【2024年】「dx」のおすすめ 本 105選!人気ランキング

この記事では、「dx」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. いまこそ知りたいDX戦略 自社のコアを再定義し、デジタル化する
  2. DX実行戦略 デジタルで稼ぐ組織をつくる
  3. DXの思考法 日本経済復活への最強戦略
  4. 企画立案からシステム開発まで 本当に使えるDXプロジェクトの教科書
  5. イラスト&図解でわかるDX(デジタルトランスフォーメーション);デジタル技術で爆発的に成長する産業、破壊される産業
  6. (購入特典PDF版ダウンロード)いちばんやさしいDXの教本 人気講師が教えるビジネスを変革する攻めのIT戦略 (いちばんやさしい教本)
  7. アフターデジタル - オフラインのない時代に生き残る
  8. RPAで成功する会社、失敗する会社 ――「人が本来やるべき仕事」にシフトする考え方と実践手順
  9. DX戦略立案書
  10. 90日で成果をだす DX(デジタルトランスフォーメーション)入門
他95件
No.1
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
87

DX実行戦略 デジタルで稼ぐ組織をつくる

マイケル・ウェイド
日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
86
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
82

こんな産業が破壊される!経産省がガイドライン化するほど国も危機感を抱くDX!DXトップコンサルタントが徹底解説する入門書 DXへの取り組みの活発化の波において躓く日本企業…どんな産業が破壊されるのか?どんな産業が発展するのか?経産省がガイドライン化するほど国も危機感を抱くDX!DXトップコンサルタントが徹底解説するDX入門書! DXトップコンサルタントが徹底解説する入門書! ● DXとは? ● なぜ、経産省がガイドラインを出すほど、 国も危機感を抱いているのか? ● DXへの取り組みが活発化しているものの、 つまずく日本企業が多いのはなぜなのか? ● AirbnbやUBER、アマゾン、Google によってどんな産業が破壊されているのか? ● どんな産業が破壊されるのか? ――原子力発電、火力発電、教育産業、スマホ関連…… ● どんな産業が発展するのか? ――長寿・美容産業、都市農業・細胞農業、宇宙産業…… ● デジタル進化が、さらにどのような変化をもたらすのか? 一般ビジネスパースンから、DX推進担当者、個人投資家まで必見! 第1章 なぜ、DXが必要なのか 第2章 デジタル技術が生み出したビジネスモデル 第3章 今後、注目すべき基盤テクノロジー 第4章 こんな産業が破壊される 第5章 こんな産業が発展する 第6章 変化の本質 第7章 個人のキャリアの考え方

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
74
みんなのレビュー
デジタルが主体の時代に突入しどのように顧客行動が変わっていくかを中国の事例をふんだんにまじえながら教えてくれる良書。デジタル時代のマーケティングをおさえるためにぜひ読んでおきたい1冊
No.8
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
71

DX戦略立案書

デビッド L.ロジャース
白桃書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
68

対デジタル・ディスラプター戦略: 既存企業の戦い方

マイケル ウェイド
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
67

担当者になったら知っておきたい 中堅・中小企業のための「DX」実践講座

船井総合研究所 デジタルイノベーションラボ
日本実業出版社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
63
みんなのレビュー
ソフトウェアを起点にビジネスを考えなくてはいけない現代に重要なソフトウェアファーストの考え方をインストールできる書籍。DXが遅れている企業ではどうしても業務フローに合わせた非効率なソフトウェア開発が進んでいる。それよりも現代は既存のソフトウェアに業務フローをなるべく合わせて改善していくべき!
No.20
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
63

ルポ 日本のDX最前線 (インターナショナル新書)

酒井 真弓
集英社インターナショナル
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
62

DXの真髄 日本企業が変革すべき21の習慣病

安部 慶喜(アビームコンサルティング株式会社)
日経BP
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
62

UXと自由

みんなのレビュー
アフターデジタルが出版されてからコロナ禍に突入し、消費行動はデジタルに一気に偏った。そんな中続編として出版されたアフターデジタル2。前作と同じく非常に学びになるので1,2併せて読んでおきたい。
No.24
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
62

総務部DX課 岬ましろ

須藤 憲司
日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
59

DXスタートアップ革命

守屋 実
日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
59

知識ゼロからのDX入門

株式会社エル・ティー・エス
幻冬舎
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
58

戦略論とDXの交点: DXの核心を経営理論から読み解く

ベイカレント・コンサルティング
東洋経済新報社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
57

製造業DX 入門編

天野 眞也
Team Cross FA
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
56
みんなのレビュー
ビジネスパーソンにAIの書籍を1冊オススメするなら間違いなくこれを選ぶ。データサイエンティスト協会の理事も努めビジネス・アカデミックの両面からデータサイエンスにBETしている安宅さんが語るAIのあり方。我々日本人がこれからの時代において世界でプレゼンスを発揮するためにはどうすればよいかを教えてくれる書籍で非常に感銘を受けた。どんよりとした日本の停滞感に対して少しでも希望を見出すことのできる書籍。安宅さんの書籍はどれも素晴らしいが絶対にこれは読んで欲しい。
No.44
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
55

デジタルトランスフォーメーションの実際

ベイカレント・コンサルティング
日経BP
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
54

JAL、アスクル、三井住友カード、アドビ……、業界を問わず各社が取り組むデジタルトランスフォーメーションとはなにか? 「従来のビジネスモデルには、必ず“機会損失”がひそんでいる。 顧客の価値を最も高めるものはなにか? デジタルトランスフォーメーションこそが、それを再考する絶好の機会になる」──アドビ最高経営責任者 シャンタヌ・ナラヤン 「フォトショップ(Photoshop)」や「イラストレーター(Illustrator)」はなぜ、サブスクリプション制に移行したのか? それが促した企業変革=デジタルトランスフォーメーションとは? JAL、アスクル、三井住友カード、アドビ……。 話題のDX=デジタルトランスフォーメーションの本質が、詳細な事例で知識ゼロから理解できる! 〈おもな内容〉 第1章 「ビジネスの方向性」はデータが決める──顧客は「なにを」「どう」求めているか 「デジタルな顧客接点」とはなにか?/「世界観」を語れ!/顧客体験価値を最大化させる「データ」活用/コンバージョンレートは重視するな/企業向けEコマースと個人向けEコマースの違い/「扱っていないのに検索されている商品」に注目せよ/Eコマースで「独自色を出す」とはどういうことか 第2章 デジタルトランスフォーメーションとはなにか──「なにを」「どう」デジタル化するか 「サブスクリプション」モデルの選択/技術革新のスピードにビジネスモデルが合わなくなった/既存ビジネスにひそむ「機会損失」/「第二の創業」/「デジタルな会社」とはなにか? 第3章 「流通のデジタル化」が加速した経営改革──「なにが」「どう」変わったのか 「最初の30日」で「1年後の顧客」が見える/ユーザーの属性を仕分けせよ/数億円単位で利益を左右する画面構成/社内全体が「同じものさしで状況判断できる」強み/改善サイクルは「3日間」/データサイエンティストを大量雇用する理由 第4章 「顧客の望むこと」はすべて、データが教えてくれる──「なにを」「どう」活用すべきなのか 「見せるべき情報」を「見せるべき人」に/追いかけすぎると顧客は逃げる/その施策はどんな顧客価値を生み出すか/「検証迷子」というリスク/解約時でも「顧客満足度を上げるべし」 第5章 デジタルトランスフォーメーションが生み出す「新しい価値」──それはアナログなビジネスでも活かされる システム=コスト部門の間違い/「短期的な成果」は期待しない/「簡素な接客」、「濃密な接客」/マス広告の価値が見直されている/日本企業に共通する「ある誤解」/「数字を読み取る文化」を定着させよ/「変化しながら先を見据える」ビジネス感覚を磨け 第1章 「ビジネスの方向性」はデータが決める──顧客は「なにを」「どう」求めているか 「デジタルな顧客接点」とはなにか?/「世界観」を語れ!/顧客体験価値を最大化させる「データ」活用/コンバージョンレートは重視するな/企業向けEコマースと個人向けEコマースの違い/「扱っていないのに検索されている商品」に注目せよ/Eコマースで「独自色を出す」とはどういうことか 第2章 デジタルトランスフォーメーションとはなにか──「なにを」「どう」デジタル化するか 「サブスクリプション」モデルの選択/技術革新のスピードにビジネスモデルが合わなくなった/既存ビジネスにひそむ「機会損失」/「第二の創業」/「デジタルな会社」とはなにか? 第3章 「流通のデジタル化」が加速した経営改革──「なにが」「どう」変わったのか 「最初の30日」で「1年後の顧客」が見える/ユーザーの属性を仕分けせよ/数億円単位で利益を左右する画面構成/社内全体が「同じものさしで状況判断できる」強み/改善サイクルは「3日間」/データサイエンティストを大量雇用する理由 第4章 「顧客の望むこと」はすべて、データが教えてくれる──「なにを」「どう」活用すべきなのか 「見せるべき情報」を「見せるべき人」に/追いかけすぎると顧客は逃げる/その施策はどんな顧客価値を生み出すか/「検証迷子」というリスク/解約時でも「顧客満足度を上げるべし」 第5章 デジタルトランスフォーメーションが生み出す「新しい価値」──それはアナログなビジネスでも活かされる システム=コスト部門の間違い/「短期的な成果」は期待しない/「簡素な接客」、「濃密な接客」/マス広告の価値が見直されている/日本企業に共通する「ある誤解」/「数字を読み取る文化」を定着させよ/「変化しながら先を見据える」ビジネス感覚を磨け

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
54

インターネット白書2022 デジタルツイン実現への道

インターネット白書編集委員会
インプレスR&D
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
54

見るだけIT用語図鑑278

草野 俊彦
SBクリエイティブ
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
54

プロの課題設定力

清水 久三子
東洋経済新報社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
56

フツーの公立小学校の教室にChromebook がやってきた! ICT 操作に不慣れな中、つまずきを重ね、それでも一つ一つ着実に乗り越えていった毎日を担任の先生自らが記した日記は、身近なあるある事例が満載です。 学校教育へのICT 導入を牽引し続ける中央教育審議会委員 堀田龍也先生ほか強力な研究チームで行なわれたChromebook 導入の実証実験がつぶさに記録され、研究的視点による解説も詳細かつわかりやすい。 当該校の校長や同僚、教育委員会担当者からのコメントも示唆に富んで、これからGIGA スクールへと向かう現場の先生の入門書として最適です。オールカラーで読みやすいのもお勧めポイント。 ※本書はChromebookの使い方マニュアルではありません。 GIGAスクールで教室に何が起きたかを追体験できる本です! (デバイスはパソコン(Windows、MacOS等)でも、タブレット(iPadでもAndroid等)でも、問題なく使えます!!) ◆情報端末がやってくると教室がどうなるかを調べるプロジェクト……堀田龍也 ■実践1カ月目――Chromebook が教室にやってきた  第0週 端末の設定 8月26日(水)パスワードの設定  第1週 様々な学習方法を試す 8月31日(月)学習規律     9月 1日(火)Google Classroom  第2週 子どもたちの慣れと見えてきた課題     9月 7日(月)AIテキストマイニング 9月11日(金)Google Jamboard × 計算練習  第3週 教師の授業を設計する力が大切      9月15日(火)学習のパターン      9月17日(木)Google スプレッドシート×情報の整理  第4週 Google Jamboard × 思考ツール      9月24日(木)教室環境のDX(デジタルトランスフォーメーション)      9月24日(木)Google Jamboard と思考ツールの併用  ●その頃、西久保学級では――ついにやってきた! ◆研究者の視点1 GIGA スクールとキーボード入力……渡邉光浩 ◆校長より とにかく、やってみる。そこから、スタート。……焼津市立豊田小学校 校長◎浅賀貞春 ■実践2カ月目――機能を見極める  第5週 これまで使った機能をさらに掘り下げる 9月29日(火)新しい意味調べ     9月30日(水)使い方のバリエーションを増やす  第6週 端末の機能を使って効率化を図る 10月 6日(火)ネット上の機能を使う 10月 9日(金)学期末のふり返り  第7週 シンプルな機能をより効果的に 10月12日(月)ショートカットキー     10月14日(水)メールアドレスを使った共有設定  第8週 オンライン授業の準備開始 10月20日(火)オンライン朝の会     10月21日(水)思考ツールに慣れさせる  ●その頃、西久保学級では――どう使う? ◆研究者の視点2 棚橋学級のDX……三井一希 ◆同僚より 先を見越した取組みがすごい……焼津市立豊田小学校 主幹教諭◎倉嶋義人 ■実践3カ月目――「共同」から「協働」へ  第9週 使える機能を増やす 10月27日(火)チャット機能     10月30日(金)新しいアプリに触れさせる  第10週 子どもたち自らが授業をデザインしていく 11月 2日(月)デジタルポートフォリオ 11月 5日(木)Google ドキュメントの機能  第11週 主体的な学びへ 11月 9日(月)主体的な学びへの変化 11月13日(金)Google スライドでの図形操作①  第12週 子どもたちが効率的な学習方法を考え始める 11月19日(木)チャット機能による学習形態の変化 11月20日(金)Google スライドでの図形操作②  ●その頃、西久保学級では――Google Workspace アプリが大活躍!! ◆研究者の視点3 棚橋学級のICTスキル……三井一希 ◆教育委員会より GIGAスクール構想“はじめの一歩”~具体的な活用のイメージをもつ~……都城市教育委員会 指導主事◎細山田 修 ■実践4カ月目――操作スキルをアップグレード  第13週 さらなるスキルアップを目指して 11月25日(水)情報モラルの育成 11月26日(木)キーボードの入力スキルをさらに伸ばす  第14週 アプリ活用のレベルアップ 11月30日(月)Google スプレッドシートを使ったワークシートづくり 12月 1日(水)Google Classroom の課題機能  第15週 表計算の導入 12月10日(木)子どもたち自ら表計算 12月11日(金)小テストの作成  第16週 モバイル ディスプレイ革命 12月15日(火)実験・観察カードのデジタル化 12月18日(金)モバイル ディスプレイの導入による,学習パターンの定着  ●その頃、西久保学級では――Chromebook は学級経営とともに ◆研究者の視点4 棚橋学級に何が起こったか(端末活用時間、学級経営、情報モラル)……三井一希+三井研究室(南條 優,内田佳途,手塚和佳奈) ◆研究者の視点5 両学級の子どもたちに身についたICT操作スキル……渡邉光浩 ◉4ヵ月の実践一覧 ◆1人1台の情報端末を活用することで何が身につくか……佐藤和紀 ◉本書と連動した素材一覧サイトのご紹介

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.79
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.81
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
54

マンガでわかる DX

小峰弘雅
SBクリエイティブ
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.85
54

THE DX: デジタル変革の真髄

日本IBM
日経BPM(日本経済新聞出版本部)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.86
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.87
54

今さら聞けない DX用語まるわかり辞典デラックス

ウイングアーク1s t 株式会社「データのじかん」編集部
左右社

最新のビジネス用語がわからない新社会人、DXを推進したい管理職へーー 4コマ漫画で楽しく・短く・知れる!DXにまつわるビジネス用語辞典! どの企業もいち早くDXを推進せねばと焦っている昨今、DX関連書籍は多数あるものの、経営陣やDX担当者向けの専門的な内容が多く、実際の現場社員にはとっつきにくいものばかり......。その結果、経営者やDX導入担当者、現場の社員たちとの間で DXに対する理解度に大きな乖離が起こってしまっています。 そんな現場社員と経営者の意識のずれを埋めるために作ったのが、本書です。 「DXって何? デラックスの略じゃないよね?」 そんな方にこそ、DX(デジタル・トランスフォーメーション)を知る最初の一歩にピッタリかもしれません。 全ページオールカラー・4コマ漫画付きなので、難しいビジネス用語も楽しく理解できちゃいます! 【DX用語チェックリスト】 次のうち、知らない単語がいくつあるかCHECKしてみてください。 (すべて本の中に掲載している単語です!) □RPA □プロセスエコノミー □EBPM □メタバース □Web3.0 □認知バイアス □VUCA □レジリエンス経営 □オープンデータ □アジャイル開発 □DIBB □NFT □SaaS □パルス型消費 □健康経営 はじめに     キャラクター紹介 本書の読み方     まずはここから!【ライト級 26単語】 レベルアップを目指すあなたへ【ミドル級 28単語】 賢者の館へようこそ(笑)【ヘビー級 16単語】 おわりに ;0000;01;;

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.88
54

デジタルシフトに取り組む企業の現場を追った5本の挑戦ドラマ。AI、RPAの企画、導入、開発に役立つ実践的な指南書。 デジタル先進企業の現場で一体何が起きたのか? 七転八起のノンフィクション挑戦ドラマ! 他では読めないデジタルシフト成功の極意が満載! デジタルシフトを進める際の課題は数知れず。何を準備すべきか、どこから手を付けるか、現場にどう根付かせるか、組織体制はどうあるべきか、担当者はどう行動すべきか--。 実践現場やマネジメント層、さらには経営層が抱えるこうした悩みについて、抽象的な教科書や成功をアピールしがちな導入事例本からは答えは得られない。 本書は実在の先進企業、三井住友ファイナンス&リースが数年間にわたって現場とデジタルシフトに取り組んだ挑戦のストーリーをまとめたものである。 AIやRPAの実践エッセンスを、関係者が取るべき具体的なアクションレベルにまでかみ砕いた指南書に仕上げた。 「頼むから、今のやり方、変えんといて」 「使いものになってないよ!いったい何のためのロボットなんだ」 現場は日々忙しい。 その意識を変え、既存の業務プロセスを改め、ついには現場に歓迎され、新ビジネス創出につなげようと苦心する担当者たちを追いかけた5本のストーリー。 そこには共感するだけでなく、彼らが一貫して顧客を向き、ビジネスを起点にテクノロジーを活用していく態度に目を見張るはずである。 同時に現場や担当者を支援し、やる気を引き出す全社的な組織体制づくりはどの企業にも役に立つ極意と言える。 そして、米GEの流れをくむ改善のカルチャーや、先端技術活用に際して内製にこだわる姿勢には多くのヒントを読み取ることができるはずだ。 ■目次 プロローグ Story0 デジタルで勝つ企業への道筋とは Story1 たった一人からのデジタルシフト  解説コラム:デジタルシフトの始動と開発体制 Stroy2 GE流プロセス改善のカルチャーを生かす  解説コラム:プロセス改善を続けるカルチャー Story3 現場を変え人もつくった驚きのRPA導入  解説コラム:RPA導入の極意 Story4 内製で乗り越えたAI開発の壁  解説コラム:AIへの期待と現実 Stroy5 デジタル化の先に新しい価値創出を  解説コラム:デジタルシフトがもたらすもの エピローグ デジタルシフトに取り組む企業の現場を追った5本の挑戦ドラマ。AI、RPAの企画、導入、開発に役立つ実践的な指南書。 プロローグ AIがビジネスの現場をがらりと変えた オペレーター一人ひとりの思いを盛り込む 10年前の悪夢から 【Story0】デジタルで勝つ企業への道筋とは どう改善すればその時間を短くできるのか 計測なくして改善なし 「画像データ、あるやないか!」 顧客に価値をしっかり提供できるよう テクノロジーの内製化と業務の効率化 【Story1】たった一人からのデジタルシフト ブラックボックスをこじ開けろ 「フルスタックエンジニア」の登場 きっかけは「ハッカソン」 ビジネスに寄り添った開発 社内ベンダーにはなりたくない [Story1解説]デジタルシフトの始動と開発体制 【Story2】GE流プロセス改善のカルチャーを生かす 業務の標準化とムダの削減 心を揺さぶったデジタルの威力 顧客にどのような価値が生まれるのか オピニオン・サーベイで改善を後押し 現場目線のアプローチ「デザイン・シンキング」 「ゲリラ戦だな、デジタルは」 [Story2解説]プロセス改善を続けるカルチャー 【Story3】現場を変え人もつくった驚きのRPA導入 変革へのトリガーという予感 やる気を生かす推進体制づくり 「オレたちと、どう連携してくれるの?」 「それがね、視野が広がったというんだよ」 普段は知る機会のない発見 「もう! 面倒くさいなあ!」 8割をカバーできれば十分 自動化前後のプロセス改善も経験 仕事を楽しめる環境づくりへ 「何のためのロボットなんだ!」 「それだけのリソース割く価値、あるの?」 アンバサダーを一人にしない 要件定義書が裏目に出る 幹のエラーと枝葉のエラー 要件定義はプロセス改善だった [Story3解説]RPA導入の極意 【Story4】内製で乗り越えたAI開発の壁 入社後2週間でAI開発進言 「工場みたい!」 10文字のうち9文字で精度9割 AIのエキスパート、社内から登場! 「この転移学習は、使える!」 教師データに思わぬミス ビデオが捉えた現場の笑顔 [Story4解説]AIへの期待と現実 【Story5】デジタル化の先に新しい価値創出を 「エクセルを極めよう!」 「あいつが、なんで!」 顧客にRPAのノウハウ伝授 「このセンサー、何か使えへんかなあ?」 思うように取れないデータ IoTビジネスへの参入を見据える [Story5解説]デジタルシフトがもたらすもの エピローグ 経営層にはモノで伝える 日本企業の強みを生かす 社員共通の価値観 あとがき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.89
54

アカン! DX

木村 岳史
日経BP
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.92
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.94
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.95
54

序章 テクノロジー思考とは 第1章 テクノロジー産業の現在 第2章 イノベーション至上主義と、スタートアップ全盛時代 第3章 次なるフロンティアはどこにあるのか 第4章 データ資本主義社会 第5章 欧州という現代のデータ十字軍 VS データ中央集権企業群 第6章 インド - 復権するテクノロジー大国 - 第7章 中国テクノロジーの正体 第8章 米中テクノロジー冷戦とは結局のところ何か 終章 テクノロジー思考の実践に向けて

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.96
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.97
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.100
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.101
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.103
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.104
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.105
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search