についてお探し中...

【2024年】「ビルゲイツ」のおすすめ 本 73選!人気ランキング

この記事では、「ビルゲイツ」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 異星の客 (創元SF文庫) (創元推理文庫 618-3)
  2. 天才読書 世界一の富を築いたマスク、ベゾス、ゲイツが選ぶ100冊
  3. リンカーン(上) - 大統領選 (中公文庫 ク 8-1)
  4. 新インナーゲーム (インナーシリーズ)
  5. メンデレーエフ元素の謎を解く: 周期表は宇宙を読み解くアルファベット
  6. ごく平凡な記憶力の私が1年で全米記憶力チャンピオンになれた理由
  7. からっぽ! 10分間瞑想が忙しいココロを楽にする
  8. シグナル&ノイズ 天才データアナリストの「予測学」
  9. ワイフ・プロジェクト
  10. レオナルド・ダ・ヴィンチ 上
他63件
No.1
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
90

リンカーン(上) - 大統領選 (中公文庫 ク 8-1)

ドリス・カーンズ・グッドウィン
中央公論新社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
88
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
73

ワイフ・プロジェクト

グラム・シムシオン
講談社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
72

レオナルド・ダ・ヴィンチ 上

ウォルター・アイザックソン
文藝春秋
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
71

温室効果ガスの排出量をゼロにするしか、我々が生き残る道はない。「気候大災害」を回避するために、ビル・ゲイツは政治・経済・科学のあらゆる側面から分析を進めてきた。10年の調査が結実し、パンデミックをも予期した著者の描く未来像が明らかに。20年ぶりの著作。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
66

パワー

ナオミ・オルダーマン
河出書房新社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
64

現代中国の父トウ小平 上

エズラ F.ヴォーゲル
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
63

曲線・自然・エネルギー編

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
63

探求-エネルギーの世紀 上 普及版

ダニエル ヤーギン
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版

エネルギー問題の世界的権威で、ピュリツァー賞受賞作の大ベストセラー『石油の世紀』で知られるダニエル・ヤーギンが、福島第一原発事故後の「エネルギーの未来」を描いた超話題作!現代のエネルギー・システムは、どう発展してきたのだろうか?そして未来はどうなるのか?私たちが完全に依存して生活する「エネルギー」の探求についての物語であり、現代人の必読書である。 第1部 石油の新世界(ロシアの復帰 カスピ海ダービー カスピ海の対岸 スーパーメジャー 石油国家 流通途絶 イラク戦争 需要ショック 中国の勃興 追い越し車線の中国) 第2部 供給の安全保障(世界の石油は枯渇するのか? 非在来型石油 エネルギーの安全保障 ペルシャ湾の流砂 海上のガス 天然ガス革命) 第3部 電気時代(交流電気 核燃料サイクル)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
62

経済破綻や自然災害の脅威にも関わらず、世界は確実に良くなっている。新世紀DIY革命を初めとする四つの柱を掲げ、豊富なデータに基づきXプライズ基金の創始者が説く「潤沢な世界」の青写真

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
62

モスクワの伯爵

エイモア トールズ
早川書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
62

世界の99%を貧困にする経済

ジョセフ・E・スティグリッツ
徳間書店

大衆を食いものにして、何の責任もとらず、富をむさぼる上流層。その手口は、政治・経済のルールを自分たちに都合よく作り上げ、それがすべての人々の利益になると大衆に信じ込ませるものだった。アメリカ、ヨーロッパ、そして日本で拡大しつつある「不平等」の仕組みを解き明かし、万人に報いる経済システムの構築を提言する。 序 困窮から抜け出せないシステム 第1章 1%の上位が99%の下位から富を吸い上げる 第2章 レントシーキング経済と不平等な社会のつくり方 第3章 政治と私欲がゆがめた市場 第4章 アメリカ経済は長期低迷する 第5章 危機にさらされる民主主義 第6章 大衆の認識はどのように操作されるか 第7章 お金を払える人々のための"正義" 第8章 緊縮財政という名の神話 第9章 上位1%による上位1%のためのマクロ経済政策と中央銀行 第10章 ゆがみのない世界への指針

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
62

大ベストセラー『銃・病原菌・鉄』著者が、長大な人類史を紐解き、文明前夜から現代社会に引き継がれた人類の特質と病巣を解明する。 「現代社会を深く考えるための必読書」――養老孟司 「ダイアモンド文明論の決定版的集大成」――福岡伸一 ■600万年におよぶ人類の進化の歴史のなかで、国家が成立し、文字が出現したのはわずか5400年前のことであり、狩猟採集社会が農耕社会に移行したのもわずか1万1000年前のことである。長大な人類史から考えればこの時間はほんの一瞬にすぎない。では、それ以前の社会、つまり「昨日までの世界」の人類は何をしてきたのだろうか? ■領土問題、戦争、子育て、高齢者介護、宗教、多言語教育……人類が数万年にわたり実践してきた問題解決法とは何か? ピュリツァー賞受賞の世界的研究者が、身近なテーマから人類史の壮大な謎を解き明かす。全米大ベストセラーの超話題作、ついに文庫化! 「本書はひとりひとりの人生や生活、日々の選択といった個人の興味関心に直接関係するテーマを扱っており、私の著作のなかではもっとも生活に身近な内容になっている」(「日本語版への序文」より) 日本語版への序文 プロローグ 空港にて  第1部 空間を分割し、舞台を設定する 第1章 友人、敵、見知らぬ他人、そして商人  第2部 平和と戦争 第2章 子どもの死に対する賠償 第3章 小さな戦争についての短い話 第4章 多くの戦争についての長い話  第3部 子どもと高齢者 第5章 子育て 第6章 高齢者への対応――敬うか、遺棄するか、殺すか?

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
61

21世紀の資本

トマ・ピケティ
みすず書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
61

統計が読み書きと同じぐらい必要になっている現在、「統計でだまされない」ためには、まず「統計でだます方法」を知ることが必要だ! 世の中には統計が氾濫している。「平均」とか「相関関係」とか言って数字やグラフを示されると、怪しい話も信じたくなる。しかし、統計数字やグラフは、必ずしも示されている通りのものではない。目に見える以上の意味がある場合もあるし、見かけより内容がないかもしれないのだ。統計が読み書きの能力と同じぐらい必要になっている現在、「統計でだまされない」ためには、まず「統計でだます方法」を知ることが必要だ! だまされないためには、だます方法を知ることだ! かの有名な英国の政治家ディズレーリは言った――ウソには3種類ある。ウソ、みえすいたウソ、そして統計だ――と。確かに私たちが見たり聞いたり読んだりするものに統計が氾濫しているし、「平均」とか「相関関係」とか「トレンド」とか言って数字を見せられ、グラフを示されると、怪しい話も信じたくなる。しかし、統計数字やグラフは、必ずしも示されている通りのものではない。目に見える以上の意味がある場合もあるし、見かけより内容がないかもしれないのである。私たちにとって、統計が読み書きの能力と同じぐらい必要になっている現在、「統計でだまされない」ためには、まず「統計でだます方法」を本書によって知ることが必要なのである! 1 かたよりはサンプルにつき物 2 “平均”でだます法 3 小さい数字はないも同然 4 大山鳴動ネズミ1匹 5 びっくりグラフ 6 絵グラフの効用 7 こじつけた数字 8 因果はめぐる 9 統計操縦法 10 統計のウソを見破る5つのカギ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
61

生命、エネルギー、進化

ニック・レーン
みすず書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
61

野球のボールを光速で投げたらどうなるか

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
61

フェデラーの一瞬

Wallace,David Foster
河出書房新社

ナダルとの伝説的な死闘を分析しつつ、テニスの本質を体現するフェデラーの魅力を精緻に綴った名エッセイのほか、5篇を収録。 ナダルとの伝説的な死闘を分析しつつ、テニスの本質を体現するフェデラーの魅力を精緻に綴った名エッセイのほか、卓越した洞察力と縦横無尽なレトリックでテニスを楽しむ傑作エッセイ集。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
61

1975年、サイゴン陥落。南ベトナムの将軍はアメリカに亡命するが、同行した側近は北ベトナムのスパイで……圧巻のデビュー長篇!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
61

映画「ターミネーター」が現実に? 急速に開発が進む「自律型兵器」の実態に元レインジャー部隊員が迫る。ビル・ゲイツ絶賛の必読書 AIやロボットに生殺与奪の権利を与えるとき、何が起きるのか?――急速に開発が進む「自律型兵器」の実態に元レインジャー部隊員のアナリストが迫る。30カ国以上で導入されている先端軍事技術の現場を取材し、開発と規制の課題、戦争と人類の未来を展望する。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
61

リンカーンとさまよえる霊魂たち

ジョージ・ソーンダーズ
河出書房新社

南北戦争の最中、急死した愛息の墓を訪ねたリンカーンに接し、霊魂達が壮大な企てに挑む。全米ベストセラー感動作。ブッカー賞受賞。 南北戦争の最中、急死した愛息の墓を訪ねたリンカーンに接し、霊魂たちが壮大な企てをはじめる。個性豊かな霊魂たちが活躍する全米ベストセラー感動作。2017年ブッカー賞受賞。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
61

最新の科学の成果に基づいて138億年前のビッグバンから未来にわたる長大な時間の中に「人間」の歴史を位置づけ、それを複雑性が増大する「8つのスレッショルド=大跳躍=」という視点を軸に読み解いていく。宇宙論、生物学、化学などの自然科学と歴史学、地理学、社会学などの人文社会学が融合した「新しい学問」、ビッグヒストリーのオリジナルテキスト。 序章 ビッグヒストリーの概要と学び方 第1章 第1・第2・第3スレッショルド:宇宙、恒星、新たな化学元素 第2章 第4スレッショルド:太陽、太陽系、地球の誕生 第3章 第5スレッショルド:生命の誕生 第4章 第6スレッショルド:ホミニン、人間、旧石器時代 第5章 第7スレッショルド:農業の起源と初期農耕時代 第6章 小スレッショルドを経て:都市、国家、農耕文明の出現 第7章 パート1 農耕文明時代のアフロユーラシア 第8章 パート2 農耕文明時代のアフロユーラシア 第9章 パート3 農耕文明時代のその他のワールドゾーン 第10章 スレッショルド直前:近代革命に向けて 第11章 第8のスレッショルドに歩み入る:モダニティ(現代性)へのブレークスルー 第12章 アントロポシーン:グローバリゼーション、成長と持続可能性 第13章 さらなるスレッショルド?:未来のヒストリー 「ビッグヒストリー」を味わい尽す[長沼毅]

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
61

世界的な流行をみせた「スペイン風邪」の発祥地は、じつは、アメリカのカンザスだった。科学者たちの苦闘を追う、迫真のノンフィクション。 世界的な流行をみせた「スペイン風邪」の発祥地は、じつは、アメリカのカンザスだった。科学者たちの苦闘を追う、迫真のノンフィクション。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
61

あらゆる格差と分断を乗り越えて、“希望の地”アメリカを実現しようと奔走したオバマ政権の前半、その舞台裏を克明に振り返る。 北米で発売初日89万部! 空前の売れ行きを達成したベストセラー 信念に燃え、あらゆる難局に全力で立ち向かった日々が再現される 「短所もあるけれど、才能にあふれる思想家たちが考え抜いてつくり上げた、ゆるぎない、それでいて変化も受け入れる体制。それが私の納得できるアメリカなのだ」(本書より) 2009年。ハワイ州で生まれ育ち、父は黒人、政治家としてのキャリアは浅く、若干47歳と異例尽くめのアメリカ合衆国大統領が誕生した。「YES WE CAN」をキャッチフレーズに世界中で大フィーバーを巻き起こし、人種、民族、政治的分断に橋を架けようと、困難に立ち向かい続けた日々を、オバマ自身が詳細なディテール、関係者の発言とともに、生き生きと描く。 「書くことがありすぎて1冊にはとても納まらなかった」ため、今回の『約束の地 大統領回顧録1』では、生い立ち、大統領選挙での闘いから大統領就任、2011年のオサマ・ビン・ラディン暗殺までが描かれる。 裕福ではないが知性を重んじる母と祖父母から愛情を注がれ、本に囲まれて成長した少年時代を経て、大学では恵まれた環境を当たり前と捉えている同級生たちと出会い、疑問を抱き始める。理想の国であるはずのアメリカに存在する矛盾、不公平、格差。最初から「持つ者」と「持たざる者」を隔てる壁はどうすることもできないのか。 ハーバード・ロースクールに進み、黒人初の『ハーバード・ロー・レビュー』編集長となりながら法律の道へは進まず、コミュニティ・オーガナイザーとして、労働者階級が住む地域で人々の生活の向上や意識改革のために身を捧げることを選ぶ。やがて、社会をよりよい方向に変えるためには政治の世界に入ることが近道だという思いに至り、イリノイ州議会議員に立候補。後押しする人々、新しいリーダーを求めていた時代の空気などが重なって、そこから短い年月で大統領選挙までの道のりを駆け上がっていく。 (原題「A Promised Land」)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
61

オリジン・ストーリー (単行本)

デイヴィッド・クリスチャン
筑摩書房

われわれはどこから来たのか――宇宙創成から生命誕生、さらには現代文明まで138億年の歴史を語り尽くすビッグヒストリーの精華。 われわれはどこから来たのか――宇宙創成から生命誕生、さらには現代文明まで138億年の歴史を語り尽くすビッグヒストリーの到達点。ビル・ゲイツ氏絶賛。 われわれはどこから来たのか――宇宙創成から生命誕生、さらには現代文明まで138億年の歴史を語り尽くすビッグヒストリーの到達点。ビル・ゲイツ氏絶賛。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
61

バーナンキは正しかったか? FRBの真相

デイビッド・ウェッセル
朝日新聞出版

絶大な影響力を持つ米中央銀行FRBの議長ベン・バーナンキ。就任から二年半後の二〇〇八年九月、経済学者としての研究テーマである「大恐慌」に酷似する危機が発生した。そのとき、FRBの内部で何があったのか。ピュリツァー賞を二度受賞したウォールストリート・ジャーナルの敏腕ジャーナリストが内幕を暴く。 アジアが開く前に-必要なことは何でもやる リーマン倒産劇の舞台裏 FRB秘史-周期的な金融混乱 グリーンスパンの「錯覚の時代」 バーナンキって何者だ? グレートパニック発生 バーナンキのブレーンたち-コーン、ウォーシュ、ガイトナー 四銃士集結 FRBの対策はなぜ後手に回ったか ベアー・スターンズ救済-「異常かつ緊急な状況」 ファニーとフレディーの緊急重態 リーマン崩壊、AIG救済 「アメリカ的特徴を持つ社会主義」 ゼロ金利政策 バーナンキはフリードマンとの約束を守ったか

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
61

かつての超大国アメリカ: どこで間違えたのかどうすれば復活できるのか

トーマス フリードマン
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版

中流の消滅、政治家の劣化、借金漬けの財政、危機感のない国民、競争する意識の欠如…ゆるやかに衰退する超大国の現実を解説。ピュリツァー賞を3度受賞した著名ジャーナリストが、国際関係論の泰斗マイケル・マンデルバウムと共に世界の未来を描く。 第1部 診断(異変に気づいたら、ご一報を 自分たちの問題から目をそむける ほか) 第2部 教育という難題(戻らない雇用 応援求む ほか) 第3部 数学と物理学に対する戦争(これはわれわれが当然受け取るべきものだ 数学(と未来)との戦争 ほか) 第4部 失政(魔の二歳児 「なにがなんでも反対」 ほか) 第5部 アメリカ再発見(俗言に惑わされない人々 ショック療法 ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
61

すぐそこにある身近な材料の隠された驚異を伝える全米ベストセラー! 年間ベストブック多数、英国王立協会のウィントン賞受賞作。 <すぐそこにある材料の内なる驚異の宇宙へ> ・ガラスが透明なのはなぜ? ・スプーンには味がないわけ ・世界一軽いモノって? ・電子書籍のインクの秘密 ・映画も音楽もプラスチックのおかげ ・チョコレートの美味しさの元 ・・・ 私たちの身近にある材料の驚くべき秘密を明かす、超話題作! ★年間ベストブック ・『ニューヨークタイムズ』紙 ・amazon.com (サイエンス部門 TOP8) ・『フィナンシャル・タイムズ』紙 ・『オブザーバー』紙 ・『フィジクス・ワールド』誌 ★『ニューヨークタイムズ』ベストセラー ★英国王立協会 ウィントン賞受賞 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ::著者:: マーク・ミーオドヴニク ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)の「材料と社会」学部教授。 『タイムズ』紙による英国で最も影響力のある科学者100人に選出。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ::目次:: はじめに:すぐそこにある材料の内なる宇宙へ 第1章:頑強……文明を変えた強くしなやかな「鋼鉄」 第2章:信用……記憶や愛を刻印する「紙」  第3章:基礎……社会の土台として進化する「コンクリート」  第4章:美味……「チョコレート」の秘密 第5章:驚嘆……空のかけらを生む「フォーム(泡)」 第6章:想像……映画も音楽も「プラスチック」のおかげ 第7章:不可視……なぜ「ガラス」は透明なのか 第8章:不可壊……「グラファイト」から世界一薄く強固な物質へ 第9章:洗練……技術と芸術が融合した「磁器」 第10章:不死……九八歳でサッカーを楽しむ「インプラント」の私 第11章:人工……材料科学の未来 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ::絶賛:: ありきたりで取るに足りないと思われる材料の、隠された驚異を教えてくれる。 ――『ニューヨークタイムズ』 才気にあふれた本書は、われわれの世界の見方を変えてしまう。 ――『ウォールストリート・ジャーナル』 材料科学者である著者は、読者を魅了する情熱とともに、モノの背景をなす歴史と科学を説き語る。 ――『サイエンティフィック・アメリカン』 あまり書かれたことのないテーマについての壮大な物語であり、魅惑と愉悦にあふれた本。 ――『ポピュラー・サイエンス』 近代世界を築きあげた材料についての驚嘆すべき報告。 ――『フィナンシャル・タイムズ』

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
61

なぜモノは壊れるのだろう?物質はなぜそれなりの強度をもっているのだろう?かのファラデーをも悩ませた、材料強度に関する現象は、日用品から大型構造物の安全性や寿命などに多大な影響を与える。それにもかかわらず、応力集中などの知識は専門技術者の間でさえ定着していない。本書では、金属や木材、セラミックス、ガラス、骨などの強度は互いにどう関係しあっているのか、そしてこのような材料がさまざまな構造物-建物、橋、船舶、航空機、乗用車など-のなかでどのようにふるまうか、なぜそのようにふるまうか、といった事柄を扱う。工学系はもちろん、理学系で実験に携わる人には必読の書。 ものの強さを科学する-人を困らせる、やっかいな質問の数々 第1部 弾性と強さの理論(応力とひずみ-なぜあなたは床を突き抜けて落ちないか 凝集力-物質は本来どのくらい強いはずか 亀裂と転移-なぜものは弱いか) 第2部 非金属はどのように使われてきたか(亀裂を止める-強靱であるためには 木材とセルロース-木造帆船を操った鉄人たち 接着剤と合板-木製飛行機の盛衰 複合材料-ワラ入りレンガから強化プラスチックまで) 第3部 金属はどのようにつかわれてきたか(金属の延性-転位の密やかな生態 鉄と鋼-産業革命の光と陰の源泉 これからの材料-あるべき姿を再考する)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
61

"現場"でのたゆまぬ品種改良努力の結果うみだされた"奇跡の小麦"(小麦さび病に強く、矮性かつ早生で、高収量の小麦)を武器に、まずはラテンアメリカで、次いでインド亜大陸で、さらにアフリカで中国で、次々と引き起こされた"緑の革命"の中心人物となり、飢餓に苦しむ数億人の人々を救い、世界平和に貢献したとして、一九七〇年、ノーベル平和賞を受賞した農学者、ノーマン・ボーローグの生涯。 アイオワの農場育ちの少年 ミネソタ大学の新進科学者 ロックフェラー財団からの挑戦 ボーローグ、画期的な小麦育種プログラムをつくる ロックフェラー財団のメキシコ・プログラムは海外へ インドの食糧危機を回避 緑の革命の父 孤独と闘うマーガレット 研究と研修の世界的ネットワークが誕生 ノーベル平和賞 世界食糧賞の設立 中国でのボーローグ ボーローグとジミー・カーター、アフリカ援助に立ち上がる 100億人に食糧を 特別招聘教授 ボーローグの遺産 謙虚な「飢餓と闘う英雄」の思い出

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
61

アーザは強迫性障害に苦しむ十六歳.再会した幼なじみに惹かれるも,日々おそってくる不安にさいなまれ……. アーザは強迫性障害に苦しむ十六歳。失踪した大富豪ラッセル・ピケットの手がかりを探しに、親友のデイジーとピケット邸に乗り込んだアーザだったが、そこでピケットの息子デイヴィスと再会を果たす。デイヴィスに惹かれる一方、アーザは常に思考の渦に飲み込まれる不安にさいなまれ……。ベストセラー作家、待望の新作。 どこまでも亀 謝 辞 訳者あとがき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search