【2024年】「アウシュヴィッツ」のおすすめ 本 5選!人気ランキング

この記事では、「アウシュヴィッツ」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. アウシュヴィッツのタトゥー係
  2. 完全版 マウス――アウシュヴィッツを生きのびた父親の物語 (フェニックスシリーズ)
  3. アウシュヴィッツの地獄に生きて (朝日文庫)
  4. アウシュヴィッツへの道―ホロコーストはなぜ、いつから、どこで、どのように (横浜市立大学新叢書13)
  5. アウシュヴィッツ潜入記
No.1
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
80
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
79
みんなのレビュー
家族の苦しさや、アウシュヴィッツ強制収容所にいた人たちの思いなどが、この1冊に詰め込まれており、とても現実で起こったとは思えない体験談でした。また、収容されてる人だけではなく、ナチス側の人の感情。これまでのユダヤ人への差別、色々なひとの思いが詰まっており、読み応えのある本でした。今でも起きている、人種差別がいかにも、起こしては行けないこと。というのを教えてくれる、人生に置いてもとても学ぶことができる1冊だなと思いました。
No.5
77

アウシュヴィッツ潜入記

ヴィトルト・ピレツキ
みすず書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search