【2024年】「育児」のおすすめ 本 122選!人気ランキング

この記事では、「育児」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. はじめてママ&パパの育児―0~3才赤ちゃんとの暮らし 気がかりがスッキリ! (実用No.1シリーズ)
  2. 子どもに伝わるスゴ技大全 カリスマ保育士てぃ先生の子育てで困ったら、これやってみ!
  3. 子どもが育つ魔法の言葉 (PHP文庫)
  4. 最新! 初めての育児新百科 (ベネッセ・ムック たまひよブックス たまひよ新百科シリーズ)
  5. 0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児
  6. 子育てベスト100──「最先端の新常識×子どもに一番大事なこと」が1冊で全部丸わかり
  7. はじめてママ&パパの0~6才病気とホームケア (実用No.1シリーズ)
  8. 0~3歳までの実践版 モンテッソーリ教育で才能をぐんぐん伸ばす! (単行本)
  9. 赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド
  10. 子どもへのまなざし (福音館の単行本)
他112件
No.21
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
60

パパ1年生

安藤 哲也
かんき出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
57

経験していない人はいない。なのに、誰も知らない「赤ん坊になる前」のこと。 超音波診断によって「胎児が見える」ように――。新時代の産婦人科界を牽引した「先生」に、生徒サイショーが妊娠・出産の「そもそも」から衝撃の科学的発見、最新医療のことまで全てを訊く。全人類(?)必読の一冊。 出産経験のある人も、ない人も、男性も――読んで楽しくて、ためになる! はじめに 最相葉月 第一章 みんな胎児が見たかった ── 胎児研究の歴史 アダム派とイヴ派がいた/子宮の中の生きている胎児を初めて見たのは日本人 第二章 超音波に一目惚れ ── 増﨑英明、産婦人科医になる 魚群探知機が超音波診断に?/十人きょうだいの十番目/帝王切開を見た増﨑少年/胎児はなぜ頭が下にあるのか 第三章 胎児 ── この未知なるもの なぜ3000グラムで生まれるのか/わが子の出産/羊水はどこからくるのか/羊水が濁ると要注意/便と力の入れ方が一緒 第四章 胎児を救う! ──「人」として扱う医療を 胎児の声が聞こえた!/胎児を手術する/スクリーニングで病気を発見/中絶について/宗教上の理由 /それでも続けた理由 第五章 胎児の表情七変化 ── みんな生まれる前から笑ってた 胎児は泣いて笑って夢を見る/赤ちゃんを左側に抱く理由/胎児の表情を観察する/表情と脳の関係/ゴジラみたいな呼吸様運動/腟を通るとき肺胞液を絞る 第六章 胎児の世界 ── 最新の技術と研究でわかったこと 胎盤の不思議── 1+1=1?/胎児のDNAを調べる/出生前診断は受けるべきか/NIPTと羊水検査はセット/ダウン症の子のこと/お父さんとお母さんはDNAでつながってる /精子のY染色体が女性に入る?/母はなぜ胎児を拒絶しないか/最初に大事なのは肺 第七章 妊娠・出産の世界 ── 長年の研究と経験でわかったこと つわりとは何か/帝王切開と自然分娩の違い/お産はリスクが伴うもの/水中出産のリスク/双子問題/長崎県は母乳を遮断してがんを防いだ/酒とたばこ/無痛分娩について 第八章 周産期医療最前線 ── 大学病院で今、何が行われているか 胎児治療の最前線/イギリスと日本の違い/生殖補助医療技術(ART)について/生殖補助医療技術の話しにくいこと/高齢出産のこと 終章 私たちはどこから来て、 どこへ行くのか 増﨑先生の性教育/水の中の人生、空気の中の人生/君たちはなぜゼロ歳で生まれたのか/男と女の役割分担/胎児の未来 あとがき 増﨑英明

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
55

だるまさんが

かがくい ひろし
ブロンズ新社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.79
54

算数や国語の学力、粘り強さ、自己制御力、思いやり……、生まれた瞬間から最初の数年間に、親や保育者が子どもとどれだけ「話したか」ですべてが決まる。日本の子育て、保育が抱える課題とその解決策を、科学的な裏づけと著者自身の具体的な実践から示した書。 第1章 つながり:小児人工内耳外科医が社会科学者になったわけ 第2章 ハートとリズリー:保護者の話し言葉をめぐる先駆者 第3章 脳の可塑性:脳科学革命の波に乗る 第4章 保護者が話す言葉、そのパワー:言葉から始めて、人生全体の見通しへ 第5章 3つのT:脳が十分に発達するための基礎を用意する  パート1:科学から実践へ  パート2:「3つのT」の実際 第6章 社会に及ぼす影響:脳の可塑性の科学は私たちをどこへ導くのか 第7章 「3000万語」を伝え、広げていく:次のステップ エピローグ 岸に立つ傍観者であることをやめる  解説 子どもの言葉を育む環境づくり(高山静子)  訳者あとがき(掛札逸美)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.80
54

不安定で悩み多き10代の子どもを愛し、ありのままを受け止め、サポートし、自立と巣立ちのためのコーチとして親ができることとは? 親のサポートを必要としながらそれを拒否する思春期。親が10代の子どものコーチとして「生きる力」を引き出すためには、ほどほどの距離感と子どもに対する敬意が不可欠です。自立の基となる「愛すること」「責任」「人の役に立つ喜び」を教えるのに、遅すぎるということはありません。ベストセラー『子どもの心のコーチング』の思春期版、待望の文庫化!▼『思春期の子どもの心のコーチング』を改題。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.83
54

子どもを天才脳にする秘密は、早寝、早起き、朝ごはん、読書! 3歳までの脳には「何をするか」じゃなく、「何をしないか」が重要だ。英才教育はよほど気をつけないと危険だ。――<「第2章 脳の力」より> 第1章 金のルール 第2章 脳の力 第3章 銀のルール その1 第4章 銀のルール その2

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.85
55

手のかからない子がいい子だなんてそんなのは大きなまちがいですよ。人生のどこかで、親は子どもにたっぷり手をかける必要があるんです。ベストセラー『子どもへのまなざし』の著者、児童精神科医の佐々木正美先生がたくさんの子育ての悩みに、あたたかく、時に厳しく、真摯に答えてくれます。 第1章 悩み多き時代の子育てだからこそ 第2章 わがままな子、心配な子と言われて 第3章 集団生活の入り口で 第4章 上の子の気持ち、下の子の気持ち 第5章 ママだって傷ついている 子育ては育ちあいQ&A

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.89
54

ニキーチン夫妻と七人の子ども

レーナ アレクセエヴナ ニキーチナ
暮しの手帖社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.91
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.92
54

センス・オブ・ワンダー

レイチェル・L. カーソン
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.93
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.94
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.95
55

「男らしさ」が邪魔になる!? ジェンダー、AI時代、グローバル社会、民主主義…… 先行き不透明な時代に、いい意味で「出たとこ勝負」ができるひとに育てるには? 男子校(麻布、栄光、海城、開成、芝、修道、巣鴨、東大寺、桐朋、灘、武蔵)のベテラン先生たちが「これだけは間違いない」ということを根拠に、<21世紀のど真ん中を生きる「男の子」の親として心得ておくべきポイントをまとめました。 ・男性一人の稼ぎで一家を養えるような社会ではない ・「いっしょに働きたい」と思われればAIに負けない ・「困ったちゃん」こそグローバル社会で活躍できる ・正解のない社会に、自ら正解をつくる力を鍛えよう 不祥事を起こす「エリート」に足りなかった経験……etc. ----------------------------------------------------------

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.101
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.102
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.105
55

やさしい表情と語りかけが女の子の心を豊かにします。「男の子の一生を決める0歳から6歳までの育て方」著者が教える、女の子に合った「明るい子になる育て方」。 第0章 0歳は「感性」を育てる 第1章 1歳は「自主性」を育てる 第2章 2歳は「想像力」を育てる 第3章 3歳は「依存しない心」を育てる 第4章 4歳は「問題解決の力」を育てる 第5章 5歳は「上手に自己主張する力」を育てる 第6章 6歳は「自己肯定感」を育てる

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.107
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.108
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.109
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.111
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.114
54

小学生の男の子を育てるには、幼児期とはまた違う大変さがある。それは学校という、集団生活で起こる大変さ。先生の話を聞けない、授業中に勝手なことをする、集団行動で違う行動をとる、いきなりしゃべりだしたり、歌ったり踊ったり…。つまり、周りが全然見えていないマイペース。成長すればきっと変わってはくるのだろうし、おおらかに育ててあげたいけれど、学校が先生が、それを許してくれない。親は頭を下げっぱなし…。また、宿題など勉強をさせたりするのも一苦労。習い事も続かない…。 ちょっと〝多動〟気味な男子をどう育てたらいいか。自らを多動症と称し、数々の多動男子を一流校に入れてきた松永先生。「ウルトラガキンチョ」男子を上手にコントロールし、伸ばしていくコツを教えます!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.115
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.119
55

かんたがお宮にある大きな木の根っこの穴から落ちて訪れた国は、何ともへんてこな世界でした。 かんたがお宮にある大きな木の根っこの穴から落ちて訪れた国は、何ともへんてこな世界でした。そこの住人“もんもんびゃっこ”“しっかかもっかか”“おたからまんちん”とかんたは仲良しになり、時のたつのを忘れて遊び回ります。けれどもすでに夜。遊び疲れてねむった3人のそばで、心細くなったかんたが「おかあさん」と叫ぶと……躍動することばと絵が子どもたちを存分に楽しませてくれるファンタジーの絵本です。 遊ぶ友だちがみつからないかんたは、お宮でへんてこなおばけたちと出会って愉快に遊びますが……。躍動することばと絵が子どもたちを存分に楽しませてくれるファンタジー絵本。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.122
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search