についてお探し中...

【2024年】「キリスト教」のおすすめ 本 115選!人気ランキング

この記事では、「キリスト教」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 1年で聖書を読破する。 永遠のベストセラー完読法 (Forest Books)
  2. 上馬キリスト教会ツイッター部の キリスト教って、何なんだ? 本格的すぎる入門書には尻込みしてしまう人のための超入門書
  3. 上馬キリスト教会の世界一ゆるい聖書入門 (講談社の実用BOOK)
  4. 1冊でわかるキリスト教史
  5. この一冊で「聖書」がわかる!: 旧約、新約のあらすじから、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教まで (知的生きかた文庫 し 21-7)
  6. 読むだけでわかるキリスト教の歴史
  7. なんでもわかるキリスト教大事典 (朝日文庫)
  8. キリスト教講義
  9. 旧約聖書入門: 光と愛を求めて (光文社文庫 み 1-2)
  10. NHK出版 学びのきほん キリスト教の核心をよむ (教養・文化シリーズ NHK出版学びのきほん)
他105件
No.4
88

1冊でわかるキリスト教史

土井健司
日本キリスト教団出版局
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
82
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
81
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
81
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
71

1 宗教では聖人と呼ばれ崇められる人物がいる。キリスト教の信仰世界では、〈神と神の子イエス〉はその絶対性ゆえに一般の信者からは遠い存在であるため、両者の間で、信者の悩みや問題を解決する存在として聖者が浮上する。本書では、聖者たちを、イエスの家族と関係者、12人の弟子、福音書の作者、殉教者、布教や拡大に尽力した者、有力な神学者や修道士、宗教改革者など8つのパートに分けて列伝化した。数多の聞き覚えのある名前を手がかりに、歴史だけでなく教義や宗派の秘密まで教えてくれる画期的な一冊。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
71

イエスの活動、パウロの伝道から、叙任権闘争、十字軍、宗教改革まで――。キリスト教二千年の歴史が果てなきやくざ抗争史として…

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
71

聖書 -原文校訂による口語訳

フランシスコ会聖書研究所
サンパウロ
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
70

キリスト教とは何か(改訂版)

ペトロ・ネメシェギ
女子パウロ会
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
70

日本人の99%はなぜキリスト教を信じないのか? 宣教師たちの言動、日本人のキリスト教への眼差しを糸口に固定観念を問い直す。 日本人の99%はなぜキリスト教を信じないのか? 宣教師たちの言動、日本人のキリスト教への眼差しを糸口に固定観念を問い直す。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
70

聖書

フェデリコ・バルバロ
講談社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
64

"いのち"を生かすはずの宗教が、なぜ殺戮と抑圧を生むのか。イスラエル民族神話の成立からキリスト神話の成立へ。連続と断絶、継承と相剋の壮大なドラマのうちに、救済を語る宗教にはらまれた、転倒のメカニズムを探る。 第1部 イスラエル民族神話の成立(「神話」としての五書 王国時代-預言者の活動とバビロン捕囚 民族宗教としてのユダヤ教の成立-民族アイデンティティの危機とその克服) 第2部 イスラエル民族神話の揺らぎ(ヘレニズムとユダイズム-セクト運動の誕生 マカバイ戦争とハスモン王朝-多様化するセクト運動 ローマ支配-民族意識の高揚と蔓延するセクト的価値観 後一世紀パレスティナの空気-尖鋭化するユダイズムへの問い) 第3部 イエスの活動と思想(「信仰のキリスト」と「歴史のイエス」 前史 イエスの活動と思想 死) 第4部 キリスト神話の成立と展開(キリスト派の成立 教会の発展 パウロ ユダヤ民族意識の高揚と教会内部の対立 キリスト派のユダヤ教からの分離 キリスト教の反ユダヤ主義)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
62

神の小屋 (Forest books)

ウィリアム・ポール・ヤング
いのちのことば社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
62

〈キリスト教対イスラーム〉を超えて、多様な人々からなる社会の全体像へ――。精緻な史料分析により初めて解明。 〈キリスト教対イスラーム〉を超えて、多様な人々からなる社会の全体像へ――。精緻な史料分析により「聖地防衛国家」の姿を初めて解明した画期的労作。 〈キリスト教対イスラーム〉を超えて、多様な人々からなる社会の全体像へ――。第1回十字軍によって生まれた「聖地防衛国家」は、内と外の異教徒とともになぜ存続しえたのか。祈る人、戦う人、働く人が都市と農村で形づくる王国の姿を、ヨーロッパとの関係も含め、精緻な史料分析から初めて解明した画期的労作。 凡 例 全体地図 序 1 聖地周辺域の十字軍国家略史 2 十字軍国家の構造に関する全体的な研究史 第I部 祈る人――教会人たち 第1章 教会形成と王権 1 先行研究と問題の所在 2 教会創設とそれに伴う司教の選出 3 教会制度の確立過程と王権――聖墳墓教会を中心に 4 エルサレム・アンティオキア総大司教区の境界問題 5 小 括 第2章 国王戴冠と司教任命 1 エルサレム王国に関する年代記史料 2 国王戴冠とその意味 3 国王と司教任命 4 小 括 第3章 国政面における王権と教会 1 内政面に見る国王と聖職者の関係の推移――証書史料の分析より 2 外交面における聖職者の役割 3 王権と結び付く聖職者たち――エルサレム王国における「移動」の意味 4 小括――「封建王国」モデル・「聖地防衛国家」モデルの限界と可能性 5 後期エルサレム王国の状況点描 第4章 一三世紀の聖地周辺域における托鉢修道会士の活動 1 ムスリムの改宗の実態 2 キリスト教徒への回心活動 3 小括 4 補――『ジャン・ディブランの書』に見るエルサレム王国軍 第II部 戦う人――騎士修道会、およびフランク人に仕えた現地人たち 第5章 聖ヨハネ修道会の「軍事化」に見る国制構造の変化 1 研究史と問題の所在 2 修道会長の称号の変遷 3 副署人リストに見る聖ヨハネ修道会の認識の変化 4 所領獲得状況の推移 5 防衛要素から攻撃要素へ 6 小 括 第6章 騎士修道会と国王宮廷会議 1 国王宮廷会議と騎士修道会 2 国王宮廷会議に列席する騎士修道会士たち 3 聖ヨハネ修道会とテンプル騎士修道会との比較 4 小 括 第7章 騎士修道会の発展 1 条約締結権 2 有力者との関係に見る政治的役割の展開 3 エルサレム王国の会議・集会と騎士修道会 4 小 括 第8章 フランク人に仕えた現地人たち 1 叙述史料に現れる者たち 2 国王宮廷サークルの一員となった者たち――証書史料の分析(1) 3 領主となった者たち――証書史料の分析(2) 4 トゥルコポーレース――証書史料の分析(3) 5 小 括 第III部 働く人(1)――ブルジョワと都市社会 第9章 前期エルサレム王国における都市統治構造 ――都市エルサレムのブルジョワを中心に 1 研究史と問題の所在 2 都市エルサレムのブルジョワと都市行政 3 国王会議とブルジョワ 4 小 括 第10章 十字軍国家における都市統治構造 1 都市アッコンのブルジョワ 2 都市エルサレム・アッコン以外のエルサレム王国の都市行政 3 アンティオキア侯国およびトリポリ伯国における都市行政 4 小 括 第11章 「医者」から見る都市社会の構造 1 叙述史料の分析 2 法書史料の分析 3 証書史料の分析 4 小 括 第12章 ヨーロッパ商業都市と十字軍国家 1 ハッティーンの戦いまでの状況 2 ハッティーンの戦いからロンバルディア戦争終結までの状況 3 ロンバルディア戦争終結以降の状況 4 「封建家臣」となった者たち 5 小 括 第IV部 働く人(2)――フランク人と農村社会 第13章 「ナブルス逃亡事件」とその背景 1 史料および補足説明 2 戦争による農村運営への影響 3 農村世界の変容――フランク人人口の増加と「新村」の創設 4 小 括 第14章 十字軍国家における農村支配 ――通訳官・書記官・ライース 1 フランク人支配領域に残留する農民たち 2 「下級役人」に関するカエンとライリー=スミスの成果 3 フランク人と農村を繋ぐ媒介者たち 4 小 括 第15章 フランク人による農村支配の変容とほころび ――マルシリオ・ゾルジの『報告書』を手がかりに 1 『報告書』作成の目的 2 ティール市内の模様 3 ティール領のトポグラフィー 4 ティール領内の農村における現地人支配 5 小括――現地人支配のほころび:分割所有の功罪 第16章 フランク人による農村支配の限界 1 フランク人による農村支配の変容 2 バイバルスによるフランク人と農村との切り離し政策 3 一二八三年の条約に見るアッコン領内の農村支配 4 一二八五年の条約に見るティール領内の農村支配 5 「新参者」による農村への攻撃 6 小 括 結 あとがき 家系図・付表 注 参考文献 図表一覧 索 引 櫻井康人著;0201;01;〈キリスト教対イスラーム〉を超えて、多様な人々からなる社会の全体像へ――。精緻な史料分析により初めて解明。;20200701

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
62

1955年の旧新約初版発行以来、日本中のプロテスタントの教会やミッションスクールで愛読された口語訳聖書(第9回毎日出版文化賞特別賞受賞)。戦後の国語の変化や聖書の学究の急速な進歩により高まった、聖書の口語体への改訳要求に応え、平易簡明の文体を旨とした訳業が日本人の聖書学者によってなされました。戦後の混乱期から高度経済成長を遂げてゆく日本で広く普及し、1960年代には年間400万冊も頒布されました。文語訳聖書譲りの歯切れ良い文体は、心にとまった文言を「聖句」として取り出して暗唱し、生活の標語として、それによって導きを受けるのに適していると称える愛読者は現在も多いと言われます。 こちらは、最も広く用いられた小型・A6判です。かつてはクロス装でしたが、現行品は柔らかく扱いやすいビニールクロス装となっています。 旧約聖書 1955年改訳 新約聖書 1954年改訳

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
62

たいせつなきみ

マックス ルケード
いのちのことば社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
62

旧約聖書の学び

越川 弘英
キリスト新聞社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
61

キリスト教神学入門

アリスター・E. マクグラス
教文館
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
61

青野神学の集大成! 悪い者の上にも良い者の上にも「アバ父」は太陽をのぼらせてくださる。 イエスはそのように神の無条件の愛とゆるしを宣言した。そのことが彼を十字架へと追いやった。このイエスの出来事は私たちに何を語りかけているのか? 使徒パウロはこの出来事をどう捉えたのか? なぜパウロは十字架のキリストを「十字架につけられ給ひしままなるキリスト」と、継続を意味する現在完了形で表現したのか? ここに福音の核心がある。 かつてコイノニア社から出された名著の復刊。同社が会社を閉じたため、読者の要望の多かった同書を、新教出版社から復刊することになりました。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
61

旧約聖書 (まんがで読破)

バラエティ・アートワークス
イースト・プレス
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
61

新共同訳 小型聖書 NI44

共同訳聖書実行委員会
日本聖書協会
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
61

まえがき 第1章 パウロの生涯  生い立ち/謎の青年時代/迫害者/復活のイエス/ガリラヤか、エルサレムか/回心/アラビアでの宣教/エルサレムへの上京/使徒会議/伝道の旅へ/コリント教会/最後の旅 第2章 パウロの手紙  1 正典としてのパウロの手紙  2 パウロの手紙はどう読まれたか  伝道のための手紙/朗読される手紙/複製される手紙/マルキオンの正典  3 七つの真筆の手紙  テサロニケ人への第一の手紙/コリント人への第一の手紙/コリント人への第二の手紙/ガラテヤ人への手紙/フィリピ人への手紙/フィレモンへの手紙/ローマ人への手紙 第3章 十字架の神学  1 イエスの最期  パウロは何が許せなかったのか/心の内に現われたイエス/イエスの最期についての資料/ 「十字架の神学」の核心  2 十字架につけられたままのキリスト  生き続けるイエス/イエスの殺害/十字架の逆説/十字架刑の残酷さ/ 「十字架につけられたまま」とは何か  3 呪いこそ解放、そして祝福  律法の呪いからの贖い出し/ 「十字架」と「死」の区別/ 「贖罪」とは何か/ 「義なる方」である神/律法とは何か/罪とは何か  4 「弱さ」を生きる   「弱さこそ強さ」という逆説/両面作戦を戦う/異邦人の告白の逆説/弱さゆえの十字架/正反対のパウロ?/イエスの言葉の反映/ 「強い」生き方への警鐘 第4章 パウロの思想と現代  1 パウロの思想の影響  再発見者たち/アウグスティヌス/マルティン・ルター/カール・バルト  2 神の啓示をめぐって  3 イエスの贖罪をめぐって  イエスの叫び/贖罪論の危うさ/ 「犠牲」について/ルカの誤解/イエスの福音の中心 あとがき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
59

般若心経

山田 無文
禅文化研究所
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
61

1部 キクの場合 2部 サチ子の場合

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
60

序章 「旧約聖書」と「新約聖書」-ユダヤ教とキリスト教(ユダヤ教とキリスト教 ユダヤ教の聖書とキリスト教の「旧約聖書」 ほか) 第1章 ユダヤ教の成立とモーセ五書の編纂-民族アイデンティティの危機とその克服(民族宗教としてのユダヤ教 古代イスラエル史概観-ユダヤ教の成立まで ほか) 第2章 ユダヤ教の展開-ヘレニズムとの邂逅(ヘレニズムとユダイズム 諸書 ほか) 第3章 キリスト教の成立と新約聖書(キリストとイエス イエスの活動と思想 ほか) 終章 「神学」とはなにか-「神」という「言葉」の問題(キリスト教の反ユダヤ主義 「聖書」の暴力性 ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.79
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.80
59

『永平広緑』巻八全編収録 坐禅の心構えと慈愛あふれる懇切な説法 永平寺で坐禅を組む前に必ず唱える「普勧坐禅儀」。坐禅の真髄とは何か。その心構えと作法も懇切に説く。結夏(けつげ)・解夏(かいげ)・冬至・除夜の修行と時節の折り目に、累代の祖師たちの言行を踏まえ、仏道を語る「小参」。古則公案や逸話を交え、仏法の大事を説く「法語」。真剣勝負に生きた道元の思想を漢文体の名文で綴った『永平広録』巻八の全訳注。禅とは何かを解き明かす。 1 普勧坐禅儀 2 小参  結夏の小参  解夏の小参  冬至の小参  除夜の小参 3 法語

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.81
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.85
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.86
59

東方学院の講義録をもとに、インド学・仏教学の泰斗である中村元が仏教をやさしく解説。その深い見識と幅広い視野から語られる釈迦と原始仏教の真髄とは。 東方学院の講義録をもとに、インド学・仏教学の泰斗である中村元が、文化の比較を交えて仏教の真髄をやさしく解説。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.87
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.88
59

わたしとは、人間とは、思想(宗教)とは― そんな問いからはじまる人生の教科書 高校の宗教科担当教師が、仏教をゼロから系統的に学んでいくために綴った、高校生以上を対象としての入門書。研修教材として写真や地図、索引などを充実させ、仏教の基本的な要語や考え方を丁寧に分かり易く解説する。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.89
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.91
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.92
60

イエスは平和主義者なのか。平和主義で国が守れるのか。犯罪は防げるのか。イエスの生と死を通してキリスト教と戦争の問題に迫る。 キリスト教は戦争をどう考えているのか? 国家に従えと教えているのか? 平和主義で国が守れるのか? 犯罪は防げるのか? イエスは平和主義者だったのか? イエスの生と死を通してキリスト教と戦争の問題を掘り下げる。 暴力に満ちた世界で、「敵を愛せ」というイエスの教えに従って正義と平和をめざすのは非現実的に思える。隣人が苦しめられているのを黙って見ているのは不道徳であり、それこそ愛のない行為ではないのか。平和主義にはそんな批判が突きつけられる。だが、それはイエスが説いた平和主義なのだろうか。 人間はなぜ殺しあうのか? 宗教こそが戦争の原因ではないのか? キリスト教は戦争をどう考えているのか? 国家に従えと教えているのか? 平和主義で国が守れるのか? 犯罪は防げるのか? 本書はこうした問いに正面から挑む。 キリスト教と戦争の問題を考える上ではずせない論点を、本書は幅広くカバーしている。律法と預言者、残酷な旧約の神、ユダヤの軍事的メシア待望と暴力的抵抗、最初期の教会の実践、教父たちの主張、ローマ軍とクリスチャン兵士、黙示録、宗教改革者たちの思想、教会と国家、キリスト教と戦争の歴史、平和主義と正戦論……そしてそれらすべてを読み解く鍵としてのイエスの生と死。 行動する福音派神学者ロナルド・J・サイダーが、正義と平和を追求した人生の集大成として著した一冊。IF JESUS IS LORD: Loving Our Enemies in an Age of Violenceの全訳。 [目次] 序章 イエスは殺してはならないと教えたのか 第1章 イエスが告げた「良き知らせ」とは 第2章 イエスの行動が教えていること 第3章 山上の説教でイエスが語ったこと 第4章 暴力を拒否したイエス 第5章 最初期の教会におけるキリストの平和 第6章 聖書は暴力を肯定しているのか 第7章 平和主義の神学的基礎 第8章 平和主義に対する批判 第9章 正戦論に対する批判 第10章 旧約聖書の神とイエス 第11章 平和主義で戦争と犯罪を防げるか 第12章 キリストの死と非暴力 第13章 教会と戦争の歴史 終章 イエスを主とするなら 解説 キリスト教と戦争について 事項・人名・聖書箇所・ギリシャ語さくいん 序章 イエスは殺してはならないと教えたのか 第1章 イエスが告げた「良き知らせ」とは 第2章 イエスの行動が教えていること 第3章 山上の説教でイエスが語ったこと 第4章 暴力を拒否したイエス 第5章 最初期の教会におけるキリストの平和 第6章 聖書は暴力を肯定しているのか 第7章 平和主義の神学的基礎 第8章 平和主義に対する批判 第9章 正戦論に対する批判 第10章 旧約聖書の神とイエス 第11章 平和主義で戦争と犯罪を防げるか 第12章 キリストの死と非暴力 第13章 教会と戦争の歴史 終章 イエスを主とするなら 解説 キリスト教と戦争について 事項・人名・聖書箇所・ギリシャ語さくいん

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.93
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.94
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.95
60

聖書スタディ版 改訂版

共同訳聖書実行委員会
日本聖書協会
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.96
59

「人生という旅」をテーマに,日本人に最も愛される経典「般若心経」を,中村元の現代語訳や玄奘三蔵をめぐる平山郁夫の壮大な仏教画をともにたどる,初めての手帳形式の書籍。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.97
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
59

[オーディオブックCD] 般若心経 (<CD>)

禅文化研究所
でじじ発行/パンローリング発売
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.99
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.100
59

人生への示唆に富む諸種の仏典の言葉を平易に現代語訳し、6つのテーマ別に収録。25年に及ぶロングセラー聖典集、待望の復刊! I 自己を見つめる  生きるすがた/生のなりたち/理想を求めて/理想に生きる Ⅱ 人間の出会い  家庭の理想/友との交わり/愛憎の彼岸/対話を通じて/学ぶこと・教えること/ともに生きる Ⅲ 社会の中で  時代と人間/社会・国家/法による生活/人格を磨く/富と労働 Ⅳ 存在と心  存在の分析/存在のむなしさ/存在と心 Ⅴ 知識と智慧 知るということ/真理を捉える Ⅵ 真実に生きる  仏の世界/真理の教え/仏教徒の生き方/空と慈悲/求道者の実践/さとりの実現/道と得道/信心の風光/求道の生活 あとがき 出典箇所一覧表

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.101
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.103
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.104
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.105
60

ヨーロッパで禅を指導する著者による、経験を踏まえた渾身の「悟り入門」。 ヨーロッパで禅を指導する著者による、経験を踏まえた渾身の「悟り入門」。手と足をどう組むのか、呼吸はいかに整えるのか、坐ると何が見え、どんな経験をすることになるのか──坐禅の具体的な手ほどき。  ヨーロッパで禅を指導する著者による、経験を踏まえた渾身の「悟り入門」。  手と足をどう組むのか、呼吸はいかに整えるのか、坐ると何が見え、どんな経験をすることになるのか──坐禅の具体的な手ほどき。  坐るという道で開けてくる風景を、キリスト教の異なった伝統とすり合わせ、またヨーロッパへと海を渡った禅のダイナミックな動向を参照しながら描いていきます。  本来は言葉が届かないはずの純粋な経験を、世界が変わるその素晴らしさと豊かさを、少しでも多くの人と共有するために、三つの鏡を使い、五つの層にわたって再現します。  まえがき 寂静への渇き 坐禅入門 テキストの読み方   ──本質といかに出会うか 禅からみる「十戒」 禅キリスト教の地平へ 禅、海を渡る

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.106
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.107
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.108
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.110
60

大型聖書 新共同訳

共同訳聖書実行委員会
日本聖書協会
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.111
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.114
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.115
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search