【2023年】「キューバ革命」のおすすめ 本 5選!人気ランキング

この記事では、「キューバ革命」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 革命キューバの民族誌: 非常な日常を生きる人びと
  2. ゲバラ覚醒 ポーラースター1 (文春文庫)
  3. 災害ユートピア――なぜそのとき特別な共同体が立ち上がるのか (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ)
  4. イコンとしてのチェ・ゲバラ: 〈英雄的ゲリラ〉像と〈チェボリューション〉のゆくえ
  5. 決定版-HONZが選んだノンフィクション (単行本)
No.1
100

経済危機を乗り越えるための社会主義革命の理想が、妥協を強いられた「非常期間」のつづくキューバで、理想と現実の間で板挟みになった人びとが自らの人生を生き抜く希望をどう見出しているのかを、ドキュメンタリー制作を含む親密な関係における語りの中から追及する。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
88

不幸のどん底にありながら、人は困っている人に手を差し伸べる。 人々は喜々として自分のやれることに精を出す。 見ず知らずの人間に食事や寝場所を与える。 知らぬ間に話し合いのフォーラムができる…。 なぜその“楽園”が日常に生かされることはないのか?大爆発、大地震、大洪水、巨大なテロ―いつもそこにはユートピアが出現した。 『ニューヨークタイムス』2009年度の注目すべき本に選出。 第1章 ミレニアムの友情:サンフランシスコ地震(ミズパカフェ;ポーリン・ジェイコブソンの喜び ほか) 第2章 ハリファックスからハリウッドへ―大論争(二人のプリンスの物語―ハリファックスの大爆発とその後;ロンドン大空襲から ほか) 第3章 カーニバルと革命―メキシコシティ大地震(下からのパワー;天命を失って ほか) 第4章 変貌した都市:悲嘆と栄光のニューヨーク(広場での助け合い;援助の必要性 ほか) 第5章 ニューオリンズ―コモングラウンドと殺人者(それはどんな違いを生むだろうか?;殺人 ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search