【2023年】「不眠症」のおすすめ 本 9選!人気ランキング

この記事では、「不眠症」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. スタンフォード式 最高の睡眠
  2. 3分読むだけでグッスリ眠れる本
  3. リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)
  4. 始めよう。瞑想:15分でできるココロとアタマのストレッチ (光文社知恵の森文庫)
  5. SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術
  6. 脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術
  7. 75歳までに身につけたいシニアのための7つの睡眠習慣
  8. “睡眠満足度"があなたの年収を変える! 眠りの技法
  9. 働き方 完全無双
No.2
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
66

■ハーバード大学も注目! ぐっすり眠りたい中高年のための「科学的」熟睡法 なぜ、歳を取ると、ぐっすり眠れなくなるのか? その理由は「睡眠力の衰え」にあります。 体力、肌力、睡眠力。 この3つの力は、年齢に勝てません。 どんな人でも、歳を重ねるごとに、必ず衰えていきます。 「質の良い睡眠」を得られないと、「認知症」「高血圧」「糖尿病」「自律神経の乱れ」など、あらゆる病気や不調の一因になりかねません。 中高年特有の「睡眠力の老化」をカバーしながら、ぐっすり眠るためには、いったいどうしたらいいのでしょうか? ハーバード大学からも注目される、テレビでもおなじみの「世界一のスリープドクター」が、その解決策を分かりやすく指南します! ■本書の主な内容 ◎多くの中高年にとって、本当に問題なのは「睡眠負債」ではなく「寝過ぎ」 ◎「長く寝る人ほど、健康に長生きできる」という科学的根拠は存在しない ◎中高年は長く寝る人ほど、早死にしている ◎「ステイホームによる睡眠の悪化」にどう対処するべきか? ◎「睡眠薬を飲むと認知症になる」は本当か? ◎なぜ、夜中にトイレで目が覚めてしまうのか? ◎歳を取ってからも「深い睡眠」を増やす方法 ◎「日本人は働き過ぎ」「もっと寝なければダメ」は本当か? ◎「睡眠負債」という概念が生まれた背景 ◎「8時間は寝なさい」は子どもの睡眠習慣で、中高年には通用しない ◎本当に「早起きは三文の得」なのか? ◎75歳までに身につけたい7つの睡眠習慣 ◎健康寿命とアンチエイジングのカギになる「成長ホルモン」 ◎睡眠とお酒の関係 ◎「快適な睡眠環境」の作り方 ◎最新の研究に基づく「中高年のための快眠グッズ」 …など、目からウロコの情報が盛りだくさん。 「中高年向けの睡眠本」の決定版です!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search