【2023年】「江國香織」のおすすめ 本 78選!人気ランキング

この記事では、「江國香織」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. きらきらひかる (新潮文庫)
  2. つめたいよるに (新潮文庫)
  3. 冷静と情熱のあいだ Rosso (角川文庫)
  4. 神様のボート (新潮文庫)
  5. 流しのしたの骨 (新潮文庫)
  6. 間宮兄弟 (小学館文庫)
  7. ぬるい眠り (新潮文庫)
  8. 号泣する準備はできていた (新潮文庫)
  9. 落下する夕方 (角川文庫)
  10. こうばしい日々 (新潮文庫)
他68件
No.2
97

つめたいよるに デューク.夏の少し前.僕はジャングルに住みたい.桃子.草之丞の話.鬼ばばあ.夜の子どもたち.いつか、ずっと昔.スイート・ラバーズ. 温かなお皿 朱塗りの三段重.ラプンツェルたち.子供たちの晩餐.晴れた空の下で.さくらんぼパイ.藤島さんの来る日.緑色のギムガムクロス.南ケ原団地A号棟.ねぎを刻む.コスモスの咲く庭.冬の日、防衛庁にて.とくべつな早朝

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
92
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
92
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
88
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
85

ラブ・ミー・テンダー ぬるい眠り 放物線 災難の顛末 とろとろ 夜と妻と洗剤 清水夫妻 ケイトウの赤、やなぎの緑 奇妙な場所

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
84

前進、もしくは前進のように思われるもの じゃこじゃこのビスケット 熱帯夜 煙草配りガール 溝 こまつま 洋一も来られればよかったのにね 住宅地 どこでもない場所 手 号泣する準備はできていた そこなう

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
83

こうばしい日々.綿菓子

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
82
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
82
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
81
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
81
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
74

泳ぐのに、安全でも適切でもありません うんとお腹をすかせてきてね サマーブランケット りんご追分 うしなう ジェーン 動物園 犬小屋 十日間の死 愛しいひとが、もうすぐここにやってくる

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
68

犬とハモニカ 寝室 おそ夏のゆうぐれ ピクニック 夕顔 アレンテージョ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
67

デューク 夏の少し前 僕はジャングルに住みたい 桃子 草之丞の話 鬼ばばあ 夜の子どもたち いつか、ずっと昔 スイート・ラバーズ 九月の庭 綿菓子 絹子さんのこと メロン 昼下り、お豆腐のかど 手紙 きんのしずく 十月のルネッサンス あかるい箱 七月の卵 モンテロッソのピンクの壁 朱塗りの三段重 ラプンツェルたち 子供たちの晩餐 晴れた空の下で さくらんぼパイ 藤島さんの来る日 緑色のギンガムクロス 南ケ原団地A号棟 ねぎを刻む コスモスの咲く庭 冬の日、防衛庁にて とくべつな早朝 夕闇の川のざくろ があこちゃん おさんぽ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
63

東北新幹線 買い食い マミーカー 旅 シール 膜 煙草 テニスコート 結婚式 箱 夜 ゴルフと遊園地 足枷 熊とモーツァルト

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
63

去年の雪

江國 香織
KADOKAWA
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
63

東京タワー

江國 香織
マガジンハウス
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
59

綿菓子

香織, 江國
理論社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
55

アンデルセンのおはなし

アンデルセン,ハンス・クリスチャン
のら書店

しっかりしたスズの兵隊 皇帝の新しい服 小さな人魚 空を飛ぶかばん シャツの衿 お姫さまと豆 大クラウスと小クラウス さすらう白鳥たち みにくいアヒルの子 火口箱 おやゆび姫 雪の女王 かがり針 さよなきどり

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
55

デューク

江國 香織
講談社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
55

青い鳥

モーリス・メ-テルリンク
講談社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
54

草之丞の話

江國 香織
旬報社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
54

活発な暗闇

江國 香織
いそっぷ社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
54

蛇を踏む 消える 惜夜記

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
54

六番街の思い出 子供たち 愛について 小人たち 記憶について 雪

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
54

おおきなあかいなや

マーガレット・ワイズ ブラウン
偕成社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
54

マドレーヌのクリスマス

ベーメルマンス,ルドウィッヒ
BL出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.77
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
54

かつての「三人娘」が織りなす幸福な食卓と友情と人生に乾杯!作家の民子、自由人の理枝、主婦の早希。そして彼女たちをとりまく人々の楽しく切実な日常を濃やかに描く、愛おしさに満ち満ちた物語。江國香織〝心が躍る〟熱望の長編小説。「会わずにいるあいだ、それぞれ全然べつな生活を送っているのに――。会うとたちまち昔の空気に戻る」――作家の民子は、母の薫と静かなふたり暮らし。そこに、大学からの友人・理枝が、イギリスでの仕事を辞めて帰国し、家が見つかるまで居候させてほしいとやってきた。民子と理枝と早希(夫とふたりの息子がいる主婦)は、学生時代「三人娘」と呼ばれていた大の仲良し。早速、三人で西麻布のビストロで、再会を祝しておいしい料理とワインを堪能しながら、おしゃべりに花が咲いて・・・・・・

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search