【2023年】「恩田陸」のおすすめ 本 94選!人気ランキング

この記事では、「恩田陸」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 夜のピクニック (新潮文庫)
  2. チョコレートコスモス (角川文庫 お 48-3)
  3. ユージニア (角川文庫)
  4. 六番目の小夜子 (新潮文庫)
  5. 光の帝国 常野物語 (集英社文庫)
  6. ライオンハート (新潮文庫)
  7. 三月は深き紅の淵を (講談社文庫)
  8. 蜜蜂と遠雷(上) (幻冬舎文庫)
  9. 麦の海に沈む果実 (講談社文庫)
  10. ネバーランド (集英社文庫)
他84件
No.2
92

チョコレートコスモス (角川文庫 お 48-3)

恩田 陸
角川書店(角川グループパブリッシング)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
86
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
81
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
80
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
72

第一部 利枝子 第二部 彰彦

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
71

アパートの一室で語り合う一組の男女。過去を懐かしむ2人の会話に、意外な真実が混じり始める。心理戦の果てに現れたものとは

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
70

些細な事件が大騒動に発展していく、パニックコメディの大傑作! 一億の契約書を待つ生保会社のオフィス。下剤を盛られた子役の麻里花。推理力を競う大学生。別れを画策する青年実業家。昼下がりの東京駅、見知らぬ者同士がすれ違うその一瞬、運命のドミノが倒れてゆく! 一億の契約書を待つ生保会社のオフィス。下剤を盛られた子役の麻里花。推理力を競う大学生。別れを画策する青年実業家。昼下がりの東京駅、見知らぬ者同士がすれ違うその一瞬、運命のドミノが倒れてゆく!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
65

青い田園が広がる東北の農村の旧家槙村家にあの一族が訪れた。他人の記憶や感情をそのまま受け入れるちから、未来を予知するちから…、不思議な能力を持つという常野一族。槙村家の末娘聡子様とお話相手の峰子の周りには、平和で優しさにあふれた空気が満ちていたが、20世紀という新しい時代が、何かを少しずつ変えていく。今を懸命に生きる人々。懐かしい風景。待望の切なさと感動の長編。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
65

1

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
65

会話劇の名手が描いた心理ミステリーの傑作が装い新たに登場。大物女流作家の死は、自殺か、他殺か……? 一気読み必至の傑作! 耽美派小説の巨匠、重松時子が薬物死を遂げてから、四年。時子に縁の深い女たちが今年もうぐいす館に集まり、彼女を偲ぶ宴が催された。ライター絵里子、流行作家尚美、純文学作家つかさ、編集者えい子、出版プロダクション経営の静子。なごやかな会話は、謎のメッセージをきっかけに、告発と告白の嵐に飲み込まれてしまう。はたして時子の死は、自殺か、他殺か――? 長篇心理ミステリー。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
65

母方の故郷を訪れた奈智。二か月に及ぶキャンプは「虚ろ舟乗り」の適性を見極めるためのもので…。萩尾望都さん絶賛の吸血SF! ================ 萩尾望都さん、絶賛! ================ これは21世紀の「地球幼年期の終わり」だ。 山間の夏祭りの中で少年や少女が変化していく。 進化なのか? 人類はどこへ向かうのか? 巡る星々。過去と未来。 愛、愛はどこへ行くのか? ※萩尾望都版カバーは在庫がなくなり次第、通常カバーで販売します ===== 著者より ===== 吸血鬼ってなんなんだろう、 と子供の頃からずっと考えていた。 人類の進化の記憶の発露なんじゃないか、 とどこかで感じていた。 一方で、うんと狭いところで うんと大きい話を書いてみたいと思っていた。 昨今言われる「グローカル」というのが 念頭にあったのかもしれない。 またしても、 ものすごく時間が掛かってしまったが、 この二つの課題をやり遂げられたのかどうかは、 今はまだ自分でもよく分からない。             恩田陸 ==================== 【あらすじ】 14歳の少女高田奈智は、 4年ぶりに磐座の地を訪れた。 これから2カ月の間、 親戚が経営する旅館で世話になりながら、 昼間は磐座城周辺で行われる、 あるキャンプに参加することになっている。 事情をよく知らぬまま この地を訪れた奈智であったが、 到着の翌朝、体の変調を感じ、 激しく多量に吐血してしまう。 やがて奈智は、親戚の美影深志や 同じキャンプに参加する天知雅樹らから、 磐座でのキャンプの目的を聞くことになる。 それは、星々の世界―― 外海に旅立つ「虚ろ舟乗り」を育てる ことであった。 虚ろ舟の聖地である磐座に集められた 少年少女たちは、徐々に体が変質し、 やがて、歳をとらない体となる。 食べ物もほとんどいらなくなり、 心臓に銀の杭を打たない限り、 死ぬことはない。 そのかわり変質体となると、 一定期間、他人の血を飲まないと、 死んでしまうという。 変質の過程で初めて他人の血を飲むことを、 「血切り」と呼ぶ。 深志は奈智の血切りの相手は 自分だと昔から決めていたと言うが、 奈智は、他人の血を飲むなどという 化け物じみた行為は嫌だと、思い悩む。 そんなことなら、虚ろ舟乗りなんかに、 なりたくない……と。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
65

演劇祭の舞台装置を描くため、高校美術部の先輩、香澄の家での夏合宿に誘われた毬子。憧れの香澄と芳野からの申し出に有頂天になるが、それもつかの間だった。その家ではかつて不幸な事件があった。何か秘密を共有しているようなふたりに、毬子はだんだんと疑心暗鬼になっていく。そして忘れたはずの、あの夏の記憶がよみがえる。少女時代の残酷なほどのはかなさ、美しさを克明に描き出す。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
65

夢違 (角川文庫)

恩田 陸
KADOKAWA/角川書店

戦慄と驚愕の幻視サスペンス! 「何かが教室に侵入してきた」。学校で頻発する、集団白昼夢。夢が記録されデータ化される時代、「夢判断」を手がける浩章のもとに、夢の解析依頼が入る。こどもたちの悪夢は現実化するのか? 「何かが教室に侵入してきた」。学校で頻発する、集団白昼夢。夢が記録されデータ化される時代、「夢判断」を手がける浩章のもとに、夢の解析依頼が入る。こどもたちの悪夢は現実化するのか?

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
65

九州の水郷都市・箭納倉。ここで三件の失踪事件が相次いだ。消えたのはいずれも掘割に面した日本家屋に住む老女だったが、不思議なことに、じきにひょっこり戻ってきたのだ、記憶を喪失したまま。まさか宇宙人による誘拐か、新興宗教による洗脳か、それとも?事件に興味を持った元大学教授・協一郎らは"人間もどき"の存在に気づく…。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
65

ある独白 I章 蕾と雨 II章 花と風 III章 棘と蛇 IV章 種と鳥 V章 灰と海

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
62

執筆期間15年のミステリ・ロマン大作『鈍色幻視行』の核となる小説、完全単行本化。 「本格的にメタフィクションをやってみたい」という著者渾身の挑戦がここに結実…! 遊廓「墜月荘」で暮らす「私」には、三人の母がいる。孔雀の声を真似し、日がな鳥籠を眺める産みの母・和江。身の回りのことを教えてくれる育ての母・莢子。表情に乏しく、置き物のように帳場に立つ名義上の母・文子。ある時、「私」は館に出入りする男たちの宴会に迷い込む。着流しの笹野、背広を着た子爵、軍服の久我原。なぜか彼らに近しさを感じる「私」。だがそれは、夥しい血が流れる惨劇の始まりで……。 謎多き作家「飯合梓」によって執筆された、幻の一冊。 『鈍色幻視行』の登場人物たちの心を捉えて離さない、美しくも惨烈な幻想譚。 【リバーシブル・カバー仕様】 恩田陸によるミステリ・ロマン大作『鈍色幻視行』作中で、幻の作家・飯合梓の唯一の著作として登場する『夜果つるところ』。 『鈍色~』の核となる小説を完全単行本化した本書のカバー、恩田陸版/飯合梓版を自由にかけかえ可能なリバーシブル仕様でお届けします! 【著者略歴】 恩田陸(おんだ・りく) 一九六四年生まれ、宮城県出身。九二年、日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作に選出された『六番目の小夜子』でデビュー。二〇〇五年『夜のピクニック』で吉川英治文学新人賞と本屋大賞、〇六年『ユージニア』で日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門、〇七年『中庭の出来事』で山本周五郎賞、一七年『蜜蜂と遠雷』で直木三十五賞と本屋大賞を受賞。ミステリ、ホラー、SFなど、ジャンルを越えて多彩な執筆活動を展開する。他の著書に、『スキマワラシ』『灰の劇場』『薔薇のなかの蛇』『愚かな薔薇』『なんとかしなくちゃ。青雲編』など多数。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
61

商人の家系に生まれた結子は、幼い頃からキモチワルイ状況をそのままにはできない。そんな彼女の「問題解決とその調達人生」を描く。 「これは、梯結子の問題解決及びその調達人生の記録である。」 大阪で代々続く海産物問屋の息子を父に、東京の老舗和菓子屋の娘を母に持つ、梯結子。幼少の頃から「おもろい子やなー。才能あるなー。なんの才能かまだよう分からんけど」と父に言われ、「商売でもいけるけど、商売にとどまらない、えらいおっきいこと、やりそうや」と祖母に期待されていた。その彼女の融通無碍な人生が、いまここに始まる――。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
61

少女時代のエピソードあり、笑える読書日記あり、真摯で豊かなレビューあり……。待望の新刊エッセイ登場! 書下ろしあとがき収録。 少女時代のエピソードあり、笑える読書日記あり、真摯で豊かなレビューあり……。約10年ぶりに放たれる待望の新刊エッセイ集! 書き下ろしあとがき収録。 少女時代のエピソードあり、笑える読書日記あり、真摯で豊かなレビューあり……。約10年ぶりに放たれる待望の新刊エッセイ集! 書き下ろしあとがき収録。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
60

国家権力の及ばぬ〈途鎖国〉。特殊能力を持つ在色者たちがこの地の山深く集うとき、創造と破壊、歓喜と惨劇の幕が切って落とされる! 恩田ワールド全開のスペクタクル巨編!国家権力の及ばぬ〈途鎖国〉。特殊能力を持つ在色者たちがこの地の山深く集うとき、創造と破壊、歓喜と惨劇の幕が切って落とされる!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
60

灰の劇場

恩田陸
河出書房新社

「私は確かにその二人を知っていた。もっとも、私はその二人の顔も名前も知らない。」恩田陸の新境地となる、“事実に基づく物語”。 「私は確かにその二人を知っていた。もっとも、私はその二人の顔も名前も知らない。」恩田陸の新境地となる、“事実に基づく物語”。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
60

父・伊勢崎博士の手で容易ならぬ超能力を与えられた少女・遥。彼ら親子は、属していた秘密組織「ZOO」から逃亡していた。そして、七年を経て、組織の追っ手により、再び戦いの中へ身を投じることに!激闘で父を失った遥は、やはり特殊能力を持つ犬・アレキサンダーと孤児院に身を潜めるが-。殺戮、数奇な運命、成長する少女。彼女の行く手に待つのは何か。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
60

『蜜蜂と遠雷』の興奮冷めやらぬうちに発表された、もう一つの恩田ワールド これはかつて失われたはずの光景、人々の情念が形を成す「裂け目」。かつて夫婦だった鮎美と遼平は、裂け目を封じることのできる能力を持つ一族だった。息子の誕生で、二人の運命の歯車は狂いはじめ……。 これはかつて失われたはずの光景、人々の情念が形を成す「裂け目」。かつて夫婦だった鮎美と遼平は、裂け目を封じることのできる能力を持つ一族だった。息子の誕生で、二人の運命の歯車は狂いはじめ……。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
60

ダークファンタジー大作『夜の底は柔らかな幻』のアナザーストーリー。特殊能力を持つ「在色者」たちの凄絶な過去が語られる。 僕たちは、同じ種族だ。永遠に終わらない夜を生きていく種族。のちに何件もの大規模テロ事件を起こし、犯罪者たちの王として君臨する男、神山。市民に紛れて生きていた彼を追う雑誌記者が見たものとは――。強力な特殊能力を持って生まれてきた少年たちは、いかにして残虐な殺人者となったのか。『夜の底は柔らかな幻』で凄絶な殺し合いを演じた男たちの過去が今、明らかになる。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
60

孤独だけど、独りじゃないわ――稀代の舞踏家をモチーフにした表題作ほかミステリ、SF、ホラーなど味わい異なる珠玉の十九編。 パーティー会場で孤独だった私に、不思議な目をした少女が突然声かける。いつのまにか彼女に手をひかれた私は、光の中で跳びはねていた。孤独だけれど、独りじゃないわ。たとえ世界が終わろうと、ずっと私を見ていてくれる?――稀代の舞踏家ピナ・バウシュをモチーフにした表題作ほか、ミステリからSF、ショートショート、ホラーまで、彩り豊かに味わい異なる全十九編の万華鏡。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
60

古道具屋を営む兄弟はある日、ビルの解体現場に現れる“少女”の都市伝説を耳にする。アートフェスが舞台のファンタジックミステリ。 白いワンピースに、麦わら帽子。 廃ビルに現れる都市伝説の“少女"とは? 古道具店を営む兄と、ときおり古い物に秘められた“記憶"が見える弟。 ある日、ふたりはビルの解体現場で目撃された少女の噂を耳にする。 再開発予定の地方都市を舞台にした、ファンタジックミステリー。 【著者略歴】 恩田陸(おんだ・りく) 一九六四年、宮城県生まれ。九二年に『六番目の小夜子』でデビュー。二〇〇五年『夜のピクニック』で吉川英治文学新人賞と本屋大賞、〇六年『ユージニア』で日本推理作家協会賞、〇七年『中庭の出来事』で山本周五郎賞、一七年『蜜蜂と遠雷』で直木賞と二度目の本屋大賞をそれぞれ受賞。近著に『祝祭と予感』『歩道橋シネマ』『ドミノin上海』など。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
60

妻と別居中の多聞を、三人の友人が「夜行列車で怪談をやりながら、さぬきうどんを食べに行く旅」に誘う。車中、多聞の携帯に何度も無言電話が…。友人は言った。「俺さ、おまえの奥さん、もうこの世にいないと思う。おまえが殺したから」(「夜明けのガスパール」)-他四篇、『月の裏側』の塚崎多聞、再登場。恩田陸のトラベル・ミステリー。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
60

EPITAPH東京 (朝日文庫)

恩田 陸
朝日新聞出版

【文学/日本文学小説】刻々と変貎する《東京》を舞台にした戯曲「エピタフ東京」を書きあぐねている筆者Kは、吸血鬼だと名乗る吉屋と出会う。彼は「東京の秘密を探るためのポイントは、死者です」と囁きかけるのだが……。スピンオフ小説「悪い春」を特別収録。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
60

日本人だけが地球に居残り、膨大な化学物質や産業廃棄物の処理に従事する近未来。エリートへの道は唯一、「大東京学園」の卒業総代になることであった。しかし、苛酷な入学試験レースをくぐりぬけたアキラとシゲルを待ち受けていたのは、前世紀サブカルチャーの歪んだ遺物と、閉ざされた未来への絶望が支配するキャンパスだった。やがて最下級の「新宿」クラスと接触したアキラは、学園の驚くべき秘密を目にするが…。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
57

小説以外

恩田 陸
新潮社

世の中には、二種類の人間がいる。物語を愛する人(読書家)と、物語に愛された人(小説家)。稀に両者を兼ね備えた人間が産まれるが、年間2000枚の原稿を書き、200冊の本を読む恩田陸はその典型と言えるだろう。あらゆるジャンルで活躍する現代の語り部は、どんな本を読み、どんなふうに原稿を書いてきたのか?デビューから14年分のエッセイを集大成し、作家・恩田陸の秘密に迫る。文字通り「小説以外」のすべてが分かる、ファン必携、恩田陸解体全書。 春は恐怖の季節。 「恐怖」ということ 百組の「ロミオとジュリエット」 憂鬱な音楽 東京の隙間 本格推理小説作家への道 入口探し 女性の間に格闘技が流行る!? 『日本文化』という不思議 …AND MUCH,MUCH MORE〔ほか〕

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
56

2次予選での課題曲「春と修羅」。 この現代曲をどう弾くかが3次予選に進めるか否かの分かれ道だった。 マサルの演奏は素晴らしかった。 が、明石は自分の「春と修羅」に自信を持ち、勝算を感じていた……。 12人が残る3次(リサイタル形式)、6人しか選ばれない本選(オーケストラとの協奏曲)に勝ち進むのは誰か。 そして優勝を手にするのは――。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
56

“呪われた”小説『夜果つるところ』の謎を追う小説家の蕗谷梢。豪華客船ツアーに参加して関係者に取材、辿りついた「真実」とは。 謎と秘密を乗せて、今、長い航海が始まる。 撮影中の事故により三たび映像化が頓挫した“呪われた”小説『夜果つるところ』と、その著者・飯合梓の謎を追う小説家の蕗谷梢は、関係者が一堂に会するクルーズ旅行に夫・雅春とともに参加した。船上では、映画監督の角替、映画プロデューサーの進藤、編集者の島崎、漫画家ユニット・真鍋姉妹など、『夜~』にひとかたならぬ思いを持つ面々が、梢の取材に応えて語り出す。次々と現れる新事実と新解釈。旅の半ば、『夜~』を読み返した梢は、ある違和感を覚えて―― 【著者略歴】 恩田陸(おんだ・りく) 一九六四年生まれ、宮城県出身。九二年、日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作に選出された『六番目の小夜子』でデビュー。二〇〇五年『夜のピクニック』で吉川英治文学新人賞と本屋大賞、〇六年『ユージニア』で日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門、〇七年『中庭の出来事』で山本周五郎賞、一七年『蜜蜂と遠雷』で直木三十五賞と本屋大賞を受賞。ミステリ、ホラー、SFなど、ジャンルを越えて多彩な執筆活動を展開する。他の著書に、『スキマワラシ』『灰の劇場』『薔薇のなかの蛇』『愚かな薔薇』『なんとかしなくちゃ。青雲編』など多数。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
56

第11章 風が吹くと桶屋が儲かる事件 第12章 井戸と鋏の事件 第13章 帽子と笹舟の事件 第14章 不吉な電話の事件 第15章 彼女の事件 第16章 彼らの事件 第17章 彼らの事件の続き 第18章 私の事件 第19章 水無月橋の殺人事件

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
56

「物語」は、決して尽きない。数多のエンターテインメントを小説家・恩田陸とともに味わい尽くす――。強烈で贅沢な最新エッセイ集。 「物語」は、決して尽きない。この世に輝く数多のエンターテインメントを小説家・恩田陸とともに味わい尽くす――。強烈で贅沢な最新エッセイ集。 「物語」は、決して尽きない。この世に輝く数多のエンターテインメントを小説家・恩田陸とともに味わい尽くす――。強烈で贅沢な最新エッセイ集。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
55

ホラー、SF、ミステリ、ファンタジー……読者を幻惑する恩田マジックをとことん堪能できる摩訶不思議な15扁。待望の新装版! ホラー、SF、ミステリ、ファンタジー……読者を幻惑する恩田マジックをとことん堪能できる摩訶不思議な15扁。待望の新装版!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
55

シリーズ累計100万部突破! 巨石の上の切断死体、聖杯、呪われた一族──。正統派ゴシック・ミステリの到達点!  可憐な「百合」から、妖美な「薔薇」へ。 変貌する少女。呪われた館の謎。 「理瀬」シリーズ最新長編! 英国へ留学中のリセ・ミズノは、友人のアリスから「ブラックローズハウス」と呼ばれる薔薇をかたどった館のパーティに招かれる。 そこには国家の経済や政治に大きな影響力を持つ貴族・レミントン一家が住んでいた。 美貌の長兄・アーサーや、闊達な次兄・デイヴらアリスの家族と交流を深めるリセ。 折しもその近くでは、首と胴体が切断された遺体が見つかり「祭壇殺人事件」と名付けられた謎めいた事件が起きていた。 このパーティで屋敷の主、オズワルドが一族に伝わる秘宝を披露するのでは、とまことしやかに招待客が囁く中、悲劇が訪れる。 屋敷の敷地内で、真っ二つに切られた人間の死体が見つかったのだ。さながら、あの凄惨な事件をなぞらえたかのごとく。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
55

古道具屋を営む兄弟が、取り壊し予定の建物を使ったアートフェスティバルを舞台に謎に巻き込まれるファンタジックミステリー。 白いワンピースに、麦わら帽子。 廃ビルに現れる都市伝説の“少女”とは? 古道具店を営む兄と、ときおり古い物に秘められた“記憶”が見える弟。 ある日、ふたりはビルの解体現場で目撃された少女の噂を耳にする。 再開発予定の地方都市を舞台にした、ファンタジックミステリー。 【著者略歴】 恩田陸(おんだ・りく) 一九六四年、宮城県生まれ。九二年に『六番目の小夜子』でデビュー。二〇〇五年『夜のピクニック』で吉川英治文学新人賞と本屋大賞、〇六年『ユージニア』で日本推理作家協会賞、〇七年『中庭の出来事』で山本周五郎賞、一七年『蜜蜂と遠雷』で直木賞と二度目の本屋大賞をそれぞれ受賞。近著に『祝祭と予感』『歩道橋シネマ』『ドミノin上海』など。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
55

神様だって、止められない。たった一日で運命のドミノが倒れ始める! 「『蝙蝠』が上海に入った」。豫園からほど近い路地裏の骨董品店に緊張が走った。門外不出のお宝が闇のルートで輸入されたのだ。虎視眈々と狙う店主だが、なぜか問題の品は、人気急騰中のホテルの厨房に流れ着いていた……。かつて東京駅で数奇な運命を共にした面々に、一癖も二癖もある人物たち、さらには動物園脱出を目論むパンダも加わって、再び運命のドミノが倒れ始める! 予測不可能、爆笑必至のパニックコメディの金字塔!! 上海のホテル「青龍飯店」で、25人(と3匹)の思惑が重なり合う――。もつれ合う人々、見知らぬ者同士がすれ違うその一瞬、運命のドミノが次々と倒れてゆく。恩田陸の真骨頂、圧巻のエンタテインメント! ドミノin上海 あとがき(文庫化にあたっての書下ろし)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
55

塵よりよみがえり (河出文庫)

レイ・ブラッドベリ
河出書房新社

魔力をもつ一族の集会が、いまはじまる! ファンタジーの巨匠が五十五年の歳月を費やして紡ぎつづけ、特別な思いを込めて完成した伝説の作品。奇妙で美しくて涙する、とても大切な物語。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
55

それは他愛のない噂だった。その日、その時間にその場所に行けば、かつて大事にしていた記憶に出会えると――。郷愁と不思議に彩られた表題作。学園のおぞましい秘密「球根」。偶然出会った光景が物語を生成する「皇居前広場の回転」。ある青年の死をめぐる驚愕の真実が明かされる「降っても晴れても」。憧憬、恐怖、諧謔、戦慄、衝撃、恍惚……あらゆる感情が押し寄せる小説の奇跡、全18話。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
55

第三部 蒔生 第四部 節子

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
55

引っ越したのは見知らぬ街。さみしさを募らせた少女は、「おともだち」を探し続ける。『蜜蜂と遠雷』の著者が放つ驚愕と戦慄の絵本! 少女が引っ越してきたのは、縁もゆかりもない見知らぬ街。お母さんは少女に言います。「おともだち さがしてらっしゃい」お父さんも少女に言います。「だれかと あそんだかい」近所のおばさんも少女に言います。「おともだち できた?」少女は答えます。「うん できたよ」その瞬間、世界は反転する。 少女が引っ越してきたのは、縁もゆかりもない見知らぬ街。 お母さんは少女に言います。 「おともだち さがしてらっしゃい」 お父さんも少女に言います。 「だれかと あそんだかい」 近所のおばさんも少女に言います。 「おともだち できた?」 少女は答えます。 「うん できたよ」 その瞬間、世界は反転する。 直木賞作家・恩田陸と気鋭の絵本作家・石井聖岳が紡ぎだす、恐怖と妖美のコラボレーション!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
55

耽美派小説の巨匠、重松時子が薬物死を遂げてから、四年。時子に縁の深い女たちが今年もうぐいす館に集まり、彼女を偲ぶ宴が催された。ライター絵里子、流行作家尚美、純文学作家つかさ、編集者えい子、出版プロダクション経営の静子。なごやかな会話は、謎のメッセージをきっかけに、いつしか告発と告白の嵐に飲み込まれてしまう。はたして時子は、自殺か、他殺か-?気鋭が贈る、長篇心理ミステリー。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
55

夏のお城に到着した少年たちを悪意に満ちた事件が襲う。恩田陸の仕掛けるダーク・ファンタジー。 夏流城(かなしろ)での林間学校に初めて参加する光彦(てるひこ)。 毎年子どもたちが城に行かされる理由を知ってはいたが、「大人は真実を隠しているのではないか」という疑惑を拭えずにいた。 ともに城を訪れたのは、二年ぶりに再会した幼馴染みの卓也(たくや)、大柄でおっとりと話す耕介(こうすけ)、唯一、かつて城を訪れたことがある勝ち気な幸正(ゆきまさ)だ。 到着した彼らを迎えたのは、カウンターに並んだ、首から折られた四つのひまわりの花だった。 少年たちの人数と同じ数――不穏な空気が漂うなか、三回鐘が鳴るのを聞きお地蔵様のもとへ向かった光彦は、茂みの奥に鎌を持って立つ誰かの影を目撃する。 閉ざされた城で、互いに疑心暗鬼をつのらせる卑劣な事件が続き……? 彼らは夏の城から無事に帰還できるのか。 短くせつない「夏」が終わる。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
55

季節はずれの転校生、ミチルに夏のお城での林間学校への招待状が届く。恩田陸の仕掛けるダーク・ファンタジー。 坂道と石段と石垣が多い町、夏流に転校してきたミチル。 六月という半端な時期の転校生なので、友達もできないまま夏休みを過ごす羽目になりそうだ。 終業式の日、彼女は大きな鏡の中に、緑色をした不気味な「みどりおとこ」の影を見つける。 思わず逃げ出したミチルだが、手元には、呼ばれた子どもは必ず行かなければならない、夏の城―夏流城での林間学校への招待状が残されていた。 ミチルは五人の少女とともに、濃い緑色のツタで覆われた古城で共同生活を開始する。 城には三つの不思議なルールがあった。 鐘が一度鳴ったら、食堂に集合すること。 三度鳴ったら、お地蔵様にお参りすること。 水路に花が流れたら色と数を報告すること。 少女はなぜ城に招かれたのか。長く奇妙な「夏」が始まる。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
55

タマゴマジック

恩田 陸
河北新報社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
55

魅惑のウイルスを求め、世界中を飛び回る凄腕ウイルスハンター・神原恵弥。彼がこの度訪れたのは、東西文化の交差点であるT共和国。この国では、全身に黒い苔の生えた死体が見つかっていた。そして、気鋭の女性科学者が入国後に突如消息を絶つ。ふたつを結びつけるのは、想像の域を遥かに超えた、ある事実だった――。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
55

英国へ留学中のリセは薔薇をかたどった屋敷に招待される。ところがその敷地内で胴体を真っ二つに切断された遺体が見つかり・・・。 変貌する少女。呪われた館の謎。 「理瀬」シリーズ、17年ぶりの最新長編! 英国へ留学中のリセ・ミズノは、友人のアリスから「ブラックローズハウス」と呼ばれる薔薇をかたどった館のパーティに招かれる。そこには国家の経済や政治に大きな影響力を持つ貴族・レミントン一家が住んでいた。美貌の長兄・アーサーや、闊達な次兄・デイヴらアリスの家族と交流を深めるリセ。折しもその近くでは、首と胴体が切断された遺体が見つかり「祭壇殺人事件」と名付けられた謎めいた事件が起きていた。このパーティで屋敷の主、オズワルドが一族に伝わる秘宝を披露するのでは、とまことしやかに招待客が囁く中、悲劇が訪れる。屋敷の敷地内で、真っ二つに切られた人間の死体が見つかったのだ。さながら、あの凄惨な事件をなぞらえたかのごとく。 可憐な「百合」から、妖美な「薔薇」へ。 正統派ゴシック・ミステリの到達点! 序章  第1章 ミッドナイト 第2章 ブラックローズ 第3章 スキャンダル 第4章 アクシデント 第5章 バードウォッチャー 第6章 ミッシング 第7章 イリュージョン 第8章 シークレット 第9章 プレイハウス 第10章 ストレンジャー 終章

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
55

いえでもまちでも見ない日はないかがみ。恩田陸と樋口佳絵が描く身近にひそむ恐怖の世界。かがみを見るたびにこわさがよみがえる。 怪談えほんシリーズ〈第2期〉、恩田陸と樋口佳絵が描く身近にひそむ恐怖の世界。 いえでもまちでも、見ない日はないかがみ。かがみのなかはいつもあべこべ。少女とかがみをめぐるふしぎなお話。かがみを見るたびにふしぎな気持ちとこわさがよみがえる。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
55

千華子を人質にとられ練は、ニコと名乗る少年から危険なマヤの儀式への参加を強制された。それは生死をかけて争う苛酷なレース。刻一刻と過ぎる時間。制限時間まで残りわずか-。しかし、そのとき国全体をさらに揺るがすとんでもないことが起こった。神は二人を見捨てるのか。兄妹は再会できるのか。そして家族は?緊迫と感動の新装版下巻。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.77
55

謎×学園×ハイパーアクション!恩田陸の魅力全開の玉手箱 私たちの住む悠久のミヤコを何者かが狙っている・・・!謎×学園×ハイパーアクション。恩田陸の魅力全開、ゴシック・ジャパンで展開する『夢違』『夜のピクニック』以上の玉手箱!! 私たちの住む悠久のミヤコを何者かが狙っている・・・!謎×学園×ハイパーアクション。恩田陸の魅力全開、ゴシック・ジャパンで展開する『夢違』『夜のピクニック』以上の玉手箱!!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
55

私の家では何も起こらない 私は風の音に耳を澄ます 我々は失敗しつつある あたしたちは互いの影を踏む 僕の可愛いお気に入り 奴らは夜に這ってくる 素敵なあなた 俺と彼らと彼女たち 私の家へようこそ 附記・われらの時代 作品解説対談

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.79
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.80
55

急死した映画監督峠昌彦の親友井上は、湖を一望する山中の洋館を訪ねた。三年前、昌彦を育てた実業家朝霞千沙子が不審死を遂げた湖だ。館には「訪問者に気をつけろ」という不気味な警告状が届いていた。死んだはずの「大おばちゃま」の姿を見たと主張する少女。そして冬の雷が鳴る中、新たな死体が…。やがて残されたシナリオから浮上してきた意外な真実とは。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.81
55

本と映画と音楽……それさえあれば幸せだった奇蹟のような時間。「大学」という特別な空間を初めて著者が描いた、青春小説決定版! 本と映画と音楽……それさえあれば幸せだった奇蹟のような時間。「大学」という特別な空間を初めて著者が描いた、青春小説決定版! 単行本未収録・本篇のスピンオフ「糾える縄のごとく」&特別対談収録。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
55

第1章 捨てられた地図の事件 第2章 日没から夜明けまでの事件 第3章 溺れかけた猫の事件 第4章 駅の掲示板の事件 第5章 紫陽花とハンカチの事件 第6章 川沿いに建つ洋館の事件 第7章 焚き火の神様の事件 第8章 点と線の事件 若月慶吾の幕間 第9章 同じ顔をした男の事件 第10章 散歩する犬たちの事件 図書館での幕間 市川吾郎の幕間

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.83
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
55

沢渡三姉妹が山奥のホテルで毎秋、開催する豪華なパーティ。不穏な雰囲気のなか、関係者の変死事件が起きる。はたして犯人は——

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.85
55

異母兄の恋人から、兄の失踪を告げられた私は彼を探す旅へ——。奈良を舞台に夢と現実のあわいで真実は姿を隠す。恩田ワールド全開

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.86
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.87
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.88
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.89
55

贄沢なチーズ鱈、卵の黄身をとろっと絡めたトースト、はんぺんのオイルフォンデュ、白砂糖入りの七草粥、ハーブティーで淹れたココア、モンゴルのいのちを頂くヤギのシチュー…20人の作家が自分だけの"ご馳走"を明かす。読めば「美味しい!」を共感できる極上のエッセイ集。 恩田陸の口福 絲山秋子の口福 古川日出男の口福 村山由佳の口福 井上荒野の口福 山本文緒の口福 藤野千夜の口福 川上未映子の口福 森絵都の口福 津村記久子の口福 三浦しをんの口福 江國香織の口福 朱川湊人の口福 磯崎憲一郎の口福 角田光代の口福 道尾秀介の口福 池井戸潤の口福 中村文則の口福 内田春菊の口福 中島京子の口福

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.90
55

顔は知らない、見たこともない。けれど、おはなしの神様はたしかにいる――。恩田陸が眺める世界を堪能できる、傑作エッセイを待望の文庫化! 

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.91
55

メガロマニア (角川文庫)

恩田 陸
角川書店(角川グループパブリッシング)

いない。誰もいない。ここにはもう誰もいない。みんなどこかへ行ってしまった-。鬱蒼とした熱帯雨林、高度な技術で積み上げられた石門、張り巡らされた水路、動かない車輪。古代文明の壮大な足跡を辿り、メキシコ、グアテマラ、ペルーを訪れた物語作家は、遺跡に道にホテルに、"気配"を色濃く感じ取る。インカ、マヤ、失われた都市。そこに秘められた物語の種とは。人類のセンス・オブ・ワンダーに迫る、中南米紀行。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.92
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.93
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.94
55

イギリス・アイルランド 麒麟麦酒横浜工場 札幌落雪注意 オリオンは新年、東の空から昇る あとがき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search