【2023年】「メンタルトレーニング」のおすすめ 本 93選!人気ランキング

この記事では、「メンタルトレーニング」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. ストレスを操るメンタル強化術
  2. モチベーションを劇的に引き出す究極のメンタルコーチ術
  3. 神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り
  4. メンタルが強い人がやめた13の習慣
  5. 心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣 (幻冬舎文庫)
  6. 弱いメンタルに劇的に効く アスリートの言葉――スポーツメンタルコーチが教える“逆境”の乗り越え方
  7. 心を強くする 「世界一のメンタル」50のルール
  8. ビジネスパーソンのための折れないメンタルのつくり方
  9. 嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え
  10. メンタルが強い人がやめた13の習慣 (講談社+α新書)
他83件
No.1
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
85
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
83

136万部突破の国民的ベストセラーが文庫化! 所属チームで干されても腐らずにレギュラーを奪い返した。 ワールドカップ予選では、主将としてチームを束ね、本大会への切符をつかんだ。 結果を出し続ける長谷部誠だからこそ、多くの読者の胸をうつのである。 『心は鍛えるものではなく、整えるものだ。いかなる時も安定した心を備えることが、 常に力と結果を出せる秘訣だ。自分自身に打ち勝てない人間が、ピッチで勝てるわけがない。』 日本代表キャプテンとして、チームを勝利へ導いた男の実践的メンタルコントロール術。 長谷部誠はサッカー選手としては、特に特徴がある選手ではない。試合を決定するフリーキックが蹴れるわけではないし、突出したテクニックを持っているわけではない。だが、彼はあらゆる指揮官に重宝される日本代表の中心人物だ。それに加え、浦和レッズではタイトルを総なめにし、移籍したドイツでは、クラブチームを初優勝に導いた。そして、記憶に新しいアジアカップでのチーム優勝……。彼は一体何を持っているというのか。それは、類まれなるメンタルコントロール力にある。心はよく「鍛える」「磨く」などと表現されるが、長谷部誠は違う。心を「整える」のだ。生活のリズム、睡眠、食事、そして、練習。日々の生活から、心に有害なことをしないように、少しでも乱れたら自分で整える。そうすることによって、いかなる試合でも、いかなる場面でも揺らぐことがなく、ピッチで力が発揮できるという。実践することはいたってシンプルながら、だからこそ、慌しい現代では意識をしないと難しいもの。力を抜いて無理なく自然体で行える姿は、まさに彼の心情が姿勢として表れている証明だろう。今最注目のアスリートのビジネスでも、スポーツでも、あらゆるシーンで応用できる新メンタルコントロール術!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
70
みんなのレビュー
アドラー心理学を分かりやすく教えてくれる名著。この本を読むことで普段の悩みが嘘のようになくなった。他人と自分の課題を分離して考えて嫌われる勇気を持って生きることで社会のしがらむや無駄な人間関係に悩むことがなくなる。ぜひ悩める多くの人に手にとって欲しい書籍。
アドラー心理学をもとに、哲人が青年の悩みをヒアリングしながら教えを解く話。2人の会話がベースだから難しい心理学の内容も理解しやすい。極端な教えが多いけれど、自分の日常の悩みを軽くしてくれるし、この考えを持って生活すればより生きやすい自分に近づきそう。承認欲求で溢れる現代に疲れている人におすすめ!
No.10
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
68
みんなのレビュー
アウトプット大全で有名な樺沢氏の本業である精神科医の経験をベースにした気持ちを切り替える方法。実際にアクションベースで学べるので、不安を抱えている人はぜひこの書籍を読んで気持ちを切り替えよう!
No.14
68

星稜高校野球部、オリンピック金メダリスト髙木菜那らのメンタルコーチが教える「瞬時にメンタルをアップさせる」方法!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
67

「単線」アタマを「複線」にするだけで、人間関係の悩みスッキリ解決! 相反する二つの路線を交互に使うと、行動も考えも大胆に! 「単線」アタマを「複線」にするだけで、人間関係の悩みスッキリ解決! 相反する二つの路線(つまり複線)を交互に使うと行動も考えも大胆に! 著者の多芸多才な仕事は、どのような方法で可能になるのか。複数の作業を同時に処理して生産性を上げる脳の使い方を、「複線思考」をキーワードにアドバイスする。世阿弥、宮本武蔵、勝海舟、エジソンから鈴木敏文、羽生善治、錦織圭、有吉弘行まで、古今東西の複線思考の達人に学ぶ。 「単線」アタマを「複線」にするだけで、人間関係の悩みスッキリ解決! 相反する二つの路線を交互に使うと、行動も考えも大胆に! 著者の多芸多才な仕事は、どのような方法で可能になるのか。複数の作業を同時に処理して生産性を上げる脳の使い方を、「複線思考」をキーワードにアドバイスする。また、世阿弥、宮本武蔵、勝海舟、エジソンから、鈴木敏文、羽生善治、錦織圭、有吉弘行まで、古今東西の複線思考の達人に学ぶ。 本当にすごい役者は、舞台上で演じながら、同時にその姿を観客席から見ることもできる――。能を大成した世阿弥が本にそう書いています。 そんなふうに、もう一人の自分から自分を見るという能力は、舞台の上の役者だけでなく、私たちの日常でも大いに役立ちます。この能力があれば、自分の立場や言動、発想、そして感情さえも客観的に把握することができ、それらをうまくコントロールできるに違いないからです。 いま、多くの人が忙しさに振り回されて、コントロールがきかず、自分のコンディションを乱しているのではないでしょうか。 単線思考だから行き詰まり、パニックになるのです。つねに代替案を持って提案する、この方法ではダメだとわかったらすぐに違う方法を考える、全体の進行を見て自分の時間を配分する、コメントを考えながら人の話を聞くなど、複線的に行動すれば余裕ができます。じつは人は昔から、自己と他者、主観と客観、部分と全体、直感と論理、現実と問いといった、二つの路線(つまり複線)を交互に行き来しながら、効率的にものを考えてきました。多くの事例とちょっとしたレッスンをご紹介しますので、複線思考術を身につけていただき、いいことずくめの人生を手に入れてください!(本文より) はじめに いつも余裕で結果を出す人はどこが違うのか? イントロ 複線思考の五つの力 1 余裕を生み出す複線思考、すぐパニックになる単線思考 2 【複線思考術1】「自己視点」と「他者視点」を両立させる複線思考 3 【複線思考術2】「主観」と「客観」を切り替える複線思考 4 【複線思考術3】「部分」と「全体」で把握する複線思考 5 【複線思考術4】「直感」と「論理」を合わせる複線思考 6 【複線思考術5】「現実」に「問い」をぶつける複線思考 おわりに 「ものは考えよう」で、うまくいく

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
66
みんなのレビュー
名著「7つの習慣」について漫画で分かりやすく学べる!7つの習慣は名著だけどボリューム多く読破するのつらいのでまずこの漫画版読んで面白ければオリジナルを読むのもあり。
No.26
65

五五輪メダリスト、代表チームのコーチ、スポーツ心理学者という3つの立場からアプローチ。今日から簡単にできるワークも多数紹介。 日常生活で、受験会場で、ビジネスシーンで。誰にでも応用できるメンタルトレーニング 「メンタルヘルスリテラシーを高める」「不快な感情と向き合う」「怒りの使い方」「やる気を分類する」「メンタルタフネスを手に入れる」など、アスリートが行う心の整えかたは、私たちの日常生活にも応用ができる。五輪メダリストという選手としての経験に加え、日・米・仏の代表チームのコーチを歴任した指導者としての視点を持ち、さらにはスポーツ心理学者としての知見を携えた著者ならではのメンタルトレーニングを紹介する。ボクサー・村田諒太選手とのセッション(対話)の様子についても語る。 プロローグ メンタルタフネスを手に入れる~村田諒太選手とのセッション                               第1章 感情と思考に向き合う                                                                                                                                                                            1  メンタルって何? 2  自分の感情に気づく 3  緊張するのは悪いこと? 4  怒りの使い方 5  不快な感情は誰のせい? 6  2種類の自信を理解する 7  失敗から学ぶ 8  やる気を分類する 第2章 実践する 9 メンタルヘルスリテラシーを高める 10 夢に向かって目標を立てる 11 ポジティブ思考トレーニング 12 体からのアプローチ  13 メンタルトレーニング・プログラムをつくる 14 チームで心を一つに~車いすバスケ男子日本代表チーム エピローグ~私の メンタルトレーニング史 プロローグ メンタルタフネスを手に入れる~村田諒太選手とのセッション                              第1章 感情と思考に向き合う                                                                                                                                                                            1  メンタルって何? 2  自分の感情に気づく 3  緊張するのは悪いこと? 4  怒りの使い方 5  不快な感情は誰のせい? 6  2種類の自信を理解する 7  失敗から学ぶ 8  やる気を分類する 第2章 実践する 9 メンタルヘルスリテラシーを高める 10 夢に向かって目標を立てる 11 ポジティブ思考トレーニング 12 体からのアプローチ  13 メンタルトレーニング・プログラムをつくる 14 チームで心を一つに~車いすバスケ男子日本代表チーム エピローグ~私のメンタルトレーニング史

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
65

第1章 スポーツ心理学とは 第2章 パフォーマンス向上のためのスポーツ心理学 第3章 実力を発揮するためのスポーツ心理学 第4章 アスリートにおける心の構造分析 第5章 スポーツ指導者のためのコミュニケーション理論の基礎 第6章 選手の競技能力および心理特性から見たチームづくり 第7章 障害者スポーツ 第8章 実践研究編

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
62

著書累計500万部突破のカリスマ精神科医、ゆうきゆう最新作 「人間関係」「性格」「異性関係」の悩みは、笑いながら解決できる! 「周りの目が気になって仕方ない」 「頼まれごとが断れない」 「すぐに自分を責めてしまう」 「何気ない言葉がすごく気になる」 「自分の意見がはっきり言えない」 このような「敏感すぎる悩み」というのは、多くの人に存在します。 しかし、ここで考えてみましょう。 この敏感さというのは、決して悪いことではありません。例えば大昔、サバイバルの時代を考えてみれば、敏感に危機を察知して、それに対処できる人間ほど、生き残りやすいのは当然です。 「あぁ、昨日食べたマンモス、おいしかったなぁ……」 なんて思ってダラダラと生きている人は、突然現れた敵などに気がつけず、死んでしまう可能性だってあります。 敏感さというのは、「生きる」うえですごく大切なことなのです。 しかし当然ですが、今はサバイバル時代ではありません。敏感さによって疲れてしまい、結果的に毎日の生活が「あー、しんどい」と苦しくなってしまったら元も子もありません。 よってこの本では、あなたの敏感さを少しずつ修正し、いい意味でリラックスする方法や、敏感さによって成功を手に入れるための方法を『5つのメンタル術』と『3つの会話テクニック』としてまとめてみました。 実際に当院にいらっしゃる「敏感すぎる」ことで悩んでいる方に、このメンタル術を伝えたところ、多くの人たちが劇的に改善しています。 まずは気持ちを楽にして、読んでみてくださいね。 (「はじめに」より抜粋) 1章「敏感すぎる」のは理由がある!? 2章「人間関係」の悩みを解決するメンタル術 3章「内気な自分」を解決するメンタル術 4章「異性関係の悩み」を解決するメンタル術 5章「マイナス思考」を解決するメンタル術

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
62

性格、態度、学習、動機づけ、攻撃性、ストレス等々スポーツやコーチングと切っても切り離せない心理学の理論を実践と結びつけて平易に解説。 第1章 スポーツ心理学へようこそ 第2章 性格とスポーツ 第3章 スポーツに対する態度 第4章 スポーツにおける攻撃行動 第5章 覚醒、不安、ストレス 第6章 スポーツ行動への社会的影響 第7章 動機づけとスポーツ 第8章 技能の体得

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
60
みんなのレビュー
限りある人生をいかに充実したものにするかについて学べる良書。仕事に追われていて時間がないビジネスパーソンに是非読んで欲しい。
No.32
60

スポーツ心理学を基本から学びたい人に必要な理論や情報を網羅。実際の場面での使い易さを重視し資料も多数掲載。4年ぶりの改訂版。 スポーツ心理学を基本から学びたい人が必要とする科学的理論や情報を網羅。選手やコーチが実際の場面で使いやすいよう、メンタルトレーニングが実践できる、ワークシートやグラフも数多く取り入れた。前作から4年ぶりの改訂。 スポーツ心理学は、スポーツの技術習得や成績向上、スポーツを楽しむことを促すための心理的アプローチである。この中には、近年広く普及したメンタルトレーニングも含まれる。 本書は、このスポーツ心理学を基本から学んでみたいと思っている人を対象とし、学ぶ上で必要な科学的理論や情報を網羅。スポーツ選手やコーチが実際の場面で使うことを想定し、実用的な内容は省かず、利用しやすさに重点を置いた。 スポーツ選手などが本書を読みながら自分でメンタルトレーニングが実践できるよう、自分で行うワークシートの資料やグラフも数多く取り入れている。 好評を博した2012年発売の[新版]以来、4年ぶりの改訂となる[改訂版]。 最新の情報を取り入れコラム欄を増やすなど、さらなる内容充実が図られている。 第1章 スポーツ心理学とは 第2章 自己分析 第3章 動機づけ 第4章 目標設定 第5章 リラクセーションとサイキングアップ 第6章 集中力 第7章 イメージトレーニング 第8章 ポジティブシンキング・自信・セルフトーク 第9章 こころのコンディショニング 第10章 チームワークとチームビルディング 第11章 リーダーシップ 第12章 コーチングの心理学 第13章 効果的なスポーツスキルの習得方法 第14章 メンタルサポートの実際 第15章 運動・スポーツとこころの健康(健康運動心理学) スポーツ心理学キーワード 参考文献一覧

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
60

金メダリスト・高木菜那選手のメンタルコーチが直伝!「心を鍛える」シンプルかつ重要な方法を、惜しげもなく公開します!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
60
みんなのレビュー
森岡さんの大ファンなので手に取ったが、他の書籍ほどの衝撃はなかった。個人のキャリアにフォーカスした書籍でまさに森岡さん自身が娘向けに届けるメッセージという建付けになっている。森岡さんの苦悩時代の話を知れたのは良かった。
No.36
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
59
みんなのレビュー
タイムマネジメントの書籍は世の中にありふれているが、この書籍はそれらの書籍と一線を画すもの。そもそも時間の正体とは何か?という考え方から、様々な特性の人にとってのタイムマネジメントの方法を教えてくれる。そもそも誰にしも通用する画一的なタイムマネジメントの方法はなく、それぞれに特性に合った方法が重要という前提に立っている。タイムマネジメント系の本でどれかオススメは?と聞かれたら真っ先にこの本をオススメしたい。
No.44
59
みんなのレビュー
誰もが知る名著なので一度は目を通しておくべきだが、内容は冗長で個人的にはあまりはまらなかった。重要度×緊急度のマトリクスの話が一番重要で、そこだけ理解しておけばいい気がする。緊急度は低いが重要度が高いタスクになるべく長期的な視点で取り組めるようになるべき。
No.46
59

本国スウェーデン(人口1000万)で 驚異の67万部超え!! 「生物学的には、私たちの脳と身体は 今もサバンナにいる。私たちは本来、 狩猟採集民なのである」 『スマホ脳』著者アンデシュ・ハンセン最大のベストセラー それが本書『運動脳』。 従来、脳は成人後、衰える一方だとされていた。 しかし、成人後も脳内の前頭葉が大きくなり、 死の直前でも海馬の細胞数が増えた人たちがいた――。 彼らに共通していたのは「有酸素運動」を日常的に行っていたこと。 たった5分のウォーキング・ランニングが脳に作用する! 学力・集中力・記憶力・創造性……脳のあらゆる力を伸ばす 運動の秘訣、大公開! 何歳からでも、5分から効果があります!! ◎◎本書の要約◎◎ 「ストレスを効率よく解消するには?」「集中力を切らさない技術」「底なしの記憶力を手に入れる」「やる気を科学的に高める方法」「学力を高める本当のやり方とは?」など、 ありとあらゆるパフォーマンスを確実に高める方法が余すことなく明かされています。 第1章 現代人はほとんど原始人 第2章 脳から「ストレス」を取り払う 第3章 「集中力」を取り戻せ 第4章 うつ・モチベーションの科学 第5章 「記憶力」を極限まで高める 第6章 頭のなかから「アイデア」を取り出す 第7章 「学力」を伸ばす 第8章 健康脳 第9章 最も動く祖先が生き残った 第10章 運動脳マニュアル

みんなのレビュー
要は頭をよくしたければとりあえず運動しろよってことが書いてある!全部読む必要性はあまり感じられない。
No.53
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
58

世界の自己啓発50の名著

T・バトラー=ボードン
ディスカヴァー・トゥエンティワン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
58

分身ロボット・OriHime(オリヒメ)を生み出し、いまや世界から注目されるロボット開発者・吉藤オリィ氏が、次世代に向け「これからの時代に知っておくべき考え方」を伝えた大人気講義を書籍化。 “やりたいこと”よりも、“それを実現するテクノロジー”の方が多い。 そんな時代を自分らしく生きるには、いまの大人たちにはなかなか想像できない「新しい人生のつくり方」がある。 長い不登校生活からはじまり“自己肯定感ゼロ”だった自分の過去をベースに、みんなが「夢中になれることを見つけ、楽しく生きていく方法」をやさしく解説していきます。

みんなのレビュー
恥ずかしながらこの書籍を読むまで著者のことを存じ上げていなかったが、この書籍を読み著者のオリィ氏の生き方や信念に共感した。著者の活動を応援すると共に自分もこのような何か人生を通してやり遂げたいと思えるものを見つけたいと思った。
No.71
58

弱気で人見知りな僕でも世界で活躍できるようになった秘密を初公開! サッカー日本代表として、ロシアW杯での活躍が期待される酒井宏樹。 「日本人は活躍できない」という前評判を覆し、フランスの名門マルセイユで不動の地位を確立し、世界の注目を集めるサッカー選手に。 順風満帆なサッカー人生に見えるが、彼はサッカー選手に不向きな「弱気」で「人見知り」という性格の持ち主。 そんな彼がどのように「自信のなさ」と「メンタルの弱さ」を克服し、心を強くしていったのか。 その秘密は、「くらべない」「気にしない」「引きずらない」自分をつくるための「切り替える力」にあった。 自然と心が強くなる具体的な方法をこれまでのエピソードをとおして初公開。 「不安に押しつぶされそうでつらい」 「人見知りをなおしたい」 「ストレスやプレッシャーから解放されたい」 「心を強くして、自分らしく生きたい」 そんな方にオススメの1冊 第1章 心を強くする ◇「不安は妄想」と割り切る ◇プレッシャーは「受け止める」ではなく「受け流す」 ◇「怒る」のではなく一緒に「解決の道」を探す ほか 第2章 不安を遠ざけ自信を深める ◇最強のストレス解消法「よく笑い、よく眠る」 ◇無理に自分を変える必要はない ◇ミスをした仲間も自分も否定しない ほか 第3章 切り替える ◇大事なときこそ、あえてリラックス ◇調子が良いときほど周囲に気を配る ◇「新しい」は「楽しい」 ほか 第4章 勝負に強くなる ◇誰かのために強くなる ◇「実力不足」と「準備不足」の違いを見極める ◇運を味方につける方法 ほか 第5章 僕が僕であるために ◇「慌てない」「冷静」「リラックス」の流れを意識する ◇新しい学びは「未来の自分への投資」と考える ほか サッカー日本代表として、また世界の名門チームでも活躍する男は実は弱気で人見知りであった…。今までどこにも語られることがなかった酒井宏樹の内面に迫る。 第1章 心を強くする ◇「不安は妄想」と割り切る ◇プレッシャーは「受け止める」ではなく「受け流す」 ◇「否定」ではなく「尊重」から入る ◇「怒る」のではなく一緒に「解決の道」を探す ほか 第2章 不安を遠ざけ自信を深める ◇最強のストレス解消法「よく笑い、よく眠る」 ◇無理に自分を変える必要はない ◇やらない自分を正当化する言い訳をしない ◇ミスをした仲間も自分も否定しない ほか 第3章 切り替える ◇大事なときこそ、あえてリラックス ◇調子が良いときほど周囲に気を配る ◇「新しい」は「楽しい」 ◇「自分らしい生き方」にシフトする ほか 第4章 勝負に強くなる ◇誰かのために強くなる ◇「実力不足」と「準備不足」の違いを見極める ◇運を味方につける方法 ◇自分の住んでいる土地や街に愛情を持つ ほか 第5章 僕が僕であるために ◇「慌てない」「冷静」「リラックス」の流れを意識する ◇すべてのチャレンジは、どんな結果が出てもポジティブである ◇新しい学びは「未来の自分への投資」と考える ◇日本人としての誇りを胸に ほか

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
58

すべての自己啓発本は10パターンに分類できる!自己啓発本の全系譜が、この1冊でだいたいわかる。 すべての自己啓発本は10パターンに分類できる! 世界のビジネスリーダーが読んでいる自己啓発本の全系譜が、この1冊でだいたいわかる。 今日、自己啓発は数十億ドル規模の世界的な産業となった。だが、自己啓発は今に始まった現象ではなく、長い歴史の積み重ねがある。何千年もの間、哲学者や賢者、神学者たちが、良い人生とは何かを考え、それを実現するための戦略を練っていた。 著者アナ・カタリーナ・シャフナーは、自己啓発の核となる考え方を10パターンに整理し、それらが文化や時代を超えてどのように進化してきたのか、そしてなぜ今も私たちの心に響き続けているのかを明らかにする。 すべての自己啓発本は10パターンに分類できる!世界のビジネスリーダーが読んでいる自己啓発本の全系譜が、この1冊でだいたいわかる。 はじめに 自分を向上させたいという欲求 第1章 自分を知る 第2章 心をコントロールする 第3章 手放す 第4章 善良になる 第5章 謙虚になる 第6章 シンプルに生きる 第7章 想像力を働かせる 第8章 やり抜く 第9章 共感する 第10章 今を生きる あとがき 謝辞/注釈/索引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
58
みんなのレビュー
目先の利益に飛びついて長期的な視点を持たないことのリスクを分かりやすい物語とともに知れる名著。人生に対する考え方が変わる。若い人に読んで欲しい。
No.75
58

YouTubeチャンネル登録者100万人突破!中田はなぜブレイクし続けるのか?「くじけない」「やり抜く」鉄壁のメンタル術 「武勇伝」「PERFECT HUMAN」そして 「中田敦彦のYouTube大学」チャンネル登録者数 爆速100万人突破! 中田はなぜブレイクし続けるのか? 思い込みを捨てろ! 自由になれ! ◎ぶれない ◎くじけない ◎やり抜く 不屈の最強頭脳が明かす、鉄壁のメンタル術! 仕事、プライベート、お金、時間、人間関係… すべてを自由に、楽しく。 ■外から自分をコントロールしよう ■ピンチで使える「言葉のテンプレート」を持て ■「よく食べる」「よく寝る」この2つで乗り越える ■直感はいつでも正しい ■うまくいかないなら「環境」を変えてしまおう ■「最高!」「いいね!」ポジティブな言葉を連呼 ■あなたの「弱点」が、最大の「武器」になる ■「自分」なんていらない ■「違う」と思ったら、ためらわずその場を離れよう ■人は人、自分は自分。意見の食い違いはデフォルト ■友だちは「数」ではなく「質」 ■アイデアはメモから生まれる ■「何をしたいか」でなく「何をすれば喜ばれるか」 目次(一部抜粋) 〈レクチャー1 基礎編〉 01 ネガティブな自分を変えない 02 自分の「個性」にとらわれない 03 新しいものばかり追わない 04 カッコつけない 05 力を誇示しない 06 雑音は聞かない 07 気持ちを込めない 08 ピンチのときにひるまない 〈レクチャー2 仕事編〉 09 変化を恐れない 10 やりたいことを探さない 11 意見の9割は聞かない 12 最初にお金の話をしない 13 ギブ& テイクしない 14 「自分」を見せない 15 身構えさせない 16 モノは持たない 17 次世代に資産を残さない 〈レクチャー5 人生編〉 34 夢を見ない 35 幸福を求めない 36 自信はいらない 37 感情をおさえない 38 同じ場所に居続けない 39 正しくあろうとしない 40 長生きしようとしない 41 絶対にあきらめない

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
58
みんなのレビュー
いわゆる成功哲学的なよくある書籍ではなくて、宵越しの銭は持たず人生を最高に生き抜く価値観を植え付けてくれる書籍。人を選ぶ書籍ではあると思うが、自分自身の理想の生き方に思いっきりあてはまる内容で何度も読み返したい書籍。現代人にはこの生き方が合うと思っているので何かに縛られて辛そうにしていたり、思考停止でお金を稼いで日々四苦八苦したりしている人達に読んで欲しい。
No.78
58

徒然草に学ぶ豊かな人生を送るための指針 徒然草に学ぶ豊かな人生を送るための指針

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.79
58
みんなのレビュー
この書籍で綴られる一言一言が心に刺さる。岡本太郎の生き様を知り自分の人生に多く影響を与えた書籍。「挑戦した上での不成功者と挑戦を避けたままの不成功者ではまったく天地のへだたりがある」「いまはまだ駄目だけれど、いずれと絶対に言わないこと。いずれなんて言うやつに限って現在の自分に責任を持っていないからだ。生きるというのは、瞬間瞬間に情熱をほとばしらせて現在に充実することだ。いずれなんていうやつに本当の将来はありっこない」共感の嵐です。
No.80
58
みんなのレビュー
アドラー心理学を実際にビジネスにどのように活かしていくのかが具体的に学べる。ストーリー形式で話が進んでいくので読みやすくスイスイ読める。
No.84
58

キャンセル待ち続出の大人気講座が、この1冊に! 話題のコーチが教える「セルフ・イメージ」を上げてパワフルに人生を楽しむ方法。 キャンセル待ち続出の大人気講座が、この1冊に! 話題のコーチが教える、「セルフ・イメージ」を上げて パワフルに人生を楽しむ方法。 ☆「小さなこと」にも本気を出す ☆「こうあるべき」のサングラスを外す ☆疲れた自分を“急速充電”できる部屋 ☆「いい子ちゃん」より“おてんば娘” ☆「ムダな抵抗」はやめる ☆「そうなった自分」の気分を味わうだけでいい ☆「好きだから、やる」人が、一番パワフル ☆誰かを「救おう」としなくていい ☆「素敵」と思うものだけにお金を使いだすと―― ☆エネルギーは「放った分だけ戻ってくる」 人生に“ミラクル”を起こす準備は、できていますか? ……「ハートが命じる」ことだけ やってみよう!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.85
58

仕事もプライベートも人と出会わないことには始まらない! 「出会い方のコツ」を中谷氏が解説。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.88
58

あなたは「正しい頭の使い方」を知っているか? 誰も教えてくれなかった「思考の技術」「勉強の技術」がわかる、最高の知的実用書。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.90
58
みんなのレビュー
ストレス要因の解決策がたっぷり詰まった1冊。日常的な悩みをカテゴリごとに分け、一つ一つ解決策が書かれているので読みやすい。過去の実験結果をもとに書かれているから説得力があるし、簡単に実践できるものが多いので良い!最近気持ちが晴れないなと思っている人におすすめ。私もこの本に助けられた人のうちの1人!
No.93
58

「すぐやることの大切さ」を無意識に感じ取っている人が多いにもかかわらず、行動力が大事とわかっていても、なかなか行動できないもの。口だけでなかなか行動できない人、考えすぎて行動にうつせない人…こんな先送り、先延ばしの自分を変えるにはどうしたらいいか?数多くの人々に行動力を高める指導をしている著者の独自のノウハウで、10秒で行動に移す方法と不安を消す方法を紹介する。 数多くの人々に行動力を高める指導をしている著者の独自のノウハウで、10秒で行動に移す方法と不安を消す方法を紹介する。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search