【2024年】「ブロックチェーン」のおすすめ 本 102選!人気ランキング

この記事では、「ブロックチェーン」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 図解即戦力 ブロックチェーンのしくみと開発がこれ1冊でしっかりわかる教科書
  2. ブロックチェーン・レボリューション ――ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのか
  3. ブロックチェーンでできる30のこと
  4. ブロックチェーンアプリケーション開発の教科書
  5. ブロックチェーン実践入門: ビットコインからイーサリアム、DApp開発まで
  6. 60分でわかる! 仮想通貨 ビットコイン&ブロックチェーン 最前線 (60分でわかる! IT知識)
  7. ブロックチェーン技術概論 理論と実践 (KS情報科学専門書)
  8. 知識ゼロからのビットコイン・仮想通貨入門
  9. いちばんやさしいブロックチェーンの教本 人気講師が教えるビットコインを支える仕組み
  10. ブロックチェーンの描く未来
他92件
No.1
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
79
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
69

仮想通貨の正体。「ブロックチェーン」は何を変えるのか? 「ブロックチェーン社会」に備えて今、何ができるのか。ブロックチェーンに関する最先端を解説する決定版。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
67

ブロックチェーンの基礎から実装までをやさしく解説したプログラマ、エンジニア向け入門技術書。 フィンテックの中核技術であるブロックチェーンについて、基礎から実装までをやさしく解説したプログラマ、エンジニア向け入門技術書。『Mastering Bitcoin』の次に読むべき1冊! 【目 次】 1章 ツールの導入 2章 ビットコインとブロックチェーンの基本 3章 ビットコインの暗号技術 4章 ビットコイン・ワレット 5章 ブロックチェーン 6章 トランザクション 7章 ノードとビットコイン・ネットワーク 8章 技術文書と開発コミュニティ 9章 Open Assets Protocol 10章 Segregated Witness 11章 スケーラビリティへの対応 【目 次】 1章 ツールの導入 2章 ビットコインとブロックチェーンの基本 3章 ビットコインの暗号技術 4章 ビットコイン・ワレット 5章 ブロックチェーン 6章 トランザクション 7章 ノードとビットコイン・ネットワーク 8章 技術文書と開発コミュニティ 9章 Open Assets Protocol 10章 Segregated Witness 11章 スケーラビリティへの対応

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
63

新事業企画・起業のための 実践ブロックチェーン・ビジネス

株式会社ブロックチェーンハブ
日本能率協会マネジメントセンター

ブロックチェーン技術が金融をはじめ製造業やサービス業、政府・自治体でどう活用するか、実務者・企業家に事例と図解を使って解説。 ビットコインの運用技術として登場したブロックチェーンは、仮想通貨の取引(ブロックチェーン1.0)から為替や決済等の金融分野への応用(ブロックチェーン2.0)が進み、さらにAIやIoTと結びつき、あらゆる産業や政府にその活用(ブロックチェーン3.0)が広がってきています。 そこで、ブロックチェーンとは何かをひも解きながら、この技術を金融はもとより製造業やサービス業、さらには政府・自治体でどう活用するか、どんなビジネスが実際に始まっているのかを、事例と図解を使って紹介します。 第1章 ブロックチェーンの基礎知識とビジネス活用の可能性 第2章 ブロックチェーン技術の基本 第3章 仮想通貨にかかわるビジネス 第4章 金融分野のブロックチェーン・ビジネス 第5章 非金融分野のブロックチェーン・ビジネス 第6章 ブロックチェーン・ビジネスの投資動向 第7章 ブロックチェーン・ビジネスの会計と税務 第8章 ブロックチェーン・ビジネスの法務と知財 第9章 ブロックチェーン・ビジネスのつくり方

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
63

あなたの会社もブロックチェーンを始めませんか?

日本アイ・ビー・エム株式会社 ブロックチェーンチーム
中央経済社

実際にブロックチェーンが活用されている17の事例やプロジェクトの進め方等をやさしく解説。 ブロックチェーン・ビジネスの最前線に立つコンサルタント等が、自らが推進する国内外のプロジェクトの詳細や知見を盛り込んだ決定版。実際に活用される17の事例を紹介!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
62

サイバー・エコシステムへの道 ブロックチェーンと新しいエコシステムの創生 高質なIoTビッグデータ市場の創出 ブロックチェーン技術によるIoT革命 通貨の経済学 仮想通貨取引所 分散型ビジネスの基盤 価値のトークン化と分散型市場〈DEX〉 ブロックチェーン・エコシステムを支える規制と制度設計 ビットコインとブロックチェーン技術

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
61

60分でわかる! ブロックチェーン最前線

ブロックチェーンビジネス研究会
技術評論社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
57

変動する電磁場

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
57

これでわかったブロックチェーン! 好評『ビットコインとブロックチェーン』の文系読者向け簡略版。同書の最も基本的な部分を抽出して再編集。 はじめに 第1章 イントロダクション 第2章 ビットコインの仕組み 第4章 鍵、アドレス、ウォレット/第5章 トランザクション/第6章 ビットコインネットワーク/第7章 ブロックチェーン/第8章 マイニングとコンセンサス/第10章 ビットコインの安全性/解説(増補改訂版)/あとがき ※コンサイス版につき第3章、第9章は割愛

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
57

時代の転換期に必読のブロックチェーン入門 仮想通貨の基幹技術として注目度が高まったブロックチェーンですが、その技術は「インターネット以来の発明」と言われ、すでに社会のインフラとして金融領域はもちろん、電力や医療、農業、貿易管理、登記簿管理、選挙などあらゆる領域で実装が進んでいます。これまではエンジニアなど一部の人が知っておけば十分でしたが、今後は文系のビジネスパーソンもブロックチェーンの仕組みや、これがどんなことに活用できるのかといった最低限の知識が必要とされる時代になってきます。本書では、ブロックチェーンの仕組みや有用性について、マンガと豊富なイラストでわかりやすく解説。老若男女を問わず、テクノロジーに苦手意識のある文系ビジネスパーソンでも抵抗なくブロックチェーンの基礎が学べます。 【編集担当からのおすすめ情報】 ブロックチェーンと聞いても具体的なイメージが沸かない人が多いと思います。ですが海外ではブロックチェーンへの注目度が一気に高まっています。例えば、台湾ではマスクを含めた物流の履歴管理でブロックチェーンを活用して注目されました。また国内でもハンコの代わりの技術として検討され始めています。もはや知らない、わからないでは済まされない、これからのビジネスの必須教養となることなること間違いなしのブロックチェーンの基礎を学べる1冊です! 主人公の新人広報女子の仲本サラがブロックチェーンについて学んでいくマンガスタイルで、ブロックチェーンの基礎をわかりやすく解説します。ビジネスパーソンが知っておくべき基本技術について学べる入門書です! 第1話 ブロックチェーンって何? 第2話 ブロックチェーンと仮想通貨 第3章 ブロックチェーンがつながっていく仕組み 第4章 ブロックチェーンを利用した「トレーサビリティ」 第5章 ブロックチェーンが得意なこと、苦手なこと 第6章 ブロックチェーンは世界でどう活用されているか? 第7章 ブロックチェーンとIoTを組み合わせるメリット 第8章 ブロックチェーンを決済サービスで使うには? 第9章 ブロックチェーンで町おこし ~スマートシティ(前編)~ 第10章 ブロックチェーンで町おこし ~スマートシティ(後編)~ 第11章 ブロックチェーンで使われる技術のまとめ 第12章 ブロックチェーンでつくる未来 One More Lesson1 ブロックチェーンで「ステーブルコイン」 One More Lesson2 ブロックチェーンで株主総会

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
56

【株式会社LayerX CTO 榎本 悠介 氏 推薦】 会員登録数25000人を超える、日本最大級の先端技術のラーニングサービス「Aidemy」 ディープラーニング、自然言語処理、ブロックチェーンなど、いま話題の技術を学べる「Aidemy」から、 ブロックチェーンを理解するための参考書が登場! ■本書の特長 ・ブロックチェーンの理解に必要とされるコンピュータサイエンスの基礎知識を、体系立てて復習できる ・BitcoinやEthereumの基礎となっている技術を学び、どういう仕組みで動いているかを理解できる ■本書の対象読者 ・これからブロックチェーンを使った開発を行いたいが、コンピュータの基礎(低レイヤー)や、コンピュータの仕組みを改めて復習したい方。 ・Bitcoin(BTC)やEther(ETH)などの暗号通貨に興味があり、その仕組みと技術をしっかり理解したい方。 ■本書の内容 ●CHAPTER1 コンピュータ基礎 データ構造とアルゴリズム、CPUの仕組みなどを扱う。 ●CHAPTER2 暗号とセキュリティ 共通鍵暗号、公開鍵暗号、ハッシュ関数、デジタル署名などを扱う。 ●CHAPTER3 ネットワーク プロトコル、HTTP通信、Websocket、P2P通信などを学ぶ。 ●CHAPTER4 ブロックチェーン応用(Bitcoin編) Bitcoinを題材に、ブロックチェーンの仕組みを学ぶ。 ●CHAPTER5 ブロックチェーン応用(Ethereum編) Ethereumを活用したアプリケーションの開発を学ぶ。スマートコントラクトを用いたアプリの仕組みを理解する。 ブロックチェーンの理解に必要なコンピュータサイエンスの基礎知識を、体系立てて復習! BitcoinやEthereumの仕組みを理解し、ブロックチェーンを「わがもの」にしよう! CHAPTER1 コンピュータ基礎 CHAPTER2 暗号とセキュリティ CHAPTER3 ネットワーク CHAPTER4 ブロックチェーン応用(Bitcoin編) CHAPTER5 ブロックチェーン応用(Ethereum編)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
56

Symbolブロックチェーンの基礎から実践的アプリの構築まで詳細に解説 ブロックチェーン技術の理論と実践のギャップを埋めるための書籍です。次世代のエンタープライズ向けブロックチェーンプラットフォーム「Symbol」を活用し、実用的なアプリケーション構築のためのガイダンスです。 ブロックチェーン技術が登場してから10年以上が経過し、その影響力はビジネスや社会に広がりを見せています。すでに多数の文献やドキュメントがありますが、理論と概念を説明するだけのものがほとんどで、具体的な実装やアプリケーション開発の手順を示しているものが少ないのが現状です。本書は、そういった理論と実践のギャップを埋めるための書籍です。次世代のエンタープライズ向けブロックチェーンプラットフォーム「Symbol」を活用し、アプリケーションやシステムを構築するための実用的なガイダンスを提供しています。Symbolブロックチェーン(以前は「NEM」と呼ばれていました)は、エンタープライズ向けに開発されているため、ビジネスユースでのシステム構築(暗号通貨による決済システム、スマートコントラクト、ファイルなどの実物性の証明、トレーサビリティの追跡システムなど)に有用な機能を構築しやすくなっています。第1章では、Symbolブロックチェーンを利用するために必要な環境構築について説明し、ツールの導入と確認、SDKの導入、デスクトップウォレットのセットアップ、テストアカウントによる動作確認を行っています。第2章は、本書のハイライトの1つといっても過言ではなく、Symbolブロックチェーンの各機能について、デモアリプリケーションを構築し、実際に動かしてみながら確認していきます。この章をクリアできれば、どんなアプリケーションでも作れるようになります。第3章では、実際にブロックチェーンがどのような領域で使われているかを見ていきます。第4章から第8章では、第3章で確認したそれぞれ領域において、具体的な実装を行いながら学んでいきます。 まえがき 刊行に寄せて 本書について 第1章 Symbolブロックチェーン開発のための環境構築 1-1 ツールの導入と確認 1-1-1 Node.js関連ツールの導入 1-1-2 TypeScriptの導入 1-2 SDKの導入 1-2-1 作業用ディレクトリの作成 1-2-2 package.jsonの作成 1-2-3 symbol-sdkのインストール 1-2-4 サンプルコード 1-3 デスクトップウォレットのセットアップ 1-3-1 ダウンロードページへのアクセス 1-3-2 プロファイルの作成 1-3-3 ニーモニックの生成 1-3-4 ニーモニックフレーズの保存 1-3-5 ニーモニックの認証 1-3-6 完了 1-3-7 アカウントの確認 1-3-8 ウォレットの日本語化 1-4 フォーセットからテストネット用の通貨を準備 1-4-1 フォーセットについて 1-4-2 取得の際の注意点 1-5 トランザクションの作成 1-5-1 テストネットにアカウントを追加作成する 1-5-2 トランザクションを実行する 1-5-3 受け取りアカウントでのトランザクションの確認 1-6 Symbolエクスプローラーでのトランザクションの確認 1-6-1 Symbolエクスプローラーにアクセス 1-6-2 トランザクション内容の可視化 1-6-3 トランザクションの詳細 1-6-4 ハッシュからの検索方法 1-6-5 アドレスからの検索方法 第2章 SymbolブロックチェーンWebアプリケーション実装:基礎 2-1 Symbol SDK 2-1-1 Symbolブロックチェーンを扱うために必要なもの 2-1-2 アカウントの作成 2-1-3 ソースコードと実行結果 2-1-4 デスクトップウォレットでのアカウントのインポート 2-1-5 アカウントの情報を取得する 2-1-6 実行結果 2-1-7 まとめ 2-2 トランザクション 2-2-1 コードの解説 2-2-2 ソースコードと実行結果 2-2-3 Symbol SDKを使用した承認済みトランザクションの検索 2-2-4 ソースコードと実行結果 2-2-5 Symbol SDKを使用したアグリゲートトランザクションの作成とアナウンス 2-2-6 ソースコードと実行結果 2-2-7 トランザクションステータスの取得 2-2-8 ソースコードと実行結果 2-3 モザイクの作成と送信 2-3-1 コードの解説 2-3-2 ソースコードと実行結果 2-3-3 複数のモザイクを送信する 2-3-4 ソースコードと実行結果 2-4 ネームスペースの作成 2-4-1 ルートネームスペースの作成 2-4-2 ソースコードと実行結果 2-4-3 サブネームスペースの作成 2-4-4 ソースコードと実行結果 2-4-5 ネームスペースの有効期限の確認 2-4-6 ソースコードと実行結果 2-4-7 ネームスペースとアドレスを紐付ける 2-4-8 ソースコードと実行結果 2-4-9 ネームスペースをモザイクに紐付ける 2-4-10 ソースコードと実行結果 2-4-11 ネームスペースから情報を取得する 2-4-12 ソースコードと実行結果 2-4-13 ネームスペースを使用したトランザクションの送信 2-4-14 ソースコードと実行結果 2-4-15 ネームスペースを使用したモザイクの送信 2-4-16 ソースコードと実行結果 2-4-17 まとめ 2-5 メタデータ 2-5-1 アドレスにメタデータを付与する 2-5-2 ソースコードと実行結果 2-5-3 他のアドレスにメタデータを付与する 2-5-4 ソースコードと実行結果 2-5-5 モザイクにメタデータを付与する 2-5-6 ソースコードと実行結果 2-5-7 ネームスペースにメタデータを付与する 2-5-8 ソースコードと実行結果 2-5-9 メタデータを取得する 2-6 ロック 2-6-1 トランザクションをアナウンスする 2-6-2 ソースコードと実行結果 2-6-3 シークレットロック 2-6-4 ソースコードと実行結果 2-6-5 まとめ 2-7 マルチシグについて 2-7-1 マルチシグアカウントの作成 2-7-2 ソースコードと実行結果 2-7-3 成功した場合 2-7-4 マルチシグトランザクションを用いた送信 2-7-5 ソースコードと実行結果 2-7-6 まとめ 2-8 監視 2-8-1 リスナーの実行 2-8-2 ソースコード 2-8-3 トランザクションの監視 2-8-4 ソースコードと実行結果 2-8-5 ブロックの監視 2-8-6 ソースコードと実行結果 2-8-7 まとめ 2-9 アカウントの制限 2-9-1 アカウントに対する受信制限 2-9-2 アカウントに対するモザイク受信制限 2-9-3 アカウントに対するトランザクションの制限 2-9-4 モザイクに対する制限 2-9-5 制限モザイクの送信 2-9-6 まとめ 2-10 オフライン署名について 2-10-1 アグリゲートトランザクションのオフライン署名 2-10-2 補足 2-10-3 ソースコードと実行結果 2-11 検証について 2-11-1 アカウントの検証 2-11-2 ソースコードと実行結果 2-11-3 まとめ 第3章 ブロックチェーンを使った実践的なサービスのロジックを学ぶ 3-1 スマートコントラクトとは 3-1-1 スマートコントラクトを考える上でのポイント 3-1-2 スマートコントラクトのアーキテクチャで注意するポイント 3-1-3 スマートコントラクトでのチケット交換のアーキテクチャ 3-2 NFT 3-2-1 NFTとは 3-2-2 現在のNFTの種類 3-2-3 FTとNFTの違い 3-2-4 NFTのアーキテクチャ 3-3 アポスティーユ 3-3-1 アポスティーユとは 3-3-2 アポスティーユを考える上でのポイント 3-3-3 アポスティーユのユースケース 3-3-4 アポスティーユのアーキテクチャ 3-4 検証 3-4-1 検証とは 3-4-2 検証することによる効果 3-4-3 検証する上で重要なこと 3-4-4 検証のアーキテクチャ 3-5 トレーサビリティ 3-5-1 トレーサビリティとは 3-5-2 トレーサビリティのユースケース 3-5-3 トレーサビリティ導入に当たって気を付けるべきこと 3-5-4 トレーサビリティのアーキテクチャ 第4章 「スマートコントラクト」のWebアプリケーション開発 4-1 デモアプリの概要 4-2 アプリの動作イメージ 4-3 環境構築 4-3-1 管理者アカウントの作成 4-3-2 ローカル環境での確認 4-4 コード解説 4-4-1 運営側アカウント作成のためのユーティリティツール 4-4-2 SSS Extensionの利用 4-4-3 ブロックチェーン接続のための共通設定や関数 4-4-4 バックエンド側の関数 4-4-5 フロントエンド側の関数 4-4-6 UI部分 4-5 本章のまとめ 4-5-1 ハンズオンの動画のURL 4-5-2 デスクトップウォレットで署名する際の設定 第5章 「NFT」のWebアプリケーション開発 5-1 デモアプリの概要 5-1-1 NFTの発行 5-1-2 モザイクIDからのNFTの確認 5-1-3 アドレスからのNFTの確認 5-2 環境構築 5-2-1 ローカル環境での確認 5-3 コード解説 5-3-1 createnft 5-3-2 checkNFT 5-3-3 checkaddressnft 5-4 本章のまとめ 第6章 「アポスティーユ」のWebアプリケーション開発 6-1 デモアプリの概要 6-1-1 オーナーオプションとマルチシグアカウント 6-2 アプリ動作イメージ 6-3 環境構築 6-3-1 ローカル環境での確認 6-4 コード解説 6-4-1 アポスティーユの作成 6-4-2 UI部分 6-5 本章のまとめ 第7章 「検証」のWebアプリケーション開発 7-1 デモアプリの概要 7-2 アプリの動作イメージ 7-3 コード解説 7-3-1 アポスティーユの監査 7-3-2 UI部分(Apostilleの監査) 7-3-3 UI部分(マイページ) 7-4 本章のまとめ 第8章 「トレーサビリティ」のWebアプリケーション開発 8-1 デモアプリの概要 8-2 アプリの動作イメージ 8-3 環境構築 8-3-1 管理者アカウントの作成 8-3-2 ローカル環境での確認 8-4 コード解説 8-4-1 ユーザーアカウントの作成やチェック 8-4-2 商品アカウントの作成 8-4-3 トレース情報の記録 8-4-4 履歴の表示 8-4-5 UI部分 8-5 本章のまとめ Appendix より深く学ぶために A-1 デプロイ A-1-1 Vercelによるデプロイ A-1-2 チェックポイント A-2 開発ツール A-2-1 SDKについて A-2-2 今後のバージョンアップ A-3 多言語開発 A-3-1 tsunagi-functions A-4 リソース A-4-1 コミュニティ A-4-2 YouTube あとがき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
56

そうした中でどんな情報を信じて投資をすれば良いのか?たった数ヶ月で資産を10倍以上にした著者が徹底解説! ■□仮想通貨投資の95%は詐欺! 騙されずに、短期間で儲ける方法とは?■□ このページを読んでいただき、ありがとうございます。 「今、買っておけば、将来、必ず儲かります!」 こうした謳い文句で、今、仮想通貨関連の投資詐欺が横行しています。 何百万円、何千万円といった資産を失い、途方に暮れる人たちがあとをたちません。 「仮想通貨の投資に興味はあるけれど、騙されそうで怖い……」 あなたがそう思うのも、仕方のないことと言えるでしょう。 「今がチャンス!」「絶対に儲かる!」といった謳い文句に騙されることなく あなたが仮想通貨で儲けるためには、いったいどうしたらいいのでしょうか? ■□日利1%は当たり前! 「ICO」「HYIP(ハイプ)」という甘い罠■□ あなたは「ICO」や「HYIP(ハイプ)」といった言葉をご存知でしょうか? 「ICO」は「Initial Coin Offering」の略で、株式投資における「IPO」のようなもの。 未上場の仮想通貨を買い、値上がり益を狙う手法です。 購入した仮想通貨が取引所で上場すれば、一気に価格が上がりますが 上場しなければ、ゴミ同然。塩漬けになることも珍しくありません。 一方、「HYIP(ハイプ)」は「High Yield Investment Program」の略。 「HYIP(ハイプ)」において、日利1%は当たり前。 「高利回り案件」と言えば、聞こえはいいですが、そのほとんどは「詐欺案件」です。 今、投資で損をしている人の多くは この「ICO」や「HYIP(ハイプ)」関連と言って、差し支えないでしょう。 実は、こうした案件の誘惑に負けてしまう人たちには、ある「共通点」があります。 その「共通点」とは、いったい何なのでしょうか? ■□なぜ、仮想通貨関連の投資で失敗してしまうのか?■□ 例えば、仮想通貨の代表格である「ビットコイン」は 「ブロックチェーン」という技術に支えられています。 ここで、あなたに質問です。 「ブロックチェーンとは何か、1分以内で説明してください」 こう言われて、あなたは簡潔に説明できますか? 実は、仮想通貨関連の投資で損をした人に話を聞いてみると 実際に、こうした質問に答えられない方がほとんどです。 つまり、何の前提知識もなく 他人に言われるがままに、大事なお金をつぎ込んでしまっているのです。 「リスクとは、自分が何をやっているか、よく分からない時に起こるものです」 こうした名言を残したのは、投資の神様として知られるウォーレン・バフェットでした。 「仮想通貨については、よく分からないけれど、何となく儲かりそう」 このように、何の前提知識もなく 「曖昧な判断基準」で投資をしてしまうから、うまくいかないのです。 「そう言うけれど、仮想通貨は難しくて、新聞や書籍を読んでも、よく分からない……」 そうした声が聞こえてきそうです。 たしかに、仮想通貨に関する新聞記事は難解です。 また、書籍も難解なものが多く 前提知識なしに読んでも、おそらくほとんどの方が理解できないでしょう。 では、そうした方は、いったいどうすればいいのでしょうか? ■□たった数カ月で資産が10倍以上に! 大好評の講義が、ついに書籍化! 著者・藤田篤示氏は、このページを読んでいるあなたと同じく 知識ゼロから仮想通貨への投資を始めました。 知識ゼロから始めたため、時には数百万円の損失を出すこともありましたが その資産は、たった数カ月で10倍以上に。 仮想通貨への投資で、大きく人生が変わりました。 そうした体験を元に、ビットコインや仮想通貨関連のセミナーや勉強会を開始。 「知識ゼロから始めた人間」だからこそ分かる情報満載で 「圧倒的に分かりやすい!」と大評判です。 今回、そのセミナーを紙上で再現し、待望の書籍化! 「ブロックチェーンって何?」 「マイニングって何?」 「なぜ、ビットコインは分裂騒動が頻発するのか?」 「ビットコインや仮想通貨への投資で、短期間で資産を倍にするには?」 本書を読めば、今すぐ理解できます! それでは…… ■□気になる本書の内容は? 「無料プレゼント」のおまけ付き!■□ 本書の構成は、以下のとおりです。 第1講…今さら聞けないビットコインの基礎知識 第2講…実践! ビットコインの買い方・使い方 第3講…ビットコインであなたの資産を倍にする方法 世界一分かりやすいから、1時間もあれば、全部読める! この本を読むだけで、ビットコインや仮想通貨の「基礎知識」が、一気に身に付きます。 さらに、読者限定のおまけ付き! この本をお買い上げの方には、著者・藤田篤示が 『本書には書ききれなかった仮想通貨で稼ぐための秘訣』(PDFファイル) を無料プレゼント! 「基礎知識」だけでなく、「最新情報」から「投資戦略」まで、幅広く指南します。 詳しくは、本書をご覧ください! 第1講 今さら聞けないビットコインの基礎知識(お金と銀行の歴史/「ビットコイン」って何?/「ブロックチェーン」って何? ほか) 第2講 実践!ビットコインの買い方・使い方(「ウォレット」って何?/「WEBウォレットを有効に活用する方法」とは?/ビットコインを使う際の「メリット」「デメリット」とは? ほか) 第3講 ビットコインであなたの資産を倍にする方法(ビットコインの投資で「やってはいけないこと」とは?/あなたの資産を倍にする「ベストな投資法」とは?/ハイリスク・ハイリターンの投資法(トレード/ICO) ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
56

テクノロジーは未来をどう変えるのか? 日本人はどう変わるべきなのか? ベストセラーとなった単行本をブラッシュアッした決定版! 経済の未来は?  AI時代の労働とは?日本はどう変わるべきか?テクノロジーの進化が、世界を大きく変えている。第一人者が、さまざまな実例を示しながら、技術的な視点のみならず思想的な側面から、最新技術が経済や社会に与える影響と役割を考える。新書刊行時に大きな反響を呼んだベストセラーを、アップデートした決定版!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
56

本書はブロックチェーン技術の仕組みやこれからの将来性について、平易に説明しています。 この技術は、ビットコインなどの暗号通貨だけでなく、ゲーム、医療、スポーツ、社会インフラなど、様々な分野に応用する活動は、すでに始まっており、実はすでに我々のくらしに欠かせないものとなっています。具体例を紹介しながら進めていくので、初学者の方が理解しやすい1冊に仕上げました。 ぜひ本書でブロックチェーンに寄り添ってみてください。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
56

革新的技術の誕生

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
56

新たな信頼の世界

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
56

■基礎編 第1章 プロローグ 第2章 ブロックチェーンに至る流れ 第3章 ブロックチェーン技術とは? 第4章 ブロックチェーン技術の応用 第5章 ブロックチェーンの業界動向 ■理論編 第6章 ブロックチェーンの仕組み 第7章 P2Pネットワーク 第8章 コンセンサスアルゴリズム 第9章 電子署名とハッシュ 第10章 利用にあたっての課題 ■実践編 第11章 Bitcoin Core 第12章 Ethereum 第13章 Hyperledger Fabric 第14章 エピローグ ◆◆金融分野に止まらない広汎な応用例を列挙◆◆ 本書は主にITエンジニアを対象とし、3部構成となっています。 ■基礎編(1~5章)では「ブロックチェーン=金融」というイメージを払拭します。 まずはビットコインとの混同を解き、技術の概要と意義、登場の背景をざっくり説明します。 また、金融機関をはじめ各国政府機関や企業間の実証実験、応用事例等を通じて、 各業界の動向を紹介します。 ■理論編(6~10章)では、ブロックチェーンの構成要素であるP2Pネットワーク、 コンセンサスアルゴリズム、電子署名およびハッシュ暗号を解説します。 これら既存技術によって解決されたことと、まだ解決されていない問題を明らかにし、 ブロックチェーン技術を利用する上での課題を考察します。 ■実践編(11~14章)では、代表的な3つのブロックチェーン基盤、すなわち Bitcoin Core、Ethereum、HyperLedger Fabricを動かしてみます。 実行環境を構築して、暗号通貨による送金やマイニングを実行するほか、 簡単なサンプルアプリケーションを作成します。 これらの作業を通じ、スマートコントラクトの開発方法、各ブロックチェーン基盤の 特徴や違いについて理解を深めます。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
57

話題のブロックチェーン、今さら聞けないビットコインがすぐ分かる1冊! 話題のブロックチェーン、今さら聞けないビットコインがすぐ分かる1冊! 仮想通貨や国際送金など金融系のみならず、IoTや流通の新たなプラットフォームになる可能性を秘める「ブロックチェーン」、700以上存在するといわれる仮想通貨の代表格の「ビットコイン」への注目がますます高まっています。  ビジネスの競争環境を一変させるインパクトを持ちますが、発展途上の技術、サービスだけに、その実像を理解するのはなかなか難しいもの、そこで日経BP社はムック『この1冊でまるごとわかる ブロックチェーン&ビットコイン』を発行します。キーパーソンへのインタビュー、大きな図も交えた2ページ単位の分かりやすいキーワード解説、企業活用の動向解説などで構成。両技術のインパクトを分かりやすく伝えます。 第1章 早わかり編 第2章 動向解説編 第3章 実践編 仮想通貨をリアルに体験してみた! 第4章 キーパーソン編 第5章 キーワード解説編 第6章 上級編

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
56

遠くない将来、ブロックチェーンによって「信用」の仕組みは大きく変わります。知識ゼロからでも、スッキリ理解できる1冊。 遠くない将来、ブロックチェーンによって「信用」の仕組みは大きく変わり、金融機関だけでない多くの業界、職種で大変革が起こることになります。現在は水面下で進行しているため、多くの人は気づいていないかもしれません。でも、その流れは不可逆的で、加速しながら進行しているのです。何が、どうして現在の産業、企業にとって破壊的なのか? どうすればその波をとらえ、ビジネスにつなげることができるのか? 知識ゼロからでも、スッキリ理解できるよう解説していきます。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.79
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.81
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
56

デジタル・ゴールド: ビットコイン、その知られざる物語

ナサニエル ポッパー
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.83
56

暗号資産の会計とブロックチェーンのしくみ (図解でスッキリ)

EY新日本有限責任監査法人
中央経済グループパブリッシング

暗号資産やブロックチェーンのしくみ、リスク、会計処理、所得税の取扱い等をやさしく解説。 暗号資産の概要やリスク、会計処理、所得税の取扱いについて、1テーマごとに図解&見開きで解説。NFT等最新論点を入れ「仮想通貨の会計とブロッチェーンのしくみ」を改題。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.87
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.90
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.92
56

仮想通貨の教科書

アーヴィンド・ナラヤナン
日経BP
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.94
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.95
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.96
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.99
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.100
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.101
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search