【2023年】「寿司」のおすすめ 本 3選!人気ランキング

この記事では、「寿司」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 鮨のすべて: 銀座久兵衛 変わらぬ技と新しい仕事
  2. すしいち! 1 (SPコミックス)
  3. すし 伝統の技を極める
No.1
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
79
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
71

本書では、江戸前の握りずし、魚ごとのさばき方を、多くの種類について解説します。 すし職人の仕事には、すしを握るだけでなく、造り(刺身)や椀、煮物や焼き物を作ることも含まれます。また、巻き、押し、ちらし、稲荷などのすしも作れなければなりません。本書では、江戸前の握りずし、魚ごとのさばき方を、多くの種類について解説します。また、玉子焼きの作り方、一品料理の作り方など、すし職人になるため身につけなければならないさまざまな仕事を、豊富に写真を掲載しながら、ていねいに解説しています。 一章 江戸前ずしの基本 二章 タネの仕込み 三章 玉子焼きと握り以外のすし 四章 各店のつまみ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search