【2023年】「ドラッカー」のおすすめ 本 100選!人気ランキング

この記事では、「ドラッカー」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
  2. ドラッカー名著集1 経営者の条件
  3. ドラッカー 365の金言
  4. プロフェッショナルの条件――いかに成果をあげ、成長するか
  5. 仕事の哲学 (ドラッカー名言集)
  6. ドラッカー名著集13 マネジメント[上]―課題、責任、実践
  7. チェンジ・リーダーの条件―みずから変化をつくりだせ!
  8. プロフェッショナルの原点
  9. 経営の哲学 (ドラッカー名言集)
  10. 創造する経営者 (ドラッカー名著集 6)
他90件
No.5
80

仕事の哲学 (ドラッカー名言集)

P・F・ドラッカー
ダイヤモンド社

成長 成果能力 貢献 強み 進むべき道 知識労働者 起業家精神 チームワーク コミュニケーション リーダーシップ 意思決定 優先順位 時間管理 第二の人生

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
76

組織に働く者の使命、責任、仕事の全貌を明らかにした記念碑的大作。 序論 マネジメント-ブームから成果へ(マネジメントの登場 マネジメント・ブームの教訓 マネジメントへの挑戦) 第1部 マネジメントの役割(企業の成果 公的サービス機関の成果 仕事を生産的なものにし、人に成果をあげさせる 社会に与えるインパクトの処理と社会への貢献)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
73

どうすれば一流になれるのか?仕事の本質を洞察し、成果をあげるための姿勢と行動を示す不朽の箴言集。ドラッカー遺作。 第1章 成果をあげる能力は修得できる 第2章 汝の時間を知れ 第3章 いかなる貢献ができるか 第4章 強みを生かす 第5章 最も重要なことに集中する 第6章 意思決定を的確に行う 結論 成果をあげる能力は修得しなければならない

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
71

経営の哲学 (ドラッカー名言集)

P・F・ドラッカー
ダイヤモンド社

マネジメントの役割 事業の定義 戦略計画 コア・コンピタンス 顧客 マーケティング イノベーション 生産性 利益 コスト 意思決定 目標管理 人のマネジメント 組織構造 社会的責任

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
70

創造する経営者 (ドラッカー名著集 6)

ピーター・F・ドラッカー
ダイヤモンド社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
69

P.F. ドラッカー経営論

P.F. ドラッカー
ダイヤモンド社

Harvard Business Reviewへ1950年に初めて寄稿した「経営者の使命」から最後の寄稿となった2004年の「プロフェッショナル・マネジャーの行動原理」まで全34本の論稿を完全収録。 第1部 一九五〇年代 第2部 一九六〇年代 第3部 一九七〇年代 第4部 一九八〇年代 第5部 一九九〇年代 第6部 二〇〇〇年代 補遺 アメリカ社会のダイナミズム(討論会)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
66

本書は、一九八五年、著者七五歳のときの著作である。イノベーションと企業家精神が誰でも学び実行することができるものであることを明らかにした世界最初の方法論である。 第1部 イノベーションの方法(イノベーションと企業家精神 イノベーションのための七つの機会 予期せぬ成功と失敗を利用する-第一の機会 ほか) 第2部 企業家精神(企業家としてのマネジメント 既存企業における企業家精神 公的機関における企業家精神 ほか) 第3部 企業家戦略(総力戦略 ゲリラ戦略 ニッチ戦略 ほか) 企業家社会

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
64
みんなのレビュー
組織のトップとしてのあるべき姿を説く書籍。この本に書いてある内容は自分の想像するリーダー像と違いすぎて驚いた。確かに組織を大きくして社会にインパクトを与えるためにはこの本の中で書かれているリーダーの仮面が必要なのかもしれないが、私はそんなことまでしてリーダーで居続けて何が楽しいのかなと思ってしまう。旧式の企業にはハマるがこれからの時代にはハマらない考え方な気がする。自分自身も会社を経営する身として参考にしつつもこの本の中で語られているリーダーとは違う姿を模索したい
No.22
59

世界の経営者のバイブル。1973年初版「無修正版」の画期的新訳。4分冊。 イントロダクション マネジメント・ブームからマネジメント成果へ マネジメントの誕生 マネジメント・ブームとその影響 新たなる挑戦 第1部 マネジメントの務め(マネジメントの諸側面 企業のマネジメント:シアーズ・ローバックの事例 企業とは何か 企業の目的と使命 目標の威力と狙い:マークス・アンド・スペンサーの軌跡と教訓 戦略、目標、優先順位、仕事の割り振り 戦略的プランニング:起業家的な技能 多彩な組織が支える社会 公的機関はなぜ成果を生まないのか 例外とそこから得られる教訓 公的機関の成果を高めるマネジメント)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
59

一人ひとりが「位置」と「役割」を与えられ権力が「正統性」をもたなければ、社会は機能しない。反中央、地域志向、反教条主義の「自由」を保守すべき根拠を掘り下げ、第二次大戦のただ中、戦後世界が「産業社会」になると予見し、その青写真と、米国の使命を明快に論じきった堂々の力作。生涯を貫く問題意識と方法論を知る社会改革への野心作。 第1章 産業社会の行方 第2章 機能する社会とは何か 第3章 一九世紀の商業社会 第4章 産業社会における権力の正統性 第5章 ナチズムの試みと失敗 第6章 自由な社会と自由な政府 第7章 ルソーからヒトラーにいたる道 第8章 一七七六年の保守反革命 第9章 改革の原理

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
59

リーダーになってからでは遅い。ビジネスで必要なことは、すべてドラッカーが教えてくれる。ドラッカーが語る「仕事の本質」。 第1章 ドラッカー思考 自らの人生を切り開く準備はできているか? 第2章 マーケティング 会社・市場・お客様とは? 第3章 戦略 「強み」はどこにあるか? 第4章 目標管理 何を達成するために働くのか? 第5章 組織マネジメント 会社をどう動かすか? 第6章 イノベーション 「新しい価値」をつくり出せるか?

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
59

ドラッカー先生の授業 私を育てた知識創造の実験室

ウィリアム A コーン
武田ランダムハウスジャパン

どれほどの名誉に輝こうとも、教鞭をとるという天職にこだわりつづけたドラッカー。学びの場でくり広げられた師弟の対話の数々が、いま鮮やかに甦る。 「現代マネジメントの父」との出会い 素顔のピーター・ドラッカー 常識はえてして間違っている 自信は少しずつ培うもの 過去の成功にしがみつくと破滅する 経験にとらわれず、白紙の状態で問題に挑む 畑違いの分野で専門性を伸ばす-すぐれたマネジャーへの道 卓越した成果をあげる人材は失敗を恐れない マーケティングのねらいは、売り込みを不要にすること 倫理、名誉、真摯さ、法律 将来は予測できないが、切り開くことはできる だれもが説明責任を負っている 人を率いるには、まず相手を知ること たとえ失敗しても、人材は無限の可能性を秘めている ドラッカー先生が絶賛した模範的は組織 マネジメント・コントロールパネル 定石ではなく状況をもとに戦略を立てる 知識労働者のやる気をいかに引き出すか ドラッカー流自己啓発の原則

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
58

ドラッカー名著集7 断絶の時代

ピーター・F・ドラッカー
ダイヤモンド社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
58

世界中の経営者によって読み継がれてきた不朽のベストセラー。 マネジメントの本質(マネジメントの役割 マネジメントの仕事 マネジメントへの挑戦) 事業をマネジメントする(シアーズ物語 事業とは何か ほか) 経営管理者をマネジメントする(フォード物語 目標と自己管理によるマネジメント ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
58

災害・危機発生時の職員の役割と行動 組織と法制度上の課題 被災自治体職員が抱える課題 災害時の応援自治体職員の課題と展望 危機管理における官民の連携 試案 大規模災害時における被災市町村への人的支援 「組織と人」に関する防災・復興法制の現状と課題 自治体職員の惨事ストレス 災害時のパニックと心理的ショック

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
58

ウィニング勝利の経営

ジャック ウェルチ
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版

強烈なリーダーシップでGEを時価総額・世界No.1企業に育て上げ、「20世紀最高の経営者」と呼ばれるジャック・ウェルチ。そんな彼が、「人材採用のチェックポイント」から、「いやな上司への対処法」「天職の探し方」「中国との競争に勝つ方法」まで、ビジネスで成功するためのノウハウをたっぷりと、驚くほどに具体的に明かす。経営者から管理職、チームリーダーから新入社員まで、どんなポジションの人にも必ず役立つ実践的アドバイスを満載したビジネス指南書の決定版。全米大ベストセラー。 1 最初の四つの原則-「すべての底に流れるもの」(ミッションとバリュー-こんなに大事なことなのに、たわ言ばかり 率直さ-ビジネス界の最大の恥を取り払え ほか) 2 あなたの会社(リーダーシップ-あなただけのことではない 人材採用-勝者の構成要因 ほか) 3 あなたの競合会社(戦略-ソースが決め手。それだけだ 予算-年中行事を徹底再構築する ほか) 4 あなたのキャリア(天職-天職を探し当てたら、仕事は趣味になる 昇進する-残念でした。近道はありません ほか) 5 最後のまとめ(あれ、これ、すべて-あやうく抜け落ちそうになった質問)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
58

変革の哲学 (ドラッカー名言集)

P・F・ドラッカー
ダイヤモンド社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
58

マネジメントの組織構造(組織の構造を選ぶ 組織の構造をつくる 小企業、大企業、成長企業) 人と仕事のマネジメント(IBM物語 人を雇うこと ほか) 経営管理者であることの意味(経営管理者とその仕事 意思決定を行うこと ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
58

ドラッカーいわくマネジメントで必要なことは正しい答えではなく、「正しい問い」であると経営者にとって座右のバイブルとなる一書 本書は、ドラッカー理論の核となる経営の最重要5大原則をまとめたものである。 会社を永続的に成長させていくためにどうすればいいのか――。 成功とは挑戦の結果であって、幸運の結果ではない。 成功を収めている企業とそうでない企業の違いは どこにあるのだろうか。 マネジメントで必要なことは正しい答えではなく、「正しい問い」であるとドラッカーは説く。複数の名著から、ドラッカーの言葉を紹介しながら「ドラッカー5つの質問」について、中小企業や中堅企業が取り組めるよう、リアルな現場の状況に合わせ、豊富な事例に基づいて解説する。 事業を変革させるためにすべきことが、この「ドラッカー5つの質問」なのである。 ドラッカーはこう言っている。 「この問いを怠るとき、直ちに、事業の急速な衰退がやって来る」(『現代の経営』) 経営者が永遠に取り組み続けるものこそ、「ドラッカー5つの質問」である。 経営者にとって座右のバイブルとなる一書。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
58

飛躍の法則

みんなのレビュー
サイバーエージェント藤田さんの愛読書として名高いビジョナリー・カンパニー。偉大な会社を作る気概のある学生や経営者が読むべき書籍。1を読まずに2を読んでも問題ないが、2は偉大な企業を存続させることにフォーカスしていて1は偉大な企業を作ることにフォーカスしているのでまずは1から読むのがよいと思う。割と難解ではまらない人には全くはまらない書籍。
No.44
58

組織による人間の自己実現を標榜するドラッカー経営学の集大成。 第3部 マネジメントの戦略(トップマネジメントの仕事と組織 戦略と構造)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
58

社会の革新はいかにして可能か。そのための条件は何か。あるべき社会のかたちと人間の存在を考えつづけるドラッカー社会論のエッセンス。 1 激動の転換期にある社会(社会の存在を当然としてはならない 経済至上主義は人を幸せにするか 20世紀の変化の本質は何か ほか) 2 断絶後の経済(「継続の時代」は終わった 世界経済の変貌がもつ意味) 3 模索する政治(理性崇拝は何をもたらすか 改革の原理としての正統保守主義 社会の問題に唯一の正解はない ほか) 4 問われる知識と教育(知識の政治学 学校が劇的に変わる 分析から知覚へ-21世紀の社会と世界観 ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
58

悩みの正体を明らかにし、悩みを解決する原則を具体的に明示して、こころの闇に光を与える不朽の名著。 1 悩みに関する基本事項 2 悩みを分析する基礎技術 3 悩みの習慣を早期に断とう 4 平和と幸福をもたらす精神状態を養う方法 5 悩みを完全に克服する方法 6 批判を気にしない方法 7 疲労と悩みを予防し心身を充実させる方法 8 私はいかにして悩みを克服したか-実話三十一編

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
58
みんなのレビュー
人に何かを伝える方法の勉強にはなるが伝え方が本当に9割なのかは疑問。〇〇が9割シリーズが流行っているので結局シーンによってどこに重点を置くかは変わる。読んで損はない。
No.53
58

ビジネスの前提が変わった!かつて例を見ない変化の時代にあって、組織とそこに働く人々に何が起こっているのか?時代の本質を見通すドラッカーの最新作。 第1章 マネジメントの常識が変わる-パラダイム転換 第2章 経営戦略の前提が変わる-21世紀の現実 第3章 明日を変えるのは誰か-チェンジ・リーダー 第4章 情報が仕事を変える-新情報革命 第5章 知識労働の生産性が社会を変える-先進国の条件 第6章 自らをマネジメントする-明日の生き方

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
58

成功哲学

ナポレオン・ヒル
きこ書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
58

斎藤一人の百戦百勝

小俣 貫太
東洋経済新報社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
58

組織が繁栄を続けるには、組織内の人間が、自らの能力を超えて成長できなければならない。世界に先駆けて企業の社会的責任を説いた現代マネジメントの金字塔。 第1部 産業社会は成立するか(企業が基盤となる産業社会) 第2部 事業体としての企業(事業を遂行するための組織 分権制の組織と原理 分権制をいかに機能させるか 社外パートナーとの連携 分権制はすべての答えか) 第3部 社会の代表的組織としての企業(個の尊厳と機会の平等 産業社会の中流階級 働く者の位置と役割) 第4部 産業社会の存在としての企業(企業の存続と社会の利益 生産活動の目的 完全雇用の可能性) 成功がもたらす失敗-エピローグ(一九八三年) 付録

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
58

ドラッカーをはじめて日本に招いた、一般社団法人日本経営協会の協力を得て、当時の記録と録音テープをもとに、ドラッカーの講演とセミナーの内容をまとめた。 実際にあったことを知るということは、何かを変えようとした人間を学ぶことになる。 たまたま起こったかのように見える歴史の動きの背景には、たまたまでは語れない人間の意志がある。 意志をもって何かを変えようとした人間を学ぶと魂が洗われる。 ドラッカーは、「違う自分になること」よりも、「今の自分を高めること」の大切さを教えてくれる。 そして、「明日のために今日何をすべきか」を気付かせてくれる。この本を読むと、「明日のために今日何をすべきか」を見出すことができる。 第1話 ドラッカーの初来日 「ドラッカー招聘」 第2話 ドラッカーとの懇親会 「これからの働き方」 第3話 ドラッカーの講演 「日本は世界の見本となる」 第4話 ドラッカーのセミナー一日目 「トップマネジメント」 第5話 ドラッカーのセミナー二日目 「リーダーの育成」 第6話 ドラッカーのセミナー三日目 「組織の人間関係」 第7話 ドラッカーの手紙 「日本へのメッセージ」

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
58

ドラッカーの教えを学び、経営に生かす実践方法を知ることよって、より良い方法で後継者を育成することができる。 組織を存続させ、事業を継続する。そのために、“後継ぎ”をどう育てるか。 これが、本書のテーマです。 ほかの事業承継の本と違う5つの点 1.他の本は「事業承継全体」を書いている。この本は「後継者の育成だけ」を書いている。 2.他の本は「トップに引退すること」勧めている。この本は「トップが活躍し続けること」を勧めている。 3.他の本は「1人の後継者への承継」を勧めている。この本は「経営チームへの承継」を勧めている。 4.他の本は「事業承継の実務」を教えている。この本は「経営承継の原則」を教えている。 5.他の本は「後継者の自立」を教えている。この本は「会長と社長の関係」を教えている。 この本は、後継者の育成に、何らかの課題をお感じになられている、会長や社長に向けて書いたものです。あなたは次のうち、いくつ当てはまるでしょうか? 「後継者のことは言われなくてもわかっている。私は100歳まで現役だ。」 「後継者を誰にするか何も決まっていない。」 「うちには、組織全体を見て、会社の将来を考える人間は誰もいない。」 「後継者の育成について、何も取り組んでいない。」 「この会社の経営をいつ誰にどうやって引き継げばいいか不安だ。」 これらは実際に、会長や社長からお聞きした言葉です。ドラッカーは、「自らを存続させられない組織は失敗である。したがって、明日のマネジメントを担うべき人材を今日準備しなければならない。」と言っています。 世界で初めて経営の承継を取り上げたドラッカーは、後継者育成の原理原則と、トップが後継者に果たすべき役割を教えてくれています。 翻って。後継者を勉強会やセミナーに参加させ、どんなに経営を学ばせたとしても、知識の習得やスキルの向上だけでは絶対に解決しようのない「後継者の育成がうまくいかない9つの原因」があります。あなたが、後継者の育成に取り組んだとしても、あなたの努力は、その9つによって完全に打ち消されてしまいます。この本を読むと、「後継者の育成がうまくいかない9つの原因」がわかり、「すべきこと」と「すべきでないこと」が明らかになります。 本書のねらいは、御社の永続です。後継者を育成する目的は、トップが引退するためではありません。組織を存続させるためです。本書は「後継者の育成」に焦点を絞って、その具体的な実践方法をお伝えしています。  御社が後継者の育成に成功し、次の時代に向けて、さらに繁栄されることを心より願っております。 第1章 トップの責任を担う者を育成する  ・孫さんのトップ続投宣言  ・トップは後継者のメンターとなる  ・トップしかできない新旧交代  ・誰をトップにするか  ・小さな部門のトップを経験させる  ・人が育つ環境をつくる  ・後継者に必要な4つの能力 第2章 後継者の育成とは経営チームをつくること  ・一人に承継したら会社は危うくなる  ・大企業、中小企業問わず、CEOが混乱している  ・特に、中小企業において重要なこと  ・一人の経営から経営チームへ  ・出光佐三さんとの出会いからはじまった  ・永守さんも経営チームを  ・ホンダもつくった経営チーム 第3章 後継者育成がまくいかない9つの原因  ・イエスマンの育成  ・合意なき期待  ・泣いて馬謖を斬る  ・グーグルをつくったラリー・ペイジ  ・トップしか決められない風土  ・取締役兼〇〇部長の弊害  ・後継者を連絡係りに追い込む  ・重要な責任を与えない  ・トップ自身が準備できていない 第4章 経営の承継7つの要諦  ・経営の承継は経営チームから  ・経営目標を立てさせる  ・トップマネジメントマネジメント  ・取締役会、経営チーム、経営企画  ・後継者に教えておきたい5つの基本  ・ジョブズも「何をやらないか」を決めていた  ・後継者の全人格的な献身 第5章 世代交代のマネジメント  ・トップが行うべき10のヒアリングポイント  ・会長に対してづあるべきか  ・会長に仕事のやり方を知る  ・会長への報告の仕方を決める  ・ケネディ大統領も実践した  ・後継者の能力を知る4つの成果  ・サクセションプラン(後継者育成計画)  ・同族企業のキーワードは「同族」ではなく「企業」  ・その人は90歳まで現役だった

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
58

ドラッカーの黒字戦略

藤屋伸二
CCCメディアハウス

ねらうべき「ニッチ」とは何か?創造的に模倣するとはどういうことか?なぜ他社と連携すべきなのか?ヒト・モノ・カネ・時間・ノウハウ・情報が不足する企業にもできる、200社以上で実証ずみのドラッカー活用法。 序章 利益を再考する-ドラッカーの利益のとらえ方 第1章 ダメな会社が犯しやすい5つのあやまち-ドラッカーのマネジメント志向 第2章 顧客志向と強みにもとづく差別化-ドラッカーのマーケティング志向 第3章 すぐ黒字-ドラッカーの顧客とのコミュニケーション志向 第4章 より黒字-ドラッカーの選択と集中志向 第5章 さらに黒字-ドラッカーのニッチ志向 第6章 ず〜っと黒字-ドラッカーの戦略志向

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
58
みんなのレビュー
誰もが知る名著なので一度は目を通しておくべきだが、内容は冗長で個人的にはあまりはまらなかった。重要度×緊急度のマトリクスの話が一番重要で、そこだけ理解しておけばいい気がする。緊急度は低いが重要度が高いタスクになるべく長期的な視点で取り組めるようになるべき。
No.79
57

経営者、ビジネスマンから絶大な支持を得る二人の巨人。その哲学の相違、共通点を詳細に浮かび上がらせ、マネジメントの極意を見出す 幼少期より波瀾万丈の人生を辿ったのち、二十世紀を代表する学者、実業家としての地位を確立した二人の哲人、ピーター・ドラッカーと松下幸之助。卓越した両者のマネジメント論、人間観には共通する点が多々あった!▼本書では、双方の生き様を照らし合わせるなかから、生きがいをまっとうする仕事とは何か?▼偶然の幸運を、いかにつかみ取るか?▼イノベーターとしての行動原理とは?▼などの切り口で、「仕事の意義」「企業家としての使命」に対する、時代を経ても色あせない普遍的な思想を発見する。▼“本当の成功”を掴むための考え方、人生を迷いなく生きる術を探し求めている現代ビジネスマンが、「成功の鍵」を発見できる必携の書。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.81
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.83
57

仕事上の大失敗で、いたたまれず退職した満。幼なじみからの電話がきっかけで、生まれ故郷に帰ってみると、なんと満は「村おこし特命村長」に任命されていた!人を率いる難しさを改めて知る彼女の道を照らしたのはドラッカーの「リーダーシップ論」だった- 01 村おこし特命村長、誕生-リーダーの役割は「人を動かすこと」ではない 02 ミッションを決めろ!-使命感の共有でチームの結束を高める 03 村おこし戦略、いよいよ始動!-ミッション、戦略、そして人材配置の関係性 04 専門家を動かせ!-仕事の託し方がやる気を変える 05 リーダーこそ強みを自覚せよ!-チームの成果はリーダーの仕事ぶりで変わる 06 "真摯さ"とは何か?-「正しいこと」を行う勇気 07 明日の勝者、チェンジ・リーダー-変化を率いる者が時代を創る 08 さよなら、若草村プロジェクト-偉大なリーダーは自らを知り、自らを育てる

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.86
57

『商業界』編集長・社長として、流通・サービス業を長年見つめてきた著者がたどりついた結論。  「ドラッカーは、小売り・サービス業の店長を応援しています!」  ◆ドラッカーの至言のうち、店舗の運営に役立つものだけを抽出! ◆豊富な実例をまじえ、ドラッカーの教えをわかりやすく解説! ◆図版やまとめを添えた、ビジネス書になじみのない人でも読みやすい構成! まさに、店長・店舗マネージャーのために作られたドラッカー本です!  ・「お店に来ない客」こそ「未来のお得意さま」 ・チリの鉱山崩落事故はドラッカーが救った! ・

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.87
57

管理問題の発生と展開 管理の構造と発展 ヒトの管理をめぐる変遷 人的資源管理としての日本型雇用とその変容 企業内教育訓練・能力開発の課題 労働時間管理の変化と働く者のニーズ 賃金管理と処遇問題 多様な紛争解決システムと労働組合 日本型人的資源管理の行方

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search