についてお探し中...

【2024年】「海外」のおすすめ 本 161選!人気ランキング

この記事では、「海外」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 星の王子さま (新潮文庫)
  2. わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫 イ 1-6)
  3. グレ-ト・ギャツビ- (村上春樹翻訳ライブラリー f- 2)
  4. 一九八四年〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)
  5. アルジャーノンに花束を〔新版〕(ハヤカワ文庫NV)
  6. モモ (岩波少年文庫(127))
  7. ハリー・ポッターと賢者の石 1-1(静山社ペガサス文庫) (ハリー・ポッターシリーズ)
  8. Xの悲劇【新訳版】 (創元推理文庫)
  9. 変身 (角川文庫)
  10. 異邦人 (新潮文庫)
他151件
No.1
100
みんなのレビュー
子供向けの物語かと思いきや、大人が読んでも深く人生について考えさせられる本。大切なものは目に見えないんだというセリフが好き。
No.9
70

変身 (角川文庫)

フランツ・カフカ
KADOKAWA

変身 ある戦いの描写

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
68

まるで天使のような (創元推理文庫)

マーガレット・ミラー
東京創元社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
68

ボヴァリー夫人 (新潮文庫)

ギュスターヴ フローベール
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
68

薔薇の名前〈上〉

ウンベルト エーコ
東京創元社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
68

はつ恋 (新潮文庫)

ツルゲーネフ
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
64

ジョニーとサムが殺しの容疑をかけられた!災難続きの二人の運命やいかに! おしゃべり時計をめぐる謎に迷探偵が挑む。 ジョニーとサムが殺しの容疑をかけられた!災難続きの二人の運命やいかに! おしゃべり時計をめぐる謎に迷探偵が挑む。 おしゃべり時計の秘密 訳者あとがき 

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
64

黒い睡蓮 (集英社文庫)

ミシェル・ビュッシ
集英社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
70
みんなのレビュー
Amazon創業者のジェフ・ベゾスがオススメの書籍に挙げているので読んでみた。正直期待していた以上の作品ではなかったが、なんだか前向きに生きようと思える内容の書籍だった。
No.24
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
63

高慢と偏見 (中公文庫 オ 1-5)

ジェイン・オースティン
中央公論新社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
63

ユリシーズ 1 (集英社文庫)

ジェイムズ・ジョイス
集英社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
63

幽霊たち (新潮文庫)

ポール・オースター
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
62

荒野へ (集英社文庫)

ジョン・クラカワー
集英社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
63

ガリヴァー旅行記 (岩波文庫)

ジョナサン・スウィフト
岩波書店
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
62

百年の孤独 (Obra de Garc´ia M´arquez)

ガルシア=マルケス,ガブリエル
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
62

黒後家蜘蛛の会1【新版】 (創元推理文庫)

アイザック・アシモフ
東京創元社

会心の笑い 贋物〈Phony〉のPh 実を言えば 行け、小さき書物よ 日曜の朝早く 明白な要素 指し示す指 何国代表? ブロードウェーの子守歌 ヤンキー・ドゥードゥル都へ行く 不思議な省略 死角

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
62

●不可能犯罪の巨匠ポール・アルテが贈る、絢爛たる「殺人芸術」! ●芦辺拓氏によるトリビュート短編『解凍された密… ●連続・予告・不可能・見立て殺人 ●不可能犯罪の巨匠ポール・アルテが贈る、絢爛たる「殺人芸術」! ●【特別寄稿】時を越えた名探偵の共闘!  刊行を記念した芦辺拓氏によるトリ… 『2021本格ミステリ・ベスト10』 第3位! ・「オーウェン・バーンズ」シリーズ第3弾は  連続・予告・不可能・見立て殺人! ・「探偵のなかの探偵、オーウェン・バーンズがお力添えに参りました」  殺人を芸術と嘯く美学者探偵が挑むのは、「世界七不思議」見立て殺人! ・【特別寄稿】時を越えた名探偵の共闘!  刊行を記念した芦辺拓氏によるトリビュート短編『解凍された密室』収録  ある灯台守は荒波に閉ざされ、密室と化した灯台で生きたまま焼かれた。   ――「アレクサンドリア大灯台」  ある貴族は衆人環視下で、虚空から放たれたとしか思えない「女神の矢」に射抜かれた。   ――「エフェソスのアルテミス宮殿」  警察に「世界七不思議」に見立てた犯行予告を送りつけ、次々とそれを成し遂げる謎の連続殺人鬼。捜査に乗り出した美学者探偵・オーウェン・バーンズのもとに、「私は犯人を知っている」との報せが届く。ある令嬢を巡っての恋敵であるふたりの青年が、互いを犯人だと名指ししたのだ。  令嬢はパーティの席上で、彼らに言い放ったという。「わたしを愛しているなら人を殺してみせて。美しき連続殺人を」。  不可能犯罪の巨匠ポール・アルテが贈る、絢爛たる「殺人芸術」!  刊行を記念した芦辺拓氏によるトリビュート短編「解凍された密室」も収録。 ※短編小冊子「粘土の顔の男」付き。 第一部 イカロス 第二部 ネテル 第三部 アトン エピローグ 解凍された密室――ポール・アルテ氏に捧ぐ(芦辺拓 特別寄稿)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
62

皇帝のかぎ煙草入れ【新訳版】 (創元推理文庫)

ジョン・ディクスン・カー
東京創元社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
62

曲がった蝶番【新訳版】 (創元推理文庫)

ジョン・ディクスン・カー
東京創元社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
62

誰の死体? (創元推理文庫)

ドロシー・L・セイヤーズ
東京創元社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
62

衣裳戸棚の女 (創元推理文庫)

ピーター・アントニイ
東京創元社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
61

虎よ、虎よ! (ハヤカワ文庫 SF ヘ 1-2)

アルフレッド・ベスター
早川書房

ジョウントと呼ばれるテレポーテイションにより、世界は大きく変貌した。一瞬のうちに、人びとが自由にどこへでも行けるようになったとき、それは富と窃盗、収奪と劫略、怖るべき惑星間戦争をもたらしたのだ!この物情騒然たる25世紀を背景として、顔に異様な虎の刺青をされた野生の男ガリヴァー・フォイルの、無限の時空をまたにかけた絢爛たる"ヴォーガ"復讐の物語が、ここに始まる…鬼才が放つ不朽の名作。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
61

ロビイ 堂々めぐり われ思う、ゆえに… 野うさぎを追って うそつき 迷子のロボット 逃避 証拠 災厄のとき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
62

第二の銃声 (創元推理) (創元推理文庫)

アントニイ・バークリー
東京創元社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
62

わらの女【新訳版】 (創元推理文庫)

カトリーヌ・アルレー
東京創元社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
62

シンデレラの罠【新訳版】 (創元推理文庫)

セバスチャン・ジャプリゾ
東京創元社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
62

五番目のコード (創元推理文庫)

D・M・ディヴァイン
東京創元社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
57

あるときの物語(上)

ルース・オゼキ
早川書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
62

暗い鏡の中に (創元推理文庫)

ヘレン・マクロイ
東京創元社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.77
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.79
57

愛人 ラマン (河出文庫 509B)

マルグリット デュラス
河出書房新社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.80
62

逃げる幻 (創元推理文庫)

ヘレン・マクロイ
東京創元社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.81
57

プラトンの初期秀作二篇の新訳。ソクラテスの法廷、獄中での最期の言説。新解説を付し、クセノフォン『ソクラテスの弁明』訳を併載 昏迷深まる現代への贈りもの 今こそ、ソクラテスを。 待望の《新訳》登場。 不敬神の罪に問われた法廷で死刑を恐れず所信を貫き、老友クリトンを説得して脱獄計画を思い止まらせるソクラテス。「よく生きる」ことを基底に、宗教性と哲学的懐疑、不知の自覚と知、個人と国家と国法等の普遍的問題を提起した表題2作に加え、クセノポンの「ソクラテスの弁明」も併載。各々に懇切な訳註と解題を付し、多角的な視点からソクラテスの実像に迫る。新訳を得ていま甦る古典中の古典。 「いちばん大事にしなければならないのは生きることではなくて、よく生きることだ」──(「クリトン」より)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
57

この世で一番の奇跡

オグ マンディーノ
PHP研究所
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.83
62

シャド-81 (ハヤカワ文庫 NV ネ 4-1)

ルシアン ネイハム
早川書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
57
みんなのレビュー
SF小説として話題になっていたので期待大で読んだが、それほどハマらなかった。話の展開が遅くドキドキハラハラ感などはあまりない。次巻から面白くなるかもしれないが1巻は思ったよりも期待外れだった。
No.85
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.86
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.87
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.88
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.89
57

自負と偏見 (新潮文庫)

J. オースティン
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.90
62

黒と白のあいだの真実 任俠のジレンマ クワンのいちばん長い日

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.91
61

ソラリス (ハヤカワ文庫SF)

スタニスワフ・レム
早川書房

惑星ソラリス-この静謐なる星は意思を持った海に表面を覆われていた。惑星の謎の解明のため、ステーションに派遣された心理学者ケルヴィンは変わり果てた研究員たちを目にする。彼らにいったい何が?ケルヴィンもまたソラリスの海がもたらす現象に囚われていく…。人間以外の理性との接触は可能か?-知の巨人が世界に問いかけたSF史上に残る名作。レム研究の第一人者によるポーランド語原典からの完全翻訳版。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.92
62

ハツカネズミと人間 (新潮文庫)

ジョン スタインベック
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.93
59

世界えじてん

てづかあけみ
パイインターナショナル
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.94
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.95
59

続いている公園.パリにいる若い女性に宛てた手紙.占拠された屋敷.夜、あおむけにされて.悪魔の涎.追い求める男.南部高速道路.正午の島.ジョン・ハウエルへの指示.すべての火は火

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.96
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.97
59

ティファニーで朝食を (新潮文庫)

トルーマン カポーティ
新潮社

ティファニーで朝食を 花盛りの家 ダイアモンドのギター クリスマスの思い出

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.99
57

プラド美術館の師

ハビエル・シエラ
ナチュラルスピリット
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.100
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.101
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.102
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.103
61

バビロンの塔 理解 ゼロで割る あなたの人生の物語 七十二文字 人類科学の進化 地獄とは神の不在なり 顔の美醜について 作品覚え書き

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.104
59

トワイライトII 上 (ヴィレッジブックス F メ 1-3)

ステファニー メイヤー
ヴィレッジブックス
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.106
57

ボヘミア王のスキャンダル 赤毛連盟 花婿の正体 ボスコム谷の惨劇 五つのオレンジの種 唇のねじれた男 青いガーネット まだらのひも 技師の親指 独身の貴族 エメラルドの宝冠 ぶな屋敷

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.107
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.108
61

嵐が丘 (新潮文庫)

エミリー・ブロンテ
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.109
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.110
58

ソウル

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.111
61

るるぶ ソウル '23 超ちいサイズ (るるぶ情報版 小型)

JTBパブリッシング 旅行ガイドブック 編集部
JTBパブリッシング
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.112
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.113
57

文学的ゆえに科学的? 真実と物語のあいだで揺れ動き、その意義を問われてきた歴史。ポストモダニズムの懐疑を乗り越えた後で、いかにして「歴史の論理」を立て直すことができるのか。自らの実践に基づき、社会科学と文学の手法を和解させ、歴史記述を刷新するための挑戦の書。『メタヒストリー』以後の新たな歴史論であり、好評既刊『私にはいなかった祖父母の歴史』の姉妹編。 序 説      歴史を書く      現実についての文学      研究としてのテクスト   第Ⅰ部 大いなる離別 第1章 歴史家、弁論家、作家      悲劇としての歴史      雄弁としての歴史      賛辞としての歴史      宮廷史に抗して      作家と文学の誕生      歴史あるいは「第三の教養」 第2章 小説は歴史の父か      シャトーブリアンと歴史としての叙事詩      スコットと歴史小説      真理をめぐる戦い      創造者としての歴史家      バルザックと道徳科学 第3章 科学としての歴史と「文学という黴菌」      自然主義の方法      科学としての歴史の登場      客観的モード      見者と大学教授の対立      忘れられた二千年      テクストならざるものの誕生      社会科学と「生」 第4章 抑圧された文学の回帰      ナラティヴィスムの「スキャンダル」      「レトリックの転回」      文学の「誘惑」      離婚ののち   第Ⅱ部 歴史の論理 第5章 歴史とは何か      真理の効果      ミメーシスからグノーシスへ      人間が行うことを理解する      原因の説明と理解      世界の整理 第6章 科学としての歴史を書く作家たち      ヘロドトスの論理      アリストテレスとキケロのレトリック      16世紀における科学としての歴史      1690年の精神      真理についての怒り 第7章 真理陳述の作業      距 離      調 査      比 較      証 拠      反 駁      真理についての記述 第8章 方法としてのフィクション      フィクションの地位      啓示としてのフィクション      離 反      信憑性      概念と理論      叙述の手法      フィクションを活性化する   第Ⅲ部 文学と社会科学 第9章 ノンフィクションから真理としての文学へ      管轄外地域      ポスト=レアリスム      ノンフィクション文学      フィクション      事実に基づくもの      文学的なもの      文学と真実の探究 第10章 歴史は拘束された文学なのか      規則は解放する      文体の豊かさ      注の偉大さと悲惨さ      注なき証拠      社会科学の現代化 第11章 研究としてのテクスト      研究者の状況      方法としての「私」      調査を物語る      透明性と有限性      反省的モード 第12章 21世紀の文学について      調査あるいは脱専門化の時代      新たなキケロ主義のために      反=文学      機は熟した      抵抗の精神  謝 辞  訳者あとがき  注  作品名索引  人名索引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.114
60

人生に行き詰まったクリストファーの前に、かつての友だち、プーさんが現れて……!? 話題の実写映画、感動のノベライズ! 「くまのプーさん」のクリストファーとプーさんの友情を描いた実写映画のノベライズが登場!かつてプーさんやその仲間達と森でかけがえのない時間を過ごしたクリストファー。大人になり、いつしか夢や希望を失ってしまったクリストファーの前に、ふたたびプーさんが現れて……!?人生に疲れてしまった主人公クリストファーが、プーと再会し前に進む力を取り戻すまでを描いた感動作!  「くまのプーさん」のクリストファーとプーさんの友情を描いた実写映画のノベライズが登場! かつてプーさんやその仲間達と森でかけがえのない時間を過ごしたクリストファー。大人になり、いつしか夢や希望を失ってしまったクリストファーの前に、ふたたびプーさんが現れて……!? 人生に疲れてしまった主人公クリストファーが、プーと再会し、前に進む力を取り戻すまでを描いた感動作!登場人物の心情が丁寧に描かれているので、映画を見る前はもちろん、見た後も楽しめます!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.115
57

My Father's Dragon

Gannett, Ruth Stiles
Dover Publications
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.117
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.118
60

ブラック企業からのインドネシア就活 スーパー契約社員からのシンガポール就職 貿易会社派遣社員からのタイ就職 ウェブ制作会社からのマレーシア就職 超大手企業からの香港就職 ブラック企業からのインドネシア就職-半年後

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.119
58

Nate the Great

Sharmat, Marjorie Weinman
Yearling
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.121
60

向日性植物

李 屏瑤
光文社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.122
57

誕生日の子どもたち (文春文庫)

トルーマン カポーティ
文藝春秋

カポーティと村上春樹がおくる、イノセント・ストーリーズ6篇。やがて失われる少年の、汚れなき世界を収めた宝石箱の1冊です

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.124
60

月は無慈悲な夜の女王 (ハヤカワ文庫 SF 1748)

ロバート・A. ハインライン
早川書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.125
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.126
57

夜の樹 (新潮文庫)

トルーマン カポーティ
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.127
60

英文履歴書の書き方Ver.3.0

有元 美津世
ジャパンタイムズ
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.128
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.129
58

バグダードのフランケンシュタイン

アフマド・サアダーウィー
集英社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.130
60

バイバイ、サマータイム (STAMP BOOKS)

エドワード・ホーガン
岩波書店

両親が離婚したことを気に病むダニエルが、休暇で出会ったのは、いかした女の子レキシー。ダニエルはレキシーに惹かれていくが、彼女には不可解な点があった。腕時計が逆に時を刻んでいる。髪がいつも濡れている。体の傷が増えている…。少年の微妙な心理を描きだす、サスペンス仕立ての青春小説。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.131
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.132
60

食べることはその土地と生きてゆくこと。南イタリア、カラブリア州出身の作家が、絶品郷土料理と家族の記憶を綴る自伝的短篇集。 生唾なしには読めない! 美味しい食を分かち合うことの歓び。食べることはその土地と生きてゆくこと。舌を燃やし、思い出を焼きつくすほど辛い唐辛子、庶民のキャビアと呼ばれるサルデッラに腸詰サラミのンドゥイヤ……。南イタリア、カラブリア州出身の作家が、アルバレシュという特殊な言語と食文化を守ってきた郷土の絶品料理と、人生の節目における家族の記憶とを綴る自伝的短篇集。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.133
57

怪盗紳士ルパン (ハヤカワ文庫 HM)

モーリス・ルブラン
早川書房

アルセーヌ・ルパンの逮捕 獄中のアルセーヌ・ルパン 謎の旅行者 王妃の首飾り ハートの7 アンペール夫人の金庫 黒真珠 遅かりしシャーロック・ホームズ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.134
58

チャイルド44 上巻 (新潮文庫)

トム・ロブ スミス
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.135
57

Treasure Island (Young Reading Audio Pack)

Wilkes, Angela
Usborne Publishing Ltd
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.136
57

花の子ども

オイズル アーヴァ オウラヴスドッティル
早川書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.137
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.138
60

われらの時代.北ミシガンで.男だけの世界

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.139
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.140
57

高慢と偏見〔新装版〕 (河出文庫 オ 2-1)

ジェイン・オースティン
河出書房新社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.141
57

異形のものたち

小池 真理子
KADOKAWA

面 森の奥の家 日影歯科医院 ゾフィーの手袋 山荘奇譚 緋色の窓

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.142
57

椿姫 (新潮文庫)

デュマ・フィス
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.143
57
みんなのレビュー
ちょっとまだ、2年生の妹には、「字がちっちゃくて難しーー」って言って読み聞かせまでしちゃいました。1週間以上も読んだので声が、がらがらになってしまいました。でも妹も、次の巻次の巻って言ってとっても気に入ってしまったようです。もっとシリーズを出してください。
めちゃくちゃ、はまりました。
No.144
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.145
60

一九二四年春、年に一度の帰郷日に、メイドのジェーンは生涯忘れられない悦びと喪失を味わう。ブッカー賞作家による精緻極まる小説。 あの秘密の裏道を通って、わたしは本当の人生を漕ぎはじめる。一九二四年春、メイドに許された年に一度の里帰りの日曜日(マザリング・サンデー)に、ジェーンは生涯忘れられない悦びと喪失を味わう。孤児院で育ち、帰る家のない彼女は、自転車を漕いで屋敷を離れ、人目を憚らず恋人に逢い、書斎で好きなだけ本を読む。そこに悲報が――。のちに著名な小説家となった彼女の、人生を一変させた美しき日をブッカー賞作家が熟練の筆で描く。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.146
57

ウール 上 (角川文庫)

ヒュー・ハウイー
角川書店
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.147
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.148
57

エレンディラ (ちくま文庫)

ガブリエル ガルシア=マルケス
筑摩書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.150
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.151
57

瞳の中の大河 (角川文庫 さ 60-1)

沢村 凜
角川書店(角川グループパブリッシング)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.153
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.154
57

あしながおじさん

ジーン・ウェブスター
朝日出版社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.155
57

新訳 思い出のマーニー (角川文庫)

ジョーン・G・ロビンソン
KADOKAWA
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.156
60

ハワイ 完全版2021 (JTBのムック)

None
ジェイティビィパブリッシング
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.157
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.158
57

オレンジ畑の香り スロー族 アレキサンドリアを焼く 完璧な娘 星々の狩人 信心者たち 可能性世界 鏡 シュテルン=ゲルラッハのネズミ 夜の似合う場所 エルサレムの死神 白いカーテン 男の夢 二分早く ろくでもない秋 立ち去らなくては

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.159
60

戦争と平和1 (光文社古典新訳文庫)

トルストイ,レフ・ニコラエヴィチ
光文社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.160
57
みんなのレビュー
SF小説の金字塔。激しい戦いなどが繰り広げられるわけではなく謎の生命体の発見からはじまる人類の謎の解明。こういうSFを読むと自分の固定観念をぶち壊されるので定期的にSFを読むのは良い。ただ個人的にはもっとミステリアスで伏線がガンガン回収されてく感がある方が好き。ワクワク感ドキドキ感はなかった。
No.161
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search