【2024年】「兵器」のおすすめ 本 129選!人気ランキング

この記事では、「兵器」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 現代の軍事戦略入門【増補新版】陸海空からPKO、サイバー、核、宇宙まで
  2. 失敗の本質: 日本軍の組織論的研究 (中公文庫 と 18-1)
  3. 世界軍事学講座 (新潮文庫 ま 18-2)
  4. 回天特攻学徒隊: 回天は優れた兵器ではなかった (光人社ノンフィクション文庫 557)
  5. レッド・プラトーン 14時間の死闘
  6. 軍事学入門
  7. 地図とタイムラインで読む第2次世界大戦全史
  8. 第二次世界大戦奇想天外兵器 (徳間文庫 た 56-1)
  9. 逆説の軍事論
  10. 第二次世界大戦 1 (河出文庫 チ 3-1)
他119件
No.1
100

コリン・グレイをはじめ戦略研究の大御所がこぞって絶賛した話題の軍事戦略入門書がさらにグレードアップ! コリン・グレイをはじめ戦略研究の大御所がこぞって絶賛した話題の軍事戦略入門書がさらにグレードアップ! コリン・グレイをはじめ戦略研究の大御所がこぞって絶賛した話題の軍事戦略入門書がさらにグレードアップ! ●古典戦略から現代戦略までを軍事作戦の領域別にまとめた入門書 ●孫子、クラウゼヴィッツ、ジョミニ、マハン、コーベット、リデルハート、ローレンス、毛沢東、ドゥーエ、ミッチェルなどの「古典」的人物から、トフラー夫妻、オーエンス、シャリカシュヴィリ、セブロウスキー、クレピネヴィッチ、スケールズ、クレフェルト、リンド、ランベス、ハメスなどの現代の専門家まで幅広く取り上げ、“戦略”をコンパクトに紹介 ●PKO(平和維持)に関する章が新たに加わったほか、安全保障環境の変化をふまえ、第1版(邦訳2015年刊)の全章にわたって大幅に加筆修正。現代の軍事情勢を反映した充実した内容となっている。 part1 伝統的な戦略の次元  第1章 シーパワー  第2章 ランドパワー  第3章 エアパワー  第4章 核戦力と抑止 part2 戦略と非国家主体  第5章 非正規戦―反乱、対反乱作戦、新しい戦争、そしてハイブリッド戦  第6章 平和維持、安定化、人道的介入 part3 科学技術と戦略  第7章 統合理論と軍事トランスフォーメーション  第8章 サイバー戦争  第9章 スペースパワー

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
94
みんなのレビュー
日本軍がなぜ戦争に負けてしまったのかを分析し、それを元に日本の組織における問題点を浮き彫りにしている書籍。責任の所在の曖昧さと、臨機応変に対応できない官僚主義が蔓延した日本組織は危機的状況において力を発揮できない。少々歴史の話は冗長だが一読する価値のある書籍。
No.3
94
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
94

レッド・プラトーン 14時間の死闘

クリントン ロメシャ
早川書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
94

軍事学入門

防衛大学校防衛学研究会
かや書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
94
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
94
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
83

逆説の軍事論

冨澤暉
バジリコ
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
83

第二次世界大戦 1 (河出文庫 チ 3-1)

ウィンストン・S. チャーチル
河出書房新社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
83

戦争は女の顔をしていない (岩波現代文庫)

スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ
岩波書店
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
79
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
79

憲法改正の前になすべきこと 「国民安全保障」を構想する 日本の歴史から考える 三つの安全を求めて 第一次近衛内閣と日中戦争 戦後の安全保障を検討する 自衛隊と統治機構 自衛隊とは何か 日本の特殊性をはかる イギリスにおける政軍関係 インドネシアの政軍関係 岐路に立つ日本の政軍関係

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
79

ノルマンディー上陸作戦1944(上)

アントニー ビーヴァー
白水社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
79
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
77

軍事戦略入門 (シリーズ戦争学入門)

アントゥリオ・エチェヴァリア
創元社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
77

ノルマンディー上陸作戦1944(下)

アントニー ビーヴァー
白水社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
76

世界の戦車: 1915~1945

ピーター チェンバレン
大日本絵画
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
76

ロボット兵士の戦争

P・W・シンガー
NHK出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
76

知略の本質 戦史に学ぶ逆転と勝利

野中 郁次郎
日本経済新聞出版

四度目の挑戦 独ソ戦 イギリス1941~1943 インドシナ戦争 イラク戦争と対反乱〈COIN〉作戦 知略に向かって

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
75

湧き起こる戦雲

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
75

エア・パワー空と宇宙の戦略原論

石津朋之
日経BPM(日本経済新聞出版本部)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
75

真説・国防論

苫米地 英人
TAC出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
73

まるで劇を観ているような感覚で楽しく詳しく学べるシリーズ第5弾。第一次世界大戦の展開をドラマティックに描いていきます。 世界史における重要な局面を、劇を見ているような感覚で楽しく詳しく学べるシリーズ第5弾です。第一次世界大戦は戦争の常識を塗り替え、20世紀の世界に多大な影響を与えた避けることのできないテーマです。本書では第一次世界大戦の原因から結果までをヨーロッパ戦線を中心に扱い、近代兵器が続々と登場して、これまでにない惨禍をもたらした戦の内容をドラマティックに描いていきます。臨場感あふれる解説と“歴史が見える”イラストで学べる、まったく新しい歴史教養書! 第1章 第一次世界大戦前夜 第2章 1914年 第3章 1915年 第4章 1916年 第5章 1917年 第6章 1918年 第7章 パリ講和会議

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
74

CIAの前身が作成した「組織をうまくまわらなくさせる」ためのスパイマニュアル。「トイレットペーパーを補充するな」「鍵穴に木片を詰まらせよ」といった些細な悪戯から,「規則を隅々まで適用せよ」「重要な仕事をするときには会議を開け」まで,数々の戦術を指南。マネジメントの本質を逆説的に学べる,心理学の視点からの解説付き。津田大介氏推薦! ◆推薦のことば 日本の大企業や官僚制度が抱える問題の本質が 驚くほどわかる本書。 「あるある本」として笑いながら読んでいるうちに やがて楽しさは空恐ろしさへと変わる。 (ジャーナリスト/メディア・アクティビスト 津田大介) 解説 サボタージュ・マニュアル―――日本語版の発刊に寄せて 1 サボタージュ・マニュアルとは何か  ■OSSとは何か  ■OSSとサボタージュ・マニュアル  ■サボタージュ・マニュアルとは何か  ■なぜ、いまサボタージュ・マニュアルなのか 2 どのようにすれば、組織はうまくいかなくなるのか  ■ホワイトカラーむけサボタージュ戦略  ■形式的な手順を過度に重視せよ  ■マックス・ウェーバーの「官僚制」概念  ■ロバート・キング・マートンの「官僚制の逆機能」  ■ともかく文書で伝達せよ  ■・・・そして文書を間違えよ  ■会議を開き、議論して決定させよ  ■なぜ集まると集団のパフォーマンスが低下してしまうのか  ■集団は個人の能力を封じ込める  ■スペースシャトル墜落の原因も「会議」  ■行動するな徹底的に議論せよ  ■コミュニケーションを阻害せよ  ■組織の危機自体がコミュニケーションの阻害を招く  ■組織内にコンフリクトをつくり出せ  ■集団維持機能をおろそかにする  ■組織の注意を組織の外側に向けるな  ■「黒い羊」効果を生じさせよ  ■士気をくじけ!  ■サボタージュ・マニュアルの現代的な意義 サボタージュ・マニュアル(暫定版) 1章 序文 2章 推定される効果 3章 サボタージュの促進  ▼1 個人的な動機  ▼2 破壊活動の推奨  ▼3 安全な方策 4章 道具、標的、タイミング  ▼1 一般的条件  ▼2 武力攻勢前に  ▼3 武力攻勢中に 5章 サボタージュに関する具体的提案  ▼1 建造物  ▼2 工業生産(製造)  ▼3 生産(金属)  ▼4 生産(鉱業と採鉱)  ▼5 生産(農業)  ▼6 交通(鉄道)  ▼7 交通(自動車)  ▼8 交通(水上交通)  ▼9 コミュニケーション  ▼10 電力  ▼11 組織や生産に対する一般的な妨害  ▼12 士気を下げ、混乱を引き起こすための一般的な工夫 あとがき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
74

戦艦扶桑図面集

ヤヌス シコルスキー
潮書房光人新社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
73

第二次世界大戦 : 一九三九~一九四五年

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
74

日本の軍艦これくしょん

日本の軍艦研究会
アスペクト
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
74

世界の戦闘機図鑑 (JET FIGHTERS INSIDE OUT)

ジム ウインチェスター
イカロス出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
74

第一次世界大戦

マイケル ハワード
法政大学出版局

交戦国の外交戦略と経済情勢、技術革新の実態のみならず銃後の世論の変遷も詳説した、イギリスの代表的研究者による定評ある入門書。 交戦国の外交戦略と経済情勢、技術革新の実態のみならず銃後の世論・国民感情の変遷も詳説した、イギリスの代表的研究者による定評ある入門書。 地球上のあらゆる海で戦われ、すべての大陸の国家が参戦した未曾有の世界戦争は、一部の都市生活者の熱狂と、大多数の人びとの黙認のもとで始まった。イギリスの代表的研究者が平易な言葉で「人びとが戦争をする理由」に迫った定評ある入門書。各国の外交戦略と経済情勢、技術革新の実態のみならず銃後の世論・国民感情の変遷も詳説し、欧州の一地域紛争が世界を戦火に巻きこんでいく過程を描く。 第1章 一九一四年のヨーロッパ 第2章 戦争勃発 第3章 一九一四年──緒戦 第4章 一九一五年──戦争継続 第5章 一九一六年──消耗戦 第6章 アメリカ参戦 第7章 一九一七年──危機の年 第8章 一九一八年──決着の年 第9章 講和  訳註  訳者あとがき  地図  付録 I ウィルソン大統領の平和原則14カ条  付録 II 戦争の被害  読書案内  索引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
74

レッド・アトラス 恐るべきソ連の世界地図

ジョン・デイビス
日経ナショナル ジオグラフィック
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
73

第一次世界大戦とロシア革命 : 戦乱のヨーロッパ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
73

世界恐慌と第二次世界大戦

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
73

戦史イラストレーター、渡辺信吾による飛行機大図鑑!第二次大戦に活躍した軍用機256機、その構造と戦績を余すところなくイラス… 第二次大戦期の軍用機250機以上を掲載する空前の飛行機大図鑑!戦場の空を彩った世界各国の軍用機たち、その構造、性能、戦績の全てがカラーイラストとなって甦ります。手がけるのは気鋭の戦史イラストレーター渡辺信吾! 第二次世界大戦期の軍用機256機を掲載する空前の飛行機大図鑑!零戦、マスタング、Bf109といった世紀の傑作機から歴史の影に埋もれた失敗作にいたるまで、戦場の空を彩った世界各国の軍用機たちがカラーイラストとなって甦ります。第二次大戦中、国家の存亡をかけて戦った軍用機の数々は、いかなる思想の元設計されたのか?その性能は?戦績は?気になる疑問をわかりやすく解説。手がけるのは気鋭の戦史イラストレーター渡辺信吾!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.77
73

銃と戦闘の歴史図鑑: 1914→現在

マーティン・J・ドアティ
原書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
73

戦争論

マーガレット・マクミラン
えにし書房

歴史学、国際関係史の碩学が2018年BBCのラジオ講義「リース・レクチャー」をもとに書き下ろした2020年「ニューヨーク・… 歴史学、国際関係史の碩学が2018年BBCのラジオ講義「リース・レクチャー」をもとに書き下ろした2020年「ニューヨーク・タイムズベストブック10」入選の人文書、はやくも邦訳! 戦争を真正面からと… 歴史学、国際関係史の碩学が2018年BBCのラジオ講義「リース・レクチャー」をもとに書き下ろした2020年「ニューヨーク・タイムズベストブック10」入選の人文書、はやくも邦訳! 戦争を真正面からとらえ、世界中を古今東西、縦横無尽に駆け回り約400のテーマを簡潔、丁寧に論じた戦争全般についての基本図書。 「読みやすく説得力がある。マーガレット・マクミランの新たな傑作である」(ハーバード大学教授(ジョーゼフ・S・ナイ・ジュニア) 「重要な本であり戦争が社会のあらゆる面に入り込んでくる印象的な様を気づかせてくれる。読んで学ぶことが多い。」ジョージ・シュルツ(元米国国務長官) 〈目次〉 序 第1章 人間と社会と戦争 第2章 戦争の理由 第3章 方法と手段 第4章 近代の戦争 第5章 戦士をつくる 第6章 戦闘 第7章 一般市民 第8章 制御不能なもの(戦争)を制御するために 第9章 想像と記憶のなかの戦争 結び 〈目次〉 序 第1章 人間と社会と戦争 第2章 戦争の理由 第3章 方法と手段 第4章 近代の戦争 第5章 戦士をつくる 第6章 戦闘 第7章 一般市民 第8章 制御不能なもの(戦争)を制御するために 第9章 想像と記憶のなかの戦争 結び

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.79
73

まるで劇を見ているような感覚で、世界史の一大局面が学べる人気シリーズ。ナチスドイツの動きを軸に、欧米各国の熾烈な争いを描く。 まるで劇を見ているような感覚で、世界史の一大局面が学べる人気シリーズ。ナチスドイツの動きを軸に、欧米各国の熾烈な争いを描く。 「まるで劇を観ているような感覚で、楽しみながら世界史の一大局面が学べる」まったく新しい教養書シリーズ! 本書では、ナチスが政権を奪取した直後から戦争終結まで、ナチスドイツの動きを軸に、第二次世界大戦のヨーロッパでの熾烈な争いを描きます。なぜ第二次世界大戦は避けられなかったのか? なぜドイツは敗れたのか? ヨーロッパ諸国の政治と軍事の動きを追いながらその真相に迫ります。“歴史が見える”イラストパネルと臨場感あふれる解説で、歴史を“体感”できる一冊となっています。 第1章 ヒトラー野心沸騰  第1幕 アメとムチ  第2幕 孤立への道  第3幕 狼の囁き  第4幕 禁断の一歩  第5幕 2つ目の穴  第6幕 雪辱を晴らす賭け  第7幕 東西からの危機  第8幕 独裁を決定づけた奇蹟  第9幕 第二次世界大戦の前哨戦 第2章 大戦前夜  第1幕 破滅の入口  第2幕 平和への生贄  第3幕 ヒトラーの確信  第4幕 故国滅亡の署名  第5幕 飽くなき野望  第6幕 国際均衡崩壊  第7章 “欧州情勢は複雑怪奇なり” 第3章 ドイツ快進撃  第1幕 第二次世界大戦の幕開け  第2幕 望まぬ戦い  第3幕 アルデンヌの森を抜けて  第4幕 我々の敗北は最終的か!?  第5幕 史上最大の空中戦 第4章 形勢逆転  第1幕 ローマ帝国の復興を我が手で!  第2幕 ムッソリーニの尻拭い  第3幕 積水なきバルバロッサ  第4幕 チャーチルの思惑  第5幕 -42℃の紅蓮地獄  第6幕 史上最大の市街戦 第5章 枢軸軍崩壊  第1幕 ロンメルの奮闘と失望  第2幕 唐突な“無条件降伏”発言  第3幕 署名なき宣言  第4幕 終局への約束  第5幕 パリは燃えているか?  第6幕 密談の末に  最終幕 “奇蹟”は起きず

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.80
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.81
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.83
73

第二次世界大戦 : 地球規模に広がる戦火

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
73

反日への決定的転換をもたらした世紀の失政の原因を詳細な実証により解明、満州問題、加藤高明の外交構想、世論、第一次世界大戦などを手がかりに、謎の多い外交交渉の全貌をバランスよく描き出す。今日の日中関係、東アジア国際関係をも展望してその大きな影響を捉えた必読の成果。 序 章 満州問題 —— 二十一ヵ条要求の起源   第Ⅰ部 二十一ヵ条要求はなぜ提出されたのか 第1章 二十一ヵ条要求提出の背景      1 日清・日露戦争期      2 韓国併合期      3 辛亥革命期 第2章 参戦外交再考      1 第二次大隈重信内閣の成立      2 第一次世界大戦の勃発と日本の参戦 第3章 参戦をめぐる世論と国内政治      1 世論の構図      2 権益拡張熱の高まり      3 経済界の第一次世界大戦観 第4章 二十一ヵ条要求の策定過程      1 政府内部の検討過程      2 対外硬派の圧力      3 要求の確定   第Ⅱ部 二十一ヵ条要求の提出とその波紋 第5章 二十一ヵ条要求をめぐる外交交渉      1 交渉の開始      2 交渉の難航と妥結 第6章 二十一ヵ条要求と国内政治      1 大隈重信首相・同志会と二十一ヵ条要求      2 原敬・政友会と二十一ヵ条要求 第7章 二十一ヵ条要求と世論      1 経済雑誌の二十一ヵ条要求評価      2 高橋義雄の二十一ヵ条要求評価 終 章 二十一ヵ条要求とは何だったのか 付録1 二十一ヵ条要求 付録2 二十一ヵ条要求変遷一覧表 付録3 二十一ヵ条要求関係年表 付録4 加藤高明講演 「大正四年に於ける日支交渉の顚末」

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.85
73

戦争はなくせるか?

クリストファー・コーカー
勁草書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.86
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.88
73

大正元年九月二四日~大正五年三月三一日

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.89
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.90
73

ヴィジュアル大全 装甲戦闘車両

マイケル・E. ハスキュー
原書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.91
73

技術は戦略をくつがえす

藤田 元信
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.92
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.94
73

正しい核戦略とは何か

ブラッド・ロバーツ
勁草書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.95
73

戦争の行方は、読者諸君に託されたーー。第二次世界大戦の8つの重大局面を舞台に、読者自身の選択で読み進める、刺激的なIF戦記! 戦争の行方は、読者諸君に託されたーー。第二次世界大戦の8つの重大局面を舞台に、様々な情報を検証しながら、読者自身の選択によって歴史が変わる、まったく新しいIF戦記!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.97
73

「核の復権」の現実 米国-核抑止戦略の再構築 ロシア-ロシア版「エスカレーション抑止」戦略をめぐって 中国-「最小限抑止」から「確証報復」への転換 NATO-「核の忘却」の終焉? インド・パキスタン-「抑止のための兵器」の20年 核管理とサイバーセキュリティ 「秩序の兵器」としての核と分裂する世界 日本-世界で最も厳しい安全保障環境下での核抑止

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.100
73

「超限戦」に続く新しい中国の戦争概念がここにある。 序 文 肖天亮  はじめに  第1章 戦争形態の進化に関するいくつかの基本問題  戦争形態とは何か 主導的軍事技術(群) 戦争形態の交代のタイミング、条件、周期  戦争形態の進化の一般的過程   萌芽期  形成期     発展期     成熟期  衰亡期    歴史における戦争形態の進化   冷兵器戦争期  熱兵器戦争期     知的兵器戦争期 第2章 知能化ブーム 人工知能の台頭  人工知能とは何か     紆余曲折の中での成長  累積効果の形成    カギとなる技術のブレークスルー 情報技術革命の終焉  技術発展の S 字曲線モデル     情報技術が成熟期に入る 知能時代へ  知能の拡張    知能化態勢の急速的形成  知能がすべてを主導する 第3章 軍事分野における知能化革命 情報技術の苦境―戦場  精度の極限  インターネットで繋がる世界     即時破壊 新軍種の突然の出現―人工知能 軍事知能化革命の勃発  制高点をめぐる争奪戦     主戦兵器の交替  知能化の浸透 知能時代の戦争形態  知能化の潮流は止まらない     戦闘力形成パターンの転換  戦争形態の進化 第4章 新たな戦争 新たな理念 誰が私たちの敵か プラットフォーム中心 知能アルゴリズムがすべてを定義する 兵器装備の核心的な指標―自律性 データこそが力である 「死傷ゼロ」時代 第5章 戦力の転換 武器=基本戦闘ユニット 知能化兵器装備  航空知能化無人システム    水上/水中知能化無人システム  陸上陸上知能化無人システム 知能弾薬  全知能攻撃    「弾薬―プラットフォーム」の一体化  モジュール化 知能を中心とした軍事技術体系 万能戦士  計画者    意思決定者  生産者 誰が専門家なのか? 誰にでも有能なアシスタントが必要である ネットワークなくして勝利なし 第6章 ゲームのルールを変える 知能力の発揮を中心に据えて戦闘を行う 本質―全く新たな争い 核心となる作戦理念―敵の意志を直接挫く 多次元を統合した知能化作戦  従来の軍事行動の空間を超越する  一体化作戦  知能化作戦  基本的なモデル 主な行動パターン  遠隔暗殺・統制作戦    スワーム(群れ)作戦 第7章 軍隊を再構築する 「ピラミッド」の崩壊  伝統的な脅威から多次元的な脅威へ  中間層革命から基層革命へ  情報の横方向一体化から兵器操作の横方向一体化まで 軍種兵種の消滅 組織革命  「兵器庫式」特別混成編制     二種類の戦力     機能軍隊 知能型司令部  参謀の危機     ビッグデータセンター  三位一体指揮意思決定の核心 第8章 スマート後方支援 知能衝撃波  IoT は後方支援の全資源を可視化する  3Dプリンターは装備物資のサプライチェーンに衝撃を与える  ビッグデータは伝統的な指揮意思決定支援モデルに挑戦する 目標:ちょうどよいところ  正確な後方支援     能動的な後方支援  積極的な後方支援 両端へ移動する保障実施の重点  前方自給式保障  直行配送式支援  遠隔知能化保障 ピーク値支援能力 後方支援力の転換  後方支援軍(部隊)  三レベル保障構造  モジュール化されたユニット 結 語 おわりに 解 題:安田 淳 解 説:情報通信技術・人工知能(AI)技術の発展および軍用AIの動向  木村 初夫 略 歴

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.101
72

第二次世界大戦 : 昭和時代 2

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.104
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.105
73

戦略の世界史(上) 戦争・政治・ビジネス

ローレンス・フリードマン
日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.107
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.108
73

戦略の本質: 戦史に学ぶ逆転のリーダーシップ

野中 郁次郎
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.109
72

ウィリアム・マリガンが、ヨーロッパの平和が崩壊した経緯と第一次世界大戦が「不可避の戦争」ではなかった理由を明快に解き明かす。 気鋭の歴史家ウィリアム・マリガンが、1914年にヨーロッパの大国間の平和維持が崩壊した経緯と、第一次世界大戦が「不可避の戦争」ではなかった理由を、各国の国内情勢、外交の諸相、などの分析を通じて明快に解き明かす。 ▼大国間の平和はなぜ失われたのか。 普仏戦争(1870~71年)以降、多くの深刻な国際危機が生じたにもかかわらず、ヨーロッパでは40年にわたって大国間の平和が維持された。なぜ、1914年7月の危機を引き金に「史上初の総力戦」とも呼ばれる全面戦争へと発展してしまったのか。七月危機と、一連のモロッコ危機やバルカン戦争といったそれ以前の国際危機には、どのような違いがあったのか。大国間の全面戦争を望んでいなかったにもかかわらず、なぜ主要国の政治指導者は大戦争のリスクを冒したのか。 気鋭の歴史家ウィリアム・マリガンが、1914年の夏にヨーロッパの大国間の平和維持メカニズムが崩壊してしまった経緯と、第一次世界大戦が「不可避の戦争」ではなかった理由を、各国の国内情勢、外交の諸相、指導者の言動、軍部の計画や認識、世論の動向などの分析を通じて明快に解き明かす。 大国の戦略や思惑が世界規模で複雑に交錯し、過激な世論や各国間の経済関係の動向が大きな存在感を持つ現代にこそ、学ぶべき「歴史の教訓」がちりばめられた一冊。 ▼ William Mulligan, The Origins of the First World War, 2nd editon( Cambridge University Press, 2017 ) の翻訳。 日本語版への序文 第二版への序文 謝 辞 第一章 序 説 第二章 安全保障と拡張――列強と地政学、一八七一年~一九一四年  同盟システムの発展、一八七一年~一八九四年/グローバル政治として  の大国政治、一八九五年~一九〇四年/重大な転換点、一九〇四年~一  九〇七年/ボスニアからモロッコへ、一九〇八年~一九一一年/モロッ  コからボスニアへ、一九一一年~一九一四年 第三章 軍部・戦争・国際政治  一九一四年以前の戦争計画/戦争への期待と現実、一八七一年~一九一  四年/一九一四年以前の政軍関係/軍拡競争と国際政治 第四章 世論と国際関係  公共圏の構造の変化/対外政策に関する大衆の態度/各国政府と世論/  国境を越える世論の影響 第五章 一九一四年以前の世界経済と国際政治  経済力と軍事力/自由貿易・保護主義・国際政治/資本・投資家・国際  関係 第六章 七月危機  最後通牒/局地戦争からヨーロッパ戦争へ/ヨーロッパ戦争から世界大  戦へ 第七章 結 論 訳者解説 参考文献一覧 索 引 図表・地図一覧

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.110
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.111
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.112
73

第二次世界大戦 3 (河出文庫 チ 3-3)

ウィンストン・S. チャーチル
河出書房新社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.113
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.114
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.115
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.117
73

第一次大戦の大量死を人々はいかに超克したか。仲間意識・男らしさの称揚、英霊祭祀等が「戦争体験の神話」を構築する様を緻密に描く。解説 今井宏昌 第一次大戦の大量死を人々はいかに超克したか。仲間意識・男らしさの称揚、英霊祭祀等が「戦争体験の神話」を構築する様を緻密に描く。解説 今井宏昌 === 近代戦争による大量死はいかに克服され、それはどのような政治的帰結をもたらしたか。仲間意識や男らしさ、自由のための意義ある戦争――フランス革命以来、義勇兵が紡ぎ出し、詩や軍歌、文学作品等を通じて支持された神話は、記念碑や戦没者墓地によりシンボル化され国民に共有された。西欧諸国で起きた「戦争体験の神話化」はキリスト教や自然崇拝を取り込んで発展し、英霊祭祀によって死をも統合して、戦争への馴致と政治の残忍化を導いていく。それは第一次大戦後のドイツで頂点に達した……。18世紀末から第二次大戦後までを射程に、神話が犠牲に満ちた現実を覆い隠し、戦間期政治に影響する様を克明に描く。全面改訳。 解説 今井宏昌 === 戦争体験の神話化 大量死の現実はいかにして克服されたか。 フランス革命から第二次世界大戦後まで。 === 【目次】 第一章 新しい戦争     Ⅰ 起盤となるもの 第二章 義勇兵の戦争   1 革命戦争から解放戦争へ 2 ギリシア独立戦争 第三章 神話の創作   Ⅱ 第一次世界大戦 第四章 青年と戦争体験   第五章 英霊の祭祀   1 神話とキリスト教 2 埋葬地 3 無名戦士の墓 4 戦争モニュメント 第六章 自然の流用   1 自然 2 山 3 空 第七章 陳腐化の過程   1 玩具・絵はがき・子供たち 2 演劇・映画・観光旅行 Ⅲ 戦後の時代 第八章 ドイツ政治の残忍化   第九章 戦争の継続   1 「新しい人間」  2 スペイン内戦 3 平和主義 第十章 第二次世界大戦、神話、戦後世代   1 断絶 2 英霊祭祀の衰退 3 顕彰から警告へ   訳者あとがき   解説 『英霊』の遺したもの(今井宏昌)   第一章 新しい戦争     Ⅰ 起盤となるもの 第二章 義勇兵の戦争   1 革命戦争から解放戦争へ 2 ギリシア独立戦争 第三章 神話の創作   Ⅱ 第一次世界大戦 第四章 青年と戦争体験   第五章 英霊の祭祀   1 神話とキリスト教 2 埋葬地 3 無名戦士の墓 4 戦争モニュメント 第六章 自然の流用   1 自然 2 山 3 空 第七章 陳腐化の過程   1 玩具・絵はがき・子供たち 2 演劇・映画・観光旅行 Ⅲ 戦後の時代 第八章 ドイツ政治の残忍化   第九章 戦争の継続   1 「新しい人間」  2 スペイン内戦 3 平和主義 第十章 第二次世界大戦、神話、戦後世代   1 断絶 2 英霊祭祀の衰退 3 顕彰から警告へ   訳者あとがき   解説 『英霊』の遺したもの(今井宏昌)  

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.122
73

世界史上初の世界戦争・総力戦であった第一次世界大戦はなぜ起きたのか。 世界史上初の世界戦争・総力戦であった第一次世界大戦はなぜ起きたのか。帝国主義の時代の世界史を押さえつつ、第一次世界大戦に向かうドイツの歴史を描き出す。 世界史上初の世界戦争・総力戦であった第一次世界大戦はなぜ起きたのか。帝国主義の時代の世界史を押さえつつ、第一次世界大戦に向かうドイツの政治をさまざまな政治勢力のせめぎあいをとおして考察。さらに、近代社会が抱えた問題や深刻な矛盾がいっせいに噴き出して巨大な戦争へと向かっていく構造を明らかにする。この時代を特徴づける、戦争と平和、植民地支配と脱植民地化、国民の誕生とその分断、大衆の急進的ナショナリズムと排外主義、民衆内部の差別と偏見、パンデミックとグローバル化などは、まさにいま私たちが直面している問題にほかならない。 はじめに 第一章 帝国主義の国際政治と民衆の政治化 第二章 ドイツ第二帝政の政治 第三章 世界大戦への道とドイツの政治・社会 第四章 第一次世界大戦 おわりに

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.123
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.124
73

対敵取引禁止令、戦時船舶管理令、戦時利得税、などの導入過程を通じて第一次世界大戦期の日本をグローバルな新視点で捉える意欲作。 「総力戦・総動員=ドイツ由来」説を覆す。総力戦政策である、対敵取引禁止令、戦時船舶管理令、戦時利得税、軍需工業動員法などの導入過程を通じて、第一次世界大戦期の日本をグローバルな新視点で捉える意欲作。 ▼「総力戦・総動員=ドイツ由来」説を覆す ▼総力戦政策である、対敵取引禁止令、戦時船舶管理令、戦時利得税、軍需工業動員法などの導入過程を通じて、 第一次世界大戦期の日本をグローバルな新視点で捉える意欲作。 序 章 総力戦・総動員と連合国としての日本 第一章 連合国の経済封鎖政策と日本――対敵取引禁止令 第二章 連合国の海運統制政策と日本――戦時船舶管理令 第三章 第一次世界大戦と経済思潮――経済学者堀江帰一の言論を通して 第四章 総力戦における税政策と国民――社会政策としての戦時利得税 第五章 英米の経験と日本の総動員法制――軍需工業動員法・軍需局・国勢院 終 章 まとめと展望  参考文献一覧  初出一覧  あとがき  欧米派遣陸軍人員一覧  索 引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.126
73

第二次世界大戦の起源 (講談社学術文庫)

アラン.ジョン.パーシベール・テイラー
講談社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.127
73

「戦争はこりごり」と誰もが思っていた…… なぜ大規模戦争に突入してしまったのか?開戦に至るまでの皇帝や国王、外務大臣や高位の外交官、軍司令官らの人間ドラマを緻密かつ冷徹に描き出しながら、 外交史家の視点で、現代史の様々な事象との比較を試み、歴史の教訓を探る基本図書。 序 戦争か平和か? 1 1900年のヨーロッパ 2 イギリスと栄光ある孤立 3 ヴィルヘルム二世とドイツ―「悲しいことだ国王が大人でない!」 4 世界政策 5 ドレッドノート―英独海軍競争 6 英仏協商―不思議な友好関係 7 熊と鯨―ロシアとイギリス 8 ニーベルングの忠誠―オーストリア=ハンガリーとドイツの二国同盟 9 人々が考えていたこと―希望、恐怖、思想、言葉にならない想定 10 平和の夢想 11 戦争について考える 12 戦争計画の作成 13 危機の始まり―第一次モロッコ事件 14 ボスニア危機―ロシアとオーストリア=ハンガリーの対立 15 1911年―第二次モロッコ事件 16 第一次バルカン戦争 17 戦争あるいは平和への準備―ヨーロッパにおける平和の最後の数カ月 18 サラエヴォの暗殺  19 「ヨーロッパ協調」の終焉―オーストリア=ハンガリーの対セルビア宣戦 20 消えた灯り―ヨーロッパの平和の最後の一週間 エピローグ―戦争

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.128
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.129
72

93歳の碩学が、二つの世界大戦へと至ったドイツの軌跡を長年の研究成果から丁寧にたどり、永田鉄山との思い出など自らの体験を交… 93歳の碩学が、二つの世界大戦へと至ったドイツの軌跡を長年の研究成果から丁寧にたどり、永田鉄山との思い出など自らの体験を交え日本の大戦への道と対比した歴史比較論考。 93歳の碩学が、二つの世界大戦へと至ったドイツの軌跡を長年の研究成果から丁寧にたどり、永田鉄山との思い出など自らの体験を交え日本の大戦への道と対比した歴史比較論考。 〈目次〉 1 現代と現代史 2 世界大戦という前代未聞の悲劇 3 第一次世界大戦「前史」 4 帝国主義の結果としての世界大戦 5 ナショナリズムの倫理 6 フリッツ・フィッシャーの新説 7 オトフリート・ニッポルトの独仏避戦運動 8 第一次世界大戦の勃発 9 第一次世界大戦の展開と終局 10 「危機の二十年」(1919〜1939) 11 第二次世界大戦 12 第二次世界大戦の展開と終局 13 日本、第二次世界大戦に参入 目次〉 1 現代と現代史 2 世界大戦という前代未聞の悲劇 3 第一次世界大戦「前史」 4 帝国主義の結果としての世界大戦 5 ナショナリズムの倫理 6 フリッツ・フィッシャーの新説 7 オトフリート・ニッポルトの独仏避戦運動 8 第一次世界大戦の勃発 9 第一次世界大戦の展開と終局 10 「危機の二十年」(1919〜1939) 11 第二次世界大戦 12 第二次世界大戦の展開と終局 13 日本、第二次世界大戦に参入

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search