【2024年】「vr」のおすすめ 本 46選!人気ランキング

この記事では、「vr」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. VRビジネスの衝撃 「仮想世界」が巨大マネーを生む (NHK出版新書)
  2. 今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいVRの本 第2版 (B&Tブックス)
  3. VR原論 人とテクノロジーの新しいリアル
  4. VRコンテンツ最前線: 事例でわかる費用規模・制作工程・スタッフ構成・制作ノウハウ
  5. バーチャルリアリティ学
  6. XR・メタバースの知財法務
  7. アバターワーク メタバースが生み出す時間、場所、身体から解放された働き方
  8. 60分でわかる! メタバース 超入門
  9. トコトンやさしい機械力学の本 (今日からモノ知りシリーズ)
  10. トコトンやさしいVRの本 (今日からモノ知りシリーズ)
他36件
No.2
95
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
93
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
82
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
80

XR・メタバースの知財法務

関 真也
中央経済グループパブリッシング
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
79
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
69
みんなのレビュー
天才起業家の佐藤氏の書籍。メタバースと宇宙開発との関係について分かりやすく学べる良書。佐藤氏の考えは一般人のだいぶ先をいっているのでキャッチアップしておくことが大事。
No.16
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
68

メタバースとWeb3

國光 宏尚
エムディエヌコーポレーション
みんなのレビュー
國光氏が書いた本ということで期待して手に取ったが、目新しい内容はそれほどなかった。國光氏のインタビュー記事とか読めば十分かも。
No.20
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
66

VR/AR 医療の衝撃

杉本真樹
ボーンデジタル
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
66

DICOMビューア&PACSソフト「OsiriX(オザイリクス)」の日本語解説書を8年ぶりに大改訂!OsiriXに初めて触れる人から、医用画像解析を本格的に行いたい人まで、医師、歯科医師、看護師、技師、獣医師、薬剤師など、 医療関係者の多様なニーズに応える至極の書です。医用画像ソフト・OsiriXの基本的な使い方からVR・ARといった最新技術との連動方法まで、図版が豊富でわかりやすい!Chapter1 OsiriXの概要01 OsiriXの特徴と主な機能02 OsiriXの入手03 OsiriXのインストールと起動/終了Chapter2 OsiriXの基本01 OsiriXの画面構成02 インターフェイスのカスタマイズ03 基本操作とショートカットキー04 ファイルの読み込み/書き出しChapter3 DICOM画像を見るための基本操作01 DICOM画像を見る02 シリーズの操作Chapter4 OsiriXの実践的な機能01 2D Thick Slab02 4D03 フュージョン(重畳)04 注釈05 MPR(多断面再構成)①06 MPR(多断面再構成)② 3D MPR07 MPR(多断面再構成)③ 3D曲面MPR08 MPR(多断面再構成)④ 2D直交面MPR09 MPR(多断面再構成)⑤ 2D直交面MPRビューア上で動作する3D MIP10 3D再構成① 3D MIP(最大値投影)11 3D再構成② 3Dボリュームレンダリング12 3D再構成③ 3Dサーフェスレンダリング13 3D再構成④ 3D内視鏡14 ROI(関心領域)と臓器抽出15 ネットワーク設定Chapter5 OsiriXの一歩進んだ活用法01 VRや3Dプリンタで医用画像を活用するヒント02 臓器・術式別セグメンテーションのコツ03 ポリゴンデータを修正・加工し医療現場で活用するツールとテクニック04 出力したポリゴンモデルをVR・AR・MRとして体験する05 臨床現場でのXR活用

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
65

国土交通省の3D都市モデル 「PLATEAU」、初の公式書籍刊行! 3Dのデジタル地図である3D都市モデルとは何なのか、PLATEAUを根本から理解するための基礎から実装までを網羅した実践的な解説集。 PLATEAUは、国土交通省が進めている3D都市モデルの整備・活用・オープンデータ化のプロジェクトです。都市活動のプラットフォームデータとして3D都市モデルを整備し、さまざまな領域でユースケースを開発しています。本書は、都市が持つデータをつなぎ、新たな価値を生み出す都市のデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みに必要な「3D都市モデル」を理解し、実践するための入門解説集です。3D都市モデルとは何か、またPLATEAUでどのような開発ができるのか、国?交通省や各分野における多数の専門家の監修を経て、基礎からわかる内容でお届けします。主な内容本書では、3DデータやGIS(地理情報システム)の開発が未経験な方でもPLATEAUを扱うことができるように、3D都市モデルの仕様や入手方法といった基礎知識から、各開発ツールでアプリケーションを作る際の基本的な操作手順、実践的なテクニックまで、詳しく解説します。本書は「PLATEAU」に関係するすべての人々を対象としています。国土交通省が地方公共団体や民間企業、アカデミアと連携しながら推進するProject PLATEAUの入門書として、3D都市モデルを実利用するためのツールと入り口を提供します。基礎的な内容をおさえているため、書籍として内容確認ができるリファレンスとしての利用や、地方公共団体や企業での将来的な導入のご参考、さらに今後の都市開発に欠かせない基本情報を知る学習書としてもご活用いただけます。 はじめに、本書の使い方 TOPIC 1 3D都市モデルでできること TOPIC 2 PLATEAU VIEWで体験する TOPIC 3 3D都市モデルデータの基本 TOPIC 4 CityGMLから各種データ形式へのコンバート TOPIC 5 GISで活用する TOPIC 6 Cesiumで活用する TOPIC 7 TerriaJSで活用する TOPIC 8 Blenderで活用する TOPIC 9 Unityで活用する TOPIC 10 Unreal Engineで活用する TOPIC 11 TouchDesignerで活用する TOPIC 12 Three.jsで活用する TOPIC 13 VRワールドをつくるためのプラットフォームでの利用 TOPIC 14 VR・ARでの活用 TOPIC 15 クリエイティブ分野での活用 TOPIC 16 ROSで活用する TOPIC 17 PLATEAU SDKでの活用 INTERVIEW 付録 1 全国3D都市モデルマップ 付録 2 事例集 付録 3 逆引き辞典・参考資料 索引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
65

アンドロイド基本原則

漱石アンドロイド共同研究プロジェクト
日刊工業新聞社

アンドロイドとは何か 漱石アンドロイド計画 漱石アンドロイドの制作 動きはじめる漱石 漱石と出会う体験の創出. 1 漱石と出会う体験の創出. 2 再生ロボットに権利はあるのか?それは誰が行使するのか? アンドロイドによる進化 アンドロイドの発話行為、どこまでホンモノに近づけるか アンドロイドとのコミュニケーションと体験の価値 アンドロイド基本原則はどうあるべきか 人がアンドロイドとして甦る未来

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
65

バーチャルリアリティ(VR)は、疑似体験だけでなく、メタバース(仮想空間)へとその技術を進化させている。新しいサービス空間が創出されている今、サービス産業はVRをどのように活用できるのか、またどのようなVRがサービス産業に必要とされているのかを考察する。     はじめに 序章 見えてきた社会の潮流とVR――コンピュータ技術の現況と本書の問題意識(廣瀬通孝) 第I部 サービスVRとサービス業 第1章 VR技術のこれまで――バーチャル体験からメタバースまで(廣瀬通孝・青山一真) 第2章 サービスVRの誕生――技術によるコンテンツの創出(廣瀬通孝) 第3章 サービスVR研究のいま――人間の身体と行動の変容を拡張する(廣瀬通孝・雨宮智浩・青山一真) 第II部 コロナ後のVRとサービス産業 第4章 ポストコロナ社会に向けての哲学――自律分散型システムの構築(廣瀬通孝) 第5章 リモート社会の進展とCSCW――様々なメディアを利用した共同作業支援技術(葛岡英明) 第6章 サービスデザインの課題とVRへの期待――ツーリズムを例として(武山政直) 第7章 サービスVRと社会――モビリティサービスと高齢者市場への貢献(廣瀬通孝・青山一真・伊藤研一郎) 第III部 メタバースとその世界 第8章 VRからメタバースへ――概念と技術と価値(廣瀬通孝・伊藤研一郎) 第9章 メバース空間と価値の循環――大規模VR経済圏は構築可能か?(伊藤隆敏) 第10章 メタバース空間のルール――ユーザ保護とその対策(伊藤研一郎) 終章 VRと社会の相互関係――サービスのエッセンスに迫る努力(廣瀬通孝)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
65

なぜフィクションか?:ごっこ遊びからバーチャルリアリティまで

ジャン=マリー・シェフェール
慶應義塾大学出版会

物語論、哲学、人類学、心理学、認知科学の観点から、フィクション形式を分析し、フィクションを「心的能力」としてとらえなおす。 なぜ人はフィクションを楽しみ、忌避するのか。物語論、哲学、人類学、心理学、認知科学の観点から、文学、映画、あらゆるフィクション形式を分析し、フィクションを人類に普遍的に備わる「心的能力」としてとらえなおす。 なぜ人はフィクションを楽しみ、忌避するのか  フランスを代表する文学理論家・美学研究者であるシェフェールが一九九九年に発表した本書は、その後のフィクション理論に多大な影響を与えた。  「なぜ」フィクションかと問うことは、「なぜ」人間がフィクションに身をゆだね、喜びを感じるのか、あるいは逆に、ときには「なぜ」フィクションを忌避するのかと問うことを意味する。  物語論、哲学、人類学、心理学、認知科学等の観点から、文学や映画からビデオゲームにいたるあらゆるフィクションの形式を分析し、フィクションを人類に普遍的に備わる「心的能力」としてとらえなおす。  序論 第一章 模倣なんかこわくない  1 模倣する狼からバーチャルの狼へ  2 プラトンⅠ――「する」から「あたかも~のようにする」へ  3 プラトンII――模倣することと認識すること  4 遊戯的模倣の二つの系譜  5 プラトン、それでもなお 第二章 ミメーシス――模倣する、装う、表象する、認識する  1 古くからの混乱について  2 ミメティスム  3 類似から模倣へ  4 模倣から偽装へ  5 表象からミメーシス的表象へ  6 認識手段としてのミメーシス   第三章 フィクション   1 模倣、まやかし、偽装、フィクション  2 フィクションの系統発生――共有された遊戯的偽装について  3 フィクション能力の個体発生――ミメーシス的自己刺激について  4 フィクション的没入  5 フィクション的モデル化――フィクションと指示 第四章 いくつかのフィクション装置について  1 遊戯、夢想、芸術  2 没入の媒介と態度  3 フィクション物語(レシ)  4 演劇フィクション  5 視覚表象とフィクション  6 映画   7 デジタルフィクション 結論  註  訳者解説  参考文献  索引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
65

未来ビジネス図解 仮想空間とVR〈メタバース〉

株式会社往来
エムディエヌコーポレーション
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search