【2024年】「広告業界」のおすすめ 本 66選!人気ランキング

この記事では、「広告業界」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. スピードマスター 1時間でわかる ネット広告 超入門
  2. ブランドは広告でつくれない: 広告vs PR
  3. 必携 インターネット広告 プロが押さえておきたい新常識
  4. マンガでわかるWebマーケティング 改訂版 ―Webマーケッター瞳の挑戦! ―
  5. この1冊ですべてわかる 広告の基本
  6. プロフェッショナル広報戦略
  7. センスは知識からはじまる
  8. いちばんやさしい[新版]リスティング広告の教本 ⼈気講師が教える⾃動化で利益を⽣むネット広告 (「いちばんやさしい教本」シリーズ)
  9. ネット広告運用“打ち手”大全 成果にこだわるマーケ&販促 最強の戦略102 (できるMarketing Bible)
  10. 広告界就職ガイド2024年版
他56件
No.1
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
95
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
86

必携 インターネット広告 プロが押さえておきたい新常識

一般社団法人 日本インタラクティブ広告協会(JIAA)
インプレス
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
84
みんなのレビュー
Webマーケティングを初めて学ぶ人にはおすすめの書籍。完全初心者が読むと全体感を理解できてよい。
No.5
84
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
80
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
75

広告界就職ガイド2024年版

株式会社マスメディアン マスナビ編集部
宣伝会議
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
73

広告界就職ガイド2025

株式会社マスメディアン マスナビ編集部
宣伝会議
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
73

広告界就職ガイド2021

宣伝会議 書籍編集部
宣伝会議
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
73

「このキーワードで1位にしたいのにうまくいかない」「予算がほとんどないのに、成果を求められる」「依頼した施策をやってもらえない」「コンテンツづくりがうまくいかない」「ホームページをリニューアルしたら順位が下がってしまった」「成果が出ないからやめようと思う」SEOにはつきものの悩み、どうしたらいい?10年以上、金融業界、官公庁サイト、大規模なECサイトのSEOから、オウンドメディア設計やコンテンツマーケティングまで、2,000社を超える案件に取り組んできたナイル株式会社の知見をもとに教えます。タイトルどおりの内容でロングセラーとなっている『10年つかえるSEOの基本』の姉妹本です。 ■■■1章 SEOって、1位をとるのが大事なんでしょ? ■■SEOのホントのところ ■SEOはマーケティングの手段の1つにすぎない ■「1位をとったけどうまくいっていない」場合とは ■■「どうすれば1位にできますか?」に対する答え ■1位にする方程式はないが、指針はある ■「良いコンテンツを作れば順位はついてくる」わけではない ■■■2章 SEOに取り組むには何が必要? ■■SEOに必要なスキルは仮説思考 ■明確な答えがない、だから仮説が必要 ■仮説を立てることは効果検証にも有益 ■■成果が出るまでの期間はバラつくことを理解する ■検索エンジンはすぐに結果に反映してくれない ■コンテンツやデザインを作るのに時間がかかる ■SEOの成果が出るまでの期間はどれぐらいか ■■どういう流れで対策していけばいいかを把握する ■(1)必要なページを考える ■(2)ページ作成の優先度を検討する ■(3)ページを作成する ■(4)定期的に見直しながら、改善する ■■なぜSEOでキーワードが大事なのかを理解する ■SEOでキーワードが重要になる3つの理由 ■SEOでまず取り組むべき「指名検索最適化」 ■■SEOをチームで理解する ■SEOに過度な期待をもってしまう状態を避ける ■施策のスピードが下がるのを避ける ■■■3章 人やリソースをどうやって確保すればいいの? ■■そもそも、SEOに必要な人・リソースって? ■オウンドメディア運用のタスクと必要な人数は? ■BtoB-SaaS系サービスオウンドメディアの運営 ■BtoC-アパレル系サービスオウンドメディアの運営 ■データベース型サイト ■サービスページ ■「SEOは最低限」という場合 ■■内製と外注、どちらがいいか? ■内製化のメリットはスピードアップ ■内製化のデメリットは採用コストと学習コスト ■初期は外注で、慣れてきたら内製化するのがおすすめ ■■内製化を目指すべき役割とは ■司令塔 ■コンテンツ編集者 ■サイト制作 ■■■4章 予算がほとんどないのに成果を求められるんだけど ■■本当にSEOが必要なのでしょうか? ■SEOの強みが発揮されるケースとは ■自社の製品・サービスの認知状況と解決できる課題を調べる ■目的を明確にする ■目的を達成するほかの施策はないか考える ■■SEO用の予算の引き出し方 ■期待を正しく把握する ■期待を正しく調整する ■裁量権をなるべく広くもらう ■限界利益から考える ■社内でSEOの成果を説明する際のコツ ■■■5章 依頼したことを反映してもらえない ■■なぜ、依頼どおり実装されないのか? ■要件定義が曖昧なまま依頼してしまっている ■他部署との調整が入る ■■「依頼どおりに実装されない」事態を避けるには ■依頼の要件をしっかりと固めて共有する ■施策実装担当と密にコミュニケーションをとる ■社内全体のSEOの理解度を上げる ■「貸し借りの関係」に敏感になる ■■■6章 コンテンツづくりがうまくいかない ■■そもそもコンテンツづくりが難しい理由 ■伝えたいことだけ書くのはNG ■コンテンツづくりそのものが目的になってしまいやすい ■■どのようにコンテンツを作ればいいか ■コンテンツの作成にあたって明確にしたい3つのポイント ■必要なコンテンツの本数を考える ■第三者の目でのチェック+専門知識の担保ができる体制をつくる ■効率よくコンテンツを作成する10のステップ ■■とても難しい効果検証 ■いつ、何を検証するのか ■効果検証をふまえて、どのようなアクションをするべきか ■■良いコンテンツだからといって1位を獲得できるわけではない ■1位に表示されるのは「最もわかりやすいコンテンツ」とはかぎらない ■良いコンテンツを作ったうえで取り組むべき4つのこと ■1位をとっても終わりではない ■■AIをうまくSEOに利用するには ■GoogleはAIコンテンツをどう考えているのか ■うまく生成AIを活用するには ■■■7章 社内から質問がたくさん来て困る ■■検索エンジンの仕組みを理解して、最低限マイナスを与えない判断ができるようにする ■検出、クロール、インデックス、ランキングの4つのフェーズを押さえる ■検出「URLを見つける」 ■クロール「ページの情報を取得する」 ■インデックス「クロールした内容を格納する」 ■ランキング「順位を決定する」 ■■質問にはどう対応すればいいか ■テキストでやりとりする ■わからないことは「なんとなく」にしない ■■SEOを勉強するには ■レベル1:用語と概念を理解する ■レベル2:ニュースを追う ■レベル3:質問を積極的に受ける ■レベル4:自分でサイトを運用してみる ■■SEOが正直しんどい時は ■忙しすぎてしんどい ■わからなくてしんどい ■目標が厳しくてしんどい ■■■8章 ホームページをリニューアルしたら、急に順位が下がってしまった ■■サイトリニューアルは本当に必要なのか ■サイトリニューアルは残念な結果を招きやすい ■サイトリニューアルをしないといけない時 ■■なぜ、サイトリニューアルで順位が下がったままになってしまうのk ■それまでに獲得していた評価を正しく引き継げていない ■ページ内容を変更した結果、改悪になっていた ■■失敗しにくいサイトリニューアルの進め方 ■(1)サイトリニューアルで得られるリターンとリスクの回避方法を押さえる ■(2)現状のサイトの数値状況を把握して、具体的な変更・対応箇所をまとめる ■(3)依頼を読めばだれでも実装できるレベルまで落とし込む ■(4)リニューアルに関わるメンバーと費用感、スケジュールをまとめる ■(5)リニューアルが目的にすり替わらないように実装する ■(6)ステージング環境で確認する ■(7)リニューアルの影響をチェックする ■■■9章 がんばってSEOに取り組んできたけど成果が出ないから、やめようと思う ■■あらためて「SEOにおける成果」とは ■売上に直接つながるアクション、つながらないアクション ■認知向上に貢献するか ■「たくさん取れているか」「コスパよく取れているか」で判断する ■■もしもSEOをやめるとしたら ■SEOをやめるとはどういうことか ■SEOのやめ時をどう考えるか ■■SEOをやめたあとに再開する場合は ■(1)かつてはどのように取り組んでいて、なぜSEOをやめたのか(失敗したのか) ■(2)今回はどのような成果が求められているのか ■(3)今回は競合を含め「勝てそう」か ■(4)社内のリソースは十分にあるか ■(5)SEO以外の取り組み状況はどうなっているか ■■■10章 ナイルはどのようにSEOに取り組んでいるのか ■■事例(1) Appliv ■「アプリを探すユーザーとの接点」としてSEOは非常に重要 ■3つのメインチーム+2つのサポートチームのマトリクス型組織 ■「量から質へ」の転換とともにコンテンツへの取り組みも進化 ■「最終的な勝者」になるために必要なことを逆算し、目標として設定する ■どのように施策に取り組んでいるか ■SEOに取り組む方へのアドバイス ■■事例(2) カルモマガジン ■通常のオウンドメディアの役割を超えた役割を担う ■メンバーの多くが業務委託/外部のパートナー会社 ■「言われたことをやる」から「目標を追える」体制へ ■目標設定は無理なく、しかし成長への取り組みは必死に ■メディアの成長とともに、指標も施策も変わる ■SEOに取り組む方へのアドバイス

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
65
みんなのレビュー
Webマーケティング、特にSEOやコンテンツマーケティングを学びたいのであれば、真っ先に読んで欲しい本。ストーリー形式で読みやすくエッセンスが詰まっている。
No.27
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
64

広告は社会のために何ができるか。ソーシャルプロジェクトの経験をもとに「広告とコミュニケーションの未来」を切り拓く。 広告は社会のために何ができるか。ソーシャルプロジェクトの経験と、12人のクリエーターとの対話から、ヒト・モノ・コトをつなげる仕組みをうみだす「広告とコミュニケーションの未来」を切り拓く。 広告は社会のために何ができるか。 ソーシャルプロジェクトの経験と、 広告の最前線で活躍する12名のクリエイターとの対話から、 ヒト・モノ・コトをつなげる仕組みをうみだす「広告とコミュニケーションの未来」を切り拓く。 澤本嘉光・永井一史・箭内道彦・佐藤尚之・今村直樹・丸原孝紀 松倉早星・鈴木菜央・石川淳哉・東畑幸多・嶋浩一郎・中村洋基 (登場順) はじめに 第1章 原点――現状の広告に対するいくつかの疑問  広告づくりは、いったい誰のものか  なぜ広告賞という単一の価値観しかないのか  広告の世界には、なぜ自己批判がないのか  広告は、大量消費をうながすことしかできないのか  広告は、そもそも社会をよくするためのものではないのか 第2章 模索する日々――広告は社会のために何ができるか  これからの広告のありかた 1 企業を出発点に  「ほんとうにいいことをする」  「ともに行動する」マーケティングへ  効率の悪いコミュニケーションへ  広告づくりを「みんなのもの」に  企業のありかたのデザインへ  「一個人として」発想する  広告が信じてもらえるためには 2 NPO・個人・コミュニティを出発点に  「伝える」という技術  大量生産、大量消費のひずみ  広告のスキルで「通訳」する  個人の想いを伝えていく「仕組み」 3 社会課題を出発点に  広告が主体となる  「人の命を救う」マーケティングへ  未来の広告会社  未来の広告のありかた  これからの広告は何をすべきか? 第3章 広告のポテンシャル――広告づくりの発想や技術  「無自覚」から「自覚」へ  「いや、こういう別の見方をすれば」  異なる意見の橋渡しをする  広告人の強み  閉塞し停滞したものを活性化させる  「ポテンシャルバリュー」を見通す  個人の心の中に「潜在的にあるもの」  広告的思想の可能性  広告の未来への提言 第4章 ヒト・モノ・コトはこれから“どう”つながっていくのか  3.11を越えて  もうひとつの「つながりのレイヤー」を持つ  さまざまな価値と価値を交換する「クラウドトレード」  人は、壁を越えたい生き物だ。 おわりに

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
64
みんなのレビュー
実務レベルでマーケティングについて深く学べる書籍。当たり障りのない抽象論でもなく、小手先のテクニックでもなく、マーケティングの本質がしっかり学べる。デジタルマーケティング職に配属された新卒はとりあえずこれを読んでおけば大丈夫といっても過言ではないくらい良い書籍。何度も読み直したい。
No.31
64

日本のグラフィック100年

山形 季央
パイインターナショナル
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
64

人類史の転換期における国家戦略 超高齢社会の課題と可能性 30年後の人と国土 2050年へ向けた2030年の電源 ロボットは東大に入れるか 日本の海洋政策と国境の未来 「極点社会」の到来 公益資本主義と成長戦略 超高齢社会における社会保障と財政のあり方 2030年、産業界はこうなる 掘り起こせ"日本の底力" 2030年への視座~全体知を求めて 2030年宇宙の旅~日本の宇宙開発の展望 中東と中国、そして日本~エネルギーとシーレーン 2030年の人間と社会と情報 三つの大逆転と里山資本主義 iPS細胞研究の進展と再生医療・創薬のイノベーション 科学技術はどこへ向かうのか 気候変動とその影響を予測する 四つの大変化と国際秩序の変動 〈寄稿〉2030年の日本~政治家の真摯な思い

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
63

ART DIRECTION JAPAN/日本のアートディレクション 2019

東京アートディレクターズクラブ
美術出版社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
63
みんなのレビュー
ニューヨークでアートディレクターとして働く著者がデザインを含めたブランディングの重要性について語った書籍。経営者や事業を作っている人が読むべき書籍
No.46
63

売れる21の法則

村山 涼一
KADOKAWA(中経出版)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
62
みんなのレビュー
SNSを学べるちゃんとした書籍はあまりない印象だが、この書籍は付け焼き刃ではなくて非常に重要なエッセンスが詰まっていて学びになった。
No.59
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
62
みんなのレビュー
Webマーケティングといえばこの書籍。ストーリ形式でWebマーケティングについて学べるのでサクサク読めてそれでいてWebマーケティングのエッセンスがギュッと詰まっている。それもそのはず超有名マーケターのWebライダー松尾氏が著者。Webマーケティングを学びはじめた初学者はまず手にとって欲しい書籍。ちなみにWebマーケティングの中でもかなりSEO・オウンドメディア運営にフォーカスしているので広告などについて学びたい人には向かない。
No.63
62

希望をつくる仕事 ソーシャルデザイン

ソーシャルデザイン会議実行委員会
宣伝会議
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search