【2024年】「ブックレポート」のおすすめ 本 140選!人気ランキング

この記事では、「ブックレポート」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 増補新訂版 アンネの日記 (文春文庫) (文春文庫 フ 1-4)
  2. アルジャーノンに花束を〔新版〕(ハヤカワ文庫NV)
  3. 夜のピクニック (新潮文庫)
  4. 読書嫌いのための図書室案内 (ハヤカワ文庫JA)
  5. オン・ザ・ライン (小学館文庫 く 11-1)
  6. 遺体: 震災、津波の果てに (新潮文庫)
  7. 一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ- (講談社文庫)
  8. ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  9. カラフル (文春文庫 も 20-1)
  10. ぼくは満員電車で原爆を浴びた: 11歳の少年が生きぬいたヒロシマ
他130件
No.6
87
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
85
みんなのレビュー
この年代ならではの悩みや、それに向き合う母の姿が素敵です。
No.9
81
みんなのレビュー
小6の時、友達の好きな本だったので読んで見た思い出の一冊です‼︎ちょっとだけ読むはずが一気に読んでしまいた。映自分の生き方にすごく悩まされました
No.11
80
みんなのレビュー
愚痴を言っている人へ                     そうやって人の作品を侮辱するのって良くないと思うんですけど、どうなんですか?  というか、そもそも「面白くなかった」とおもうのはいいんですけど、わざわざコメントする必要ってありますか?ありませんよね!
つまんない言うなら帰れクソが
No.12
79
みんなのレビュー
子供向けの物語かと思いきや、大人が読んでも深く人生について考えさせられる本。大切なものは目に見えないんだというセリフが好き。
No.14
79
みんなのレビュー
二人の恋にとても感動しました!
No.15
79
みんなのレビュー
あまり、おすすめはしません。正直面白くないです。
面白いかも
No.17
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
77
みんなのレビュー
人にとって大切なことは、何か教えてくれる本です。
No.21
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
75
みんなのレビュー
全ての人にオススメしたい書籍。我々ホモ・サピエンスはなぜここまで繁栄することができたのかを著名人類学者が語る。全世界で大ヒットしているだけあって非常に面白い。ボリューミーだが、目からウロコの内容ばかりでどんどん読み進められる。
No.24
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
75

男と犬 泥棒と犬 夫婦と犬 娼婦と犬 老人と犬 少年と犬

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
74

シンギュラリティ? それ、本当ですか? ロボット/人工頭脳の飛躍的進化・深化とその最前線は、人間にどのような変 革を迫るか?「天声人語」ほかで紹介され、すでにMARCH合格レベルにあ る人工知能「東ロボ」くんのその後のすべて。人間vsAIの現在と未来を詳しく、 やさしく語りベストセラーとなるも、現在入手困難となった幻の書籍の改訂増 補版を、満を持してお届けします。ベネッセ模試、代ゼミの「東大プレ」にお ける成績の最新データから、AIの最新技術とその得意不得意も明らかに。そし て、果たして私たち人間の能力とは? 改訂新版 ロボットは東大に入れるか 目次 まえがき 第1章 〈東ロボくん〉と人工知能の現在 センター入試は楽勝か? コンピュータの「知性」とは? 消える職業、変わる学校 第2章 「東大」への大いなる一歩 ―――東ロボくん+東ロボ手くん「マーク模試」&「東大入試プレ」に挑戦!! ベネッセコーポレーションによる「マーク模試」結果報告と概評 はじめに 小林一木 世界史B/国語/英語(筆記)/物理/数学Ⅰ・数学A/数学Ⅱ・数学B SAPIX YOZEMI GROUPによる東ロボ君の歩みと「東大入試プレ」 はじめに 高宮敏郎 数学(文科・理科)/世界史/世界史(東ロボ手くん) 「ロボットは東大に入れるか」 プロジェクトチームによる現状と展望 社会科:自然言語処理で、データを「知識」に変える 宮尾祐介(国立情報学研究所) 国語 :あらゆる知的能力の基盤をどう磨くか? 佐藤理史(名古屋大学) 物理 :「曖昧さ」と「常識」をどうクリアするか 稲邑哲也(国立情報学研究所) 数学 :「ふつう、こうでしょう」というプログラム 新井紀子(国立情報学研究所) 英語 :英語を通して言語を学ぶ 東中竜一郎(NTTコミュニケーション科学基礎研究所) 第3章 〈東ロボくん〉の将来/私たちの未来 東ロボくんの「かたち」 ロボットの人権 機械の深化と人間の進化 私たちが「人間であること」―――あとがきにかえて 謝辞 装幀=祖父江 慎 + 根本 匠(cozfish)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
74

グルグル回る この世界を記述する 記憶はその都度つくられる 見えるもの、見えないもの 「せいめいのはなし」をめぐって

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
74

珠玉と呼ぶにふさわしい極上短編が、こんなに読みやすくなりました。 荒廃した平安京の羅生門で、死人の髪の毛を抜く老婆の姿に、下人は自分の生き延びる道を見つける。表題作「羅生門」をはじめ、初期の作品を中心に計18編。芥川文学の原点を示す、繊細で濃密な短編集。 荒廃した平安京の羅生門で、死人の髪の毛を抜く老婆の姿に、下人は自分の生き延びる道を見つける。表題作「羅生門」をはじめ、初期の作品を中心に計18編。芥川文学の原点を示す、繊細で濃密な短編集。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
74
みんなのレビュー
海外のテック起業家がオススメしていることが多く手にとって読んでみた。リチャード・ファインマンという天才物理学者の生き方に触れることができ素朴な日常に疑問の目を向けること、常に好奇心を持ち続けることの大事さを実感した。
No.40
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
73
みんなのレビュー
懐かしいー!小学生の時に、何回も読んでいました。本に関する規制が厳しくなった日本で、本を守るために戦う人たちの話です。臨場感あふれる描写のバトルファンタジーですが、恋愛風味もあり、2人の絶妙な距離感を味わいながら、楽しく読めます!
No.44
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
73

海の見える理髪店 いつか来た道 遠くから来た手紙 空は今日もスカイ 時のない時計 成人式

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
73

ぼくだけの山の家

ジーン・クレイグヘッド ジョージ
偕成社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
73

GO

金城 一紀
講談社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
67

後世への最大遺物 デンマルク国の話 内村鑑三略年譜 解説(鈴木範久) 注

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
65

菊池宏樹 小泉風助 沢島亜矢 前田涼也 宮部実果 菊池宏樹 東原かすみ~14歳

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
67

レポート・論文執筆のポイント/学生であれば知っておきたい学習テクニックを、大学の学生相談員が「学生の目線」から易しく解説。 大学1、2 年生から実際に、大学の学習相談に寄せられた質問を元に、レポート・論文執筆のポイント/学生であれば知っておきたい学習テクニックを、大学の学生相談員が「学生の目線」から易しく解説。 ▼知識ゼロからのレポート作成 “超” 入門! 大学1、2 年生から実際に、大学の学習相談に寄せられた質問を元に、レポート・論文執筆のポイント/学生であれば知っておきたい学習テクニックを、大学の学生相談員が「学生の目線」から易しく解説。この一冊で、“ダメなレポート”から脱出せよ!  刊行にあたって  はじめに 第1部 基礎編 第1章 レポートってそもそも何? 何をすればいいの? (1) レポートの大原則 (2) レポートの型 (3) レポートは読者とのコミュニケーション手段 第2章 提出まで時間がない! 最低限やるべきことは? (1) 脱・ダメレポートのための最低ライン (2) 課題の条件を満たす (3) 課題別の対処法 (4) 効率よく時間を使うために 第3章 参考文献って何? どう使うの? どう書くの? (1) 参考文献は何のためのもの? (2) 参考文献一覧の書き方 (3) 参考文献のその他の使い方 第4章 他人の考え(引用)だらけ! どうしたらいい? (1) なぜ引用だらけになってしまうのか (2) 問いを立てるために 第5章 「自由に論ぜよ」って言われても、一体どうすればいいの? (1) テーマを設定するには (2) テーマを設定する時の注意点 (3) テーマ設定の例 第6章 資料がうまく見つからない! これって探し方が悪いの? (1) 資料を探すためのキーワードがわからない? (2) テーマや資料を限定しすぎ? (3) どうしても見つからない (4) その他の検索テクニック 第2部 発展編 第1章 ノートの取り方・活用の仕方 (1) 「脱・板書丸写し」の心構え (2) ノートテイキングのコツ (3) ノートの例 (4) ノートをフル活用しよう ―― 問いとの連関 ―― 第2章 スケジューリングの方法 (1) スケジューリングの失敗例 (2) レポートに取り組むためのスケジュール管理 (3) スケジュール例 (4) レポートの手順のポイント (5) レポートを効率よく進めるコツ 第3章 ダメレポートを改稿する (1) 事例1 (2) 事例2 第4章 書評レポートの書き方 (1) 書評レポートってどんなもの? (2) 書評レポートの構成 (3) 書評レポートの失敗例 (4) 書評レポートの取り組み方 第5章 プレゼンテーションへの応用 (1) プレゼンの心構え (2) プレゼン準備の手順 (3) スライドの悪い例、改善例 (4) プレゼンならではのポイント (5) こんなプレゼンはダメ!  おわりに

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
65

おきなぐさ.双子の星.貝の火.よだかの星.四又の百合.ひかりの素足.十力の金剛石.銀河鉄道の夜. 年譜:p251~264

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
64

懶惰の歌留多 富嶽百景 黄金風景 走れメロス トカトントン

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
64

海にはワニがいる

ファビオ・ジェーダ
早川書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.79
64
みんなのレビュー
映画化もされた「湊 かなえ」の代表作。あまり小説を読む方ではないが、この小説には惹き込まれた。
KokUHAKU
No.83
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.85
67

ぬり絵をやめさせる 悪魔との約束 ちごうた計算 πレーツ・オブ・サガミワン 解説

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.87
67

火花 芥川龍之介への手紙

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.88
64

「テキスト批評」の解説の充実、「指定文字数と内容との関係」への補足説明や注の形式に関する説明の更新などの改良を加えた決定版。 「テキスト批評」の解説の充実、「(レポート等の)指定文字数と内容との関係」への補足説明や、注の形式に関する説明の更新、参考文献とその解説の刷新など、より理解しやすく使いやすくなるための改良を加えた決定版。 ▼当社最大のベスト&ロングセラーを約15年ぶりに改訂! ▼高い評価を得ている明快さ・簡潔さはそのままに、解説と情報をリバイズ。 ▼大学での初年次教育、新社会人教育にオススメ! 累計発行部数20万部を超える当社最大のベスト・ロングセラーを、2002年の第3版刊行以来、約15年ぶりに改訂。 好評を博した明快な語り口調やコンパクトにまとまった構成はそのままに、「テキスト批評」の解説の充実、「(レポート等の)指定文字数と内容との関係」への補足説明や、注の形式に関する説明の更新、参考文献とその解説の刷新など、より理解しやすく使いやすくなるための改良を加えた決定版。 1章 大学での勉強とレポート・論文の書き方  ―はじめてレポートを書く人のために―  1.1 本書の目的と特徴   1.1.1 本書の目的   1.1.2 本書の特徴  1.2 大学の教育とレポート・論文の書き方   1.2.1 大学でのレポート・論文とは   1.2.2 「学―問」と創造的能力の育成   1.2.3 講義中の態度・質問   1.2.4 レポート・論文とは「学―問」である  1.3 レポート・論文の有用性  1.4 本書の構成 2章 テキスト批評という練習法  2.1 テキスト批評とは何か?  2.2 なぜ本(テキスト)を読むのか?  2.3 テキスト批評の仕方   2.3.1 テキストについて   2.3.2 全体の構成   2.3.3 各構成部分の作り方  2.4 テキスト批評の効果 3章 論文の要件と構成  3.1 論文とは何か?  3.2 レポートとは何か?  3.3 レポートを書く際の注意  3.4 論文の構成部分とその順序  3.5 各部分で何を書くか?   3.5.1 「目次」   3.5.2 「序論」   3.5.3 「本論」   3.5.4 「結論」   3.5.5 「付録」   3.5.6 「文献表」   3.5.7 「索引」   3.5.8 「謝辞」、「まえがき」、「あとがき」  3.6 その他の構成方法 4章 テーマ・問題の設定、本文の組み立て方  4.1 テーマ・問題の設定  4.2 本文の組み立て方 5章 注、引用、文献表のつけ方  5.1 注のつけ方   5.1.1 「注」とは何か?   5.1.2 注の目的   5.1.3 注の種類  5.2 注記号(番号)と注欄のつけ方   5.2.1 注記号(番号)のつけ方   5.2.2 注欄のつけ方   5.2.3 注のつけ方の注意  5.3 引用の仕方   5.3.1 著作権と引用   5.3.2 引用の仕方   5.3.3 引用の際の注意  5.4 注欄における引用出典の書き方   5.4.1 日本語での一般的な出典表記法   5.4.2 引用出典の実例   5.4.3 同一出典の略記   5.4.4 欧文語の文献を引用した時の出典表記法   5.4.5 引用出典の実例   5.4.6 簡易な組込注のつけ方  5.5 文献表の作り方   5.5.1 作成上注意すべき点   5.5.2 日本語での細目表記順序   5.5.3 欧文文献の表記の仕方  5.6 欧文略号・略記一覧 付録1 「見本レポート」 付録2 接続語・接続表現による文の論理的結合 付録3 インターネットの利用法 参考文献 あとがき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.89
64

部長・上野直也という男 副部長・大神宏明の悲劇 三倍にしろ! 前編 三倍にしろ! 後編 勝たんまでも負けん! 落ち着け。俺たちは今、

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.90
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.92
67

新たな章を設け、新指導要領に完全対応。既存のすべての章にも新項目を加え大幅にパワーアップ。中学生にも大人にも役に立つ一冊。 新たな章を設け、新指導要領に完全対応。既存のすべての章にも新項目を加え大幅にパワーアップ。中学生にも大人にも役に立つ一冊。 新指導要領に対応した増補改訂版です。データに関する章を新設し、既存のすべての章に新項目を加え、大幅にパワーアップしました。中学校で習う数学は、「数学の基礎の基礎」です。文字式、方程式、平方根などの計算についても、「なぜこの方法で計算できるのか?」「どうしてこの公式が成り立つのか?」というような根本的な原理を理解することが大切です。すっきりと読みやすい文章、「なぜ?」「どうして?」と疑問が浮かんではその都度きちんと解説していく展開は、誰もが安心して読み進めることができます。数学の歴史にも随所で触れられており、数学がどのような人によってどのように発展してきたのかを知ることができます。 「なんとなく」の理解から「人に教えられる」ほどの本当の意味での理解へ。中学生が読んでも大人が読んでも役に立つ、実用と深みを兼ね備えた渾身の一冊です。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.94
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.96
64
みんなのレビュー
この本は博士の人生についてすごく考えさせられます。おすすめします;
No.97
64

冬への順応.長い影.ワカサギを釣る.ダイヤモンドダスト

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
64

いなくなったミケと、虹かける人 ぬすまれた!?ロシアンブルーのスカイ ちょっとこわい大捜索!スキマから消えたレオ あのころと同じ思いコーギーのきずな 天井裏に入った黒ネコ、ノワール

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.99
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.100
64
みんなのレビュー
天才起業家の佐藤氏の書籍。メタバースと宇宙開発との関係について分かりやすく学べる良書。佐藤氏の考えは一般人のだいぶ先をいっているのでキャッチアップしておくことが大事。
No.103
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.104
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.105
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.106
63

序章 夏の章 眠りの章 塔の章

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.110
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.113
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.117
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.119
63

本心

平野 啓一郎
文藝春秋
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.120
66

三十八度通り 千羽びらき 猫の舌と宇宙耳

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.121
63

前宙返り三回半抱え型 スワンダイブ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.122
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.123
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.124
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.125
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.126
63

「教養」の持つ底力を、対立住民の合意形成を図る“地を這う哲学者”が語る。すぐれた選択を導く知、思慮深さとはどういうものか? 単なる“飾り”か、それとも“命綱”か。教養の力で人びとの合意形成を図る「地を這う哲学者」が斬り込む。すぐれた選択を導く知、思慮深さとはどういうもの?

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.128
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.131
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.132
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.135
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.136
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.137
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search