【2023年】「異文化」のおすすめ 本 78選!人気ランキング

この記事では、「異文化」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 両手にトカレフ
  2. 超雑談力 人づきあいがラクになる 誰とでも信頼関係が築ける (五百田達成の話し方シリーズ)
  3. ぶらり、世界の家事探訪<ヨーロッパ編> (だいわ文庫)
  4. 異文化理解力――相手と自分の真意がわかる ビジネスパーソン必須の教養
  5. 多文化都市ニューヨークを生きる
  6. よくわかるアサーション 自分の気持ちの伝え方 (こころのクスリBOOKS)
  7. 世界えじてん
  8. 文明の衝突
  9. 鳥頭紀行 ジャングル編: どこへ行っても三歩で忘れる (角川文庫 さ 36-5)
  10. わかりあえないことから──コミュニケーション能力とは何か (講談社現代新書)
他68件
No.1
100

両手にトカレフ

ブレイディみかこ
ポプラ社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
88
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
88

世界えじてん

てづかあけみ
パイインターナショナル
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
83

文明の衝突

サミュエル・ハンチントン
集英社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
81
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
81
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
81
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
80
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
80
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
79
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
79

マインドとしての〈やさしい日本語〉 移民受け入れに向かう日本と〈やさしい日本語〉の可能性 「日本語による国際化」と〈やさしい日本語〉 母語話者にとっての〈やさしい日本語〉は学ぶに値するものか 「やさしい日本語」から「わかりやすいことば」へ 「多文化共生」の実践としての「やさしい日本語」 「やさしい日本語」の活用に向けて 公用文がやさしくならないのはなぜ? やさしい日本語の使い手を養成する 書き換え支援システム 誰にでも伝わる「公共サイン」の手法を考える ことばのバリアフリーからみたピクトグラムと〈やさしい日本語〉 News web easyは外国人だけのもの? 知的障害者の情報保障と〈やさしい日本語〉 やさしい日本語化と情報の加除 ろう児と〈やさしい日本語〉 言語権の観点からみた日本手話とろう教育 スコットランドの年少者日本語教育 日本における年少者日本語教育と〈やさしい日本語〉 「日本語支援」から「共に社会のことばを考え創る」活動へ 民間視点からの、やさしい日本語普及

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
79
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
79
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
79
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
78
みんなのレビュー
相手に気持ちよく話してもらうコツや自分の主張を伝えるコツなどビジネスやコミュニケーションを円滑に進めるためのノウハウがギュッと詰まっている。今までのコンサル本とは違う観点で分かりやすく体系的にまとめられていて目からウロコの内容。
No.34
78

各国の統計をもとに,組織と人間を比較文化論的に分析する。初版から大幅に加筆・修正され,理論的・分析的に充実している。 世界価値観調査をはじめ,各国での意識調査や統計データをもとに,組織と人間を比較文化論的に分析する。名著として評価された初版から大幅に加筆・修正がなされ,国際的な比較分析の幅はますます拡がり,理論的なパースペクティブはさらなる深みへ到達する。 第1部 文化という概念  第1章 社会というゲームの規則  第2章 文化の違いを研究する 第2部 国民文化の次元  第3章 平等? 不平等?  第4章 私・われわれ・やつら  第5章 男性・女性・人間  第6章 違うということは,危険なことである  第7章 昨日,今,これから?  第8章 明るい? 暗い? 第3部 組織文化  第9章 ピラミッド・機械・市場・家族--国境を越える組織  第10章 象とコウノトリ--組織文化 第4部 共生への道  第11章 異文化との出会い  第12章 文化の進化 参考文献 用語解説

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
78

年間400件もの外出禁止令が出されるという危険国家ジャマイカ。住んでみたらやっぱり危なかった! 年間400件もの外出禁止令が出されるという危険国家ジャマイカ。住んでみたらやっぱり危なかった!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
76

婚活,DV・虐待,ワーク・ライフ・バランス,生殖医療,モンスター・ペアレンツ,引きこもり,熟年離婚,孤立死……近年の家族をめぐる状況には,どのような社会的背景が潜み,どのように心のゆれに影響しているのか.臨床と研究の第一人者が語り合い,変化の糸口を提供する. 1章 結婚の前に 結婚しない理由/結婚相手に求めるもの/本当の意味での「婚活」——キャリア・プランニング/うまくいく結婚、うまくいかない結婚/結婚前のコミュニケーションの重要性 2章 コミュニケーション不足が招く夫婦の危機 夫は満足、妻は不満/ズレを認め、コミュニケーションは柔軟に/黙っていてはわからない/アサーション・トレーニングとは/浮気・セックスレスと親密性/親密な関係と暴力 3章 ワーク・ライフ・バランスの重要性 生活時間調査から/キャリア発達の重要性/多重役割と夫婦間の対等性/ライフを担わない男性/ライフを課題化しないために 4章 少子化社会の親子育ち つくられる子どもたち/生殖補助医療の進歩の影で/増えるできちゃった婚/親のよかれが子どものストレス/ モンスター・ペアレンツはなぜ生まれたか/孤立化する母親たち/育休を取る父親たち/子育ての社会化を/親子の育ち合い/児童虐待とコミュニケーションの問題 5章 自立と葛藤を避ける若者たち パラサイトし続ける子どもたち/性別役割分業と母子連合/自立の必要性/ニート、引きこもり/豊かな社会と若者のコミュニケーション能力の低下 6章 高齢化社会とケア 少子高齢化のもたらすもの/「長寿」とは?/結婚の賞味期限/ケアのジェンダー化/在宅介護の難しさ/ケアをめぐる不公平感 終章 新しい家族のかたち 増える「おひとりさま」/いろいろな家族のかたち/血縁をめぐって/家族の「再生」へ向けて

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
76

人生を豊かなものにするために 知性が滲み出る話し方を修得するための道 声は人なり 現代社会に求められるプレゼンテーション能力 ディベートは「知」を創造する能力開発の方法論 人生の進路を決める就職・面接を勝ち抜く 変わりゆく就職戦線への取り組み パブリック・スピーキング、自己紹介、スピーチ上手になるために 思いやる心を伝える敬語をあなたは使えますか ロジカルシンキングを身につけよう 情報に振り回されないためのインテリジェンス 話し上手は聞き上手・気づく力を養う 読書は自分らしく生きるための羅針盤 日本語表現の豊かさを示す「格言」「慣用句」を覚え、人生の機微を知ろう 現代ことば事情と変わりゆく日本語

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
75

肯定的な関係をつくっていくための自己主張の方法がアサーティブネスです。人間関係のこじれのモトとなりやすい「キレる」「タメる」「コモる」ステップに焦点をあてて自己分析し、しなやかな表現に踏みだすきっかけとなる本… 「コミュニケーションってむずかしい……」 そう思えるなら、あなたはもうすでにアサーティブ(肯定的な関係をつくる表現)への道を歩いています。 「むずかしい」は「できない」ではありません。この本は、そのむずかしいことをわかりやすく、楽しく努力していくために、感じて、考えて、行動するテキストです。 人間関係のこじれのモトとなりやすい「キレる」「タメる」「コモる」ステップに焦点をあてて自己分析し、しなやかな表現へと踏みだすきっかけとなる本です。 7 days レッスン 第1日 こじれない人間関係 第2日 感情という友だち 第3日 気持ちを認める 第4日 頼むこと 第5日 NOと言うこと 第6日 気持ちを伝える 第7日 気持ちを受けとる

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
75

本書は、ペンシルベニア州立大学のスピーチコミュニケーション学科と 日本大学国際関係学部の間で行われた共同研究の結果を収録している。 ここには,アメリカのコミュニケーション研究の中で, 対人,グループ,パブリック,組織,異文化という 5つのコミュニケーション研究領域の主要命題について, 歴史を追って行われたレビューが報告されている。 第Ⅰ部 アメリカのコミュニケーション研究 第1章 対人コミュニケーション 第2章 グループコミュニケーション 第3章 パブリックコミュニケーション 第4章 組織コミュニケーション 第5章 異文化コミュニケーション 第Ⅱ部 言語・文化・コミュニケーションの研究 第6章 文化差の尺度 第7章 コミュニケーション行動 第8章 コミュニケーション行動の予期 第9章 異文化間コミュニケーション能力の測定 第10章 言語とイメージ――一般意味論の立場から

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search