【2023年】「児童虐待」のおすすめ 本 13選!人気ランキング

この記事では、「児童虐待」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 改装版 走れ! 児童相談所 発達障害、児童虐待、非行と向き合う、新人職員の成長物語
  2. 児童虐待から考える 社会は家族に何を強いてきたか (朝日新書)
  3. ルポ 児童相談所 (朝日新書)
  4. ジソウのお仕事 50の物語(ショートストーリー)で考える子ども虐待と児童相談所
  5. 走れ! 児童相談所 発達障害、児童虐待、非行と向き合う、新人所員の成長物語
  6. 走れ! 児童相談所2 光に向かって/過酷案件が続く中、所員たちは今日も熱い!
  7. 児童虐待: 現場からの提言 (岩波新書)
  8. 子ども虐待対応 法的実務ガイドブック―児童相談所弁護士による実践的対応と書式
  9. キーワードでわかる児童虐待防止法ガイドブック: 令和2年4月改正版
  10. 虐待死 なぜ起きるのか,どう防ぐか (岩波新書)
他3件
No.1
100

小説を読みながら児童相談所のことを学べる1冊! 三和県庁に勤める里崎は人事異動により、児童相談所勤務を命じられた。 そこで、初めて発達障害や児童虐待の実態に直面し、事の重大さに狼狽する。 次々と訪れる問題を抱えた家族や子どもたち。先輩たちとぶつかり合い、励まされ、 少しずつ成長する里崎の前に、深刻な虐待案件が待ち構えていた…… 本書は、児童福祉司である著者が、体験もとに児童相談所の日常を描いた物語です。 困難にもかかわらず、明るくポジティブな職員の姿を通して、児童相談所の現状や課題を浮き彫りにします。 本書で取り上げる出来事や事件 ・事務職がケースワーカーとして成長する経緯 ・所内研修などで技術やノウハウの習得に奮闘 ・発達の遅れが見られる子どもの親子面接での戸惑い ・バイクを盗んだ非行少年の更生に向けた支援 ・ゴミ屋敷と化したネグレクト家庭のエンパワメント ・発達障害児と保護者の苦悩 ・過酷な身体虐待と身体を張った救出 ・里親制度による被虐待児への支援 人事異動 言い知れぬ憂鬱 ケースワーカーとして 小さな手のひらのために 初回面接への道 ロールプレイ 魔術師 戦慄の家庭訪問 頼れる女 職権一時保護に向けて 揺れる思い SOSAを使え 悲しい虐待 クリスマス・イブの立ち入り調査

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
100

ルポ厚木男児遺体放置事件 「近代家族」という呪縛 国家と家族のあいだで 社会につながれない「ニューカマー」たち 育児は母親だけの義務か? 誤解される「子どもの精神障害」 家族はどこへ向かうのか

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
81

本書は、元児童福祉司である著者が、体験もとに児童相談所の日常を描いた物語です。 貧困家庭の支援や卑劣な性的虐待への対応など過酷な案件が続く中でも、 明るくポジティブに働く職員の姿を通して、児童相談所の現状や課題を浮き彫りにします。 ●現役の公務員が実体験をもとに描いた物語で、児童相談所の現場をリアルに学べます。 ●児童心理司、ケースワーカー、教育関係者や、それらの職業をめざす人たちにおススメです。 ●一般の方にも、普段、馴染みのない児童相談所の仕事や職員のことがよくわかります。 人事異動 相棒 幽霊 命の糸 捜せ! 作戦開始 魔の瞬間 繋ぐ 植木鉢 七十二時間 守る! 心に温もりを…… 公判の行方 光に向かって

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
81
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search