【2023年】「資本主義」のおすすめ 本 5選!人気ランキング

この記事では、「資本主義」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 資本主義とお金のしくみがゼロからわかる! マルクスの資本論 見るだけノート
  2. これからのマルクス経済学入門 (筑摩選書)
  3. マルクスる?世界一簡単なマルクス経済学の本
  4. マルクス入門講義
  5. 世界精神マルクス
No.2
94

マルクスは資本主義経済をどのように捉えていたのか? マルクス経済学の重要概念を平易に解説し、21世紀の今、いかなる可能性…

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
92
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
90

格差、宗教、ヘイト、民主主義、デモ…… 今、もっとも〈使える〉思想家を徹底授業。 著者が、現在「読んだ方がいい」と考える哲学上の重要なテクストを選び、マルクスをまったく読んだことがない初学者や、再びマルクスを勉強したい人向けに、丁寧に熟読する。 「“マルクス屋”が商売として成り立たなくなった今こそ、十数年前にやってみたかったことをやってみたい、と思って、この本の元になった連続講義を構想した。それは、マルクスのテクストを、鬱陶しい時代の雰囲気や、運動や政治とはまったく関係なく、実直に、哲学的、思想史的に読み解くということである」(本文より)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
89

世界精神マルクス

ジャック・アタリ
藤原書店
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search