【2024年】「吉田松陰」のおすすめ 本 83選!人気ランキング

この記事では、「吉田松陰」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 (Sanctuary books)
  2. 吉田松陰一日一言
  3. 吉田松陰 (この人を見よ!歴史をつくった人びと伝)
  4. 熱誠の人 吉田松陰語録に学ぶ人間力を高める生き方
  5. 吉田松陰の生涯: 猪突猛進の三〇年 (586) (歴史文化ライブラリー 586)
  6. 吉田松陰 留魂録 (全訳注) (講談社学術文庫)
  7. [新訳]留魂録
  8. 折れない志 吉田松陰50の言葉 (リベラル文庫)
  9. 運命を拓く☓心を磨く 吉田松陰
  10. 講孟箚記(上) (講談社学術文庫)
他73件
No.1
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
68

時代を読み解く先見性と類まれな行動力で、維新の先駆者となった吉田松陰。熱き志で駆け抜けた29年の生涯は、新しい日本を築く礎となった!維新の先駆者・吉田松陰の生涯。高学年〜。 クイズ 吉田松陰ってどんな人? はやわかりコミック 吉田松陰物語-至誠の人明治維新はここから始まった!(作:坂口結美) 吉田松陰の生きた時代(1830‐1849 教師にと定められた運命 1849‐1853 旅にあけくれた青春 海の果てに賭けた夢 助け合いの教育を目指す 志のために死を選ぶ) 人物ズームイン!-吉田松陰をめぐる人びと(玉木文之進 毛利敬親 ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
61

[新訳]留魂録

松浦 光修
PHP研究所
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
61

江戸末期、日本という国の行く末を憂い、江戸幕府をはじめ、その時代の常識すら自らの行動で壊しに向かった吉田松陰。わずか30年にも満たない短い人生を、松陰が思う日本と日本人のために生き切り、魂に響く言葉と教えを後世に残してくれた。著者の遠越段は、人生の困難に直面した際に、座右の書である『吉田松陰全集』を紐解き、その都度、松陰の教えから大いなる知恵と力をもらい、困難を乗り越えてきた。本書は、そんな著者が、現代を生きる我々が、松陰の教えをどのように学び、活かしていったらいいのかを、松陰の残した言葉の中から厳選した100を紐解き解説。 第一章: 至誠 第二章: 情熱 第三章: 大志 第四章: 教学 第五章: 道義

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
60

弟子たちを熱狂させ、新しい時代を導いた幕末の思想家・吉田松陰。その松陰が処刑直前に書いた『留魂録』には、人の心を動かす教えが満ちている。高杉晋作や伊藤博文ら弟子たちは『留魂録』を何度も読み返して師の志を受け継ぎ、新時代のリーダーとして明治維新を実現させた。 困難に直面したときいかに生きるべきか、どうすれば勇気や行動力を持てるのか、人を教え導くにはどうすればいいのか。『留魂録』の現代語訳・解説を通じて、松陰の教えの核心に迫る。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
60

昨日の自分を超えていく、松陰からのメッセージ 松陰の発した魂の言葉は、読むだけで覚悟と気力を高めてくれる 混沌とした幕末の時代に活躍したひとりの天才指導者、吉田松陰の真髄に迫る100の言葉を収録。吉田松陰の言葉は常に現実とぶつかり合いながら心の奥から吐き出され、時代を超え私たちの胸へと響いていく。覚悟、信念、情熱、思考、時代を超えて今でも多くのリーダーたちから尊敬され続ける真の指導者、吉田松陰の心に刺さる100の言葉を厳選し噛み砕いて紹介。「志を燃やす」「迷いを断つ」「覚悟を決め」「心を磨く」「人を育てる」「生死を超える」という6つの章に分け、各章ごとに松陰と深い関わりのあった人物も紹介し、その言葉が生まれた背景を深堀していく。 志を燃やす 迷いを断つ 覚悟を決める 心を磨く 人を育てる 生死を超える

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
60

武教全書講章 未忍焚稿 上書 猛省録 未焚稿 解題

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
60

見事な御最期.吉田松陰の恋.お絹と男たち.後裔たちの海程.刀痕記

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
59

吉田松陰と松下村塾

海原 徹
ミネルヴァ書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
59

吉田松陰

川口 雅昭
致知出版社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
59

吉田松陰の思想と行動

桐原 健真
東北大学出版会

ペリー来航に始まる開国過程において日本が経験したことは、単に他者としての欧米やアジアに対する認識にとどまらず、「日本」という自己認識の転回であった。そしてその背後にはみずからの持つ思想的伝統に対する反省と読み替えが存在していた。この転形期を最も劇的に体現した吉田松陰の思想と行動を、没後150年目の今、まったく新たな視座から問い直す。彼の軌跡を追体験することは、また同様に一箇の転形期である今日の日本を逆照射することにもなるであろう。 第1部 幕末維新期における「国際社会」認識の転回 序章 第1章 「西洋」と「日本」の発見 第2章 「外夷の法」―松陰と白旗 第3章 読み替えられる「華夷秩序」―「国際社会」への編入と参加 第4章 松陰とアジア―「雄略」論の展開   第2部 吉田松陰における思想形成とその構造 序章 第1章 吉田松陰における思想上の「転回」―水戸学から国学へ 第2章 論争の書としての『講孟余話』―吉田松陰と山県太華、論争の一年有半 第3章 吉田松陰の神勅観―「教」から「理」へ、そして「信」へ 第4章 幕末における普遍と固有

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
59

クロニクル高杉晋作の29年

一坂 太郎
KADOKAWA(新人物往来社)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.77
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.79
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.80
59

誰が坂本龍馬をつくったか (角川SSC新書 85)

河合 敦
角川・エス・エス・コミュニケーションズ
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.83
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search