【2023年】「swift3」のおすすめ 本 9選!人気ランキング

この記事では、「swift3」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門 増補改訂第4版【Swift 2 & iOS 9】完全対応
  2. いちばんやさしいHTML5&CSS3の教本 人気講師が教える本格Webサイトの書き方 (「いちばんやさしい教本」シリーズ)
  3. スラスラわかるCSSデザインのきほん
  4. SwiftUI対応 たった2日でマスターできる iPhoneアプリ開発集中講座 Xcode 14/iOS 16/Swift 5.7対応
  5. Swiftポケットリファレンス
  6. 詳細!SwiftUI iPhoneアプリ開発入門ノート[2022] iOS 16+Xcode 14対応
  7. [増補改訂第3版]Swift実践入門 ── 直感的な文法と安全性を兼ね備えた言語 (WEB+DB PRESS plusシリーズ)
  8. 詳解 Swift 改訂版
  9. 現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド[アップデート版]
No.1
100

※※圧倒的な好評価! 売上累計【No.1】 とことん丁寧なiPhoneアプリ開発の入門書 【本書の目的】 本書は、これからはじめてiPhoneアプリ開発を学ぼうとしている人にとって少しでも役立つ本であるために、「誰一人、絶対に挫折しない」を命題に、とことんこだわって、とにかく丁寧に解説しています。手順の省略や解説の飛躍も一切ありません。 自信がない人、大歓迎です。ぜひ本書を最後まで読み進めてください! 経験ゼロからでも必ず読み進められ、Swiftとアプリ開発の基本はこの1冊で必ず習得できます! 【本書の対象読者】 本書の対象読者は、プログラミング経験はまったくないけれど、iPhoneアプリを作ってみたい! と思っている人です。この想いがあれば必ず読み切れます。 まだぜんぜん遅くない! 今日からアプリを作りはじめよう! ■■特典PDF付き■■ 本書には、以下の内容を含む特典PDFが付いています! ・アプリの販売に関するApple社との契約方法 ・制作したアプリをApp Storeへ登録する方法 ・アプリをリリースする方法 ■■■■■■■■■■ 【Contents】 Chapter 01 iPhoneアプリ開発の基礎知識 Chapter 02 XcodeとiOSシミュレータの基本操作 Chapter 03 今日からはじめるSwiftプログラミング【入門前夜】 Chapter 04 今日からはじめるSwiftプログラミング【超入門】 Chapter 05 クラスとインスタンス~UI部品の利用~ Chapter 06 iPhoneアプリ開発をはじめよう! Chapter 07 自作アプリで広告収入を得る方法 Chapter 08 SNSアプリ開発で学ぶボタン機能と画像配置 Chapter 09 カメラアプリ開発で学ぶプロトコルとデリゲート Chapter 10 今後につながる少し高度なアプリ開発 【総合演習】 Chapter 11 アプリ開発の仕上げ Chapter 12 情報の収集方法とアプリの公開

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
81

作ってたしかめて、応用する力が身につく 装飾からレイアウトまで、ステップバイステップで作ってたしかめてCSSデザインの基本が身につく入門書の決定版! 既存ページのカスタマイズと、ゼロからのレイアウト作成を実習します。最新のCSS3で追加された便利なプロパティの使い方も紹介。Win/Mac対応。 chapter01 WebサイトとHTMLの基本 01 HTMLの基礎知識 02 新規ファイルの作成と保存 03 HTML記述のポイント 04 HTMLを書いてみよう chapter02 CSSの基礎 01 CSSの基礎知識 02 CSSの仕組み、基本的な書式、各部の名称 03 CSSを記述する場所 04 CSSファイルを作成してHTMLファイルにリンクする 05 CSSを記述する chapter03 カスタマイズから始めよう!テキスト周りのCSS 01 HTMLから要素を選択する「セレクタ」 02 ページ全体のフォント、テキストを調整する 03 さまざまなセレクタを使用する 04 継承とより高度なフォントの扱い chapter04 ボックスモデルを理解しよう 01 ボックスとボックスモデル 02 背景色を変更する 03 背景に画像を使用する 04 ボックスモデルを理解しよう 05 サイドバーの表示をカスタマイズする 06 ショートハンドとauto値 chapter05 コンテンツのスタイル 01 CSSが適用される優先順位 ~カスケードと詳細度~ 02 見出しの背景を変更する 03 ボックスの装飾とマージンの畳み込み 04 テーブルの基本的なCSSをマスターする chapter06 フロートとポジション 01 通常のHTML配置とフロート、ポジション 02 全体のHTML構造を確認する 03 ページ全体に適用されるCSSを記述する 04 ヘッダーを作成する 05 ウィンドウ幅いっぱいに広がる背景画像を適用する 06 ヘッダーを仕上げる 07 ナビゲーションを作成する chapter07 高度なページレイアウト 01 フロートとページレイアウト 02 キービジュアルをウィンドウの中央に配置する 03 メイン部分のレイアウトを作成する 04 フッター部分のレイアウトを作成する

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
79

Swiftポケットリファレンス

WINGSプロジェクト
技術評論社

ロングセラーシリーズ・ポケットリファレンスに話題のSwiftが新登場。「逆引き形式で目的からすぐ探せる」「サンプルコードを見ながら具体的な実装のイメージがつかめる」という特徴で、困ったときにすぐに役立ちます。iPhone 6s/iPhone 6s Plusから搭載された「3D Touch」にも対応。現場で役立つ信頼の1冊です。 1 iOSアプリ開発の基本 2 Swiftの基本的な使い方 3 画面を作成する 4 コンテンツを表示する 5 UI部品を利用する 6 画面の操作を処理する 7 端末の機能を利用する 8 データを利用する 9 ネットワークを利用する 10 情報を共有する 11 3D Touchを利用する

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
79
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
78

詳解 Swift 改訂版

荻原 剛志
SBクリエイティブ

進化し続けるプログラミング言語Swift Linuxへの移植とオープンソース化の発表により、新たな節目を迎えたSwift 2 の総合的な解説書。新機能であるプロトコル拡張とエラー処理についても丁寧な 解説を加えました。 "本書では、Swiftはやさしい言語です、とは言いません。Swiftは、頼めばすぐに 色々やってくれるけれど、時々「?」とか「!」とか呟いていて、暗黙の了解という のが通じないらしい変なヤツです。しかし、次第に仕事のさせ方がわかってくると、 事前に考え抜くタイプで、滅多にはしくじらず、一を聞いて十を知るような凄いポ テンシャルを秘めていることに気づくでしょう。もちろん、それを理解するために はそれなりの時間と努力を傾注する必要があります。本書が、そのようなことを学 びたいと思う方の助けになればと願っています。" 「はじめに」より CHAPTER01 Swiftでプログラミング CHAPTER02 関数 CHAPTER03 構造体 CHAPTER04 オプショナル CHAPTER05 基本的なデータ型 CHAPTER06 パターン CHAPTER07 演算子 CHAPTER08 クラスと継承 CHAPTER09 メモリ管理 CHAPTER10 プロトコル CHAPTER11 拡張 CHAPTER12 エラー処理 CHAPTER13 クロージャ CHAPTER14 ジェネリクス CHAPTER15 C/Objective-Cとのデータ受け渡し CHAPTER16 Objective-Cとの連携 CHAPTER01 Swiftでプログラミング 1.1 データ型と変数 Swiftのデータ型 整数と実数を表す型 論理型、文字型と文字列型 変数と定数 変数の定義 定数の定義 変数と型 文字列 配列 配列要素へのアクセス 演算子の種類 演算子の記述に関する注意 識別子 型に別名をつける 型パラメータ モジュールのインポート 名前空間 コメント 1.2 制御構文 if文 while文 repeat-while文 print関数 for文 for-in文 switch文 ラベル付きのループ文 ラベル付きのif文、switch文 do文 1.3 簡単な実行方法 プレイグラウンド Swift処理系をコマンドラインから使う コマンドラインから対話的に利用する ソースプログラムをコンパイルする ソースコードを解釈実行する 複数のソースファイルからなるプログラムをコンパイルする CHAPTER02 関数 2.1 関数定義の基本 関数定義の概要 外部引数名 外部引数名の指定と省略 内部引数名の省略 下線の特殊な用法 2.2 関数定義における様々な指定 inout引数 関数引数に既定値を指定する 引数の値を処理中に変更できるようにする 返り値を必ず使うための指定 関数内の関数 関数の呼び出し関係 2.3 オーバーロード オーバーロードとは 外部引数名を使ったオーバーロードの定義 関数の書き表し方 CHAPTER03 構造体 3.1 構造体の定義 定義の概要 構造体の初期値 全項目イニシャライザ 構造体を定数に代入した場合 構造体の定数プロパティ イニシャライザの定義 複数個のイニシャライザを定義する 関数とイニシャライザの記法のまとめ 他の構造体を含む構造体 ネスト型 3.2 メソッド インスタンスに対するメソッドの定義 構造体の内容を変更するメソッド タイプメソッド イニシャライザとメソッド 3.3 プロパティ プロパティの種類 タイププロパティ 格納型プロパティの初期値を式で設定する 6 計算型プロパティ 関数のinout引数にプロパティを渡す 計算型プロパティに対する特殊な設定 グローバルなスコープを持つ計算型プロパティの定義 プロパティオブザーバ 3.4 添字付け 添字付けとは 添字付けのバリエーション 3.5 プロトコル プロトコルとは プロトコルの利用例 CHAPTER04 オプショナル 4.1 オプショナル型 オプショナル型とnil オプショナル型の値を開示する 条件判定とオプショナル型 4.2 オプショナル束縛構文 if-let文 オプショナル束縛と条件式 guard文 nil合体演算子 readLine関数 4.3 有値オプショナル型 有値オプショナル型とは オプショナル型と関数 関数のinout引数に指定する 4.4 失敗のあるイニシャライザ イニシャライザで正しく処理ができない場合 失敗のあるイニシャライザの定義 CHAPTER05 基本的なデータ型 5.1 整数と実数 数値を表すデータ型 数値型のリテラル 数値型のメソッドやプロパティ 範囲型と区間型 5.2 配列 コレクションと可変性 配列の比較 部分配列 部分配列の型と添字 配列とプロトコル 配列のイニシャライザ 配列のプロパティ 配列のメソッド 可変個の引数が利用できる関数 多次元配列 オプショナル型による配列の空要素 5.3 文字列と文字 String型のイニシャライザ String型のプロパティ String型の演算子 Character型 UnicodeScalar型 合成された文字とCharacter型 文字列の長さと文字データの取り出し方 指定位置の文字および部分文字列の取り出し方 String型のメソッド 複雑な文字列埋め込み 識別子にUnicodeを使う場合の問題 5.4 辞書 辞書の型宣言と初期値 辞書へのアクセス 辞書の比較 辞書とfor-in文 辞書のメソッドとプロパティ 5.5 集合 集合の型宣言と初期値 要素へのアクセス 集合のメソッド CHAPTER06 パターン 6.1 タプル タプルの概要 タプルと代入操作 タプルを返す関数 キーワード付きのタプル キーワード付きのタプルと代入 キーワード付きのタプルを返す関数 タプルをswitch文で使う switch文でwhere節を使う オプショナル型をswitch文で使う 6.2 列挙型 シンプルな列挙型 メソッドの定義 値型の列挙型 列挙型に対するメソッドとプロパティ 列挙型のタイプメソッド 6.3 共用型の列挙型 共用型の列挙型の概要 if-case文 for-in文で caseパターンを使う プロトコルの採用 列挙型の付加情報を書き換えるメソッド 再帰的な列挙型 オプショナル型と列挙型 6.4 パターンマッチ パターンマッチとは パターンマッチのルール CHAPTER07 演算子 7.1 Swiftの演算子 演算子の優先度 演算子の結合規則 オーバーフロー演算子 剰余演算子 ビット演算子と論理演算子 nil合体演算子 その他の演算子 7.2 演算子の定義 演算子の宣言と定義 二項演算子の定義 単項演算子の定義 引数の変数の値を変更するには 構造体に対する演算子の定義 パターンマッチ演算子 短絡評価をする演算子の定義 CHAPTER08 クラスと継承 8.1 クラス定義 クラスの概要 クラスの継承 継承によるクラス定義の例 動的結合とキャスト クラスメソッドとクラスプロパティ 継承とメソッド呼び出し 8.2 イニシャライザ 指定イニシャライザと簡易イニシャライザ 初期化の手順と守るべきルール クラス継承の例題 初期化は結局どう記述すればよいのか イニシャライザの継承 必須イニシャライザ 失敗のあるイニシャライザと継承 失敗のあるイニシャライザを失敗しないようにする 8.3 継承とサブクラスの定義 プロパティの継承 添字付けの継承 継承とプロパティオブザーバ 継承をさせない指定 キャスト演算子とパターンマッチ 継承と型推論 Objective-Cのクラスを継承 クラスのメタタイプ 8.4 解放時処理 解放時処理とデイニシャライザ デイニシャライザの定義 デイニシャライザを使った例 8.5 遅延格納型プロパティ 遅延格納型プロパティとは ファイルの属性を遅延評価する例題 CHAPTER09 メモリ管理 9.1 参照型データとARC リファレンスカウンタの概念 ARCによるメモリ管理 値型データの共有とコピー 9.2 強い参照の循環 インスタンスが解放できない場合 弱い参照 非所有参照 9.3 オプショナルチェーン オプショナル型の値を連続利用する場合 オプショナルチェーンとは オプショナルチェーンでメソッドを呼び出す オプショナルチェーンの型 値を返さないメソッドの場合 オプショナルチェーンに対する代入 CHAPTER10 プロトコル 10.1 プロトコルの宣言 プロトコルの概要 メソッドの宣言と定義 プロパティの宣言と定義 イニシャライザの宣言と定義 クラス定義のためのプロトコル 10.2 プロトコルと型 型としてのプロトコル プロトコルの継承 プロトコルの合成 プロトコルへの適合をチェックする Objective-Cのプロトコルを利用する オプション項目のあるプロトコルを宣言する プロトコルの使用例 10.3 プロトコルと付属型 ネスト型とプロトコル 付属型が適合するプロトコルを指定 付属型の制約を継承する 10.4 プロトコルに適合する型の定義方法 プロトコルEquatableとComparable プロトコル定義におけるSelf プロトコルForwardIndexType 継承のあるクラス定義でSelfを使う CHAPTER11 拡張 25 11.1 拡張の宣言 25 拡張の概要 25 システムの既存の型に対する拡張定義の例 拡張定義とイニシャライザ 拡張定義と継承に関する注意 11.2 拡張定義とプロトコルへの適合 プロトコルへの適合 プロトコルに適合するための定義がすでに存在する場合 プロトコルが演算子の定義を含む場合 11.3 プロトコル拡張 プロトコルの拡張定義とは プロトコル拡張に記述できること プロトコル拡張による多重継承 既定実装の利用に関する注意 CHAPTER12. エラー処理 12.1 エラー処理構文 エラーへの対応 エラーの発生 エラーの伝播と捕捉 エラーのある関数の呼び出し方 do-catch構文 try? および try! 演算子 エラーのあるオプショナル型の関数とtry?演算子 12.2 処理の中断と後始末 defer文の概要 defer文の動作 defer文とARCの動作 12.3 アクセス制御 可視性の3つのレベル アクセス制御の指定 クラス継承とアクセス制御 拡張定義のアクセス制御について プロパティのアクセス制御 12.4 アサーションとテスト assert ユニットテスト UIテスト 関数debugPrint 利用可能条件を指定する属性 利用可能条件に合致する実装を用意する 条件付きコンパイル 12.5 デバッガLLDBの簡単な使い方 LLDBとは REPLモードでの準備 コンパイルしたコードのデバッグ コマンドのヘルプ ブレークポイント コマンドに別名を付ける 変数の値を表示する ステップ実行 CHAPTER13 クロージャ 13.1 クロージャの宣言 クロージャの概要 クロージャの仮引数と返り値の型宣言 クロージャと関数の型 クロージャの複雑な型宣言 13.2 変数のキャプチャ キャプチャとは クロージャが個別にローカル変数をキャプチャする場合 複数のクロージャが同じローカル変数をキャプチャする場合 クロージャが参照型の変数をキャプチャする場合 ネスト関数とクロージャ メソッドとクロージャ イニシャライザとクロージャ 関数とクロージャ 13.3 クロージャの使い方と記法 引数リストの省略 引数リスト自体の省略 配列の整列 配列要素の選択 接尾クロージャ エラーを投げるクロージャ rethrowのある関数 配列要素に対する操作 インスタンス列を使ったプログラミングスタイル 関数のカリー化と部分適用 13.4 クロージャと強い参照の循環 キャプチャによる強い参照 弱い参照による解決は? キャプチャリスト 関数の引数にクロージャを渡す場合 CHAPTER14 ジェネリクス 14.1 ジェネリクスの概要 ジェネリクスとは5 ジェネリック関数の例 ジェネリックな型の例 ジェネリクスとプロトコル 14.2 ジェネリック関数の定義 ジェネリック関数の定義 型パラメータの書き方 プロトコルによる制約のあるジェネリック関数 型パラメータの推論 関数の引数とタプル 14.3 ジェネリクスによる型定義 型パラメータを持つ構造体の定義 ジェネリックなデータ型と型パラメータの推論 拡張定義の条件に型パラメータを使う プロトコルを採用した型自体に対する制約を記述する ジェネリックなクラスを定義する プロトコルSequenceTypeを調べよう プロトコルCollectionTypeを見てみよう 14.4 プロトコル指向とは クラスに基づくプログラミングの問題点 プロトコル指向の概要 オブジェクト指向とプロトコル指向 CHAPTER15 C/Objective-Cとのデータ受け渡し 15.1 データ型の互換性 C言語の単純型とSwiftの型 C言語のポインタとSwiftの型 変数を用意して関数の結果を書き込む 配列を用意して関数の結果を書き込む C関数のポインタ引数に関するルール 返されたポインタから値を取り出す ポインタから文字列への変換 コマンドラインの引数リストにアクセスする UnsafeBufferPointerを利用する T**型の引数の扱い 15.2 対応づけられたデータ型 数値と数値オブジェクト オブジェクト 文字列 配列と集合 辞書 NSValueとCoreGraphicsの構造体 NSData データのバイト数を調べる Core Foundation 15.3 列挙型とその他のデータ型 列挙型 マクロNS_ENUMで定義された列挙型 マクロNS_OPTIONSで定義された列挙型 マクロ定義 共用体とビットフィールド 各国語対応の文字列を得る 関数ポインタ C言語のブロックオブジェクト 15.4 Null許容性 Null許容性とは Objective-CのNull許容性の表現 オプショナル型とNull許容性の関係 CHAPTER16 Objective-Cとの連携 16.1 SwiftとObjective-Cをビルドする Xcodeの新プロジェクトをSwiftで作る Objective-Cの情報をSwiftから参照する Objective-CのヘッダをSwiftのインタフェースとして見る方法 Swiftの情報をObjective-Cから参照する 16.2 Objective-Cのオブジェクトを使う Objective-CとSwiftのメソッドとイニシャライザ Objective-CのクラスをSwiftから使う例 Objective-Cのプロパティに関する注意 Objective-Cのクラスを継承する コマンドラインからコンパイルするには Swiftに見せる情報を変更する エラー情報を返すメソッド セレクタを使ったメソッド呼び出し セレクタを使ったメソッド呼び出しから返り値を得る 16.3 SwiftのクラスをObjective-Cで使えるようにする Swiftのクラスと@objc属性 SwiftとObjective-Cのクラスを互いに使う例 Objective-Cに見せる名前を指定する 16.4 GUI部品との連携 ターゲット&アクション・パラダイム Cocoaバインディング 16.5 文書化コメント Xcode向けのコメント 文書化コメント APPENDIX A.Swift標準ライブラリ B.構文図

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search