【2024年】「神経科学」のおすすめ 本 76選!人気ランキング

この記事では、「神経科学」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. メカ屋のための脳科学入門-脳をリバースエンジニアリングする-
  2. 意識はいつ生まれるのか――脳の謎に挑む統合情報理論
  3. 単純な脳、複雑な「私」 (ブルーバックス 1830)
  4. 進化しすぎた脳―中高生と語る「大脳生理学」の最前線 (ブルーバックス)
  5. 続 メカ屋のための脳科学入門-記憶・学習/意識 編-
  6. 脳を鍛えるには運動しかない! 最新科学でわかった脳細胞の増やし方
  7. あなたの知らない脳──意識は傍観者である (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
  8. カンデル神経科学
  9. 認知脳科学
  10. アタマがみるみるシャープになる! 脳の強化書
他66件
No.2
89

NHKスペシャル『立花隆 臨死体験』出演の天才脳科学者、初の翻訳! 脳は意識を生み出すが、コンピューターは意識を生み出さない。では両者の違いはどこにあるのか。クリストフ・コッホが「意識に関して唯一、真に有望な基礎理論」と評した、意識の謎を解明するトノーニの「統合情報理論」を紹介。わくわくするようなエピソード満載でわかりやすく語られる脳科学の最先端、待望の翻訳! 【本書が挑む脳科学最前線の驚異の事例】 ・脳幹に傷を負い植物状態に見えるロックトイン症候群患者(映画「潜水服は蝶の夢を見るか」の主人公)。彼らの意識の有無はどう診断すればいいのか? ・麻酔薬を投与するとなぜ意識が失われるのか?  麻酔時に意識が醒めてしまうとどうなるのか(1000人に1人はそうなる) ・右脳と左脳をつなぐ脳梁を切断する(スプリットブレイン。てんかん治療で行われることがある)と、1つの脳のなかに意識が2つ生まれる!?

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
88

記憶・学習/意識編

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
75

カンデル神経科学

金澤一郎
メディカルサイエンスインターナショナル
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
72

認知脳科学

嶋田 総太郎
コロナ社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
67

臨床のための脳と神経の解剖学

村上 徹
メディカルサイエンスインターナショナル
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
65

臨床神経解剖学原著第6版

M.J.Turlough Fitzgerald
医歯薬出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
65

ミラーニューロン 新装版

ジャコモ・リゾラッティ
紀伊國屋書店
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
65

脳のなかの幽霊 (角川文庫)

V・S・ラマチャンドラン
KADOKAWA
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
63

カンデル神経科学 第2版

宮下保司
メディカルサイエンスインターナショナル
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
62

スタンフォード神経生物学

柚﨑通介
メディカルサイエンスインターナショナル
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
62

マイヤ-ズ心理学: カラ-版

デーヴィッド マイヤーズ
西村書店
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
62

ハインズ神経解剖学アトラス 第5版

佐藤二美
メディカルサイエンスインターナショナル
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
62

脳の地図を書き換える: 神経科学の冒険

デイヴィッド・イーグルマン
早川書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
62

病気がみえるvol.7  脳・神経

医療情報科学研究所
メディックメディア

脳・神経

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
62

神経解剖学

新見 嘉兵衛
朝倉書店
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
62

『雑食動物のジレンマ』『人間は料理する』で知られるジャーナリストが 自ら幻覚剤を体験し、タブーに挑む!  今どんな幻覚剤の研究がおこなわれているのか。  幻覚剤は脳にどんな影響を与えるのか。  そして、医療や人類の精神に、幻覚剤はいかに寄与しうるのか。 「不安障害」「依存症」「うつ病」「末期ガン」などへの医学的利用の可能性と、“変性する意識”の内的過程を探る画期的ノンフィクション。 ニューヨークタイムズ紙「今年の10冊」選出(2018年)、ガーディアン紙、絶賛! 一部の精神科医や心理学者が過去の幻覚剤研究の存在に気づき、発掘を始めたのは最近のことだ。 彼らは現代の基準で再実験をおこなって、その精神疾患治療薬としての可能性に驚愕し、(中略)幻覚剤が脳にどう働くのか調べはじめた。 ——幻覚剤ルネッサンスである。(宮﨑真紀) 第一章 ルネッサンス 第二章 博物学——キノコに酔う 第三章 歴史——幻覚剤研究の第一波 第四章 旅行記——地下に潜ってみる 第五章 神経科学——幻覚剤の影響下にある脳 第六章 トリップ治療——幻覚剤を使ったセラピー

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
62

ブレイン・バイブル

ジョン アーデン
アルファポリス

本書は脳に関する最新研究と科学的データを用い、日々の習慣が脳に与える影響を分析。継続的に生活改善に取り組む方法を伝授する。 本書ではわかりやすい数々の事例に加え、最新研究と豊富な科学的データで、習慣が脳に与える影響を徹底的に分析。上手に、かつ継続的に生活改善に取り組むためのモチベーションとその方法を伝授する。 老齢になっても明晰な頭を維持できる魔法の薬などない――脳の健康に関する第一人者である著者は、教育、食生活、運動、人間関係、そして睡眠という基本的な5つの生活習慣を健全なものにさえすれば、加齢とともに失われていく脳の能力は甦ると主張する。本書ではわかりやすい数々の事例に加え、最新研究と豊富な科学的データで、習慣が脳に与える影響を徹底的に分析。上手に、かつ継続的に生活改善に取り組むためのモチベーションとその方法を伝授する。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search