【2023年】「ジェフベゾス」のおすすめ 本 34選!人気ランキング

この記事では、「ジェフベゾス」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 日の名残り (ハヤカワepi文庫)
  2. 私のウォルマート商法 すべて小さく考えよ (講談社+α文庫)
  3. ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か
  4. 世の初めから隠されていること 〈新装版〉 (叢書・ウニベルシタス)
  5. ジェフ・ベゾス 果てなき野望
  6. 天才読書 世界一の富を築いたマスク、ベゾス、ゲイツが選ぶ100冊
  7. 破天荒な経営者たち ──8人の型破りなCEOが実現した桁外れの成功 (ウィザードブックシリーズ)
  8. Consider Phlebas: A Culture Novel
  9. 世界でいちばん大切にしたい会社 コンシャス・カンパニー (Harvard Business School Press)
  10. The Player Of Games: A Culture Novel
他24件
No.1
100
みんなのレビュー
Amazon創業者のジェフ・ベゾスがオススメの書籍に挙げているので読んでみた。正直期待していた以上の作品ではなかったが、なんだか前向きに生きようと思える内容の書籍だった。
No.2
99

オリジナル!! お客さんは無限にいる。要はいかに他店より売るかだ!! 石油も自動車も抜いた売上高世界第1位の小売業ウォルマート。創業者が説く売る哲学、金銭感覚、出店のノウハウ、人事の秘策とは。無敵腐敗の商いのコツ!! 創業以来わずか40年で売上高世界第1位に急成長した、小売業チェーンのウォルマート。創業者サム・ウォルトン亡き後も、その経営哲学・ビジネス戦略は受け継がれ、ついに世界を席巻した。田舎町の商人から巨大企業へと導いたサムの起業理念、不屈のケチ精神、比類なきアイディア、お客や従業員への思い、家族への愛など、身近な人々のエピソードで綴った自伝。ビジネス成功への鍵はここにある!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
96
みんなのレビュー
生産管理の分野で働いているビジネスパーソンや経営者は全員目を通すべき名著。
No.4
89

社会秩序は根源的な暴力に基づくとしたジラールが聖書を人類学のテクストとして読み直し、供犠と犠牲と暴力のメカニズムを解明する。 全ての社会秩序は根源的な暴力に基づくとして新しい人類学の基礎を構築した著者が、聖書を人類学のテクストとして読み直し、供犠と犠牲と暴力のメカニズムを解明。 前著『暴力と聖なるもの』において、すべての社会秩序は根源的な暴力にもとづくことを解き明かして新しい人類学の基礎を構築したジラールが、その直観を西欧の神話の壮大な集録「聖書」に展開。批判的かつ革命的に読み直しつつ人類の最も遠く最も古い秘密を探り出す。  はじめに 第一編 基礎となる人類学 第一章 犠牲のメカニズム、つまり宗教的なものの基礎 A 横取りの模倣と模倣による敵対 B 禁忌の機能、模倣の禁止 C 儀礼の機能、模倣の要求 D 供犠の犠牲のメカニズム E 宗教的なものの理論 第二章 文化と諸制度の発生 A 儀礼のヴァリヤント B 神聖な王位と権力 C 儀礼の多値性と制度の特殊化の作用 D 動物の家畜化と儀礼としての狩り E 性の禁忌と交換の原則 F 死と葬儀 第三章 人間化の過程 A 問題の設定 B 動物行動学と民族学 C 犠牲のメカニズムと人間化 D 超越的記号表現(シニフイヤン) 第四章 神話、偽装された基礎づくりのリンチ A 徹底的な消去 B 「消極的な暗示的意味(コノタシヨン)」、「積極的な暗示的意味」 C 身代わりの犠牲者の身体的な諸特徴 第五章 迫害のテクスト A 神話のテクストと指向対象 B 迫害のテクスト C 迷妄を打破された迫害、近代西欧世界の特権 D 「身代わりのヤギ」という表現の意味論上の二重の役目 E 犠牲のメカニズムの歴史上の明確化 第二編 旧約・新約聖書のエクリチュール 第一章 世の初めから隠されていること A 聖書の神話と世界の神話との類似 B 聖書の神話の特異性 C 福音書による、基礎づくりの殺害の解明 第二章 福音書のテクストの非供犠的な読み A キリストと供犠 B 供犠的な読みの不可能 C 『黙示録』と寓話的な語り方 D 権力と支配 E 「神の国」の宣教 F 「神の国」と『黙示録』 G キリストの非供犠的な死 H キリストの神性 I 処女懐胎 第三章 供犠的な読みと歴史的なキリスト教 A 供犠的な読みの論理的な結果 B 『ヘブライ人への手紙』 C キリストの死と神聖なものの終結 D 他者の供犠と自己の供犠 E 「ソロモンの裁き」 F 新しい供犠的読み、つまり記号論的分析 G 供犠的な読みと歴史 H 科学と『黙示録』 第四章 ヘラクレイトスの「ロゴス」とヨハネの「ロゴス」 A 哲学における「ロゴス」 B ハイデガーの二つの「ロゴス」 C 『ヨハネによる福音書』の「ロゴス」の犠牲の定義 D 「初めに……」 E 愛と認識 第三編 個人対個人の心理学 第一章 模倣性の欲望 A 横取りの模倣と模倣性の欲望 B 模倣性の欲望と近代社会 C 模倣の危険性と欲望の力学 D 修業の模倣と敵対の模倣 E グレゴリ・ベイトスン F 対象による敵対から形而上的欲望へ 第二章 対象のない欲望 A 分身と個人対個人の関係 B 交代の症候 C 対象の消滅と精神病の構造 D 催眠と憑依 第三章 模倣と性衝動 A 「マゾヒズム」と呼ばれるもの B 芝居がかった「サド=マゾヒズム」 C 同性愛 D 潜在性と模倣による敵対 E 心理学におけるプラトン的観念の終末 第四章 精神分析的神話学 A フロイトのプラトン哲学とエディプス・コンプレクスの原型への依存 B 三角形をいかにして再現するか? C 模倣と表象 D エディプス・コンプレクスの二重の発生 E なぜ両性愛なのか? F ナルシシズム、フロイトの欲望 G 欲望の隠喩 第五章 つまずきのかなた A プルーストの転換 B 犠牲と精神療法 C 『快感原則のかなた』と構造主義的精神分析 D 死の本能と近代文化 E 罪の誘惑(スカンダロン) 結びとして……  原注  訳者あとがき  参考文献

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
89
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
89

天才イノベーター3人が選ぶ100冊を一挙紹介!"21世紀の教養"が学べる最高のブックガイド! テレビに著者出演で大反響! 天才イノベーター3人が選ぶ100冊を一挙紹介! イーロン・マスク、ジェフ・ベゾス、ビル・ゲイツ。 世界一の富豪になった3人は猛烈な読書家。 歴史、SF、科学、経済学…古典から最先端まで。 珠玉の100冊のエッセンスを詳細に解説! "21世紀の教養"が学べる最高のブックガイド! 一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授 楠木建氏推薦! 「読んでから読め――手っ取り早く本の内容を知るための要約本ではない。100冊の中から興味あるものを選び、じっくりと読んでほしい。良書との出会いを与えてくれる『ブックガイド』」 早稲田大学大学院経営管理研究科教授 入山章栄氏推薦! 「ヤバい起業家ほど読書の鬼! この書籍リストは必見だ」 『東大読書』著者 西岡壱誠氏推薦! 「『頭がよくなりたい』って考えている人にとり、すごくプラスになる本。高校生や大学生にもおすすめです。この本で紹介されている100冊はどれも本質的で、『学ぼう』という意欲さえあれば、どこまででも学び取れることがあります」 天才イノベーター3人が選ぶ100冊を一挙紹介!"21世紀の教養"が学べる最高のブックガイド! はじめに 第1章 イーロン・マスクが選ぶ本 イーロン・マスクの横顔:世界を驚かせ続ける破天荒なイノベーター PART1「イノベーション」"異常"な才能を持つ起業家の哲学 PART2「歴史」古代ギリシャ・ローマ…歴史に魅了されたマスク PART3「歴史上の人物」反逆者がイノベーションを生む必然 PART4「SF」イノベーションを生む「SF思考」 PART5「ファンタジー」「世界を救いたい」という発想の原点 PART6「科学」宇宙から構造物まで──科学の本質に迫る PART7「AI」AIは人類を本当に滅ぼすのか? PART8「経済学」「経済学の父」と「科学的社会主義の父」から学べること PART9「戦争」クラウゼヴィッツと孫子から学ぶ戦争の本質 PART10「生き方」人生は山あり谷ありで不条理 第2章 ジェフ・ベゾスが選ぶ本 ジェフ・ベゾスの横顔:けたたましい声で笑う"狂気"の経営者 PART1「経営」イノベーションを起こし、持続的に成長する企業の条件 PART2「リスクマネジメント・予測」未来をどう予測するのか PART3「リーダー論」理論と実践で学ぶリーダーシップの本質 PART4「SF・小説」SFと宇宙に取りつかれたべゾス― 第3章 ビル・ゲイツが選ぶ本 ビル・ゲイツの横顔:"悪の帝国"の支配者から、貧困や感染症と戦う慈善家に PART1「経営」世界を正しく見て、成功と失敗の両方から学ぶ PART2「経済学」世界の貧困と格差の問題をどう解決するのか? PART3「未来予測」未来を予測する精度を高める方法 PART4「科学・テクノロジー」世界、宇宙、エネルギーの本質に迫る PART5「自己啓発」心と身体の健康を高め、自分を磨く方法 PART6「歴史」全人類的な視点から歴史を見つめ直す PART7「国家論・思想」国家の繁栄と衰退のカギは何か PART8「人物」世界を変えた巨人たちの生きざま PART9「小説・ノンフィクション」どん底でも希望を捨てない生き方 おわりに 参考文献 「マスク、ベゾス、ゲイツが選ぶ100冊」リスト

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
79

著者は、成功した投資家としての知恵を駆使して8つの会社とその経営者を細かく分析し、そのパフォーマンスを明らかにしている。本書では、個性的なリーダーたちが桁外れのパフォーマンスを上げる助けとなった特徴と手法-彼らの一貫性と執ようなまでの合理性-を紹介していく。 第1章 リターンの永久機関-トム・マーフィーとキャピタル・シティーズ・ブロードキャスティング 第2章 複合企業の型破りな経営者-ヘンリー・シングルトンとテレダイン 第3章 企業再生-ビル・アンダースとゼネラル・ダイナミクス 第4章 急激な変化のなかで価値を創造する-ジョン・マローンとテレコミュニケーションズ 第5章 後継者は未亡人-キャサリン・グレアムとワシントン・ポスト 第6章 公開LBO-ビル・スティーリッツとラルストン・ピュリーナ 第7章 同族会社の最適化-ディック・スミスとゼネラル・シネマ 第8章 CEOは投資家-ウォーレン・バフェットとバークシャー・ハサウェイ 第9章 急進的な合理主義-アウトサイダーの考え方

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
76

「意識の高さ」を成長に変える、世界の超優良企業が実践する経営スタイルを紹介。イケア、スターバックス、パタゴニア、コストコ、サウスウエスト航空、ジェットブルー航空、タタ、トヨタ、トレーダー・ジョーズ、ポスコなど、数多くの事例を取り上げ、今後も生き抜いていく企業のあるべき姿を提案する。 第1部 第一の柱-存在目的(存在目的-企業にとっての意味を追求する 存在目的を発見し、育てる) 第2部 第二の柱-ステークホルダーの統合(忠誠心が高く、信頼を寄せてくれる顧客 情熱を持った、意欲的な社員 ほか) 第3部 第三の柱-コンシャス・リーダーシップ(コンシャス・リーダーの資質 コンシャス・リーダーになるには) 第4部 第四の柱-コンシャス・カルチャーとコンシャス・マネジメント(コンシャス・カルチャー コンシャス・マネジメント ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
74

会長からのメモ―機知とユーモアの経営

アラン・C. グリーンバーグ
ダイヤモンド社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
73

本書では、人の組織の相転移と、その制御方法をわかりやく解説しています。 ★ビル・ゲイツ、ダニエル・カーネマン絶賛! ★「とてつもなく、とんでもない本」米倉誠一郎・一橋大学名誉教授 ★WSJベストセラー、フィナンシャルタイムズ『ベスト・ビジネスブック2019』 など米欧メディアの『ビジネス必読本』に相次ぎ選出! ルーンショットとは、「誰からも相手にされず、クレイジーと思われるが、 実は世の中を変えるような画期的アイデアやプロジェクト」を指します。 斬新なアイデア(ルーンショット)を次々と生み出していた組織が、 ある時期から突然、そうしたアイデアを逆に潰すようになってしまう。 企業ではよくある変化です。その原因は、どこにあるのか。 物理学者でバイオベンチャー起業家でもある著者のサフィ・バーコールは、 熱力学の「相転移(そうてんい)」の考え方を用いてこの集団行動の謎をひも解きます。 水の分子は常温(液体の「相(そう)」)だと活発に動き回りますが、 氷点下になると氷(固体の「相(そう)」)になり、動きを止めて整列します。 つまり、摂氏0度を境に「相」が変わるわけです。そのことを相転移と言います。 相転移の要因は、温度です。相が転移すると分子の振る舞いが一変します。 組織も同じように、いくつかの要因(水の場合の「温度」に相当する)によって、 「ルーンショットの相」から「斬新なアイデアを潰す相」へと「相」が転移し、 組織メンバーの振る舞いが一変します(水分子の振る舞いが一変したように)。 実は、相転移が見られるのは、水などの物質や企業だけでなく、 戦争、テロ、ロックコンサート、渋滞、火災など、様々な現象に現れます。 「相転移の科学」がすばらしいのは、相転移を引き起こす要因がわかれば、 相転移が起きる時期の予測や、転移の防止が可能になることです。 本書では、人の組織の相転移と、その制御方法をわかりやく解説しています。 LOONSHOTS<ルーンショット>の目次 ■第1章:ルーンショットが導いた大戦の勝利  ・境界を生きる ■第2章:ルーンショットの驚くべき脆さ  ・遠藤章と心臓病 ■第3章:2種類のルーンショット──トリップとクランドール  ・ジェットエンジンとフリークエントフライヤー ■第4章:エドウィン・ランドと「モーゼの罠」  ・リーダーが聖なるルーンショットを選ぶとき ■第5章:「モーゼの罠」の回避  ・バズ・ライトイヤーとウッディの功績 ■第6章:相転移Ⅰ──結婚、森林火災、テロリスト  ・段階的な移行から突然の変化へ ■第7章:相転移Ⅱ──マジックナンバー1 5 0  ・なぜ規模が重要か ■第8章:四つ目のルール  ・マジックナンバーを増やす ■第9章:なぜ世界は英語を話すのか ■おわりに ・ルーンショットとディスラプション ■解説 米倉誠一郎(法政大学大学院教授・一橋大学名誉教授)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
73

ザ・ゴール2 コミック版

エリヤフ・ゴールドラット
ダイヤモンド社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
73
みんなのレビュー
偉大な企業をどうやって作るかについて実在する企業へのヒアリングを経てまとめた書籍。サイバーエージェント藤田氏のバイブルであり、起業家を目指す人は一読しておくとよいかもしれない。起業家の自伝みたいな感じではないので少々読みにくい部分もあり。
No.20
72

飛躍の法則

みんなのレビュー
サイバーエージェント藤田さんの愛読書として名高いビジョナリー・カンパニー。偉大な会社を作る気概のある学生や経営者が読むべき書籍。1を読まずに2を読んでも問題ないが、2は偉大な企業を存続させることにフォーカスしていて1は偉大な企業を作ることにフォーカスしているのでまずは1から読むのがよいと思う。割と難解ではまらない人には全くはまらない書籍。
No.21
72

現代を代表する大物理学者が、奇想天外な話題に満ちた自らの体験を痛快に語る。何でもとことん追求する態度といたずら好きの性格は、周囲に混乱と感動をひき起こさずにはいない。研究のかたわらで金庫破りの腕をみがいて仲間を驚かせたり、女の子とうまくつきあうことに腐心する一方で、夢に興味をもてば自分を実験台に研究開始。陽気なアメリカ人の愉快な一面と、科学への真摯な情熱を伝える好読物。 1 ふるさとファー・ロッカウェイからMITまで 2 プリンストン時代 3 ファインマンと原爆と軍隊 4 コーネルからキャルテクへブラジルの香りをこめて

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
72

GM社の工場閉鎖によって引き起こされた企業城下町崩壊の実情を異なる立場の関係者の物語から描き出す衝撃のノンフィクション。 世界トップレベルの自動車企業・ゼネラルモーターズ(GM)。その生産工場が閉鎖したとき、企業城下町ジェインズヴィルの分断が始まった――。『ワシントン・ポスト』で30年以上のキャリアを持つ女性ジャーナリストが、一市民のパーソナルな物語を通して「分裂したアメリカ全体の物語」を描き出した、衝撃のノンフィクション!★ファイナンシャル・タイムズ&マッキンゼー「ベスト・ビジネスブック2017」★ニューヨーク・タイムズ「100の名著2017」***GM最古の自動車組立プラントを擁するウィスコンシン州南西の街ジェインズヴィルでは、経済のすべてがGMを中心に回っているといっても過言ではなかった。退屈だが高給の工場作業。工員の家族は半地下や庭つきの一軒家に住み、安定した生活を送っている。家族3代、組立プラントに勤めているという家庭も少なくない。しかし「大不況(グレート・リセッション)」の渦中にある2008年、クリスマスを目前に控えた冬の日、ジェインズヴィル組立プラントの長い歴史は唐突に幕を下ろした。最後のシボレーがラインを通過していくのを呆然とした気持ちで見守っていた工員たちに、怒涛の苦難が押し寄せる――。工場の再開を信じるのか? よりよい雇用を求めて職業訓練を受けるのか? 遠方の求人に縋って単身赴任をするのか? 生活レベルを落として援助を受けるのか?かつては同じ工場で共に働いていた人々も、同じ街を故郷とする同胞も、その立場と選択によって運命は大きく分かれてしまう。家族がバラバラになり、十分な援助も受けられず、日々の食事にも事欠くような元工員の家庭があるいっぽう、政治家や財界人はインセンティヴをばらまいて新企業の誘致に奔走しつつも、まだ「グラスは半分以上残っている」と楽観的に構えている。災厄を免れた者と、災厄へと滑り落ち、いまだに抜け出せずにいる者。ジェインズヴィルという一都市の悲劇はまさに、二分されたアメリカの縮図となっている。著者は現地に赴き、元GM工員、その家族、教育者やソーシャルワーカー、政治家、財界人など、ジェインズヴィルのさまざまな人々に緻密なインタビューを実施。プラント閉鎖以降の彼らの生活や行動を事実のみならず心理まで克明に描写し、すべて実名によるノンフィクションでありながら、小説さながらのストーリーテリングに成功している。。また、補遺には著者が2013年晩冬~春にかけてロック郡で行った、住民の経済状況に関する調査および職業訓練の成果に関する調査統計結果を多数の収録。本編とは異なる視点から、ジェインズヴィルの「その後」を検証する。一企業に依存していた自治体がそれを喪った途端、ドミノ倒しのようにあらゆる経済活動が停滞し、人々の人生が坂を転げ落ちていくさまを目の当たりにする時、これがはるか遠い異国の、耳慣れない地方都市だけに起こりうる物語だとは決して思えないだろう。 GM社の工場閉鎖によリ引き起こされた企業城下町崩壊の実情を、異なる立場の関係者へのインタビューによって丹念に追い、彼らのパーソナルな物語を通して「二分した全アメリカ」の姿を浮彫りにする衝撃のノンフィクション。 《目次》 プロローグ 第1部 2008年 1 電話、鳴る 2 メイン・ストリートを泳ぐ鯉 3 クレイグ 4 退職祝賀パーティ 5 八月の変化 6 ルネサンス・センターへ 7 ママ、何とかしてよ 8 「ひとつの幸せのドアが閉じる時、もうひとつのドアが開く」 9 パーカー・クロゼット 第2部 2009年 10 ロック郡5・0 11 四度目の終末 12 入札合戦 13 音速(ソニック・スピード) 14 組合マンは何をする? 15 ブラックホーク 16 クラスで一番 17 計画と救難信号 18 ホリデイ・フード・ドライヴ 第3部 2010年 19 パーカー・ペン最後の日 20 ジプシーになる 21 家族はGMより大事 22 オーナー・コード 23 ホワイトハウスが街に来る日 24 レイバーフェスト2010 25 プロジェクト16:49 26 理解 27 希望の袋 第4部 2011年 28 楽観主義のアンバサダー 29 看守の対極 30 これが民主主義 31 ジェインズヴィル時間 32 プライドと恐怖 33 レイバーフェスト2011 34 クロゼットの発見 35 夜勤シフトの後で 36 深夜のウッドマンズで 第5部 2012年 37 SHINE 38 ジェインズヴィル・ジプシー 39 チャリティ不足 40 ジプシーの子ら 41 リコール 42 厳しい夏 43 候補者 44 レイバーフェスト2012 45 薬瓶 46 サークル・オヴ・ウィメン 47 初めての投票 48 ヘルスネット 49 またしても失業 第6部 2013年 50 二つのジェインズヴィル 51 夜のドライヴ 52 仕事の盛衰 53 プロジェクト16:49 54 グラスには半分以上残っている 55 卒業の週末 エピローグ 謝辞 補遺1:ロック郡における調査の説明および結果 補遺2:職業再訓練に対する分析の説明および結果 原註と出典 ≪登場人物紹介≫ ▼クリスティ・ベイヤー:リア社の工員。勤続13年。ゼネラルモーターズ(GM)用のシートを製造している。 ※リア社…クライスラー、GMを主要取引先とする大手自動車部品製造会社。両社の倒産を受け2009年破産法申請。 ヴォーン家 ▼マイク:リア社工員。勤続18年。UAW(全米自動車労働組合)第95支部職場代表。 ▼バーブ:リア社工員。勤続15年。 ▼デイヴ:ジェインズビル組立プラントに35年間勤務したGM退職者。UAW第95支部副議長。 ホワイトエーカー家 ▼ジェラード:組立プラントの工員。勤続13年。 ▼タミー:ホーム・エントリー・サービスでパートタイムのデータ入力作業に従事。 ▼双子:アリッサとケイジア ▼その弟:ノア ウォパット家 ▼マーヴ:組立プラントに40年間勤務したGM退職者。元UAW-GM従業員援助プログラム代表。ロック郡管理委員会委員。 ▼マット:組立プラント工員。勤続13年。 ▼ダーシー:ホールマーク社(カードメーカー)のディスプレイに従事するパートタイマー。 ▼娘たち:ブリタニー、ブルック、ブリア その他の労働者 ▼リンダ・コーバン:パーカー・ペン社に勤続44年。 ※パーカー・ペン社…アメリカ発祥の高級文具ブランドで、現在は一般消費財メーカーのオフィス用具部門サンフォードの傘下にある ▼スウ・オルムステッド: SSIテクノロジーズに勤続19年。自動車と工業用部品の製造に従事。 政治家たち ▼ティム・カレン:元、および将来の民主党州議会上院議員。GM維持タスクフォースの副議長。 ▼ポール・リアン:共和党所属の合衆国下院議員。ウィスコンシン州第1区。 教育者たち ▼アン・フォーベック ソーシャルワーカー。ジェインズビル学区のホームレス学生連携。 ▼シャロン・ケネディ ブラックホーク技術大学の副教育部長。 ▼デリ・ウォーラート パーカー高校社会科教諭。「パーカー・クローゼット」の生みの親。 財界人 ▼ダイアン・ヘンドリクス:ベロイトのABCサプライ社会長。ロック郡5.0経発展イニシアチヴの共同議長。 ▼メアリ・ウィルマー M&I銀行地域本部長。ロック郡5.0共同議長。 コミュニティのリーダーたち ▼ボブ・ボレマンズ:南西ウィスシスコンシン労働開発委員会事務局長。ロック郡ジョブセンターを運営。 ▼スタン・マイラム:元『ジェインズビル・ガゼット』記者。WCLO(1230AM)ラジオ「スタン・マイラム・ショー」ホスト。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
72
みんなのレビュー
ピーター・ティールの01にフォーカスした書籍ということで期待して手に取ったがあまり身になる内容がなかった。和訳が読みづらいのもあるかもしれない。
No.27
71

夢を叶えたいなら、絶対に知っておくべき「心と実務の準備」がある。計画の立て方、資金調達、売り込み、販売・宣伝、採用と解雇、仕事術、Eメール・ブログの要諦、プレゼン・スピーチのスキル…前著『完全網羅 起業成功マニュアル』で21世紀の起業のあり方を見事に描いて見せたガイ・カワサキが、本書で要所を繰り返しつつ、さらに高みへ導く手段を、的確に、詳細に指南する。 立ち上げ 資金調達 計画と実行 イノベーション マーケティング 販売と伝道活動 コミュニケーション ウィン・ウィン 競争 採用と解雇 仕事 善行

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
71

統制型からシェア型へ。競争からコラボへ。プロからアマへ──。世界は変わってしまった。これが新しい世界のルール。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
71
みんなのレビュー
ジェフ・ベゾスが全社員にまず読ませる書籍ということで読んでみたが、内容はありきたりのものでそれほど目新しさがなかった。とりあえず適切なKPIを設定してそれをトラッキングできるようにせよ!ということ。
No.31
71
みんなのレビュー
ページ数が多く読み切るには根気がいるが、中身は目から鱗の内容ばかり。知っておくだけど対人関係が有利に働く法則などが多く学べる。
No.32
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
71

「いつかアマゾンは潰れる」だからこそ「毎日が常に1日目」だと創業者ジェフ・ベゾスは言う。 14項目からなるリーダーシップ・プリンシプルをはじめ、アマゾンの成功の理由を解き明かす! アマゾンジャパン元経営会議メンバーによるアマゾンの徹底戦略! ●アマゾンが世界で16カ国しか展開していない理由 ●基本理念は「カスタマーセントリック(顧客中心主義)」に尽きる ●シャッター通り商店主のサクセスストーリー「アマゾンドリーム」 ●業績分析は「1BPS=0・01%」の差を重要視 ●「パワーポイント」使用禁止の理由……他

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search