【2023年】「日本古代史」のおすすめ 本 19選!人気ランキング

この記事では、「日本古代史」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. はじめての日本古代史 (ちくまプリマー新書)
  2. ロマンで古代史は読み解けない: 科学者が結ぶ、地図と陰陽
  3. 金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本【改訂版】 原始・古代史 (東進ブックス 大学受験 名人の授業)
  4. 「日本の伝統」の正体
  5. 新版 古代史の基礎知識 (角川選書)
  6. 古代道路の謎―-奈良時代の巨大国家プロジェクト(祥伝社新書316)
  7. 飛鳥の都〈シリーズ 日本古代史 3〉 (岩波新書)
  8. 古代の都: なぜ都は動いたのか (シリーズ古代史をひらく)
  9. 三種の神器: 天皇の起源を求めて (河出文庫)
  10. 天皇の歴史2 聖武天皇と仏都平城京 (講談社学術文庫)
他9件
No.1
100

日本が誕生する瞬間を体感せよ! 「農耕のはじまり」から「武士の台頭」までを一気に駆け抜ける。すべての日本人必読の一冊。 日本が誕生する瞬間を体感せよ! 「農耕のはじまり」「律令国家の形成」から「院政の開始」「武士の台頭」までを一気に駆け抜ける。すべての日本人必読の一冊。 日本が誕生する瞬間を体感せよ! 「農耕のはじまり」「律令国家の形成」から「院政の開始」「武士の台頭」までを一気に駆け抜ける。すべての日本人必読の一冊。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
100

妄想やスピリチュアルで古代史は分からない! 古代史にロマンを求めるあまり、思い込みや妄想で 都合良く解釈してもよいのだろうか?   愛知県岡崎市にある自然科学研究機構の研究者の二人が、 目に見える地図という“証拠”から何がわかるか 本書で挑戦してみた! 現存している建造物や地名などの 現存する動かしがたい「モノ」と、 時代を越えても変わることのない「ヒト」の心、 そして「科学」そのものの歴史、 という三つの軸で以下に取り上げる古代史に迫ります。 【取り上げる内容】 ○鏡の旅 ○陰陽寮 ○内宮と外宮 ○暦の歴史 ○暦の神ツクヨミ ○国津神と天津神 ○熊野大社の亀太夫神事 ○紀伊熊野の陰陽世界 ○修験道と忍者 ○諏訪大社 ○みすずかる信濃 ○上賀茂神社と下鴨神社 ○浄瑠璃姫の謎 ○北野廃寺と真福寺 ○岡崎最古の宮・菅生神社 ○岡崎の六並び 地図・図表多数掲載!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
88
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
88
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
81

〈古代の都〉への招待 躍動する飛鳥時代の都 平城京を探る 長岡京から平安京へ 百済・新羅からみた倭国の都城 いま〈都城研究〉から何が見えるか

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
81
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
80

聖武天皇と仏都平城京

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
79
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
77

『播磨国風土記』の古代史

兵庫県立歴史博物館ひょうご歴史研究室・編
神戸新聞総合出版センター
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
77

古代国家成立に関与した渡来人の役割を論じる。2003年日本考古学協会滋賀大会シンポジウムでの発表をもとに書き下ろし、考古学と文献史学の立場から総合して捉えている。 古代国家成立に関与した渡来人の役割を様々な角度から論じた一冊。2003年に日本考古学協会滋賀大会でのシンポジウムの発表を元に書き下ろしたもので、考古学と文献史学の立場から総合して捉えている。 総論  ・古墳時代の畿内渡来人        花田 勝広 第1章 近畿の渡来人の受容  ・大和の渡来人              青柳 泰介  ・河内湖周辺の韓式系土器と渡来人 田中 清美  ・六・七世紀における近江の渡来文化    —大津北郊の横穴式石室・      副葬品・建物を中心として—  吉水 眞彦  ・山城の渡来人    —秦氏の場合を中心に—     丸川 義広  ・播磨における大陸との交流     富山 直人  ・紀伊の渡来人    —横穴式石室からみた      渡来人の動向—         黒石 哲夫 第2章 渡来人と生産  ・渡来人と手工業生産の展開    —陶邑窯を中心として—       植野 浩三  ・吉備の渡来人と鉄生産         亀田 修一   ・近江の渡来人と鉄生産         藤居  朗  ・近江の渡来系氏族と古代寺院    小笠原好彦 第3章 史料からみた渡来人  ・古代史からみた渡来人    —令制前の渡来人をめぐって—  田中 史生  ・大和政権と渡来氏族の形成      大橋 信弥  付録 古代近江渡来人名集成    大橋 信弥

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search