【2023年】「ネットワーク」のおすすめ 本 97選!人気ランキング

この記事では、「ネットワーク」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. マスタリングTCP/IP―入門編―(第6版)
  2. [改訂新版] 3分間ネットワーク基礎講座
  3. ネットワークはなぜつながるのか 第2版 知っておきたいTCP/IP、LAN、光ファイバの基礎知識
  4. 図解入門TCP/IP 仕組み・動作が見てわかる
  5. インフラ/ネットワークエンジニアのためのネットワーク技術&設計入門 第2版
  6. ゼロトラストネットワーク ―境界防御の限界を超えるためのセキュアなシステム設計
  7. 【改訂5版】図解でよくわかる ネットワークの重要用語解説
  8. シスコ技術者認定教科書 CCNA 完全合格テキスト&問題集[対応試験]200-301
  9. Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 改訂3版
  10. パケットキャプチャ入門 第4版― LANアナライザWireshark活用術―
他87件
No.4
71

ネットワーク技術入門書の決定版! コンピューターネットワークにかかわるすべての人のための、TCP/IPがしっかり学べる入門書。 ネットワークの基礎からプロトコルの詳細まで、400点以上の図を用いて徹底的にわかりやすく解説。 オールカラーで読みやすく充実した、実務で役立つ決定版! <本書の特徴> ● オールカラーで図解が満載! ネットワークの仕組み・動作は図を見て理解するのが一番です。 本書では400点以上の図を用いてTCP/IPプロトコルを丁寧に解説します。 ● 最新のネットワークに対応 IPやTCP、UDPのみならず、光ファイバー、無線LAN、IPv6、IPsec、HTTP、SSLなど、 今のネットワークに欠かせない各種のプロトコルについても詳しく解説しています。 第1章 ネットワークの基礎 1.1 ネットワークとは 1.1.1 ネットワークの歴史 1.1.2 回線交換方式とパケット交換方式 1.2 通信するときのルールがプロトコル 1.2.1 プロトコルで決まっていること 1.2.2 プロトコルは階層で整理する 1.2.3 ふたつの階層構造モデル 1.2.4 標準化団体がプロトコルを決める 1.2.5 各階層が連携して動作する仕組み 1.3 ネットワークを構成する機器 1.3.1 物理層で動作する機器 1.3.2 データリンク層で動作する機器 1.3.3 ネットワーク層で動作する機器 1.3.4 トランスポート層で動作する機器 1.3.5 アプリケーション層で動作する機器 1.3.6 つなげてみると 1.4 いろいろなネットワーク機器のカタチ 1.4.1 物理アプライアンス 1.4.2 仮想アプライアンス 1.5 ネットワークのカタチ 1.5.1 LAN 1.5.2 WAN 1.5.3 DMZ 1.6 新しいネットワークのカタチ 1.6.1 SDN 1.6.2 CDN 1.6.3 IoT 1.6.4 IaaS 第2章 物理層 2.1 有線LAN(IEEE802.3) 2.1.1 ツイストペアケーブル 2.1.2 光ファイバーケーブル 2.1.3 ふたつの通信方式 2.2 無線LAN(IEEE802.11) 2.2.1 周波数帯域 2.2.2 変調方式 2.2.3 無線LANの通信方式 2.2.4 高速化技術 2.2.5 その他の無線規格 第3章 データリンク層 3.1 有線LAN(IEEE802.3) 3.1.1 イーサネットのフレームフォーマット 3.1.2 MACアドレス 3.1.3 L2スイッチ 3.2 無線LAN(IEEE802.11) 3.2.1 IEEE802.11フレームのフレームフォーマット 3.2.2 無線LAN端末がつながるまで 3.2.3 無線LANのカタチ 3.2.4 無線LANに関するいろいろな機能 3.3 ARP 3.3.1 ARPのフレームフォーマット 3.3.2 ARPによるアドレス解決の流れ 3.3.3 ARPのキャッシュ機能 3.3.4 GARPを利用した機能 3.4 その他のL2プロトコル 3.4.1 PPP 3.4.2 PPPoE 3.4.3 IPoE 3.4.4 PPTP 3.4.5 L2TP 第4章 ネットワーク層 4.1 IPv4 4.1.1 IPv4のパケットフォーマット 4.1.2 IPv4アドレスとサブネットマスク 4.1.3 いろいろなIPv4アドレス 4.2 IPv6 4.2.1 IPv6のパケットフォーマット 4.2.2 IPv6アドレスとプレフィックス 4.2.3 いろいろなIPv6アドレス 4.3 IPルーティング 4.3.1 ルーティングとは 4.3.2 ルーティングテーブル 4.3.3 ルーティングプロトコル 4.3.4 再配送 4.3.5 ルーティングテーブルのルール 4.3.6 VRF 4.3.7 ポリシーベースルーティング 4.4 IPアドレスの割り当て方法 4.4.1 動的割り当て 4.4.2 静的割り当て 4.4.3 DHCPリレーエージェント 4.5 NAT 4.5.1 静的NAT 4.5.2 NAPT 4.5.3 CGNAT 4.5.4 NATトラバーサル(NAT越え) 4.6 IPv4とIPv6の共存技術 4.6.1 デュアルスタック 4.6.2 DNS64/NAT64 4.6.3 トンネリング 4.7 ICMPv4 4.7.1 ICMPv4のパケットフォーマット 4.7.2 代表的なICMPv4の動作 4.8 ICMPv6 4.8.1 ICMPv6のパケットフォーマット 4.8.2 代表的なICMPv6の動作 4.9 IPsec 4.9.1 拠点間VPNとリモートアクセスVPN 4.9.2 IPsecプロトコルが持っている機能 第5章 トランスポート層 5.1 UDP 5.1.1 UDPのパケットフォーマット 5.1.2 ポート番号 5.1.3 ファイアウォールの動作(UDP編) 5.2 TCP 5.2.1 TCPのパケットフォーマット 5.2.2 TCPにおける接続遷移 5.2.3 いろいろなオプション機能 5.2.4 ファイアウォールの動き(TCP編) 第6章 アプリケーション層 6.1 HTTP 6.1.1 HTTPのバージョン 6.1.2 HTTP/1.1のメッセージフォーマット 6.1.3 いろいろなHTTPヘッダー 6.1.4 HTTP/2のメッセージフォーマット 6.1.5 負荷分散装置の動き 6.2 SSL/TLS 6.2.1 SSLで使用している技術 6.2.2 SSLのバージョン 6.2.3 SSLのレコードフォーマット 6.2.4 SSLで接続から切断までの流れ 6.2.5 クライアント認証 6.2.6 SSLオフロード機能 6.3 DNS 6.3.1 ドメイン名 6.3.2 名前解決とゾーン転送 6.3.3 DNSのメッセージフォーマット 6.3.4 DNSを利用した機能 6.4 メール系プロトコル 6.4.1 メール送信プロトコル 6.4.2 メール受信プロトコル 6.4.3 Webメール 6.5 管理アクセスプロトコル 6.5.1 Telnet 6.5.2 SSH 6.6 運用管理プロトコル 6.6.1 NTP 6.6.2 SNMP 6.6.3 Syslog 6.6.4 隣接機器発見プロトコル 6.7 冗長化プロトコル 6.7.1 物理層の冗長化技術 6.7.2 データリンク層の冗長化技術 6.7.3 ネットワーク層の冗長化技術 6.8 ALGプロトコル 6.8.1 FTP 6.8.2 TFTP 6.8.3 SIP

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
64

ネットワーク用語集の超定番書の「図解でわかる ネットワークの重要用語解説」の改訂5版です。フルカラーとして5年ぶりの大改訂版となります。ネットワークの用語がすべてイラストで解説されているため、かんたんに仕組みからしっかり理解することができます。初級エンジニアや学生の学習用としてはもちろん、現場で活躍するSEやPMの「あんちょこ」としても利用することができると大変好評です。今回の版から、インタネット編は「基礎編」と「技術編」の2つにわかれ、また新たに「セキュリティ編」追加されました。 1章 ネットワーク概論 LANとWAN クライアントとサーバ ネットワークを構成する装置 ネットワーク上のサービス インターネット技術 2章 OSI参照モデルとTCP/IP基礎編 ネットワークプロトコル OSI参照モデル TCP/IP IP (Internet Protocol) TCP (Transmission Control Protocol) UDP (User Datagram Protocol) パケット ノード IPアドレス サブネットマスク ポート番号 ドメイン IPv6 (Internet Protocol Version6) 3章 ローカル・エリア・ネットワーク編 LAN (Local Area Network) ネットワークトポロジー スター型LAN バス型LAN リング型LAN Ethernet Token Ring 無線LAN PLC (Power Line Communications) Bluetooth グローバルIPアドレス プライベートIPアドレス ワークグループネットワーク ドメインネットワーク 4章 ワイド・エリア・ネットワーク編 WAN (Wide Area Network) 専用線 VPN (Virtual Private Network) ISDN (Integrated Services Digital Network) xDSL (x Digital Subscriber Line) ADSL (Asymmetric Digital Subscriber Line) 光ファイバ接続 WiMAX (Worldwide Interoperability for Microwave Access) IP電話 5章 ハードウェア編 NIC (Network Interface Card) LANケーブル リピータ ブリッジ ルータ ハブ スイッチングハブ モデム bps (bits per second) ゲートウェイ コリジョン MACアドレス (Media Access Control Address) QoS (Quality of Service) UPnP (Universal Plug and Play) NAS (Network Attached Storage) 6章 サービス・プロトコル編 DNS (Domain Name System) DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol) NetBIOS (Network BIOS) PPP (Point to Point Protocol) PPPoE (Point to Point Protocol Over Ethernet) PPTP (Point to Point Tunneling Protocol) ファイアウォール プロキシサーバ パケットフィルタリング NAT (Network Address Translation) IPマスカレード (NAPT: Network Address Port Translation) 7章 インターネット基礎編 インターネット (the Internet) ISP (Internet Services Provider) JPNIC (JaPan Network Information Center) WWW (World Wide Web) Webサイト WWWブラウザ (Webブラウザ) ホームページ URL (Uniform Resource Locator) 電子メール (e-mail) ネットニュース (Net News) ポータルサイト 検索サイト ブログ (Blog) SNS (Social Networking Site) 8章 インターネット技術編 HTTP (HyperText Transfer Protocol) SMTP (Simple Mail Transfer Protocol) POP (Post Office Protocol) IMAP (Internet Message Access Protocol) NNTP (Network News Trancefer Protocol) FTP (File Transfer Protocol) SSL (Secure Sockets Layer) HTTPS (HyperText Transfer Protocol over SSL) NTP (Network Time Protocol) MIME (Multipurpose Internet Mail Extensions) ICMP (Internet Control Message Protocol) HTML (HyperText Markup Language) CSS (Cascading Style Sheets) JavaScript CMS(Contents Management System) Cookie XML (eXtensible Markup Language) RSS (RDF Site Summary) Dynamic DNS クラウド 9章 モバイルネットワーク編 携帯電話 (Cellular Phone) PHS (Personal Handyphone System) スマートフォン マクロセル方式 マイクロセル方式 ハンドオーバー ローミング パケット通信 テザリング 輻輳 SIMカード 10章 セキュリティ編 コンピュータウイルス 不正アクセス ソーシャルエンジニアリング 秘密鍵暗号方式 公開鍵暗号方式 デジタル署名 CA (Certification Authority)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
63

◆パケット解析のやさしい入門書! ◆Wiresharkの日本語化担当者がわかりやすく解説! ◆ダウンロードして使えるサンプルパケット付き オープンソースのLANアナライザソフト「Wireshark」を使って、 パケットを取得する方法を解説した1冊です。 取得したパケットをもとに、ネットワークの仕組みを解き明かし ます。 Wiresharkの新バージョン「2.x」系は、解析できるプロトコルが 増え、図表やレポート機能が大きく強化されています。 本書「第4版」では、Wireshark 2.x系に対応し、操作方法や 追加・変更された機能を解説するとともに、便利なTipsや テクニックをふんだんに紹介しています。 また、毎年開催されているWiresharkの開発者会議「Sharkfest」で 新たに得た情報も盛り込んでいます。 さらに、トラブルシューティングなどを拡充するとともに、従来どおり TCP/IPの入門書としてご利用頂けるようにしています。 第1章 Wiresharkの概要を知ろう 1.1 ネットワークの分析ツール「LANアナライザ」 1.2 Wiresharkについて 第2章 Wiresharkを使ってみよう 2.1 Wiresharkのインストールと起動 2.2 Wiresharkのユーザインタフェース 2.3 Wiresharkのショートカット 第3章 パケットをキャプチャしてみよう 3.1 Wiresharkのハンズオン 3.2 Wiresharkのキャプチャ操作 3.3 Wiresharkのファイル操作 3.4 Wiresharkの高度な機能 第4章 ネットワークの仕組みを知ろう 4.1 パケットのヘッダの確認 4.2 通信のルール 第5章 ダンプ解析をしてみよう 5.1 ダンプ解析とは 5.2 EthernetII 5.3 ARP 5.4 IP 5.5 UDP 5.6 DNS 5.7 TCP 5.8 HTTP 5.9 SIP 第6章 トラブルシューティングをしてみよう 6.1 トラブルシューティングの方法 6.2 pingコマンドの裏側を調べてみよう 6.3 ネットワークがダウンした場合のトラブルシューティング 6.4 ネットワークの通信が遅い場合のトラブルシューティング 6.5 クライアントサーバのトラブルシューティ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
63

通信ネットワークシステムの基本からセキュリティ技術までがわかる教科書。 通信ネットワークシステムの基本からセキュリティ技術までがわかる教科書 本書は、情報系の大学学科の専門科目である「情報セキュリティ」「ネットワークセキュリティ」の教科書です。インターネットをはじめとした各種通信ネットワーク・システムの基本的なしくみをあらかじめ解説したうえで、さまざまな脅威とそれに対する暗号技術や認証管理などのセキュリティ技術についてわかりやすく解説するものです。 1章 情報システムとサイバー攻撃 2章 ファイアウォール 3章 マルウェア 4章 共通鍵暗号 5章 公開鍵暗号 6章 認証技術 7章 PKIとSSL/TLS 8章 メールセキュリティ 9章 Webセキュリティ 10章 コンテンツ保護とFintech 11章 プライバシー保護技術

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
63

本書では、まず各種WAN技術の概要を俯瞰したあと、現在主流となっているMPLS‐VPN(IP‐VPN)や広域イーサネット、インターネットVPNのネットワーク構成例・設定例を解説していきます。さらには、高可用性、運用監視、セキュリティなどのネットワーク構成例・設定例までを示していきます。 1 主要WANサービスの市場・技術・ケーススタディ(イントロダクション-企業に求められるWANサービスとそれを支える技術 MPLS‐VPN 広域イーサネット インターネットVPN) 2 より高度な活用のためのケーススタディ(ハイブリッド型VPNと冗長構成 シスコWAN機器での高付加価値サービス)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
61

イラストだから、本当によくわかる。 全面イラストで大好評! 2014年7月刊行『スラスラわかるネットワーク&TCP/IPのきほん』の改訂版 コンピューターネットワークの基礎と「TCP/IP」について徹底的にイラストで解説した、イメージで楽しく学べる入門書の決定版です。 やさしいけれど内容はしっかり充実。一冊で基礎がしっかり身に付きます。 改訂にあたっては、無線LANの解説の追加や、Windows 10環境への対応、ネットワーク機器やトラブルシューティングの付録の追加などを行っています。 <こんな方におすすめ!> ・ネットワークを楽しく学びたい人 ・ネットワークに苦手意識のある人 ・本格的なテキストを読む前に図解でイメージをつかみたい人

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
61

CCNA合格へのはじめのいーっぽ。まずはネットワークの基礎を身に付けよう! ネットワークの基礎知識 通信のルール 物理層の役割 データリンク層の役割 ネットワーク層のプロトコル IPアドレス ネットワーク層の役割 トランスポート層の役割 TCP/IP通信の流れ ネットワークの実際 ネットワークの設計 コンピュータのネットワーク設定 シスコ機器の概要 シスコ機器の設定

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
59

新しいLinuxの教科書

三宅 英明
SBクリエイティブ
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
59

DNSがよくわかる教科書

株式会社日本レジストリサービス(JPRS) 渡邉結衣、佐藤新太、藤原和典
SBクリエイティブ
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
59

ITエンジニアが知っておくべきネットワークプロトコルに関する知識を、イラストや図を豊富に使って分かりやすく解説 本書は、日経NETWORKに掲載したネットワークプロトコルに関連する主要な記事をまとめた1冊です。ネットワークプロトコルを網羅的かつ分かりやすく解説します。 文章を読むだけでは難解なネットワークプロトコルを、豊富なイラストや図を使って解説していることが特徴。「TCP/IPを学ぶ」編では、インターネットの通信で使われている主要プロトコルであるTCP/IPやその関連技術を豊富な図で解説します。「イーサネットを学ぶ」編では、有線通信の代表的なプロトコルのイーサネットやMACアドレス、ARPなどの基礎を初心者にも分かりやすいように説明します。「通信制御のプロトコルを学ぶ」編では、インターネットの通信に不可欠なDNSやIPアドレスなどを配布するDHCPなどを徹底図解。「データ送受信のプロトコルを学ぶ」編では、WebのプロトコルであるHTTPやデータ送受信のプロトコルFTPを豊富な図とイラストで解説します。HTTPの最新バージョンであるHTTP/3や安全性を高めたHTTPSについても詳述します。 ITエンジニアが知っておくべきネットワークプロトコルに関する知識を、イラストや図を豊富に使って分かりやすく解説します。 【第1部 TCP/IPを学ぶ】  第1章 マンガでわかるTCP/IP  第2章 ネットワーク技術解説 IPアドレスって何だろう?  第3章 図解で学ぶネットワークの基礎 IPアドレス  第4章 図解で学ぶネットワークの基礎 IP  第5章 ネットワーク技術解説 マルチキャストって何だろう?  第6章 ネットワーク技術解説 TCPって何がすごいの?  第7章 ネットワーク技術解説 TCPとUDPは何が違うの?  第8章 図解で学ぶネットワークの基礎 TCP 【第2部 イーサネットを学ぶ】  第1章 今こそ知りたいイーサネット  第2章 ネットワーク技術解説 イーサネットって何だろう?  第3章 図解で学ぶネットワークの基礎 イーサネットフレーム  第4章 図解で学ぶネットワークの基礎 MACアドレス  第5章 図解で学ぶネットワークの基礎 ARP 【第3部 通信制御のプロトコルを学ぶ】  第1章 安全DNSの極意  第2章 ネットワーク技術解説 DNSって何ですか?  第3章 図解で学ぶネットワークの基礎 DNS  第4章 まるわかりDHCP  第5章 ネットワーク技術解説 DHCPの役割とは?  第6章 図解で学ぶネットワークの基礎 DHCP 【第4部 データ送受信のプロトコルを学ぶ】  第1章 HTTP/3登場  第2章 ネットワーク技術解説 Webアクセスってどんなの?  第3章 ネットワーク技術解説 HTTPSってどんなの?  第4章 図解で学ぶネットワークの基礎 HTTP  第5章 ネットワーク技術解説 FTPって面白い?  第6章 図解で学ぶネットワークの基礎 FTP

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
57

現場の基本はこれでバッチリ! 【累計7万部突破 !! 】 ネットワーク入門書のベストセラーが最新事情に対応! 2013年8月刊行の第3版からの改訂版です。 スイッチ、ルータ、セキュリティ、IP電話、無線LANまで、現在の企業ネットワークを理解するための重要事項を体系的にやさしく解説。 改訂にあたっては、テキストを全面的に見直すとともに、現状のネットワーク環境に合わせた修正、新たな情報の追加を行っています。 たくさんの図解と写真を通してネットワークが理解できる、初心者必読の一冊です! 第1章 ネットワークの全体像 第2章 LAN超入門 第3章 WAN超入門 第4章 スイッチ超入門 第5章 ルータ超入門 第6章 セキュリティ超入門 第7章 VoIP超入門 第8章 無線LAN超入門

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
57

最新IT技術やサービスを紹介すると共に大きく変化が始まった30年程前から、どのような紆余曲折を経て今の技術に至ったのか解説。  IT業界の進歩は早いものです。その中でも、インターネットが一般に浸透しはじめた1995年ごろを境に、IT技術やサービスが大きく進歩、そして変化しています。 本書では、「PCパーツ」「プログラミング言語」「人工知能」「ネットワーク」「ウイルス&セキュリティ」など、パソコンをとりまく最新のIT技術やサービスを紹介するとともに、大きく変化がはじまった30年ほど前から、どのような紆余曲折を経て、今の技術に至ったのかを解説します。 パソコンをとりまく最新のIT技術やサービスを紹介するとともに、大きく変化がはじまった30年ほど前から、どのような紆余曲折を経て、今の技術に至ったのかを解説します。 ■PCパーツ性能の移り変わり ・PCと自作パーツの進化 ・AMD新型プロセッサの性能と特徴 ・Intel第13世代Core iシリーズ ・高速シリアルインターフェイス「USB Type-C」 ・新世代拡張スロット「PCIe 5.0」 ■ネットワークの普及と完全ワイヤレス化 ・IT業界を激変させた「インターネット」 ・ゲーミングPCを完全ワイヤレスに ・驚異的な「Wi-Fi7」の世界 ■プログラミングとAI技術 ・プログラム言語とプログラム技法 ・AIの「夏」と「冬」 ・現在のAI事情 ・今すぐ使えるAI ・マルチパラダイムプログラミング言語 ■その他の技術 ・「ウイルス」と「セキュリティ」の変遷 ・生活に溶け込む「ロボット」と「センサ」 ・ドローンの歴史と未来

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
57

通信ネットワークの信頼性についての基礎理論から、目的に応じたネットワーク構造のモデル化、評価までを丁寧に解説。 ネットワークの高信頼化と経済性をどう両立するか? このバランスをとるのが信頼性設計である. 本書では,電話網を例にネットワーク設計法の概要を解説するとともに,一般的なネットワークの信頼性設計を行うための基礎的手法について解説.話題の中心は通信ネットワークであるが,通信以外の分野にも応用できるよう,モデル化する際の着眼点や発想および,信頼性設計全体の体系に重点を置いて説明した. また,web付録として信頼性解析プログラムを提供.これらを活用することで,様々なモデルを実際に計算し,各種理論の特性を体感することができる. 通信網,道路網,電力網など,様々なネットワークの設計・高信頼化を進めるうえで有用な一冊. 1 通信ネットワークの安全・信頼性 1.1 通信ネットワークの始まり 1.2 通信ネットワークの発展 1.3 通信ネットワークの品質と信頼性 1.4 高信頼化施策の体系と実際 1.5 トラヒック設計と信頼性設計の必要性 2 待ち行列および信頼性理論の基礎 2.1 待ち行列および信頼性理論の共通的手法 2.2 待ち行列 2.3 信頼性工学 3 ネットワークのモデル化と信頼性規定 3.1 果たすべき機能から見た電話ネットワークのモデル化 3.2 目標値として可能な信頼性測度 3.3 規模別信頼性目標の基礎理論 3.4 疎通率別信頼性目標の基礎理論 3.5 本章の方法論に関する考察 4 信頼性設計と解析 4.1 基本的評価方法と設計手順 4.2 具体的設計手順 4.3 潜在故障 4.4 故障許容時間 4.5 保全要因の考慮 4.6 ネットワークレベルの評価・設計 4.7 信頼性設計実施上の課題 5 解析プログラム編 5.1 確率の一般的手法に関するプログラム 5.2 信頼性規定の実用性検証に関するプログラム 5.3 詳細設計と解析に関連するプログラム

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
57

ネットワーク基礎 イーサネット TCP/IP IPv4アドレスとサブネット Cisco IOSソフトウェアの操作 Catalystスイッチの導入 Ciscoルータの導入 ルーティング基礎 VLANとVLAN間ルーティング IPv4アクセスリスト インターネット接続 RIPv2 ネットワークデバイスのセキュリティ ネットワークデバイスの管理 IPv6の導入 総仕上げ問題 シムレット/シミュレーション問題

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
57

◆合格直結の問題を豊富に掲載し、わかりやすく解説! ◆模擬試験問題付き(PDFファイルダウンロード形式) 本書は、工事担任者「第2級デジタル通信」試験対策の問題集です。 試験に合格するためには、できるだけ多くの問題に触れて、解く力を身に付ける必要があります。 1. 公表問題と予想問題で万全の対策 2022年11月に公表された「令和4年度第2回 工事担任者第2級デジタル通信試験問題」に1問ずつ丁寧な解説を付し、見開きページで簡潔にまとめました。さらに、予想問題を多数収録し、実力がしっかりと身に付く充実した解説を掲載しています。 このほか、随所に類題も掲載し、バランスの取れた受験学習を目指しています。 2. 公表問題を徹底分析 「基礎」、「技術・理論」、「法規」の各科目ごとに出題分析ページを設け、2022年11月公表問題を徹底分析しています。 これにより、合格を意識した具体的な受験対策と、無駄のない効率的な学習を実践することができます。 3. 試験直前で役に立つ「重点項目の総まとめ」 出題のポイントとなる重点項目を、各テーマごとに厳選し、短時間で学べる総まとめ形式で掲載しています。問題を解く前の予備学習や試験直前の総整理など、さまざまなシーンで知識の強化を図ることができます。 4. 総仕上げの模擬試験問題付き(PDFファイルダウンロード形式) 模擬試験1回分の問題および解説・解答(PDFファイル)をダウンロードしてご利用頂けます。本試験直前の実力判定にご活用ください。 ◆目次◆ 第1編 電気通信技術の基礎 1.電気回路 2.電子回路 3.論理回路 4.伝送理論 5.伝送技術 第2編 端末設備の接続のための技術及び理論 1.端末設備の技術(I) 2.ネットワークの技術(I) 3.端末設備の技術(II)、ネットワークの技術(II)、情報セキュリティの技術 4.接続工事の技術 第3編 端末設備の接続に関する法規 1.電気通信事業法 2.工担者規則、認定等規則、有線法、設備令、不正アクセス禁止法 3.端末設備等規則(I) 4.端末設備等規則(II) 第1編 電気通信技術の基礎 1.電気回路 2.電子回路 3.論理回路 4.伝送理論 5.伝送技術 第2編 端末設備の接続のための技術及び理論 1.端末設備の技術(I) 2.ネットワークの技術(I) 3.端末設備の技術(II)、ネットワークの技術(II)、情報セキュリティの技術 4.接続工事の技術 第3編 端末設備の接続に関する法規 1.電気通信事業法 2.工担者規則、認定等規則、有線法、設備令、不正アクセス禁止法 3.端末設備等規則(I) 4.端末設備等規則(II)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
57
みんなのレビュー
生産管理の分野で働いているビジネスパーソンや経営者は全員目を通すべき名著。
No.39
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
56

これから学ぶ人の定番書がフルカラーでアップデート! -------------------------------------------------------------------------------- 初学者に大好評のベストセラーが、最新情報に対応してフルカラーで登場! -------------------------------------------------------------------------------- TCP/IP、LANの基礎から、企業ネットワークの全体像、代表的なネットワーク機器、プロトコル、構築、運用、セキュリティなど、これからネットワークにかかわる人が知っておきたい知識をこの一冊で丸ごと解説! すべての項目の解説は、徹底的にイラスト図解化。 これから仕事に必要な知識を学ぶ方に、すばやく、たのしく知識を身につけていただけるよう、読みやすさ、わかりやすさにこだわって制作しています。 ・知識ゼロから全体像がつかめる! ・よく使われる用語の意味がわかる! ・技術の仕組みがスムーズに学べる! 実務に生かせる知識が、確実に身につく、これから学ぶ人のベストな一冊です! <主な対象読者> ・これからIT系の仕事に就かれる方 ・これから社内の情報システムを担当される方 ・ネットワークの技術と実務を、幅広く、バランスよく学びたい方 Chapter1 ネットワークの基礎知識 1-01 コンピューターとネットワーク 1-02 ネットワークについて学ぶ時の心構え 1-03 LANとWAN 1-04 インターネットワーキングの概念 1-05 インターネット接続を構成する要素 1-06 企業ネットワークの構成 1-07 通信プロトコル 1-08 レイヤー 1-09 OSI参照モデル 1-10 クライアントサーバーとピアツーピア 1-11 回線交換とパケット交換 1-12 二進数 1-13 十六進数 Chapter2 TCP/IPの基礎知識 2-01 TCP/IPのレイヤー構成 2-02 OSI参照モデルとの対応 2-03 ネットワークインタフェース層の役割 2-04 インターネット層の役割 2-05 トランスポート層の役割 2-06 信頼性を実現するTCPの通信手順 2-07 アプリケーション層の役割 2-08 レイヤーごとの処理とパケットの関係 2-09 IPアドレス 2-10 ポート番号 2-11 グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレス 2-12 IPアドレスのクラスとネットマスク 2-13 サブネット化とサブネットマスク 2-14 ブロードキャストとマルチキャスト 2-15 ハブ/スイッチの役割と機能 2-16 ルーターの役割と機能 2-17 IPv6 2-18 通信速度と遅延 Chapter3 TCP/IPで通信するための仕組み 3-01 MACアドレス 3-02 ARPが必要なわけ 3-03 可変長サブネットマスクとCIDR 3-04 ドメイン名 3-05 ルーティングとデフォルトゲートウェイ 3-06 スタティックルーティングとダイナミックルーティング 3-07 ルーティングプロトコル 3-08 DHCP 3-09 NATとNAPT Chapter4 ネットワーク機器と仮想化 4-01 イーサネットの機能と構成 4-02 L2スイッチ 4-03 L3スイッチとルーター 4-04 無線LAN 4-05 ポートベースVLANとタグベースVLAN 4-06 VPNとトンネル技術 4-07 仮想化 4-08 クラウド Chapter5 ネットワークのサービス 5-01 Webを支える技術 5-02 HTTP 5-03 HTTPSとSSL/TLS 5-04 SMTP 5-05 POP3とIMAP4 5-06 FTP 5-07 SSH 5-08 DNS 5-09 NTP 5-10 HTTPプロキシ 5-11 サービス連携とREST API 5-12 ロードバランサー 5-13 HTMLの構造とXML 5-14 文字コード Chapter6 ネットワークのセキュリティ 6-01 情報セキュリティの3大要素 6-02 暗号化と電子証明書 6-03 不正侵入の防止 6-04 不正プログラム 6-05 ファイアウォールとDMZ 6-06 アンチウイルスとコンテンツフィルタリング 6-07 IDSとIPS 6-08 UTMと次世代ファイアウォール 6-09 ソーシャルエンジニアリング 6-10 標的型攻撃 6-11 セキュリティポリシーの策定 Chapter7 ネットワークの構築と運用 7-01 ネットワーク構成の設計 7-02 サブネット構成とIPアドレス割り当て 7-03 ハードウェアとソフトウェアの選択 7-04 インターネットとの接続 7-05 サーバーの公開 7-06 Windowsのワークグループとドメイン 7-07 ディレクトリサービス 7-08 LAN配線の敷設と加工 7-09 安定した電源の確保 7-10 ネットワークの冗長化 7-11 ネットワークの監視 7-12 トラブルシューティング

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
56

ゼロトラストアーキテクチャ入門

東根作 成英
シーアンドアール研究所

ゼロトラストネットワークの入門に最適な1冊!  ゼロトラストとは、「信頼しない」前提で考えるセキュリティアプローチです。 従来のセキュリティでは、ネットワークの内側(社内など)は「信頼できる」、外側を「信頼できない」と捉え、その境界にセキュリティ機器などを設置する「境界型」と呼ばれるものでした。しかし、近年、これまでの常識が通用しないサイバー攻撃が激化しており、それに対する手法としてゼロトラストが注目を集めています。 本書では、ゼロトラストの歴史や概要、実装方法などについて解説しています。これからゼロトラストの導入を検討している人におすすめです。 CHAPTER 01 ゼロトラストの概要 CHAPTER 02 企業がゼロトラストに取り組む価値とは CHAPTER 03 ゼロトラストアーキテクチャとは CHAPTER 04 ゼロトラストアーキテクチャの構成要素 CHAPTER 05 ゼロトラストアーキテクチャの運用 CHAPTER 06 ゼロトラストアーキテクチャの理想と現実

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
56

実績NO.1問題集の最新版!模擬試験問題2回分付きで合格力がしっかり身に付く。「最重要ポイント」がひと目でわかる。v2.0対応。 第1章 キャンパスネットワーク設計 第2章 キャンパスネットワークアーキテクチャ 第3章 STPの実装 第4章 VLAN間ルーティング 第5章 ハイアベイラビリティネットワーク 第6章 冗長プロトコル(FHRP)の実装 第7章 キャンパスネットワークセキュリティ 第8章 シミュレーション問題 第9章 総仕上げ問題1 第10章 総仕上げ問題2

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
56

サーバーの実運用ももう怖くない!安全な操作・設定のノウハウ満載 サーバーの実運用ももう怖くない! 安全な操作・設定のノウハウ満載 ~シス管系女子シリーズ5万部突破 新エピソードを加えさらにパワーアップ~ 本書はLinuxサーバー管理とシェルスクリプトがまんがで楽しく学べます。 システム管理部門の新人社員 利奈みんとちゃんと、先輩社員 大野桜子さんとのやり取りを通して、すぐに役立つ情報を分かりやすく解説。初めての方や初心者でも楽しんで読めます。 シリーズ第1弾「コマンド&シェルスクリプト基礎編」とあわせて読むとさらに理解が深まります。 サーバーの実運用ももう怖くない!安全な操作・設定のノウハウ満載 プロローグ 旅行先から緊急対応!? 第1話 Windows PC でもローカルでLinux コマンドを使いたい 第2話 古い日付のファイルを探して消したい 第3話 もっと複雑な条件でファイルを探したい 第4話 ディスクが満杯になる前にファイルを削除したい 第5話 前のコマンドが成功したら次も実行したい 第6話 前のコマンドが失敗したら次を実行したい 第7話 親ディレクトリーにいちいち戻る操作を省略したい 第8話 3パターン以上の場合分けをしたい 第9話 社員番号の最初の方の文字で処理を振り分けたい 第10話 同じ処理を1時間繰り返し実行したい 第11話 コマンドの出力をパイプラインで受け取りたい 第12話 スペース混じりのファイル名もループ処理したい 第13話 キーボードからの入力を待ち受けたい 第14話 キーボードからの入力を確認の後でやり直したい 第15話 コマンドのすべての出力をログファイルに保存したい 第15.5話 ユーザー作成用コマンドの違いを把握したい 第16話 固定のIP アドレスを割り当てたい 第17話 特定のポートにだけ接続を許可したい 第18話 伝統的な方法で特定のポートにだけアクセスを許可したい 第19話 ネットワークセグメント単位で接続を許可したり遮断したりしたい 第20話 直接接続できないネットワーク上のコンピュータで鍵認証したい 第21話 踏み台の向こうのサーバーに直接ファイルをコピーしたい 第22話 特定ネットワークセグメント向けのWeb サーバーに別セグメントから接続したい 第23話 トンネリング用のssh 接続を自動的に復旧させたい 第24話 どのサーバーにログインしているのか、ひと目で分かるようにしたい 第25話 誰がそのポート番号を使っているのかを調べたい 第26話 誰がネットワークの帯域を使っているのかを調べたい 第27話 他のネットワークから手元のPCにログインしてもらいたい 第28話 複数のコンピュータ上にあるファイルの中から一番新しいファイルを集めたい 第29話 以前にファイルをコピーした先に残された古いファイルを削除したい 第30話 外から入れないネットワーク同士の間で通信したい 第31話 他のユーザーが所有しているファイルをサーバー間で同期したい 第32話 ssh 接続できるサーバーを安全に公開したい 第33話 管理者権限で行われた操作の記録をたどりたい 第34話 煩わしい総当たり攻撃を遮断したい 第35話 ファイルそのものを比較せずに同じファイルかどうかを確かめたい 第36話 ファイルが壊れていないか、変更されていないか調べたい 第37話 秘密の情報を、安全でない経路で安全に受け渡したい 第38話 管理者権限が必要な操作をいまいち信用できない人にも許可したい 第39話 安全なパスワードを設定したい 第40話 信頼できない値に対して安全なスクリプトを作りたい 第41話 コマンド履歴に残ってしまったパスワード情報を消したい あとがき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
56

ブランチオフィスとモバイルワーカーをサポートする、高セキュリティルーティングソリューションの設定、およびLAN、WAN、IPv6に接続された拡張性とセキュリティに優れたCiscoルータの実装に必要な、高度なIPアドレッシングとルーティングに関する知識・スキルが問われる。 第1章 EIGRP 第2章 OSPF 第3章 ルート再配布とルート制御 第4章 BGP 第5章 IPv6 第6章 インターネット接続 第7章 ネットワーク管理 用語集

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
56

産業用ネットワークの教科書!産業用ネットワークがわかる基礎の礎! 工場現場ではオートメーション技術を進化させることで、より品質の高い 製品を、より効率よく、より低価格にまたより安定的に、かつより変化に対 応できるよう生産する努力が続けられてきた。 そして、オートメーション技術を進化させるため、工場で稼働する多くの メーカの多くの機器・機械がより多くのデータのやり取りを簡単、効率的、 安定して通信できるようにと発展してきたのが、「産業用ネットワーク」で、 工場オートメーションの基盤技術の1 つとなっている。 本書はこの「産業用ネットワーク」をより普及させるために、以下の目的 で編集されている。 1. 産業用ネットワークに興味をもつ方には、マーケットで使われている ネットワークの一覧を提供できるような入門書とする。 2. すでに産業用ネットワークを使用されているエンジニアの方には、産業 用ネットワークに関連する技術を概観できる書籍とする。 3. 工場の制御とは直接関係がない方にも、工場の通信とIoTなどの関連を 参照できるような内容を盛り込む。 1章 歴史とマーケット 1-1 産業用ネットワークとは 1-2 オープンなネットワーク 1-3 産業用ネットワークの歴史 1-4 産業用ネットワークのマーケット 1-5 どのように産業用ネットワークを選ぶか? 2章 ネットワークの種類 2-1 フィールドバス 2-1-1 CC-Link 2-1-2 DeviceNet 2-1-3 PROFIBUS DP 2-2 産業用 Ethernet 2-2-1 CC-Link IE 2-2-2 EtherCAT 2-2-3 EtherNet/IP 2-2-4 FL-net 2-2-5 MECHATROLINK 2-2-6 MOBUS TCP/IP 2-2-7 Sercos 2-2-8 PROFINET 2-3 デバイスバス 2-3-1 AS-Interface 2-3-2 IO-Link 2-4 プロセス・オートメーション用 2-4-1 FOUNDATION Fieldbus 2-4-2 HART 2-4-3 PROFIBUS PA 3章 産業用ネットワークを使うアプリケーション 3-1 制御 3-2 アラーム 3-3 安全 3-4 モーション制御 3-5 エネルギー管理 3-6 アセット管理、パラメータ設定 3-7 ロボットにおける産業オープンネットの使われ方 3-8 NC 3-9 映像 3-10 ゲートウェイ 4 章 新しい技術とのかかわり 4-1 セキュリティ 4-2 産業用ネットワークを使って IoT を実現するために 4-2-1 Azure 4-2-2 Edgecross コンソーシアム 4-2-3 FDT による IoT の実現に向けて 4-2-4 OPC 4-2-5 ORiN 4-3 新しい技術 4-3-1 TSN(Time Sensitive Networking) 4-3-2 APL(Advance Physical Layer) 5章 設置と管理 ─トラブルシューティング 5-1 RS-485 5-2 Ethernet 5-3 無線 おわりに 索  引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
56

いきなりネットワーク管理をまかされて右も左もわからない。資格を取得したけど作業の進め方がわからない…はじめてネットワーク管理業務に携わる人のための虎の巻。 第1章 はじめてのネットワーク運用管理 第2章 ネットワーク運用管理業務 第3章 定常業務での技術ポイント 第4章 非定常業務での技術ポイント 第5章 ネットワーク運用管理ツール 第6章 トラブル対応 第7章 ステップアップ 付録

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
56

現役エンジニア×エース講師が執筆!1冊で最短、最速、一発クリアを目指せるテキスト&問題集 CCNP Routing and Switching SWITCHの新試験にいち早く対応! 現役エンジニア×IT技術専門スクールのエース講師が執筆、1冊で最短、最速、一発クリアを目指せるテキスト&問題集 本書はさらに上を目指すネットワークエンジニア必携の資格、シスコ技術者認定の中級資格の1つである「CCNP Routing and Switching 300-115J SWITCH」試験用の学習書です。2015年1月末より始まった新試験に完全対応し、豊富な図表と出力例を用いて狙われやすいテーマを体系的かつていねいに解説しています。 【本書の特長】 1)試験に出やすいポイントをわかりやすく解説! 2)模擬試験付きなので、この1冊で合格までOK! 3)試験を熟知した現役人気講師による書下ろし! 第1章 スイッチの管理 第2章 VLANの設定と確認 第3章 STPの設定と確認 第4章 EtherChannelの設定と確認 第5章 セキュリティの設定と確認 第6章 スイッチでの可用性の実現 第7章 模擬試験1 第8章 模擬試験2

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
56

わかりやすいと大評判!現役エンジニア×エース講師が執筆!1冊で最短、最速、一発クリアを目指せるテキスト&問題集 CCNP Routing and Switching ROUTE新試験にいち早く対応! 現役エンジニア×IT技術専門スクールのエース講師が執筆、1冊で最短、最速、一発クリアを目指せるテキスト&問題集 本書はさらに上を目指すネットワークエンジニア必携の資格、シスコ技術者認定の中級資格の1つである「CCNP Routing and Switching 300-101J ROUTE」試験用の学習書です。2015年1月末より始まった新試験に完全対応し、豊富な図表と出力例を用いて狙われやすいテーマを体系的かつていねいに解説しています。 【本書の特長】 1)試験に出やすいポイントをわかりやすく解説! 2)模擬試験付きなので、この1冊で合格までOK! 3)試験を熟知した現役人気講師による書下ろし! 4)もっと解きたい人に読者特典ダウロード問題アリ! 第1章 ネットワークの基本事項 第2章 ルーティング 第3章 OSPF 第4章 EIGRP 第5章 再配送 第6章 ルート制御 第7章 BGP 第8章 IPv6 第9章 VPN 第10章 ネットワークの管理 第11章 模擬試験1 第12章 模擬試験2

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
56

新試験に対応!わかりやすいと大評判!現役エンジニア×エース講師が執筆!1冊で最短、最速、一発クリアを目指せるテキスト&問題集 CCNP Routing and Switching TSHOOT新試験にいち早く対応! 現役エンジニア×IT技術専門スクールのエース講師が執筆、1冊で最短、最速、一発クリアを目指せるテキスト&問題集! 本書はさらに上を目指すネットワークエンジニア必携の資格、シスコ技術者認定の中級資格の1つである「CCNP Routing and Switching 300-135J TSHOOT」試験用の学習書です。2015年1月末より始まった新試験に完全対応し、豊富な図表と出力例を用いて狙われやすいテーマを体系的かつていねいに解説しています。 【本書の特長】 1)トラブルシューティングの実機実演動画配信中! 2)試験に出やすいポイントをわかりやすく解説! 3)模擬試験付きなので、この1冊で合格までOK! 4)試験を熟知した現役人気講師による書下ろし! 第1章 トラブルシューティングの手法 第2章 スイッチのトラブルシューティング 第3章 ルーティングのトラブルシューティング 第4章 再配送とルートフィルタリングに関するトラブルシューティング 第5章 IPv6に関するトラブルシューティング 第6章 セキュリティに関するトラブルシューティング 第7章 インフラストラクチャーサービスに関するトラブルシューティング 第8章 VPNに関するトラブルシューティング 第11章 模擬試験1 第12章 模擬試験2

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
56

Kafka

Neha Narkhede
オライリージャパン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
56

Hadoop 第3版

Tom White
オライリージャパン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
56

ネットワーク構築の基礎

Gene
毎日コミュニケーションズ

データの流れが見える!ネットワークの構築がわかる!LAN構築に必要なネットワークの知識を図解で解説。企業LANで必ず利用されるVLAN(Virtual LAN)。その理解に必要とされるルーティングやスイッチングについて詳説します。Cisco SystemsのCatalystスイッチの設定例も踏まえ、企業LANの全体像を把握できるようまとめます。 1 TCP/IPの基礎 2 企業LANの基礎 3 LANとレイヤ2スイッチングの基礎 4 無線LANの基礎 5 VLANの基礎 6 スパニングツリーの基礎 7 VLAN間ルーティングとレイヤ3スイッチの基礎 8 Cisco CatalystスイッチによるLAN構築

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
56
みんなのレビュー
ディープラーニングの概要は分かっているし機械学習はある程度理解しているつもりだけど、ディープラーニングの中身はちゃんと理解できていない人にぜひ読んで欲しい書籍。ディープラーニングは一旦これ1冊読んでおけば問題なし。複雑で難しい印象だったディープラーニングがこれを読むだけで一気に身近なものになる。
No.69
56

AWSのVirtual Private Cloudサービスを基礎から解説。VPC領域の作成・EC2インスタンスへのIPアドレスの割り当て。セキュリティ機能・プライベートなネットワーク運用。DNSサーバーと独自ドメインの運用。 1 AWSでのシステム構築 2 仮想ネットワークの作成-Amazon VPC 3 EC2インスタンスとIPアドレス 4 インターネットとの接続 5 セキュリティグループとネットワークACL 6 プライベートなネットワークの運用 7 独自ドメインの運用

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
56

現場で役立つ知識と技術が満載!IT業界用語/運用の心得/トラブル対応…新人エンジニアのための基礎講座。 1 入門編(新人エンジニアのための基礎講座 自習用Myサーバ構築入門 サーバ/ネットワーク管理入門 サーバエンジニアに求められる開発力) 2 クラウド/仮想化編(「事例」大規模サービスのAWS移行・運用 仮想化技術のセキュリティ) 3 スキルアップ編(達人管理者になるためのOpenSSH活用術 体で覚えるストレージ入門 運用管理マニュアルの作り方)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
56

[第3版] Cisco LANスイッチ教科書

シスコシステムズ合同会社 基盤技術グループ
インプレス

本書は、イーサネットやIPの基礎から、IOS/IOS‐XE/NX‐OSの機能や設定、高信頼化機能、ケーススタディまでを解説し、主要なCatalystとNexusに対応。シスコ社のベテラン技術者が数年の歳月をかけて執筆・検証に奮闘し、第2版の内容を書き直しました。Cisco LANスイッチについて他の書籍には見られない、読みごたえのある内容です。ネットワークの設計・構築・運用に携わるエンジニアはもちろん、コンサルティングや営業担当者も必読の書。 1 LANスイッチ入門 2 IOS・IOS‐XEの機能と使い方、NX‐OS設定の基本 3 LANスイッチを構成する要素技術 4 機種別アーキテクチャ 5 Catalystの高信頼化(HA)技術 6 NexusとNX‐OSの高信頼化技術 7 制御プロトコルの高信頼化 8 LAN構築のケーススタディ 付録

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
56

TCP/IP の基礎

Gene
毎日コミュニケーションズ

インターネット技術の"基礎"を徹底解説!「インターネットがどのように構成されているのか」「アプリケーションの通信がどのように行われているか」代表的なプロトコル、IPルーティング、IPv6を詳説。 1章 ネットワーク上の通信 2章 ネットワークインタフェース層 3章 インターネット層 4章 IPルーティング 5章 IPv6 6章 トランスポート層 7章 アプリケーション層 8章 インターネットの構成とアプリケーションの通信

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
56

Ciscoネットワーク構築教科書[設定編]

ダイワボウ情報システム株式会社
インプレス

基本から実践まで、設定の基本をすべて網羅。設定例を学び、実践力を強化する。 0 Cisco製品設定の基本と準備 1 ルータ-Cisco ISRシリーズ 2 スイッチ-Cisco Catalystシリーズ 3 ワイヤレス-Cisco Aironetシリーズ 4 セキュリティ-Cisco ASAシリーズ 5 ネットワーク構築・管理の応用

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
56

ネットワークの設計、構築、管理に必要な知識とテクニックを網羅した一冊です。トラブルに強く優れたネットワークの設計・構築から、効率的な管理方法、トラブルシューティングまで、ネットワーク全般の幅広いトピックを扱います。さらに、仕事をスムーズに遂行するための秘策、トラブルに見舞われた際にどう振舞うべきかなど、ネットワーク管理者のための処世術も紹介。超一流のネットワーク技術者である著者が、長い技術者人生の中で身に付けた知識と、実際に経験した数々のトラブルから得た教訓を惜しげもなく披露します。安全で管理しやすく、トラブルに強いネットワーク構築のために欠かせない、ネットワーク管理者のバイブルと呼ぶべき一冊です。 1部 ハブ、スイッチ、スイッチング 2部 ルータとルーティング 3部 マルチレイヤスイッチ 4部 通信業界 5部 セキュリティとファイアウォール 4部 サーバロードバランシング 7部 QoS 8部 ネットワークの設計

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.77
56

シリコンバレーの有名投資家が成功するスタートアップに教えてきた「ネットワーク効果」のノウハウを体系的に解説する注目の書。 サービスやプロダクトを急成長させる戦略「ネットワーク・エフェクト」は、時にサービスを破滅にも向かわせる――。しかし、その全貌は知られていない。 シリコンバレーのトップベンチャーキャピタル、アンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)のゼネラルパートナーであり、クラブハウスなど注目のスタートアップの取締役も務めるアンドリュー・チェンが、成長に欠かせない戦略「ネットワーク・エフェクト」を解き明かします。 尾原和啓 氏 推薦! 「事業の立ち上げから軌道に乗せるまでの実践的な解説書。本書を読めば、世界ではGAFAが、日本ではLINEがなぜ勝ち続けているのかが理解できる。仕組み化が苦手で損をしている日本のビジネスパーソンにぜひお薦めしたい」 ◆豊富な実例をもとにわかりやすく解説 大成功したサービスには、ほぼ必ず「ネットワーク」がある。その実例を紹介。 インスタグラム:フィルターなどツールで誘って立ち上げ、ネットワークで定着させる リンクトイン:招待制で友人ネットワークから拡大 ウーバー:集めにくいドライバーのネットワークづくりに注力 ティンダー、フェイスブック:大学ごとのアトミックネットワークをつくって拡大 グーグルプラス:ネットワークよりビッグバン型立ち上げを重視して失敗 ◆ネットワーク・エフェクトのフレームワークとは? アンドリュー・チェンが体系化したフレームワークを解説します。 ネットワーク・エフェクト(コールドスタート理論)のフレームワーク 1 コールドスタート問題:初期段階で破壊的な作用をもたらすステージ 2 転換点:拡大ペースが速まり、拡大しやすくなるステージ 3 脱出速度:製品の成長が軌道に乗るステージ 4 天井:成長が停滞するステージ 5 参入障壁:ネットワークを駆使して競合他社から自社を守れるようになるステージ 序章 第1章 ネットワーク効果 01 ネットワーク効果とは 02 歴史を振り返る 03 コールドスタート理論 第2章 コールドスタート問題 04 タイニースペックの事例 05 アンチネットワーク効果――破滅に向かわせるマイナスの力 06 アトミックネットワーク――クレジットカードで起きたこと 07 ハードサイド――ウィキペディアの事例 08 ハードな問題を解決する――ティンダーの事例 09 キラープロダクト――ズームの事例 10 マジックモーメント――クラブハウスの事例 第3章 転換点 11 ティンダーの事例 12 招待制――リンクトインの事例 13 ツールで誘って、ネットワークで引き留める――インスタグラムの事例 14 成長を金で買う――クーポンを使う 15 フリントストーン戦略――人力で始めたレディットの事例 16 がむしゃらに突き進む――ウーバーの事例 第4章 脱出速度 17 ドロップボックスの事例 18 3種の効果 19 エンゲージメント効果――壊血病の事例 20 ユーザー獲得効果――ペイパルの事例 21 経済効果――信用調査機関の事例 第5章 天井 22 ツイッチの事例 23 ロケット成長――T2D3(3倍、3倍、2倍、2倍、2倍) 24 市場の飽和――イーベイの事例 25 クリック率低下の法則――バナー広告で起きたこと 26 ネットワークが反乱を起こすとき――ウーバーの事例 27 永遠の9月――ユーズネットの事例 28 過密化――ユーチューブの事例 第6章 参入障壁 29 ウィムドゥ対エアビーアンドビー 30 好循環と悪循環 31 チェリーピッキング――クレイグスリストの事例 32 ビッグバン型の立ち上げは失敗しやすい――グーグルプラスの事例 33 ハードサイドのユーザー獲得競争――ウーバーの事例 34 バンドル戦略――マイクロソフトの事例 最後に ネットワーク効果の未来 謝辞 原注

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.79
56

ANTとは何か? ミッシェル・カロン、ジョン・ロー、そして、ブリュノ・ラトゥールたちは何をしようとしてきたのか? アクターネットワーク理論(ANT)とは何か? なぜ注目されているのか?  ミッシェル・カロン、ジョン・ロー、そして、 ブリュノ・ラトゥールたちは何をしようとしてきたのか? 社会学や人類学はもとより、経営学、経済学、政治学から科学技術社会論などに至る広範な分野において参照されているANT。その活動をフラットな観点からの記述を通して、人間だけではなく、人間以外の多種多様な存在が果たしている役割を正当に評価することを目指す動的な運動体として捉え、基礎的な事項を踏まえ、コンパクトに解説するとともに、その多岐にわたる主要な成果と展開をテーマごとに紹介しながら全体像の描写を試みた画期的入門書! ここで注意が必要なことがある。それは、ANTが、その名に「理論(theory)」を使用しているにもかかわらず、厳密には、完成された一つの体系としての理論ないし方法論のようなものではないということである。[…略…]では、いったい、ANTとは何なのか。ANTとは、いわば人間以外のさまざまな要素が果たす役割を十全に把握しようとする一連の実験的な記述の集積である。もっといえば、ANTとは、そうした一連の実験的記述の集積を生み出す「運動体」なのである。(「はじめに」より) 著者紹介 *は編著者 栗原 亘(くりはら わたる)* 高千穂大学 人間科学部 准教授 担当:第1章,第2章,第8章,第12章,コラム1,コラム2 伊藤嘉高(いとう ひろたか) 新潟大学 人文学部 准教授 担当:第3章,第7章,第9章,コラム4 森下 翔(もりした しょう) 大阪大学 社会技術共創研究センター 特任研究員 担当:第4章,第11章 金 信行(きむ のぶゆき) 東京大学大学院 学際情報学府社会情報学コース 担当:第5章,第6章,コラム2 小川湧司(おがわ ゆうじ) 一橋大学大学院 社会学研究科(博士前期課程)修了 担当:第10章,コラム3 はじめに 重要語句の道案内 第1部 基礎編 01 ANT成立の時代背景と人文学・社会科学における 「人間以外」への関心の高まり(栗原 亘) 1 問題設定 2 自然科学および科学技術への関心の高まり 3 人文学・社会科学内における動向 4 エコロジーへの関心の高まり 5 「環境問題」とエコロジー運動および人文学・社会科学における動向 6 まとめ 02 ANT略史 その成立と展開および批判に関する見取り図(栗原 亘) 1 本章の位置づけ 2 サイエンス・スタディーズ 3 プロトANTからANT成立まで 4 初期ANTへの批判 5 ANTの展開 03 ANTの基本概念をたどる 記号論という「道具箱」を調査に持参する(伊藤嘉高) 1 はじめに:ANTの基本概念の出自をたどる 2 パリ学派記号論+エスノメソドロジー=ANT 3 アクターとアクタン:テクストによる報告の構成要素 4 強度の試験:「強く」実在するアクターの誕生 5 内向推移/外向推移:参照フレームの移行 6 循環する指示,不変の可動物:物質と記号の果てしない指示の連鎖 7 科学としてのANTの意義:中間項を媒介子にして,組み直す コラム1 ANTの「同盟者」たち:そこに「源泉」は存在するのか?(栗原 亘) 第2部 実践編 04 ANTと科学 史料分析と参与観察に基づく科学観・科学者観の更新(森下 翔) 1 論争する科学者たち:ANT前史 2 「翻訳」する科学者たち:カロンによる科学記述 3 『戦争と平和』と科学の過程:ラトゥールによる科学記述 4 非人間の働きかけ 5 構築とはなにか 6 「標準的科学観」とANT:現代の科学実践の「ANT的」分析にむけて 05 ANTと技術 技術の開発と活用過程における人間と非人間のダイナミクス(金 信行) 1 はじめに 2 技術の社会構築主義的研究 3 B. ラトゥール「ハイテクのエスノグラフィ」 4 H. ミアレ『ホーキング Inc.』 5 おわりに コラム2 国内研究動向(科学社会学・哲学,技術哲学)(金 信行・栗原 亘) 06 ANTと経済 遂行性アプローチの分析視角とそのインプリケーションについて(金 信行) 1 はじめに 2 経済事象の経験的分析 3 M. カロン「複雑性を飼いならすツールとしての文書化/書き換え装置」 4 D. マッケンジー「経済学は遂行的なのか」 5 おわりに 07 ANTと法 ANTは無責任な理論なのか(伊藤嘉高) 1 法のダイナミズムを生み出す「泥臭い」法的推論 2 法と科学:「無対象的な」法的客観性 3 存在様態論へ:法と科学を分別し交渉させる コラム3 日本の人類学におけるANTの展開(小川湧司) 08 ANTと政治/近代 「政治」を脱・人間中心的に組み直すための思考法(栗原 亘) 1 ANTにおける「政治」 2 「近代」へのANT的アプローチ 3 「政治」の組み直し 4 モノたちの議会と争点指向的な政治観:民主主義を脱・人間中心化する 5 おわりに コラム4 都市(伊藤嘉高) 第3部 展望編 09 多重なる世界と身体 媒介子としての身体のゆくえ(伊藤嘉高) 1 動脈硬化は実在しない? 2 単一の動脈硬化を成り立たせる実践 3 動脈硬化を断片化させない実践 4 痛み,血圧,患者,人口,外科医,メス……:万物の連関のなかの動脈硬化 5 医療実践におけるANTの意義 6 身体と自由 10 存在様態論と宗教 ラトゥールは宗教をいかにして記述しうるのか?(小川湧司) 1 ANTと存在様態論 2 「宗教」概念批判論に対するラトゥールの身振り 3 存在様態[REL]を規定する二つのステップ 4 おわりに 11 人間-動物関係とラトゥール 動物の「非-還元的な」記述とはいかなるものでありうるか?(森下 翔) 1 「非-人間」概念と「動物」概念 2 ANT論者による「非-人間」の記述:乳酸菌とヒヒ 3 『動物の解放』とANT:非還元と還元のあいだで 4 「動物の議会」の多声化:生態人類学からみる去勢と母子分離 5 ANT以降の関係論的動物論 6 動物の未来のヴィジョンと「共存の科学」としてのANT 12 異種混成的な世界におけるエコロジー 海洋プラスチック汚染というモノ(thing)を記述する(栗原 亘) 1 「環境問題」から「人新世」へ:エコロジーの現在 2 ANT的な記述と批判理論的な「批判」 3 プラスチックとは何か:一にして多様な存在体 4 近代的なオブジェクトとしてのプラスチック 5 近代的オブジェクトの再分節化過程 6 ANT的な記述の役割:学習曲線を描く集合体の構成 事項索引 人名索引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.80
56

ネットワークの学習では、ネットワークを「しくみ」から理解することが重要です。本書は、ネットワークの概念から「ネットワークモデル」の学習まで、フルカラーイラストでていねいに解説することで、ネットワークの基本を根本から学習できます。また、実際のネットワークを扱うときに役立つ、管理・運用の知識やセキュリティの知識もしっかり解説しています。この一冊で、ネットワークの「基本」がすべて身につきます! ●第1章 ネットワークを学ぼう Section 01 ネットワークとはそもそも何? Section 02 コンピューターネットワークの長所とは? Section 03 データとは? Section 04 データ通信とは? Section 05 回線交換方式とは? Section 06 パケット交換方式とは? Section 07 LAN(ローカルエリアネットワーク)とは? Section 08 WAN(ワイドエリアネットワーク)とは? Section 09 インターネットとは? COLUMN 無線LANのよいところ、悪いところ ●第2章 データはネットワークをどう流れる? Section 01 WebブラウザーからWebサーバーへと向かうデータを追跡しよう Section 02 WebブラウザーからOSまでの流れ Section 03 OSからLAN回線までの流れ Section 04 LAN回線からインターネットまでの流れ Section 05 インターネットからサーバー側のLAN回線までの流れ Section 06 LAN回線からWebサーバーまでの流れ COLUMN インターネットの管理団体 ●第3章 ネットワークモデルを知ろう Section 01 ネットワークモデルとは? Section 02 OSI参照モデルを知ろう Section 03 プロトコルとは? Section 04 カプセル化とは? Section 05 物理層の役割を知ろう Section 06 データリンク層の役割を知ろう Section 07 ネットワーク層の役割を知ろう Section 08 トランスポート層の役割を知ろう Section 09 セッション層の役割を知ろう Section 10 プレゼンテーション層の役割を知ろう Section 11 アプリケーション層の役割とOSI参照モデルのまとめ Section 12 TCP/IPモデルとOSI参照モデルの関係 COLUMN 標準化を行う団体について ●第4章 ネットワークモデルのプロトコルを知ろう Section 01 物理層のプロトコルを知ろう Section 02 ハブとは? Section 03 データリンク層のプロトコルを知ろう Section 04 イーサネットとは? Section 05 無線LANとは? Section 06 MACアドレスとは? Section 07 スイッチとは? Section 08 ネットワーク層のプロトコルを知ろう Section 09 IPアドレスとは? Section 10 ルーターとは? Section 11 IPv6とは? Section 12 インターネットVPNとは? Section 13 トランスポート層のプロトコルを知ろう Section 14 TCPとは? Section 15 UDPとは? Section 16 セッション層のプロトコルを知ろう Section 17 プレゼンテーション層とアプリケーション層のプロトコルを知ろう COLUMN 3つのアドレス ●第5章 ネットワーク内のサーバーの働きを知ろう Section 01 ファイル・プリントサーバーの働きを知ろう Section 02 データベースサーバーの働きを知ろう Section 03 SMTPサーバーの働きを知ろう Section 04 POP3/IMAP4サーバーの働きを知ろう Section 05 Webサーバーの働きを知ろう Section 06 プロキシーサーバーの働きを知ろう Section 07 DHCPサーバーの働きを知ろう Section 08 その他のサーバーの働きを知ろう COLUMN DNSによる名前解決について ●第6章 ネットワークの管理と運用を学ぼう Section 01 ネットワークの管理と運用とは? Section 02 ネットワーク管理に必要なコストは? Section 03 ネットワーク管理者の仕事とは? Section 04 ネットワークの構成を管理しよう Section 05 ネットワークのパフォーマンスを管理しよう Section 06 ネットワーク機器の情報を収集するには? Section 07 障害の場所を発見するには? Section 08 データ保護への対応策を考えよう Section 09 データのバックアップをとるには? Section 10 設備や施設をメンテナンスして障害を予防しよう Section 11 ユーザー管理をしよう COLUMN ネットワークがつながらない ●第7章 ネットワークのセキュリティを強化しよう Section 01 セキュリティとは? Section 02 ファイアウォールで外敵の侵入を防ごう Section 03 マルウェア対策をしよう Section 04 ID・パスワードを正しく管理しよう Section 05 様々な攻撃を防ごう Section 06 セキュリティ機器を使おう Section 07 情報の人的流出を防ごう Section 08 データを暗号化して通信しよう Section 09 デジタル署名を行おう Section 10 ユーザー認証を行おう Section 11 サーバー認証を行おう COLUMN 暗号化あれこれ ●第8章 ネットワークの広がり Section 01 ネットワークの広がりとは? Section 02 クラウドコンピューティングとは? Section 03 仮想化とは? Section 04 SDN/OpenFlowとは? Section 05 ローカル5Gとは? Section 06 Web会議とは?

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.81
56

システムの安定稼動を支える実践力を培う 障害や不具合からネットワークシステムを守る、現場の知識・経験・ノウハウを凝縮した「実践の教科書」本書は、ネットワーク構築における「動作試験」について、基礎から実践までを徹底的に解説する本です。基礎となる考え方と、さまざまな環境に転用可能なスタンダードな構成・機器・機能についての動作試験を学ぶことで、現場に通用する知識を効率的に、かつ手早く身につけることができます。<本書の効能>・ネットワーク試験(テスト)の内容と、それがなぜ必要なのかがわかる・何を試験するか、具体的にどう試験するかが自分で決められるようになる・いつなんどき起こるかわからない障害に備えることができ、障害対応の速度が向上する<本書の対象読者>・ネットワーク試験(テスト)作業をお願いされた駆け出しエンジニア・ネットワーク試験(テスト)仕様書を作らないといけなくなった中堅エンジニア・ネットワーク障害が起きたときにドタバタしたくない運用エンジニア 第1章 試験フェーズの重要性1.1 動作試験とは1.2 試験設計1.3 試験実施1.4 試験結果報告第2章 単体試験2.1 単体試験のポイント2.2 外観試験2.3 ラベル試験2.4 電源投入試験2.5 LED試験2.6 コンソールログイン試験2.7 コンソールログインタイムアウト試験2.8 ネットワークログイン試験2.9 ネットワークログインタイムアウト試験2.10 起動確認試験2.11 ストレージ試験2.12 OSバージョン試験2.13 ライセンス試験2.14 インターフェース試験2.15 パラメータ実装試験2.16 バックアップ試験2.17 リストア試験第3章 結合試験3.1 結合試験のポイント3.2 インターフェース試験3.3 VLAN試験3.4 IPアドレス試験3.5 ルーティング試験3.6 アドレス変換(NAT)試験3.7 ファイアウォール試験3.8 サーバー負荷分散試験3.9 運用管理系試験3.10 リンク冗長化機能試験3.11 NIC冗長化機能試験3.12 MLAG冗長化機能試験3.13 STP冗長化機能試験3.14 ループ防止機能試験3.15 FHRP冗長化機能試験3.16 ファイアウォール冗長化機能試験3.17 負荷分散装置冗長化機能試験3.18 実際の現場では第4章 障害試験4.1 障害試験のポイント4.2 LAG障害試験4.3 NIC障害試験4.4 MLAG障害試験4.5 STP障害試験4.6 FHRP障害試験4.7 ファイアウォール障害試験4.8 負荷分散装置障害試験4.9 実際の現場では第5章 性能試験・長期安定化試験5.1 性能試験のポイント5.2 長期安定化試験のポイント

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.83
56

「ネットワーク」と「認証」の知識にウェイトを置いたセキスペ午後問題集です。午後問題では、構築されたネットワークシステムの理解が必須です。その上に認証をからめた問題が出題の約7割を占めているため、この2つを確実におさえれば合格点が取れるというものです。本書では、上記テーマに沿って、令和元年以降の午後問題から午後Ⅰ問題を3問、午後Ⅱ問題を2問選びました。また頻出キーワードと、午後問題解法に役立つガイドラインも紹介します。 ・本書の読み方 ・試験の案内 序章 情報処理安全確保支援士試験の勉強法 ・合格への学習方法 第1章 午前試験の基礎知識 ・午前問題の学習方法 ・頻出順キーワード解説 ・試験に出るガイドライン 第2章 午後Ⅰ・Ⅱ問題徹底解説 ・午後問題の学習方法 ・ネットワークと認証の基礎知識 ・午後Ⅰ問題の徹底解説  ・令和元年秋期 午後Ⅰ問1  ・令和3年春期 午後Ⅰ問2  ・令和3年秋期 午後Ⅰ問1 ・午後Ⅱ問題の徹底解説  ・令和元年秋期 午後Ⅱ問2  ・令和3年春期 午後Ⅱ問2 さくいん

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
56

富とデータを独占する米巨大ITが、通信事業者の独擅場だった通信インフラも飲み込み始めた。その未来は、消費者にとって善か悪か NTTは日本の空洞化危機を防げるか 通信150年目の岐路 今や誰もがスマートフォンを持ち、インターネットを使う。ネットなしの生活など考えられないくらいだ。その隆盛を土台として支えてきた通信インフラが巨大IT企業や政治に揺さぶられている。 既に海底ケーブルはその多くがグーグルやアマゾンなどの巨大IT企業が敷設するようになった。これまでNTTなど通信事業者の牙城と思われてきた、電話のコアネットワークにもこれらの企業が進出しつつある。 一方で、ウクライナ戦争に端を発し、政治によるインターネットの分断も進む。5Gでも米中の分断が起こっている。これまでの開かれたネットの世界は夢幻になっていくのか。 こういった巨大ITや政治の力がネットを揺さぶる中で、日本はこれからどのようにしていくべきか。NTTは独自のIOWN構想でその存在感を示そうとする。 本書は、このような激変期を迎えた世界の通信に関する動きに、地政学という切り口でフォーカスを当てる。これらの動きから、来る2030年代の情報通信の世界を展望する。 富とデータを独占する米巨大ITが、通信事業者の独擅場だった通信インフラも飲み込み始めた。その未来は、消費者にとって善か悪か 序章 巨大IT企業が通信をのみ込む 第1章 海底の主役交代─ 巨大IT企業vs通信事業者 コラム 海底ケーブル世界有数の製造現場に潜入 第2章 クラウドの侵食─ 巨大IT企業vs通信機器大手 第3章 ネットの亀裂─民主主義国vs権威主義国 第4章 二つの5G─米国vs中国 第5章 「ゲームチェンジ」で挑む─ 巨大IT企業vs NTT 第6章 データを巡る闘い─ 巨大IT企業vs欧州 第7章 グローバルインターネットの終焉

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.85
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.86
56

エンジニア必携!ヤマハネットワーク構築・運用の標準教科書 本書はネットワークの構築・運用に必要な技術や設定について学習される方を対象としています。また、ヤマハネットワーク技術者認定試験[YCNE(Yamaha Certified Network Engineer) Standard★★]に対応しています。 IPアドレス、サブネット、VLANなどの基礎を理解している前提として、ネットワークの構築と運用で必要となる技術や設定、およびセキュリティを中心に説明しています。 最初は、RIPやOSPF、VRRPなど構築に必須の技術、NTPやSNMPなど運用に必須の技術について説明します。そしてヤマハネットワーク機器でつくるネットワーク構成の例を示し、これらの技術を使った設計の検討内容や設定について、シミュレーション形式で説明します。LAN分割機能、マルチプルVLAN、QoS、L2MSなど構築と運用で利用する多くの機能と設定について、またネットワーク構築には"セキュリティ対策"も必須となるため、フィルタリングやVPN、認証といったセキュリティ関連の機能と設定についても説明していきます。 本書を読むことでヤマハネットワークの構築・運用に必要な技術や設定について理解が深まるとともに、YCNE Standard★★試験合格の近道となることを願っています。 1章 ネットワークを構築・運用する上での必須技術 1.1 通信の基本 1.2 ルーティング関連技術 1.3 RIPv1 1.4 RIPv2 1.5 OSPF 1.6 冗長化技術 1.7 ICMP関連技術 1.8 運用管理関連技術 1章のチェックポイント 2章 中規模ネットワークの構築 2.1 ネットワーク構成 2.2 初期設定 2.3 インターネット接続設定 2.4 VLANの設定 2.5 スパニングツリープロトコルの設定 2.6 OSPFの設定 2.7 VRRPの設定 2.8 拠点間接続VPNの設定 2.9 無線LANアクセスポイントの設定 2.10 ルーターやLANスイッチへのアクセス設定 2.11 設定の保存 2章のチェックポイント 3章 要件に合わせたネットワークの構築 3.1 ポート関連技術 3.2 ルーティング関連技術 3.3 インターネット接続関連技術 3.4 QoS 3.5 無線LAN関連技術 3章のチェックポイント 4章 ネットワーク運用管理 4.1 SNMPの設定 4.2 NTPの設定 4.3 Syslogの設定 4.4 ループ検出機能の設定 4.5 L2MS 4.6 LANマップ 4.7 無線LANの可視化 4.8 クラスター管理機能 4.9 YNOによるネットワーク統合管理 4章のチェックポイント 5章 セキュリティ 5.1 セキュリティの基本 5.2 入口対策 5.3 TLSを使った暗号化 5.4 VPNのセキュリティ技術 5.5 VPNの種類 5.6 ポート認証機能 5.7 ヤマハルーターのセキュリティ機能設定 5.8 ヤマハLANスイッチのセキュリティ機能設定 5.9 ヤマハ無線LANアクセスポイントのセキュリティ機能設定 5.10 UTM 5章のチェックポイント 参考情報 1 フレーム構造 参考情報 2 パケット構造 参考情報 3 TCPの構造 参考情報 4 UDPの構造

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.87
56

2022年夏の事例を用いて最新の情報を提供。Wi-Fi、IoT、VPNなど、日々進化するネットワーク技術、その最新技術を解説  現在では、あらゆるものがネットワークにつながり、さまざまなデータをやり取りしています。  「高速化」「低遅延化」「複数接続化」が進む「Wi-Fi7」や、IoTによる家電の制御など、生活に密接に影響しはじめています。  本書では、「Wi-Fi」の意外な利用法や、第4世代「HD-PLC」、パスワードレス認証など、身近になったネットワーク技術を解説。 2022年春夏の事例を用いて、最新の情報を提供。Wi-Fi、IoT、VPNなど、日々進化するネットワーク技術、身近になったネットワーク技術の最新技術を解説。 ■ネットワーク技術 ・「インターフェイス」と「ネットワーク」 ・驚異的な「Wi-Fi7」 ・「Wi-Fi」の意外な利用法 ・「VPN」とブラウザ ・ネット回線速度とは ・“技適未取得”の外国製機器の実験的利用 ■IoT、ハードとネットワーク ・第4世代「HD-PLC」 ・「Ring Video Doorbell 4」を「IFTTT」経由で自作機器に接続 ・IoTネットワーク「Sigfox」 ■Webセキュリティ ・パスワードレス認証 ・「Webプロキシ」とは何か? ・犯罪に悪用される「AirTag」 ・デジタルサービス法

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.88
56

ITエンジニアの必須知識、ネットワークプロトコルの入門書 技術者ならこれだけは知っておくべき、プロトコルの入門書! ITエンジニアの必須知識の1つ、ネットワークプロトコル全般についての解説書です。 クラウド化が加速する現代においても、通信の仕組みとセットである ネットワークプロトコルの知識はITエンジニアにとって欠かせません。 本書では目に見えないネットワークの世界を理解するために、多くの図解イラストを 用いて解説しています。 全てのネットワークプロトコルを扱うことはできませんが、EthernetやIPv4、IPv6、 TCP/IP、HTTP、HTTPSといった基本はもちろん、SSHやSNMP、SSL/TLSなど、 技術者なら知っておくべきものに絞って解説しています。 著者はIT技術専門スクールで講師を務め、現役エンジニアとしても活躍している 川島拓郎さん。実際の講義の内容を意識しながら解説しています。 【こんな方達におススメすすめします】 駆け出しの ・ネットワークエンジニア ・セキュリティエンジニア ・クラウドエンジニア ・開発系エンジニア ・情報システム部門の担当者 【目次】 第1章 ネットワークのきほん 第2章 現代の通信に必須のプロトコルのきほん 第3章 通信の信頼性を支えるプロトコルのきほん 第4章 日常で使うインターネットを支えるプロトコルのきほん 第5章 ネットワークを支える技術のきほん 第6章 物理層に関係した技術のきほん 第7章 セキュリティ関連技術のきほん

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.89
56

ネットワーク技術の知識が,この1冊で深まります!! 内容をさらに充実させて第2版として刊行しました!! ◎複雑な内容を図を多く用いて説明し,分かりやすく,イメージしやすい構成 ◎学習者からよく出る疑問・質問をFAQで回答 ◎教科書としての側面を強化し,知識のインプットを手助け! ◎知識確認用に演習問題を掲載 ◎解答解説では,解き方のプロセスや誤答の選択肢も丁寧に解説 【こんな方におすすめ!】   ◆これから社会人になり,ITパーソンとして活躍しようと志している学生の方 ◆既にITパーソンとして実務を行いながら,ネットワーク技術全般を学習しようとする方 ◆ネットワークスペシャリスト試験におけるネットワーク分野の専門知識を効率的,かつ,しっかりと理解したい方 第1章 ネットワークの基礎知識 第2章 LANの方式 第3章 IP 第4章 TCPとUDP 第5章 DNSの仕組み 第6章 電子メールの仕組み 第7章 アプリケーションプロトコル 第8章 VoIP 第9章 ネットワーク機器 第10章 ネットワークセキュリティ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.90
56

ネットワーク技術に大きな変革をもたらすSDN(Software-Defined Networks)を学べる一冊。 ソフトウェア定義ネットワークの概念・設計・ユースケースを知る SDN(Software-Defined Networks:ソフトウェア定義ネットワーク)は、 ソフトウェアの力によって、従来のネットワークに対し高い柔軟性と拡張性を提供する技術です。 コントローラによる集中管理とデータプレーンのプログラマビリティを利用して、 従来のネットワークでは不可能だったさまざまなユースケースを実現できます。 また、オープンソースの実装も増えてきており、より身近なものになりつつあります。 本書は、SDNのコンセプト、基本アーキテクチャ、設計と実装のベストプラクティス、 さまざまな応用事例などについて包括的に解説した書籍です。 SDNの第一人者であるLarry Peterson氏・Bruce Davie氏らによって 「最先端のSDN」について説明された原著を、VMwareの進藤資訓氏らが翻訳。 第11章と付録では、日本語版オリジナルの書き下ろしとして、 国内でのSDNの活用事例も紹介しています。 ▼主な内容 ・オープンソースソフトウェアを例としたSDNのスタックの解説 ・SDNを支えるコンセプト、概念、設計理念 ・スケーラブルなクラウドのデザインがどのようにネットワークに適用できるか ・固定機能およびプログラマブルなスイッチに関する解説 ・スイッチをプログラム、制御するために使われるP4のためのツールチェーンの説明 ・SDNの各種ユースケースの紹介 ・社内、データセンター、アクセスにおけるネットワーク ・GitHubからダウンロード可能なハンズオン練習問題を含む SDN技術を学びたい(SDNの本質や実装を知りたい)エンジニア、 ネットワーク・クラウドの開発・構築に携わるエンジニアに一読いただきたい一冊です。 日本語版の刊行に寄せて――訳者まえがき 刊行に寄せて――原書序文 はじめに 第1章 SDNの概要と定義  1.1 市場の状況  1.2 技術的な状況  1.3 SDNの定義 第2章 ユースケース  2.1 ネットワークの仮想化  2.2 スイッチングファブリック  2.3 WANのトラフィックエンジニアリング  2.4 Software-Defined WAN  2.5 アクセスネットワーク  2.6 ネットワークテレメトリ 第3章 基本アーキテクチャ  3.1 ソフトウェアスタック  3.2 ベアメタルスイッチ  3.3 スイッチOS  3.4 ネットワークOS  3.5 リーフスパインファブリック 第4章 ベアメタルスイッチ  4.1 スイッチレベルの概略図  4.2 フォワーディングパイプライン  4.3 パイプラインの抽象化  4.4 P4プログラム  4.5 固定機能型パイプライン  4.6 比較 第5章 スイッチOS  5.1 シンスイッチOS  5.2 P4Runtime  5.3 gNMIとgNOI  5.4 SONiC 第6章 ネットワークOS  6.1 アーキテクチャ  6.2 ディストリビューテッドコア(分散型コア)  6.3 ノースバウンドインターフェース(NBI)  6.4 サウスバウンドインターフェース(SBI)  6.5 スケーラブルパフォーマンス 第7章 リーフスパインファブリック  7.1 機能セット  7.2 セグメントルーティング  7.3 ルーティングとマルチキャスト  7.4 カスタマイズされたフォワーディング 第8章 ネットワーク仮想化  8.1 課題  8.2 アーキテクチャ  8.3 構成要素  8.4 システム例  8.5 マイクロセグメンテーション  8.6 ネットワーク仮想化はSDNか? 第9章 アクセスネットワーク  9.1 背景  9.2 SD-PON  9.3 SD-RAN  9.4 SD-Fabricの役割 第10章 SDNの未来  10.1 ネットワークの検証とSDN 第11章 日本におけるSDN  11.1 日本におけるSDN――Rusmus Holtet Rusz&進藤資訓インタビュー  11.2 ユースケース 高精度ネットワークモニタリングシステム(HANMOC)  11.3 ユースケース モバイルパケットブローカー 付録A [補足]ネットワークファブリック  A.1 コンピューティングリソースの変化  A.2 アプリケーションの変化  A.3 ネットワーク設計の変化  A.4 ネットワークファブリック  A.5 リーフスパインファブリック  A.6 ネットワークのディスアグリゲーション 付録B [活用例]SDNとNFV  B.1 SDNとNFV  B.2 SDNとNFVを実現するスライシング  B.3 SDNとNFVの活用例 付録C ハンズオンプログラミング――演習問題  C.1 実行環境  C.2 演習問題

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.91
56

SoftwareDesign誌での連載と技術アドベントカレンダー24回ぶんに収まらなかった関連知識を徹底解説。いわゆる「オブジェクト指向」と呼ばれる考え方から発展した分野は、どのようにソフトウェア設計の役に立つのかを、よく知られた原則、テスト駆動開発、デザインパターンなどを通じて理解できる一冊です。上級者には定番の知識を体系的に整理するヒントとして、初級者には可愛いイラストで覚えるキーワード集として、幅広く活用していくことができます。なお、サンプルコードはPHPで書かれていますが、他の言語に置き換えて読めるコードばかりです。PHPを使っているかどうかを問わず、全ての開発者にオススメです。 第 1章 クリーンアーキテクチャ 第 2章 パッケージ原則 第 3章 オブジェクト指向 第 4章 UML(統一モデリング言語) 第 5章 オブジェクト指向原則 SOLID 第 6章 テスト駆動開発 第 7章 依存性注入 第 8章 デザインパターン 第 9章 アジャイル開発

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.92
56

 2017年刊行後大好評の『PHPフレームワークLaravel入門』が2019年9月リリースのバージョン6に対応した改訂版! PHPフレームワークのロングセラー定番解説書が、新バージョン対応で改訂! 本書は、Laravelのインストールから、フレームワークの中心になるModel-View-Controller(MVC)の使い方、開発に役立つ各種機能をわかりやすく解説した入門書です。新しいディレクティブ(@csrf/@error)、バリデーションルール(増補解説+自作)、Bootstrapによるぺジネーションリンク、Auth(Laravel/uiパッケージ)の使い方などの項目を追加しました! Chapter 1 Laravelを準備する  1-1 PHPフレームワークとLaravel   PHP開発の問題点   フレームワークの導入   Laravelの特徴   Laravelのサイト   Composerについて   Laravelをインストールする   Laravelのバージョンについて  1-2 Laravelを使ってみる   Laravel開発の手順   プロジェクトの作成   アプリケーションを実行する   XAMPPにデプロイする   指定のアドレスで公開する Chapter 2 ルーティングとコントローラ  2-1 ルーティング   アプリケーションの構成   「app」フォルダについて   ルーティングと「routes」フォルダ   ルート情報の記述   トップページのルート情報   ルート情報を追加する   HTMLを出力する   ヒアドキュメントを使う   ルートパラメータの利用   必須パラメータと任意パラメータ  2-2 コントローラの利用   MVCとコントローラ   コントローラの作成   HelloController.phpをチェックする   アクションを追加する   ルートパラメータの利用   複数アクションの利用   シングルアクションコントローラ   リクエストとレスポンス   RequestおよびResponse Chapter 3 ビューとテンプレート  3-1 PHPテンプレートの利用   ビューについて   PHPテンプレートを作る   ルートの設定でテンプレートを表示する   コントローラでテンプレートを使う   値をテンプレートに渡す   ルートパラメータをテンプレートに渡す   クエリー文字列の利用  3-2 Bladeテンプレートを使う   Bladeを使う   フォームを利用する   CSRF対策について   アクションの用意   POSTのルート設定  3-3 Bladeの構文   値の表示   @ifディレクティブ   特殊なディレクティブ   繰り返しのディレクティブ   @break と @continue   $loopによるループ変数   @phpディレクティブについて  3-4 レイアウトの作成   レイアウトの定義と継承   @sectionと@yield   ベースレイアウトを作成する   継承レイアウトの作成   コンポーネントについて   コンポーネントを作成する   サブビューについて   @eachによるコレクションビュー  3-5 サービスとビューコンポーザ   ビューコンポーザとは?   サービスとサービスプロバイダ   HelloServiceProviderを作成する   クロージャでコンポーザ処理を作る   サービスプロバイダの登録   ビューコンポーザを利用する   ビューコンポーザクラスの作成 Chapter 4 リクエスト・レスポンスを補完する  4-1 ミドルウェアの利用   ミドルウェアとは?   ミドルウェアを作成する   HelloMiddlewareクラス   HelloMiddlewareを修正する   ミドルウェアの実行   ビューとコントローラの修正   リクエストとレスポンスの流れ   レスポンスを操作する   グローバルミドルウェア   ミドルウェアのグループ登録  4-2 バリデーション   ユーザー入力時の問題   バリデーションを利用する   バリデーションの基本処理   エラーメッセージと値の保持   フィールドごとにエラーを表示   @errorディレクティブを使う   バリデーションの検証ルール  4-3 バリデーションをカスタマイズする   フォームリクエストについて   フォームリクエストの作成   HelloRequestクラスの基本コード   メッセージのカスタマイズ   バリデータを作成する   クエリー文字列にバリデータを適用する   エラーメッセージのカスタマイズ   条件に応じてルールを追加する   オリジナルバリデータの作成   HelloValidatorを作成する   HelloValidatorのルールを使用する   Validator::extendを利用する   バリデーションルールを作る   Myruleを使ってみる  4-4 その他のリクエスト・レスポンス処理   CSRF対策とVerifyCsrfToken   クッキーを読み書きする   リダイレクトについて Chapter 5 データベースの利用  5-1 データベースを準備する   モデルとデータベース   Laravelのアプローチ   SQLiteデータベースを準備する   DB Browser for SQLiteの導入   DB Browserのインストール   DB Browserを起動する   データベースファイルを作る   テーブルを作成する   SQL利用の場合   ダミーのレコードを追加する   DB利用のための手続き   SQLiteの設定   MySQL/PostgreSQLの設定   .envの環境変数について  5-2 DBクラスの利用   DBクラスとは?   パラメータ結合の利用   DB::insertによるレコード作成   DB::updateによる更新   DB::deleteによる削除   SQLクエリがすべて?  5-3 クエリビルダ   クエリビルダとは?   DB::tableとget   指定したIDのレコードを得る   演算記号を指定した検索   whereとorWhere   whereRawによる条件検索   並び順を指定する「orderBy」   offsetとlimit   insertによるレコード追加   updateによるレコード更新   deleteによるレコード削除  5-4 マイグレーションとシーディング   マイグレーションとは?   マイグレーションファイルの生成   マイグレーション処理について   テーブル生成の処理   テーブルの削除処理   マイグレーションを試す   シーディングについて   シーダーファイルの作成   シーディング処理について   シーダーファイルの登録   シーディングを実行する Chapter 6 Eloquent ORM  6-1 Eloquentの基本   ORMとは?   モデルを作成する   モデルクラスのソースコード   PersonControllerを作成する   index.blade.phpを作成する   Personモデルで全レコードを得る   Personクラスにメソッドを追加する   IDによる検索  6-2 検索とスコープ   whereによる検索   スコープの利用   ローカルスコープについて   nameをスコープにする   スコープを組み合わせる   グローバルスコープについて   グローバルスコープを作成する   Scopeクラスを作成する   ScopePersonクラスを作る  6-3 モデルの保存・更新・削除   モデルの新規保存   モデルを修正する   add.blade.phpを作成する   addおよびcreateアクションを追記する   保存処理の流れ   モデルを更新する   editおよびupdateアクションを追記する   モデルの削除   モデルとDBクラスの共通性  6-4 モデルのリレーション   モデルのリレーションとは?   boardsテーブルを利用する   マイグレーションの作成   モデルの作成   BoardControllerの作成   テンプレートの作成   2つのテーブルの関係について   has One結合   has Many結合   belongs To結合   関連レコードの有無   withによるEagerローディング Chapter 7 RESTfulサービス/セッション/ペジネーション/認証/テスト  7-1 リソースコントローラとRESTful   RESTfulとは?   マイグレーションの作成   モデルの作成   シードの作成   シードの実行   RESTコントローラの作成   リソースコントローラについて   indexおよびshowを作成する   レコードの追加   フォームを/hello/restに埋め込む   RESTfulサービスにするために  7-2 セッション   セッションについて   セッションを利用する   セッション利用アクションを作る   データベースをセッションで使う   セッションの保存先をデータベースに変更する   セッション用マイグレーションの作成  7-3 ペジネーション   ペジネーションとは?   DBクラスとsimplePaginate   ページの表示を作成する   DBクラスとモデル   ソート順を変更する   paginateメソッドの利用   リンクのテンプレートを用意する   Bootstrapの利用について  7-4 ユーザー認証   認証機能とAuth   Authをセットアップする   Userモデルクラスについて   /helloでログインをチェックする   Authの認証関係ページ   特定ページの保護   ログイン処理の実装  7-5 ユニットテスト   ユニットテストとPHPUnit   テスト用データベースの準備   ダミーレコードの用意   ユニットテストのスクリプト作成   一般的な値のテスト   指定アドレスにアクセスする   データベースをテストする   ユニットテスト以外のテスト  7-6 今後の学習   フロントエンドとの連携   サービス関連   キューとジョブおよびタスク   Artisanコマンドの開発

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.93
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.95
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.96
56

はじめての人も最大限Raspberry Piを楽しめるやさしいガイドです。 Raspberry Piの人気の用途、デスクトップ、サーバー、プログラミング、電子工作がこれ一冊で全部わかります。カラーイラスト掲載&写真やスクリーンショット多数ではじめての方も学びやすいです。 Raspberry Pi 4&Raspberry Pi OSに完全対応。3B+/3Aも解説しています。 Raspberry Pi はじめてガイド[Raspberry Pi 4完全対応]『目次』 第1章 Raspberry Piをはじめよう 1-1 Raspberry Piの世界にようこそ Raspberry Piとは Raspberry Piの特徴 Raspberry Piの各部紹介 1-2 Raspberry Piのラインナップ 主要モデルのスペック表 主要モデルの特徴 1-3 本書でRaspberry Piを楽しむために必要なもの パソコンやサーバーとして使ううえで必要なもの 電子工作をするうえで必要なもの 1-4 チェックしておきたいRaspberry Piアクセサリー 主要なRaspberry Piアクセサリー 第2章 OSを入れよう 2-1 Raspberry PiのOSを知ろう Raspberry Piで使えるOSの種類 Raspberry Pi OSの特徴 2-2 OSを用意しよう OSを起動するしくみ Raspberry Pi Imagerでインストールしよう 2-3 Raspberry Piを起動しよう Raspberry Piを起動しよう 2-4 初期設定と動作確認を行おう 初期設定を行おう 動作確認を行おう Raspberry Piを終了しよう 2-5 ネットワークを設定しよう Wi-Fiに接続しよう 固定IPアドレスを設定しよう 第3章 デスクトップパソコンとして活用しよう 3-1 Raspberry Piとデスクトップパソコン デスクトップパソコンとしての活用を支える要素 GUIとCLI 3-2 デスクトップOS/サーバーOSの考え方 デスクトップOSの場合 サーバーOSの場合 3-3 GUIの基本操作 Raspberry Pi OSの画面構成 アプリケーションを起動しよう アプリケーションを終了しよう アプリケーションの画面を最大化/最小化しよう 複数のアプリケーションを切り替えよう 3-4 フォルダとファイルの基本操作 ファイルマネージャーの画面構成 表示するフォルダを変更しよう フォルダを作成してファイルを移動させよう ファイルをコピー/削除しよう 「ゴミ箱」のファイルをもとに戻そう 3-5 アプリケーションを使いこなそう アプリケーションを使ってみよう アプリケーションをインストールしよう アプリケーションをアンインストールしよう アプリケーションのショートカットをデスクトップに作成しよう アプリケーション・ランチャーにショートカットを追加しよう アプリケーション・ランチャーのショートカットを管理しよう 3-6 Raspberry Pi OSの設定を変更しよう 文字などの表示サイズを変更しよう パスワードを変更しよう ディスプレイの解像度を設定しよう 壁紙を変更しよう メニューバーの設定を変更しよう 3-7 Raspberry Piでゲームをプレイしよう Minecraft Piを起動しよう プレーヤーを動かそう ブロックを操作しよう 第4章 サーバーとして利用しよう 4-1 Raspberry Piとサーバー サーバーとクライアント Raspberry Piで動くLinuxはサーバー用途が得意 サーバーを動かすために必要なもの 4-2 Raspberry Piのコマンドの基本操作 サーバー操作はCLIがメイン CLI用のターミナルを立ち上げよう コマンドの基礎知識 表示と移動から覚えよう 現在のRaspberry Piの情報を取得しよう コマンドを組み合わせよう アプリケーションをインストール/更新しよう 4-3 WebサーバーでWebサイトを表示しよう Webブラウザでアクセスできるサーバーを作ろう サーバーへの接続に必要な情報を集めよう サーバーを起動しよう 表示するWebサイトを用意しよう 4-4 ファイルサーバーとして利用しよう ファイルを保存するためのサーバーを作ろう Sambaをインストールしよう Sambaの設定をしよう 手元のパソコンからSambaを覗いてみよう 外部ストレージを接続しよう 4-5 手元のパソコンからサーバーにアクセスしよう 手元のパソコンからサーバーにアクセスできるSSH SSHを設定して動かそう 4-6 さらに高度なサーバー 写真や動画を楽しむメディアサーバー 自動バックアップサーバー スマートホームデバイス化 第5章 プログラミングを楽しもう 5-1 Raspberry Piとプログラミング プログラミングは今注目のスキル Raspberry Piはプログラミングに最適 プログラミングに必要なものを知ろう 5-2 Pythonを動かそう プログラミング言語Python はじめてのプログラムに挑戦しよう プログラムで計算してみよう 文字列を操作してみよう プログラムをファイルに保存してみよう 条件分岐とくり返し 日付情報を表示してみよう 5-3 インターネットから情報を取得しよう ライブラリとpip3コマンド インターネット上の情報を取得しよう 取得した情報を見やすく表示しよう 5-4 サーバーをプログラミングしよう フレームワークFlaskとは Flaskをインストールしよう Webアプリケーションを作成しよう 動的コンテンツにチャレンジしよう テンプレートエンジンを使ってみよう 5-5 AIの技術「機械学習」も試そう PythonとAI TensorFlowをインストールしよう TensorFlowの動作確認をしよう チュートリアルのサンプルを試そう 5-6 Raspberry Piにあるたくさんのプログラミング環境 Scratch Ruby 統合開発環境(IDE) 第6章 電子工作に挑戦しよう 6-1 Raspberry Piと電子工作 Raspberry Piで電子回路を制御するしくみ GPIOと各端子 PythonによるGPIOの基本操作 ブレッドボード ジャンパーワイヤー 6-2 電子回路の基礎知識 電源と素子 電圧と電流 抵抗とオームの法則 回路図の基本 6-3 LEDを光らせよう LEDと抵抗の基本 電子回路を確認しよう 組み立ててLEDを光らせよう 6-4 LEDの光らせ方をプログラミングしよう プログラムでLEDのオン/オフを制御しよう 電子回路を確認しよう 電子回路を組み立てよう PythonでLEDを点灯させよう PythonでLEDを点滅させよう LEDの明るさを調節しよう 6-5 センサーで物までの距離を測ろう 距離を測る超音波センサー 電子回路を確認しよう 電子回路を組み立てよう Pythonで距離を測定しよう 6-6 一定の距離まで近付いたときにLEDが光るようにしよう LEDとセンサーを組み合わせよう 電子回路を確認しよう 電子回路を組み立てよう Pythonでプログラミングしよう 6-7 カメラで画像を撮影しよう 近付いたらカメラで自動撮影するようにしよう 焦電型赤外線センサーとカメラモジュール カメラモジュールを設定しよう 電子回路を確認しよう 電子回路を組み立てよう プログラムを作成しよう 6-8 もっと電子工作 暗くなったら自動で光るライト 熱中症の危険度を知らせるLED 別の部屋から操作できるリモコン 侵入者を教えてくれる防犯カメラ パーツリスト 索引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.97
56

Raspberry Piの使い方と電子工作入門書の決定版!写真と図解で解説。初心者でもサンプルコードですぐに実践できます。 手のひらサイズのLinuxパソコン「Raspberry Pi(ラズベリー・パイ)」で電子工作に挑戦しよう! ラズパイ入門書の決定版の最新第7版が登場! 本書はRaspberry Piを様々な用途で使いこなすための入門書です。Raspberry PiはARMベースのシングルボードコンピュータで、LinuxベースのグラフィカルなOS(Raspberry Pi OS)も用意されており、一般的なパソコンのような使い方が可能です。 OSがLinuxベースなので、Webサーバーやファイルサーバーといったサーバー用途での利用もすぐにできます。本書では初めてLinuxに触れる方にもわかりやすいように、コマンドの基本的な使い方からサーバー構築まで解説します。 また、電子工作で必須のプログラミングについても、極めて初歩から解説しています。本書ではScratch3とPython3による解説を行っています。 電子工作では、電子工作で用いる部品の解説や、電気の基礎知識、そして実践方法について詳しく解説します。LEDの点灯、スイッチによる入力などから、I2C機器、そしてセンサーとカメラにWebサーバーなどを組み合わせた応用例、さらに物体検知ができるMotionの活用まで幅広く解説しています。 書籍内で解説したプログラムは、サポートサイトからダウンロードしてご利用いただけます。本書があれば、Linuxの初心者、電子工作の初心者、プログラミングの初心者でも安心してRaspberry Piを使いこなせます。 前著「これ1冊でできる!ラズベリー・パイ 超入門 改訂第6版」(2020年2月発行)をベースに、最新機種や電子パーツ、64ビット版Raspberry Pi OSにも対応しました。対象のRaspberry Piの機種は、現在販売されているGPIOが40ピンのRaspberry Piの大部分が対象です(GPIOが26ピンのRaspberry Pi Model A、Model BやCompute Module、Raspberry Pi Picoなどは対象外)。前版で紹介した電子部品の中で、入手が困難になっているものなどを刷新しています(そのためこれまでの版をお持ちの方は内容が重複している恐れがあります)。 なお、本書の解説内容ではネットワークを利用しますので、LANが利用できる環境を前提に解説しています。 Part1 Raspberry Piとは Chapter 1-1 Raspberry Piとは Chapter 1-2 Raspberry Piと周辺機器 Chapter 1-3 Raspberry Piへの給電 Part2 Raspberry Piを動作させよう Chapter 2-1 起動用microSDカードを用意する Chapter 2-2 Raspberry Piの初期設定と起動・終了 Part3 Raspberry Piの操作と設定 Chapter 3-1 Raspberry Pi OS(Linux)の基本操作 Chapter 3-2 Raspberry Piの設定 Chapter 3-3 ネットワークの接続設定 Chapter 3-4 アプリの追加と削除 Chapter 3-5 リモートからのRaspberry Piの操作 Part4 小型LinuxマシンとしてRaspberry Piを利用 Chapter 4-1 小型クライアントマシンとしてRaspberry Piを使う Chapter 4-2 小型WebサーバーとしてRaspberry Piを使う Chapter 4-3 ファイル共有サーバーとしてRaspberry Piを使う Part5 プログラムを作ってみよう Chapter 5-1 Raspberry Piで使えるプログラム Chapter 5-2 Scratchを使ってみよう Chapter 5-3 Pythonを使ってみよう Part6 電子回路をRaspberry Piで制御する Chapter 6-1 Raspberry Piで電子回路を操作する Chapter 6-2 電子部品の購入 Chapter 6-3 電子回路入門 Chapter 6-4 LEDを点灯・点滅させる Chapter 6-5 スイッチの状態を読み込む Chapter 6-6 扇風機を制御する Part7 I2Cデバイスを動作させる Chapter 7-1 I2Cで手軽にデバイス制御 Chapter 7-2 アナログ値を入力する Chapter 7-3 気温・湿度を取得する Chapter 7-4 有機ELキャラクタデバイスに表示する Part8 Raspberry Piの応用 Chapter 8-1 着信メールを有機EL画面で通知する Chapter 8-2 明るくなったら音楽を再生して通知する Chapter 8-3 人が近づくと自動的に写真をWebサーバーで公開する Appendix 付録 Appendix 1 Linuxコマンドリファレンス Appendix 2 電子部品購入可能店情報 Appendix 3 本書で扱った部品・製品一覧

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search