【2023年】「愛着障害」のおすすめ 本 86選!人気ランキング

この記事では、「愛着障害」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 愛着障害・愛着の問題を抱えるこどもをどう理解し、どう支援するか? アセスメントと具体的支援のポイント51
  2. 発達障害・愛着障害 現場で正しくこどもを理解し、こどもに合った支援をする 『「愛情の器」モデルに基づく愛着修復プログラム』
  3. 事例でわかる! 愛着障害―現場で活かせる理論と支援を
  4. 発達障害と呼ばないで (幻冬舎新書)
  5. 発達障がいとトラウマ: 理解してつながることから始める支援
  6. それでいい。
  7. マンガでわかる 愛着障害 自分を知り、幸せになるためのレッスン
  8. メンタル強め美女白川さん (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
  9. その生きづらさ、発達性トラウマ?: ポリヴェーガル理論で考える解放のヒント
  10. #8月31日の夜に。(生きるのがつらい10代のあなたへ)
他76件
No.1
100

愛着障害の子どもの「気になる行動」は発達障害とどう違う? 豊富な事例と現場からの質問・相談に基づき、適切な支援、かかわり方を提示する「愛着障害支援の指南書」。 第1章 愛着障害を現場で理解・支援することで見えてくるもの――愛着の絆とは何か?  1 愛着障害の特徴――アセスメントのポイント  2 愛着障害と発達障害の違い  3 愛着障害の3タイプの存在  4 「外に現れる行動特徴」「愛着障害の3大特徴」「相補行動・昂進化現象として現れる特徴」「主たる養育者の行動」について  5 愛着形成とは何か――愛着障害の支援から見えてくる愛着の絆とは?  6 愛着障害・愛着の問題を抱えるこどもに「してはいけない対応」  7 「愛情の器」モデルに基づく支援 第2章 ワークシートで理解する具体的現象・気になる行動の原因と支援のポイント ワークシートの使い方 Ⅰ:感情への支援  1 相手の嫌がることを察知してくるのはどうして?  2 叱っても、その行動がますます増えてくるのは?  3 褒めているのに、行動が改善しないのはどうして?  4 褒めたのに、パニック的に暴れました。  5 不適切な行動にはどんな対応をすれば?  6 こどもに主導権を取られて愛情欲求された場合、どうすればエスカレート現象を防げるでしょうか?  7 カウンセリングマインドに則った支援がうまくいかない理由。  8 キーパーソンを中心にした支援体制はどう作るのか。  9 「親や、キーパーソンを独り占めしようとする」行動にはどう対応すれば?  10 誰がキーパーソンになればいいのでしょうか? Ⅱ:行動・現象への支援  1 親が送ってきて、帰ろうとすると「帰らないで」と泣き叫びます。  2 お迎えが来ても帰りたがりません。  3 学校園所で普段は攻撃的でないのに、母親の前だけで暴れます。  4 被害者アピールが頻繁にあります。  5 していないことをしたというウソをつきます。  6 なんでも欲しがるので困ります。  7 モノを大切にせず、よく壊します。  8 つばを吐き、食べたものを吐いてまた食べたり、吐いたものを人になすりつけたりします。  9 おしっこ、うんちをお漏らししたり、トイレでないところで用を足したりします。  10 他のこどもや、他の生徒に抱きつき、そのことで嫌がられても、喜びます。  11 他者の弱みを言いふらし、みんなでからかうことをよくします。  12 他のこどもを煽動して、不適切な行動をするように仕向けます。  13 トラブルを挑発し、もめごとをつくって喜びます。  14 集団に割り込み、入り込もうとします。  15 他のこどもの作品を壊して、喜んでいます。  16 他のこどもが褒められるとその子を攻撃し、自分が褒められると逃げたり、怒ったりします。  17 集団では落ち着かず、多動になり、他のこどもにいろんな指摘をします。  18 二人のこどもがキーパーソンを取り合って困ります。  19 こどもの要求がエスカレートして困ります。  20 嫌なことがあったとよく訴えてきます。  21 他のこどもに「自分はやっていない」とウソをつきます。  22 褒めていると怒りだします。  23 他のこどもに暴力をふるったことを認めません。謝りません。  24 授業を抜け出し、追いかけると逃げます。「もう好きにしたら」というと激怒します。  25 指示に従わない場合、集団の前ではどう対応すればいいでしょうか?  26 徒党を組んで教師に反抗し、くってかかります。場を考えず不規則発言をします。  27 性的問題を抱えているこどもに困っています。  28 幼児ですが、性器いじり、性器こすりつけ行為が目立ちます。  29 認知機能の発達が遅く、感情のラベリングが難しいのです。 Ⅲ:ASD+ADの第3タイプの愛着障害への支援  1 勝ち負けにこだわり、負けると相手や周囲のこどもを攻撃したり、すねたりします。  2 「にらまれた」「笑われた」と訴えながら、「一生呪ってやる」などとひどい暴言を言い続けます。  3 激しく泣きわめき、なかなかおさまりません。  4 嫌なことはしたがらず、好きなことしかしません。  5 失敗したら固まって動かなくなります。クールダウンしようとしても、なかなか部屋を出ようとしません。  6 激しい大暴れをするので、対応に苦慮しています。 Ⅳ:保護者支援  1 保護者がしっかりかかわっているように見えるのに、愛着の問題があるのはなぜですか?  2 保護者が優しく対応しているのに、こどもに愛着の問題があるのはどうしてですか?  3 保護者にこどものいいところを伝えても、不満いっぱいの受け取りをされるのですが?  4 保護者の言い分とこどもの言い分が食い違う場合の対応はどうすればいいでしょう?  5 保護者のこどもに対する対応が一貫していません。自傷行為があっても気にしない場合はどうすればいいですか?  6 こどもの情報を伝えても聞く耳を持たない保護者(同僚の教師、保育士、指導者)にどう対応すれば? 第3章 まとめ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
91

愛着形成における母との関係性や臨界期に縛られず愛着修復できる方法を、著者の実践研究の豊富な事例で解説する。 通説となっていた愛着形成における母親との関係性や臨界期に縛られることなく、愛着の問題を抱えるこどもを支援する方法を、著者自ら実践研究を行った豊富な事例で解説。 序章 現場研究からの提案──愛着の問題を抱えるこどもへの支援の困難性と必要性  1.現場での困難感の飛躍的増加  2.学校教育と子育ての問題意識 1章 愛着形成の問題の所在と愛着修復との関係  1.愛着とは何か?  2.愛着についての6つの誤解 2章 愛着障害と混同されやすい発達障害との違い・見分け方  1.愛着障害とは何か?  2.愛着障害・発達障害を含めたこどもへの発達支援にとって大切なこと  3.愛着障害との違いから見た発達障害の正しい理解と支援  4.発達障害との違いから見た愛着障害の正しい理解 3章 愛着修復プログラムの実際  1.「愛情の器」モデルの構築  2.「愛情の器」モデルに基づく愛着修復プログラムの概要  3.ARPRAM:「愛情の器」モデルに基づく愛着修復プログラム第1フェーズ  4.ARPRAM:「愛情の器」モデルに基づく愛着修復プログラム第2フェーズ  5.ARPRAM:「愛情の器」モデルに基づく愛着修復プログラム第3フェーズ  6.ARPRAM:「愛情の器」モデルに基づく愛着修復プログラム第4フェーズ  7.ARPRAM:「愛情の器」モデルに基づく愛着修復プログラムによる支援事例 4章 発達障害と愛着障害を併せ持つこどもへの特別な支援の方法  1.発達障害と愛着障害を併せ持つこどもの抱える問題  2.自閉症スペクトラム障害と愛着障害、愛着の問題を併せ持つこどもの特徴  3.発達障害と愛着障害を併せ持つこどもへの支援 5章 愛着に関する諸問題──しつけ・クラス運営・保護者対応  1.感情学習の視点からみた「褒める」と「叱る」  2.愛着障害、発達障害のこどもが多数在籍するクラス支援の方法  3.愛着の問題を抱えるこどもの保護者対応・学校対応 終章 愛着修復は「いつでも」「誰にでも」「1人から」できる  1.愛着の問題と学習意欲・学力・いじめ・不登校との関係  2.結語:愛着修復は「いつでも」「誰にでも」「1人から」可能である

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
90

愛着障害の第一人者が、現場に足を運んで支援した50の事例を紹介しながら、愛着障害の「理解と支援のポイント」を整理。「してはいけない対応」も明快に指摘します。 現場の「生の思い」「息づかい」が吹き込まれた、現場ですぐに活かせる本です! プロローグ 愛着障害、愛着の問題についての正しい理解の大切さ 第1章 愛着障害の理解と支援のポイントを整理する 1 愛着形成のために三つの基地機能 2 発達障害と愛着障害を見分けるポイント 3 愛着障害の三つのタイプ 4 愛着障害を「三つの基地機能の欠如の問題」と関連させて理解する 5「愛情の器」モデルに基づく愛着修復プログラムの概要 第2章 事例でわかる!「してはいけない」対応 1 こどもの感情に期待する対応をしてはいけない! 2 叱る対応や追い詰める対応がさらなる問題を引き起こす! 3 こどもの要求に応えるだけの対応をしてはいけない! 4 受容や傾聴で対応をするとどうなるか? 5 腫れ物にさわるような対応・不適切行動を無視する対応の誤り 6 支援者の無連携な対応ではうまくいかない 第3章 事例でわかる!「愛情の器」モデルに基づく愛着修復プログラムによる支援の実際 1 第1フェーズ 受け止め方の学習支援 2 第2フェーズ こども主体で大人主導の働きかけへの応答学習 3 第3フェーズ 他者との関係づくり 4 第4フェーズ 自立に向けて・次年度に向けて 第4章 事例でわかる! 発達障害と愛着障害を併せ持つこどもの支援 1 支援にさまざまな工夫が必要な第三のタイプの愛着障害 2 愛着障害のさまざまな現れ方とその支援 エピローグ 支援の正しい順番を意識することの大切さ おわりに

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
81

「発達障害」と診断されるケースが急増している。子どもだけでなく、大人もだ。児童のADHDの有病率は六%に達し、学習障害は一〇%に及ぶ。なぜ猛烈な勢いで増えているのか。一方で「発達障害」と診断されながら、実際は「愛着障害」であるケースが数多く見過ごされている。根本的な手当てがなされないため、症状をこじらせるケースも少なくない。「発達障害」と似て非なる「愛着障害」とは、いったい何なのか?本当に必要な対処とは?「発達障害」は現在、大きな岐路にある。その急増が意味する真のメッセージを明らかにする、衝撃と希望の書。 第1章 「発達障害」急増の謎に迫る 第2章 「発達障害」にひそむ愛着障害 第3章 愛着スタイルは「第二の遺伝子」 第4章 生物学的メカニズムからわかること 第5章 「発達障害」は社会を映し出す 第6章 「障害」と「才能」は背中合わせ 第7章 非定型発達の子を伸ばすコツ 第8章 安定した愛着こそ子どもを伸ばす

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
81

発達障がいとトラウマが混在した、複雑な問題を抱えた子どもたちへの、普通の日常生活で誰にでもできる「治療的な関わり」。 発達障がいとトラウマが混在した、複雑な問題を抱えた子どもたちへの、普通の日常生活で誰にでもできる「治療的な関わり」 目次 序文 発達障がいとトラウマの複雑な関係 杉山登志郎  はじめに  第一部 理論編  発達障がいとトラウマの相互作用を理解する 第一章 発達障がいの「生まれつき」と「育ち」 第二章 トラウマと感情を生み出す「脳」の仕組み 第三章 アタッチメントと「社会性」の発達 第四章 「慰め」と「しつけ」のジレンマ 第二部 実践編  日常生活のなかでもできる治療的な関わり 第五章 理解してつながることから始める支援 第六章 感情コントロールを支える「絆」と「枠」 第七章  トラウマを癒やす「治療的な関わり」 おわりに 序文 発達障がいとトラウマの複雑な関係 杉山登志郎  はじめに  第一部 理論編  発達障がいとトラウマの相互作用を理解する 第一章 発達障がいの「生まれつき」と「育ち」   困りごとの理由を考える   自閉スペクトラムの「こころのアンテナ」   自閉的な生まれつきの感性の特徴   「生まれつき」と「育ち」の相互作用   注意欠如多動症(ADHD)について   能力の凸凹と「限局性学習症」   知ることから解決することへ   発達障がいとトラウマ  第二章 トラウマと感情を生み出す「脳」の仕組み   七つの基本的な「情動回路」について   動物たちの「感情」に学ぶ   三つの層から成る「脳」の働き   「ストレスシステム」とその役割   強すぎるストレスと「不動化システム」   トラウマが生み出す症状について 第三章 アタッチメントと「社会性」の発達   仲間と協力して安全を守るための「社会交流システム」   未熟な存在として生まれてくるということ   「別離」の情動とアタッチメントの安定性   発達早期のトラウマとアタッチメント障がい   自閉スペクトラムとアタッチメント障がい 第四章 「慰め」と「しつけ」のジレンマ   最初の「出会い」で必要なこと   子どもの反抗期と情動調律の限界   「罰」と「ご褒美」の行動分析学   「無視」による対応の利点と問題点   九対一の「ギヴ・アンド・テイク」   「発達性トラウマ」を抱えた子どもたち   愛情を与えることと「脳内麻薬」との関係について   修復の順序を守るということ  第二部 実践編  日常生活のなかでもできる治療的な関わり 第五章 理解してつながることから始める支援   困りごとの背景にある家族の歴史   「親ごころ」の覚醒とそのつまずき   理解してつながることから始める支援   発達障がいを診断することの意味   子どもの「自発的な」興味を見つけて対話する   つながるために「遊び」の力を利用する 第六章 感情コントロールを支える「絆」と「枠」   「絆」の受容と「枠」の制限は矛盾しない   「絆」が先か「枠」が先か   一対一の関係が規則性と一貫性をもつこと   自分勝手な「枠」への「こだわり」   ストレスに立ち向かって「枠」を拡大する   細分化してスモールステップで進む   全体像の見通しをもつということ   学習支援と感情コントロール   難問は「押したり引いたり」して乗り越える 第七章  トラウマを癒やす「治療的な関わり」   トラウマの「フラッシュバック」   「制限」は理由が分かりやすい方がよい   遊びをつかった「グラウンディング」   トラウマと「現在の困りごと」は混在している   子育てが呼び覚ます養育者のトラウマ   理解してつながることによる癒やしの力   本当は褒めてほしかった「分身」のこころ   トラウマ治療の「トップダウン」と「ボトムアップ」    思春期のこころの迷いを理解する   発達障がいのある子どもたちの思春期と自立   連携の「ピラミッドモデル」と「同心円モデル」 注 おわりに 索引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
81
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
71

愛着障害について知りたいと思ったときの最初の1冊。愛着障害の第一人者が、現場ベースの理論と支援方法を、やさしく解説します。 「愛着障害を発達障害と誤解して、発達障害への支援をしても改善せず、徒労感だけが残ってしまう」「愛着の問題を愛情不足と誤解して、愛情を注ぐことでかえって行動の問題を増幅し、余計、疲弊してしまう」……。愛着障害のさまざまな誤解を丁寧に解き、支援方法を具体的に紹介します。 支援が難しい「気になる子」にかかわる際の必携書! ★目次★ プロローグ まずは15分でわかる! 愛着障害の理解と支援 第1章 愛着障害の理解を深める 1「愛着」という視点から見えてくるもの 2 愛着形成のメカニズムと3つの基地機能 3 愛着の問題を抱えるこども発見のための13のポイント 4 愛着(障害)の6つの誤解 第2章 愛着障害のこどもをどう支援するか 1 愛着障害への不適切な対応 2「愛情の器」モデルとは 3「愛情の器」モデルに基づく愛着修復プログラム 第1フェーズ:受け止め方の学習支援 第2フェーズ:こども主体・大人主導の働きかけ 第3フェーズ:他者との関係づくり 第4フェーズ:自立のための支援 4 愛着形成・修復の支援が成功するためのコツ 5 愛着の問題に対応できるクラスの風土づくり 6 愛着に問題を抱えるこどもの保護者・親への基本的な対応 第3章 発達障害と愛着障害を併せ持つこどもの支援 1 発達障害と愛着障害を併せ持つこどもの支援の基本 2 対応に困る場面から学ぶ、発達障害と愛着障害を併せ持つこどもの支援 おわりに

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
69
みんなのレビュー
ストレス要因の解決策がたっぷり詰まった1冊。日常的な悩みをカテゴリごとに分け、一つ一つ解決策が書かれているので読みやすい。過去の実験結果をもとに書かれているから説得力があるし、簡単に実践できるものが多いので良い!最近気持ちが晴れないなと思っている人におすすめ。私もこの本に助けられた人のうちの1人!
No.16
68

「子ども時代の傷つき」により、どのように「大人の心の問題」が生じるのか? その回復過程は? 専門用語を使わず丁寧に解説。  本書は,患者さんに語りかけるように書かれており,専門用語を使わずに,難解な複雑性トラウマと解離の世界を解説しています。 心理療法の流派を問わず,共通に知っておくことが必要な視点から書かれています。(中略) 「複雑性トラウマ」は,自我の解離状態に由来するきわめて多彩な症状をもたらします。 感情制御の困難,自傷行為,嗜癖・依存,見捨てられ不安による行動化,異常な摂食行動,夫婦間暴力,家庭内暴力,虐待行為,「よい人」の犯罪などの背景に,「複雑性トラウマ」があることを知ることは,援助の可能性を広げることにつながります。 (「監訳者あとがき」より) 第1章 イントロダクション   トラウマに由来する心理的問題   トラウマ体験による心理的影響の理解   トラウマが意味するもの   本書の目的 第2章 自動から手動に変える   戦争を生き抜いてきたジョンの物語   不適切な養育環境という“戦争”とその防衛システム   身体に組み込まれている自動反応を“手動”に変える必要性 第3章 感じることをもう一度学ぶ   感じないようにする防衛   感情・感覚は何のためにあるのか   感情はどのように扱えばよいのか 第4章 霧の中にある記憶    耐えがたい記憶はどのように処理されるのか   過去の防衛反応の賦活   未解決の記憶が生みだす困難   どうすればよいのか 第5章 不快を理解する   不快の引き金を探す   過去の記憶が賦活されることで起こる感情状態の例   反応の連鎖を防ぐ 第6章 身体の声を聴く   感情と身体の関係   他者との相互作用と身体   慢性ストレスと身体疾患   どうすればよいのか 第7章 感情の制御を学ぶ   4人の少女と母親とのコミュニケーション   4つの愛着スタイル   どうすればよいのか 第8章 私ではない私――断片化されるアイデンティティ   相互作用の中で形成されるアイデンティティ   弱さや傷つきやすさを嫌悪する理由   怒りを嫌悪する理由   拒絶された“部分”の暴走 第9章 内面の声――自分自身と対話する   感情の調整を行うための内的対話   解離がもたらす“声”と“部分”   “部分”をまとめていく   どうすればよいのか 第10章 自分と自分の闘いに勝つのは誰なのか?   内面における対立を超える   健全なあり方にも共通する3つの“部分”   どうすればよいのか 第11章  自分を守るということ   “自分を守るシステム”   “自分を守るシステム”としてのさまざまな反応   どうすればよいのか 第12章 柔軟性と行動力の回復   つらい出来事から回復する力   どうすればよいのか 第13章 “弱い自分”を受け入れる   親密な関係性を築くことの困難   セラピーを受けるうえでの困難   親密な関係性への恐怖   どうすればよいのか 第14章 責任を引き受ける   怒りの暴走に対する「責任」と「罪悪感」   どうすればよいのか 第15章 “大人の自分”が車を運転する   すでに大人になっていることに気づくことの重要性   どうすればよいのか   “大人の自分”が“車を運転する”ということ 第16章 たくさん失敗を重ねた人が勝者となる   古いパターンを脱却して新しいパターンを学習する   どうすればよいのか 第17章 思い込みに疑問を投げかける――良の中にある悪,悪の中にある良   良いこととされる「思い込み」の中にある良くないこと   悪いこととされる「思い込み」の中にある良いこと 第18章 最も衰えている“筋肉”を使う――バランスの回復   両極のバランスの重要性   片方の極端に偏っているとき   極端な二極を行き来しているとき   極端を生みだす関係性から自由になる   変化の過渡期に気をつけること 第19章 ターニングポイント   「変わる」決意がターニングポイントになる   人間の「考える能力」と感情の遮断という苦しみ   どうすればよいのか 第20章 現在から過去を眺める   痛みを伴う記憶と向きあう   記憶を再処理するための準備段階   記憶を再処理する専門的な治療――EMDR療法   記憶の再処理を行ううえでの留意点 第21章 内的“部分”のバージョン2   自己のバージョンアップ   自分の中の「ハルク」を解体してバージョンアップする   亡霊を葬ることでバージョンアップする   学ぶことによりバージョンアップする   「ネバーランド」から“子ども”を連れ戻してバージョンアップする 第22章 過去,現在,そして開かれている未来   過去,現在,未来の自分   「過去を振り返る」ということ   「現在に生きる」ということ   「未来は開かれている」ということ 第23章 自分と他者,そして私たち   「自分」との関係   「他者」との関係   「私たち」の関係

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
68

あなたも、必ず乗り越えられる!独自の手法で3000人を救ってきた心理セラピストが“人生に温かさを取り戻す方法”を易しく解説。 傷ついた“インナーチャイルド”が、あなたの人生を蝕んでいた――。独自の「愛着再形成療法」で3000人を救ってきた心理セラピストが“人生に温かさを取り戻す方法”を平易に解説。この1冊で、必ず新しい自分に生まれ変われる! 傷ついた“インナーチャイルド”が、あなたの人生を蝕んでいた――。独自の「愛着再形成療法」で三千人を救ってきた心理セラピストが“人生に温かさを取り戻す方法”を平易に解説。この1冊で必ず新しい自分に生まれ変われる! はじめに 今、まさに生きづらさを感じているあなたへ―― 序章  愛着障害があなたの人生をむしばむ 愛着障害とは、どんなものなのか? 愛着障害が人生にもたらす不幸 3000人以上の人生を激変させた「愛着再形成療法」 第1章 こんな親が子どもを愛着障害にする 子どもの愛着のタイプは4つある 子どもを愛着障害にする親のタイプは5つある 子どもを愛着障害にする親1 子どもを寄せつけない「氷の女王型」  [ケース1] 娘への愛情に自信がもてない由美子さん 子どもを愛着障害にする親2 子どもにまとわりつく「ドローン型」  [ケース2] 娘の交際相手にまで口を出そうとする弘美さん 子どもを愛着障害にする親3 子どもの心や体を傷つける「破壊型」  [ケース3] つい子どもたちに手をあげてしまう頼子さん 子どもを愛着障害にする親4 頼りにならない「お子ちゃま型」  [ケース4] 育児よりも自分のニーズを優先する彩乃さん 子どもを愛着障害にする親5 子どもを利用する「ヘンゼルとグレーテル型」  [ケース5]  本人の意思に関係なく、自分の夢を娘に託す千尋さん 親からの「悪い呪文」は書き換えられる 第2章 愛着障害が「自己肯定感」を傷つける あなたは自分が好きですか? なぜ、私たち姉妹は揃って愛着障害になったのか? 自己肯定感の低さが招く弊害1  レジリエンス(回復力)が低く、失敗から立ち直れない  [ケース1] うまくいかない原因を周囲に求める美咲さん 自己肯定感の低さが招く弊害2 ほんのささいなことでも傷ついてしまう  [ケース2] 何かと被害者意識が強い貴史さん 自己肯定感の低さが招く弊害3 つねに自分の存在価値を疑問に思っている  [ケース3] 「消えてしまいたい」が口癖の佐和子さん 自己肯定感の低さが招く弊害4 何をしても喜びを感じられない  [ケース4] 外面と裏腹に内面は満たされていない栄太さん 自己肯定感の低さが招く弊害5 自ら自分の体を傷つける行為をしてしまう  [ケース5] 過食嘔吐が癖になっている由紀奈さん 自己肯定感の低さが招く弊害6  心のすき間を埋めるために何かに依存してしまう  [ケース6] お酒を飲んでは過ちを繰り返す萌美さん 第3章 愛着障害が「人間関係」をダメにする なぜ、安定した人間関係を築けないのか? 人は「温かな刺激」を求めている 人が「心理ゲーム」をしてしまう本当の理由 人間関係で起こしてしまいがちな問題1 仕事も恋も長く続かない  [ケース1] 「自分なんか愛されない」と思い込んでいる拓也さん 人間関係で起こしてしまいがちな問題2 愛されることばかりに執着してしまう  [ケース2] どうしても人を信じられない真奈美さん 人間関係で起こしてしまいがちな問題3 いつも他人に振り回されてしまう  [ケース3] 彼からDVを受けている佐知代さん 人間関係で起こしてしまいがちな問題4 他者との関係を勝ち負けでしか考えられない  [ケース4] 周囲がライバルだらけの倫子さん 第4章 愛着障害は世代間で「連鎖」する 愛着障害は子育てにどう影響するのか? 子育てのパターン1 結果として自分の親と同じような子育てをする  [ケース1] 親から心身ともに痛めつけられてきた春香さん 子育てのパターン2 親を反面教師にして、徹底的に親とは逆の子育てをする  [ケース2] 子どものわがままを何でも許容する信代さん 愛着障害を克服しないまま親になると……1 子どもを愛せない親  [ケース3] 子をもつ喜びを感じることができなかった沙織さん 愛着障害を克服しないまま親になると……2 子どもを親に見立てる親  [ケース4] 自分の娘に複雑な思いを抱いてしまう千代子さん 愛着障害を克服しないまま親になると……3 子どもに脅される親  [ケース5] つい子どもの顔色をうかがってしまう恵梨香さん 負の連鎖を断ち切ることができるのは、あなただけ 親に対する葛藤をどう乗り越えるか? 第5章 愛着障害を克服する方法1 「安全基地」となってくれる人を見つける そもそも「安全基地」とは何か? 「安全基地」となってくれる人を見つけるときのポイント  [ポイント1] 心から信じられる人を見つける  [ポイント2] 安全基地になれる人となれない人を見極める  [ポイント3] きちんと自己開示をする  [ポイント4] とにかく相手のことを信頼してみる  [ポイント5] 過剰な期待をしない  [ポイント6] ものごとを客観的に見るように心がける ネガティブな「心理ゲーム」をしない方法 欲しくないストロークと欲しいストロークを見極める 「小さなゴール」を設定する 依存から自立、そして自律へ 心から感謝し、何倍もの愛を返す 第6章 愛着障害を克服する方法2 自分の中に「安全基地」をつくる あなたの「外側の世界」は、あなたの心がつくっている 自分の中に「安全基地」をつくる方法1 自分だけの「聖域」をつくる 自分の中に「安全基地」をつくる方法2 自分自身が「安全基地」になる 自分の中に「安全基地」をつくる方法3  理想の親を描き、心の中の「小さな自分」を癒やす 自分の中に「安全基地」をつくる方法4 「未来の自分」からのメッセージに耳を澄ませる 第7章 愛着障害を克服する方法3 誰かの「安全基地」になる 「惚れたもん負け」は本当か? 愛されるよりも、愛することのほうがずっと強い 誰かの「安全基地」になるということ 「本当の愛」とは、どういうものか? 自分の中に「愛の泉」をつくる 共依存ではなく、共に自立する 恋人、配偶者の「安全基地」になる 子どもの「安全基地」になる 離婚した親が子どもの「安全基地」になる ペットの「安全基地」になる 第8章 愛着障害を克服する方法4 「生きる意味」を見出す 愛着障害と「生きる意味」の関係 「生きる意味」が人を生かす 魂の課題と人生の使命 魂が喜ぶ生き方をする 誰にでも必ず「生きる意味」がある その苦しみが学びとなり、人生の宝物となる 動物たちから教わった魂の課題 まだ見ぬ、あなたを必要としている人たちのために おわりに あなたが生まれてきたこと、体験してきたことには“意味”がある――

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
67

多くのむずかしいケースを快方へと導いた、新しい回復法の原理と実践のコツ 医学モデルでは対処が難しい心や行動の問題が急増している。その中、愛着の安定こそが適応力を左右するという観点で問題を理解し、改善を図る愛着アプローチが注目を集める。医学的治療が困難な、慢性うつ、不安症、不登校、ひきこもり、ゲーム依存、発達の問題、非行、自傷、過食、DV等に劇的な改善をもたらす新しい回復法の原理と実践法を詳述。 はじめに ~医学も治せない問題に直面するとき 第一部 医学モデルの限界と愛着モデル 第二部 愛着アプローチ 第三部 両価型愛着・二分法的認知改善プログラム おわりに ~あなたは医学モデルで救われるか 慢性うつ、不登校、ひきこもり、ゲーム依存、発達の問題、自傷、過食、DV等、医学モデルでは対処が難しい心や行動の問題が増えている。それら難しいケースに劇的な改善をもたらす新しい回復法の原理と実践法!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
67

おキモチや

とき なつき
文芸社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
67

にげてさがして

ヨシタケシンスケ
赤ちゃんとママ社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
66

打ち明けられないあなたへ 死にたいあなたが楽になるために 自分の身体は、誰のもの? まともだからこそ「死にたい」と思う 逃げ道、つくります? 「死にたい」気持ちを研究する 愚痴は生き延びるための技術だ 未来なんてない 深夜の犬みこし 「つらいのは今だけだよ」なんて言わないけれど 死にたくてもいい 「死にたい」人はすでに戦っている 不安に襲われたら、身体の味方をしてみる 不安とは他者である 「いいね!」から自分を守る「軸」 「太っていて醜い私」という呪いから解き放たれて 「自分を好きになろう!」という暴力 孤独から芽吹くことば 他人はほっとくくらいがちょうどいい 心の傷がキレイな模様になるまで 嫌なものは嫌 家族を嫌いでいてもいい 我慢しなくていいんだよ 現実からは逃げていい 踏み出した"重み"を足がかりに

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
66
みんなのレビュー
今では色んなところで引用される人生100年時代というパスワードのきっかけになった書籍。もう既に1つの会社に勤め上げるような旧来の生き方は崩壊している。将来に不安を抱いているビジネスパーソンはこの本を読んで時代の変化に置いていかれないような生き方を選択して欲しい。
No.53
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
66
みんなのレビュー
面白いですね(笑)
No.57
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
66

いつかどこかで 花も実もある Dランドは遠い 銀杏拾い さよなら、田中さん

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
66

太陽はひとりぼっち 神様ヘルプ オーマイブラザー

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
66

7つの習慣ティーンズ【リニューアル版】

ショーン・コヴィー
キングベアー出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
66
みんなのレビュー
なんらかの理由で不登校になってしまった子達が集まり助け合うストーリーです。最後の真実がわかった時はひゃぁぁぁっとなりました。
No.76
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.79
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.81
66

勇気

バーナード ウェーバー
ユーリーグ
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.83
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.85
66

クマと仙人

ジョン ヨーマン
のら書店
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.86
66

Bubble Gum Brain

Cook, Julia
Natl Center for Youth Issues
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search