【2023年】「自己管理」のおすすめ 本 100選!人気ランキング

この記事では、「自己管理」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 人を動かす 文庫版
  2. 嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え
  3. 完訳 7つの習慣 人格主義の回復
  4. チーズはどこへ消えた?
  5. 30分でできる怒りのセルフコントロール
  6. 今年こそイライラしない! 怒りのセルフコントロール術 (NHKまる得マガジン)
  7. 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
  8. 超雑談力 人づきあいがラクになる 誰とでも信頼関係が築ける (五百田達成の話し方シリーズ)
  9. 30分でできる不安のセルフコントロール
  10. 伝え方が9割
他90件
No.2
95
みんなのレビュー
アドラー心理学を分かりやすく教えてくれる名著。この本を読むことで普段の悩みが嘘のようになくなった。他人と自分の課題を分離して考えて嫌われる勇気を持って生きることで社会のしがらむや無駄な人間関係に悩むことがなくなる。ぜひ悩める多くの人に手にとって欲しい書籍。
アドラー心理学をもとに、哲人が青年の悩みをヒアリングしながら教えを解く話。2人の会話がベースだから難しい心理学の内容も理解しやすい。極端な教えが多いけれど、自分の日常の悩みを軽くしてくれるし、この考えを持って生活すればより生きやすい自分に近づきそう。承認欲求で溢れる現代に疲れている人におすすめ!
No.3
85
みんなのレビュー
誰もが知る名著なので一度は目を通しておくべきだが、内容は冗長で個人的にはあまりはまらなかった。重要度×緊急度のマトリクスの話が一番重要で、そこだけ理解しておけばいい気がする。緊急度は低いが重要度が高いタスクになるべく長期的な視点で取り組めるようになるべき。
No.5
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
73
みんなのレビュー
人に何かを伝える方法の勉強にはなるが伝え方が本当に9割なのかは疑問。〇〇が9割シリーズが流行っているので結局シーンによってどこに重点を置くかは変わる。読んで損はない。
No.17
71
みんなのレビュー
限りある人生をいかに充実したものにするかについて学べる良書。仕事に追われていて時間がないビジネスパーソンに是非読んで欲しい。
No.19
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
66
みんなのレビュー
今では色んなところで引用される人生100年時代というパスワードのきっかけになった書籍。もう既に1つの会社に勤め上げるような旧来の生き方は崩壊している。将来に不安を抱いているビジネスパーソンはこの本を読んで時代の変化に置いていかれないような生き方を選択して欲しい。
No.28
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
64
みんなのレビュー
前田裕二氏の前作に感銘を受けたのでこちらも読んでみたが、個人的には期待外れ(期待値が高すぎたのかも)。前田氏と同じようにメモを取ることがハマる人もいればハマらない人もいると思う。個人的には紙でメモを取るよりも日常ではスマホのメモ機能やNotionにメモしておいて、ざっとアイデアをまとめたり整理したい時に時間をかけて紙に書く方が好きなタイプ。ただ人前でスマホを触ると相手に不快感を与えてしまう可能性があるので紙でメモを取るという姿勢は相手に好印象を与えるという意味で効果ありかもしれない。また、具体的な事象を抽象化して自分の環境に転化していくという思考プロセスは非常に勉強になった。
No.34
63
みんなのレビュー
ストレス要因の解決策がたっぷり詰まった1冊。日常的な悩みをカテゴリごとに分け、一つ一つ解決策が書かれているので読みやすい。過去の実験結果をもとに書かれているから説得力があるし、簡単に実践できるものが多いので良い!最近気持ちが晴れないなと思っている人におすすめ。私もこの本に助けられた人のうちの1人!
No.39
63

理想の自分をつくる セルフトーク マネジメント 入門

鈴木 義幸
ディスカヴァー・トゥエンティワン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
62
みんなのレビュー
西野亮廣のビジネス書。西野亮廣氏はアンチから批判されることも多いが、やっていることは至極真っ当でビジネスの才能が圧倒的、目指している世界観も共感する。そんな西野亮廣氏は元々芸人ということもあり伝える能力がずば抜けていて、書籍の中でも西野亮廣氏の取り組んできたことを抽象化して言語化して読み手に伝えてくれる。ビジネスパーソンは一読の価値あり!
No.45
62

心理学的な研究成果を総合的に記述。基礎から応用の最新成果を重点的に解説。また神経基盤に関する論述までを包含する。 経済行動をはじめ,基礎から応用の最新成果を重点的に解説し,神経基盤に関する論述まで包含。即時的な小報酬(衝動性)と遅延される大報酬(セルフ・コントロール)を軸に行動背景にあるメカニズムの解明を目指す。 心理学的な研究成果を総合的に記述。経済行動をはじめ,基礎から応用の最新成果を重点的に解説。また神経基盤に関する論述までを包含。即時的な小報酬(衝動性)および遅延される大報酬(セルフ・コントロール)を軸に行動背景にある心理的なメカニズムや影響を及ぼす社会的諸要因の解明を目指す。 ◆主なもくじ まえがき 第Ⅰ部 セルフ・コントロール研究の基礎 第1章 セルフ・コントロールについての行動分析学的研究 第2章 価値割引過程から見たセルフ・コントロールと衝動性 第3章 経済行動におけるセルフ・コントロールと衝動性 第4章 心理検査で測るセルフ・コントロール 第Ⅱ部 教育分野への応用 第5章 教育場面におけるセルフ・コントロールと衝動性 第6章幼児期,児童期,青年期のセルフ・コントロールと衝動性 第7章 セルフ・コントロールの教育の実践 第8章 大学生における勉強行動と遅延価値割引 第Ⅲ部 医療分野への応用 第9章 医療場面におけるセルフ・コントロールと衝動性 第10章 糖尿病とセルフ・コントロール 第11章 健康増進に関する食行動とセルフ・コントロール 第12章 口腔保健行動におけるセルフ・コントロール 第Ⅳ部 矯正分野への応用 第13章 矯正分野におけるセルフコントロール 第14章 犯罪とセルフ・コントロール 第15章  依存と価値割引 第Ⅴ部 今後の展開 第16章 セルフ・コントロールの神経経済学 第17章 衝動性とセルフ・コントロールの神経基盤 第18章 もう1つの自己制御―エゴ・セントリックな自己制御からエコ・セントリックな自己制御へ ◆執筆者一覧(*は編者) 高橋 雅治* 旭川医科大学医学部 1章,10章 佐伯 大輔 大阪市立大学大学院文学研究科 2章,14章 井垣 竹晴 流通経済大学流通情報学部 3章,11章 杉若 弘子 同志社大学心理学部 4章 伊藤 正人 大阪市立大学 5章 空間 美智子 京都ノートルダム女子大学現代人間学部 6章,7章 平岡 恭一 弘前大学教育学部 6章,7章,15章 青山 謙二郎 同志社大学心理学部 8章(1・2節) 高木 悠哉 奈良学園大学人間教育学部 8章(3・4節) 飛田 伊都子 滋慶医療科学大学院大学医療管理学研究科 9章 鎌倉 やよい 日本赤十字豊田看護大学看護学部 12章 百瀬 由美子 愛知県立大学看護学部 12章 深田 順子 愛知県立大学看護学部 12章 坂上 貴之 慶應義塾大学文学部 12章,18章 蒲生 裕司 こころのホスピタル町田 13章 高橋 泰城 北海道大学大学院文学研究科 16章 池上 将永 旭川医科大学医学部 17章 まえがき 第Ⅰ部 セルフ・コントロール研究の基礎 第1章 セルフ・コントロールについての行動分析学的研究  1節 セルフ・コントロールと行動分析  2節 セルフ・コントロールの改善  3節 今後の展開に向けて 第2章 価値割引過程から見たセルフ・コントロールと衝動性  1節 セルフ・コントロールと行動分析  2節 実験的方法で測るセルフ・コントロールと衝動性  3節 おわりに 第3章 経済行動におけるセルフ・コントロールと衝動性  1節 行動経済学  2節 投資行動  3節 金銭管理行動1:消費・貯蓄・借金  4節 金銭管理行動2:退職後に備えた貯蓄(年金) 第4章 心理検査で測るセルフ・コントロール  1節 セルフ・コントロールの個人差評価  2節 子どもを対象にしたセルフ・コントロール尺度  3節 成人を対象にしたセルフ・コントロール尺度  4節 おわりに:測定精度を高める工夫 第Ⅱ部 教育分野への応用 第5章 教育場面におけるセルフ・コントロールと衝動性  1節 意思決定問題としてのセルフ・コントロールと衝動性  2節 教育場面における対応法則  3節 子どものセルフ・コントロールの実験的検討  4節 子どものセルフ・コントロール確立のための具体的方策  5節 子どものセルフ・コントロールの背後にある価値割引過程  6節 今後の展望:セルフ・コントロールと個人内ジレンマ 第6章幼児期,児童期,青年期のセルフ・コントロールと衝動性  1節 実験的方法で測る幼児期のセルフ・コントロールと衝動性  2節 質問紙で測る児童期のセルフ・コントロールと衝動性  3節 児童用遅延割引質問紙の信頼性と妥当性  4節 質問紙で測る青年期のセルフ・コントロールと衝動性 第7章 セルフ・コントロールの教育の実践  1節 発達障害児を対象としたセルフ・コントロール訓練  2節 セルフ・コントロールに関する心理教育授業  3節 教師によるセルフ・コントロールの教育と児童の遅延割引の変化 第8章 大学生における勉強行動と遅延価値割引  1節 遅延価値割引と勉強場面での行動の理論的関係  2節 遅延価値割引と学業成績に関係があるのか?  3節 遅延価値割引と勉強行動には関係があるのか?  4節 勉強行動への介入 第Ⅲ部 医療分野への応用 第9章 医療場面におけるセルフ・コントロールと衝動性  1節 患者概念の変遷とセルフ・コントロール  2節 現代医療が抱える問題に対するセルフ・コントロールの必要性  3節 医療モデルからみたセルフ・コントロール  4節 健康問題におけるセルフ・コントロールと衝動性  5節 健康問題へのアプローチ  6節 医療行動分析学構築の必要性 第10章 糖尿病とセルフ・コントロール  1節 糖尿病への罹患しやすさを規定する諸要因  2節 糖尿病患者への心理行動的な介入  3節 自己管理の心理構造 第11章 健康増進に関する食行動とセルフ・コントロール  1節 カロリー表示の効果  2節 行動経済学の知見を活用した研究  3節 環境的要因の影響  4節 食行動に関するセルフコントロール改善への展望 第12章 口腔保健行動におけるセルフ・コントロール  1節 高齢者とセルフ・コントロール  2節 高齢者の口腔保健行動の評価  3節 高齢者の口腔保健行動への自己制御力の評価  4節 口腔機能向上のためのプログラム  5節 おわりに 第Ⅳ部 矯正分野への応用 第13章 矯正分野におけるセルフコントロール  1節 「矯正」という言葉の定義  2節 アルコールやその他の薬物依存症やギャンブル障害  3節 依存症,ギャンブル障害の行動経済学による理解  4節 行動コスト  5節 交差価格弾力性  6節 遅延報酬割引  7節 選好逆転  8節 報酬の結束  9節 矯正施設  10節 Gottfredson & Hirschiの“A General theory of crime”  11節 矯正と医療の連携  12節 おわりに 第14章 犯罪とセルフ・コントロール  1節 セルフ・コントロールと犯罪行動に関する理論的研究  2節 セルフ・コントロールと犯罪行動に関する実証的研究  3節 今後の展望 第15章  依存と価値割引  1節 はじめに  2節 薬物依存患者のセルフ・コントロール  3節 ギャンブル依存症と遅延価値割引 第Ⅴ部 今後の展開 第16章 セルフ・コントロールの神経経済学  1節 神経経済学におけるセルフ・コントロール  2節 時間・確率・対人的距離の心的表象とセルフ・コントロール  3節 価値評価や時間・確率・社会的距離の脳内表現  4節 行動神経経済学をもちいたセルフ・コントロール研究の応用 第17章 衝動性とセルフ・コントロールの神経基盤  1節 認知神経科学における衝動性の測定法  2節 異時間点選択における意思決定の神経基盤  3節 ADHDの選択衝動性と薬物療法 第18章 もう1つの自己制御―エゴ・セントリックな自己制御からエコ・セントリックな自己制御へ  1節 はじめに  2節 Skinnerと「自己制御」  3節 Ainslieの自己制御手続き  4節 SS\LL選択パラダイム  5節 強化スケジュールと自己制御  6節 SS\LL選択パラダイム以外の実験パラダイム:ソフト・コミットメント,プリムローズ・パス,パッチ利用パラダイム  7節 自己制御問題を組みなおす  8節 もう1つの自己制御

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
62
みんなのレビュー
いわゆる成功哲学的なよくある書籍ではなくて、宵越しの銭は持たず人生を最高に生き抜く価値観を植え付けてくれる書籍。人を選ぶ書籍ではあると思うが、自分自身の理想の生き方に思いっきりあてはまる内容で何度も読み返したい書籍。現代人にはこの生き方が合うと思っているので何かに縛られて辛そうにしていたり、思考停止でお金を稼いで日々四苦八苦したりしている人達に読んで欲しい。
No.48
62
みんなのレビュー
古くから読みつがれる名著です。ただ正直冗長な部分も多いので、全部読みきる意味はあまりないかと思います。この本はナポレオンヒルという人が多くの成功者にインタビューする中で見えてきた成功者に共通する行動様式をまとめたものです。古い本ですが、今でも使える普遍的な内容になっています。正直書籍のタイトルにこの本が言いたいことのエッセンスは詰まっているのですが、目標を決めてそれを強烈に意識することが大事です。そして目標を決めるだけではなくそれを実際にどう実現するかのプロセスを考えて日々のアクションに落とし込んで愚直に実行し続けることが大事なのです。この本では取り上げられていませんが、目標の粒度としては自分がどうなっていたいか?どういう状態でいたいか?という観点で決めるのが望ましいです。例えば、お金をいくら稼げるようになりたい、資産をいくら持っていたいというのも目標になりえますが、お金はあくまで手段です。それよりもそれを達成した先に自分がどういう生活をしていたいか?どうなっていたいか?と考えることが大事。お金を目標にするのもいいですがあまり幸せな未来は待っていないでしょう。それよりも、自分になりたい姿を強烈に想像し、そこにめがけて日々行動することで必ずそれを実現することができるはず。イーロン・マスクのように多くの資産そして世界を救う大きなビジョンを持ちながら、毎日周りからの批判を浴びながら死ぬほど働く人生がいいのか?ある程度の資産を持ち、ある程度稼ぎ、時間と場所にとらわれず自由に働く人生がいいのか?なりたい姿をイメージしましょう!そしてこの本では、浪費と投資と消費の話も取り上げられています。浪費とは無駄なことにお金や時間を使うこと、投資は未来に消費は現在にお金や時間を使うこと。お金だけじゃなくて時間の概念も念頭においておくことが大事です。浪費は極力避け、目標達成するための投資もしくは今を楽しむための消費にお金や時間を使うことが大事。浪費と消費の違いは難しいですが、目的達成のモチベーションを上げるために週末に友達と遊ぶのは消費と考えてよいと思います。暇だからとりあえずパチンコに行ったり、1人でダラダラYoutubeを見るのは浪費です。浪費をしている限り、あなたはいつまで経っても目標を達成することはできません。また、この本ではとりあえず行動に移すことも大事と言っています。なりたい姿が決まったら、それを実際に体現している人に話を聞きに行くなどすぐに行動に移せることはどんどん行動に移しましょう!
No.51
62

飛躍の法則

みんなのレビュー
サイバーエージェント藤田さんの愛読書として名高いビジョナリー・カンパニー。偉大な会社を作る気概のある学生や経営者が読むべき書籍。1を読まずに2を読んでも問題ないが、2は偉大な企業を存続させることにフォーカスしていて1は偉大な企業を作ることにフォーカスしているのでまずは1から読むのがよいと思う。割と難解ではまらない人には全くはまらない書籍。
No.54
62
みんなのレビュー
ホリエモンの行動力に驚く。結局本書で言っているのはグダグダ考えてないでとりあえず行動しろ!動けってこと。読むだけでモチベーションが上がるが、これを読んで満足してしまって何も行動しないのであれば元とも子もない。これを読んでしっかり行動に移すべき。
No.57
62
みんなのレビュー
学生の頃読んで衝撃を受けた書籍。退屈な日々で何か自分を変えたいと思っている若者には是非読んで本書の課題をぜひ実行して欲しい。読むだけでモチベーションを上げて終わってしまってはだめ。
No.69
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.86
61
みんなのレビュー
自分の世界に対する認識が大きくずれていることを知れる。ただ内容としては冗長なので最初の数ページ読めば良い気がする。メディアが切り取った偏ったイメージに翻弄されないようになろう。
search