【2024年】「家族」のおすすめ 本 121選!人気ランキング

この記事では、「家族」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. とんび (角川文庫 し 29-7)
  2. 東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン (新潮文庫)
  3. 図解 2時間でわかる! はじめての家族信託【相続・認知症で困らないために】
  4. そして、バトンは渡された (文春文庫 せ 8-3)
  5. 〈改訂新版〉相続・認知症で困らない 家族信託まるわかり読本
  6. 秘密 (文春文庫 ひ 13-1)
  7. ゼロからはじめる「家族信託」活用術 (改訂版)
  8. よくわかる民事信託 基礎知識と実務のポイント
  9. 幸福な食卓 (講談社文庫)
  10. キネマの神様 (文春文庫 は 40-1)
他111件
No.1
100

とんび (角川文庫 し 29-7)

重松 清
角川書店(角川グループパブリッシング)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
89
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
85
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
81

家族信託は、不確定要素や争族リスクを最小限に抑え、お客様の資産承継の"想い"を実現する手段として活用できます。それには、家族信託を提案・組成する専門家は実務知識を、利用を検討する人は仕組みを十分理解しておく必要があります。  改訂新版の出版にあたり、「配偶者居住権」「遺留分侵害額請求」「委託者の地位の承継」「上場株式の信託」など、改正民法や最新の信託実務の動向にも触れています。家族信託の最新実務の決定版としてお役立てください。 序 章●家族信託を問題解決の糸口に活用する 1.超高齢社会における2つのリスク 2.複雑な家族関係に対応した争族対策の必要性 3.親の介護と争族問題はリンクする 4.資産の承継先を指定し「空き家問題」に役立てる 5.「親なき後問題」に家族信託を活用する 第1章●家族信託の基礎知識 1.家族信託とは 2.改正信託法のポイント 3.受託者とは 4.受益者とは 5.信託契約とは 6.遺言信託とは 7.自己信託とは 8.家族信託における信託財産 9.信託不動産の登記手続き 10.信託不動産の登記簿への記載 11.商事信託とは 12.信託のメリットとは 13.信託のデメリット(リスク・注意点)とは 14.家族信託のイメージと機能 15.後継ぎ遺贈型受益者連続信託とは 16.信託の税務の理解 17.生命保険信託とは 18.信託設計上の留意点 第2章●家族信託22の活用事例 1.生前の財産管理・後見制度代用(認知症対策)として活用 <事例1> 高齢の地主が認知症のリスクを踏まえ相続税対策をしたい <事例2> 認知症の妻に後見人をつけずに済むように財産を遺したい 2.不動産に関する対策として活用 <事例3> 不動産を平等に相続させたいが共有は回避したい <事例4> 共有不動産におけるトラブルを回避したい <事例5>空き家となる自宅を確実に売却したい <事例6>自分の死後に不動産を売却して分配したい 3.争族対策・遺留分対策として活用 <事例7> 遺留分対策も踏まえ認知症の妻亡き後の承継先も指定したい <事例8> 親の介護負担を踏まえ遺産分割の生前合意を形にしたい <事例9> 遺留分相当を受益権持分で相続させたい <事例10> 遺産分割協議と家族信託を組み合わせ二次相続に備えたい 4.受益者連続の機能を活用 <事例11> 子供がいないので妻亡き後は自分の血族に財産を遺したい <事例12> 子供がいない夫婦それぞれの財産は自分の血族に遺したい <事例13> 前妻にも後妻にも子供がいないので思い通りに分配したい <事例14>後妻亡き後は前妻の子に財産を遺したい <事例15>内縁の妻亡き後は思い通りに分配したい 5.相続・事業承継対策として活用 <事例16> 子供に生前贈与した財産を自分の管理下に置きたい <事例17> 中小企業の円滑な事業承継に信託を活用したい(その1  自己信託編) <事例18> 中小企業の円滑な事業承継に信託を活用したい(その2 遺留分対策編) 6.障害者・未成年者を守るために活用(福祉型信託) <事例19> 親なき後に障害のある子の生活を保障したい <事例20> 別れた夫に子の財産管理を牛耳られるのを防ぎたい 7.その他 <事例21>受益権売買により流通税を軽減したい <事例22>遺されるペットの面倒を見てもらいたい 第3章●家族信託の超実務・60問60答 1.信託契約について Q1 親が認知症でも信託契約は可能ですか? Q2 判断能力が低下したときに発動する信託契約は可能ですか? Q3 信託契約書は公正証書で作成すべきですか? Q4 受益者に指定された人の承諾は必要ですか? Q5 信託契約時に家族の承諾は必要ですか? Q6 信託契約は1本にしないといけませんか? Q7 夫婦の共有不動産を1つの契約で信託できますか? Q8 家族信託契約の"ひな型"はありますか? Q9 家族信託はいつまで続けたらいいですか? 2.信託財産について Q10 預貯金は信託財産に入れられますか? Q11 信託財産である金銭はどうやって管理しますか? Q12 信託財産にあとから金銭を追加することはできますか? Q13 上場株式や国債、投資信託は信託できますか? Q14 農地は信託できますか? Q15 ローン付不動産は信託できますか? Q16 信託財産となったアパートの家賃はどう管理しますか? Q17 信託不動産を売却するにはどうすればいいですか? 3.信託の登場人物について Q18 委託者の地位の相続とは何ですか? Q19 受託者を複数にできますか? Q20 受託者が行うべき会計業務とは何ですか? Q21 受託者は受益者と利益相反する行為ができますか? Q22 受託者が死亡しても困らない備えはどうしますか? Q23 受託者が死亡や辞任・解任の場合はどうしますか? Q24 受託者が交代した場合の受託者の借入債務はどうなりますか? Q25 法人を受託者にすることはできますか? Q26 受託者となる法人の種類は何がいいですか? Q27 法人を受託者とする仕組みの課題は何ですか? Q28 受託者と成年後見人を同一人物が兼務できますか? Q29 信託監督人を置く場合は誰にしますか? Q30 信託監督人は具体的に何をするのですか? Q31 信託監督人の業務はいつからいつまでですか? Q32 受益者代理人は何をするのですか? Q33 信託監督人と受益者代理人はどう使い分けますか? Q34 株式信託の「指図権者」とは何ですか? 4.信託の税務について Q35 信託契約開始時に税務署への届出は必要ですか? Q36 信託期間中、税務署への届出は必要ですか? Q37 2つの「損益通算禁止」とは何ですか? Q38 受託者の借入れは相続時に債務控除できますか? Q39 家族信託に関する費用は損金に計上できますか? 5.信託終了時の実務 Q40 清算受託者は何をするのですか? Q41 残余財産の帰属権利者とは何ですか? Q42 信託終了時に残った受託者借入の債務に関する不動産の抵当権 はどうなりますか? 6.家族信託と他の施策・制度との比較 Q43 「家族信託」は「遺言」と何が違うのですか? Q44 「成年後見制度」と「家族信託」はどう違いますか? Q45 「成年後見制度」と「家族信託」の費用はどう違いますか? Q46 「家族信託」と「信託銀行業務」との違いは何ですか? Q47 「 民事信託(家族信託)」と「商事信託」とはどう使い分けますか? 7.その他 Q48 信託なら贈与者が認知症でも贈与できますか? Q49 受託者は信託報酬をもらえますか? Q50 信託内容を変更するにはどうしたらいいですか? Q51 受益者変更権とは何ですか? Q52 家族信託の導入にはいくらくらい費用がかかりますか? Q53 信託契約後に受託者がすべきことは何ですか? Q54 信託の併合とは何ですか? Q55 信託の分割とは何ですか? Q56 信託の「倒産隔離機能」で資産は守れますか? Q57 家族信託の相談は誰にしたらいいですか? Q58 家族信託に精通した専門家を見分ける観点は何ですか? Q59 家族信託におけるよくある誤解は何ですか? Q60 各分野の専門家が家族信託を学ぶメリットは何ですか?

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
80
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
80
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
80

相続・事業承継の相談を受ける金融機関・FPがコンサルティングのために知っておくべき民事信託の活用例と実務知識をQ&Aで解説。 ◆相続・事業承継の相談を受ける金融機関職員・FP等が、コンサルティングのために知っておくべき民事信託の活用例、法務、税務、口座開設・登記等の実務知識と留意点をQ&Aで解説。 ◆信託の特性を活かして本人のみならず家族生活の安定、資産承継の願いを実現できるスキームを紹介。 ◆一般社団法人民事信託士協会の認定を受けた「民事信託士」が豊富な実務経験を踏まえて執筆。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
79

幸福な朝食 バイブル 救世主 プレゼントの効用

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
77

昨夜のカレー、明日のパン ひっつき虫

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
75

世界一やさしい家族信託

山田 愼一
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
75

いろいろ いろんな かぞくの ほん

メアリ ホフマン
少年写真新聞社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
69

ふたりママの家で (PRIDE叢書)

パトリシア・ポラッコ
サウザンブックス社

ふたりのママ&子どもたちの暮らしを描いた、とある一家のにぎやか成長記録 名作絵本を多数手がける絵本作家 パトリシア・ポラッコによる温かみあるイラストも魅力!   うちは、お母さんが2人、子どもが3人の「かぞく」。 でも、特別なんかじゃない。 生まれてすぐのわたしが、どうやってこの家に来たか。 その話になると、ママたちは目をキラキラさせて、 思いっきり、にっこりする。 暑く乾いた砂漠を歩いて、荒れた海を渡って、 高い山を飛び越えて、 嵐の中をずんずん歩いたんだって。 ただ、わたしを家に連れて帰るために。(本文より) 『ふたりママの家で』は、ふたりの母親と子どもたちの何気ない日常を描いた絵本です。 語り手は、母親たちのもとへ一番初めに養子としてやってきた、長女の「わたし」。「わたし」の視点から、同じく養子として迎えられた弟ウィル・妹ミリーとともに、愛情たっぷりに育てられる日常が描かれます。物語は、やがて子どもたちが自立して孫が生まれ、仲良く年老いた母親たちを見送ったその後までを映し出し、終焉を迎えます。   「ふたりママ」のミーマとマーミーは、正反対の性格ながらも息ぴったりで、楽しいことを次から次へと思いつくお母さんたち。ふたりの手にかかれば、ハロウィーンの手作り衣装だって、家族の食事会だって、野外パーティの企画だってお手のもの!そんな明るいふたりがいとなむ一家の日常は笑い声にあふれ、地域にしっかり溶け込み、親戚やご近所さんたちからも愛されています。しかし、ひとりだけ、ふたりママ一家に鋭い視線を向ける人が…?   特別なことばかりではありません。楽しいことも、悲しいことも、たくさん繰り返して、家族の毎日は進んでいきます。ふたりママ一家も、無数に存在するそんな家族のうちのひとつ。地域に根ざす生活者として、軽やかに、しなやかに、力強く日々を送る、ふたりママ一家のあたたかな物語です。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
69

「誰も自分の終末の状態や時期を選ぶことはできない…」 両親が事前に何も準備せずに判断能力を失うと、一家の資産は凍結してしまいます。「親に何かあったら考えよう」では遅いのです。 本書は、来るべき両親の介護に備えて、"実家という資産"を介護費用として活用できる「実家信託」の仕組みをやさしく説明しています。このノウハウをぜひお客様に教えてあげてください。 両親が認知症などで判断能力が低下・喪失する前に、一家の資産である実家を活用して財産管理の仕組みを作ることが、家族が安心した老後を迎える第一歩となります。 第1章●超高齢社会に起因するさまざまな問題 1.認知症で判断能力を喪失するとは  (1)認知症の定義について  (2)重要な本人の意思確認  (3)平均寿命と健康寿命  (4)認知症高齢者と要介護認定  (5)高齢者の資産状況 2.増加する相続紛争と預貯金の払戻し  (1)増え続ける遺産分割事件  (2)不動産の分割方法 3.相続財産の凍結と空き家の増加  (1)争わないのに遺産が凍結される  (2)増加の一途をたどる空き家  (3)空家対策特措法の内容  (4)空き家特別控除の内容 4.実家の凍結と超高齢社会のリスク  (1)実家の売却・賃貸に障害となる原因  (2)超高齢社会のリスクのまとめ  (3)相続法の改正とその影響 第2章●介護・相続の発生と実家の売却・賃貸 1.実家の売却と所有者の判断能力  (1)実家売却のプロセス  (2)売却の手続きと所有者の意思確認  (3)実家の売却と住宅ローン 2.実家の賃貸と判断能力  (1)実家賃貸のプロセス  (2)借家契約の種類と内容  (3)実家の賃貸手続きと判断能力 3.相続発生後の実家の売買・賃貸  (1)遺言がない相続への対応  (2)遺言書がある相続への対応  (3)不動産を共有することのリスク 第3章●判断能力の喪失と実家の活用方法 1.親が元気なときに贈与する  (1)贈与契約の締結と売却・賃貸  (2)贈与税の計算方法  (3)相続時精算課税制度の利用  (4)贈与税その他の税金の負担  (5)不動産の譲渡所得にかかる税金  (6)贈与された人(受贈者)の判断能力  (7)生前贈与のメリット・デメリット  (8)実家の生前贈与に向いている家族、向いていない家族 2.親が元気なときに売却する  (1)親子間で売買してから売却まで  (2)譲渡益課税についての留意点  (3)売買のメリット・デメリット  (4)実家の売買に向いている家族、向いていない家族 3.法定後見制度を利用する  (1)成年後見制度とは  (2)法定後見制度とは  (3)法定後見のメリット・デメリット  (4)法定後見人が就くまでの流れ、時間、費用  (5)法定後見人による実家の売却  (6)法定後見人による売却代金の管理  (7)法定後見人への報酬  (8)法定後見に向いている家族、向いていない家族 4.親が元気なときに任意後見契約を結んでおく  (1)任意後見制度とは  (2)任意後見制度における任意後見人の役割  (3)任意後見制度における報酬、負担、制限  (4)任意後見制度のメリット・デメリット  (5)代理権目録に入れられる行為  (6)任意後見監督人が就くまでの流れ、時間、費用  (7)任意後見人による実家の売却  (8)任意後見人による売却代金の管理  (9)任意後見監督人への報酬  (10)任意後見に向いている家族、向いていない家族 5.親が元気なときに実家信託契約を結ぶ  (1)実家信託の効果  (2)受託者による売却金や賃料の管理  (3)実家信託に向いている家族、向いていない家族 6.パターン別・売買時の費用と効果 第4章●実家信託の仕組み 1.家族信託とは、実家信託とは  (1)信託で財産の名義を変える  (2)民事信託、家族信託、実家信託 2.信託の法的な仕組み  (1)所有と名義の分離  (2)信託の名義変更 3.後見、遺言、信託の制度の比較  (1)「健常期」  (2)「能力減退期」  (3)「能力喪失期」  (4)「相続」  (5)「二次相続以降」 4.信託の登場人物と役割  (1)委託者とは  (2)受託者とは  (3)受益者とは 5.信託の目的 6.信託の変更 7.信託の終了 8.信託と不動産にかかる税金  (1)不動産の名義変更にかかる税金  (2)信託の途中でかかる税金  (3)信託の終了時にかかる税金 第5章●実家信託パックの契約と手続き 1.実家信託パックとは 2.実家信託パック利用の流れ  (1)チェックシートにより要件を確認  (2)資料を取り受けて見積りを提出  (3)お客様との面談を実施  (4)松、竹、梅コースから選択  (5)家族会議を開催  (6)実家信託パック委任契約の締結  (7)着金確認、信託契約書案の作成、公証人・金融機関との打合せ  (8)委託者・受託者と内容を確認、説明  (9)公証役場で手続きを実施  (10)不動産について信託の登記を申請  (11)損害保険会社に名義変更を通知  (12)登記事項証明書等各種の書類を返却  (13)信託終了までフォローを実施 第6章●ケース別・実家信託のアプローチ&トーク  ケース1●子どもに迷惑をかけたくない親へのアプローチ  ケース2●まだ実家を売るつもりのない親へのアプローチ  ケース3●兄弟仲を気にしている親へのアプローチ  ケース4●介護費用は立て替えるという子へのアプローチ  ケース5●父親の相続で実家を母親名義にした家族へのアプローチ  ケース6●親と同居している子へのアプローチ  ケース7●外国人の配偶者がいる家族へのアプローチ  ケース8●相続人が海外にいる家族へのアプローチ  ケース9●お一人様や相続人のいない夫婦へのアプローチ  ケース10●再婚した配偶者がいる家族へのアプローチ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
69

あいあい傘 ねじれの位置 ふらふら ぐりこ にゃんこの目 別れの曲 千羽鶴 かげふみ 花いちもんめ きみの友だち

みんなのレビュー
主人公が変わる(人)本は嫌いですがこの本は面白かったです。一番好きなのが千羽鶴です
まつばつえ!?
No.30
67

資産承継のための新たな選択肢「家族信託」。相続トラブル回避の糸口にもなる家族信託について、22の活用事例と50のQ&Aで徹… 資産承継のための新たな選択肢「家族信託」。相続トラブル回避の糸口にもなる家族信託について、22の活用事例と50のQ&Aで徹底解説。 現代社会はライフスタイルや価値観の多様化が進み 家族を取り巻く資産承継のあり方も多様化・複雑化してきており、 民法のルールでは対応できないことが増えています。 そのため、家族が思い描く“理想”や“希望”を実現するには、 あらゆる選択肢を駆使しなければなりません。 その選択肢の一つが「家族信託」という仕組みです。 家族信託は資産の承継先を先々まで指定することで、 資産凍結の回避、共有不動産・空き家対策として効果的な選択肢となりうるものです。 この仕組みを活用し、認知症などで判断能力が低下・喪失する前に、 財産管理の道筋をつけておくことが、本人や家族が安心した老後を迎える第一歩となります。 本書によりその仕組みと取扱いをしっかり理解し、アドバイスや実務に活かしてください。 序章●家族信託を問題解決の糸口に活用する 1.超高齢社会における2つのリスク 2.複雑な家族関係に対応した争族対策の必要性 3.親の介護と争族問題はリンクする 4.資産の承継先を指定し「空き家問題」に役立てる 5.「親なき後問題」に家族信託を活用する 第1章●家族信託の基礎知識 1.家族信託とは 2.改正信託法のポイント 3.受託者とは 4.受益者とは 5.信託契約とは 6.遺言信託とは 7.自己信託とは 8.家族信託における信託財産 9.信託不動産の登記手続き 10.信託不動産の登記簿への記載 11.商事信託とは 12.信託のメリットとは 13.信託のデメリットとは 14.家族信託のイメージと機能 15.後継ぎ遺贈型受益者連続信託とは 16.信託の税務の理解 17.生命保険信託とは 18.信託設計上の留意点 第2章●家族信託22の活用事例 1.生前の財産管理(認知症対策) <事例1> 高齢の地主が認知症のリスクを踏まえ相続税対策をしたい 2.争族対策・遺留分対策 <事例2>家族信託を活用して遺留分対策をしたい <事例3> 認知症の妻に後見人をつけずに済むように財産を遺したい <事例4>認知症の妻亡き後の承継先も指定したい <事例5> 親の介護負担を踏まえ遺産分割の生前合意を形にしたい <事例6> 遺産分割協議と家族信託を組み合わせ二次相続に備えたい 3.不動産をめぐる対策 <事例7>不動産を平等に相続させたいが共有は回避したい <事例8>共有不動産におけるトラブルを回避したい <事例9>空き家となる自宅を確実に売却したい <事例10>自分の死後に不動産を売却して分配したい <事例11>受益権売買により流通税を軽減したい 4.受益者連続 <事例12 > 子供がいないので妻亡き後は自分の血族に財産を遺したい <事例13> 子供がいない夫婦それぞれの財産は自分の血族に遺したい <事例14> 前妻にも後妻にも子供がいないので思い通りに分配したい <事例15> 後妻亡き後は前妻の子に財産を遺したい <事例16>内縁の妻亡き後は思い通りに分配したい 5.相続・事業承継対策 <事例17>子供に生前贈与した財産を自分の管理下に置きたい <事例18> 中小企業の円滑な事業承継に信託を活用したい(その1 自己信託編) <事例19> 中小企業の円滑な事業承継に信託を活用したい(その2 遺留分対策編) 6.福祉型信託 <事例20>親亡き後に障害のある子の生活を保障したい <事例21>別れた夫に子の財産管理を牛耳られるのを防ぎたい 7.その他 <事例22>遺されるペットの面倒を見てもらいたい 第3章●家族信託の超実務・50問50答 1.信託契約について Q1 契約締結に本人の判断能力はどこまで必要ですか? Q2 判断能力が低下したときに発動する信託契約は可能ですか? Q3 信託契約は公正証書にすべきですか? Q4 受益者に指定された場合の承諾は必要ですか? Q5 信託契約時に家族の承諾は必要ですか? Q6 信託契約は1本にしないといけませんか? Q7 家族信託契約の"ひな型"はありますか? Q8 家族信託はいつまで続けたらいいですか? 2.信託財産について Q9 預貯金は信託財産に入れられますか? Q10 信託財産である金銭はどうやって管理しますか? Q11 金銭を信託財産に追加することはできますか? Q12 上場株式は信託できますか? Q13 農地は信託できますか? Q14 ローン付不動産は信託できますか? Q15 信託財産となったアパートの家賃はどうしたらいいですか? Q16 登記を留保することに何か問題はありますか? Q17 信託不動産を売却するにはどうすればいいですか? 3.信託の登場人物について Q18 委託者の地位は相続しますか? Q19 受託者が行うべき会計業務には何がありますか? Q20 受託者は受益者と利益相反する行為ができますか? Q21 受託者が先に亡くなった場合はどうしますか? Q22 法人を受託者とする設計はどうしますか? Q23 受託者となる法人の種類は何がいいですか? Q24 法人を受託者とする仕組みの課題は何ですか? Q25 誰を信託監督人にしたらいいですか? Q26 信託監督人は具体的に何をするのですか? Q27 信託監督人の業務はいつからいつまでですか? Q28 受益者代理人は何をするのですか? Q29 清算受託者は何をするのですか? Q30 残余財産の帰属先権利者とは何ですか? 4.信託の税務について Q31 信託契約をした際に税務署への届出は必要ですか? Q32 2つある損益通算禁止のリスクとは何ですか? Q33 受託者が行った借入れは債務控除できますか? Q34 信託なら贈与者が認知症でも贈与できますか? Q35 家族信託に関する費用は損金に計上できますか? Q36 委託者兼受益者の親が死亡したら受託者借入で購入した不動産の担保権はどうなりますか? 5.その他 Q37 遺言と家族信託はどう違いますか? Q38 成年後見制度と家族信託はどう違いますか? Q39 成年後見制度と家族信託のコスト面はどう違いますか? Q40 受益者変更権とは何ですか? Q41 信託報酬はいくらにすべきですか? Q42 家族信託と信託銀行の業務の違いは何ですか? Q43 民事信託(家族信託)と商事信託とはどう使い分けますか? Q44 家族信託を導入するにはいくらかかりますか? Q45 家族信託の活用は誰に相談したらいいですか? Q46 信託組成後に受託者がすることは何ですか? Q47 信託の併合とは何ですか? Q48 信託の分割とは何ですか? Q49 信託の「倒産隔離機能」で資産は守れますか? Q50 各分野の専門家が家族信託を学ぶメリットは何ですか?

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
67

気づけない毒親

高橋 リエ
毎日新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
67

不在

彩瀬 まる
KADOKAWA
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
67

だまされ屋さん (単行本)

星野 智幸
中央公論新社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
67

ゲンコツ はずれくじ パンドラ セッちゃん なぎさホテルにて かさぶたまぶた 母帰る

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
66

夜明けのすべて

瀬尾 まいこ
水鈴社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
65

坂の途中の家

角田光代
朝日新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
65

「妹」という祝福 サイリウム 私のディアマンテ タイムカプセルの八年 1992年の秋空 孫と誕生会 タマシイム・マシンの永遠

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
65

きよしこ 乗り換え案内 どんぐりのココロ 北風ぴゅう太 ゲルマ 交差点 東京

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
65

サニーデイ ここが青山 家においでよ グレープフルーツ・モンスター 夫とカーテン 妻と玄米御飯 鑑賞

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
65

ひこうき雲 朝日のあたる家 潮騒 ヒア・カムズ・ザ・サン その日のまえに その日 その日のあとで

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
64

弁護士が答える民事信託Q&A100

大阪弁護士会司法委員会信託法部会
日本加除出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
64

羽田圭介さん激賞! 狙ってもいないのに笑いをとる、ちょっとズレた三人。”納骨の旅”がなんでこんなに可笑しいの?? 物書きの「私」は、ひきこもりの弟、古道具屋の父とともに佐渡への旅に出る。目的は、祖父母の隣家に住む「おばちゃん」の骨を、郷里の墓に納骨すること。ところが、骨壷をユニクロの袋に入れて運ぶくらい儀礼に構わぬ一族のこと、旅は最初から迷走気味で……。ちょっとズレた家族をしみじみ描いた快作。 羽田圭介さん激賞! 「長嶋さんの文章テクニックに、僕はいつも驚かされます」 狙ってもいないのに笑いをとる、ちょっとズレた三人。”納骨の旅”がなんでこんなに可笑しいの?? 佐渡の三人 戒名 スリーナインで大往生 旅人 解説 瀧井朝世

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.77
64

卵の緒 7's blood

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.79
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.80
65

おしまいのデート ランクアップ丼 ファーストラブ ドッグシェア デートまでの道のり

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.81
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.83
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.85
65

米袋が明日を開く 水をためれば何かがわかる 僕が破れるいくつかのこと 僕らのごはんは明日で待ってる

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.86
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.87
65

チョンマゲの転校生 おツボネさま 困ってる一人 マコト嫌い同盟 マコトの秘密 ガムガム団の襲撃 夏休みの大事件 ゆかたのマコト ジャンボのなやみ 泣きたいときには、くちぶえ クリスマスの奇跡 ガムガム団との最後のたたかい 思い出は、ここにあるから さらば、くちぶえ番長

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.88
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.89
64
みんなのレビュー
この本は博士の人生についてすごく考えさせられます。おすすめします;
No.90
65

親の生き方が、子を苦しめている―― 精神科医が解き明かす「親と子」の真実。 子は親が好きだからこそ「心の病」になり、親を救おうとしている。精神科医である著者が説く、親子という「生きづらさ」の原点とその解決。 著者は「引きこもり」や「拒食症」で悩む多くの子どもたちに向き合い、心の声に耳を傾けてきた。どの子も親が大好きで、「自分が役に立っているだろうか」「必要とされているだろうか」と考えている。しかし思春期になり、親から逃れようとする心と、従おうとする心の葛藤に悩み「心の病」になってしまう。真の解決は、親が子を救い出すのではなく、子に親が救われるのだと分かった時に訪れる。 プロローグ 心の「宇宙期」 第1章 息子は親を救うために引きこもった 第2章 娘の摂食障害が、母親の人生を回復させた 第3章 虐待されて育った子は「善と悪が逆」になっている 第4章 親とのつながりを持てなかった子の不思議な訴え 第5章 心の発達段階の最後、「宇宙期」とは何か

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.91
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.92
64

仮面家族

悠木 シュン
双葉社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.94
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.95
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.96
64

カレーライス 千代に八千代に ドロップスは神さまの涙 あいつの年賀状 北風ぴゅう太 もうひとつのゲルマ にゃんこの目 バスに乗って 卒業ホームラン

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.97
65

ある日、彼女が僕と恋人になったきっかけを知る。ちょっと不思議な交流が生みだす、温かな心の触れ合いを描いた作品集。 混雑した駅中、彼女は驚いた様子でまっすぐ僕の方へ歩いてきた。それが僕たちの出逢いであり、恋人同士になるきっかけだった。でも、心も身体もすっかり馴染みきったある日、唐突に知ってしまう。彼女が僕に近づいた理由を――。(表題作「優しい音楽」)ちょっと不思議な交流が生みだす、温かな心の触れ合いを描いた作品集。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.100
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.101
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.102
65

夏の体温 魅惑の極悪人ファイル 花曇りの向こう

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.103
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.104
64

あかり

林 木林
光村教育図書
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.105
65

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

ジョナサン・サフラン・フォア
NHK出版

「パパがどんなふうに死んだか知る必要があるんだ」「なぜ?」「そしたらどんな死に方をしたか発明しなくてもよくなるから」9.11の物語。世界的ベストセラー待望の邦訳。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.106
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.107
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.109
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.110
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.111
65

暇であっても退屈ではない!老朽化したニュータウンで第2の人生を歩み始めた定年4人組の物語。 開発から30年、年老いたニュータウンで迎えた定年。途方に暮れる山崎さんに散歩仲間ができた。「ジャージーは禁物ですぞ。腰を痛めます。腹も出ます」先輩の町内会長、単身赴任で浦島太郎状態のノムさん。新天地に旅立つフーさん。自分の居場所を捜す4人組の日々の哀歓を温かく描く連作。「帰ってきた定年ゴジラ」収録の完成版。 定年ゴジラ 第一章 定年ゴジラ 第二章 ふうまん 第三章 きのうのジョー 第四章 夢はいまもめぐりて

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.112
65

現実の厳しさから目をそむけずに、夢と希望を失わずに生き抜くインガルス一家の家族力が勇気を呼びさます名作古典の新装版、第2弾! NHKテレビシリーズによって、日本でも認知度を高めた人気名作が、青い鳥文庫新装版として8月に刊行、続く第2弾の登場です。今から150年以上も前、南北戦争が終わりを告げたアメリカで、新しい生活への期待に充ち満ちていた人々が未開の大地を目指して移住していく中、ウィスコンシン州の大きな森に小さな家を建てて暮らし始めたローラたちインガルス一家は、その後多くの人間が森に移り住んできたことで、それまで保たれていた自然との一体感が薄れてしまい、さらなる新しい天地を求めて西部の大草原へ旅立つことを決意します。しかし、馬車に乗っての旅は何十日にもわたり、ようやく辿り着いた大草原でも一家を次々とアクシデントが見舞います。それでも家族の誰一人としてくじけることなく力を合わせて毎日を生き抜いていくのです。どんな過酷な状況のもとでも好奇心を失わない少女の成長と、日々絆を強く結んでいく家族の姿が時代を超えて感動を呼ぶ名作シリーズ。 1西にむかって 2クリークをわたる 3大草原高地でのキャンプ 4大草原での一日 5大草原の家 6ひっこし 7狼のむれ 8がんじょうなとびら 9だんろの火 10屋根と床 11インディアンが家に 12おいしいのみ水 13テキサスのロングホーン 14インディアンのキャンプ 15おこり熱 16えんとつの火事 17父さん、町へいく 18背の高いインディアン 19エドワーズさん、サンタクロースに会う 20真夜中のさけび声 21インディアンの大宴会 22大草原の火事 23インディアンのときの声 24インディアンが去っていく 25兵隊がくる? 26出発 解説 アメリカの西部とインディアン

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.113
64

葉桜 おとうと 友だちの友だち カンダさん 雨やどり もこちん 南小、フォーエバー プラネタリウム ケンタのたそがれ バスに乗って ライギョ すねぼんさん 川湯にて おこた 正 どきどき タオル

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.116
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.117
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.118
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.119
64

ニベア ファミリーセンター おしまい予言 強運の持ち主

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.120
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search