についてお探し中...

【2024年】「文章力」のおすすめ 本 66選!人気ランキング

この記事では、「文章力」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書 9)
  2. 新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス)
  3. 「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。
  4. 伝わる! 文章力が身につく本 (基礎からわかる“伝わる!"シリーズ)
  5. 沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘— アップデート・エディション
  6. 文章力の決め手
  7. 売れるコピーライティング単語帖 探しているフレーズが必ず見つかる言葉のアイデア2000
  8. SEOに効く! Webサイトの文章作成術
  9. 書くのがしんどい
  10. 伝わる・揺さぶる! 文章を書く (PHP新書)
他56件
No.5
69
みんなのレビュー
沈黙のWebマーケティングに続いて2作目となる本書。1作目を読んでハマった方はぜひこちらの2作目も読んでみて欲しい。ストーリ形式で分かりやすくSEOライティングについて学べる
No.6
64

文章力の決め手

阿部 紘久
日本実業出版社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
64
みんなのレビュー
天才マーケター神田昌典氏のセールスに必要なコピーライティングが学べる書籍。辞書的に使うと良い。
No.8
63

SEOに効く! Webサイトの文章作成術

ふくだ たみこ
シーアンドアール研究所
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
61
みんなのレビュー
超有名なブロガー2人が運営するブログサロンの内容を元にWebライティングについて分かりやすくまとめてくれている書籍。これ1冊読んでおけばWebライティングに関しては全く問題ないと思う!手元においておきたい1冊。
No.14
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
59

文章力の基本

阿部 紘久
日本実業出版社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
57

伝わっているか?

小西利行
宣伝会議
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
56
みんなのレビュー
アウトプットの重要性について語られて、具体的なアウトプット方法がたくさん学べる本。普通に過ごしているとどうしてもインプット過多になってしまうので、この本を読んでなるべくアウトプットする習慣を身につけていこう!
No.31
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
56

言葉の番人が見過ごさない!厳選340語。漢字・慣用句・四字熟語から文章添削まで、正しい「読み方」「書き方」「使い方」を仕事にも活かす! 第1章 これだけは押さえておきたい日本語の常識(まずはここからチャンレジしてみよう あやふやな言い回しを一掃しよう ほか) 第2章 ここまでは身につけたい日本語の教養(言い間違いをしないために 似て非なる言い回しを整理しよう ほか) 第3章 会話を豊かにする社会人の日本語(正しい言い回しを使いこなそう わずかな違いが誤解を招く ほか) 第4章 ライバルに差をつける日本語(ここが分かればまずまずOK 日本語の繊細さを味わってみよう ほか) 第5章 人をうならせる日本語の知識(自信を持って言葉を操るために 多彩な日本語表現を身につけよう ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
55

横浜。バーのオーナーで画家の私には時折会うだけの女がいる。響子。彼女の死の病を知り、最期の作品を彼女に刻みつけようと考えた。 生と死のはざまでほとばしる情念。これが北方謙三だ。 定期的に食事はするが、踏み込まない。響子とは二十二年、そうしてきた。死期が近いと告げられるまでは。硲(はざま)冬樹は画家。売れない絵描きではない。横浜に数軒の酒場を持つ。硲の絵を望んだ響子。消えゆく裸身をキャンバスにして、硲は鑿(のみ)を手にした硲は消えない絵を刻みつけようとする。男と女、北方ハードボイルドの到達点! 生と死のはざまでほとばしる情念。これが北方謙三だ。 定期的に食事はするが、踏み込まない。響子とは二十二年、そうしてきた。死期が近いと告げられるまでは。硲(はざま)冬樹は画家。売れない絵描きではない。横浜に数軒の酒場を持つ。硲の絵を望んだ響子。消えゆく裸身をキャンバスにして、硲は鑿(のみ)で消えない絵を刻みつけようとする。男と女、北方ハードボイルドの到達点! 第一章 西埠頭 第二章 蝉の日 第三章 揺曳の街 第四章 キャンバス 第五章 水色の牙

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
55

「資料整理のコツ」「取材依頼のマナー」から「執筆準備」「推敲のポイント」まで、具体的かつ丁寧に教える。 テーマの選び方、資料収集法、取材の実際から原稿完成まで、丁寧に教える。これがプロの「知的生産術」だ! 第一線のジャーナリストは、いかに原稿を仕上げるか。テーマの選び方、資料収集法、取材のコツから推敲のポイントまで、具体的に教える。レポート執筆にも役立つヒントが満載の入門書。 テーマ選び、資料収集法、質問の作り方から、 インタビューの実際、原稿執筆のコツまで── 第一線のジャーナリストがすべて明かす これがプロの「知的生産術」だ! 【目次】 第一章 テーマを決める 第二章 資料を集める 第三章 人に会う 第四章 話を聞く 第五章 原稿を書く 第六章 人物を書く 第七章 事件を書く 第八章 体験を書く 第1章 テーマを決める      テーマは書き尽くされているか/見慣れたテーマが“化学反応”を起こす      技術はあとからついてくる/テーマ決定のチェックポイント/とにかく動いてみる etc. 第2章 資料を集める      情報不足を避ける/情報収集の方法/袋ファイルのすすめ/自家製デスク      バックナンバーの探し方/単行本の読み方/図書館の利用法/活字以外の記録 etc. 第3章 人に会う      取材対象の選び方/取材依頼の作法/取材を断られたとき      質問項目/遠慮は禁物/取材道具/取材当日/電話取材、メール取材 第4章 話を聞く      取材のイメージ/(1)話の聞き方/(2)ノートのとり方/(3)人物・情景の見方      第3の眼をもつ/(4)インタビューのあとで/取材相手から信用されるには etc. 第5章 原稿を書く      原稿を書く前に/構成を決めてから書くか/ペン・シャープナー/チャート      書き出しに全神経を注ぐ/書き出しの名文/書き出してから/仲介者になる/推敲する etc. 第6章 人物を書く      基本は人物ノンフィクション/取材中の問題意識/構想の変化      心理描写のルール/シークエンシャル・インタビューの限界 第7章 事件を書く      未知の場所で取材開始/水先案内人を探す/「ハルナ」に辿り着くまで      水先案内人・知恵袋・キーパーソン/真空地帯 第8章 体験を書く      体験エッセイを例にして/下調べをやめた理由      自分でテーマを見つけるために/豊かになる

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
55
みんなのレビュー
沈黙のWebマーケティングに続いて2作目となる本書。1作目を読んでハマった方はぜひこちらの2作目も読んでみて欲しい。ストーリ形式で分かりやすくSEOライティングについて学べる
No.53
55

名作書き写し文章術

高橋 フミアキ
コスモトゥーワン

「名作書き写しトレーニング」で文章力が大幅アップ!「真似るだけなんて」と言わないでください。これほど文章力をアップさせる効果的な方法はありません。書き写す作業なら誰でもできます。あとは、効果的に行なうための簡単なテクニックを覚えて実践するだけ。 1章 こんな人たちも必ず書けるようになります(とにかく文章を書くのが苦手 たった1行書くだけでも文法間違いが起こる ほか) 2章 1日10分「名作書き写しトレーニング」(書き写しで文章力が一気に伸びる 名作書き写しトレーニング三つの心得 ほか) 3章 「名作書き写しトレーニング」でスキルアップ(モチベーションが着実にアップする 美しい敬語マナーが身に付く) 4章 「書き写す」から「自分の文章を書く」へ(「ブレスストーリー」を活用-自分の文章がスラスラ書ける ステップ1出来事を中心に書く ほか) 5章 読み手の心を動かすとっておきのテクニック(構成テクニックの基本を体に刻み込む "たとえ話"を使うテクニック ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
55

有り得たかもしれない、もう一つの人生……。叶わなかった恋と人生を描くラブストーリー。涙の大ベストセラー待望の復刊。 「有り得たかもしれないもう一つの人生、そのことを考えない日はなかった……」。叶わなかった恋を描く、究極の大人のラブストーリー。恋の痛みと人生の重み。涙を誘った大ベストセラー待望の復刊。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
55

SNSの表現が輝く!現代文学の旗手が胸に響く文章テクニックをアドバイス 芥川賞選考委員で現代文学の旗手、文壇の貴公子・島田雅彦が、古今東西の名著から豊富な事例を引き合いに出し、「人に伝わりやすい短文の作り方」をアドバイス。大学教授としてSNS世代の若者と接している経験も生かし、現代人に役立つ短い文章のテクニックをアドバイス。教授を務める法政大学の授業「メディア表現ワークショップ」を基に書いたSNS時代の文章読本。 序章 小説作法で短文を学ぶ/ニーチェの短文ツイートスタイル/漱石、谷崎、太宰から話題の芥川賞作家まで表現の変遷/短文の宿命/文章は音読されることを意識せよ 第一章 短文で綴る前の意識鍛錬 私たちが失ったオーラ/インスタグラムに象徴される自己表出/オーラを取り戻したいという衝動/プルースト「失われた時を求めて」の試み/「非リア充」層が紡いだ近代文学/目的を持たない散歩の効用/自己紹介で自己の見解を磨く/意外性を意識して自己表現する/書く行為は他者を慮ること/異質な世界にいる人との対話を心がける/異分野の相手の懐に入り自己表出をグレードアップ 第二章 私小説で考える自己表現 自分を客観視することが出発点/自意識過剰から「無意識過剰」へ/書物は「ロマンス」「告白」「百科全書」「小説」に分類される/自叙伝と私小説の違い/自己の客観視を徹底した夏目漱石の作品/純文学は人身掌握術に長けること/事物・事象の描写力が純文学の真髄/オーラをまとった文章とは/川端康成、古井由吉、宮尾登美子ら美文作家に学ぶ/「ワタクシ小説」が自分らしさを取り戻す 第三章 短文に挑む準備段階 相手の意表をつく自己フレーミング/自分を野菜、動物、金属にたとえる/ガストン・バシュラールの手法/自己のキャラクター化/正義感のある凶悪犯などキャラの開発を/傷つかない自分の発見法/細かいディテールを掘り下げる/五百億円の使い道/ドストエフスキーの対話スタイル/大阪のおばちゃんの噛み合わない対話/見解の乱反射が対話の魅力 第四章 短文に挑む準備段階 その二 予定調和に陥らない起承転結の要点/短文での起承転結テクニック/メメント・モリ、死を想え/あの世、地獄、天国…・・・死のイメージを広げる/「死」から葬儀、葬り方とさらにイメージを膨らます/神話時代の夢が象徴する物語を紡ぐ欲求/夢日記をつけて内なるものを見出す/別の時代や場所に生まれた自分を想像する/求愛は最も身近な短文表現/ラブレターは冗長にならず比喩で勝負/フェティシズムが比喩を進化させてきた 第五章 短文レッスン システマティックな句作法/アフォリズム的な俳句と情緒的な短歌/旅で詠む訓練を/日記に丸裸の自分を書く/詩は高度な思弁/アフォリズムを自己流にアレンジ/言葉の組み替えに挑む/ナボコフの二言語駄洒落/手書きか、ワープロか 第六章 短文レッスン その二 書き出しの仕掛け/推敲と議論/日本人の複雑な感情表現/人間ウォッチングと散歩/無意識を獲得する方法/自我のリセット/読ませる工夫は風刺を/社会のくびきから自分を解き放て! 島田教授の実践ワンポイント添削

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
55

専門学校東京アナウンス学院・芸能バラエティ科で実際に行われた特別授業『漫才入門』を元に構成。漫才の法則が身に付く問題集付き。 第1回 基礎知識編-漫才とは台本ではなく会話である(「やらされている」漫才はつまらない 好奇心を旺盛に持ち、現場を見よ ほか) 第2回 ネタ作り編-ボケの種類、ツッコミのパターン(テーマは共感を得て笑いを取ること 設定の決め方は二通り ほか) 第3回 台本構成編-「あるある」から「なしなし」へ(笑いが起きる法則「フリ」「オチ」「フォロー」 起承転結の中に「リズムとルール」が必要 ほか) 第4回 漫才演技編-今起こっている出来事として話す(元気よく登場し、必ず挨拶をする しゃべりに関する注意点 ほか) 第5回 漫才実践編-お笑い専門学校ネタ見せ実況中継

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search