【2024年】「チャットボット」のおすすめ 本 118選!人気ランキング

この記事では、「チャットボット」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 先読み!IT×ビジネス講座 ChatGPT 対話型AIが生み出す未来
  2. ChatGPT最強の仕事術
  3. AI英語革命 -ChatGPTで英語学習を10倍効率化-
  4. 10倍速で成果が出る!ChatGPTスゴ技大全
  5. ChatGPT 120%活用術
  6. 図解ポケット ChatGPTがよくわかる本
  7. ChatGPTの法律
  8. 世界一わかりやすい ChatGPTマスター養成講座[ニュースで話題の最新AI!] (マスター養成講座シリーズ)
  9. OpenAI GPT-4/ChatGPT/LangChain 人工知能プログラミング実践入門
  10. (サンプルファイル付き)ChatGPT API×Excel VBA 自動化仕事術(できるビジネス)
他108件
No.2
97

ChatGPT最強の仕事術

池田 朋弘
フォレスト出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
92

英語学習コーチである著者がChatGPTを活用した英語学習を提案する本 英語学習コーチである著者がChatGPTを活用した英語学習を提案する本

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
92

話題のChatGPTについて、文書作成、プログラミング、Excelからリスキリングまで、活用法を徹底的に解説 仕事のタイパを高める最強の武器を使いこなす話題のChatGPTについて、文書作成、プログラミング、Excelからリスキリングまで、仕事の効率がアップする活用法を徹底的に解説した決定版。望む出力結果を得るためにはChatGPTへの指示方法を工夫する必要があります。その指示方法(プロンプトエンジニアリング)については、基本形となる命令セットを解説しています。あらゆるビジネスで思い通りに使えるようになる本書で得られる主な効果・企画書・報告書などの文書を一瞬で作成する・SNSへの投稿、Webサイト作成などプログラミングの手助けに・経費精算書の作成、財務データの分析など、Excel操作が達人級の速さに・英語・プログラミング学習などリスキリングに役立つ最高の講師に【目次】Chapter 1 ChatGPTが仕事を変える!Chapter 2 ChatGPT入門Chapter 3 欲しい回答を生み出す超テクニックChapter 4 分野別ChatGPT活用法―文書作成編Chapter 5 分野別ChatGPT活用法―プログラミング編Chapter 6 分野別ChatGPT活用法―Excel編Chapter 7 リスキリングに活用するChapter 8 もっと便利なChatGPTの使い方―拡張機能とプラグインの使い方Chapter 9 生成AIの使い方と応用 Chapter 1 ChatGPTが仕事を変える! ChatGPTの衝撃 テキスト生成AIとは? ChatGPTが得意なこと、不得意なこと ChatGPTで仕事を自動化する ちょっと難しいChatGPTの話Chapter 2 ChatGPT入門 ChatGPTを使ってみよう 質問してみよう 新しいチャットと履歴の削除 質問の仕方を変えてみよう 英文を翻訳させてみようChapter 3 欲しい回答を生み出す超テクニック 「あなたは○○のプロです」 わかりやすい回答を引き出すためのコツ 回答の精度を上げるプロンプト パラメータを変更する指定 究極のプロンプトはChatGPTに聞け!? スマホで使うチャットボット LINEで使うチャットボットChapter 4 分野別ChatGPT活用法──文書作成編 事務部門──文書を作成する 顧客に送るメール文案を考える 文章を編集する 企画書のフォーマットを作る レポートと提案書 特定商品の市場調査の概要 新商品の提案書 プレゼン用スライドの構成と内容 交渉・法務文書を作成する ネーミングの候補を出す 日報や報告書を一瞬で作る 資料を要約するChapter 5 分野別ChatGPT活用法──プログラミング編 プログラミングを効率化する Webサイトを作る ネットを利用したプロモーションに活用するChapter 6 分野別ChatGPT活用法──Excel編 ChatGPTとExcelを組み合わせ自動化する Excelで経費精算書を作る 財務諸表をもとに会計データを分析する Googleドキュメントと組み合わせて利用するChapter 7 リスキリングに活用する ビジネス英語を独学する 英語で会話する ChatGPTでプログラミングを独学する 情報セキュリティを学ぶ 趣味に活かすChapter 8 もっと便利なChatGPTの使い方──拡張機能とプラグインの使い方 チャット履歴を保存する ブラウザ拡張機能でもっと便利に活用する Google検索でChatGPTを使う──ChatGPT for Google 検索結果を回答に追加する──WebChatGPT どこでもChatGPTが利用できる──ChatGPTアシスタント Gmailの文面を作成する──ChatGPT Writer プロンプトをフォルダ管理できる──Superpower ChatGPT 海外のYouTube動画を観る──YouTube Summary with ChatGPT & Claude Google検索を要約する──ChatGPT Glarity ChatGPTをもっと便利にするプラグイン 600種類のプラグインを使うChapter 9 生成AIの使い方と応用 ChatGPTとBing、Bardの違いを知っておく Bingで検索とチャットを融合する Bardが得意なこと、ChatGPTが得意なこと Google検索でChatGPTを使う Bing Image Creatorで画像を簡単作成する Canvaなら新製品のパッケージが簡単に描ける Stable Diffusionでプレゼンのイメージイラストを何枚も簡単に作れる 他のアプリでAI機能を利用する

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
90

ChatGPT 120%活用術

ChatGPTビジネス研究会
宝島社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
88
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
88

ChatGPTの法律

中央経済社
中央経済グループパブリッシング
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
87
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
86
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
85
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
79
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
63

驚異的な成長スピードで進化を続ける人工知能。第一線の人工知能研究者が見通す、近未来の「人と人工知能」の姿とは? 驚異的な成長スピードで進化を続ける人工知能。「AI一茶くん」を開発した人工知能研究者が見通す、近未来の人と人工知能の協働シナリオとは? ChatGPTなどの大規模言語モデルの仕組みから、近未来の社会変容までを… ChatGPTは誤った回答を返す――。 規制が必要だ――。 人類がそんな話題で盛り上がっているうちにも、 驚異的な成長スピードで進化を続ける人工知能。 もはや予測ではなく現実――。 「なかったこと」にはできない――。 第一線の人工知能研究者が見通す、 近未来の「人と人工知能」の協働シナリオとは? 人工知能が急速に能力を高めているなか、 近い将来、シンギュラリティは本当にやってくるのだろうか。 それはいつごろなのか。 人間の価値観を揺るがすような、パラダイムシフトは起こるのだろうか。 そのとき、労働はどう変わる? 教育は? 芸術はどうなる? 富の偏在はどうなる? 著者は、俳句を生成する人工知能「AI一茶くん」を開発した人工知能研究者。 研究者から見たChatGPT出現の意味とは。 ChatGPTなどの大規模言語モデルの仕組みから、 近未来の社会変容までを平易に解説。 序 章:六十七年の時を経て 第一章:人工知能は自ら学習する――脳の仕組みとディープラーニング 第二章:本能と知能と、生と死と――「知能」と「人工知能」の違い 第三章:ChatGPTで見えた次のフェーズ――人工知能研究の現在地と近未来 第四章:人工知能との「協働」シナリオ――「強い人工知能」と「弱い人工知能」 第五章:新たな価値の出現と富の再配分――人工知能時代のパラダイムシフト 第六章:人工知能が人工知能を開発する日――研究の最前線と課題 第七章:代替される「知能」、代替されない「芸術」――人間に残される仕事は何か 第八章:一変する「教育」の風景――人工知能時代に必要な自発的「学び」 終 章:人間とも人工知能とも「仲良く」する力

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
75

本書は、ChatGPTのAPIとLangChainを使って、大規模言語モデル(LLM)を本番レベルのシステムに組み込むための知識をステップバイステップで学習し、手を動かしながら実践できる書籍です。 生成AIが登場し、APIやフレームワークのエコシステムが充実してきたことによって、これまで機械学習やプログラミングの十分な知識が必要だったことに対してアプリケーション開発者が挑戦しやすくなりました。LLMの性質を活かしたサービスや業務システム構築の基礎を理解し、LLMのモデルやワークフローを抽象化して取り扱ううえで、LangChainというフレームワークが非常に便利です。本書でOpenAI APIやLangChainをしっかり学ぶことで、生成AI関連の知識を体系的にイメージできるようになります。 本書ではまず、OpenAI APIとLangChainについて解説します。ChatGPTのようなしくみを業務システムなどに組み込むためには、単にLLMに1つ入力して1つ出力を得るような実装ではなく、複数のタスクを一連のワークフロー処理として実現する必要があります。また、ChatGPTが知識を持たない専門知識を答えてほしいとか、意図した形式で応答が欲しいなど、実用性を高める必要も出てきます。これらを実現するためのLangChainのつかいかたをわかりやすく解説します。 後半では、ステートレスなOpenAI APIに記憶を持たせたり、必要に応じてWeb検索などを行うエージェント処理、さらにそれらチャット形式の処理を、ステップバイステップでWebアプリやSlackアプリとして実装します。 さらに、LLMアプリを本番稼働させるうえで必要となる、ユーザー体験、セキュリティ、コンプライアンスへの準拠などのためのヒントや注意点も解説します。 ●第1章 大規模言語モデル(LLM)を使ったアプリケーションを開発したい! 1.1 ChatGPTにふれてみよう 1.2 プロンプトの工夫でできること -日々の仕事で使ってみよう 1.3 プログラミングで使ってみよう 1.4 ChatGPTを使うときに気をつけること 1.5 ChatGPTの有料プランでできること -GPT-4 -Plugins -Advanced Data Analysis -OpenAIのChatGPT以外のサービス 1.6 大規模言語モデル(LLM)のビジネスへの活用 1.7 LLMを活用したビジネスやアプリケーションの事例紹介 -株式会社サイダスの事例:CYDAS PEOPLE Copilot Chat -PingCAP株式会社の事例:Chat2Query -Alexaスキルの事例(個人開発):helloGPT -株式会社ソラコムの事例:SORACOM Harvest Data Intelligence 1.8 LLMを使ったアプリケーション開発で気をつけること 1.9 本書で扱う技術について -LangChain -クラウドサービス(とくにサーバーレス) -Slackアプリでコラボレーションを促進しよう -まとめ ●第2章 プロンプトエンジニアリング 2.1 なぜいきなりプロンプトエンジニアリング? -ChatGPTのプロンプトエンジニアリング -アプリケーション開発におけるプロンプトエンジニアリング -プロンプトエンジニアリングってあやしくない? -COLUMN ファインチューニングとプロンプトエンジニアリング 2.2 プロンプトエンジニアリングとは 2.3 プロンプトの構成要素の基本 -題材:レシピ生成AIアプリ -プロンプトのテンプレート化 -命令と入力データの分離 -文脈を与える -出力形式を指定する -プロンプトの構成要素のまとめ 2.4 Prompt Engineering Guideから:ChatGPTの無限の可能性を引き出す -Zero-shotプロンプティング -Few-shotプロンプティング -Zero-shot Chain of Thoughtプロンプティング -まとめ ●第3章 ChatGPTをAPIから利用するために 3.1 OpenAIの文書生成モデル -ChatGPTにおける「モデル」 -OpenAIのAPIで使える文書生成モデル -モデルのスナップショット 3.2 ChatGPTのAPIの基本 -Chat Completions API -Chat Completions APIの料金 -発生した料金の確認 3.3 入出力の長さの制限や課金に影響する「トークン」 -トークン -Tokenizerとtiktokenの紹介 -日本語のトークン数について 3.4 Chat Completions APIにふれる環境の準備 -Google Colabとは -Google Colabのノートブック作成 -OpenAIのAPIキーの準備 3.5 Chat Completions APIをさわってみる -OpenAIのライブラリ -Chat Completions APIの呼び出し -会話履歴を踏まえた応答を得る -ストリーミングで応答を得る -基本的なパラメータ -COLUMN Completions API 3.6 Function calling -Function callingの概要 -Function callingのサンプルコード -パラメータ「function_call」 -Function callingを応用したJSONの生成 -まとめ ●第4章  LangChainの基礎 4.1 LangChainの概要 -LangChainのユースケース -なぜLangChainを学ぶのか -LangChainのモジュール -LangChainのインストール -COLUMN langchain_experimental 4.2 Language models -LLMs -Chat models -Callbackを使ったストリーミング -Language modelsのまとめ 4.3 Prompts -PromptTemplate -ChatPromptTemplate -Example selectors -Promptsのまとめ 4.4 Output parsers -Output parsersの概要 -PydanticOutputParserを使ったPythonオブジェクトの取得 -Output parsersのまとめ 4.5 Chains -LLMChain―PromptTemplate・Language model・OutputParserをつなぐ -SimpleSequentialChain―ChainとChainをつなぐ -Chainsのまとめ -COLUMN Chainの内部の動きを確認するには 4.6 Memory -ConversationBufferMemory -さらに便利なMemory -Memoryの保存先 -Memoryのまとめ -COLUMN Chat modelsでMemoryを使う場合の注意 ●第5章 LangChainの活用 5.1 Data connection -RAG(Retrieval Augmented Generation) -Data connectionの概要 -Document loaders -Document transformers -Text embedding models -Vector stores -Retrievers -RetrievalQA(Chain) -Data connectionのまとめ -COLUMN RetrievalQAにおけるchain_type 5.2 Agents -Agentsの概要 -Agentsの使用例 -Agentsの仕組み―ReActという考え方 -Tools -Toolkits -Function callingを使うOpenAI Functions Agent -一度に複数ツールを使うOpenAI Multi Functions Agent -Agentsのまとめ -COLUMN Function callingを応用したOurputParser・Extraction・Tagging -まとめ -COLUMN Evaluation ●第6章 外部検索、履歴を踏まえた応答をするWebアプリの実装 6.1 第6章で実装するアプリケーション -実装するアプリケーションの構成 -本書での開発の仕方 -AWS Cloud9の概要 -Streamlitの概要 -完成版のソースコード 6.2 Cloud9を起動して開発環境を構築する -Cloud9環境を作成する -GitHubリポジトリを作成する -Cloud9とGitHubの連携 -Python環境を構築する 6.3 StreamlitのHello World 6.4 ユーザーの入力を受け付ける 6.5 入力内容と応答を画面に表示する 6.6 会話履歴を表示する 6.7 LangChainを使ってOpenAIのChat Completions APIを実行する 6.8 Agentを使って必要に応じて外部情報を検索させる 6.9 チャットの会話履歴をふまえて応答する 6.10 Streamlit Community Cloudにデプロイする -依存パッケージの一覧を作成 -ソースコードをGitHubにアップロードする -Streamlit Community Cloudにデプロイする -他のユーザーを招待する -まとめ ●第7章 ストリーム形式で履歴を踏まえた応答をするSlackアプリの実装 7.1 なぜSlackアプリを作るのか -どんな構成にするの? -開発環境 -GitHubリポジトリのファイル構成 7.2 環境準備 7.3 環境設定ファイルを作成する 7.4 Slackアプリを新規作成する 7.5 ソケットモードを有効化する 7.6 アプリケーションを作成する 7.7 イベントを設定する 7.8 アクションを送信して応答する 7.9 スレッド内で返信する 7.10 OpenAI APIを呼び出す 7.11 ストリーミングで応答する 7.12 会話履歴を保持する -Momento Cache とは? 7.13 LazyリスナーでSlackのリトライ前に単純応答を返す 7.14 AWS Lambdaで起動されるハンドラー関数を作成する 7.15 chat.update API制限を回避する 7.16 Slack投稿をリッチにする 7.17 デプロイする 7.18 Socket ModeからAWS Lambdaに切り替える -まとめ ●第8章 社内文書に答えるSlackアプリの実装 8.1 独自の知識をChatGPTに答えさせる -ファインチューニングとRAG(Retrieval Augmented Generation) -RAGワークフロー -回答文の生成にLLMが必要か -業務を圧迫する「何かを探している時間」 -社内データを整備する 8.2 埋め込み表現(embeddings)とは 8.3 実装するアプリケーションの概要 -完成版のソースコード 8.4 開発環境を構築する -Cloud9のディスクスペースが不足している場合の拡張方法 8.5 サンプルデータの準備 8.6 Pineconeのセットアップ -Pineconeとは -Pinecone以外のベクターデータベース -Pineconeのサインアップ 8.7 ベクターデータベース(Pinecone)にベクターデータを保存する -COLUMN Pythonのパッケージ管理ツールについて 8.8 Pineconeを検索して回答する 8.9 会話履歴も踏まえて質問できるようにする -単純に会話履歴を入れてもうまく動かないケース -会話履歴を踏まえて質問をあらためて作成する 8.10 ConversationalRetrievalChainを使う -まとめ ●第9章 LLMアプリの本番リリースに向けて 9.1 企業で生成AIを活用していくために 9.2 JDLA発行『生成AIの利用ガイドライン』をもとにした自社ガイドラインの作成 -利用する外部サービスのサービス規約をしっかり読む 9.3 サービスの企画・設計段階での課題 -プロジェクトリスクへの対応 9.4 テスト・評価について -LLM部分の評価方法 -LangSmithによる性能監視 -COLUMN コンテンツのユースケースによる温度(temperature)の推奨値 9.5 セキュリティ対策について -OWASP Top 10 for Large Language Model Applications -LangChainコアの脆弱性排除について 9.6 個人データ保護の観点 -個人情報保護法に定める本人同意と目的内での利用 -個人情報の保護に関する「決定指向」利益モデルと情報的他律からの自由について 9.7 EUが定める禁止AI・ハイリスクAIの取り扱いの動向 ●付録 Webアプリ、Slackアプリ開発の環境構築 A.1 AWSのサインアップ A.2 Cloud9の環境作成 -Cloud9の料金説明 A.3 Cloud9とGitHubの連携 -GitHubとのSSHの設定 -Gitのユーザーの設定 -GitHubでリポジトリを作成してクローン A.4 Cloud9上のPythonの環境構築 -pyenvのインストール -Python3.10のインストール -Python3.10を使うための手順 -仮想環境について A.5 Momentoのサインアップ -索引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
63

仕事の成果アップに結実させられるChatGPTビジネス書の決定版! 仕事の成果アップに結実させられるChatGPTビジネス書の決定版! 超高収益を生む「キーエンス思考」をChatGPTで"完コピ"「付加価値」を圧倒的なスピードで創造できる――。仕事の成果アップに結実させられるChatGPTビジネス書の決定版!「成果に最短距離で突き進む仕事術」を理解し、ChatGPT活用で遂行していく。日本屈指の高収益企業・キーエンスが成果を生む秘訣である「付加価値」をつくるためのプロセスを、ChatGPTで"完コピ"するための手法を詰め込みました。例えば、情報収集や分析はChatGPTに「仮説」を立てさせることで、新たな観点が生まれ、今手掛けている仕事をブラッシュアップできる。そして付加価値創造が実現し、成果が上がる――。全編を通して、日々の仕事で成果を上げることを念頭に置いたChatGPTのノウハウ本です。キーエンス出身で、自身も業務にChatGPTを有効活用。コンサルティング業務でも顧客にChatGPT活用を提案し、年10億円の利益改善などを実現している著者が徹底解説します。さて、ビジネスパーソンには、様々な立場の人がいます。本書は、どんな立場にあっても成果アップに直結させられる一冊です。例えば、こんなことが実現します。【一般社員のあなた】経験を積む時間を"チート"してみるみる成長【マネジャー(管理職)のあなた】部下が勝手に育ち、チームの業績もアップ【経営者のあなた】優秀な社員ばかりになり、組織の生産性が2倍に「サボっているわけではないのに、上司や同僚に評価されない」「なかなか部下が育たない」「自社、自部署の業績が上がらない」……。そんな悩めるビジネスパーソンにこそ読んで欲しい、AI時代に成果を上げるためのバイブルです。 第1章 キーエンス人~付加価値創造の考え方~ ●付加価値を生み続ける 「しごでき社員」の3大要素 ●「時間」と「お金」の約束は キーエンスでは誰一人軽視しない ●目的意識と目標意識があれば 自然と問題意識も生まれる ●情報に基づく知識こそ生命線。世界初を生む付加価値の秘密 ●成功プロセスを再現するため 十分な行動力が欠かせない 第2章 キーエンスに学ぶ プロの前提条件と必須条件 ●「しごでき社員」になるための 2つの前提を覚えておく ●成果を上げるために「必須」の 8つの原理原則を理解する ●他部署の人の働き方も お客さまのことも十分把握する ●「キーエンス思考」のプロセスは ChatGPT活用で実行できる 第3章 仕事を時短で楽に終える ChatGPT活用術(基本編) ●ChatGPTは何でもできる!? 適切に使うための基礎をおさらい ●危機感を煽りたくなるインパクト ~GPTとの衝撃的な出合い~ ●まだ危機感を持っていない人へ ~「しごでき」ではない人の末路~ ●一般常識をほぼ理解した"先生"に 分からないことはまず質問 ●「構成」や「セリフ」を考えさせて プレゼンの準備をすぐ終える 第4章 ロジカルに情報を整理する ChatGPT活用術(応用編) ●教育コンテンツ開発も計画立案も ChatGPTの生かし方は無限 ●欲しい内容に調整していける 質問と回答の連続こそ真骨頂 ●AIを使わない方が危険? ~火やSNSと理論は一緒~ 第5章 AI時代に仕事ができるとは、どういうことなのか? ●「同僚の彼」が評価される理由 ~目的に最短距離で突き進む~ ●AI時代に成果を上げる心構え ~「Why」の連鎖で目的を知る~ ●ChatGPTを活用して 超重要なビジネスモデルを知る ●ChatGPTにはまだ限界もある。AI時代に重宝される3つのスキル 第6章 PDCAを効率的に素早く回す ChatGPT無双術(前編) ●仕事の根幹「3大要素」を満たす 最重要プロンプトを徹底解説 ●経験を積む時間を"チート"して 最短時間で成果を上げる方法 ●情報収集や分析のヒントを ChatGPTから引き出す ●数値化しづらい情報も「明確化」。キーエンス流の分析手法も実現 ●目標が達成できなかったときは 問題の再設定を提案させる ●「付加価値をつくる仕事」で 迷う時間をできるだけ削る 第7章 アイデアや企画を無限に生む ChatGPT無双術(後編) ●ChatGPTをコーチ役にして 強みと課題を掘り下げていく ●AIにない「五感」を磨くべし。浮いた時間は感動体験に当てる ●「凡人」でも下克上できる。人×AIで天才化を目指せる 第8章 圧倒的な付加価値生産性が実現していく未来 ●すべてに"コパイロット"が付く 次の時代も目前に迫っている ●365コパイロット導入後は 結論が出る会議だけになる? ●日常の業務が激変する? "コパイロット"の未来は ●生活を見守り、アシスト? 日常生活も大きく変える ●高度にパーソナライズ化された 新たなサービスが次々生まれる 第9章 あなたが「しごでき社員」になる意義 ●付加価値をつくれる人は 仕事がどんどん好きになる ●「ハーズバークの理論」で知る 働きがいと働きやすさは別物

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
74

医療者向けChatGPT解説書がついに登場!現現役医師3名がわかりやすく解説。 医療者向けのChatGPT解説書がついに登場! メール作成や当直表作成といった事務作業から、研究・論文作成の各フェーズに至るまで現役医師3名がわかりやすく解説。 現役医師3名の執筆による医療者向けChatGPT解説書がついに登場!業務メールの作成や標語のアイデア出しといった事務系作業、当直表作成のようなちょっと面倒なタスクといったところから、自己学習や研究・論文作成のフェーズごとの活用までChatGPTの使いこなし方がよくわかる!まだ触れたことのない人も、ちょっと使ってみたけど今イチすごさがわからなかったという人も著者たちが感じている、「おー、こんなことができるのか!」という興奮を共有できるはず。臨床においても、医療者としてのご自身にとっても絶対に強い味方となってくれるChatGPT。この1冊とともにそのすばらしい世界をぜひ体験してください! はじめに 4 【プロローグ】 ① ChatGPTの基本的な考え方と「ChatGPT×医療」の可能性 8 ② アカウント作成から使用までの流れ11 ③ 自分や組織を守るためにすること:個人情報保護について 13 ④ ChatGPTの特徴 16 ⑤ ChatGPTの基本的な使い方 19 ⑥ 拡張機能の使い方(Custom instructions, Plugin, Advanced Data Analysis) 21 【第1章 ChatGPTの基本と原則】 1-1 まずは使ってみよう! 26 1-2 よいプロンプトの実践例 28 1-3 深津式プロンプト 36 1-4 魔法の言葉「Step by stepで考えて」 39 1-5 アウトプットの基本は「ですます調」 42 1-6 ChatGPTの苦手なタスク 44 1-7 ChatGPTは基本めっちゃ「いいやつ」である 48 【第2章 医療の現場での実践的活用法】 2-1 業務メール作成&クレーム対応 52 2-2 標語のアイデア出し 55 2-3 インシデントレポート 58 2-4 学生や実習生の評価 60 2-5 フローチャート/マニュアルづくり 62 2-6 ちょっとしたグラフを作る 69 2-7 当直表を作る 74 【第3章 自己学習への活用法】 3-1 一般的な知識を解説してもらう 84 3-2 要約してもらう 86 3-3 ChatGPTに調べ物はできない? 91 3-4 メンターになってもらう 93 【第4章 研究・論文作成への活用法】 4-1 研究への活用法 98 4-2 研究アイデアの提案 101 4-3 臨床疑問をリサーチクエスチョンに 104 4-4 臨床疑問をリサーチクエスチョンに(ワークショップ形式) 108 4-5 研究計画書の作成 111 4-6 倫理審査申請に関連した書類の作成 113 4-7 データ解析(Advanced Data Analysisを使用) 115 4-8 論文執筆 120 4-9 英文校正 127 4-10 Abstractの作成 132 4-11 論文投稿 137 4-12 査読対応 141 4-13 論文査読 143

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
74

話題の「ChatGPT」を、Webライティングに活用するための手引書です。AIに的確な文章を作成させるための命令(プロンプト)の詳細解説や、Webライティングの作業を効率化するためのノウハウを紹介します。 『アイデアの提案から情報収集、情報整理、記事の作成まで!』本書は話題の生成AI「ChatGPT」をWebライティングに活用するための手引書です。AIに的確な文章を作成させるためのプロンプト(命令)に関するポイントを中心に、ブログ記事、SNS、ネットショップなど具体的な事例を用いて解説しています。【こんな活用事例を紹介しています】・SEOを組み入れたPR文を作成し、さらにhtml形式で出力する・ペルソナを作成し、そのペルソナを組み込んで記事を作成する・Webサイト用に作成した記事を、SNSの制限文字数に要約して転用する・ECサイトの商品名を提案してもらい、商品紹介文も作成してもらう・Web版のプレスリリースの原稿を作成してもらう・オンラインセミナーで参加者用の資料やプレゼンのスライドを作成してもらう・SNSのプロフィールページ用の自己紹介文を作成してもらう・自社の求人情報ページに掲載する内容を提案・作成してもらう 第1章 これからのWebライティングとは? 第2章 Webライティングプロンプトの構成・形式 第3章 用途別のプロンプト作成とその事例 第4章 ChatGPTによるWebライティングの応用 第5章 コンテンツの品質向上に活かせるツールの紹介

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
62

あなたのスキルの賞味期限は4年!生成AI時代に求められる「学び続ける人材」に向けた実践ガイド あなたのスキルの賞味期限は4年!生成AI時代に求められる「学び続ける人材」に向けた実践ガイド あなたのスキルの賞味期限は4年!生成AI時代に求められる「学び続ける人材」に向けた実践ガイドChatGPTでリスキリングを成功に導く「LEARN+Aステップ」公開ChatGPTをはじめとする生成AIの登場が、ビジネスパーソンの働き方、キャリア形成において大きなインパクトを与えています。これに対して日本では「ChatGPTに仕事を奪われる」という前提で話が進むことがほとんどです。しかし、今までもパソコンやインターネット、スマートフォンの登場といったパラダイムシフトは突然やって来ました。実は生成AIもそうした現象の1つにすぎません。ただ確実に言えるのは、変革のサイクルが極めて速くなっているということ。そんな現代を生き抜くためには、私たちは常に学び続けなくてはなりません。つまり「継続的なリスキリング」が求められているのです。ここ数年リスキリングの必要性が叫ばれ、次々新しいことを習得しなくては仕事に支障を来しかねない今日、これまで培ったビジネススキルの通用する期間が短くなっているのに気付いている人が増えています。米国シリコンバレーでAIビジネスの最前線に立つ本書の著者は、「大学で4年学んだスキルで40年働ける『4 to 40』の時代は終わった。今や4年学んで4年働く『4 to 4』の時代」と言い切ります。もはや「あなたのスキルの賞味期限はわずか4年」なのです。さらに著者は、継続的なリスキリングによって新たなスキルを獲得し続ける「π(パイ)型人材2.0」こそが、進化の著しいAI時代に求められる最強の人材だと明言します。本書ではまず、"賞味期限"が短くなるAI時代おけるスキルの考え方と、その背景を説明します。それを踏まえ、今後求められる「π型人材2.0」の定義と、そうした人材になるために編み出した、効率的なリスキリングのためのプロセス「LEARN+Aステップ」について事例を交えながら詳しく解説します。自分が強みとする専門的なスキルの棚卸しを行い、リスキリングによって相乗効果が期待できる新たなスキルの発掘と成長パターンを分析します。その手法として積極的にChatGPTを活用しているのも特徴です。リスキリングにAIの力を借りることで、自分が思いもよらなかったスキルの発見もあり得るでしょう。これからもビジネスシーンの第一線で活躍し続けるため、キャリアアップに向けたリスキリングの成功をより確実なものとしたい方へお薦めしたい1冊です。 はじめに 第1章 チャットGPT時代のリスキリング チャットGPTに仕事を奪われる? 「リスキリングしないと生き残れない」は当たり前 「4 to 40」から「4 to 4」の時代へ 学び続けることが働き続けることにつながる リスキリングの機会がない会社は危ない? なぜ「リスキリング」が人ごとになってしまうのか? リスキリングにはさまざまなレベルがある 「学びのプロ」になる 第2章 今求められる「π(パイ)型人材2.0」 これまで求められた人材像とこれから求められる人材像 π型人材を構成する3つのスキル π型人材からπ型人材2.0に進化する リスキリングのための「LEARN(ラーン)+Aステップ」 第3章 リスキリングステップ1 『L』(Let go) 前提条件を手放す なぜ「手放す」ことがリスキリングの第1ステップなのか ダボス会議でも議論されたリスキリング 「現場力」とリスキリングの掛け合わせ サンクコストに縛られない リスキリングが必要な人たちとは? プライドを手放す 「自分なんか」を手放す 認知バイアスを手放す 第4章 リスキリングステップ2 『E』(Evaluate) ドメインスキルを評価する リスキリング迷子にならないために 自分のスキルを可視化する「スキルセットツリーマップ」 チャットGPTを利用して「スキルセットツリーマップ」を作る 営業職から事業開発職に転職したAさんの場合 IT部門で働きフリーとして独立したBさんの場合 工場勤務一筋25年のベテランCさんの場合 第5章 リスキリングステップ3 『A』(Analyze) スパイクスキルを何にすべきか分析する スパイクスキルは相乗効果を考える どのドメインスキルとスパイクスキルを組み合わせるか 4つの成長パターン1 ドメイン強化型 4つの成長パターン2 管理職キャリアアップ型 4つの成長パターン3 ドメイン・スパイク共存型 4つの成長パターン4 ドメイン・スパイクシナジー型 営業職から事業開発職に転職したAさんのスパイクスキル IT部門で働きフリーとして独立したBさんのスパイクスキル 工場勤務一筋25年のベテランCさんのスパイクスキル 第6章 リスキリングステップ4 『R』(Roll out) リスキリングを実行する リスキリングを実行する上で気を付ける6つの勘違い リスキリングを実行する際に必要な3条件 1 時間の捻出 時間をかけない汎用的なスキル取得なら「教養系リスキリング」 短期間で具体的なスキルを得るなら「ツール系リスキリング」 時間をかけ具体的スキルを得る「ブートキャンプ系リスキリング」 時間をかけ汎用的スキルを得るなら「大学院系リスキリング」 時間を確保するための交渉 「ワークライフインテグレーション」を考える リスキリングを実行する際に必要な3条件 2 持続力の捻出 「20倍界王拳」で有効な時間帯をうまく使う リスキリングを実行する際に必要な3条件 3 費用の捻出 第7章 リスキリングステップ5 『N』(Negotiate) 条件を交渉する リスキリングを始める前の交渉 リスキリング中には何をすべきか リスキリング後の交渉 交渉をうまく進めるために リスキリングは交渉の大義名分になる 第8章 リスキリングステップ6 『+A』(Associative Thinking) ドメインとスパイクを統合する 異なるスキルの統合に必要なイノベーターの「5大スキル」 マスタースキルを養う1 今までと全く違う何かで「連想力」を磨く マスタースキルを養う2 「質問力」は本質を見抜く力に他ならない マスタースキルを養う3 「観察力」でビジネスニーズをつかむ マスタースキルを養う4 「ネットワーク力」で広げる知識の幅 マスタースキルを養う5 「実験力」で自分に新たな体験を促す 「いろんな色の帽子」をかぶる 「越境」でマスタースキルを手に入れる 学びを自分の言葉で語る おわりに

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
62

ChatGPTで話題の対話型AIをフル活用!Windowsに標準搭載される最新機能「Copilot」を徹底解説。 ChatGPTで話題の対話型AIをフル活用!Windowsに標準搭載される最新機能「Copilot」を徹底解説。面倒なことはAIに任せて仕事爆速化! ●話題の「ChatGPT」を仕事に生かすための実用ノウハウ満載!●チャットAIを「超優秀なアシスタント」にするためのコツと注意点を解説●マイクロソフトが「Windows Copilot」公開で、AIが日常的なツールに! 「ChatGPTは、ユーザーが入力した質問や要望を解釈して、その答えを返すAI(人工知能)サービスです。チャットで対話するような形で利用できることから、「チャットAI」や「対話型AI」などと呼ばれます。質問に対して自然な文章で回答できるだけではありません。情報の検索から文章の翻訳・要約、文書作成や物語の執筆、プログラミングまで、その能力は驚くほど多彩で「革命的」とさえ言われます。米国のベンチャーOpenAIが開発し、2022年11月末に公開しました。 2023年2月には、マイクロソフトも「新しいBing(ビング)」としてチャットAIのサービスを開始。同社はOpenAIに巨額の出資をしており、その技術を自社サービスに取り込むことで覇権を狙っています。その際たるものが、「Windows Copilot(コパイロット)」と呼ばれるWindows 11の新機能です。OSが標準でチャットAIを搭載し、ユーザーがパソコンを操作したり、情報を検索したり、さらには業務を効率化したり、課題を解決したりすることを支援してくれます。 多くの人々が利用しているWindowsにチャットAI が標準搭載されれば、誰もが気軽にチャットAIを利用でき、身近な存在として頼れるようになるでしょう。そうなれば、私たちのパソコンやインターネットの使い方も激変するに違いありません。調べ物があればチャットAI に聞く。文書やメールを書くときはチャットAIに下書きをお願いする。悩み事もチャットAIに相談。市場調査やデータ分析もチャットAIに依頼する。そんな“AIまかせ”が当たり前になり、仕事の進め方や働き方も大きく変わることでしょう。 今後はビジネスにおいてもプライベートにおいても、チャットAI が当たり前の存在になります。だからこそ、チャットAIの賢い使い方、頼り方を身に付けると同時に、注意点や限界を理解しておく必要があります。本書はチャットAI活用の入門書として、無料で使えるチャットAIの基本的な使い方から実務での活用法、気を付けたいポイントまで、豊富な実例とともに解説しています。★ページが180°開く特別製本(コデックス装)なので、手を離しても本が勝手に閉じません!★両手でパソコンを操作しながら、快適に読み進めることができます。 第1章 チャットAIに基本 第2章 チャットAI実践活用術 第3章 Excel×ChatGPT仕事術 第4章 Windows Copilot攻略法

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
74

技術に強いITライターと実業家の顔を併せ持つ著者自身が実践中の手法を大公開。AIツールでビジネスを超効率化しよう 技術に強いITライターと実業家の顔を併せ持つ著者自身が実践中の手法を大公開。AIツールでビジネスを超効率化しよう ■その仕事、ChatGPTに任せて時短しませんか? 本書は便利さにハマって「ChatGPT」を500時間以上使い込んだ著者が、仕事に本当に役立ち、時短につながるChatGPTと画像生成AIの使いこなし術を基本から応用まで指南します。ChatGPTだけでなく、画像生成AIについてもとても簡単で、ビジネスにすぐ使えるテクニックを解説しています。 「AIは難しそうで……」と、躊躇してきた人にこそ、この本をお薦めします。リスクを避ける心得や使いこなしのコツ、セットアップなど初歩の初歩から丁寧に説明しています。■面倒な顧客への謝罪メール、商談相手に送る英文の催促メール、営業日報や出張報告、社内会議の資料作り……。面倒な仕事はぜんぶ、ChatGPTに任せましょう 目的別に整理して、使いこなし術を23の基本技と12の応用技に絞り込みました。課題のリストアップ、資料の要約、文章の添削、メールの代筆、日報や報告書の作成、エクセルの上手な使い方を探す方法などなど、すべてをChatGPTで自動化する方法を解説します。 無数のプロンプトを羅列するのではなく、なぜそのプロンプトになるのか、どう考えて作ったのか、作り方から丁寧に説明しました。真似してやってみて納得し、ご自分でその技を応用していくことができます。■議事録の作成、営業や英会話の練習、苦情の分類やコメントの添削、一覧表の作成、研修動画の制作……。これらもChatGPTで大幅に時短しましょう 応用技についてはChatGPT有料版の機能を交え、他のアプリケーションやサービスと連携して、仕事を時短する方法も解説しています。 プラグイン機能や、2023年7月から提供され始めたデータ解析の新機能「Advenced Data Analysis(旧Code Interpreter)」、従量制のOpenAI APIを使ったエクセルやグーグルスプレッドシートとの連携技も解説しました。 使わない理由を探すことはやめて、まずは使ってみましょう。本書では、すぐにビジネスで使えるプロンプトをたくさん紹介しています。まずは、まねして入力するところからチャレンジしてください。 本書には著者が500時間以上AIを使い込み、便利さを追求したエッセンスを詰め込んでいます。ぜひ、本書を活用し、ChatGPTの便利さに触れてください。AIスキルを身に付け、業務効率を改善し、これから来るビジネスの荒波を乗り越えて行きましょう。 はじめに ChatGPTをビジネスに活用して業務効率を向上させる7つのコツ 第1章 なぜAIで仕事を時短すべきなのか 1-1 最強のDXツール「ChatGPT」で仕事が変わる 1-2 画像・イラストが「Midjourney」で自由自在に 1-3 AIの群雄割拠時代が幕を開けた 第2章 準備編:セットアップと基本の心得 2-1 AIを「ビジネスで使う」ポイント 2-2 チャットAI「ChatGPT」の始め方 2-3 画像生成AI「Midjourney」の始め方 コラム 表紙イラストをどうやって作ったか 第3章 入門編:使いこなしの基本技23 3-1 アイデアをリストアップする 3-2 アイデア創出法を使ってみる 3-3 箇条書きメモから素敵なツイートを作る 3-4 メモ書きを日報フォーマットに変換 3-5 書くのが億劫な謝罪メールを用意 3-6 気持ち通じる英文ビジネスメールを作成 3-7 英語の長文資料を秒で要約する 3-8 見出しやキャッチコピーを考える 3-9 新商品・サービスの説明資料を作る 3-10 メモと対話で出張報告を自動生成 3-11 文章をリライトして文体を整える 3-12 プロのテクニックで質問案を作る 3-13 心を揺さぶる志望動機を考える 3-14 採用面接をロールプレイする 3-15 いま欲しいエクセルの関数を探す 3-16 エクセルのグラフをイメージぴたりに 3-17 エクセルで集計データを整形 3-18 壁打ち問答で事業計画を練り上げる 3-19 AIでプロンプトをブラッシュアップ 3-20 AIのアドバイスで物語を書く 3-21 イベント告知用イメージ画像を作る 3-22 プレゼンを彩るイラストを用意 3-23 ゆるキャラマスコットをサクッと コラム ChatGPT 上級者はプロンプトを英語で入出力 第4章 活用編:もっと便利な応用技12 4-1 APIキーとPlaygroundでGPT-4使い放題 4-2 ChatGPTプラグインでいろいろやってみる 4-3 Custom instructionsで条件設定を楽に 4-4 AIの大量アイデアはAIでマインドマップ化 4-5 顧客のお気持ち察しAIがコメント自動分類 4-6 エクセルの一覧表をAIで一気に埋める 4-7 AIと声出し営業ロールプレイング特訓 4-8 リアルタイム添削付きAI英会話講座 4-9 構成・台本・動画作成まで全部AIまかせで 4-10 SNS投稿の自動添削システムをAIに作らせる 4-11 音声ファイルのアップで議事録を自動生成 4-12 Code Interpreterで正確な経営分析

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
62

市場分析・企画・マーケティング── ビジネスでそのまま使えるプロンプトを多数紹介。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
67
みんなのレビュー
アドラー心理学を分かりやすく教えてくれる名著。この本を読むことで普段の悩みが嘘のようになくなった。他人と自分の課題を分離して考えて嫌われる勇気を持って生きることで社会のしがらむや無駄な人間関係に悩むことがなくなる。ぜひ悩める多くの人に手にとって欲しい書籍。
アドラー心理学をもとに、哲人が青年の悩みをヒアリングしながら教えを解く話。2人の会話がベースだから難しい心理学の内容も理解しやすい。極端な教えが多いけれど、自分の日常の悩みを軽くしてくれるし、この考えを持って生活すればより生きやすい自分に近づきそう。承認欲求で溢れる現代に疲れている人におすすめ!
No.44
62

神速! ChatGPT超仕事術

クリエイティブ・スイート
PHP研究所

情報収集、メール、企画書、プレゼン資料、文章の校正……。面倒な仕事があっという間に片付くChatGPTのスゴ技が満載の1冊! 面倒な仕事はAIに任せよう!本書は、情報収集、メール、企画書、プレゼン資料、文章の校正、日報など、ChatGPTを最大限に活用することで、仕事の効率を大幅に向上させるためのコツを解説したノウハウ書です。この驚きのツールの基本知識からそのまま真似できるシチュエーション別の使い方事例まで、誰でも簡単に仕事に活用できる方法を紹介します。主な内容は・・・・・・●難しい内容のニュースを要約●ハラスメントのリスクを確認させる●文書の間違いをチェックする●会議メモから議事録を作成する●競合商品に勝つためにどうすればいいか検討させる●相手に喜ばれる手土産を考えさせるなど、さまざまなビジネスシーンで「そのまま使える事例」が満載です。あらゆる仕事が一瞬で片付く!「ChatGPT の存在は知っていても、『AIなんて難しいんじゃない?』『まだ実用は難しいよね』と敬遠してしまう方も多いかと思います。それは大きな思い違いです。ChatGPT はすでに十分にビジネスの場で利用できるレベルに達しており、これを活用しない手はありません。本書では、小難しい話は脇におき、ChatGPT をビジネスの現場でどのように活用すればよいか、具体的な例を交えて解説していきます。そのまま使える質問文(プロンプト)や、活用時のポイント、実際にChatGPT が出力した例文まで、多角的に紹介します」(本書「はじめに」より抜粋)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
62

AI活用コーチである著者がChatGPTを活用した仕事術を提案する本 AI活用コーチである著者がChatGPTを活用した仕事術を提案する本

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
62

まるわかりChatGPT & 生成AI (日経文庫)

野村総合研究所
日経BP 日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
64

文系ビジネスマンは必ず読んでください! ChatGPTをつかいこなせれば、仕事、職場、家庭に知的生産革命が起きる! ジブンの得意×AIを操るチカラ=GPT時代の知的生産術ChatGPT時代のAIは「ことばで動く」ので、文系人材でも自由自在に操ることができます。自分の得意なこと、専門分野にAIを活かして、知的生産力をアップしよう。本書で解説しているのは、ChatGPTの仕組みや使い方だけではありません。ChatGPTが引き起こした知的生産革命にどう対応するのか?自身のスキル向上をどう図るか? その具体的な方法を解説しています。 序章 GPT時代が到来! ヤバい知的生産革命 世界中を驚かせた「ChatGPT」 ChatGPTだけじゃない!? 「AI群雄割拠時代」へ GPTがこなせる「知的タスク」はどんなもの? GPT時代のAIは「ヒトの気持ち」をどこまで読める? 言語AIだけでなく「創るAI」も続々登場 知的生産革命が起こる「GPT時代」をどう乗り切るべきか 第1章 文系のためのシン・AIキャリア ホワイトカラーの仕事を変える「働くAI」がやってきた GPT時代に職を失わないように 文系のためのシン・AIキャリアを作ろう GPT時代の文系AI人材に必要な「7つのチカラ」 今の自分の「AI活用マインド」は? 第2章 GPT時代のAIの「キホン」を丸暗記 GPT時代のAIの「すごさのキホン」を知ろう GPTの「ここまでできる」を知ろう 「生成AI」のキホンを理解する “出る順”でキホン用語を押さえる 第3章 GPT時代のAIの「仕組みをザックリ」理解する GPT時代のAIは「どうやって生まれた」のか? GPTは「大規模学習技術とヒトのフィードバック」で大きく成長 GPTの「仕組み」を知っておこう 第4章 GPT時代のAI企画力を磨く GPT時代のAIを使った「企画を立案」する 手始めに「身近なタスク」の洗い出しから 「5W1H」フレームワークで解像度上げ 「100本ノック with GPT」でアイデア量産と解像度上げ 「7Rプロンプト」で実現性の確認 「ISSUEマップ」で重要度×実現性の確認 「日本の仕事ライブラリ」からアイデアを探す 第5章 AIプロンプト力を上げる 「みんなの必須スキル」プロンプト力 良いプロンプト・ダメなプロンプト プロンプトは「3つの型」を使い分ける 文系AI式「7Rプロンプト」フレームワーク 第6章 AIマネジメント力を身につける GPT時代のAIを「マネジメント」する 「AI操作力」を伸ばす7つのTips 「AI導入力」を伸ばす 第7章 最新のAI事例をトコトン知る 事例を学んで、自分の仕事に活かしていこう <業界・業種別に50の事例を紹介>

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
62

2023年春、ChatGPT(GPT-4)が登場。医療・介護現場での活用方法を一冊にまとめました。 医療DXのこれぞ本筋」「手軽に使えるスーパー医療秘書」【内容】2023 年春に登場したChatGPT(GPT-4)が新たな時代の幕開けを告げ、医療現場でも驚くべき効果をもたらしています。勤務表作成や議事録作成などのルーチン業務を効率化し、医師と患者の関係を変える可能性も。その具体的な使い方を模索し、医療・介護現場での活用方法をまとめた一冊です。(まえがきより)QRコードを用いた動画なども掲載。【対象】病院・診療所・介護施設経営者、病院事務職員、AI・ChatGPTに興味のある方 第1章 ChatGPT などAI の使い方と実践例 1 ここまできたAI 2 ChatGPT の使い方 3 病院・診療所・介護施設でどのようにChatGPT を使うか? 4 効果的な命令文11 選 5  ChatGPT の拡張機能と画像生成AI 6 セキュリティー 7  ChatGPT への命令文ポイントまとめ 第2章 ChatGPT 活用事例 対談 1 阿波野聖一 株式会社あきた創生マネジメント代表(秋田県能代市、介護施設) ・ケアプラン作成の可能性 ・お詫びなど文章案の作成 ・外国人介護職員への翻訳 ・その他 2 佐竹直也 医療法人松田会松田病院事務部長・診療放射線技師(宮城県仙台市、ケアミックス型病院) ・会議説明で使えるPDF資料の要約 ・数分でグラフ作成まで ・画像解析でも情報格差がなくなる? ・その他 3 大田章子 社会医療法人祥和会福山脳神経医学研究所研究員・看護師・保健師(広島県福山市、専門病院) ・壁打ち(考えの整理) ・健康診断の説明をわかりやすく ・学会の抄録作成 ・その他

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
63
みんなのレビュー
機械学習の手法やテクニックにフォーカスした書籍ではなくて、機械学習を仕事に取り入れるためにはどうすればよいのか?どういうところに注意しなくてはいけないのかがまとめられた書籍。実務で機械学習を利用している人利用する可能性のある人は絶対に読むべき書籍。そもそも本当に機械学習を使う必要があるのかということをしっかり考える、機械学習ありきのプロジェクトは必ず失敗する。
No.71
63
みんなのレビュー
ディープラーニングの概要は分かっているし機械学習はある程度理解しているつもりだけど、ディープラーニングの中身はちゃんと理解できていない人にぜひ読んで欲しい書籍。ディープラーニングは一旦これ1冊読んでおけば問題なし。複雑で難しい印象だったディープラーニングがこれを読むだけで一気に身近なものになる。
@@SHEQu
No.72
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
63

複雑なコードはAIにサポートしてもらい、さくさくとプログラミングをマスター。そんな夢のようなPython入門書が完成! 「Python×AI」で誰でもあっという間にプログラムを作れるようになる!世界一やさしいPython入門書!「Pythonの構造をしっかり理解した上でコード作成をAI(ChatGPT)にサポートしてもらう」というコンセプトのPythonプログラミング入門書が新登場!プログラミングに必要な基礎をしっかり身につけつつ、プロンプトプログラミングのスキルも手に入れ、自動であっという間にコード作成ができるようなる、1冊で2つのスキルを学ぶことができるお得な書籍。もちろん「AIに全てお任せ」ではなく、はじめてプログラミングを学ぶ人に向けて基本をしっかり押さえ、スタンダードな知識も同時に身につけられる内容になっています。著者のPythonプログラミングスクールで実際に使われているノウハウを詰め込んだ、Pythonでプログラミングを行う際に必要な知識・概念・機能を体系的に習得できる、初心者向けの1冊!【こんな人におススメ】・これからPythonをしっかり学ぼうとしている、でもできるだけ効率的に学習したい・非エンジニアだけど、業務で使えるプログラミングの基礎知識を身につけたい・プログラマに丸投げしていたことを自分の手で行えるようになりたい・ChatGPTを遊びだけではなく、仕事でも役立てるようにしたい【目次】第1章:最速でPythonを習得するための基礎知識第2章:【演習】ChatGPTで作るPythonプログラミング[基本編]第3章:Pyhtonプログラミングの基礎 第4章:【演習】ChatGPTで作るPythonプログラミング[応用編]第5章:【実践】ChatGPTで作るPythonプログラミング第6章:ChatGPT(AI)と生きるために困った時に使えるプロンプト集【著者プロフィール】熊澤秀道 テレワーク・テクノロジーズ株式会社共同創業CTO生成AIを活用した研修・コンサル・スクール事業「タノメル」を手がける。ブロックチェーン・仮想通貨・VTuber・AIを始めとしたトレンド技術への没頭をきっかけに、過去にコインチェック株式会社、ANYCOLOR株式会社にて、サービスや新規事業の開発に従事。 まえがきChatGPTを使う準備第1章:最速でPythonを習得するための基礎知識 ●Pythonとは何か? ●Pythonは何ができるのか ●ChatGPTは何ができるのか ●プロンプトエンジニアリングとは? ●プロンプトプログラミングとは?第2章:演習ChatGPTで作るPythonプログラミング[基本編] ●演習の事前準備 ●Google Colabの練習 ●BMI計算 ●カウントダウンタイマー ●正規表現を用いた文字抽出プログラム ●電卓プログラム ●温度変換 ●素数判定 ●パスワード生成 ●ファイル検索 ●クイックソートアルゴリズム ●数当てゲーム第3章:Pyhtonプログラミングの基礎 ●コメント ●変数 ●データ型(基本) ●リスト ●タプル ●辞書 ●演算子 ●条件分岐 ●ループ ●関数 ●例外処理 ●ライブラリ(モジュールとパッケージ) ●クラスとインスタンス ●ファイル入出力第4章:演習ChatGPTで作るPythonプログラミング[応用編] ●Webスクレイピング ●API活用 ●グラフ生成 ●音声ファイル抽出プログラム (MP4からMP3へ) ●学習済みモデルを用いた機械学習第5章:実践ChatGPTで作るPythonプログラミング ●実践の事前準備 ●ChatGPT実践:プログラム自動生成用AIエージェント第6章:ChatGPT(AI)と生きるために ●改めて「ChatGPT(AI)」とは何か ●AIの倫理と法律 ●AIと共に生きる未来困った時に使えるプロンプト集 ●説明してもらう ●プログラムの修正/レビューをする ●話し相手になってもらう索引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.80
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
63

自然言語処理編

みんなのレビュー
ゼロから分かるディープラーニングシリーズはどれも非常に分かりやすい。こちらの自然言語処理編は前作を読みディープラーニングの基本を理解してより高度なアーキテクチャを学びたいと思った時にオススメ。レベルは少々上がっているがそれでも分かりやすく学べる。RNNやLSTMなどが学べる
No.85
63

ChatGPTを使いこなすための具体的な事例が満載! 本書ではChatGPTを利用した実践的なテクニックを逆引き形式で数多く掲載しています。実務を想定し、具体的な事例として紹介しています。プロンプトのコツも掲載していますので、ChatGPTをより使いこなしたい方におすすめの1冊です。 CHAPTER 01 ChatGPTとは CHAPTER 02 ChatGPTにおけるプロンプトのコツ CHAPTER 03 基礎的なプロンプト事例 CHAPTER 04 マーケター・広報向けのプロンプト事例 CHAPTER 05 営業向けのプロンプト事例 CHAPTER 06 カスタマーサポート向けのプロンプト事例 CHAPTER 07 人事担当者向けのプロンプト事例 CHAPTER 08 経営企画向けのプロンプト事例 CHAPTER 09 エンジニア向けのプロンプト事例 CHAPTER 10 デザイナー向けのプロンプト事例 CHAPTER 11 特殊なプロンプトの事例 CHAPTER 12 AIの未来

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.89
62

ChatGPT 120%投資術

ChatGPTビジネス研究会
宝島社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.92
62

ChatGPTと一緒に、仕事効率化アプリをつくる方法

熊谷基継
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.94
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.96
62

ChatGPT「超」勉強法

野口悠紀雄
プレジデント社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.99
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.100
62

AIが進化した未来、ビジネスパーソンはどんなスキルを身につけるといいのだろうか。必須ビジネススキルと習得方法を提示 AIが進化した未来、ビジネスパーソンはどんなスキルを身につけるといいのだろうか。必須ビジネススキルとその習得方法を提示します。 ★「ChatGPTで仕事が奪われる」と不安な人のために★AI未来に役立つビジネススキルを紹介します ChatGPTをはじめとしたジェネレーティブAI(生成AI)の登場によって、事務作業は人がする仕事ではなくなるといわれています。 そうした時代、「ビジネスパーソンは何をすればいいのでしょうか?」「どんなビジネススキルを身につければいいのでしょうか?」、こうした問いに正面から答えてくれる本です。 テクノロジー・フューチャリストである著者は、技術が創り出す未来を予測し、そうした未来にビジネスパーソンが果たすべき役割などからスキルを見いだして紹介しています。著者は本書の「まえがき」でこう言っています。 「今後どれほどAIをはじめとするテクノロジーが進歩しても、テクノロジーに代替されることがない、半永久的にビジネスの世界から必要とされるスキルをまとめました。本書を読み終えた後は、生成AIをはじめとするテクノロジーに仕事を奪われるのではないか、という不安から解放されているはずです」 19あるスキルの一覧を見ると、「こんな力が必要なの?」とすぐには理解できないものもありますが、その理由を読むといずれも納得できます。 本書が際立つのは、「スキルを習得する方法」に踏み込んでいることです。しかも、理想を振りかざすのではなく、誰にでもできること、ちょっとした心構えで始められることを多く取り上げており、本書の読者は「これならできるかもしれない」と感じることでしょう。 400ページを超える内容ですが、そのすべてを身につける必要はありません。スキルによっては読者が得意な分野、不得意な分野があるでしょう。著者は「本書で紹介しているスキルのうち5つに挑戦してほしい。そうすれば、2030年もビジネスパーソンとして生き残ることができる」と書いています。 テクノロジーが急激に世界を変えつつある今、私たち「人」はややもすると慣性の法則で変化を受け入れられずにいるように思います。だからこそ、私たちが目指すべきものを示してくれる本書は貴重な存在。 未来を生きるすべてのビジネスパーソンに、1日でも早く、手に取ってもらいたい1冊です。 まえがき 第1章 AIに代替できない「情報ハンドリングスキル」 スキル1 一次情報収集力 スキル2 課題発見力 スキル3 レコメンド拒否力 スキル4 テクノロジー駆使力 第2章 AIに代替できない「自分を魅せるスキル」 スキル5 未来予測力 スキル6 自分ブランド力 スキル7 自己主張する力 スキル8 マネジメント力 スキル9 英語力 第3章 AIに代替できない「自分を見つめ直すスキル」 スキル10 レジリエンス スキル11 フルモデルチェンジ力 スキル12 自己責任力 スキル13 クリティカルシンキング スキル14 読書力 最終章 AIに奪われない「幸せを感じるスキル」 スキル16 捨てる力 スキル17 習慣化力 スキル18 逃げ出す力 スキル19 ウェルビーイング あとがき──20番目の未来のビジネススキル

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.101
62

ChatGPTを授業や校務で活用している教師らがプロンプトの実例を紹介。教育における効果的で安全・安心なAIの使い方が分かる ChatGPTを授業や校務で活用している教師らがプロンプトの実例を紹介。教育における効果的で安全・安心なAIの使い方が分かる ChatGPTを授業や校務で活用している教師らがプロンプトの実例を紹介。教育における効果的で安全・安心なAIの使い方が分かる

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.103
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.104
62

【倍速講義】は時間効率を重視する忙しいビジネスパーソンのためのシリーズです。 【倍速講義】は時間効率を重視する忙しいビジネスパーソンのためのシリーズです。話題のテーマや知っておくべき教養・スキルが、タイパ抜群の見るだけレイアウトでわかります。ChatGPTの何がすごいのか? どうやって質問を投げるのか? といった基本的なトピックから、いま注目される背景、ビジネスへの活用、利用上の問題点まで、「1テーマ45秒」で押さえておきたいポイントを把握できます。 Chapter 1 ChatGPTは何がすごいのか Chapter 2 AIへの注目が高まっている背景 Chapter 3 AI時代にひそむリスク Chapter 4 AIをどう使いこなしていくか Chapter 5 ビジネスを変えるAI

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.109
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.111
62

MITタスクフォースの大規模調査が教える「未来の働き方」。テクノロジーの進歩と労働の現状を踏まえて近未来を予測する。 MITタスクフォースの大規模調査が教える「未来の働き方」テクノロジーの進歩と労働の現状を踏まえて近未来を予測するマサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者チームによる「未来の仕事」プロジェクトが、テクノロジーと労働の行く末を精査する。AIなどの技術進歩の影響と労働者の環境の問題や改革、イノベーションのための政策を提案する。 序文(ロバート・M・ソロー) 第Ⅰ部 第1章 イントロダクション 第2章 労働市場と経済成長 第3章 テクノロジーとイノベーション 第Ⅱ部 第4章 「よい仕事」のための教育と訓練 第5章 雇用の質をどう改善するか 第6章 イノベーションを生む制度 第7章 結論と政策提言

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.113
62

ディープラーニング活用なくしてビジネスの飛躍的成長なし

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search