についてお探し中...

【2024年】「経営組織論」のおすすめ 本 126選!人気ランキング

この記事では、「経営組織論」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. よくわかる組織論 (やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)
  2. マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
  3. 学習する組織――システム思考で未来を創造する
  4. プロフェッショナルマネジャー
  5. 経営者になるためのノート ([テキスト])
  6. 組織論 補訂版 (有斐閣アルマ)
  7. コーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくる (コーチ・エィ監修コーチングシリーズ)
  8. 組織行動論 (ベーシック+)
  9. 今さらだけど、ちゃんと知っておきたい「経営学」 (DOBOOKS)
  10. 数値化の鬼 ── 「仕事ができる人」に共通する、たった1つの思考法
他116件
No.6
81

現代社会の基本的要素となっている組織の行動・変化のメカニズムをダイナミックな視点から解明。好評の初版に最小限の改訂を行う。 現代社会の基本的要素としての組織を対象とし,その行動・変化のメカニズムをダイナミックな視点から解明する。従来の学説史中心・分析レベル順に構成されたテキストと異なり,組織と環境とのマクロレベルの関係性を重視。好評の初版に必要最小限の改訂を行う。 第Ⅰ部 組織論の基礎  第1章 なぜ組織理論を学ぶのか/第2章 組織の定義/第3章 組織均衡と組織論の枠組み 第Ⅱ部 環境に組み込まれた組織  第4章 組織の戦略的選択/第5章 組織への環境からのコントロール/第6章 組織目標と組織有効性 第Ⅲ部 組織構造のデザインと組織文化  第7章 組織構造と組織デザイン/第8章 組織デザインに影響を与える変数/第9章 組織文化 第Ⅳ部 組織内プロセス  第10章 モチべーション/第11章 マネジメント・コントロール/第12章 コンフリクト・マネジメント 第Ⅴ部 組織のダイナミクス  第13章 組織の長期適応と発展過程/第14章 組織学習と変革/第15章 組織の戦略的変革 第Ⅵ部 非営利組織  第16章 公的セクターの組織/第17章 ヒューマン・サービスの組織/第18章 ボランタリー組織/終 章 未来の組織と組織論の未来

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
73

飛躍の法則

みんなのレビュー
サイバーエージェント藤田さんの愛読書として名高いビジョナリー・カンパニー。偉大な会社を作る気概のある学生や経営者が読むべき書籍。1を読まずに2を読んでも問題ないが、2は偉大な企業を存続させることにフォーカスしていて1は偉大な企業を作ることにフォーカスしているのでまずは1から読むのがよいと思う。割と難解ではまらない人には全くはまらない書籍。
No.24
72
みんなのレビュー
自分の世界に対する認識が大きくずれていることを知れる。ただ内容としては冗長なので最初の数ページ読めば良い気がする。メディアが切り取った偏ったイメージに翻弄されないようになろう。
No.27
72
みんなのレビュー
組織のトップとしてのあるべき姿を説く書籍。この本に書いてある内容は自分の想像するリーダー像と違いすぎて驚いた。確かに組織を大きくして社会にインパクトを与えるためにはこの本の中で書かれているリーダーの仮面が必要なのかもしれないが、私はそんなことまでしてリーダーで居続けて何が楽しいのかなと思ってしまう。旧式の企業にはハマるがこれからの時代にはハマらない考え方な気がする。自分自身も会社を経営する身として参考にしつつもこの本の中で語られているリーダーとは違う姿を模索したい
No.28
72

管理問題の発生と展開 管理の構造と発展 ヒトの管理をめぐる変遷 人的資源管理としての日本型雇用とその変容 企業内教育訓練・能力開発の課題 労働時間管理の変化と働く者のニーズ 賃金管理と処遇問題 多様な紛争解決システムと労働組合 日本型人的資源管理の行方

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
72

本書は、ソフトウェア開発におけるアジャイルのエッセンスを、「組織づくり・組織変革」に適用するための指南書です。ソフトウェア開発の現場で試行錯誤を繰り返しながら培われてきたアジャイルの本質的価値、すなわち「探索」と「適応」のためのすべを、DX推進部署や情報システム部門の方のみならず、非エンジニア/非IT系の職種の方にもわかりやすく解説しています。アジャイル推進・DX支援を日本のさまざまな企業で手掛けてきた著者による、〈組織アジャイル〉の実践知が詰まった一冊です。 イントロダクション 第1章 われわれが今いる場所はどこか 1-1 どうすれば組織を変えられるのか 1-2 組織が挑むDXの本質 1-3 組織の形態変化を阻むもの 組織の芯を捉え直す問い 第2章 日本の組織を縛り続けるもの 2-1 「最適化」という名の呪縛 2-2 目的を問い直す 2-3 アジャイルという福音 2-4 組織はアジャイル開発の夢を見るか 組織の芯を捉え直す問い 第3章 自分の手元からアジャイルにする 3-1 どこでアジャイルを始めるのか 3-2 組織アジャイルとは何か 3-3 組織アジャイルの段階的進化 組織の芯を捉え直す問い 第4章 組織とは「組織」によってできている 4-1 最適化組織 対 探索適応組織 4-2 四面最適化、時利あらず 4-3 “血があつい鉄道ならば走りぬけてゆく汽車はいつか心臓を通るだろう” 組織の芯を捉え直す問い 第5章 組織を芯からアジャイルにする 5-1 組織の中でアジャイルを延ばす 5-2 組織をアジャイルの回転に巻き込む 5-3 組織の芯はどこにあるのか 組織の芯を捉え直す問い 付録1 組織の芯からアジャイルを宿す26の作戦 付録2 組織アジャイル3つの段階の実践 参考文献 あとがき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
64

現場力と構想力をつなぐ鍵は組織力にあった!企業とビジネスマンの"一生"を左右するほど大切な組織力。「遂行能力」「戦略能力」を軸に、それを高める方法を伝授。 第1章 「組織力」とは何か 第2章 なぜ「組織力」が発揮できないのか 第3章 完遂する組織・期待を超える組織を作る「遂行能力」 第4章 組織の戦略能力とマネジャーの「戦略マインド」 第5章 最強の「組織力」をどうつくるのか 第6章 真のリーダーを目指して

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
64

2008年に発売した「ギスギスした人間関係をまーるくする心理学」で人間関係のTA(Transactional Analysis)を身近なものにした著者が、職場や家庭でどうTAを生かして組織のモヤモヤ、イライラをすっきりさせるかをたくさんの事例を入れながらわかりやすく紹介しております。 TA組織理論は人が集まってできるグループや組織といった集団に存在する問題の発見や、それらの解決・改善策を考えるための診断・分析ツールになります。組織の健康診断のチェックリスト、フレイムワークとして活用するための方法がこの本に詰まっています。 はじめに 1章 TA組織理論と組織診断 2章 組織の仕組みを分析・診断する「グループ・ストラクチャー」(Group Structure) 3章 組織の機能を分析・診断する「グループ・ダイナミックス」(Group Dynamics) 4章 TA組織理論の活用場面集 付録 TA心理学きほんのき あとがき 参考文献

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
64
みんなのレビュー
Attention: 【2024年】「フィードバック」のおすすめ 本 32選!人気ランキング|Yomeru Human Resources ManagerI would like to introduce you to an amazing opportunity to expand your company globally. With the Employer of Record Service, you can streamline international hiring and ensure compliance every step of the way.To learn more about how the service can help%title % reach new markets and achieve international success, please continue reading at the link below https://www.bestqtf.org/humanresourceBest regardsAlessandroinfo@bestqtf.orgwww.bestqtf.org
No.55
64

両利きの経営

オライリー,チャールズ・A.
東洋経済新報社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
63

災害・危機発生時の職員の役割と行動 組織と法制度上の課題 被災自治体職員が抱える課題 災害時の応援自治体職員の課題と展望 危機管理における官民の連携 試案 大規模災害時における被災市町村への人的支援 「組織と人」に関する防災・復興法制の現状と課題 自治体職員の惨事ストレス 災害時のパニックと心理的ショック

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
63

人が組織においてさまざまな行動をとる,その理由とは。シチュエーションを想像し,我がこととして考えながら学べるテキスト。 やる気が出ないこともあれば,仕事に没頭することもある。もめごとが起きるかと思えば,1+1が3にも4にもなったりする。人が組織においてさまざまな行動をとる,その理由とは。実際のシチュエーションを想像し,我がこととして考えながら学べるテキスト。 序 章 組織行動論を「学ぶ」ということ 第1部 組織の中の個人  第1章 行動を駆動する力:ワーク・モチベーション  第2章 やりがいの設計:職務設計と内発的動機づけ  第3章 やる気を引き出す評価:公平理論と組織的公正  第4章 組織とのよき出会い:採用の意思決定  第5章 組織に馴染むプロセス:組織社会化  第6章 組織と個人の約束:心理的契約と離職モデル 第2部 集団と組織のマネジメント  第7章 マネジャーの仕事:モチベーション論とリーダーの行動  第8章 組織を動かすリーダー:変革型・カリスマ型リーダーシップ  第9章 集団の持つ力:グループ・ダイナミクス  第10章 もめごとを乗り越える:コンフリクトと交渉  第11章 貢献を引き出す関わり合い:文化とコミットメント  第12章 「私らしさ」と「我々らしさ」:組織アイデンティティ 終 章 組織行動論を「使う」ということ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
63

多様性の科学

マシュー・サイド
ディスカヴァー・トゥエンティワン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
63

組織の中の個人と集団 組織行動研究における組織 個人-組織適合研究の系譜と新展開 組織の外に広がる社会関係資本 ジェンダーと組織研究 組織における権力者の心理 逸脱と革新 チーム認知とチームの創造性 過去の展望から未来の問いをどのように導き出すか

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
63

事業ポートフォリオの組換えと企業価値向上

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.77
63

これまで個別に語られていた競争戦略、業績評価システム、バランス・スコアカード、リスク・マネジメント、内部統制システムなどを統合した「戦略を利益に結びつける」実践的経営論。 第1部 戦略実行の土台(経営が抱えるジレンマ 戦略成功の基本要件 実行体制づくり ほか) 第2部 業績評価システムの構築(利益計画の作成 戦略利益の評価 資産配分システムの設計 ほか) 第3部 利益目標と戦略の達成(診断型統制システムと対話型統制システム 業績目標とインセンティブの連携 戦略リスクの認識 ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.80
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.85
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.87
62
みんなのレビュー
アドラー心理学を実際にビジネスにどのように活かしていくのかが具体的に学べる。ストーリー形式で話が進んでいくので読みやすくスイスイ読める。
No.88
62

経営学の基礎知識

水野 由香里
中央経済グループパブリッシング
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.90
62

主要トピックの理論と測定尺度を概観。経営学は実践の役に立つかを問い,実践家とともに理解を深め合える共同研究を模索する。 2020年現在の組織行動論領域において,学術的に確立された理論と測定尺度を概観。実際の経営現象を測定・研究する際,実践家とともに理解を深め合える協働を求め,経営学にとってのレリバンスとは何かを真摯に問う。研究者,ビジネスパーソン必読の書。 第1部 組織行動論の立ち位置  第1章 組織行動研究の俯瞰  第2章 「知っている」ということについて  第3章 概念と理論  第4章 組織行動の測定 第2部 組織行動論は何をどう測るか  第5章 リーダーシップ  第6章 組織の中の公正  第7章 欲求とモティベーション  第8章 人的資本,社会関係資本,心理的資本  第9章 組織と個人の心理的契約  第10章 組織コミットメント,ジョブ・エンベデッドネス  第11章 組織行動の成果 第3部 組織行動論の充実のために  第12章 2つの知のサイクルが共振する共同研究  第13章 組織行動研究のレリバンスを求めて

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.93
62

アジャイル型開発に主眼を置いた実務者のための実践ガイド。2022年11月発行『PMBOK®ガイド第7版』(日本語)にも対応。 建設、情報技術、医療から映画、音楽、ビデオゲームのプロジェクトの現場でも、プロジェクトマネジメントの実務は進化し続けています。従来の建設プロジェクトでは最初に企画のすべてを決める「ウォーターフォール型(予測型)開発」が主流でした。しかし、システム構築やソフトウェア開発に見られるように、高速でトライアンドエラーを繰り返しながらプロジェクトを完成に導く「アジャイル型(適応型)開発」のニーズが急増しています。 本書はその流れを受けて、プロジェクトマネジメントの全体像を俯瞰しながら、アジャイル型開発に主眼を置いた実務者のための実践ガイドです。2022年に発行となった『PMBOK®ガイド第7版』にも対応した内容です。 アジャイル型開発に主眼を置いた実務者のための実践ガイド。2022年11月発行『PMBOK®ガイド第7版』(日本語)にも対応。 第1部 価値を実現するプロジェクトマネジメント 第1章 リーダーシップ 第2章 プロジェクトとプロジェクトマネジメント 第3章 価値を生み出す開発アプローチ 第2部 プロジェクトの定義 第4章 プロジェクトの立上げ 第5章 コラボレーション 第6章 ルール 第3部 プロジェクトの計画 第7章 リスクマネジメント 第8章 WBS 第9章 計画 第10章 アジャイル 第11章 見積り 第12章 資源 第4部 プロジェクトの実行とコントロール 第13章 チーム 第14章 コミュニケーション 第15章 チェンジマネジメント 第16章 変更管理 第17章 進捗状況の測定 第5部 プロジェクトと企業戦略 第18章 企業戦略との連携 第19章 要求 第20章 品質と改善 PMBOKガイド®第6版と第7版の対応箇所

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.94
62

  はじめに   序論 プロジェクト手法の歴史    近代的プロジェクトの始まり    ウォーターフォール型    変更要求    スパイラル型    アジャイルの誕生   第1章 アジャイル導入で変わるプロジェクトマネジメント    1.1 アジャイルの特徴とアジャイル・マニフェスト    1.2 アジャイル導入のメリット    1.3 アジャイル導入における課題    1.4 アジャイルを適用できる分野と適用しにくい分野    1.5 アジャイル導入の障壁と困難にする要素    1.6 アジャイル導入物語「第 1 話 振り返り」   第2章 プロジェクト手法の特徴と比較    2.1 ウォーターフォール(計画駆動開発)    2.2 スパイラル(反復型開発)    2.3 XP(エクストリーム・プログラミング)    2.4 FDD(フィーチャー駆動開発)    2.5 リーン(無駄の削減)    2.6 カンバン(ジャストインタイム;JIT:Just In Time)    2.7 DSDM(ダイナミック・システム開発)    2.8 スクラム(マネジメント・プロセス)    2.9 アジャイル導入物語「第 2 話 アジャイルって何?」   第3章 アジャイルを始めよう    3.1 アジャイルは革新である    3.2 変革実行のポイント    3.3 ビジネス・ケース作成    3.4 ビジネス・ケース作成手順    3.5 アジャイル手法を始めるポイント    3.6 アジャイル導入物語「第 3 話 研修」   第4章 大規模プロジェクトへの適用    4.1 規模に関する4つのテーマ    4.2 アジャイル導入物語「第 4 話 規模とチャンネル」   第5章 アジャイルに適した契約    5.1 日本のプロジェクト契約の現状    5.2 請負契約と準委任契約と派遣契約    5.3 契約のポイント    5.4 異文化圏との契約    5.5 アジャイル導入物語「第 5 話 アジャイルでの契約」   第6章 スクラム知識体系(SBOK)ガイドのフレームワーク    6.1 スクラムとは    6.2 6つのプリンシプル    6.3 経験を積み重ねるプロセス管理    6.4 自己組織化    6.5 協業    6.6 価値による優先順位付け    6.7 タイムボックス    6.8 反復開発(イテレーション)   第7章 5つの観点    7.1 組織    7.2 ビジネス正当性    7.3 品質    7.4 変更    7.5 リスク   第8章 5つのプロセス群(19 プロセス)    8.1 立上げ    8.2 計画と見積り    8.3 実行    8.4 レビューと振り返り    8.5 リリース   用語集   おわりに   索引 「アジャイルってなんだ?」 「どうやったらいいのかわからない」 PMBOKガイド監訳責任者がその疑問にお答えします!  欧米のソフトウェア開発プロジェクトでは当たり前となった「アジャイル」ですが、日本では名前だけが先行し、まだまだ事例が少ないのが実情です。  PMBOK監訳責任者でもある著者は、2年にわたりアジャイルに関する欧米、日本の事例を研究。  そこからアジャイルの具体的導入方法や日本における問題点を明確にし、本書にてプロジェクト成功のためのマネジメント手法として解説しています。   ・なぜアジャイルが生まれたのか、従来の「ウォーターフォール」からのプロジェクトの歴史も解説。   ・具体的な導入手順や失敗例からの教訓、アジャイルを進める事例を物語風に紹介。   ・PMBOKガイド翻訳の経験を活かし、アジャイルの独特な用語、表現も邦訳・解説。    さらにアジャイル手法のうち最新、かつ著者が最も優れていると考える「スクラム」の体系もわかりやすく解説しています。    これからアジャイル・プロジェクトにチャレンジしようという方におすすめです! IoTでも注目のソフトウェア開発手法!プロマネおよびプロジェクト構成員の入門書としてはもちろん、発注側の立場での情報も提供!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.95
62

経営組織論

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.96
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.97
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.99
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.101
62

身近で魅力的なケースを用いて、楽しく経営学を学ぶ初版以来好評を博してきたテキスト。ケースを大幅に入れ替えた待望の第3版。 ケースと理論や概念の両方を楽しく学ぶ,初版以来好評を博してきたテキスト。従来の魅力はそのままに,メルカリ,サムスン,リクルート,アップル,良品計画ほか現代の若者に身近なケースを用いるなど,大幅な改訂を行った。はじめて経営学や企業にふれる人に。 序 章 この本の内容と利用の仕方 第Ⅰ部 企業とは何か 第1章 企業の誕生:メルカリの設立と成長/第2章 会社とは誰のものか:カゴメのファン株主拡大戦略 第Ⅱ部 企業のストラテジー 第3章 環境・組織・戦略:フォードとGM/第4章 競争戦略の基本型:日本マクドナルドとモスバーガー/第5章 事業のリストラクチャリングと組織改革:GEの企業革新/第6章 ビジネス・システムの革新とIoT:コマツのビジネス・システム/第7章 破壊的技術への対応と新規事業創造:富士フイルムの企業変貌/第8章 プラットフォーム・ビジネス:アップルのApp Store/第9章 グローバル戦略:サムスン電子の統合と適応のジレンマ 第Ⅲ部 企業のマネジメント 第10章 経営理念と組織文化:リクルート社の起業家精神と組織文化/第11章 人材のマネジメント:総合商社双日の人材マネジメント/第12章 日本的生産システム:トヨタ生産方式/第13章 成熟市場における商品開発:サントリーのハイボール・ストロングゼロの開発/第14章 環境変化のマーケティング活動の変革:良品計画における危機とその克服 第Ⅳ部 企業の社会性 第15章 ビジネスの倫理:JR西日本の新幹線台車亀裂トラブル/第16章 ソーシャル・ビジネス:アスヘノキボウによる協働のまちづくり 第Ⅴ部 学びのステップ 第17章 キーワードの理解からレポート作成・発表まで:T教授のオフィスアワー日誌

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.102
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.103
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.106
62
みんなのレビュー
人に何かを伝える方法の勉強にはなるが伝え方が本当に9割なのかは疑問。〇〇が9割シリーズが流行っているので結局シーンによってどこに重点を置くかは変わる。読んで損はない。
No.111
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.113
66

超実践! 楽しく儲かる社風経営

山地 章夫
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.115
62

プロジェクトの様々な局面で意思決定を迫られるプロジェクト・マネジャー。本書は世界中で活躍するプロジェクト・マネジャーによる97本のエッセイを収録した書籍です。ソフトウェア開発においてマネジャーに求められることは何か、人とチーム、さらにステークホルダーの管理、プロジェクトプロセスやプロジェクト要求、契約、国際化への対応と地理的に分散したチームの管理などについて、経験豊かなプロジェクト・マネジャーが自らの体験を踏まえて解説します。プロジェクト・マネジャーを勇気づけ、新たな気づきをもたらす一冊です。日本語版には、奥沢薫、神庭弘年、重木昭信、芝尾芳昭、冨永章、初田賢司、林衛による11本の書き下ろしを収録。 できるだけ早期にユーザーを巻き込む モグラたたき開発を避けよう ローカライゼーションのせいで締め切りに遅れる プロジェクト・オーナーは強力なプロジェクトサポーター 複雑よりもシンプルな方がいい 負債を支払う スキルでなく素質のある人を加えよう シンプルにいこう あなたは特別ではない スクロールから学んだこと〔ほか〕

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.117
66

ダボス会議Young Global Leadersに選ばれたカリスマヘッドハンターが教える、「若くして活躍する人」に共通する「戦略的人脈作り」のノウハウ。 第1部 なぜ今、「人脈」なのか?-人脈の重要性再考と将来仮説(ハーバードで学んだ人脈の哲学と人脈スパイラル・モデル 人脈のパラダイム・シフトに伴う戦略的人脈構築の必要性) 第2部 人脈スパイラルと人脈レイヤー-抜擢される人の戦略的人脈構築モデル(自分にタグをつける コンテンツを作る 仲間を広げる 自分情報を流通させる チャンスを積極的に取りに行く) 第3部 人脈スパイラルの先には何があるのか?-戦略的人脈構築の本当の目的

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.119
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.120
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.124
62

元気な現場を創り出すヒントが満載  現在、日本企業の多くがオーバー・プランニング(過剰計画)、オーバー・アナリシス(過剰分析)、オーバー・コンプライアンス(過剰法令順守)の「三大疾病」に陥っています。米国流の分析的な経営手法に過剰適応した結果、自社の存在意義が見えなくなってしまったことに起因します。現場を知らない本社からの指示をこなすのに精一杯で、ミドル、現場がストレス過多でへばっている。これが日本企業の現状です。その一方で、現場が活性化し、社員一人ひとりが活き活きと仕事に向き合い、イノベーションや大きな成果を実現しているケースも少なからずあります。それらのケースに共通しているのは、企業と顧客、トップと部下、社員と社員との「出会い」の場があって、つながりが生まれ、そこでわき上がる「共感」が新しい価値を生む原動力となっていることです。  アメリカでもマイクロソフトのV字回復を達成し、時価総額世界1位へと導いたCEO、サティア・ナディラは「共感」を経営における最も重要な概念と位置づける「共感の経営」や「共感のリーダーシップ」を唱えている。  もう1つの共通点は、市場環境や自社の内部資源を分析し、市場における最適なポジショニングを見いだそうとする米国流の分析的戦略ではなく、自分たちはどうあるべきかという存在意義を問いながら、組織としてのビジョンを実現するため、その都度、最適最善の判断を行い、成功に至る「物語り戦略」を実践していることです。  物語り戦略は、絶えず変化する状況に対応、対処していくため、変動性や不確実性が高いなかでも、成果に至ることができます。そのため、海外の経営学においても、物語り戦略が注目されているのです。  共感経営を生み出すにはどんなマネジメントが求められるのか。物語り戦略を推進するための条件はどのようなものか。本書は、『Works』誌の連載「成功の本質」において、主に2015~19年にとりあげた30の題材のなかから、共感経営を実践し、物語り戦略により大きな成果を上げたケースを選りすぐり、それを可能にしたエッセンスを抽出します。 序章 共感と物語りが紡ぐ経営 第1章 価値を生む経営は「出会い」と「共感」から生まれる 第2章 イノベーションは「共感・本質直観・跳ぶ仮説」から生まれる 第3章 「知的機動戦」を勝ち抜く共感経営 第4章 不確実性の時代を「物語り戦略」で勝ち抜く 第5章 共感型リーダーに求められる「未来構想力」

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search