【2024年】「世界大戦」のおすすめ 本 127選!人気ランキング

この記事では、「世界大戦」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 戦争は女の顔をしていない (岩波現代文庫)
  2. 野火(のび) (新潮文庫)
  3. 日本人のための第一次世界大戦史 (角川ソフィア文庫)
  4. オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1: 2つの世界大戦と原爆投下 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
  5. 第二次世界大戦1939-45(上)
  6. 永遠の0 (講談社文庫 ひ 43-1)
  7. さよなら、アルマ
  8. レッド・プラトーン 14時間の死闘
  9. スエズ運河を消せ: トリックで戦った男たち
  10. 武器よさらば (新潮文庫)
他117件
No.1
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
86
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
84
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
83
みんなのレビュー
この本は、主人公の祖母が亡くなった時に祖父からある事実を知らせれます。自分は主人公たちの本当の祖父ではないということを・・・。彼は終戦間近の神風特攻隊で戦死したということを・・・。彼は、とても優秀な戦闘機乗りであったが、とても臆病だったという事実が出てくる。だが、なぜそのように臆病な人が神風特攻隊として、戦死したのか。「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために。」そう言い続けた男は、なぜ、自ら零戦に乗り込み、命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。天才だが、臆病者。想像と違う人物に戸惑いつつも、一つの謎が浮かんでくるーーー。記憶の片方が揃うとき、明らかになる事実とは。涙なしには読めない、永遠の名作。
No.7
83

さよなら、アルマ

水野 宗徳
サンクチュアリパプリッシング
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
83

武器よさらば (新潮文庫)

アーネスト ヘミングウェイ
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
83

まるで劇を観ているような感覚で楽しく詳しく学べるシリーズ第5弾。第一次世界大戦の展開をドラマティックに描いていきます。 世界史における重要な局面を、劇を見ているような感覚で楽しく詳しく学べるシリーズ第5弾です。第一次世界大戦は戦争の常識を塗り替え、20世紀の世界に多大な影響を与えた避けることのできないテーマです。本書では第一次世界大戦の原因から結果までをヨーロッパ戦線を中心に扱い、近代兵器が続々と登場して、これまでにない惨禍をもたらした戦の内容をドラマティックに描いていきます。臨場感あふれる解説と“歴史が見える”イラストで学べる、まったく新しい歴史教養書! 第1章 第一次世界大戦前夜 第2章 1914年 第3章 1915年 第4章 1916年 第5章 1917年 第6章 1918年 第7章 パリ講和会議

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
71

紅玉

後藤 竜二
新日本出版社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
71

ネットで超人気にも関わらず詳細資料が一切無く、誰もその素顔を知りえなかった「伝説」の狙撃手シモ・ヘイヘ。初の伝記邦訳が登場! ネットで超人気にも関わらず詳細な資料が一切無く、誰もその素顔を知りえなかった「伝説」の狙撃手シモ・ヘイヘ。史上初の伝記邦訳が登場!第一次ソ連対フィンランド戦争で活躍したフィンランドの“白い死神”の真実とは!? ネットで超人気にもかかわらず詳細な資料が一切無く、これまで誰もその素顔を知りえなかった「天才」「英雄」「伝説」の狙撃手シモ・ヘイヘ。その伝記邦訳がついに文庫化!驚異的な射撃技術を獲得した生い立ち、暗殺任務を帯びた敵スナイパーとの狙撃対決、そしてコッラー川における死闘——第一次ソ連対フィンランド戦争、通称<冬戦争>で活躍した、フィンランドの“白い死神”の真実がいま明らかになる!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
69

奥のほそ道

リチャード・フラナガン
白水社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
70

世界の戦車: 1915~1945

ピーター チェンバレン
大日本絵画
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
70

ロボット兵士の戦争

P・W・シンガー
NHK出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
69

ふうちゃんが六年生になった頃、お父さんが心の病気にかかった。お父さんの病気は、どうやら沖縄と戦争に原因があるらしい。なぜ、お父さんの心の中だけ戦争は続くのだろう? 著者渾身の長編小説! ふうちゃんが六年生になった頃、お父さんが心の病気にかかった。お父さんの病気は、どうやら沖縄と戦争に原因があるらしい。なぜ、お父さんの心の中だけ戦争は続くのだろう? 著者渾身の長編小説!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
69

第二次世界大戦軍事録

ホリエカニコ
ホビージャパン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
69

湧き起こる戦雲

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
69

今伝えなければ―2011年3月11日、中二の波菜子は祖母の秘密の交換日記を見つける。戦時中の敵国人抑留に光をあてた青春小説。 I may forgive you.(許してあげてもいい) 波菜子のおばあちゃん・静子のもとに届けられた謎のクリスマスカード。差出人の名はハンナ・フォックスとあった。 痴ほうの初期症状が現れ、一週間後には施設への入所が決まっているおばあちゃんは、まったく身に覚えがないと言うが、波菜子はおばあちゃんとハンナが第二次世界大戦中に交わしていた秘密の交換日記を見つける。 ハンナはイギリス人とのクォーターで、おばあちゃんの親友だったのだ。 横浜の山手に住み、おばあちゃんと同じように女学校へ通い、日本を母国と思っていたハンナは、戦時中、敵国人の血が流れているという理由で、自由を奪われ、神奈川県厚木市での抑留生活を強いられていた。 手を伸ばせば届くようなところに、帰るべき家があるのに帰れない。うちに帰りたい。 交換日記には、つらい日々を送るハンナの思いがつづられていた。 それは、東日本大震災に伴い発生した福島第一原発の事故で、避難を強いられた人たちと、奇しくも同じものだった。 打ち切られた交換日記と、クリスマスカードの謎を、大震災後の混乱のなか、波菜子は何かに急き立てられるように追っていく。 その先に、ハナという愛称で決して呼んではくれないおばあちゃんとの、目には見えない壁を越えられるかぎがあるような気がして……。 敵国人抑留という史実を織りこみながら描かれたフィクション。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
69

終戦直後のベルリンで恩人の不審死を知ったアウグステは彼の甥に訃報を届けに陽気な泥棒と旅立つ。歴史ミステリの傑作が遂に文庫化! 解説 酒寄進一 終戦直後のベルリンで恩人の不審死を知ったアウグステは彼の甥に訃報を届けに陽気な泥棒と旅立つ。歴史ミステリの傑作が遂に文庫化! 解説 酒寄進一 この作家の集中力と咀嚼力には、その若さからは 想像もつかないほどの馬力がある。素直に脱帽! ――逢坂剛 第1位 第9回Twitter文学賞(国内編) 第3位 2019年本屋大賞 第2位 このミステリーがすごい!2019年版(国内編) 第160回直木賞候補 その他各紙誌でも大絶賛!! 第二次大戦直後のドイツを舞台に迫真の臨場感で描かれた歴史ミステリの傑作 待望の文庫化! 【内容紹介】 1945年7月、ナチス・ドイツの敗戦で米ソ英仏の4カ国統治下におかれたベルリン。ドイツ人少女アウグステの恩人にあたる男が米国製の歯磨き粉に含まれた毒による不審死を遂げる。米国の兵員食堂で働くアウグステは疑いの目を向けられつつ、なぜか陽気な泥棒を道連れに彼の甥に訃報を伝えに旅出つ――。圧倒的密度で書かれた歴史ミステリの傑作、待望の文庫化! 解説 酒寄進一

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.77
69

第二次大戦下、二人きりになってしまった兄妹の生命と愛、戦争の悲しみを描いた表題作ほか、5編を収録。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.79
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.83
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.86
68

戦艦扶桑図面集

ヤヌス シコルスキー
潮書房光人新社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.87
68

アジア・太平洋戦争 : 昭和時代前期

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.88
68

焼跡にはじまる青春の喪失と解放の記憶。戦後を放浪しつづける著者が、戦争の悲惨な極限に生まれえた非現実の愛とその終りを"8月15日"に集約して描く万人のための、鎮魂の童話集。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.90
68

国産戦闘機F-2とはどんな戦闘機なのか? 2000年から配備が始まったF-2は、日本の防衛に最適化するべく、 すぐれた対艦・対地戦闘能力を備えるマルチロール・ファイターです。 米ジェネラル・ダイナミクス社(現ロッキード・マーティン社)のF-16をベースにしていますが、 開発の主契約社は三菱重工業です。 機体の6割は国産なので「バイパー(F-16の愛称)ゼロ」「平成の零戦」と呼ばれることもあります。 東北地方太平洋沖地震で発生した津波により18機が被災しましたが、 13機が修理中で、F-35の配備後も現役です。 本書ではこのF-2に注目し、その強さを科学的に解説します。 第1章 F-2の基礎知識を知る 第2章 F-2のテクニカル・ガイダンス 第3章 次期支援戦闘機(FS-X)計画の全貌 第4章 F-2の配備と装備部隊を知る 第5章 歴代の支援戦闘機を振り返る 2000年から配備が始まったF-2は、日本の防衛に最適化するべく、 すぐれた対艦・対地戦闘能力を備えるマルチロール・ファイターです。 米ジェネラル・ダイナミクス社(現ロッキード・マーティン社)のF-16をベースにしていますが、 開発の主契約社は三菱重工業です。 機体の6割は国産なので「バイパー(F-16の愛称)ゼロ」「平成の零戦」と呼ばれることもあります。 東北地方太平洋沖地震で発生した津波により18機が被災しましたが、 13機が修理中で、F-35の配備後も現役です。 本書ではこのF-2に注目し、その強さを科学的に解説します。 第1章 F-2の基礎知識を知る 第2章 F-2のテクニカル・ガイダンス 第3章 次期支援戦闘機(FS-X)計画の全貌 第4章 F-2の配備と装備部隊を知る 第5章 歴代の支援戦闘機を振り返る

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.92
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.94
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.95
68

世界史の中の日露戦争

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.96
68

銃と戦闘の歴史図鑑: 1914→現在

マーティン・J・ドアティ
原書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.97
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.99
68

わたしたちが出会ったとき、わたしたちの国は戦争をしていた。戦時中の満洲で出会った少女たちの物語。2016年本屋大賞第3位! 珠子、茉莉、美子――3人の少女は、戦時中の満州で出会った。何もかも違う3人は、とあることから確かな友情を築き上げる。やがて終戦が訪れ、3人はそれぞれの道を歩み始める。日本、中国で彼女たちはどう生きたのか。そして再び出会うことはあるのだろか――。2016年本屋大賞第3位に選ばれた、感涙の傑作、ついに文庫化。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.100
68

オスプレイは稀代の名機か。飛行機の垂直上昇と転換飛行は人類の悲願。これまでにない容貌とスペックを誇るハイテク軍用機の真実。 魁偉な容貌と高スペックを誇る超ハイテク軍用機の真実! オスプレイはアメリカ陸・海・空軍の悲願の飛行機であり、初飛行は約50年前。自衛隊の現在の主力戦闘機(要撃機)F-15イーグルは40年前の戦闘機である。ヘリコプターと比較にならないハイテクで、スピード・航続距離・大量輸送を誇るこれまでにない軍用機。非常に高度な技術と巨額な開発費のため、配備されるまで時間がかかった。しかし、ロシアも中国も持てない軍用機のため、沖縄に24機が配備されただけで、軍事バランスが変わったと言われている。自衛隊も購入予定である。 第1章 あいつがやってきた――オスプレイのひみつ 第2章 軍用機の進化――オスプレイのご先祖さま 第3章 垂直上昇への挑戦――オスプレイへの道 第4章 羽根をもがれた日本――オスプレイの怨念 第5章 国防とは何か――オスプレイの功罪

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.102
68

日本の軍艦これくしょん

日本の軍艦研究会
アスペクト
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.105
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.106
68

第二次世界大戦の起源 (講談社学術文庫)

アラン.ジョン.パーシベール・テイラー
講談社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.109
68

大きな砲を積むには大きな船体が必要であり、自らを守るには分厚い鉄板で覆われるようになる。そして、際限のない大型化の時代が訪れた。戦艦とは呼ばれなかった艦艇の、戦艦に挑んだ奇想天外な発達史。 ハンプトン・ローズの海戦 モニター モニター・ウィーホーケン サヴァナ河口の戦い 多砲塔モニター・ロアノーク 各国のモニター 砲塔艦ロルフ・クラーケ リッサ海戦 初期の砲塔〔ほか〕

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.110
68

ヴィジュアル大全 装甲戦闘車両

マイケル・E. ハスキュー
原書房

20世紀後半から現在にいたる装甲戦闘車両――戦車をはじめ自走砲、偵察車、輸送車など―― の発展と変貌を、詳細なイラストと正確なスペック、わかりやすい開発経緯などとともに紹介した見て読む事典。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.111
68

世界の戦闘機図鑑 (JET FIGHTERS INSIDE OUT)

ジム ウインチェスター
イカロス出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.112
68

故郷忘じがたく候 斬殺 胡桃に酒

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.115
68

第二次世界大戦 : 一九三九~一九四五年

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.119
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.120
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.121
68

第一次世界大戦

マイケル ハワード
法政大学出版局

交戦国の外交戦略と経済情勢、技術革新の実態のみならず銃後の世論の変遷も詳説した、イギリスの代表的研究者による定評ある入門書。 交戦国の外交戦略と経済情勢、技術革新の実態のみならず銃後の世論・国民感情の変遷も詳説した、イギリスの代表的研究者による定評ある入門書。 地球上のあらゆる海で戦われ、すべての大陸の国家が参戦した未曾有の世界戦争は、一部の都市生活者の熱狂と、大多数の人びとの黙認のもとで始まった。イギリスの代表的研究者が平易な言葉で「人びとが戦争をする理由」に迫った定評ある入門書。各国の外交戦略と経済情勢、技術革新の実態のみならず銃後の世論・国民感情の変遷も詳説し、欧州の一地域紛争が世界を戦火に巻きこんでいく過程を描く。 第1章 一九一四年のヨーロッパ 第2章 戦争勃発 第3章 一九一四年──緒戦 第4章 一九一五年──戦争継続 第5章 一九一六年──消耗戦 第6章 アメリカ参戦 第7章 一九一七年──危機の年 第8章 一九一八年──決着の年 第9章 講和  訳註  訳者あとがき  地図  付録 I ウィルソン大統領の平和原則14カ条  付録 II 戦争の被害  読書案内  索引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.124
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.125
68

零戦 その誕生と栄光の記録 (角川文庫)

堀越 二郎
角川書店(角川グループパブリッシング)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.127
68

甲子園の優勝投手は、なぜ、自ら「人間兵器」となることを選んだのか。 人間魚雷「回天」――海の特攻兵器。脱出装置なし。 甲子園の優勝投手・並木浩二は大学入学後、ヒジを故障。新しい変化球の完成に復活をかけていたが、日米開戦を機に、並木の夢は時代にのみ込まれていく。死ぬための訓練。出撃。回天搭乗。――しかし彼は「魔球」を諦めなかった。 組織と個人を描く横山秀夫の原点

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search