【2024年】「フリーランス」のおすすめ 本 100選!人気ランキング

この記事では、「フリーランス」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 世界一やさしい フリーランスの教科書 1年生
  2. お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください! (サンクチュアリ出版)
  3. 会社に雇われずにフリーで働く! と決めたら読む本 (アスカビジネス)
  4. 【マンガ】フリーランスで行こう! 会社に頼らない、新しい「働き方」
  5. NEWフリーランスの稼ぎ方 (アスカビジネス)
  6. フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。
  7. フリーランスの教科書 (星海社新書)
  8. 起業家・フリーランスのための「ブログ・SNS集客」のキホン (DOBOOKS)
  9. 令和改訂版 駆け出しクリエイターのためのお金と確定申告Q&A
  10. 令和改訂版 フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。
他90件
No.13
62

仕事も生活も自由な反面、不安や責任も負う覚悟がいるフリーランス。それでも自分のスタイルで働く魅力とは? 実態を通して見えて…

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
61

フリーで働く!と決めたら読む本

中山 マコト
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
59

自分を最高値で売る方法

小林 正弥
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
58
みんなのレビュー
DeNAを創業した南場さんの創業秘話。どの企業も多くのハードシングスにぶち当たっていて、それを乗り越えて今があると思うと震える。起業家におすすめの1冊。
No.29
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
55
みんなのレビュー
あの著名ブロガーのちきりんさんの書籍。その名の通りマーケット感覚を身につけて人生を生き抜く知恵を授けてくれる。非常に有益な内容でどんな時代になっても使える考え方が詰まっている。
No.38
55

1度きりの人生。自分の好きなように生きていきたいと思っている人のうち、一体どれだけの人が「自分らしい人生」を送れているのでしょうか。近年、働き方の自由度が高くなってきているとはいえ、実際には、毎日残業、手取りが少ない、人間関係がうまくいかない……と、ビジネスパーソンの悩みや苦労は尽きません。そこで本書では、特に20~30代の若い世代の方たちに向けて、時間も人も場所も自由で、自分らしく働ける「フリーランス」の始め方やノウハウを紹介します。ただし、“自分らしく働く”ためには、準備や勉強、リサーチ、思考習慣など、最大限の努力は不可欠です。そのため本書には、一面だけではなく、さまざまな視点からの総合的なフリーランス入門書として、狙い目の業界で市場を開拓していくノウハウなども多く掲載しています。キラキラしているいい部分だけではない、「本当に役立つ」フリーランスの教科書。本気でフリーランスを目指すあなたにピッタリの入門書です! CHAPTER01: フリーランスの誤解と注意点 CHAPTER02: フリーランスをスタートする前にやっておくべきこと CHAPTER03: これで月収100万円! フリーランスで働き始めたら CHAPTER04: 月収100万円を叶えるフリーランスの営業方法 CHAPTER05: 今が狙い目! ショート動画とSNS運用代行ノウハウ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
55

考えるノート

佐々木 直彦
日本能率協会マネジメントセンター
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
55

話題のインボイス制度もしっかり網羅!稼ぎ方、届け出、備えまで―フリーランスが老後まで安心して暮らせるお金のぜんぶ「人生100年時代」。現役世代として活躍する時間が長くなり、かつ必ずしも安定した雇用が期待できるとは限りません。これからの時代、誰しもが「フリーランス」という選択肢を考えることが必須となりました。また、SNSの普及によってフリーランスの仕事の幅も広がりつつあります。本書では、フリーランスの生き方働き方から、フリーランスとして知っておくべきお金のこと、老後のこと、各種社会保険制度や法律などを、自身もフリーランスとして第一線で活躍し続ける、社会保険労務士でFPの井戸美枝氏が、わかりやすく解説します。【目次】●Introduction フリーランス新時代がやってきた!●Part1 フリーランスになる前に知っておきたいことフリーランスのメリットフリーランスのデメリット フリーランスになると起こりうるリスクとは? 専門スキル×複数社でリスクを減らす 給付を受けられる教育訓練の制度  ……など●Part2 フリーランスで働く“コツ”と“キモ”発注元への交渉のコツ 発注元とのトラブルが起こった時の解決法 マネーの3大リスクに備えよう 青色申告と白色申告はどう違う? 開業届の書き方 もらえるお金をチェックしようこれだけは知っておきたいフリーランスを保護する法律 ……など●Part3 かしこいお金の管理と損をしない経営どのくらい稼げばいいの? 経費はどう考える? 帳簿(複式簿記)のつけ方を覚えよう キャッシュフローが大切 税金はどうやって決まるの? 請求書の書き方を覚えよう 源泉徴収って何? 損をしない確定申告のツボ インボイス制度って何? 法人成りのタイミングとは? ……など●Part4 フリーランスのための社会保障制度フリーランスになると社会保障はどう変わる? 老後や「もしも」のときに必要な対策とは? 労災がないフリーランスはどう備える? フリーランスの年金額はいくら? フリーランスが年金を増やす方法  …など●Part5 資産運用で老後資金を備える!iDeCoのすごい節税効果 国民年金基金って何? 小規模企業共済って何? NISAとiDeCoの使い分けポイント 「いつまで働くか」はどう決める? 自分の老後に必要なお金はいくら? …など

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
54
みんなのレビュー
スタートアップを立ち上げるために必要なリーンスタートアップという考え方を学ぶために読んだ。今の時代、スタートアップでも大企業でもどんな組織でもリーンスタートアップの考え方は重要で、小さいことをクイックに行い小さい成功をおさめてそこから雪だるま式に大きくしていくことが大事。小さい状態で失敗しても大きな痛手ではないので、とりあえず作ってみて検証する!ただ小さくはじめると小さくおさまってしまうという考え方も提唱している人がいて面白いと思った。イーロン・マスクなどはスペースXを起業する際に小さくなんか始めていない。出来るだけクイックに動いていたが最初から巨額の投資をしていた。イーロンはPaypalの売却益で巨額の富を得ていたからという人もいるが、それでも足りないくらいの額を突っ込んでいる。巨額の富を得ると、そこから小さく色んなところに投資してどれか当たればよいという考えてしまうケースが多い気がするが、本当に偉大なことを成し遂げたいのであれば小さく始めるという思考を取り払って大きく勝負に出ることも必要かもしれない。
No.66
54
みんなのレビュー
本多静六氏の書籍を読んで実践することでどんな人でもそれなりの富を築くことができるはず。誘惑に負けず愚直に貯めて投資をしよう。本多静六氏の書籍はどれも良作であり長年経っても決して色あせない重要なエッセンスが詰まっている。
No.69
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
54

ベンチャーと大企業の双方を経験、起業&エグジットを成功させた著者が伝授する、凡人のための起業に特化した方法論! 今の日本は個人のエンパワーメントがしやすい時代であり、起業するリスクは一般に考えられているより格段に低い。 意識が高い人に限らず普通に仕事をしてきた人なら誰でも起業はできるのだ。 ただし、問題はロールモデルがないこと。 本書では、スタートアップと大企業の双方を経験、起業&エグジットを成功させた著者が、自らをロールモデルに「凡人のための起業のやり方」について、マインドとスキル両面から説明する。 仕事ができる人材でありながら起業など考えもせず、「消化試合」をしてしまっているもったいないサラリーマンに「起業」の視点を注入することで、「起業を民主化」し、ひいては日本全体の生産性を上げ、日本の未来を明るくする。 はじめに 第1章 なぜ、凡人が起業できたのか 〈凡人起業ドリブン・マインド編〉 スキルより時代の波に乗ることを考える 時代を先取りすると「お客様案内窓口」からでも売り込める お金がかからない業界を選ぶ 負けない場所で先行者をめざす 起業することを事前に就職先の社長に伝える 自分の経験が生かせるタイミングを計る 会社を辞める前から起業の準備を整えておく 失敗のリスクを下げるために自分を縛る 「コツコツやる」が楽しくなる仕組みをつくる 自分の力を発揮できる場所を見つける 大企業のグループ会社に入ってわかったこと コツコツやることの方向性を見極める 会社がなくても生きていけるようにしておく まずは好きなことより負けなさそうなことをやる 凡人らしい戦い方を見つけて動く 第2章 凡人が起業しやすくなってきた!〈凡人起業ドリブン・戦略編〉 日本の経済力が落ちてきている 新しいビジネスで新たなパイをつくる これから求められる“ビジネスをつくれる人材” ベンチャーキャピタルは投資したがっている 「起業したほうが将来明るい」と考える東大生が増えてきた しやすくなった資金調達での注意点 ベンチャーキャピタルから投資を得るときに注意すること 最初の3年で勝負する仕組みとしてVCから出資を受けるのはアリ 大きく投下すれば大きく伸びるのがITビジネス 大企業との業務提携をめざす起業もアリ 自分がしてきたことを見直せば武器は見つかる 第3章 起業したい人はコレをやろう 〈凡人起業ドリブン・スキル編〉 凡人には「やりきる仕組み」が必要 フェイスブックを「仕事場」ととらえる 業界の問題と解決策を提案して起業する スキル00  今いる会社の社長に起業の相談をする スキル01 競争を避ける スキル02 毎日継続できる、レベルの低いことをする スキル03 毎日継続せざるを得ない養成ギプスをはめる スキル04 無料セミナーをし、資料をつくらざるを得ないよう追い込む スキル05 自分を信用していないからヒアリングを大切にする スキル06 誰も否定できないことを整理して先駆者感を出す スキル07 お金がないから広報に取り上げられる工夫をする スキル08 自分にはチャンスが少ないことを認識し、真剣に提案する スキル09 お金の使い道が見えてから資金調達する スキル10 社員に名前を売ってもらう。売れば売るほど営業が不要になる スキル11 ニッチでもナンバー1と言える領域を徹底的につくる。      そこが伸びるとトップシェアの自分たちが最も伸びる   凡人起業ドリブンを通じて会社はどのように成長したのか 起業中の失敗 どんな業界でも応用可能な「凡人起業ドリブン」 第4章 凡人起業の仲間たち 四人四様の“凡人だからこその戦い方” Case1 事業を決めるより先に会社を登記した 渡雄太さん(株式会社wib 代表取締役)  「今の仲間を裏切らないこと、発信すること、そしてよいパートナーと出会うこと」 商社からベンチャー、そして起業へ 円満退社が次に結びつく SNSをフル活用して発信する 起業を考えている人は腹をくくる 人に助けてもらうのが起業家 ◎小原から Case2 人材派遣とロボットによる業務自動化を融合させる 藤澤専之介さん(Peaceful Morning 株式会社代表取締役) 「凡人起業は“勝者のメソッド”ではなく“弱者のメソッド”です」 大手メーカーから極小ベンチャーを経て大手派遣会社へ 会社で起業家と話しているうちに起業したくなった 最初は、できることをやりたいことに近づけていく 凡人起業ドリブンの効果に驚く 起業に興味のある人は“弱者のメソッド”で一歩踏み出す ◎小原から Case3 派遣の受付業務から受付システムサービスで起業した 橋本真里子さん(ディライテッド株式会社代表取締役社長 CEO) 「投資家は事業のアイデアや採算性ではなく“人”に投資するんです」 思い入れのあるキャリアを活かす 「誰もやらないなら私がやるしかない」という使命感 起業家の話を聞くことで納得感が出る 退職時の人間関係を大事にする 起業は特別な人がするものではない 起業後に問われる“器” 女性・男性問わず、ステップアップの手伝いをしたい ◎小原から Case4 カード会社勤務から新たな保証ビジネスで起業した 小山裕さん(Gardia株式会社代表取締役社長 CEO) 「少しでも頑張る気持ちがあるのなら、とりあえず動いてみましょう」 不正カード決済での店舗の負担を助けたい 「凡人起業家」との出会い 自分でできることを武器に会社を立ち上げる 「ドタキャン」で困っている会社や店の「リスクのお守り」になる 自分の経験を社会のニーズと組み合わせる 凡人でも失敗を糧とし、まわりへの感謝を忘れなければなんとかなる 起業に興味があったら、とりあえず動く ◎小原から 第5章 もしあなたが起業するなら 起業家になった姿を想像してみよう 失敗しない起業ができるスマホIT時代 「スマホ×何か」がビジネスのヒントになる スティーブ・ジョブズでさえも過去から未来が生まれると信じていた 起業シート あとがき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
54

節税はしたいけど、面倒なことは無理…そんな、ずぼらフリーランスの方々にうってつけの一冊!超シンプル節税テクをお教えします! 節税はしたいけど、面倒なことは無理…そんな、ずぼらフリーランスの方々にうってつけの一冊。本書の特長は以下の通りです。・コスパ重視、小規模フリーランスの必須節税を厳選!・「税理士さんに聞いた節税ランキング」収録!・「サルでもわかるインボイス制度」収録!・「源泉徴収って何だっけ?」など「今さら?」「あるある!」な解説も収録!・IT時代の最新税制のチェック法を指南!・イラスト&図解満載で分かりやすい!超シンプル節税テクをお教えします!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
54

現役クリエイターの実例だからよくわかる! 節税と確定申告の入門書 本書はクリエイターがお金で困らなくするためのお金と確定申告の入門書です。 フォトグラファー、イラストレーター、デザイナー、アニメーターなど、クリエイティブな仕事をする方のお金にまつわる疑問を、Q&A形式でやさしく解説します。 Questionの内容は、確定申告の基本から節税対策、どうやって収入を安定させるかなど約70テーマ。副業からフリーランスとして独立している人までを対象に、具体的な解決方法を提案します。 先輩クリエイターの実例なのでわかりやすく、逆引きですぐに使える。お金の面から創作活動をサポートします! 【目次】 ▼0章 税金のキホン  0 - 1 税金との正しい付き合い方  0 - 2 日本の税金のしくみ  0 - 3 最重要! ! 所得税のしくみ  0 - 4 遅れてやってくる住民税のしくみ  0 - 5 確定申告しないとどうなるの? ▼1章 駆け出し& 副業時代の税金  1 - 1 副業収入にも税金はかかるの?  1 - 2 副業が赤字だったらどうなるの?  1 - 3 源泉っていったい何なの?  1 - 4 源泉って取られた後はどうなるの?  1 - 5 源泉が引かれているかどうかわからない!  1 - 6 ウェブサイトのコーディングは源泉を引かなくてもいいの?  1 - 7 個人事業主からの報酬も源泉は引かれるの?  1 - 8 給料から源泉が引かれるのはどうして?  1 - 9 報酬を請求するとき消費税はどうする?  1-10 誰も年末調整してくれない。どうしたらいい? ▼2章 個人で独立したときの税金  2 - 1 「副業」と「本業」の境目はどこ?  2 - 2 個人事業主になると今までと何か変わるの?  2 - 3 「給与所得」と「事業所得」ってどう違うの?  2 - 4 「青色申告」って何? 白色もあるそうだけど…… 。  2 - 5 「青色申告」と「白色申告」どちらを選べばいいの?  2 - 6 「青色申告」のメリットを教えて!(その1)  2 - 8 個人事業主として開業する際に税務署に出す書類はある? ほか ▼3章 個人で独立したときの税金  3 - 1 なぜ帳簿を付けなければいけないの?  3 - 2 どうやって帳簿を付けたらいいの?  3 - 3 会計ソフトは何を選べばいい? ほか

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.79
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
54
みんなのレビュー
普段の仕事や生活で自分の時間がなくて常に何かに追われている感覚があるのであれば是非読んで欲しい!本質的でないことは全て捨てて自分のやりたいことにフォーカスしよう!一度きりの人生、悩んでいる時間は無駄。社会人になりたてで四苦八苦している人がいたら是非読んで欲しい。
No.91
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.93
54
みんなのレビュー
伝説のプログラマー中島聡氏の仕事を早く終わらせる効率本。この書籍の2:8の法則を知って完全に実践できているとは言い難いがある程度仕事を早く終わらせることができるようになった。社会人の若いうちは仕事を進める段取りをつかみにくいのでこの書籍を読んで考え方をインストールすることをオススメする。
No.94
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search