【2023最新】「スプレッドシート」のおすすめ本!人気ランキング

この記事では、「スプレッドシート」のおすすめ本をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
目次
  1. できるYouTuber式 Googleスプレッドシート 現場の教科書 (できるYouTuber式シリーズ)
  2. Google Apps Scriptのツボとコツがゼッタイにわかる本
  3. できる 仕事がはかどるGoogle Apps Script自動処理 全部入り。 (できる全部入り。)
  4. GoogleAppsScript実践プログラミング
  5. Google Apps Script Webアプリ開発 超入門
  6. Excel 最強の教科書[完全版] 【2nd Edition】
  7. 詳説 正規表現 第3版
  8. Python1年生 第2版 体験してわかる!会話でまなべる!プログラミングのしくみ
  9. 確かな力が身につくJavaScript「超」入門 第2版
  10. 手順通りに操作するだけ! Excel基本&時短ワザ[完全版]第2版 仕事を一瞬で終わらせる 基本から応用まで 179のワザ
他65件
No.1
100

本書は大人気YouTubeチャンネル「Youseful/人材教育の図書館」と完全に連携しており、リモート仕事におけるGoogleスプレッドシートの活用ノウハウが面白いように理解できる構成になっています。Excelとの違いも解説しているので、Excelからの乗り換えを考えている人や、ExcelほどGoogleスプレッドシートを使いこなせていない人にもおすすめです。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
83

第1章 いまGoogle Apps Scriptを始めるべき理由 第2章 GASの基礎知識と用語解説 第3章 実用的なコードを書くための3つのポイント 第4章 GASからメールやメッセージを送る 第5章 今日から使える自動化サンプルスクリプト 第6章 スプレッドシートで問合せボットをつくる

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
81

本書は、「Google Apps ScriptによるGoogleアプリの自動化」を集大成した一冊です。おもに、業務でよく使うスプレッドシートの操作を例に、シートやセルの自動処理化、ドライブとの連携といった基本を徹底解説。最終的には「出退勤記録プログラム」「スケジュール管理プログラム」をWebアプリとして作成します。また、「全部入り。」の構成を取るため、Gmail、カレンダー、ドキュメントなど、その他のGoogleアプリの操作も盛り込みます。ビジネスの現場で、アプリ開発の現場で役に立つ情報が満載です。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
80

G Suiteの業務を自動化できるスクリプト(Google Apps Script)のユーザーが、入門書の次に読む指南書 ・これが実践レベルのGAS(Google Apps Script)! ・GASによる業務の効率化で毎日の仕事が楽になる! 本書は、Googleのオフィススイート「G Suite」での業務を自動化できるスクリプト「Google Apps Script」を使い始めたユーザーや、実際の仕事で使えるテクニックを学びたいと思っているユーザーが、入門書の次に読む本です。 「イベント参加者リストのメールアドレスに重複がある!」「フォーム入力からSlackに通知したい!」など、日常的に出会うGASの活用シーンを設定し、準備(プログラミング技術の解説)と実践(サンプルコード)で解決策を指南します。 著者は、オンライン動画学習サービス「Udemy」(ユーデミー)の人気講師でもあり、わかりやすい解説には定評があります。 第1章 イントロダクション 1.1. 本書執筆の背景 1.2. 本書の構成 第2章 Google Apps Scriptの基礎 2.1. Google Apps Scriptとは 2.2. 画面の扱い方 2.3. 覚えておくべき用語 第3章 業務効率化①:スプレッドシートの重複行に色塗り 3.1. 活用シーンを考える:イベント参加者リストのメールアドレスに重複がある 3.2. 前準備: 3.2.1. Googleスプレッドシートの扱い方 3.2.2. 制御構文(for文、if文)についてのおさらい 3.3. 実践:スプレッドシートの重複行に色塗り 第4章 業務効率化②:フォーム入力からメールの自動送信 4.1. 活用シーンを考える:  ・イベントの申し込み完了に関する自動返信メール  ・アンケート実施時の記入完了メールの自動送信  ・お問い合わせ完了メールの自動送信 4.2. 前準備: 4.2.1. Googleフォームの扱い方 4.2.2. Gmailの扱い方(送信方法) 4.3. 実践:フォーム入力からメールの自動送信 第5章 業務効率化③:フォーム入力からSlackに通知 5.1. 活用シーンを考える:社内アンケートを集約したい 5.2. 前準備: 5.2.1. Web APIとは 5.2.2. Web APIの叩き方 5.2.3. Slackとは 5.2.4. SlackのWebhookについて 5.3. 実践:フォーム入力からSlackに通知 第6章 業務効率化④:カレンダー情報を取得しLINEに通知 6.1. 活用シーンを考える:  ・休暇社員の通知  ・1日のスケジュールを通知  ・特定のタスクがある日を事前に通知 6.2. 前準備:Googleカレンダーの扱い方 6.3. 実践:カレンダー情報を取得しLINEに通知 第7章 業務効率化⑤:予定の参加意思が未確認の人へのリマインドメール 7.1. 活用シーンを考える:社内MTGやイベント時にリマインドメールを飛ばす 7.2. 前準備:特になし (「業務効率④:カレンダー情報を取得しLINEに通知」を理解していれば問題なし) 7.3. 実践:予定の参加意思を確認できていない人へのリマインドメール 第8章 業務効率化⑥:議事録事前準備 8.1. 活用シーンを考える:社内MTG開始前に議事録をGoogleドキュメントで作成している 8.2. 前準備:Googleドキュメントの扱い方 8.3. 実践:議事録事前準備 第9章 業務効率化⑦:Gmailを特定の条件でスプレッドシートに抽出 9.1. 活用シーンを考える:お問い合わせ内容の種類を精査し、FAQを作成したい 9.2. 前準備:Gmailの扱い方(送信方法) 9.3. 実践:Gmailをスプレッドシートに抽出 第10章 業務効率化⑧:HTMLメールマガジンの配信 10.1. 活用シーンを考える:Googleドキュメントで作成した内容(HTML)をGmailで一斉送信したい 10.2. 前準備:特になし 10.3. 実践:HTMLメールマガジンの一斉配信 第11章 業務効率化⑨:見積書の自動作成 11.1. 活用シーンを考える:  ・見積書の作成業務が多い  ・見積書の情報をまとめてスプレッドシートで確認したい 11.2. 前準備:特になし 11.3. 実践:見積書の自動作成 第12章 業務効率化⑩:Webから情報を自動で取得し可視化する(Webスクレイピング) 12.1. 活用シーンを考える:特定のサイトのデータを定期的に取得し確認したい 12.2. 前準備: 12.2.1. Webスクレイピングとは 12.2.2. HTMLの構造 12.2.3. トリガーの設定方法 12.3. 実践:Webから情報を自動で取得し可視化する 第13章 業務効率化⑪:翻訳APIの作成 13.1. 活用シーンを考える:API公開(活用シーンを考えるよりAPIを公開する一連の流れを体感してもらう) 13.2. 前準備: 13.2.1. Language Appの扱い方 13.2.2. Web APIへの公開方法 13.3. 実践:翻訳APIの作成

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
79

Google Apps ScriptとG Suiteアプリを使って、Webアプリを作る方法を解説した書籍です。Webアプリ開発の手順をひとつひとつ、作りながら解説していきます。Google Apps ScriptとG Suiteで、Webフレームワークでの開発と似たような事をしたい、似たような物を作ってみたい、というような人向けの書籍です。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
75

詳説 正規表現 第3版

Jeffrey E.F. Friedl
オライリージャパン

本書は正規表現の概念を詳細に解説し、言語やツールの実例を豊富に示しながら、正規表現への理解を深める解説書である。第3版では、前版のJavaと.NETに加え、新たにPHPの章が追加された。正規表現の本質を読み解く決定版。 1章 正規表現入門 2章 初心者向けのサンプル 3章 正規表現の機能と方言 4章 正規表現処理のメカニズム 5章 正規表現の実践的なテクニック 6章 効率のよい正規表現の作り方 7章 Perl 8章 Java 9章 .NET 10章 PHP

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
69

今や私たちの仕事や生活に無くてはならない存在になったGoogleサービス。これらGoogleサービスの自動化や連携を行うことで、大幅な効率化が図れます。そして、それを可能にするのがGoogle Apps Script(GAS)です。 スプレッドシートで表や帳票を作る、Gmail で通知メッセージを送る、ドライブのフォルダやファイルを整理する、カレンダーのイベントを登録する、ドキュメントで議事録のひな形を作り翻訳もする…このようなことがプログラミングできるのです。 誰もが無料で利用できるGASですが、「知識」と「技術」の習得が不可欠です。 GASの構造や仕組み、プログラミングの構文、ルールや制約など、多くの知識とそれを実現するスキルが必要になり、多くの学習時間を要します。 本書は、入門からその達成までの努力の道のりを、ピタリと伴走してくれる一冊です。 JavaScriptの基本から自作ライブラリまで徹底解説。これ一冊だけで基礎から実践まで体系的にマスターできます。 新IDEにも完全対応。 本書は、Google Apps Script(GAS)の基礎から実践まで、体系的にマスターできる入門書です。JavaScriptの基本から自作ライブラリまで徹底解説。新IDEに完全対応しています。 第1章 Google Apps Script の基礎知識 第2章 スクリプトエディタとダッシュボード 第3章 基本構文 第4章 制御構文 第5章 関数 第6章 クラスとオブジェクト 第7章 JavaScript の組み込みオブジェクト 第8章 スプレッドシート 第9章 Gmail 第10章 ドライブ 第11章 カレンダー 第12章 ドキュメント 第13章 スライド 第14章 フォーム 第15章 翻訳 第16章 Base サービス 第17章 ユーザーインターフェース 第18章 ファイルとデータの操作 第19章 Utilitiesサービス 第20章 Propertiesサービス 第21章 イベントとトリガー 第22章 外部サイトへのアクセス 第23章 ライブラリ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
69

よくわかるPython入門

富士通ラーニングメディア
富士通ラーニングメディア
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
67

Python(パイソン)は初心者が比較的修得しやすく、AI(人工知能)やパターン認識などの先端技術に活用されている優れたプログラミング言語です。 本書では、初心者を対象に、Pythonを使ったプログラミングの勘所をやさしく解説しました。 例題に取り組むことで、プログラミングとはどういうものかを理解し、プログラミング的思考を身につけてもらうことを目的に執筆しました。 読者の皆さんが、楽しみながらPythonの素晴らしさやプログラミングの醍醐味を感じていただけたら、著者として望外の喜びです。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
65

利用頻度が高い「スプレッドシート」を中心に、リファレンス(逆引き)形式でGoogle Apps Scriptを解説します。  Excelのマクロに似た「スクリプト」を書けば、Gmailや「スプレッドシート」などのGoogleサービスを更に効率的に、思うように使えます。そのスクリプトを書いて実行するプログラミング環境が、Google Apps Script(GAS)。  本書は、実務での利用頻度が高い「スプレッドシート」を中心に、「こんなことをするには?」というリファレンス(逆引き)形式でGASの機能を解説。  一般のプログラミング言語のリファレンスブックのように、クラス名やメソッド名でも引けるから、上級者にも便利です。  Google Apps Scriptの新しい実行環境仕様「V8」にも対応しているので、これから長く使えます! ■第1章 Google Apps Scriptの基礎知識 1-1 事前知識 1-2 基本文法 1-3 取り扱いアプリケーション ■第2章 G Suite Services 2-1 Spreadsheet サービス 2-2 Gmail サービス 2-3 Calendar サービス 2-4 Slides サービス ■第3章 Script Services 3-1 Base サービス 3-2 Lockサービス 3-3 Utilities サービス 3-4 ScriptApp サービス 3-5 UrlFetch サービス ■第4章 組み込みオブジェクト 4-1 Dateクラス 4-2 Stringクラス 4-3 Numberクラス 4-4 Mathクラス 4-5 RegExpクラス 4-6 Arrayクラス ■第5章 業務利用コード公開 5-1 Spreadsheet 5-2 Spreadsheet × Gmail 5-3 Spreadsheet × Calendar 5-4 Spreadsheet × Slack 5-5 Spreadsheet × Google Slides

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
65

最近のオンラインや自宅作業や業務の効率化に必須。Excelに似た表計算やドキュメントの作業を自動化するGASをやさしく解説 実際の現場のテクニックがボリューム満載の "使える"実用コード!! ・丁寧な解説で、基礎から実践までしっかり身に着く。 ・スプレッドシートやGmailを自動化。データ作業が簡単に。 ・手軽にDX!無駄な作業がとってもきらいな人のため自動化の手始めに最適。 「本気の!!業務効率化」 無償Googleアカウントで今日から始める"効率化" ⦅話題のAIを操作するTOPICを追加⦆ ・話題のAI「ChatGPT」を自動スクリプトで扱う! ・名刺などの文字認識にも大活躍「OCR」を扱う! ------ Excelのマクロに似た「スクリプト」を書けば、Gmailや「スプレッドシート」などのGoogleサービスを更に効率的に、思うように使えます。そのスクリプトを書いて実行するプログラミング環境が、Google Apps Script(GAS)です。 本書は、実務での利用頻度が高い「スプレッドシート」を中心に、「こんなことをするには?」というリファレンス(逆引き)形式でGASの機能を解説。一般のプログラミング言語リファレンスのように、クラス名やメソッド名でも引けるから、上級者にも便利です。 最近のオンラインや自宅作業や業務の効率化に必須。Excelに似た表計算やドキュメントの作業を自動化するGASをやさしく解説 ■Part 1 ■Chapter 1 Google Apps Script 基礎 ●Google Apps Scriptの基礎 ○1[1-1] GASの特徴 ○2[1-2] GASを利用するための準備物 ○3[1-3] 制限と割当 ●6分/実行 ○4[1-4] Apps Scriptサービス ― Google Workspace services, Utility services, Other Google services ●開発環境 ○5[1-5] プロジェクト ○6[1-6] コンテナバインドプロジェクト ○7[1-7] スタンドアロンプロジェクト ○8[1-8] UI ○9[1-9] マニフェストファイル ― appsscript.json, タイムゾーン ○10[1-10] Apps Script ダッシュボード ●スクリプト ○11[1-11] スクリプト作成 ― スクリプトエディタ ○12[1-12] スクリプト実行 ○13[1-13] 入力補完機能 ○14[1-14] ショートカットキー ○15[1-15] プロパティストア ○16[1-16] デプロイ ●ログ ○17[1-17] ログ ― 実行ログ, Cloudログ ○18[1-18] console.log()とLogger.log() ○19[1-19] デバッグ ●トリガー ○20[1-20] トリガー ○21[1-21] シンプルトリガー ○22[1-22] インストーラブルトリガー ○23[1-23] イベントオブジェクトの役割 ○24[1-24] イベントオブジェクトの使い方 ●Google Apps Script Reference ○25[1-25] 公式リファレンス ■Chapter 2 JavaScript 基礎 ●JavaScriptの基礎 ○26[2-1] JavaScriptの基礎知識 ― ECMAScript ○27[2-2] コード記述の基礎知識 ― 関数, ステートメント, セミコロン, インデント ○28[2-3] コメント ― コメントアウト, ドキュメンテーションコメント, JSDoc ●変数・定数 ○29[2-4] 変数と定数 ○30[2-5] var/let/const ○31[2-6] スコープ ○32[2-7] 命名ルール ― 識別子, 予約語 ●データ型 ○33[2-8] データ型の種類 ○34[2-9] プリミティブ型とオブジェクト型 ― ミュータブル, イミュータブル ○35[2-10] データ型の変換 ― 暗黙的な型変換, 組み込み関数, ラッパーオブジェクト ●演算子 ○36[2-11] 演算子の種類 ○37[2-12] インクリメント/デクリメント演算子(++, --) ○38[2-13] 単項演算子(typeof, !...etc) ○39[2-14] 算術演算子(+, -, /, *...etc) ○40[2-15] 比較演算子(, ===...etc) ○41[2-16] 論理演算子(&&, ||) ○42[2-17] 代入演算子(=, +=...etc) ○43[2-18] エスケープシーケンス(\n, \"...etc) ●配列 ○44[2-19] 一次元配列 ○45[2-20] 一次元配列の要素取得 ○46[2-21] 一次元配列の要素代入(更新) ○47[2-22] 二次元配列 ○48[2-23] 二次元配列の要素取得 ○49[2-24] 二次元配列の要素代入(更新) ●オブジェクト ○50[2-25] オブジェクト ― プロパティ, key, value ○51[2-26] オブジェクトの値取得 ― ドット記法, ブラケット記法 ○52[2-27] オブジェクトの値代入(更新) ○53[2-28] オブジェクトのメソッド定義 ●制御構文 ○54[2-29] 制御構造 ― 順次実行, 条件分岐, 繰り返し ○55[2-30] if文 ○56[2-31] if...else文 ○57[2-32] if...else if文 ○58[2-33] for文 ○59[2-34] for...of文 ― 反復可能オブジェクト ○60[2-35] for...in文 ― 列挙可能プロパティ ○61[2-36] ジャンプ文 ○62[2-37] break文 ○63[2-38] continue文 ○64[2-39] return文 ○65[2-40] try...catch文 ○66[2-41] throw文 ― new Error() ●関数 ○67[2-42] 関数宣言 ○68[2-43] 引数と戻り値 ― 実引数(parameter), 仮引数(argument), return ○69[2-44] 引数の5つのポイント ― デフォルト引数, 可変長引数, 残余引数(レストパラーメータ) ○70[2-45] 関数式(関数リテラル) ― 無名関数(匿名関数), 即時関数 ○71[2-46] アロー関数 ― コールバック関数 ●クラス ○72[2-47] クラスの理解 ― オブジェクト指向, OOP, プロパティ, メソッド, インスタンス化, インスタンス ○73[2-48] class ○74[2-49] コンストラクタとnew演算子 ― constructor(), new ○75[2-50] this ○76[2-51] クラスのメソッド定義 ○77[2-52] プロトタイプ ― prototype ○78[2-53] 静的メンバー ― 静的プロパティ, 静的メソッド, static ○79[2-54] クラス活用例 ●ES6 ○80[2-55] ES6の記法 ○81[2-56] スプレッド構文 ○82[2-57] テンプレートリテラル ○83[2-58] 分割代入 ■Part 2 ■Chapter 3 Spreadsheet ●Spreadsheetサービス ○84[3-1] Spreadsheetサービスの理解 ― SpreadsheetAppクラス, Spreadsheetクラス, Sheetクラス, Rangeクラス ●スプレッドシート ○85[3-2] スプレッドシートの新規作成 ― create() ○86[3-3] スプレッドシートの名前設定 ― rename() ○87[3-4] スプレッドシートのコピー ― copy() ○88[3-5] アクティブなスプレッドシートの取得 ― getActiveSpreadsheet() ○89[3-6] IDからスプレッドシートの取得 ― openById() ○90[3-7] URLからスプレッドシートの取得 ― openByUrl() ○91[3-8] スプレッドシート編集の即時反映 ― flush() ●シート ○92[3-9] アクティブシートの取得 ― getActiveSheet() ○93[3-10] 名前からシートの取得 ― getSheetByName() ○94[3-11] 全シートの取得 ― getSheets() ○95[3-12] シート数の取得 ― getNumSheets() ○96[3-13] シート名の設定 ― setName() ○97[3-14] シートのアクティブ化 ― setActiveSheet() ○98[3-15] アクティブシートのコピー ― duplicateActiveSheet() ○99[3-16] シートの削除 ― deleteSheet() ○100[3-17] アクティブシートの削除 ― deleteActiveSheet() ●セル ○101[3-18] 単一セル/セル範囲の取得 ― getRange() ○102[3-19] 単一セルの値取得 ― getValue() ○103[3-20] セル範囲の値取得 ― getValues() ○104[3-21] 単一セルの表示値取得 ― getDisplayValue(), getFomula(), getFomulas() ○105[3-22] セル範囲の表示値取得 ― getDisplayValues() ○106[3-23] 単一セルへの値入力 ― setValue() ○107[3-24] セル範囲への値入力 ― setValues() ○108[3-25] アクティブセルの取得 ― getCurrentCell() ○109[3-26] アクティブセル範囲の取得 ― getActiveRange() ○110[3-27] 値が存在するセル範囲の取得 ― getDataRange() ○111[3-28] A1形式のアドレス取得 ― getA1Notation() ○112[3-29] フォーマットの設定 ― setNumberFormat(), setNumberFormats() ○113[3-30] データの入力規則の設定 ― newDataValidation(), setDataValidation(), requireValueInList(), build(), メソッドチェーン ○114[3-31] 単一セル/セル範囲のコピー ― copyTo() ○115[3-32] 単一セル/セル範囲のクリア ― clear(), clearContent() ●共通 ○116[3-33] スプレッドシート/シート名の取得 ― getName() ○117[3-34] シート/セルのアクティブ化 ― activate() ○118[3-35] スプレッドシート/シートURLの取得 ― getId(), getSheetId(), getUrl() ●行/列 ○119[3-36] 単一セル/セル範囲の行番号取得 ― getRow() ○120[3-37] 単一セル/セル範囲の列番号取得 ― getColumn() ○121[3-38] 最終行の取得 ― getLastRow() ○122[3-39] 最終列の取得 ― getLastColumn() ○123[3-40] 行の削除 ― deleteRow() ○124[3-41] 複数行の削除 ― deleteRows() ○125[3-42] 列の削除 ― deleteColumn() ○126[3-43] 複数列の削除 ― deleteColumns() ●権限 ○127[3-44] 編集権限の追加 ― addEditor(), addEditors(), removeEditor() ○128[3-45] 閲覧権限の追加 ― addViewer(), addViewers(), removeViewer() ○129[3-46] 編集権限ユーザーの取得 ― getEditors() ○130[3-47] 閲覧権限ユーザーの取得 ― getViewers() ■Chapter 4 Gmail ●Gmailサービス ○131[4-1] Gmailサービスの理解 ― GmailAppクラス, GmailThreadクラス, GmailMessageクラス, GmailAttachmentクラス ●メール作成 ○132[4-2] メール送信 ― sendEmail() ○133[4-3] アクティブユーザーのメールアドレス取得 ― getActiveUser(), getEmail() ○134[4-4] メール下書き作成 ― createDraft() ○135[4-5] 下書きメールの取得 ― getDrafts() ○136[4-6] 下書きメールの削除 ― deleteDraft() ○137[4-7] メール全員返信 ― replyAll(), reply() ○138[4-8] メール全員返信の下書き作成 ― createDraftReplyAll(), createDraftReply() ●スレッド ○139[4-9] スレッド(メッセージ)の検索 ― search() ○140[4-10] スレッドのパーマリンク取得 ― getPermalink() ○141[4-11] IDからスレッドの取得 ― getThreadById() ●共通 ○142[4-12] スレッド/メッセージIDの取得 ― getId() ●メッセージ ○143[4-13] 単一スレッドからメッセージ取得 ― getMessagesForThread(), getMessages() ○144[4-14] 複数スレッドからメッセージ取得 ― getMessagesForThreads() ○145[4-15] IDからメッセージ取得 ― getMessageById() ○146[4-16] メッセージの受信日時取得 ― getDate() ○147[4-17] メッセージの差出人取得 ― getFrom() ○148[4-18] メッセージの件名取得 ― getSubject() ○149[4-19] メッセージの本文取得(HTML形式) ― getBody() ○150[4-20] メッセージの本文取得(テキスト形式) ― getPlainBody() ○151[4-21] メッセージのCc取得 ― getCc() ○152[4-22] メッセージのBcc取得 ― getBcc(), getTo() ○153[4-23] メッセージの添付ファイル取得 ― getAttachments() ○154[4-24] メッセージのヘッダー取得 ― getHeader() ■Chapter 5 Google Drive ●Driveサービス ○155[5-1] DriveAppサービスの理解 ― DriveAppクラス, Folderクラス, Fileクラス, FolderIteratorクラス, FileIteratorクラス ●イテレータ ○156[5-2] フォルダ/ファイルの存在確認 ― hasNext() ○157[5-3] フォルダ/ファイルの取得 ― next() ●フォルダ ○158[5-4] IDからフォルダ取得 ― getFolderById() ○159[5-5] ルートフォルダの取得 ― getRootFolder() ○160[5-6] 全フォルダの取得 ― getFolders() ○161[5-7] 名前からフォルダ取得 ― getFoldersByName() ○162[5-8] 検索条件と一致するフォルダ取得 ― searchFolders(params) ○163[5-9] 親フォルダの取得 ― getParents() ○164[5-10] フォルダの新規作成 ― createFolder() ●ファイル ○165[5-11] IDからファイル取得 ― getFileById() ○166[5-12] 全ファイルの取得 ― getFiles() ○167[5-13] 名前からファイル取得 ― getFilesByName() ○168[5-14] 検索条件と一致するファイル取得 ― searchFiles(params) ○169[5-15] MIMEタイプからファイル取得 ― getFilesByType(), MimeType ○170[5-16] ファイルの新規作成 ― createFile() ○171[5-17] ファイルのコピー ― makeCopy() ○172[5-18] ファイルのMIMEタイプ取得 ― getMimeType() ●共通 ○173[5-19] フォルダ/ファイルの削除 ― setTrashed() ○174[5-20] フォルダ/ファイルの移動 ― moveTo() ○175[5-21] フォルダ/ファイルの名前取得 ― getName() ○176[5-22] フォルダ/ファイルのURL取得 ― getUrl() ○177[5-23] フォルダ/ファイルの作成日時取得 ― getDateCreated() ○178[5-24] フォルダ/ファイルの最終更新日時取得 ― getLastUpdated() ○179[5-25] フォルダ/ファイルのID取得 ― getId() ○180[5-26] フォルダ/ファイルの名前設定 ― setName() ■Chapter 6 Google Calendar ●Calendarサービス ○181[6-1] Calendarサービスの理解 ― CalendarAppクラス, Calendarクラス, CalendarEventクラス, EventGuestクラス ●共通 ○182[6-2] カレンダー/カレンダーイベントのID取得 ― getId() ○183[6-3] カレンダー/カレンダーイベントのカラー取得/設定 ― setColor(), getColor(), Color ●カレンダー ○184[6-4] デフォルトカレンダーの取得 ― getDefaultCalendar() ○185[6-5] IDからカレンダー取得 ― getCalendarById() ○186[6-6] 名前からカレンダー取得 ― getCalendarsByName() ○187[6-7] 登録されたカレンダーの取得 ― getAllCalendars() ○188[6-8] 所有カレンダーの取得 ― getAllOwnedCalendars() ○189[6-9] カレンダーの名前取得 ― getName() ●カレンダーイベント ○190[6-10] カレンダーイベントの取得 ― getEvents(), GuestStatus ○191[6-11] IDからカレンダーイベント取得 ― getEventById() ○192[6-12] 特定日のカレンダーイベント取得 ― getEventsForDay() ○193[6-13] カレンダーイベントの作成者取得 ― getCreators() ○194[6-14] カレンダーイベントのタイトル取得 ― getTitle() ○195[6-15] カレンダーイベントの開始日時取得 ― getStartTime() ○196[6-16] カレンダーイベントの終了日時取得 ― getEndTime() ○197[6-17] カレンダーイベントの場所取得 ― getLocation() ○198[6-18] カレンダーイベントの説明取得 ― getDescription() ○199[6-19] カレンダーイベントの終日判定 ― isAllDayEvent() ○200[6-20] カレンダーイベントの新規作成 ― createEvent() ○201[6-21] 終日カレンダーイベントの新規登録 ― createAllDayEvent() ○202[6-22] カレンダーイベントの削除 ― deleteEvent() ○203[6-23] カレンダーイベントのタイトル設定 ― setTitle() ○204[6-24] カレンダーイベントの開始/終了日時設定 ― setTime() ○205[6-25] カレンダーイベントの場所設定 ― setLocation() ○206[6-26] カレンダーイベントの説明設定 ― setDescription() ○207[6-27] カレンダーイベントのリマインダー削除 ― removeAllReminders() ○208[6-28] カレンダーイベントのリマインダー設定 ― addPopupReminder() ○209[6-29] カレンダーイベントのゲストリスト表示設定 ― setGuestsCanSeeGuests() ○210[6-30] カレンダーイベントのタグ(key, vale)設定 ― setTag() ○211[6-31] カレンダーイベントタグのkeyからvalue削除 ― deleteTag() ○212[6-32] カレンダーイベントタグのkeyからvalue取得 ― getTag() ○213[6-33] カレンダーイベントタグのkey全取得 ― getAllTagKeys() ●ゲスト ○214[6-34] カレンダーイベントのゲスト取得 ― getGuestList() ○215[6-35] ゲストのステータス取得 ― getGuestStatus() ○216[6-36] ゲストのメールアドレス取得 ― getEmail() ○217[6-37] カレンダーイベントへのゲスト追加 ― addGuest() ○218[6-38] カレンダーイベントのゲスト削除 ― removeGuest() ■Chapter 7 Google Document ●Documentサービス ○219[7-1] Documentサービスの理解 ― DocumentAppクラス, Documentクラス, Bodyクラス ●ドキュメント ○220[7-2] ドキュメントの新規作成 ― create() ○221[7-3] アクティブドキュメントの取得 ― getActiveDocument() ○222[7-4] IDからドキュメント取得 ― openById() ○223[7-5] URLからドキュメント取得 ― openByUrl() ○224[7-6] ドキュメントのタイトル取得 ― getName() ○225[7-7] ドキュメントの本文領域取得 ― getBody() ○226[7-8] 本文領域からテキスト取得 ― getText() ■Chapter 8 Google Slides ●Slidesサービス ○227[8-1] Slidesサービスの理解 ― SlidesAppクラス, Presentationクラス, Slideクラス, Shapeクラス ●プレゼンテーション ○228[8-2] プレゼンテーションの新規作成 ― create() ○229[8-3] アクティブプレゼンテーションの取得 ― getActivePresentation() ○230[8-4] IDからプレゼンテーション取得 ― openById() ○231[8-5] URLからプレゼンテーション取得 ― openByUrl() ○232[8-6] プレゼンテーションの名前取得 ― getName() ○233[8-7] プレゼンテーションの名前設定 ― setName() ○234[8-8] プレゼンテーションのID取得 ― getId() ○235[8-9] プレゼンテーションのURL取得 ― getUrl() ●スライド ○236[8-10] スライドの全取得 ― getSlides() ○237[8-11] IDからスライド取得 ― getSlideById() ○238[8-12] スライドの更新 ― refreshSlide() ○239[8-13] スライドの追加 ― appendSlide(), PredefinedLayout, SlideLinkingMode ●テキスト/グラフ/画像 ○240[8-14] スライド内の文字列置換 ― replaceAllText() ○241[8-15] スライドの画像取得 ― getImages() ○242[8-16] スライドのシェイプ取得 ― getShapes() ○243[8-17] スライドのテキスト取得 ― getText(), asString() ○244[8-18] スライドのグラフ取得 ― getSheetsCharts() ○245[8-19] グラフの更新 ― refresh() ○246[8-20] スライドへの画像貼り付け ― insertImage(), getSourceUrl() ■Chapter 9 Google Forms ●Formsサービス ○247[9-1] Formsサービスの理解 ― FormAppクラス, Formクラス, Itemクラス, FormResponseクラス, ItemResponseクラス ●フォーム ○248[9-2] フォームの新規作成 ― create() ○249[9-3] フォームのタイトル取得 ― getTitle() ○250[9-4] アクティブフォームの取得 ― getActiveForm() ○251[9-5] IDからフォーム取得 ― openById() ○252[9-6] URLからフォーム取得 ― openByUrl() ○253[9-7] フォームのURL取得 ― getEditUrl(), getSummaryUrl(), getPublishedUrl() ○254[9-8] フォームのタイトル設定 ― setTitle() ○255[9-9] フォームの説明設定 ― setDescription() ○256[9-10] フォームのメールアドレス収集可否設定 ― setCollectEmail() ○257[9-11] フォームのログイン要否設定 ― setRequireLogin() ●設問 ○258[9-12] (入力回答)一行テキストの追加 ― addTextItem() ○259[9-13] (入力回答)複数行テキストの追加 ― addParagraphTextItem() ○260[9-14] (選択回答)ラジオボタンの追加 ― addMultipleChoiceItem() ○261[9-15] (選択回答)チェックボックスの追加 ― addCheckboxItem() ○262[9-16] (選択回答)ドロップダウンリストの設定 ― addListItem() ○263[9-17] 質問の設定 ― setTitle() ○264[9-18] 質問の説明設定 ― setHelpText() ○265[9-19] 質問の回答必須/任意設定 ― setRequired() ○266[9-20] 回答選択肢の設定 ― setChoiceValues() ○267[9-21] 回答選択肢にその他を追加 ― showOtherOption() ●レスポンス ○268[9-22] フォームの回答取得 ― getResponses() ○269[9-23] タイムスタンプの取得 ― getTimestamp() ○270[9-24] メールアドレスの取得 ― getRespondentEmail() ○271[9-25] アイテムレスポンスの取得 ― getItemResponses() ○272[9-26] 質問の取得 ― getItem(), getTitle() ○273[9-27] アイテムの回答取得 ― getResponse() ■Chapter 10 UI ●ダイアログボックス ○274[10-1] ボタン選択型のダイアログボックス表示 ― Browserクラス, Uiクラス, msgBox(), getUi(), alert(), ButtonSet ○275[10-2] テキスト入力型のダイアログボックス表示 ― inputBox(), prompt(), ButtonSet ○276[10-3] 選択ボタンの取得 ― getSelectedButton() ○277[10-4] 入力テキストの取得 ― getResponseText() ●カスタムメニュー ○278[10-5] カスタムメニューの作成 ― createMenu(), addItem(), addToUi() ■Chapter 11 Web ●API ○279[11-1] HTTPレスポンスの取得 ― UrlFetchAppクラス, fetch() ○280[11-2] ヘッダー情報の取得 ― getHeaders() ○281[11-3] ステータスコードの取得 ― getResponseCode() ○282[11-4] コンテンツテキストの取得 ― getContentText() ●HTML ○283[11-5] 静的HTMLの生成 ― createHtmlOutput(), createHtmlOutputFromFile(), append() ○284[11-6] 動的HTMLの生成 ― createTemplate(), createTemplateFromFile(), evaluate(), getCode() ○285[11-7] HTMLメールの本文取得 ― getContent() ○286[11-8] HTMLのダイアログボックス表示 ― showModalDialog(), showModelessDialog() ○287[11-9] HTMLのサイドバー表示 ― showSidebar() ■Chapter 12 Script ●時間 ○288[12-1] スクリプト実行時間の取得 ― consoleクラス, time(), timeEnd() ○289[12-2] スクリプトの一時停止/遅延 ― Utilitiesクラス, sleep() ●排他制御 ○290[12-3] ロックの取得(排他制御①) ― LockServiceクラス, getDocumentLock(), getUserLock(), getScriptLock() ○291[12-4] ロックの有効化(排他制御②) ― tryLock(), waitLock(), hasLock() ○292[12-5] ロックの解除(排他制御③) ― releaseLock() ●トリガー ○293[12-6] 時間ベースのトリガー新規作成 ― ScriptAppクラス, newTrigger(), timeBased() ○294[12-7] 時間ベーストリガーの起動日時設定 ― at() ○295[12-8] トリガーの有効化 ― create() ○296[12-9] 全トリガーの取得 ― getProjectTriggers() ○297[12-10] 関数名の取得 ― getHandlerFunction() ○298[12-11] トリガーの削除 ― deleteTrigger() ■Chapter 13 Blob ●ファイル ○299[13-1] ファイルの取得 ― getBlob(), getAs() ○300[13-2] ファイルの名前取得 ― getName() ○301[13-3] ファイルの名前設定 ― setName() ○302[13-4] ファイルのコンテンツタイプ取得 ― getContentType() ○303[13-5] ファイルの新規作成 ― newBlob() ■Chapter 14 Properties ●プロパティストア ○304[14-1] プロパティストアの取得 ― PropertiesServiceクラス, getScriptProperties(), getUserProperties(), getDocumentProperties() ○305[14-2] プロパティストアへのプロパティ(key, value)格納 ― setProperty(), setProperties() ○306[14-3] プロパティストアのkey全取得 ― getKeys() ○307[14-4] プロパティストアのkeyからvalue取得 ― getProperty() ○308[14-5] プロパティストアのプロパティ全取得 ― getProperties() ○309[14-6] プロパティストアのkeyからプロパティ削除 ― deleteProperty() ○310[14-7] プロパティストアのプロパティ全削除 ― deleteAllProperties() ■Chapter 15 日付・文字列・数値 ●日付 ○311[15-1] 現在日時の取得 ― new Date() ○312[15-2] 特定日時の取得 ― new Date() ○313[15-3] 日付の表示形式設定 ― Utilitiesクラス, formatDate(), toString(), toLocaleString(), toDateString(), toLocaleDateString(), toTimeString(), toLocaleTimeString() ○314[15-4] 年の取得/設定 ― getFullYear(), setFullYear() ○315[15-5] 月の取得/設定 ― getMonth(), setMonth() ○316[15-6] 日の取得/設定 ― getDate(), setDate() ○317[15-7] 曜日の取得 ― getDay() ●文字列 ○318[15-8] 文字列の位置取得 ― indexOf() ○319[15-9] 文字列の有無判定 ― includes() ○320[15-10] 検索文字列での開始判定 ― startsWith() ○321[15-11] 検索文字列での終了判定 ― endsWith() ○322[15-12] 特定文字で文字列の長さ調整 ― padStart() ○323[15-13] 文字列を区切り文字で分割 ― split() ○324[15-14] 文字列の切り取り ― slice(), substring(), substr() ○325[15-15] 数値の文字列変換 ― toString(), String() ●正規表現 ○326[15-16] 正規表現の利用 ― new RegEx(), /~/ ○327[15-17] 文字列の置換 ― replace(), replaceAll() ○328[15-18] 文字列の一致判定 ― test() ○329[15-19] 一致文字列の取得 ― match(), matchAll(), exec() ○330[15-20] 一致文字列の位置取得 ― search() ●数値 ○331[15-21] 有理数の判定 ― isFinite() ○332[15-22] 整数の判定 ― isInteger() ○333[15-23] 文字列の数値変換 ― parseInt(), parseFloat(), Number() ○334[15-24] 小数点の切り上げ ― ceil() ○335[15-25] 小数点の切り捨て ― floor() ○336[15-26] 小数点の四捨五入 ― round() ■Chapter 16 配列 ― 配列 ○337[16-1] 配列メソッド ― Arrayクラス ○338[16-2] 要素数の取得 ― length ●アクセサメソッド ○339[16-3] 配列の結合 ― concat() ○340[16-4] 二次元配列を一次元配列に変更(フラット化) ― flat() ○341[16-5] 要素を特定文字で結合 ― join() ○342[16-6] 文字列の位置取得 ― indexOf() ○343[16-7] 文字列の有無判定 ― includes() ●変更メソッド ○344[16-8] 末尾への要素追加 ― push() ○345[16-9] 先頭への要素追加 ― unshift() ○346[16-10] 末尾から要素の抜き取り ― pop() ○347[16-11] 先頭から要素の抜き取り ― shift() ○348[16-12] 要素の反転 ― reverse() ●反復メソッド ○349[16-13] (配列各要素)コールバック実行 ※ 戻り値無し ― forEach() ○350[16-14] (配列各要素)コールバック実行 ※ 戻り値有り ― map() ○351[16-15] (配列各要素)すべての要素が条件を満たすか判定 ― every() ○352[16-16] (配列各要素)最低1つの要素が条件を満たすか判定 ― some() ○353[16-17] (配列各要素)条件を満たす要素で新しい配列を生成 ― filter(), find() ○354[16-18] (配列各要素)ユニークな値の生成 ― reduce(), reduceRight() ■TOPIC 最新トレンド ●ChatGPT Ⅰ[0-1] ChatGPT ― ChatGPT, OpenAI Ⅱ[0-2] ChatGPTのAPI key ― API, API Key Ⅲ[0-3] ChatGPT×GAS ― maxTokens, プロパティストア Ⅳ[0-4] ChatGPT×カスタム関数 ― カスタム関数 ●OCR Ⅴ[0-5] 文字認識(OCR) ― OCR Ⅵ[0-6] OCR×GAS ― DriveAppサービス

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
65

★基礎の文法から自動化のコツまで、この1冊でわかる! ・毎日決まった時間でGmail送信 ・Googleフォームで取ったアンケートの集計…… 日々の業務のなかに、「ちょっとだけめんどうくさい」定型的な仕事はありませんか? 実はそれらはプログラミングを勉強すれば、一瞬で終わらせることができるんです! 冒頭であげたような「業務でよくある課題」を題材に、プログラミングの基本から丁寧に解説。 さらに、現役のプログラマがコードを作る際の1つ1つの過程が追えるため、応用に必要な 「プログラミングの考え方」がしっかりと身に付きます! ■■はじめに ■■■第1章 知っておきたいGASプログラミングの超基本 ■■Section1-1 そもそも「プログラミング」って何だろう ■■Section1-2 Google Apps Scriptを使うメリットって? ■■Section1-3 プログラムの流れを具体的に考えてみよう ~フローチャート ■■Section1-4 「動くプログラム」を体験してみよう! ■■Section1-5 章のまとめ ■■Column1-1 ここも重要! 記号について ■■■第2章 日報送信を自動化したい! ~GASでスプレッドシートを操作する ■■Section2-1 この章でできるようになること ■■Section2-2 GASプログラミングの大前提! 関数 ■■Section2-3 「定数」「変数」は箱で理解! ■■Section2-4 プログラム上で文字列を扱う方法 ■■Section2-5 算術演算子 ~足したり、引いたりをGASでおこなう ■■Section2-6 理解度確認テスト1 平均点を計算しよう ■■Section2-7 GoogleスプレッドシートのデータをGASで取得しよう ■■Section2-8 GmailもGASで操作してみよう ■■Section2-9 「日報送信の自動化プログラム」を書いてみよう ■■Section2-10 章のまとめ ■■Section2-11 ここも重要! プログラミングの決まり事 ■■■第3章 アンケート集計を自動化したい! ~「配列」「条件分岐」「繰り返し」を理解する ■■Section3-1 この章でできるようになること ■■Section3-2 いろいろなパターンに対応させよう「if文」 ■■Section3-3 さらに条件を追加してみよう ~if-elseでfalseのときの処理を追加する ■■Section3-4 条件分岐の強い味方! 比較演算子と論理演算子 ■■Section3-5 プログラムの「値」には種類がある ■■Section3-6 理解度確認テスト2 たかし君のテスト ■■Section3-7 「配列」を使って、データをひとまとめにしちゃおう ■■Section3-8 繰り返す処理はループで解決 ■■Section3-9 forを発展させてみよう ~breakとcontinue ■■Section3-10 理解度確認テスト3 forによるループ ■■Section3-11 配列とループの使いどころを学ぼう ■■Section3-12 ここが重要! 二次元配列 ■■Section3-13 理解度確認テスト5 二次元配列のループ ■■Section3-14 社内アンケート集計プログラムの要件定義 ■■Section3-15 社内アンケート集計プログラムを書いてみよう ■■Section3-16 自分でメニューを作る ■■Section3-17 章のまとめ ■■Column3-1 ここも重要! スプレッドシートに一気に値を追加する方法 ■■■第4章 タスク管理リストでリマインドをしてほしい! ■■Section4-1 この章でできるようになること ■■Section4-2 もっと便利に関数を使いこなそう! ■■Section4-3 複数種類のデータの扱いは、オブジェクトにお任せ ■■Section4-4 組み込みオブジェクトとは ■■Section4-5 見せなくていいものは隠しちゃおう(スコープ) ■■Section4-6 「タスク管理プログラム」を書いてみよう ■■Section4-7 章のまとめ ■■Section4-8 理解度確認テスト5 たかし君のテストを関数で ■■Column4-1 ここも重要! コンテナバインドスクリプトとスタンドアロンスクリプト ■■■第5章 Gmailの添付ファイルを自動でGoogle Driveに保存したい! ■■Section5-1 この章でできるようになること ■■Section5-2 GmailをGASで操作しよう ■■Section5-3 Google DriveをGASで操作しよう ■■Section5-4 コンピュータで扱うデータは大きく分けて2種類 ■■Section5-5 「請求書自動保存プログラム」を書いてみよう ■■Section5-6 章のまとめ ■■■第6章 プログラムのメンテナンス ■■Section6-1 この章でできるようになること ■■Section6-2 日報送信プログラムに条件を追加しよう ■■Section6-3 タスク管理シートが動かなくなった!? ■■Section6-4 章のまとめ ■■Column6-1 ここも重要! GASの公式ドキュメントの見方 ■■Column6-2 ここも重要! シンプルトリガーonEdit ■■おわりに ■■あとがき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
64
みんなのレビュー
超人気のUdemy講師酒井さんの書籍。この書籍さえ一通り読んでおけばPythonは問題ないといっても過言ではないくらい網羅性があって分かりやすい。
No.37
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
63

jQueyのその先へ。サンプルをつくりながら学ぶ制作現場の実装スキル jQueyのその先へ。 サンプルをつくりながら学ぶ制作現場の実装スキル JavaScriptの基本書は数多く存在しますが、実際の開発で、どうコードに落とし込めばいいかとなると、とたんに「壁」を感じる人がたくさんいます。本書は、そんな人たちが、これだけ学べば「壁」が越えられるという5つ(❶オブジェクト指向の考え方、❷UI・インタラクティブ表現としてのイベント、❸Canvas APIによるグラフィック表現、❹Ajaxを利用したAPI連携とデータ検索、❺シングルページアプリケーションの実装)を集中的に学んでいく学習書です。それぞれ読んで理解しできる「基本」と、具体的なコードを書きながら学べる「実践」とのセットで学べるので、現場で使えるスキルが効率よく学べます。 Chapter01 オブジェクト指向 Chapter02 UI・インタラクティブ表現 Chapter03 グラフィック表現 Chapter04 AJAX・API連携・データ検索 Chapter05 シングルページアプリケーション

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
63

JavaScriptのセオリーを徹底解説。基本からクライアントサイド、サーバサイドまで最新の技術を完全網羅。 1 JavaScript-overview 2 JavaScript言語仕様 3 クライアントサイドJavaScript 4 HTML5 5 Web API 6 サーバサイドJavaScript

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
63

Webページに必須のJavaScriptの技術を作例の作成を通して学ぶ。Webページ制作未経験でもわかるように丁寧に解説する JavaScriptは、Webページに表示される画像や文字列などを、閲覧する人の操作に応じて自由自在に変えられるプログラミング言語です。本書では、1つ1つ作例を作り、動かしながらJavaScriptの基本を少しずつ学んでいきます。手順通りにやるだけで、HTMLやCSSの未経験者でもJavaScriptの使い方が必ずマスターできます。(ブルーバックス・2014年1月刊) 手順通りに書いて、動かすだけで 自然とJavaScriptが身につく! JavaScriptは、Webページに表示される 画像や文字列などを、閲覧する人の操作に応じて 自由自在に変えられるプログラミング言語です。 本書では、1つ1つ作例を作り、動かしながら JavaScriptの基本を少しずつ学んでいきます。 手順通りにやるだけで、HTMLやCSSの未経験者でも JavaScriptの使い方が必ずマスターできます。 1章 JavaScriptとは何だろう 2章 JavaScriptを学習する前の準備 3章 JavaScriptプログラミングはじめの一歩 4章 ボタンクリックで処理を実行させよう 5章 JavaScriptでHTMLやCSSを操作する 6章 変数の処理を学ぼう 7章 表示する画像によって実行する処理を使い分ける 8章 画像の表示をスムーズにする記述方法について 9章 さらに効率のよいコードに改善する

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
63

JavaScriptの全体像を理解し使いこなす!初心者が覚えるべき要素を厳選。アニメーション効果やモーションデザインも解説 JavaScriptの全体像を理解し使いこなす!初心者が覚えるべき要素を厳選。 ユーザビリティを向上させるアニメーション効果やモーションデザインも解説。 JavaScriptは他のプログラミング言語より敷居が低い(初心者向きの)言語として知られていますが、仕様や技術の全体像を理解していないと、なかなか使いこなせないものです。 本書は、JavaScriptの全体像を常に意識しながら、言語仕様であるECMAScript、ブラウザーに文字や画像を表示する仕組み、ブラウザーとプログラムをつなぐAPI、DOM、アニメーション表現などの技術を体系的に学べるように構成しました。 各章の冒頭では、達成目標や学習のポイント、学習の流れを理解し、「今何を学んでいるのか」を常に把握できます。 章末では、練習問題や達成目標のチェックシートで理解度を自己評価し、理解が曖昧な箇所や、復習すべき学習項目を洗い出すことができます。 また、JavaScriptには20年以上の歴史があり、何度も改訂が繰り返されてきましたが、特に大きな改訂となったのがECMAScript2015(ES6)です。ソフトウェア開発の生産性に関わる重要な仕様が盛り込まれており、これからJavaScriptを学ぶ人たちにとっての「入り口」になります。本書はこのES6に準拠しているので、より実践的なスキルを身につけることができます。 はじめに 本書の読み方 Chapter1 WebとJavaScript 01.JavaScript 誕生の歴史 ・JavaScriptとは? ・JavaScriptとJavaはどう違うの? 02.Web ブラウザーの種類 ・OSの標準ブラウザーとサードパーティのブラウザー ・レンダリングエンジンとJavaScriptエンジン 03. JavaScript とECMAScript の関係 ・マイクロソフトのJScriptって何? ・高校生でもわかるJavaScriptの全体像 ■学習目標のチェックシート・Chapter1 のまとめ Chapter2 準備と基本文法 01.JavaScript を学ぶための準備をしておこう ・学習に必要な環境とは? ・テキストエディタの種類 ・プログラミングは修正の繰り返し 02.HTML ファイルを作成する ・プロジェクトフォルダーとHTMLファイルを新規作成する 03.オートコンプリートを活用してコードを記述しよう ・オートコンプリート機能とは? 04.プログラミングの「デバッグ」を体験してみよう ・コンソールとは? 05.外部のJavaScript ファイルを作成してHTML に読み込む ・JavaScriptファイルを新規作成する 06.用途に応じてコメントを記述する ・コメントを記述してみよう ■学習目標のチェックシート・Chapter2 のまとめ Chapter 3 変数とデータ型 01.変数とは? ・変数を宣言する ・変数にデータを記憶する ・変数名の付け方 ・予約語は使用できない ・変数宣言の巻き上げとは? 02.演算子の種類と優先順位 ・演算子とは? 03.JavaScript のデータ型 ・データ型を学ぶ ・JavaScriptのデータ型はプリミティブ型とオブジェクト型 ■練習問題 ■学習目標のチェックシート・Chapter3 のまとめ ■練習問題の解答 Chapter 4 条件分岐 01.アルゴリズムって? ・アルゴリズムの基本 02.体格指数を算出するプログラムをif 文で書いてみよう ・if文で記述する 03.体格指数を算出するプログラムをif/else 文で書いてみよう ・if/else文で記述する ・痩せぎみの判定を追加する 04.曜日によって表示を変更するプログラムをswitch 文で書いてみよう ・switch文で記述する ■練習問題 ■学習目標のチェックシート・Chapter4 のまとめ ■練習問題の解答 Chapter 5 繰り返し 01.ループ文 ・ループ文とは? 02.while 文とdo while 文を理解する ・while文とdo while文で記述する 03.for 文を理解する ・for文で記述する 04.break 文とcontinue 文を理解する ・break文とcontinue文で記述する ■練習問題 ■学習目標のチェックシート・Chapter5 のまとめ ■練習問題の解答 Chapter 6 配列 01.配列とは何か? ・配列を学ぶ 02.JavaScript の配列はオブジェクト ・組み込みオブジェクトとは? 03.連想配列 ・連想配列を使ってデータを格納する 04.基本的な配列の操作 ・配列の操作を学ぶ ■練習問題 ■学習目標のチェックシート・Chapter6 のまとめ ■練習問題の解答 Chapter 7 関数 01.関数の基礎知識 ・関数のどこが便利なの? ・関数はどのように定義するの? ・メソッドでもある関数とメソッドではない関数 02.関数の使い方 ・独自の関数を定義して呼び出す 03.関数を使って簡単なプログラムを作る ・改良前のプログラムを再確認する ・プログラムを設計する ■練習問題 ■学習目標のチェックシート・Chapter7 のまとめ ■練習問題の解答 Chapter 8 組み込みオブジェクト 01.JavaScript の組み込みオブジェクト ・組み込みオブジェクトとその種類 02.Date オブジェクトを使う ・Dateオブジェクトで日付や時刻を表示する 03.String オブジェクトを使う ・Stringオブジェクトで文字列を操作する 04.Number オブジェクトを使う ・Numberオブジェクトで数値を表示する ■練習問題 ■学習目標のチェックシート・Chapter8 のまとめ ■練習問題の解答 Chapter 9 オブジェクト指向プログラミング 01.オブジェクト指向とは? ・オブジェクト指向の概念を学ぶ 02.DOM オブジェクトとは? ・JavaScriptをWebで使うために欠かせない技術 03.DOM の操作 ・DOMの構造を理解する ・DOMを操作する ・DOMオブジェクトの内容を確認する ■練習問題 ■学習目標のチェックシート・Chapter9 のまとめ ■練習問題の解答 Chapter 10 Web API 01.API とは? ・Webアプリケーション開発で必須のAPI ・ブラウザーのAPIとサードパーティのAPI 02.Web ブラウザーのオブジェクト ・Webブラウザーのオブジェクトとは? ・Webブラウザーの印刷ダイアログを表示する ・イベントオブジェクト 03.その他のオブジェクト(XMLHttpRequest) ・XMLHttpRequestを使った処理を確認する ■練習問題 ■学習目標のチェックシート・Chapter10 のまとめ ■練習問題の解答 Chapter 11 jQuery 01. JavaScript のライブラリ「jQuery」 ・ライブラリとフレームワークとは? ・jQueryの使い方 ・ライブラリなしのJavaScriptコードとjQueryを比較する ・jQueryでh1要素の色を変更する 02. スライドショーを作成する ・スライドショーを作成する ■練習問題 ■学習目標のチェックシート・Chapter11 のまとめ ■練習問題の解答 Chapter 12 アニメーション 01. Vue.js の使い方 ・JavaScript 学習の全体像 ・Vue.js をインストールする ・Vue.js を動かしてみる 02. 基本的なアニメーション表現 ・フェードイン・アウト ・ズームイン・アウト 03. モーションデザイン ・フラットデザインとモーションデザイン ・モーションデザインの重要性 ・CSSアニメーションライブラリの活用 ■練習問題 ■学習目標のチェックシート・Chapter12 のまとめ ■練習問題の解答 ・索引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
63

実際のWebサイト制作に使えるコードを多数紹介。プロのデザイナーとして必須のスキルが身につく。 1 JavaScriptの基本 2 Webページの操作-変数の利用 3 文字の加工-文字列処理 4 値による表示の変更-条件分岐 5 複雑化した処理の整理-関数 6 大量のデータの処理-配列とループ処理 7 JavaScriptのデータ構造-オブジェクト 8 キャンバス-Canvas 1 9 画像、音声、動画の利用-Canvas 2、Audio、 Video

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
63

プログラム作りを楽しもう。はじめてでも大丈夫!この1冊で基礎をしっかりマスターできます! 1 JavaScriptでビジュアルWebプログラミング 2 JavaScriptでプログラムを作る 3 イベント処理とオブジェクト操作 4 JavaScriptの標準オブジェクト 5 HTML要素を動的に操作する 6 ラケットゲームを作成する 7 プログラムテクニックを身に付ける 8 データ構造とアルゴリズム 9 リバーシゲームに挑戦

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
63

Web系の基本言語としてますます重要度の高まるJavaScript言語。定番の入門書が最新対応でリニューアル! ネットの基本言語JavaScriptのやさしい入門書がリニューアル! JavaScriptはプログラミングの入門言語、ネット系/Web系プログラミングの 基本言語として重要な位置を占めています。『JavaScriptの絵本 第2版』は プログラミングの知識のない方でも気軽に始められるやさしい入門書です。 本改訂では、進化してきたJavaScriptの利用法にも配慮し、さまざまな点で 内容を見直しました。 ・絵を多用し、短い解説で絵本のようにビジュアルに理解することができます。 ・2ページを単位とした説明、基礎に絞り込んだ内容でスピーディに習得。 ・予備知識は不要。「プログラミングとはなにか」から説明します。 ・最新の言語仕様に対応し、JavaScriptのライブラリの活用法なども説明します。 ・JavaScriptのオブジェクト指向も解説。オブジェクト指向に易しく入門できます。 【翔泳社の「絵本」シリーズのラインナップをアップデート】 翔泳社の「絵本シリーズ」は、豊富なイラストと簡潔な解説で コンピュータ技術に入門できる初心者向けのシリーズです。 言語/技術の超初心者や手軽に習得したい方に最適な入門書です。 新しい「絵本シリーズ」では、旧来の分かりやすさ、親しみやすさ、 基礎に徹した内容というコンセプトはそのままに、Web/ネットが全盛となった 現在のコンピュータ技術の潮流に合わせた解説を施しています。 JavaScriptをはじめる前に 第1章 HTML 第2章 JavaScriptの実装 第3章 変数と演算子 第4章 制御文 第5章 関数 第6章 一般的なオブジェクト 第7章 ブラウザのオブジェクト 第8章 JavaScriptのオブジェクト指向 付録

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
63

JavaScript初心者でも安心して学べる超入門書の登場! 【本書の概要】 Webサービスの開発現場で人気のJavaScript。 はじめてJavaScriptに触れる方も多くなってきています。 本書はそうしたJavaScript初心者の方に向けて 簡単なサンプルを作りながら、JavaScriptのプログラムの仕組みを 体験してもらう書籍です。 【対象読者】 JavaScriptのついて、何も知らない超初心者 【1年生シリーズ・3つのポイント】 ・対話形式で解説し、イラストを交えながら、基礎知識を解説します。 ・初めての方でも安心して学習できるよう基本文法もしっかり解説します。 ・平易でサンプルを用意していますので、安心してプログラムを体験できます。 【本書のポイント】 クロネコ先生とマウス君と一緒に 基本的なプログラムから、作って楽しい音楽アプリの作成まで 体験して、プログラミングのしくみを学ぶことができます。 【著者】 リブロワークス 書籍の企画、編集、デザインを手がける編集プロダクション。手がける書籍はプログラミングからExcelまでIT系を中心に幅広い。最近の著書に『Unityの寺子屋 定番スマホゲーム開発入門』(MdN、大槻有一郎名義、共著)、『今すぐ使えるかんたんEx Excel作図入門』(技術評論社)などがある。 第1章 JavaScriptで何ができるの? 第2章 計算するプログラムを作ろう 第3章 コンピュータに判断させよう 第4章 プログラムの外側を作ってみよう 第5章 遊べる音楽アプリを作ってみよう

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
63

JavaScriptの入門者向け解説書 入門者を対象に手を動かしながら、学べる形式をとります。冗長な解説は避け、なるべく簡潔にして読者に飽きさせない切り口で解説していきます。 著者 エンタクルグラフィックスさんはHTML5、JavaScriptなどを使ってのリッチコンテンツ作成を得意とされるWeデザイン制作会社。これまでゲームタイトルのローンチサイトを中心に実績多数。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search