【2023年】「成田悠輔」のおすすめ 本 31選!人気ランキング

この記事では、「成田悠輔」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 人間であるという運命―マルクスの存在思想
  2. スポーツ批評宣言あるいは運動の擁護
  3. マリ&フィフィの虐殺ソングブック (河出文庫―文芸コレクション)
  4. なぜカルト宗教は生まれるのか
  5. 経済学はむずかしくない(第2版) (講談社現代新書)
  6. キリスト教思想への招待
  7. 人間・この劇的なるもの (新潮文庫)
  8. ウイルスの意味論――生命の定義を超えた存在
  9. 狭山事件 ― 石川一雄、四十一年目の真実
  10. 組織の経済学
他21件
No.1
100

思考が根源か、存在が根源か、現実に生きなければならない人間にとって、そんなことはどうでもいい。問題は、思考が存在を措定しえず、存在がまた思考を措定しえない、「存在と思考のあいだの、意識と生活のあいだの区別を痛切に感じ」ざるをえない生き方自体にあり、その生き方を、「痛切な感じ」を主体的に捉えること、この「感じ」を生き方として実践として捉えることにある。世界を「解釈」してきただけの哲学はこの点で「変わる」し、また世界を「変える」哲学は、この人間の生き方自体にしかないのではなかろうか。 人間であるという運命-マルクスの存在思想 マルクス存在論の形成過程-『学位論文』の主題と思想 試論・マルクス存在論 思想と実践-マルクスにとって実践とは何か 自然法的人間観の超克 マルクスは古いか-その形而上学的深奥 実践とは思想にとってなにか-イデオロギー終焉のマルクス的根底 思想の合法性をいかに超えるか-戦後マルクス主義のマルクス的批判

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
100

誘惑と煽動と挑発に満ちて、しかしこれぞまったき正論、愛とともに、快刀乱麻を断つがごとく炸裂する、初のスポーツ批評論集。 1 スポーツ批評宣言あるいは運動の擁護に向けて 2 ワールドカップ狂想曲(サッカー・プロレタリアート宣言!-渡部直己との対話1 「たかがサッカーごとき」にこれほどの熱量を給備させるものは何か-渡部直己との対話2) 3 この人を見よ(デイヴ・ジョンソンは美しかった 私は長嶋さんのやることならほとんど予言できます ほか) 4 ベースボールに向けて(ベースボールの考古学的な恍惚 プロ野球に向けて書かれていない/いる書物 ほか) 5 運動の擁護のための正論(またやってしまいました-オリヴァー・カーンの失態とパリュウカの救い あえていまこそ正論を-渡部直己との対話3)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
98

「これを読んだらもう死んでもいい」(清水アリカ)――刊行後、若い世代の圧倒的支持と旧世代の困惑に、世論を二分した、超前衛―アヴァンギャルド―バッド・ドリーム文学の誕生を告げる、話題の作品集。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
87

なぜカルト宗教は生まれるのか

浅見 定雄
日本キリスト教団出版局

なぜ若者たちはオウムや統一協会(現:世界平和統一家庭連合)に惹かれるのか。カルト宗教のマインド・コントロールとは、その手口は、解くためには。カルト宗教を現代病の一つととらえる著者の宗教評論集。 I 新々宗教と若者たち 新々宗教と若者たち カルト・オカルト流行の背後にあるもの オウム・子育て・教育 Ⅱ オウム真理教 坂本弁護士事件を考える二つの集会 暴走したオウム真理教の真因をさぐる 新々宗教と文化人の責任 Ⅲ マインド・コントロール カルト教団「洗脳」の恐怖 適切な支援なしにオウム信者のマインド・コントロールを解く方法はない マインド・コントロールを解く カルト宗教と危機カウンセリング─ファミリーカウンセリングを中心に Ⅳ 統一協会 愛には偽りがあってはならない 女性差別と聖書 統一協会が認めた聖書引用の誤り Ⅴ カルトとキリスト教 カルトとキリスト教 あなたの人生は変えられる

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
76

もっとも身近な活動でありながらも、複雑、難解に見える現代経済学。 ミクロ経済学、マクロ経済学、ケインズ理論はどのようにして生まれたのか? 基本に立ち返り、平明に経済の構造を解き明かした名著が待望の復刊! ●バロメーターの話 ●合理的な経済行為とは ●ミクロからマクロへ ●経済学者の頭の切りかえ ●成長と経済的福祉 ●経済成長の中身 ●技術進歩と物価賃金 ●日本の実例 ●経済のしくみのちがい ●成長のエンジンをかかえた資本主義

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
74

キリスト教思想には余り知られていないすぐれた遺産、貴重な考え方がある。歴史を遡り聖書を繙いて、よく見える地点へと誘う。 第1章 人間は被造物 第2章 やっぱり隣人愛 第3章 彼らは何から救われたのか 第4章 終れない終末論

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
65

その生と死はどこか奇妙だ。分解された親から複製され、破壊されても蘇り、体を捨て情報として潜伏し、突然実体化する。常識を問う書 ウイルスとは何者か。その驚くべき生態が明らかになるたびに、この問いの答は書き替えられてきた。 ウイルスは、数十億年にわたり生物と共に進化してきた「生命体」でありながら、細胞外ではまったく活動しない「物質」でもある。その多くは弱く、外界ではすぐに感染力を失って“死ぬ”。ただし条件さえ整えば、数万年間の凍結状態に置かれても、体がばらばらになってしまったとしても“復活”する。ウイルスの生と死は、生物のそれとはどこかずれている。 一部のウイルスは、たびたび世界的流行を引き起こしてきた。ただしそれは、人類がウイルスを本来の宿主から引き離し、都市という居場所を与えた結果でもある。本来の宿主と共にあるとき、ウイルスは「守護者」にもなりうる。あるものは宿主を献身的に育て上げ、またあるものは宿主に新たな能力を与えている。私たちのDNAにもウイルスの遺伝情報が大量に組み込まれており、一部は生命活動を支えている。 ウイルスの生態を知れば知るほど、生と死の、生物と無生物の、共生と敵対の境界が曖昧になっていく。読むほどに生物学の根幹にかかわる問に導かれていく一冊。 はじめに ウイルスとともに生きる 第1章 その奇妙な“生”と“死” 第2章 見えないウイルスの痕跡を追う 第3章 ウイルスはどこから来たか 第4章 ゆらぐ生命の定義 第5章 体を捨て、情報として生きる 第6章 破壊者は守護者でもある 第7章 常識をくつがえしたウイルスたち 第8章 水中に広がるウイルスワールド 第9章 人間社会から追い出されるウイルスたち 第10章 ヒトの体内に潜むウイルスたち 第11章 激動の環境を生きるウイルス エピローグ あとがき 註 索引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
64

狭山事件の真実を白日の下に!一九六三(昭和三十八)年五月一日、埼玉県狭山市で下校途中の女子高校生が誘拐され、その夜、二十万円を要求する脅迫状が自宅に届いた。二日の深夜、四十人態勢で待ち受けていた警察は身代金を受け取りに来た犯人を取り逃がす。四日、被害者の遺体発見。二十三日、石川一雄が別件で逮捕される。このとき彼は二十四歳、被差別部落の出身だった。狭山署では頑強に否認していたが、六月十七日、釈放直後に違法にも再逮捕され、川越署分室に移送、自白に及ぶ。一審、死刑判決。この後一転、二審の第一回公判以降、一貫して無実を主張。ところが、二審では無期懲役。一九七七(昭和五十二)年、最高裁は上告棄却、刑が確定した。一九九四(平成六)年十二月、仮出獄、三十一年七ヵ月ぶりのことだった。石川一雄と同年の鎌田慧は、獄舎の内側にいた石川一雄と、就職し子どもにも恵まれ、ルポライターとして人なみに生きてきた自分とを対比させつつ、深い同情をもって事件の膨大な資料と取り組み、関係者にも長時間取材して、いま、狭山事件の真実を白日の下に曝す。 第1章 女子高校生、誘拐される 第2章 別件逮捕と別件起訴 第3章 子どものころから働いてきた 第4章 涙ながらに自白するまで 第5章 浦和地裁・死刑判決 第6章 私は殺していない! 第7章 見送った死刑囚と文字の獲得 第8章 不思議な「証拠物件」 第9章 東京高裁・寺尾判決 第10章 自分で書いた上告趣意書 終章 「視えない手錠」をはずすまで

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
64

組織の経済学

ポール・ミルグロム
NTT出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
64

選挙制を疑う (サピエンティア 58)

ダーヴィッド・ヴァン・レイブルック
法政大学出版局

投票率が下がり続け、民主主義の衰退が危惧されるなか、くじ引きで議員を選ぼうと訴えた欧米で話題の書。実例に基づく説得的な提案。 投票率が下がり続け、民主主義の衰退が危惧されるなか、くじ引きで議員を選ぼうと訴えた本書は欧米でベストセラーとなった。多くの実例に基づく説得力ある提案。 減り続ける投票率、金や人脈がものを言う選挙戦。有力者の声しか反映されない政治に人々は背を向けるばかり。その解決策として、くじ引きで議員を選ぼうと訴えた本書は、欧米でベストセラーとなった。じっさい多くの国では陪審制や裁判員制度が実施され、アイスランドではくじで選ばれた市民が憲法改正案を策定している。多数の実例に基づく著者の主張に、読者は深く共鳴することだろう。 第1章 症状  第一節 希求と疑念──民主主義の逆説  第二節 正統性の危機──支持が低下している  第三節 効率性の危機──活力が低下している 第2章 診断  第一節 責任は政治家にある──ポピュリズムの診断  第二節 責任は民主主義にある──テクノクラシーの診断  第三節 責任は代議制民主主義にある──直接民主主義の診断  第四節 責任は選挙型代議制民主主義にある──新しい診断 第3章 病因  第一節 民主主義的手続き──抽選制(古代とルネサンス)  第二節 貴族主義的手続き──選挙制(一八世紀)  第三節 選挙制の民主主義化──擬制の成立(一九世紀―二〇世紀) 第4章 治療  第一節 抽選制の復活──熟議民主主義(二〇世紀末)  第二節 民主主義の刷新の実践──各国の探究(二〇〇四─二〇一三年)  第三節 民主主義の刷新の将来──抽選制議会  第四節 抽選制に基づいた民主主義の青写真  第五節 二重代議制の暫定的提案 結論 あとがき/謝辞 注/参考文献 訳者解題 索引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
63

脳科学の急速な発展のなかで、正気を保つための常識と作法を示す誰も教えてくれなかった「脳情報とのつきあいかた」。 第1章 脳情報のトリック-カテゴリー・ミステイクとパラドックス(脳とわたし-ジレンマ 「だから」の錯誤-カテゴリー・ミステイク ほか) 第2章 心脳問題の見取図-ジレンマと四つの立場(心脳問題という難問-やさしい問いとややこしい議論 心脳問題の特質-「ある種の知的な気分」 ほか) 第3章 心脳問題の核心-アンチノミーと回帰する擬似問題(心脳問題の争点-カントの第三アンチノミー アンチノミー=ジレンマの解毒剤-「重ね描き」 ほか) 第4章 心脳問題と社会-社会と科学、そして生(科学の原理-同一性と一般性 科学の力-科学/技術とジレンマ ほか) 終章 持続と生-生成する世界へ(科学の限界-持続と特異性 持続の相の下で-構成物としての心脳問題)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
62

『知への漸進的横滑り』を開始するための準備運動の試み : 千の否のあとの大学の可能性を追う 構造とその外部 あるいはExcèsの力 : 構造主義の復習とポスト構造主義の予習のためのノート ダイアグラム : ヘーゲル/バタイユの呪縛から逃れ出るために ラカン : 構造主義のリミットとしての コードなき時代の国家 : ドゥルーズ=ガタリのテーマによるラフ・スケッチの試み クラインの壺 あるいはフロンティアの消滅 クラインの壺からリゾームへ : 不幸な道化としての近代人の肖像・断章

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
62

痛快!憲法学 (痛快!シリーズ)

小室 直樹
集英社インターナショナル
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
62

一九四二年一月、対馬要塞の重砲兵聯隊に補充兵役入隊兵百余名が到着した。陸軍二等兵・東堂太郎もその中の一人。「世界は真剣に生きるに値しない」と思い定める虚無主義者である。厳寒の屯営内で、内務班長・大前田軍曹らによる過酷な"新兵教育"が始まる。そして、超人的な記憶力を駆使した東堂二等兵の壮大な闘いも開始された。-不滅の文学巨篇、登場。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
62

「団塊の世代」が日本の経済社会になにをもたらすのかを予言した名著。今後の大量定年、老齢化問題への対策を新たに加えた新装版

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
62

「団塊の世代」をはじめ数々の新語を生み出し、ベストセラーを世に送り出してきた堺屋太一のベストセレクション第一巻。 「団塊の世代」をはじめ数々の新語を生み出し、ベストセラーを世に送り出してきた堺屋太一のベストセレクション第1巻。 第1巻は、石油枯渇lの恐怖に日本が震えたデビュー作『油断!』と、 今や一般名詞となった『団塊の世代』の予測小説の金字塔2作を収録。 『油断!』は石油問題を、『団塊の世代』は人口問題を鮮やかに予測してみせた。 城山三郎氏は当時こう評した。 「こわい小説である。迫力があり、いつ実話になるかもしれぬ恐怖がある」と。 その迫力と恐怖は色あせることなく、さらに深まりゆく。 今こそ、志と英知から未来を見据える堺屋太一・予測小説の知的スリルを!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
62

デモクラシーとは何か

ロバート・A. ダール
岩波書店

迷える永田町の人々も必読! 最良の教科書 謝辞  第1章 旅をするときには,本当はガイドが必要なのではないだろうか 第1部 デモクラシーの起源  第2章 デモクラシーは,どこで,どのようにして発展してきたのか――その歴史を簡単に振り返る  第3章 さらに問われなければならない課題 第2部 デモクラシーの理念  第4章 デモクラシーとは何か  第5章 なぜデモクラシーなのか  第6章 なぜ政治的平等なのか――その1 生まれながらの平等  第7章 なぜ政治的平等なのか――その2 市民の能力 第3部 デモクラシーの現実  第8章 大きな規模のデモクラシーにとってどんな政治制度が必要になるのだろうか  第9章 多様性――その1 規模の多様性とデモクラシーの多様性  第10章 多様性――その2 さまざまな憲法  第11章 多様性――その3 政党と選挙制度 第4部 デモクラシーに有利な条件と不利な条件  第12章 デモクラシーにとって好ましい基礎的条件は何か  第13章 資本主義市場経済はなぜデモクラシーに有利なのか  第14章 資本主義市場経済はなぜデモクラシーを阻害するのか  第15章 終わりのない旅  補遺A 選挙制度  補遺B 文化的,民族的に分断された国々における政治のあり方  補遺C 民主的な国を数えてみる 訳者あとがき さらなる読書のために(日本語文献) さらなる読書のために 注

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
62

この本を燃やしなさい。読みおえたら。──あまりにも衝撃的なオノ・ヨーコの「グレープフルーツ」。東京で、のち英語版として世界で発売されたこの1冊に刺激されて、ジョン・レノンは名曲「イマジン」を生み出しました。その中から言葉をえらんで訳しなおした、33人の写真家との素敵なコラボレーション!!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
62

「共産主義が終わった」「55年体制が終わった」――。20世紀最後の10年は「終わり」が強調された時代だった。そして、それは戦前の風景に酷似している。あの戦前を反復しないためにこそ、自身を〈戦前〉において思索することの必要性を説く著者が、明晰な論理展開で繰り広げる思考実験。ネーション=ステートを超克する「希望の原理」とは何か。 帝国とネーション 議会制の問題 自由・平等・友愛 近代の超克 文字論 双系制をめぐって 自主的憲法について 韓国と日本の文学 湾岸戦争下の文学者

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
62

HERE ヒア

リチャード・マグワイア
国書刊行会

まったく新しい文学、究極のグラフィック・ノヴェル/アート・ブックにして深遠なる哲学の書がついに登場! 今まで誰も読んだことがない文学 誰も見たことがないアート まったく新しい哲学 がここにある 窓と作りつけの暖炉のほかには何もない部屋、左上には2014年という数字。ページをめくると、1957・1942・2007……と様々な年代の同じ空間が現れ、さらに異なった年代の断片が共存・混在していく。そして紀元前30億50万年から22175年まで、ある家族の記憶の数々が地球の歴史と一体となって圧倒的なビジュアルで奏でられていく――リチャード・マグワイア『ヒア』はある部屋の一角の物語であり、地球の黎明期から遥かな未来まで、この空間で起こる無数の出来事の物語である。コミック形式の画期的なヴィジョンの完成形として、このジャンルの最大の発明家の一人が送りだす、まったく新しい文学、究極のグラフィック・ノヴェル/アート・ブック、そして深遠なる哲学の書にして驚異の書物がついに登場! *日本版特別附録:1989年オリジナル版・2000年版「ヒア」と、クリス・ウェアのエッセイなどを収録。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
62

四七年前の女子高校生殺人事件の被告とされ、今もなお再審を求める石川一雄氏の闘いは続く。当初全面否認した石川氏が、第一審死刑判決後までは女子高校生殺害の自白を維持したのはなぜか。本書は長時間インタビューで石川氏の内面に迫り、虚偽の自白を強いられた事情と典型的な冤罪事件に隠された謎を初めて明らかにした衝撃のルポ。再審開始は実現するか。今なお注目の事件を知る上での最良の一冊。 第1章 女子高校生、誘拐される 第2章 別件逮捕と別件起訴 第3章 子どものころから働いてきた 第4章 涙ながらに自白するまで 第5章 浦和地裁・死刑判決 第6章 私は殺していない! 第7章 見送った死刑囚と文字の獲得 第8章 不思議な「証拠物件」 第9章 東京高裁・寺尾判決 第10章 自分で書いた上告趣意書 終章 「視えない手錠」をはずすまで

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
62

世の中の根本を疑え 世の中の根本を疑え 断言する。若者が選挙に行って「政治参加」したくらいでは日本は何も変わらない。 これは冷笑ではない。もっと大事なことに目を向けようという呼びかけだ。何がもっと大事なのか? 選挙や政治、そして民主主義というゲームのルール自体をどう作り変えるか考えることだ。ゲームのルールを変えること、つまり革命であるーー。 22世紀に向けて、読むと社会の見え方が変わる唯一無二の一冊。

みんなのレビュー
話題の成田悠輔氏の民主主義について語った書籍。成田氏の発言は時に過激だが、若者世代から見ると実に的を射ていて非常に感銘を受ける。
No.28
62

なぜ「民族」が地球上に成立し、しかも現代世界を読み解く上で欠かせない要素なのか。聖書の世界からヨーロッパの成立、現在の紛争までを明確に見通す。 第1章 「民族」という厄介な言葉 第2章 民族と民族主義についてのさまざまな見解 第3章 最初の民族国家-英国 第4章 ヘブライ人-範例的民族 第5章 民族になることの困難さ-フランス革命 第6章 民族になることの不可能性-ドイツの場合 第7章 二十世紀-民族の世紀 第8章 ロゴスとミメーシス 第9章 日本人は民族たりうるか

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
62

精神の氷点

大西 巨人
みすず書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
62

なぜ秋葉原はオタクの聖地へと変貌したのか。なぜパソコンマニアは、アニメ絵の美少女を好んだのか。なぜ"趣味"が都市を変える力を持ったのか。秋葉原の急変を多角的に検証し、そこに立ち現れた人格・趣味・場所の革新的な関係を負うオタク論と都市論が交差するクロスオーバー評論。文庫化にあたり、アキバブームとその後の状況論を増補。 序章 萌える都市 第1章 オタク街化する秋葉原 第2章 なぜパソコンマニアはアニメ絵の美少女を好むのか-オタク趣味の構造 第3章 なぜ家電はキャラクター商品と交替したか-"未来"の喪失が生んだ聖地 第4章 なぜ"趣味"が都市を変える力になりつつあるのか-技術の個人化が起こす革命 第5章 趣都の誕生 増補:第6章 趣味の対立

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search