動保存で突然のフリーズに備える 034 解説 ひな形ファイルは保存しておく 037 解説 資料作成を楽にする 便利なショートカット30個 038 解説 操作を早くする魔法 QATBとは? 040 ワザ07 QATBはリボンの下に表示する 042 1.3 資料の骨組みを考えよう 解説 いきなりパワポに触らない 047 解説 締め切りに間に合うスケジュールを決める 049 解説 資料作成のステップ1 目的を設定する 050 解説 資料作成のステップ2 情報は相手に合わせて整理する 053 解説 資料作成のステップ3 ストーリーを作成する 055 解説 ワンスライド・ワンメッセージを意識する 059 解説 資料作成のステップ4 スライドイメージを手書きする 060 解説 スライド構成は「タイトル・サマリー・目次・内容・結論」 063 ----------------------------------------------------- 第2章 資料作成のキホン 文字入力と箇条書きのルール 065 ----------------------------------------------------- 2.1 見やすい資料を作る基本の文字入力 ワザ08 文字の拡大と縮小はショートカットキーで時短する 066 ワザ09 文字の配置は統一する 068 ワザ10 重要な部分は文字の色を変えて強調する 071 ワザ11 文字強調は最後にまとめて書式コピー 073 解説 文字切れには御用心 改行位置は読みやすさを意識して 075 2.2 箇条書きのルールを知ろう 解説 わかりやすい資料の秘訣は箇条書き 076 ワザ12 箇条書きを手打ちはNG 078 ワザ13 箇条書きの階層を利用して情報を整理する 081 ワザ14 箇条書きの階層は3つまでに絞る 083 ワザ15 小見出しを活用して一目でわかる資料をつくる 088 ----------------------------------------------------- 第3章 暗黙の図解作成のルール 093 ----------------------------------------------------- 3.1 図解の重要性と型 解説 図解の活用で情報は伝わる 094 解説 3つの図解のパターン 1. 列挙型 096 解説 3つの図解のパターン 2. 対比型 098 解説 3つの図解のパターン 3. フロー型 101 解説 図解に使用する基本の図形 103 3.2 わかりやすい図解を作ろう 解説 図解作成の4つのステップ 106 ワザ16 図形のサイズをきれいに揃える 107 ワザ17 図形はコピペで賢く・素早く配置する 110 ワザ18 図形は均等に整列で見栄えよく 112 ワザ19 図形は平行移動でズレ知らず 116 ワザ20 パレットにない色への変更はスポイトを使う 119 ワザ21 色の濃淡を活用して情報の強弱を表現する 120 ワザ22 図形に「文字」を入れる 122 ワザ23 図形に「要素番号」を振る 124 ワザ24 「既定の図形」で書式を自動反映する 126 ワザ25 大事な部分を強調する 128 ワザ26 図解はグループ化して最終調整する 131 ----------------------------------------------------- 第4章 情報を視覚化して伝える 表とグラフのルール 133 ----------------------------------------------------- 4.1 表をマスターしよう 解説 情報整理の強い味方 表の3つの種類 134 ワザ27 既定の表スタイルは使わない 136 ワザ28 重複する項目はセル結合で整理する 140 ワザ29 先頭行と列のサイズを変更して内容部分を目立たせる 142 ワザ30 表の強調は枠線の変更で表現する 144 ワザ31 評価を追加して伝わる表を作る 147 4.2 グラフをマスターしよう 解説 データを一瞬で相手に伝える 伝わるグラフ 150 ワザ32 データの比較に最適 棒グラフ 152 ワザ33 構成比が一目瞭然 円グラフ 156 解説 データを並べ替えて意図を伝える 160 ワザ34 グラフはベースカラーに合わせて変更する 163 ワザ35 メッセージに合わせて強調を忘れずに 165 4.3 効果的な画像の使い方をマスターしよう 解説 画像は直感で伝わる資料の強い味方 169 ワザ36 画像の拡大・縮小は縦横の比率に気を付ける 171 ワザ37 トリミングして画像をスライドサイズに合わせる 173 ワザ38 図のスタイルの利用はほどほどに 175 ワザ39 ピクトグラムで資料はより直感的になる 177 ワザ40 「透明色を指定」で画像の背景を透過する 180 ワザ41 ピクトグラムの色はベースカラーに変更する 183 ----------------------------------------------------- 第5章 提出前に要確認! 資料作成 暗黙のルール 185 ----------------------------------------------------- 5.1 資料作成の応用表現 解説 1枚のスライドの中にも流れがある 186 解説 スライド分割を活用してバランスのよい資料作りを 188 5.2 資料提出前の最終チェック 解説 資料提出前の最終確認で万全を期す 190 解説 印刷は白黒印刷よりグレースケール 192 ワザ42 重要な資料にはパスワードをかける 194 ワザ43 ファイルを圧縮してメールに添付する 196 5.3 参考スライド 解説 桃太郎印 きび団子のご案内 198    スライドダウンロードのご案内 203

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
57
みんなのレビュー
ロジカルシンキングの定番本と言えばこれ!学生のころ読んで感動した。MECEに考えるということはどういうことかが分かりやすく書いてある。就活対策としても使えるので学生にも是非読んで欲しいし、全てのビジネスパーソン必読の本でもある。少し古めの本であるが色あせない良本。
No.63
57

ビジネスシーンから日常会話まで、「頭がいいね!」と感心される上手な説明の仕方を解説。また、説明力を伸ばすための練習法を説く。 ビジネスシーンから日常会話まで、「頭がいいね!」と感心される上手な説明の仕方を解説。また、説明力を伸ばすための練習法を説く。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
57

言葉がなくても伝わるものがある。話し上手になるテクニックや小手先の技術論ではない、「伝達力」を磨き、物心共に豊かな人生を実現する技術。35年以上伝えることを生業としてきたプロのスピーカーが教える伝達力を高める技術。 聞き手の立場に立ったプレゼンテーション 緊張や不安から解放されるには? 熱心なだけでは伝わらない 準備8割、感性2割 信頼の確立技法 プレゼンテーションの下準備 自分を定義しているか? ベストコンディションをキープする 自己愛を高める 人間のモチベーションメカニズム〔ほか〕

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
57

伝統的なデザイン原則や、身の回りの視覚世界に潜む教訓を利用することによって、明確なコミュニケーションを達成する方法を伝授。『プレゼンテーションZen-プレゼンのデザインと伝え方に関するシンプルなアイデア』に続く第2作目。 構成要素(タイポグラフィの活用 色彩によるコミュニケーション 写真や動画でストーリーを語る データを簡素化する) デザインの原則(スペースを活用する 狙いをはっきりさせ、焦点を絞る 調和を生み出す) プレゼンテーション向上への道(スライドサンプル 旅は続く)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
56

パソコンを使えれば、手軽にビジュアルなプレゼン資料をつくることができる。一方、世の中には「何が言いたいの?」「情報の詰め込みすぎでは?」「図にする必要がないのでは?」と首を傾げたくなるプレゼン資料が数多い。パソコンを使えば誰でもプレゼン資料らしきものはつくれるが、機能する資料をつくるのはむずかしい。そこで、「機能するプレゼン資料」の作成方法、つまり「図解の技術」を米国マッキンゼー・アンド・カンパニーのビジュアル・コミュニケーション・ディレクターが解説。 Introduction チャートで語る(プレゼンは図表を活用するとわかりにくい? 出世頭フランクが行なった難解なプレゼン ほか) 1 チャートを選ぶ(5つの基本形と3つの作成ステップを押さえる あなたのメッセージを決める ほか) 2 チャートを使う(チャートを使う前に気をつけること コンポーネント比較法を使う ほか) 3 コンセプトとメタファーを使う(イメージを伝えるためのツールを紹介 メッセージにふさわしい絵柄を見つける ほか) 4 チャートをスクリーンで見せる(パソコンの登場で便利になった 一番遠くにいる人にも読めるチャートとは ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
56

アニメーション効果を施したPowerPointの素材集です。 PowerPointの第1人者が作った 唯一無二の素材集! 【本書のポイント】 1)スライドが「見違える」素材が満載! 2)コピー&ペーストするだけで、簡単に利用できる! 3)素材の使い方がわかる便利な作例付き! 【内容紹介】 大好評を博した「動くPowerPoint素材集」が パワーアップして帰ってきました! 本書は、アニメーション効果を施した「動く」PowerPoint素材を多数収録した書籍です。 特にシステムの設計者や開発者が正しく暗号技術を使えるように、 実装と運用の観点も加えました。 「数値に合わせて自動的に伸びるグラフ」「拡大しながら消えていく文字」 「順番に登場する図形」など、実用的かつユニークな素材が満載。 これらの素材を使えば、誰でも簡単に「説得力があり」 「聴衆を飽きさせない」「オトせる」プレゼンスライドを作れます。 素材はすべてコピー&ペーストで使えますから、 パソコン初心者でも安心してご利用いただけます。 プレゼンスライド作りに頭を悩ませる全てのビジネスパーソンに、 ぜひ手に取って欲しい1冊です。 【PowerPoint 2016/2013/2010対応】 【目次】 作例01 新商品案内「変形」&「ズーム」活用プレゼン」 作例02 採用説明会「画像」活用プレゼン」 作例03 自己紹介「自己紹介動画」 作例04 新規事業の提案「ベーシックなプレゼン」 作例05 映像風サービス案内「文字を活かしたプレゼン」 作例06 統計資料「データで魅せるプレゼン」 作例07 予告編風サービス案内「ドラマチックなプレゼン」 作例08 ウェブ風マニュアル「コミュニケーションするプレゼン」 第2部 素材カタログ 変形&ズーム素材 画像スライド素材 動画用素材 アイコン素材 文字素材 図形素材 グラフ素材 その他素材 第1部 作例集 作例01 新商品案内「変形」&「ズーム」活用プレゼン」 作例02 採用説明会「画像」活用プレゼン」 作例03 自己紹介「自己紹介動画」 作例04 新規事業の提案「ベーシックなプレゼン」 作例05 映像風サービス案内「文字を活かしたプレゼン」 作例06 統計資料「データで魅せるプレゼン」 作例07 予告編風サービス案内「ドラマチックなプレゼン」 作例08 ウェブ風マニュアル「コミュニケーションするプレゼン」 第2部 素材カタログ 変形&ズーム素材 画像スライド素材 動画用素材 アイコン素材 文字素材 図形素材 グラフ素材 その他素材

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
56

ささる。プレゼン

村山 涼一
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版

なぜあなたの企画は採用されないのか?飽きさせない話し方、知るだけで役立つ心理テク、簡単かつ効果的な見せ方、明日から使える必須知識、「決める」ための、新しい入門書。 01 成功するプレゼンターは、こう話す(プレゼンは、はじめが8割 成功するプレゼンは、成功をイメージさせる ほか) 02 プレゼン上手は、「話す」だけでなく「見て」いる(話すだけでは成功できない? プレゼンのための"ジェスチャー"入門 ほか) 03 プレゼンとは心理戦である(なぜあの人の企画は、普通なのに採用されるのか プレゼン上手はみんな知ってる、7つの心理術 ほか) 04 よいプレゼンは、よい企画書でつくられる(知っておきたい企画書の3パターン 理解を徹底させたいときのために-文章型企画書 ほか) 05 プレゼンをひきたてる企画書、ダメにする企画書(1ページ目で決めるプレゼンは成功する ストーリー仕立てにせよ ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
56

偏った物の見方を排し、対話を導く。マイクロソフトCEOナデラ氏も絶賛、コーチングよりはるかにシンプルで効果的な手法を紹介。 マイクロソフトCEO、ナデラ氏絶賛。 世界60カ国以上、100万人超の人たちに読まれている「話し方」の教科書。 暴力や対立、偏った物の見方を排し、対話を導く。 実りある対話を妨げ、暴力や対立を生み出している原因は、普段、わたしたちが慣れ親しんでいる話し方や考え方のなかにありました。わたしたちが知らないうちにしている「比較」や「評価」「決めつけ」が、誤解や無用な争い、暴力や怒りを生み出していたのです。 本書は、そうした暴力や対立を排し、人を思いやる実りある対話へと導くためのコミュニケーション手法(NVC=非暴力コミュニケーション)を伝授します。具体的には、相手を評価したり決めつけたりするのではなく、「自分が抱いている感情」や「自分が必要としていること」に耳を傾け、それを肯定的な言葉で相手に伝えることで人生をより豊かなものにする方法です。 NVCの要諦はとてもシンプル。それは次の4つの要素に意識を集中させることです。 1. 評価をまじえず、行動を「観察」する 2. 観察したことに対して抱いている「感情」を突きとめる 3. そうした感情を生み出している要因、「何を必要としているのか」を明らかにする 4. それを具体的な行動として「要求」する NVCの提唱者であるローゼンバーグ氏が著した本書は、30以上の言語に翻訳され、全世界で60カ国以上、100万部超の人たちに読まれているNVCの教科書でありバイブルです。世界各地の紛争地域でなされた事例や、親子あるいは夫婦での対話、学校や職場、医療やカウンセリングなど身近な事例が多数紹介されています。 さらに近年ではマイクロソフトCEOのサティア・ナデラ氏がトップ就任直後に本書を幹部社員たちに薦めるなど、ビジネスの現場でも大いに注目されています。原著第3版の日本語翻訳版にあたる本書では、「紛争を解決するための方法」を新たに第11章として新設するなど、よりビジネスの現場のニーズにも応える内容となっています。 「人から一方的に決めつけられ批判されるような局面では、どうしても自分を擁護したり、身を引こうとしたり、反撃したりしがちだ。しかし、NVCに切り替えることで、自分と相手について、自分の意図したことについて、相手との関係について新しい視点からの理解が可能になる。その結果、抵抗や防衛、暴力といった反応は最低限に抑えられる。評価や判定を下すことに注意を向けるよりも、観察し、感情に気づき、何を必要としているのかを明確にすることに集中すれば、深い共感へとつながることができる」(本文より) 第1章 心の底から与える――非暴力コミュニケーションの核心 第2章 思いやる気持ちを妨げるコミュニケーション 第3章 評価をまじえずに観察する 第4章 感情を見極め、表現する 第5章 自分の感情に責任をもつ 第6章 人生を豊かにするための要求 第7章 共感をもって受け取る 第8章 共感の力 第9章 思いやりを持って自分自身とつながる 第10章 怒りをじゅうぶんに表現する 第11章 紛争を解決する 第12章 力を防御的に使う 第13章 自分を解放し、人に助言する 第14章 NVCで感謝を表現する

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
56

ザ・プレゼンテーション

ナンシー・デュアルテ
ダイヤモンド社

納得、感動、鳥肌が立つような興奮-。心が動かされるプレゼンテーションにはどんな秘密があるのでしょうか?世界的な著名人やオピニオンリーダーたちのプレゼン制作を手掛けてきた著者がその"手の内"をついに明かします。たんなるハウツーではない本物のプレゼン手法が本書には詰まっています。 第1章 心を動かすプレゼンテーション 第2章 神話や映画に学べ 第3章 聴衆を知る 第4章 旅の計画 第5章 内容を練る 第6章 構成を考える 第7章 記憶に残る何かを伝える 第8章 改善の余地はどこにでも転がっている 第9章 世界を変えよう 終章 インスピレーションはどこからでも得られる

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search