【2023年】「サブスクリプション」のおすすめ 本 28選!人気ランキング

この記事では、「サブスクリプション」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. カスタマーサクセス――サブスクリプション時代に求められる「顧客の成功」10の原則
  2. サブスクリプション――「顧客の成功」が収益を生む新時代のビジネスモデル
  3. THE MODEL(MarkeZine BOOKS) マーケティング・インサイドセールス・営業・カスタマーサクセスの共業プロセス
  4. カスタマーサクセスとは何か――日本企業にこそ必要な「これからの顧客との付き合い方」
  5. サブスクリプション・マーケティング――モノが売れない時代の顧客との関わり方
  6. カスタマーサクセス・プロフェッショナル――顧客の成功を支え、持続的な利益成長をもたらす仕事のすべて
  7. サブスクリプションで売上の壁を超える方法(MarkeZine BOOKS)
  8. 増補改訂版 カスタマーサクセス実行戦略
  9. サブスクリプション2.0 衣食住すべてを飲み込む最新ビジネスモデル
  10. 売上につながる「顧客ロイヤルティ戦略」入門
他18件
No.3
81
みんなのレビュー
SaaS系のプロダクトをどうやってスケールさせていくかの緻密な営業戦略が学べる。このスキームに沿ってほとんどのSaaS企業が営業組織を作っている。SaaS系を目指す経営者やSaaS系で働く会社員は全員読んでおいて損しない1冊。
No.7
70

サブスクリプションの事業・組織のつくり方から具体的なマーケティングの打ち手までを徹底解説。 サブスクリプションとは、 「顧客が商品・サービスを使い続けたい気持ちをつくること」です。 言葉にすると何気ないようですが、 これが売上の壁となって 私たちの目の前に立ちはだかります。 でも実はこの壁、 マーケティングで突破できます。 本書ではサブスクリプションとマーケティングの 基本的な考え方を押さえたあと、 実際にどう事業をつくっていけばいいのか、 どんなKPIが適切で有用なのかを紹介します。 そして事業計画や顧客中心の組織のつくり方を解説し、 サブスクリプションの要点を順序立てて 理解していくことができる構成になっています。 「サブスクリプションをはじめたい」 「サブスクリプションをやっているがうまくいかない」 「サブスクリプションのビジネスをもっと成長させたい」 このような思いを抱いている方にとって、 本書は入門書でありながら、目の前の課題を解決するヒントに満ちた サブスクリプションの新しい実践書です。 【著者紹介】 西井敏恭(にしい・としやす) 1975年5月福井県生まれ。 WEBの面白さに惹かれて 2003年頃からEC企業にてマーケティングに取り組む傍ら、 旅行を続けて訪問した国は140か国以上。 世界一周したデジタルマーケティングのプロとして、 ad:techをはじめ全国での講演、メディア掲載なども多数。 株式会社シンクロでは代表として、主に大手企業のデジタルマーケティングや、 スタートアップ企業のサブスクリプションなどをサポート。 マーケティングの教育事業「Co-Learning(コラーニング)」なども展開。 オイシックス・ラ・大地では執行役員としてサブスクリプションモデルのEC戦略を担当。 2019年より、ロボットベンチャーGROOVE X株式会社のCMOも兼務。 主な著書に『デジタルマーケティングで売上の壁を超える方法』(翔泳社)がある。 【目次】 第1章 サブスクリプションとは何か 第2章 サブスクリプション・マーケティングとは 第3章 サブスクリプションの事業のつくり方 第4章 サブスクリプションのKPI 第5章 サブスクリプションの事業計画を立てる 第6章 顧客中心の組織をつくる 終章 サブスクリプションとこれからのマーケティング 第1章 サブスクリプションとは何か  サブスクリプションの定義  サブスクリプションは月額定額制ではない  すべての企業にサブスクリプションの可能性がある  まとめ 第2章 サブスクリプション・マーケティングとは  マーケティングが変わる  「買う」から「利用する」への変化  データ活用による顧客体験の改善  顧客と企業による成功の共創  まとめ 第3章 サブスクリプションの事業のつくり方  サブスクリプションは3つに分類できる  サブスクリプションの事業をつくるフレームワーク  サブスクリプションの拡大を促す3ステップ  顧客に暮らしを提案できているか  顧客の成功体験をアップデートできているか  まとめ 第4章 サブスクリプションのKPI  サブスクリプションのKPIの考え方  会員数の考え方  稼働率の考え方  単価の考え方  解約率を下げる方法  見過ごされがちなカスタマーサポートの役割  まとめ 第5章 サブスクリプションの事業計画を立てる  未来を映すサブスクリプションの事業計画  サブスクリプションの事業計画の立て方  広告費はどのように計算するのか  まとめ 第6章 顧客中心の組織をつくる  従来型組織とサブスクリプション型組織の違い  各部署のプロをつなぐサービス進化チーム  組織とブランディングの幸せな関係  まとめ 終章 サブスクリプションとこれからのマーケティング  サブスクリプションがベストか  サブスクリプションで売上の壁を超える5つのポイント  これからのマーケティング

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
64

■大手メーカー続々参入、進化系「サブスク2.0」時代へ 定額で使い放題――通話料などで設定されていた「サブスクリプション」型のサービスが今、モノの販売手法として急速に拡大している。トヨタ、キリン、パナソニックなど業界大手がこぞって参入、旧来の頒布会モデルなどを「サブスク1.0」とするなら、「メーカー参入」「シェア型」「個別カスタマイズ化」という特徴を持つ新サービスは「サブスク2.0」へと進化を遂げている。 ■24社の試行錯誤と特別講座で、最新事情がすべてわかる! サブスク2.0の最前線を「衣」「食」「住」「動」「楽」の5分野で徹底取材。撤退企業を含む24社の試行錯誤から、サブスクビジネスの勘所を学ぶ。さらに、第一人者による特別講座を収録、事業成功の法則を詳解する。 Chapter01 衣 高級バッグ借り放題「ラクサス」、継続率95%支える“一発退場” 洋服借り放題の先駆「メチャカリ」、黒字化への苦節3年 レナウンが挑む定額制スーツ、「着ルダケ」成功への3指針 200万円の腕時計が月額2万円の「KARITOKE」、家庭在庫も発掘 眼鏡ファンを増やせ! 「ニナル」が月額2100円で開拓へ 利用者がデザインを増やす、定額ネイルシール「YourNail」 衣料レンタルの「airCloset」、コラボのプラットフォームに Chapter02 食 金の蔵、月4000円「飲み放題定期券」で脱グルメサイトへ キリンの月額制ビール「ホームタップ」、仕様改善1年の苦闘 なぜパナソニックがコーヒー焙煎か、「The Roast」の深慮 野菜の定期宅配、先駆者オイシックスは「マスは狙わない」 Chapter03 住 月4万円で全国13拠点に居住、空き家問題に挑む「ADDress」 家具もサブスク、「subsclife」はビジネス需要も視野に 月額制シャンプー「MEDULLA」、倒産目前からの復活 メニコン「メルスプラン」、コンタクトレンズ会員130万人 Chapter04 動 トヨタが新車の月額制「KINTO」、構想1年で高速参入の理由 拠点急増の日産「e-シェアモビ」、狙いは「採算より接点」 ボルボ「セレクトスマボ」、新車でつないで中古もフル回転 “継続率100%”タイヤを売らずに稼ぐブリヂストンの「TPP」 Chapter05 楽 ネット動画配信「U-NEXT」、海外大手の大攻勢に対抗策は 女性専用セルフエステ「BODY ARCHI」、スピード経営の勝算 Chapter06 撤退の研究 スーツレンタル半年で撤退、AOKIが直面した「4つの想定外」 カミソリ、日本酒……撤退企業が明かす成否の分かれ目 Chapter07 特別講座 サブスクリプション成功のための5つの要点 寄稿 ?川謙(CustomerPerspective代表取締役)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
58

国内外43社の豊富なサブスクリプション事例を紹介 本書は、サブスクリプション・ビジネスの事例を国内外から多数集め、現代サブスクリプションの本質を抽出し、明らかにするものです。 国内事例は24社、海外事例は19社、計43社のサブスクリプション・ビジネスの事例を集めています。特に国内事例は取材により、そのビジネスの仕組みや業界固有の課題をどのように乗り越えているかなどを明らかにしています。 また現代のサブスクリプションは、ITと物流システムの構築が大変に重要であり、ビジネスの成否を握る鍵になっています。そこで本書では、物流やITシステムを担う事業者の紹介も行っています。 序章 今、なぜサブスクリプションに注目が集まっているのか  Part1 サブスクリプションとは何か  Part2 サブスクリプションを進化させた3つの要因  Part3 企業側のメリット・デメリット 第1章 サブスクリプション・ビジネスのコンセプトと形態  Part1 サブスクリプションを支える4つのコンセプト  Part2 新しいサブスクリプション・ビジネスの形態 第2章 事例で学ぶサブスクリプション(国内編)   SmartHR   (クラウド人事労務ソフト)   オフィスおかん   (法人向け置き型社食サービス)   Adobe Creative Cloud   (パッケージ販売からクラウド・サブスク化に全面転換)   弁護士ドットコム   (月額費用の弁護士マーケティング支援サービス)   A-SaaS   (税理士を支える税務・会計・給与のクラウドシステム)   マネーフォワード クラウド   (バックオフィス業務用の定額クラウドサービス)  Part2 ファッション   airCloset   (女性向け月額ファッションレンタル)   Sparklebox   (定額制ジュエリー借り放題サービス)   Laxus   (月額定額制の高級バッグ無制限・使い放題サービス)   メチャカリ   (月額定額制の洋服借り放題サービス)   着ルダケ   (月額制スーツレンタルサービス)  Part3 エンターテイメント・メディア   U-NEXT   (定額のオールインワン・エンターテインメントサービス)   sonar-u   (定額制ライブ行き放題サービス)   NewsPicks   (経済情報に特化したソーシャル経済メディア)  Part4 ライフスタイル   Rentio   (カメラ、家電のレンタル&サブスクリプション・サービス)   subsclife   (家具のサブスクリプション・サービス)   SmartDrive Cars   (走行内容を見守るコネクテッドカー・サービス)   霽れと褻   (花と新聞の定期便サービス)  Part5 美容・コスメ   MEZON   (シャンプー・ブロー、ヘアケア通い放題の美容定額サービス)   BLOOMBOX   (定額のビューティープロダクト配送サービス)   MEDULLA   (定期配送型カスタマイズシャンプー) 第3章 事例で学ぶサブスクリプション(海外編)  化粧品   LoveLula Beauty Box/BIRCHBOX/GLOSSYBOX  アンダーウェア、洋服   Me-Undies/Panty by Post/Trunk Club  カルチャー系   Just the Right Book/Papirmass/Stack Magazines  スイーツ、嗜好品、食材   VINEBOX/Cra Co ee/Abel&Cole/Farm Fresh to You/Graze   Hotel Chocolat/MilkMade Ice Cream/Pressed Juicery  日用品、子供用品   Little Passports/Doller Shave Club 第4章 サブスクリプションを支える物流システム、ITシステム  minikura+  (サブスクリプションの物流をトータルサポート)  サブスクストア  (定額で使えるサブスクシステムのフルパッケージ)  AXLGEAR  (契約・課金などの販売管理システム) 第5章 サブスクリプション・ビジネスで成功するための方法

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
57

★注目ビジネスモデル「サブスク」待望の実践書! 「ONB(お得・悩み解決・便利)」を満たして事業を「着実に」成長させよう! 顧客に選ばれ続け、安定した収益を上げ続ける仕組みはどうすれば作れるのだろう? 食品通販からIT企業まで1000社以上のサブスクリプション化を支援してきた著者がわかりやすく語る、日本企業のためのサブスク実践ガイド。 (構成) 1.サブスクリプションビジネスとは何か 2.サブスクリプション4つのモデル 3.サブスクリプション成功の鉄則 4.成長企業はどのように実践しているのか 5.サブスクリプション社会の到来 (掲載事例) 富士山マガジンサービス(雑誌の定期購入) MEJ「AGEST」(エイジングケアブランド) エアークローゼット(ファッションレンタルサービス) ネオキャリア「jinjer」(HRプラットフォーム) 大嶌屋(食品通販) 顧客に選ばれ続け、安定した収益を上げ続ける仕組みはどうすれば作れるのだろう? 食品からITまで1000社以上のサブスクリプション化を支援してきた著者が語る、日本企業のためのサブスク実践ガイド。 CHAPTER 1 サブスクリプションビジネスとは何か サブスクリプションとは何か あらゆる分野で広がるサブスクリプション なぜサブスクリプションが重要なのか? サブスクリプションは決して「他人事」ではない 日本におけるサブスクリプション CHAPTER 2 サブスクリプション4つのモデル サブスクリプションの4つのモデル (1)定期購入モデル (2)頒布会モデル (3)会員制モデル (4)レコメンドモデル 日本と海外との違い CHAPTER 3 サブスクリプション成功の鉄則 「顧客にとっての価値」とは 成功の鉄則は「お得・悩み解決・便利」 (1)プランニング (2)基本設計 (3)販売促進(マーケティング)設計 (4)会員管理設計、リピート施策設計 (5)定点観測と改善 CHAPTER 4 成長企業はどのように実践しているのか 事例1 富士山マガジンサービス ――古い業界にサブスクリプションで新たなプラットフォームを築く 事例2 MEJ ――徹底した顧客志向と分析で成長するヘルスケア通販 事例3 エアークローゼット ――個人の趣味嗜好にシェアリングエコノミーで応える 事例4 ネオキャリア「jinjer」 ――サービス品質と大胆な投資で拡大するプラットフォーム 事例5 大嶌屋 ――99%は電話! 細やかな顧客対応で躍進する食品通販 CHAPTER 5 サブスクリプション社会の到来 大切なのは、顧客本位のサービスやプロダクト おわりに

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
57

「製品を売るのではなく結果を売る」サブスクリプションのビジネスが急速に拡大しています。所有から利用へという顧客の意識変革が進むなか、企業にとっても継続した収入が見込めることは魅力的です。デジタルコンテンツ・ソフトウェアはもちろん、モビリティやファッション、外食、不動産、サービスと採用する業界が広がり、製造業まで導入を模索しています。先駆例・成功例・先進例の研究から、いまチャンスがある業界はどこか、実際に自分のかかわる事業分野で成功させるために必要なマーケティング戦略、顧客とのエンゲージメントの確立、継続的な運営と成長のノウハウなど、これ1冊でビジネスモデル大転換期のサブスクリプション事業のいまと将来の展望がわかります。 ■Chapter1:いま注目! 新世代の継続課金ビジネス 001 話題のサブスクリプションとは? 002 古くて新しい新聞の定期購読からパケ・ホーダイまで 003 デジタルトランスフォーメーションが普及の後押しに 004 モノの所有から価値の利用へという意識変革が浸透 005 いつも最新の製品が利用でき、顧客満足が向上 006 一時の高額出費より心理抵抗が低い「薄く長く」の課金 007 使い放題でなぜ利益が出る? 収益構造のカラクリ 008 機能のアップデートで利用者との関係性をつなぐ 009 使っても使わなくても事業者は継続的な収入が見込める 010 現状維持バイアスで他社への乗り換えを防げる 011 高い利益率と再投資によるスケーリングのチャンス 012 初期投資から回収までのリードタイムがかかる Column サブスクリプションとリカーリングの違い ■Chapter2:すでに主流に! サブスクビジネスの先進・成功例 013 最新ソフトがいつでも使える~AdobeとMicrosoft 014 アメリカではテレビより視聴時間が長い~Net? ix、Hulu 015 音楽はストリーミングが当然に~Spotify、Apple Music 016 無限の本棚から選ぶ~Kindle Unlimited、dマガジン 017 新聞は紙からネットへ~ニューヨーク・タイムズ 018 家電は買わずに最新モデルを利用~Dyson、iRobot 019 ファッションはおしゃれ服からスーツまで~STITCH FIX、airCloset 020 ブランドバッグもコスメも使い放題~Laxus、RAXY、BLOOMBOX 021 都市部では車を持たずにカーシェア~タイムズカーシェア 022 トヨタとホンダが手を結ぶ「MaaS」の未来戦略 023 空の旅も定額で自由に使い放題~Surf Air 024 ラーメンもフレンチも定額で食べ放題、フードロスの削減も 025 気に入った家具を選んで部屋を自由に模様替え 026 教育や習い事も定額で~英会話スクール、ジム 027 建設機械もサブスクリプションで効率的に~コマツ Column スタイリストがユーザーの服をコーディネート ■Chapter3:ここにチャンス! サブスクマーケットの分析 028 面倒な毎回の購入が解消される定期購入性 029 即応した成果を生み出す成果重視性 030 修理・維持を気にしなくてよいメンテナンス性 031 不定期かつ、いつでも利用できるランダム性 032 長く継続して利用されるインフラ性 033 最新のものを利用しやすいアップデート性 034 いざというときの安心を買う保険性 035 オンライン管理に適したデジタル性 036 常に流行や変化に応えるファッション性 037 従来よりコストを低下させる経済性 Column 日本人の約7割がサブスクリプションに好意的 ■Chapter4:失敗しない! サブスクビジネス実践の基本 038 顧客満足と継続利益でWin-Winの関係を目指す 039 顧客とのエンゲージメントを確立する 040 開発・営業・財務まで組織を横断する 041 デジタルトランスフォーメーションで新たな価値を見いだす 042 利用者から集めたビッグデータを活用する 043 利用者の不満を吸い上げるシステムを作る 044 迅速なフィードバックで製品・サービスを改善する 045 損益計算の基本となるユニットエコノミクス 046 LTVを最大化するように価格を決める 047 経済合理性を算出しにくいビジネスにする 048 業種によってサブスクビジネスのやり方は異なる Column 新しい顧客層への挑戦・海外展開を考える ■Chapter5:顧客の心をつかむ! BtoCサブスク成功の法則 049 フリーミアム戦略で初期ユーザー数を獲得する 050 有料転換の鍵となるプラン作成と価格設定 051 紹介プログラムで利用者の輪を広げる 052 解約と更新をスムーズにさせる 053 利用者とのコミュニケーションでチャーン率を抑える 054 利用者のコミュニティで結び付きを強化する Column クレーマーにはどう対処する? ■Chapter6:大きな可能性! BtoBサブスク成功の法則 055 BtoCから攻めてBtoBへ拡大できるケースは少ない 056 既存顧客のエンゲージメント強化が大切 057 顧客とのタッチポイントのデジタル化が急務 058 クロスセル・アップセルをたくみに仕掛ける 059 製品ではなくパッケージプランで売る 060 トライアル期間やオウンドメディア運営で認知を高める 061 販売代理店を活かしてサブスクリプションを卸し売る Column 「SMARTサブスクリプション」とは ■Chapter7:新たな価値へ! 進化するサブスクのかたち 062 既存の勢力図を塗り替えるサブスクリプション情勢 063 サブスク市場でも消費者の予算の獲得競争が激化 064 パーソナライズの強化で独自の無形価値を提供する 065 モノからコトへ、そして新たな価値へ 066 サービスどうしの連携でスムーズな利用が可能に 067 ライフスタイルに合わせたサービス群の最適化へ 付録 サブスクリプション関連企業リスト

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
56

本書は、サブスクリプション・ビジネスの事例を国内外から多数集め、現代型サブスクリプションの本質を抽出し、明らかにするものです。国内22社、海外27社の計49社の事例を通じて解説していきます。特に国内事例は取材により、そのビジネスの仕組みや業界固有の課題をどのように乗り越えているかなどを明らかにしています。 本書はサブスクリプション・ビジネスを、国内外47社の事例を通じてその本質を抽出し、明らかにするものです。特に第2版では、新型コロナ禍での継続・長期利用の秘訣について深く解説しています。 第1章 なぜサブスクリプションは成長を続けているのか  Part1 拡大するサブスクリプション市場  Part2 サブスクリプションを進化させた3つの要因  Part3 新型コロナはどのような影響を与えたのか 第2章 サブスクリプション・ビジネスのコンセプトと形態  Part1 サブスクリプションを支える4つのコンセプト  Part2 新しいサブスクリプション・ビジネスの形態 第3章 事例で学ぶサブスクリプション(国内編)  Part1 ビジネス編   SmartHR(クラウド人事労務ソフト)   オフィスおかん(法人向け置き型社食サービス)   Adobe Creative Cloud(クリエイティブ系アプリ&サービス)   弁護士ドットコム(弁護士マーケティング支援サービス)   マネーフォワード クラウド(バックオフィス業務用クラウドサービス)  Part2 ファッション・コスメ編   airCloset(ファッションレンタルサービス)   Sparklebox(アクセサリーレンタルサービス)   Laxus(高級バッグレンタルサービス)   メチャカリ(ファッションレンタルサービス)   BLOOMBOX(ビューティープロダクト配送サービス)  Part3 学習編   スタディサプリENGLISH(英語学習サービス)   GLOBIS 学び放題(ビジネス系学習サービス)  Part4 ライフスタイル編   Rentio(カメラ、家電のレンタル&サブスクサービス)   メルスプラン(コンタクトレンズのサブスクリプション)   subsclife(家具のサブスクリプション・サービス)   CLAS(家具・家電のサブスクリプション・サービス)   U-NEXT(オールインワン・エンターテインメント・サービス)   KINTO(自動車サブスクリプション)   トイサブ!(知育玩具、おもちゃサブスクリプション)   Oisix(食品の会員制・定期宅配サービス)   ADDress(多拠点居住を実現するサブスクリプション)   手ぶら登園(保育園での紙おむつのサブスクリプション) 第4章 事例で学ぶサブスクリプション(海外編)  化粧品、美容   IPSY/Allure Beauty Box/Doller Shave Club/Harry’s  ファッション   STITCH FIX/MENLO CLUB/ROCKETS OF AWESOME/Adore Me  ペット   BARK BOX/CatLadyBox  フード&ドリンク   universal yums/Winc/Blue Apron/Hello Fresh/ATLAS COFFEE CLUB  子供用品、学習   KiwiCo/MEL Science/Slime Box Club  エンターテインメント、メディア、カルチャー   Disney+/Book of the Month/CLOTH&PAPER/Just the right book/Stack/Apple Arcade/The New York Times  自動車   ボルボ/ポルシェ 第5章 サブスクリプション・ビジネスで成功するための方法

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
56

急成長サブスクリプション企業「チームスピリット」社長初の書き下ろし。 日本発、クラウドベンチャーの雄「チームスピリット」創業者がSaas/サブスクリプションが急成長する仕組みを徹底解説! デジタルトランスフォーメーション(DX)の波が押し寄せ、 新しいテクノロジー、ビジネスモデルによるサービス化の流れがすべての産業を変革しようとしています、 本書は、こうしたDXの時代を牽引するビジネス SaaS/サブスクリプションを解説するとともに DXの時代に必要な、新しいビジネスを生み出すための 新しい働き方、生産性や創造性についての 考え方を紹介します。 SaaS/サブスクリプションを導入し、企業を変革しようとする方、新しいビジネスモデルで、自社を大きく飛躍させようという方におすすめします。 ◎本書の内容 DXは新しい技術、サービス化、新しいビジネスモデルでできている なぜすべての企業が存続をかけてDXに取り組む必要があるのか デジタイズ→DXには大きな谷がありスタートアップのような大きな飛躍が必要 IT業界のDX=「SaaS/サブスクリプションのビジネスモデル」 SaaS/サブスクリプションが「すごい成長」をする仕組み これからの生産性、創造性を開拓するための思考法と方程式 本書は以下の四部から構成されています。 第一部:DXについて、DXの要諦となる三つの要素の視点から紹介するとともに、SaaS/サブスクリプションというビジネスモデルとの関係を考えます。 第二部:SaaS/サブスクリプションがなぜ急成長するのかについて、三つの公式を使い、ビジネスモデルの経済的な側面から説明します。会計上はつかまえにくい「隠れた価値」やLTVという見えない資産からサブスクリプションを解説します。 第三部:SaaS/サブスクリプションのプロダクトの作り方と、私たちがさらに創造性を高めるためにはどうするべきかについて解説します。DXがもたらす働き方の変化と次の時代の生産性と創造性について考察します。 第四部:SaaS/サブスクリプションのビジネスモデルにどのようにトランスフォームしたのか、どのように成長させたのか、チームスピリットの事例を紹介します。今後、新しい事業を企画される方に、日本のスタートアップ企業の経験を通じて、なるべく実践的な方法論をお伝えします。 ■第1部 デジタルトランスフォーメーション(DX)への構想 第1章 DXとサービス化  実店舗をデジタル化するAmazon GO  サービス化するビジネス  IT産業が提供する価値の変化=「SaaS」 ■第2部 SaaS/サブスクリプションの価値 第2章 SaaS/サブスクリプションとは何か  SaaS/サブスクリプションが「すごい成長」をする仕組み  SaaS/サブスクリプションの三つの公式  高く仕入れて安く売れ  カスタマーサクセスのための「アジャイル開発」  課金方式としてのサブスクリプションは成長エンジン  はじめ投資家の理解は得られなかった  サブスクリプションと五つの勘定科目  「売上」が小さく見えるサブスクリプションの罠  2年目は売上の三角が四角になる  新規売上にフォーカスすれば全体が伸びる  サブスクリプションは先行優位のビジネスモデル  経営管理の難しさと参入障壁  サブスクリプションの「隠れた価値」  LTVこそが見えない資産であり、成長の源泉  解約率マイナスが理想の姿  セールスフォース・ドットコムの戦略からのヒント 第3章 SaaS/サブスクリプションの事業開発  TeamSpiritを、どうやって創造したのか  ERPのフロントウェアとしてのポジショニング  SoR、SoEの時代  クラウドERPとのポジショニングの違い  《コラム》経産省が警鐘を鳴らす「2025年の崖」 ■第3部 DX時代の働き方・生産性・創造性 第4章 なぜ「働き方改革」のためにDXが必要なのか  働き方改革を阻む4つのジレンマを解消するために  勤怠管理のジレンマ  経費精算のジレンマ  原価管理のジレンマ  決裁権限のジレンマ  内部統制に関わるジレンマを解決する 第5章 DX時代の生産性の方程式  日本の生産性が低いという現実  労働時間を直接時間と間接時間で考える  創造性のネック=間接業務を圧縮せよ  働き手の工数を削減する思想でシステム化する  創造的な仕事にするための3段階。手作業、仕組み化、パラダイム・チェンジ  成果主義と長時間労働の弊害  ビジネスモデルの改善はなぜ難しいのか 第6章 創造性とビジネスモデル  斧を研ぐ時間を創れ  上流に遡り仕事を再定義する  思考原則1:既存のカテゴリーを壊す  思考原則2:クワドラント(4象限)で考える  思考原則3:高い目標を掲げギャップを埋める  目的実現ツールとしてのTeamSpirit  めざす姿を明確に記述して、タスクに落とし込む  業務効率化から、さらにその先をめざして  SaaSだからこそ、考えなければいけないこと ■第4部 チームスピリットの軌跡 第7章 すべては起業後の出会いから学んだ──チームスピリットのストーリー  「やらされること」に反発していた  将来が見えずに選んだデザインの道  デザインの才能がないことに気づいた社会人1年目  誰もやっていないことを「やるしかなかった」  プログラマーとしても挫折。でもわずかに見えた光明  セミナーを成功させるために100万円の投資  パソコン通信をきっかけに起業への決意を固める  「やってはいけない」をやってしまった最初の起業  自分がやりたいことをやろうと一人で再起  プロデューサーとして、東芝のプロジェクトを担当  銀行のリスク量算出システムを開発  クラウドサービスとの衝撃的な出会い  セールスフォース・ドットコムからの想定外のオファー  「TeamSpirit」の前身となる「アッと@勤務」  勤怠管理と経費精算を一つのシステムに  働き方の見直しで受託をストップ  投資家探し  日本企業からの厳しい要件に対応して品質アップ  上場へ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
56

同じ顧客が相手でも、「モノ売り」とはちがうビジネスモデルを作らなければうまくいかない。サブスク成功のポイントを具体的に解説。 なぜ、企画倒れに終わるのか。 「モノ売り」とは本質的に異なるビジネスモデルに転換する方法を解説 最近、「モノ売り」の会社がこぞって「サブスクリプション始めます」 もしくは「リカーリングビジネス始めます」などの事業方針を唱えている。 しかし、とりあえず始めてみたけれど儲からない、 顧客がすぐに離れてしまう、といった問題を抱えて開店休業状態の企業も多い。 「モノを売る」こととサブスクリプションのビジネスモデルとでは、 組織の役割や業務プロセス、経営管理指標、システム、顧客分析手法、決済方法など、 すべてにわたって異なっている。 同じ顧客を相手にしているようで、まったくちがった発想ややり方が必要になるのである。 本書は、いま話題のサブスクリプション経営につき、 従来のビジネスモデルとどこが異なるのか、 どうすればうまくいくのかをコンパクトに解説した入門書である。 先端の成功事例を取り上げながら、そのポイントを具体的に紹介する。 著者はデロイトのテクノロジー担当の執行役員で、 旧来型メーカーがサブスクリプションモデルに転換するためのコンサルティングを多数行っている。 本書でもそうした経験を生かした実戦的な解説を行う。 第1章 サブスクリプションが注目される理由 第2章 各業界への広がり 第3章 変革成功のためのポイント 第4章 サブスクリプション・ビジネスを支えるIT基盤 第5章 変革プロジェクトの推進手順 第6章 日本企業が成功するために

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
56

あらゆる組織に適用できるプロダクトマネジメントの原則を紹介。目標を達成しつつ、顧客が必要とする機能をリリースする方法を紹介。 プロダクトマネジメントの原則と考え方、ポイントについて解説! あらゆる規模の組織に適用できるプロダクトマネジメントの原則についての書籍です。リリースにばかり焦点を当てると、顧客のニーズではなく、スケジュールを重視して不必要な機能を作りだしてしまいます。このような状態を本書では「ビルドトラップ」と呼んでいます。本書では、プロダクトマネジメントの基礎を築くことで、企業がビジネス目標を達成しながら、顧客が必要とする機能をリリースする方法を紹介して、「ビルドトラップ」を避ける方法を解説します。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
56

現代型サブスクリプションの隆盛を支える消費志向の変化や物流の進歩、デジタル技術の活用など、をイラストや図版を使って解説。 動画や音楽の定額配信サービスなどで注目を集めるサブスクリプション・ビジネスは、近年、あらゆる業種・業態に広がりを見せている。この「現代型サブスクリプション」の隆盛を支える消費志向の変化や物流の進歩、AI、IoT、5Gに代表されるデジタル技術の活用などを、イラストや図版を使ってやさしく解説する。話題のビジネスモデルと先端科学技術の関係を知りたいという知的好奇心に応えるシリーズ第7弾。 話題のビジネスモデル「現代型サブスクリプション」の隆盛を支える消費志向の変化や物流の進歩、デジタル技術の活用などを、イラストや図版を使ってやさしく解説。 はじめに ◇Chapter1 サブスクリプション・サービスの変遷 サブスクリプションとは何か 消費志向の変化に合致する現代型サブスクリプション IT、インターネットの進化が与える影響 現代型サブスクリプションを支える物流の進歩 リースやレンタル、シェアリングとの違い 企業での利用が進むクラウド・SaaS型サブスクリプション データ活用で進化するレコメンド型サブスクリプション 顧客満足度を高めるデータドリブン型サブスクリプション 動画や音楽配信で成長するネット配信型サブスクリプション 「見放題」に代表されるUnlimited型サブスクリプション ◇Chapter2 現代型サブスクリプションを支えるデジタルテクノロジー コンピューターの利用方法を変えるクラウド 顧客獲得の精度を上げるネットマーケティング レコメンデーションを進化させる機械学習 ディープラーニングによるサブスクリプションの進化 物を介在させてデータを収集・分析するIoT 屋外でのデータ利用を革新する5G 多頻度・多品種の配送を支える物流システム ITで交通手段を統合するMaaS ビッグデータの分析によるデータドリブン ◇Chapter3 サブスクリプション・ビジネスの構造 サブスクリプション事業者が得る3つのメリット サブスクリプション・ビジネスにおけるデメリットとリスク サブスクリプション・ビジネスの成否を分ける要因 サブスクリプション・ビジネスを成功に導く基本7項目 参入市場と対象顧客の明確化 提供する価値と料金設定 商品調達と物流の構築 全社体制と競合差別化 ユニットエコノミクスと事業性の見極め ◇Chapter4 広がりを見せるサブスクリプション・サービス 生活を支援するサブスクリプションの現状① 生活を支援するサブスクリプションの現状② 日常生活の楽しみを広げるデジタルサービスの現状 日常生活の楽しみを広げるリアルサービスの現状 ビジネスを支援するクラウド・SaaS型サービスの現状 ◇Chapter5 サブスクリプションで変わる新しい社会 サブスクリプションを利用するメリット サブスクリプションがもたらすデメリット 生活に役立つサブスクリプションの利用方法 ビジネスに役立つサブスクリプションの利用方法 サブスクリプションを進化させるデジタルテクノロジー サブスクリプションを変革するエンターテインメント さくいん 参考書籍

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
56

INSPIRED 熱狂させる製品を生み出すプロダクトマネジメント

マーティ・ケーガン
日本能率協会マネジメントセンター

GAFAや最新技術で市場をリードする企業が、成功する製品の企画、開発、提供をする方法「プロダクトマネジメント」を解説する。 ★プロダクトマネジャーのバイブル ★大幅な書き直しをした2ND EDITION 日本に足りないのはプロダクトマネジャーだ! Amazon, Apple, Google, Facebook, Netflix, Teslaなど、最新技術で市場をリードする企業の勢いが止まらない。 はたして、かれらはどのようにして世界中の顧客が欲しがる製品を企画、開発、そして提供しているのか。 本書はシリコンバレーで行われている「プロダクトマネジメント」の手法を紹介する。 著者のマーティ・ケーガンは、成功する製品を開発するために ・どのように組織を構成し ・新しい製品を発見し ・適切な顧客に届けるのか を、具体的な例を交えながら詳細に説明する。 ★新規事業にもつかえる「製品開発手法」 ★企業の段階にあわせた「目指すべきゴール」 ★開発チームに必要な「メンバー構成と役割」 ★開発チームを導く「製品開発ロードマップに代わるもの」 ★開発プロセスに必要な「コンビネーション」 ★プロダクトマネジャーの最大の責任である「製品の発見」 ★製品発見のための「コンセプト考案のテクニック」 ★実は多種多様な「プロトタイプのテクニック」 ★真価を問う「テストのテクニック」 ★チームに変化を起こす「トランスフォーメーションのテクニック」 ★イノベーションを止めないための「スケールアップの手法」 ★イノベーションやスピードが失われる「最大の理由」 ★「強い製品開発文化」とは Adobe、Apple、BBC、Google、Microsoft、Netflixの、今日最も成功を収めているプロダクトマネジャーとそのテクノロジーを活用した製品企業のプロファイルも紹介。 スタートアップ企業から、成長企業、世界的な大企業まで、多くの読者に対応し、学習した情報をいますぐ自分の組織内で活用して、製品と製品開発組織を劇的に改善できる! プロダクトマネジャー、エンジニアはもとより経営者、スタートアップ、新規事業開発担当も必読! GAFAや最新技術で市場をリードする企業が、成功する製品の企画、開発、提供をする方法「プロダクトマネジメント」を解説する。 PART 1 一流IT企業から学んだこと PART 2 適切な人材 製品開発チーム スケールアップにおける人 PART 3 適切な製品 製品開発ロードマップ 製品ビジョン 製品の目標 スケールアップにおける製品 PART 4 適切なプロセス 製品の発見 発見のフレーミングテクニック 発見のプランニングテクニック 発見のアイディエーションテクニック 発見のプロトタイピングテクニック 発見のテストテクニック トランスフォーメーションのテクニック スケールアップにおけるプロセス PART 5 適切な文化

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
56

SaaSバイブル本の登場!SaaSを立ち上げるノウハウがここにある! SaaSの立ち上げに携わるすべての人に捧ぐ!SaaSの検討開始からリリースまでの羅針盤! 【本書の内容】 プロダクトマネージャとしてfreeeで新規SaaSを立ち上げた軌跡を丁寧に体系化した必読書!著者が戦略コンサルティングファーム2社で培った経営戦略の視点や、スタートアップ/ベンチャー3社でのプロダクトマネージャとしての経験を元に企画検討から最終的にプロダクトとしてリリースするまでを網羅的に解説。 freee株式会社 CEO 佐々木大輔氏推薦!「SaaSを立ち上げるすべての人の心の拠り所!」 【本書の特徴】 すでに国内でもSaaSという言葉をよく目にするようになった。その波に乗ろうと、SaaSの立ち上げに取り組む企業も多い。しかし、その立ち上げ方は各社が独自の手法で手探りで推進しているのが実情である。 このような現状を打破すべく、著者がSaaSの本質に立ち返り、大きく変容したソフトウェアビジネスを前提に、SaaSの立ち上げ方を体系化している。昨今、SaaSと並んで取り上げられるサブスクリプションに焦点を当てるのではなく、SaaSの文言通り、サービスとしてソフトウェアを提供することに主眼を置き、その立ち上げ方を整理している。 本書ではSaaSの立ち上げを、大きく4つのフェーズ(事前/深掘り調査とプロトタイプ、開発、ゴー・トゥ・マーケット戦略、リリース)に分けて、非常に多岐に渡る検討内容や注意点を丁寧に説明し尽くしている。また、プロダクトマネージャの視点から整理を試みているが、エンジニア、デザイナーがオーナーとなるべき検討事項はもちろん、ビジネスサイドが中心になって進めるべきプライシング、事業計画、販売戦略などのゴー・トゥ・マーケット戦略についても、できる限り網羅性を担保した構成となっている。 最後に、実際著者がSaaSをプロダクトマネージャとして立ち上げる軌跡をベースにしており、SaaSの立ち上げの現場で明日から使える示唆・ノウハウに富んでいる。 【対象読者】 ・SaaSの立ち上げや、既存事業のSaaS化などにかかわっているプロダクトマネージャ、エンジニアやデザイナーなどのプロダクトサイドの担当者や責任者 ・SaaSのマーケティングやセールスなどのビジネスサイドに従事されている人 ・SaaSの立ち上げやSaaS化を推進したい経営者 【著者プロフィール】 宮田 善孝(みやた・よしたか) freee株式会社 VP of Product Management / 日本CPO協会理事 2019年にfreeeに入社し、新規事業と会計freeeのコア機能のプロダクトマネジメントを統括し、2021年1月より現職。 京都大学法学部卒業。米国公認会計士。 ■Part 1|SaaSを取り巻く環境 Chapter 1|SaaSの概要 Chapter 2|SaaSの優位性 Chapter 3|SaaSの評価方法 Chapter 4|まとめ ■Part 2|SaaS構築の全体像 Chapter 1|SaaSを立ち上げるためのフェーズと体制 Chapter 2|目標設定 Chapter 3|プロダクトマネージャとは Chapter 4|まとめ ■Part 3|事前/深掘り調査とプロトタイプ Chapter 1|事前/深掘り調査とプロトタイプの概要 Chapter 2|事前調査 Chapter 3|深掘り調査 Chapter 4|プロトタイプ Chapter 5|開発投資判断 Chapter 6|まとめ ■Part 4|開発 Chapter 1|開発の概要 Chapter 2|デザイン Chapter 3|機能要件の開発 Chapter 4|非機能要件の開発や対応 Chapter 5|QA Chapter 6|まとめ ■Part 5|ゴー・トゥ・マーケット戦略 Chapter 1|ゴー・トゥ・マーケット戦略の概要 Chapter 2|プライシング Chapter 3|事業計画 Chapter 4|販売戦略 Chapter 5|販売戦略実現に向けた準備 Chapter 6|リーガル対応 Chapter 7|コミュニケーションのデザイン Chapter 8|まとめ ■Part 6|リリース Chapter 1|リリースの概要 Chapter 2|リリースの事前準備 Chapter 3|ベータ版リリース Chapter 4|正式版リリース Chapter 5|プロジェクト全体の振り返り Chapter 6|まとめ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
56

神田昌典監訳。セールスフォース社を年商5億から100億に育てた男による、デジタル時代の最強の成長マニュアル。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search