【2023年】「陸上」のおすすめ 本 46選!人気ランキング

この記事では、「陸上」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ- (講談社文庫)
  2. 風が強く吹いている (新潮文庫)
  3. あと少し、もう少し (新潮文庫)
  4. すべてのアスリートのためのファンクショナルトレーニング
  5. マンガでわかる新しいランニング入門 (IKEDA HEALTH BOOK)
  6. 陸王 (集英社文庫)
  7. 世界一やせる走り方
  8. 私の人生にゴールはない―視覚障害を持ったトップ・アスリートの挑戦
  9. スロージョギングで人生が変わる (廣済堂健康人新書)
  10. ウサイン・ボルト自伝
他36件
No.2
95
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
80
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
80

【最新理論が凝縮!】最強トレーナーのレッスンがマンガでわかる!!! 本書は、「正しいフォームで走りたい」「痛みなく走りたい」「やせたい」という ランナーの悩みを解消すべく、ランニングの基本を丁寧に解説した本です。 体型が気になってきた30代の女性ランナー(もちろん初心者、ラン経験なし!)が、 一流トレーナーの中野ジェームス修一氏に指導してもらいながら、 ダイエットに成功しつつ、ランナーとしても充実していきます。 ほかにも、初フルマラソンに失敗し、リベンジに燃えるランナー、 故障で記録が伸び悩むランナーも登場。彼らは目標を達成することができるのか。 希望と悩みを抱くすべてのランナーに贈る、ランニングバイブル! ◆マンガのストーリーでノウハウがわかりやすい ◆イラストも充実。フォームやトレーニングが一目瞭然。 ◆中野氏がトレーニングを厳選! 誰でも取り組みやすい! ◆編集者のランの悩みを中野氏にぶつけ、内容を構成&精査 【第1部 走るためのハードルを上げているのは、自分自身?】 第1章 痛めずラクに走り始めるコツ ・ランニングの衝撃は体重の3倍! 失敗しないシューズ選び&履き方 ・苦しければ歩いてもOK! 中野式ランニング入門 ・中野トレーナー直伝! 柔軟性テスト ・フォームは修正する必要なし? 正しい走り方とは? ・初心者は筋トレよりもストレッチが大事! ・中野トレーナー厳選! ケガなくラクに走るための6つのストレッチ 第2章 10㎞走っても苦しくならないコツ ・走り始めの10分強をガマンすればラクになる? ・誰でも最初は苦しい? 有酸素運動の仕組みを知っておこう! ・「ややきつい」ペースが、一番脂肪が燃える!? ・痛めやすいフォームは、日常生活のクセに原因? ・ポイントは2つだけ! フォームの気にしすぎに注意 ・中野トレーナーが解説! 初心者ランナーに起こりやすい3つの障害 【第2部 痛くならずにフルマラソンを完走する方法】 第3章 長い距離に耐えられるカラダをつくる ・フルマラソンに必要とされる最低限の練習量はどれくらい? ・1回の走行距離を急に伸ばしてはダメ ・サブ4レベルまでならスピード強化は必要ない ・白がピンクになると、筋持久力がアップする? ・体幹を安定させたいならおしりを鍛えなさい ・中野トレーナー厳選! 体幹を安定させるおしりの補強トレーニング 第4章 レースが始まる前にすでに結果は出ている!? ・フルマラソンは〝ハーフマラソン×2?ではない ・人間のカラダは眠っている間に回復する ・レース直前に悪あがきしても意味はない! ・爪切り、コーヒー、生もの禁止? 本番直前にしてはいけないこと ・本番レースで失敗しやすい落とし穴 ・マラソンの楽しみ方は記録だけじゃない

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
80
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
73

世界一やせる走り方

中野ジェームズ修一
サンマーク出版

体脂肪がみるみる落ちる29のコツ、教えます。一生、太らない体をつくる方法を、パーソナルトレーニングの第一人者がやさしく教える。あなたの体が変わる「やせスイッチ」を見つけよう! 1 走れなかった人の本音に答えます 2 体脂肪がみるみる落ちる世界一やせる走り方とは 3 さらに効率よくやせるための「やせブースト」を教えます(体づくり編) 4 さらに効率よくやせるための「やせブースト」を教えます(食事編) 5 走るのがつらくなったら APPENDIX 世界一やせるためのトレーニング&ストレッチ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
70

歩くスピードなら70歳、80歳からでも走れる。みるみる減量、体力アップ、脳活性、生活習慣病改善。ゆっくり走れば驚きの効果。 1章 スロージョギングなら誰でも走れる 2章 軽い運動でも体力は向上する 3章 スロージョギングで生活習慣病が改善 4章 自分に合ったペースで走ろう 5章 らくに走るための自然なフォームとは? 第6章 服装やコースを選ぶ楽しみ 7章 スロージョギングで体脂肪を落とす 8章 フルマラソン完走の醍醐味をあなたも

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
70

ウサイン・ボルト自伝

ウサイン・ボルト
集英社インターナショナル

陸上100メートル世界記録保持者「ライトニング・ボルト」初の自伝。度重なるケガとの闘い、2度のオリンピック、交通事故、ドーピング疑惑、カール・ルイスとの確執など、自らの半生を赤裸々に綴る。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
70

800 (角川文庫)

川島 誠
角川書店
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
70

「関係発達論」の提唱者として、保育、障害児教育関係者に支持される筆者が、現場経験を踏まえ、さらに展開させた「関係発達論再考」 いま、子育て・保育・教育を問い直す。育ての歪み・育ちの危うさにどう向うか。「関係発達論」の提唱者として、保育、障害児教育関係者に支持される筆者が、現場経験を踏まえ、さらに展開させた「関係発達論再考」といえる書。 いま、子育て・保育・教育を問い直す。 育ての歪み・育ちの危うさにどう向かうか。 ▼「関係発達論」の提唱者として、保育、障害児教育に携わる方々に支持されている筆者が、現場経験を踏まえ、さらに展開させた「関係発達論再考」といえる書。 ▼「育てることは、子どもを自分の意のままにすることではない。“子どもの心を受け止める”ということを、今、ないがしろにしている」本書を通して著者は訴えています。 序 章 なぜ、「子どもは育てられて育つ」というテーマなのか  第1節 本書の成り立ちの経緯  第2節 本書執筆の動機:なぜこのテーマなのか  第3節 本書で取り上げたいこと 第1章 関係発達という考え方とその再考  第1節 従来の「発達」概念を批判的にとらえ直す  第2節 関係発達という考え方の成り立ち  第3節 4人の保育者の描いたエピソードから 第2章 子どもの心の育ちに目を向ける  第1節 子どもの心の育ちに目を向ける  第2節 <自分の心>の成り立ち  第3節 重要な他者との心的な関係  第4節 個別具体の子どもの心  第5節 児童養護施設で生活する子どもの葛藤 第3章 両義性という概念と主体という概念  第1節 関係論の根源:「人間存在の根源的両義性」という考え  第2節 「人間存在の根源的両義性」と相互主体的な関係  第3節 主体という概念は三重の意味で両義性を孕んでいる  第4節 主体は「私は私」の側面と「私は私たち」の側面からなる  第5節 「私は私」と「私は私たち」の両義性  第6節 「ある」と「なる」の両義性  第7節 一つのエピソード記述を通してこれまでの議論を振り返る 第4章 関係発達の観点から子育て支援を考える  第1節 関係発達最早期の様相  第2節 乳児期後期から幼児期にかけて  第3節 子育て支援の実態  第4節 子育て支援としての一時保育の概容 第5章 子どもの思いを「受け止める」ということ  第1節 子どもの思いを受け止める具体的な場面  第2節 思いを「受け止める」と行為を「受け入れる」の違い  第3節 なぜ子どもの思いを「受け止める」ことが必要なのか  第4節 保育者の描くエピソードから  第5節 三つのエピソードを振り返って  第6節 「受け止める」ことの奥行き  第7節 エピソード7:「つば しても 好き?」を再吟味する  第8節 「受け止める」から「伝える」へ  第9節 「受け止める」が難しくなる理由 第6章 「養護」と「教育」そして「学び」と「教え」  第1節 養護の働き  第2節 言葉の広い意味での教育の働き  第3節 「育てる」営みは養護の働きと教育の働きの両面からなる  第4節 「養護」や「教育」は領域概念なのか機能概念なのか  第5節 「学ぶこと」と「教えること」  第6節 就学前の学び=周囲の人と共に生きる中での「学び」  第7節 就学を挟んだ「学ぶ」ことの転換  第8節 今日の学校教育の問題を考えるために 第7章 特別支援教育の理念と障碍の問題を考える  第1節 特殊教育から特別支援教育への転換  第2節 なぜ、この度の教育改革は実を結ばないのか  第3節 障碍児教育において「学ぶ−教える」の相互的関係に立ち返る  第4節 特別支援教育の理念の実現のためには従来の発達の見方を見直す必要がある  第5節 特別支援教育の現場を振り返る  第6節 障碍を関係論的に考える  第7節 「発達の障碍」といわゆる「発達障碍」を考える  第8節 一教員の目から見た一人の自閉症の子どもの様子 第8章 思春期はいつの時代にも難しい  第1節 身体面、意識面に現れる一連の変化  第2節 親からの離反と友達への依存  第3節 思春期は親も戸惑う  第4節 子どもの自立を見守る  第5節 この時期の子どもにどのように規範を示すか  第6節 親もまた難しい思秋期にある 終 章 相手の思いが分かるということ  第1節 これまでの議論の振り返り  第2節 「相手の思いが分かる」を重視するか、それを排除するか  第3節 「解釈的に分かる」と「間主観的に分かる」  第4節 「解釈して分かる」と「間主観的に分かる」の違い  第5節 間身体的に分かる:間主観的に分かることの基底  第6節 第三者が間主観的に分かることから触発されて、私にそれが「分かる」という場合  第7節 相手に分かってもらうことの大切さ  第8節 「大事に思う」と「大事に思ってもらう」:相互主体的な関係の基礎  第9節 終わりに

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
69

競歩王

額賀 澪
光文社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
69

ゼロから始めるフルマラソンの本 (趣味の教科書)

ランニング・スタイル編集部
エイ出版社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
68

マラソンは、ただ距離を走っても、単調な練習をくり返しても、タイムを伸ばすことができない!闇雲な練習はケガの原因にもなり、なにより効率が悪い。そこで必要になるのが、もっと楽に、ケガも少なく、効果的な練習メニューだ。本書は、超人気コーチ金哲彦が、「完走」「サブ4」「サブ3」をめざすランナーに、目標達成するための「100日練習メニュー」を教える本である。練習メニューの意味を理解して実践すれば、着実に変わっていく走力を体感するはず!時間がない人のための最短1カ月メニューも特別掲載。自己記録更新に、必ず役立つ一冊だ。 第1章 フルマラソンを完走する魅力 第2章 トレーニングの基礎知識 第3章 目標は完走 6時間以内で完走する!初心者マラソントレーニング 第4章 目指せ、サブ4 4時間以内で完走する!中級者マラソントレーニング 第5章 夢のサブ3 3時間以内で完走する!上級者マラソントレーニング 第6章 今からでも大丈夫 時間がないあなたへ 駆け込み30日トレーニング 第7章 マラソンあれこれQ&A

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
67

仲間がいるからがんばれる。女子も駅伝優勝めざします! 2015年に開かれた女子第27回全国高等学校高校駅伝競走大会。 男子が駅伝の強豪校である世羅高校は、この年も男子が注目されていた。 そんななか「ウチらも優勝!」と宣言した女子陸上部のキャプテン・小吉川選手を中心に、チームが1つにまとまっていく。 恋愛&お菓子禁止や、チーム内でのライバル関係など、いろんな苦労を乗り越え、これまで入賞も したことのなかった女子陸上部が優勝までたどりつき、男女同時優勝をはたした本当にあったお話です。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
67

ジョセフは中学一年生。運動が大キライなのに、陸上競技をするハメに……あきらめない心の大切さをユーモラスに描く物語。 ジョセフは中学一年生。ADD(注意欠陥障害)があり、集中しなくてはいけないときに気が散ってしまう。そんなジョセフが、陸上競技クラブに入ることになってしまい、クロスカントリーに挑戦する。大キライな運動。だけど、最後までやりぬくだけでいい、歩いてもいい、と監督に励まされ、なんとか続けるうちに……読後感さわやかな、楽しい物語。 ダイアナ・ハーモン・アシャー作/武富博子訳;1200;08;ジョセフは中学一年生。運動が大キライなのに、陸上競技をするハメに……あきらめない心の大切さをユーモラスに描く物語。;20181002

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
67

昨夏、四人の短距離選手がリレーで日本人を歓喜の渦に巻き込んだことは記憶に新しい。あの37秒間にどんなドラマがあったのか。 日本陸上短距離界史上初の銀メダルの真実とは?2016年8月に開催されたリオデジャネイロ五輪。あの“レジェンド”ウサイン・ボルト率いるジャマイカ代表との真っ向勝負の末に、四継(男子4×100mリレー)で日本代表チームが史上初の銀メダルを獲得した。他の強豪国と違い、トップスプリンターの証である「100m9秒台」の選手は、日本に1人もいない。それでも彼らはリレーになると、世界の強豪に勝るとも劣らないパフォーマンスを発揮した。 それはなぜか? そこには、日本の伝統であるバトンパスを進化させてきた日々があった。「10秒の壁」を越えようと、選手同士がプライドを懸けて競ってきた日々があった。桐生祥秀、山縣亮太、ケンブリッジ飛鳥、飯塚翔太--偉業を達成した4選手をはじめ、コーチ、スタッフ、他の関係者までを4年間追い続けた筆者が綴る「チーム・ジャパン」のリオでの真実を描いたノンフィクション。ラストに描かれる、2016年8月19日、四継決勝、37秒60のストーリーは本書のまさにクライマックスである。あの感動が一層の迫力をもって甦る!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
67

ランナーの常識!膝痛、かかと痛、足裏痛腰痛、ふくらはぎ痛、etc…筋肉を「伸ばす」+「鍛える」でケガを防ぐ。悩み別予防ストレッチ&トレーニング。 1 「ランケア」を知る 2 ランケア 膝の痛み(膝の外側の痛み 膝のお皿の上部の痛み ほか) 3 ランケア 足部の痛み(起床時の足裏の痛み かかとの痛み ほか) 4 ランケア 腰背部の痛み(背中が張る痛み 腰の痛み ほか) 5 ランケア 下肢の痛み(足の脛の痛み ふくらはぎの痛み ほか) 6 今さら聞けないランニングケアQ&A

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
67

純白のライン フィニッシュ・ゲートから 金色の風

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
67

基礎からわかる! 中長距離走トレーニング

櫛部 静二
ベースボール・マガジン社

運動生理学に基づく新たなトレーニングがレベルアップをもたらす。 第1章 ランナーのための生理学 第2章 さまざまなトレーニング 第3章 トレーニング計画 第4章 レースに向けたコンディショニング 第5章 レースにおける戦略と技術 第6章 メンテナンスと休養

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
67

速く走るだけでは世界を相手に戦えない。リレーでは、速く確実なバトンつなぎも重要だ。2007年世界陸上大阪大会でアジア新記録を樹立。08年北京五輪のメダルにすべてを賭ける日本代表チームに密着した、著者初のノンフィクション。酷暑のスタジアム、選手達の故郷、沖縄合宿へと取材は続く。大阪と北京、2つの夏の感動がよみがえる!2大会のアンカー走者・朝原宣治との文庫オリジナル対談つき。 第1部 世界陸上大阪大会(北サイド・スタンド スタート前-1走 スタート前-2走 スタート前-3走 スタート前-4走 予選 インターバル 南サイド・スタンド 決勝) 第2部 スプリンター(再始動 マイウェイ 長い冬 裸の心 楽しいから リズム 沖縄の一日 片付いた部屋 Good time)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
66

ダニエルズのランニング・フォーミュラ 第3版

ジャック・ダニエルズ
ベースボール・マガジン社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
66

高校二年でオリンピックに出場し、日本競歩の星として期待された板倉美紀選手。練習中に大事故にあい、ひん死の重傷をおってしまった。再起不能といわれていたのに、勇気とあきらめない心で、みごと復活をとげる。ひたむきな努力の日々を、あざやかに描きだす。小学中級以上。 1 かけっこのすきな女の子 2 競歩をやってみよう 3 バルセロナ・オリンピックへ 4 ダンプカーにはねられる 5 地下室のトレーニング 6 おねえちゃん 1とうおめでとう 7 失格になった美紀 8 オリンピックをめざして

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
66

さあ、ふしぎなマラソンたいかいがはじまりますよ。みんな、おもわぬものにへんしんしちゃう、このたいかい。ゆうしょうは、いったいだれ?ことばあそび絵本。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
66

この冒険は、たったひとつの疑問からはじまった。「どうして私の足は走ると痛むのか?」その答えを探すなかでクリストファー・マクドゥーガルは世界でもっとも偉大な長距離ランナー、タラウマラ族に行きつく。その過程でわかったこと-わたしたちがランニングについて知っていることはどれもすべてまちがいだ-メキシコの秘境を彷徨う謎の白馬、現代社会と隔絶して暮らす"走る民族"、素足で峡谷を走り抜けるベアフット・ランナー、数時間走り続けて獲物を狩る現代のランニングマン、過酷な地形を24時間走り続けるウルトラランナーたち、そして、世界が見逃した史上最高のウルトラレース…全米20万人の走りを変えた、ニューヨークタイムズ・ベストセラー。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
66

常識破りの川内優輝マラソンメソッド (SB新書)

津田 誠一 (元学習院大学陸上競技部監督)
SBクリエイティブ

頑張りすぎない"走りを楽しむ マラソンの「壁」を打ち破れ! 私の練習法は、頑張り過ぎない"走りを楽しむがモットーです。川内にも、よく「頑張るな」「頑張るな」と声をかけたものです。川内は大学卒業後も私の練習法をベースに実績を重ねてきたわけですが、学習院大の陸上競技部に入部したてのころ、じつは私の指導法にとても懐疑的でした。そんな川内が、いかにして私の練習法を実践し、強くなったのか。 ――「序章」より オーバートレーニングはしない 練習はメリハリが大切 週末のレースを練習にする 膝のタメでゆったり速い走り 「明日も練習がしたいな」と思える練習 目標タイム別 練習プログラム&レース攻略法 (サブ4/サブ3.5/サブ3) 序 章 常識破りの“川内メソッド 第1章 川内優輝の原点 第2章 どうやって学習院大初の箱根ランナーになれたのか? 第3章 オーバートレーニングはしない 第4章 メリハリをつけて練習する 第5章 「膝のタメ」で“ゆったり速い”走り 第6章 マラソン“ツウ”のテクニック 第7章 津田式 練習プログラム 第8章 津田式 レース攻略法 終 章 なぜマラソンをするのか?

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
66

かけっこが好きなこういちくんが公園に走りに行くと、バイクが飛び込んできました。暴走バイクをとめたのは、なんと白髪のおじいさん! バイクの若者といざ勝負!勇気と正義の心、そして実力も若者に負けないおじいさんに対するこういちくんの憧れが伝わってくる物語です。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
66

挨拶を極めれば、人生は思いのまま。このパワー、規格外!見た目や雰囲気まで変わって、周りの評価もぐんぐん上がるたった7日の速効テクニック! 月曜日-「挨拶力」 挨拶をする 火曜日-「ことば力1」 ありがとうと言う 水曜日-「ことば力2」 言葉を口に出す 木曜日-「見た目力1」 笑顔になる 金曜日-「見た目力2」 靴を磨く 土曜日-「所作力」 拍手をする 土曜日の夜-「ことば力」「見た目力」 世之介流メール・SNS塾 日曜日-コミュニケーション・テクニック講座 親密度を深める

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search